ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
無題。 
2018/07/11 Wed 21:00
 西日本に甚大な被害をもたらした豪雨、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 特に、広島、岡山、愛媛の被害は想像絶する光景で一日も早い安否不明者の救助、そして復興されることを願うばかり。まず今やるべきことは専門の方々や大企業に任せ、非力な自分は出来ることをコツコツ積み重ねていくしかない。最近になってローソンの端末Loppiでも日本赤十字などへの募金が可能だと知りました。

 しかし、今回の豪雨に関してはテレビでの報道が少な過ぎますよね。私もなんだかんだで情報を得たのはネットというかSNSだったりします。福岡、岡山からの親戚、友人知人から得る情報とテレビで報道されている内容が乖離していて違和感を覚えました。現場がどれだけ悲惨な状況になっているかよりも、現場で何が不足しているのか、被災された方々はどうすれば良いのか、実のある情報を一気に拡散できるのがテレビの大きな力だと思うんですけど…。
 余りに被害が甚大で情報が錯そうしているという現状も理解できますが、ネット優先になりテレビ離れが叫ばれる昨今だらこそ、テレビならではの報道力をちゃんと示して欲しい。

 ただ、ネットからの情報も総て鵜呑みに出来ないのが世知辛い。
 やはりというか、早々にデマが飛び交ってしまったのも事実。特にネットは情報をいくらでも瞬時に細工できてしまうから怖いんですよね。

 あと、岡山の友人も言っていたことなんですが、「避難準備」「避難勧告」「避難指示」の区切りが曖昧で判り難いのはなんとかならないものなんですかね。どうしても漢字の印象で「勧告」より「指示」の方が軽く受け止めてしまう。特に、今回甚大な被害が出た場所は普段から自然災害が少なかった地域なだけに、避難関連の発令には慣れていないことも重なり判断も難しかったと思います。

 だって「50年に一度の豪雨」とか言われてもピンとこないですよね。去年も同じような表現を使っていたことがあったじゃないですか。それだけ異常気象が頻発していることをしっかり自覚していかなければいけないんでしょうけど、現実をしっかり見据えるって難しいですわ。

 ここで言っても仕方の無いことだけど、何で被災地にばかり雨雲がかかるんだろう。こっちは空梅雨だった上に最近も纏まった雨が降らず、ダムの貯水率は例年よりも低くて早くも真夏の水不足が心配されている。人間が自然をコントロールできないことくらい解っているけれど、あっちの雲をこっちで引き取れたらな…と思う時点で、私はまだまだ現実逃避しているのかな。

 とりあえず、現実逃避せず、変に自主ムードにならず、なんとか西日本を中心に経済を回せるような生活をしていくぞ。

web拍手
2018/06/25 Mon 22:57
 ちょいと間が空いたblog更新。

 気が付けばサッカーW杯ロシア大会が開催されていまして、寸前の監督交代劇とか色々とあって前評判がむちゃくちゃ低かった日本でしたが、現時点でまさかの2戦1勝1分けで勝ち点4という成績。サッカーに詳しくないんですが、今回は勝ち点0なんじゃないかと思っていました。申し訳ありません。
 始まる前は盛り上がりに欠けていましたけど今はサッカーW杯に夢中になる人が一気に増えて、深夜の試合が多いから寝不足の人が増えているのかな。街で騒ぎ過ぎたりゴミを散乱させたりするのは問題外ですが、世間が活気に溢れることは良いことですからね。関西方面は大きな地震が起きて大変だらこそ、明るいニュースが続いて欲しいものです。

 さて、6/20はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートに参加して来ました。

アルフィー神奈県2018手ぬぐい この「春ノ巻」TOUR、Myファイナルとなった神奈県ですが、さすがTOURの常連会場だけあって(今回は改装期間を挟んだので1年振りになりましたけど)大いに盛り上がって良い春TOUR締めになりました。

 ネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込んであるのでネタバレしない程度に書きますと、開演早々にまさかのハプニングがありまして、後日『Kトラ』で幸ちゃんが「一発退場モンのレッドカード」と言ったくらいのトンデモな事が起きまして。「うっそ~!?」と3人がステージに登場した直後から大笑いさせて頂きました!もう、あの瞬間で「今日の神奈県は絶対に盛り上がるぞ」と確信が持てましたもの。いや~、とても貴重な光景が見られましたよ。当人は始めから時間を戻したいくらい悔しかったみたいですけど…!

 あと、横浜ならではのスペシャルなセットリストになったので、他の会場では体験できない盛り上がりになりましたねー。もう、あの曲が聴けただけでも「ヤッター♪」という気分でした。

 そんな訳で、笑い先行だった神奈県のアルコンだったんですが、決めるところはキッチリ決めるのがアルフィー。最後はNHKホールの時同様にグッときましたね。
 今年結成45周年を迎えるアルフィーですが、ただダラダラ続けてきたんじゃなくて45年間一本一本ライブをちゃんとやってきた積み重ねてきた経験とでもいうのでしょうか、ステージに立ち続けられることがそんな光景を見られることがどれだけ幸せなのことなのおかを痛感させられた春TOURでもありました。

 今の世の中、本当に何が起きるのか数秒先も読めない時代だからこそ、自分が行きたい!と思ったコンサートに参加できて、存分に堪能できた幸せを昔以上に噛み締めている自分がいます。
 これからも出来るだけ長くアルフィーのコンサートに参加していきたいし、参加できる環境をしっかり維持し続けていきたいものです。

アルフィーat夏イベ2018 まず、次のアルフィーのステージは夏イベ!
 7/28,29に横浜アリーナで開催される「THE ALFEE 45th Anniversary Summer Best Hit Alfee 2018 夏ノ巻 Château of The Alfee」、45年も続けているとお城を作っちゃうんですねー。
 しかも、今回は夏イベのポスターがすっごく好みのデザインでして、これをポスターにて販売して欲しいくらいです。この画像では小さくで判らないですけど(公式サイトを見て下さい)、真ん中の窓にちゃんと3人のシルエットが描かれているんですよ!芸が細かい!デザインによっては今年の夏イベGOODSで散財してしまいそうで怖い(笑)

 しかも夏イベの前に、高見澤さんの初小説『音叉』が出版されるし、Takamiyの3年振りのソロシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles』も発売されるし、夏イベ開催前から懐が打撃を受けそうで、節制できるところはキッチリ節制しないと後々痛い目に遭いそうです。なんせ、追い掛けているのがアルフィーだけじゃないのが、ミーハー人間の辛いところですよ。自業自得とも言いますけど、これが私の生きる源になっているんだから止められない。

 楽しい夏が迎えられるように頑張っていくぞー!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2018/06/03 Sun 23:14
 もう6月ですよ。
 早いもので関東もあと数日後には梅雨入りすると言われていますね。

 もう5月下旬から個人的に怒涛のスケジュールでして。仕事が忙しくなる時期とミーハー活動が激しくなる時期がどうして毎回重なるのか不思議でなりません。

 本日、6/3はタマホームの創業日だそうで今年で20周年なんだとか。
 そこで一日限りの豪華アーティストを揃えた60秒ver.のCMを制作。なんとTHE ALFEEもタマホームのCMに返り咲きましたよ。60秒ver.のテレビ公開は今日一日限りだそうですがネットでは暫く公開されているのかな?相変わらずド派手なアレンジで決める御三方がカッコいいです!個人的にこの高見沢さんの衣装は好きだなー♪



 アルフィーといえば5年くらい前ののDVDパンフでしたっけ?3人でカツ丼を作る動画を見つけた一般人の投稿がきっかけになってSNSで話題になり、カツ丼動画が入口になってアルフィーの音楽を聴いたり、コンサートに参加する人もいらっしゃるとか?アルフィーのファンになる入口は広いと本人達もいってますけど、まさか「カツ丼」というかTHE ALFEE KITCHINが入口になるだなんて…!手広くなんでも挑戦してみるもんですねー(笑)

 でもって、先週の5/26,27はTHE ALFEE at NHKホールのコンサートに参加して来ました!
丁度、相模大野アルコンから1カ月ぶりになったんですが、さすが地元、東京というべきか、2日間とも怒涛の盛り上がりで内容も凄過ぎて、今でも余韻に浸っているくらいです。

アルフィー at NHKホール2018


 ネタバレの感想は2日間の感想をごちゃ混ぜにて『なんでもレポ♪けいじばん』に書き込んでありますけど、先にも書いた通り、いまだに余韻に浸っているというか興奮を引き摺っているので内容に纏まりがありません、とっちらかっております。例のごとくダラダラと無駄に長いだけですが、要は最高に素晴らしかった!ということですよ(笑)←言葉にならないから自棄っぱち

 2日間とも面白過ぎるわ、楽し過ぎるわ、予想外のセトリだわ、迫力ある演奏だわ…色々と衝撃を受け過ぎましたね。 これはネタバレにはならないと思うので書きますけど、特に初日の最後に演奏された曲に総てを持っていかれた感があります。何度もこの曲はアルコンでも聴いてきましたが、この日が一番でしたよ。ここ数年の中でもアルフィー以外のコンサートも含め、こんなに心が奮えた曲はなかったかもしれない。それだけ感情に響く演奏だったんです。あの曲は是非ともライブ音源化して欲しい!とかなり真剣に思っています。それぐらい本当に胸に沁みました。同時に、まだ自分は音楽に純粋に感動できる心があるんだなーって再認識できて嬉しくもあったり…。

 「本当に何回もコンサートに行くよね」と言われますけど、こんな感動や興奮を味わえるからこそ、病み付きになって無理してでも参加したくなるんですよねー。

 私はTHE ALFEEファンになって30年を軽く超えてますが、一度だって「無駄な時間を過ごした」だなんて思ったことが無いですよ。毎回コンサートに参加する度に「ファンで良かったな」と思えるんだから、本当に幸せだと思うし、自分は見る目があるなって威張れます♪

 そうそう、NHKホール2daysで高見沢さんかTakamiy名義で3年振りに7/25にシングルを出すと告知がありました。タイトルは『薔薇と月と太陽』、正式タイトルはもっと長いので公式サイトで確認して下さい(笑)
 9月にパフィシコ横浜でソロ公演があるので何か出してくるだろうと予想はしていましたが、初小説の単行本『音叉』の発売が7/13だわ、横浜アリーナで開催される夏フェスタが7/28,29だわ、7月に集中し過ぎじゃないですかね?ファンの懐の心配もして欲しいものです。私なんて色々と掛け持ちしていて大変なんだから。←それは別の問題

 とにかく懐は苦しくなるけど楽しみが尽きないって幸せですわ。
 また明日以降から色々と頑張ろっ!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2018/05/21 Mon 20:43
 帰宅したらアルフィーマニアからTakamiyソロのお知らせDMが入っていました。昨晩の『ロックばん』でも告知していたけど、今年の夏のTakamiyメタルをやるんですねー♪
 しかし、サポートメンバーが去年と同じか…。タイトル的にメタル全面推しな感じだからメタル集団の方が良かったなぁと思うのは我儘かしら?まぁ、そっちは7月や8月のルーク篁参謀のソロツアーの方で堪能するか。とりあえず、今年の鳥山さんと佐藤さんには首がもげるくらいにヘドバンを頑張って欲しい。←鬼

 先週の『ゴロウ・デラックス』のゲストは梶芽衣子さんでした。
 自伝本『真実』が課題図書でしたが、実はこのインタビューエッセイ、文藝春秋から出版されている『オール讀物』に連載されていて、丁度、高見澤さんが初小説『音叉』を不定期連載していた頃と同時期に掲載されていたので書籍化される前に2回ほど読んでいたので馴染みがあります。2回読んだ時は『鬼平犯科帳』に出演する際のエピソードや、深作作品の過酷な撮影現場のエピソードや、『鬼平~』が終わり歌手としてステージに立つことになった過程など、どれも興味深くて面白かったと記憶しています。最終回を迎えた際には「書籍化を予定しております」と記されていましたが、まさか『ゴロウ・デラックス』に登場されるとは…!
 書籍化される前から読んでいた作品が書籍化されるなり『ゴロウ・デラックス』に取り上げられるといのは実に感慨深いです。

 そんな訳で、番組の前半は『真実』を朗読しながら梶さんの半生や女優魂について語られていったのですが(NYに3ヵ月留学された際のブロードウェイのエピソードは大変印象的でした!)、後半にまさかの『十三人の刺客』の話題になるとは…!
 三池監督がリメイクした『十三人の刺客』で吾郎ちゃんは残極非道なお殿様を演じて絶賛されて数々の映画賞を受賞しましたけれど、梶さんもあの作品を鑑賞されて吾郎ちゃん演じたお殿様を大絶賛!もう梶さんがゲストというよりホストという感じで、吾郎ちゃんが当時どんな気持ちで作品に挑んだのかとか質問責めにしていて最高でしたね。吾郎ちゃん自身にとっても役者の転機になった作品、公開されてから8年近く経ちますけど、梶さんのような実力派のベテラン女優さんからも高く評価されるって本当に貴重な財産を得ましたよねー。梶さんの熱弁を聞いていたら、また『十三人の刺客』が観たくなりましたもの。
 この時、吾郎ちゃんがチラっと「市村正親さんの包容力で常にお殿様気分でいさせて貰えたから役にもすんなり入れた」と、市村さんの名前を出してくれたのも嬉しかったな。

 現在はライブハウスでロックを披露しているという梶さん。
 吾郎ちゃんにも「歌い続けて下さい」と強く勧め、ステージに立って観客から生の反応を得られることの素晴らしさについて意気投合していたのも良かったな。「凄く疲れることをしているんだけど(お客さんからパワーを貰えるから)ちっとも疲れなくて楽しい」と吾郎ちゃんも言っていたし、これはライブステージに拘るエンターテイメントな人達に共通する認識であって欲しいとも思いました。

 できるだけ毎週リアルタイムで観るようにしている『ゴロウ・デラックス』ですが、今回は梶芽衣子さんのパワフルさに圧倒されちゃいまして、ついついブログにも書いてしまいました(笑)

高見澤俊彦/音叉 あと今回の放送を観て、同じ梶さんと同じ「オール讀物」に小説を連載していた高見澤さんも『音叉』を7/13に文藝春秋から出版するので、『ゴロウ・デラックス』の課題図書にならないかしら?と淡い期待を抱いていたりいなかったり…。可能性はゼロでは無いですよね?
 『音叉』は1970年代の東京を舞台にした青春物語ですけど、当時を知らない私が読んでも惹き込まれる内容だし、主人公が高見澤さんの微妙に被る(…ように計算して書いたらしいですけど/笑)のも実に面白くて、アルフィーファン以外の人達にも是非読んで貰いたい小説だから課題図書になると良いのになー。書き下ろしされるという短編『憂鬱な週末』もどんな内容なのか、タイトルから色々と妄想しちゃって楽しみでなりません♪
 小説モードの時の高見澤さんはメガネを掛けるらしいので、吾郎ちゃんとメガネ対決もできる!←違う

 小説『音叉』は装丁から凝っているらしくて「是非、本屋さんで手に取ってみて下さい!」とコンサートでもラジオでも高見澤さんが訴えていたので、既に通販で予約しているんですけど7/13は本屋でも一度は手に取ってみようと思っております。

  web拍手
西城秀樹さん逝去 
2018/05/17 Thu 23:53
 本当に今年は芸能ニュースの速報で「ええっ!?」と驚くことが多い。
 西城秀樹さんがこんな早くに逝ってしまわれるとは…。

 2回も脳梗塞で倒れながらも過酷なリハビリを続け、思うように動かない身体でも全力でステージに立ち歌い続けていた「生涯、歌手」を貫いた姿には感服です。
 何年か前の『FNS歌謡祭』だったかな?苦悶の表情でリハビリを受ける姿や、全盛期には程遠い姿でステージに立ちファンの前で歌う姿は正直言って痛々しくも映り「テレビで見せるべきではないんじゃないか?」と思ったこともあったけれど、現実を受け入れて未来を見据えた西城さんの真摯な生き様でもあったわけで、万が一、自分が同じ状況になった時にあそこまで自分自身の人生に信念や情熱を持ち続けられるだろうか?と感じ、いかに西城さんが凄かったのか今になって解った自分が情けない。

 追悼コメントを出す関係者の方々の西城さんとのエピソードがどれも素敵で、歌手としてはもちろん人柄も素晴らしいお方だったのが遣る瀬無いくらいに伝わってきます。
 西城さんは女性ファンが多いけれど男性アーティストに多大な影響を与えていて、今回の訃報にショックを受けているロッカーがとても多い。アルフィーもデビューや年齢が近くで音楽番組での共演や対談したことがあったし、高見沢さんとは交流があって楽曲提供もしていたんだよね。もう一度、共演して欲しかった。

 最期は愛するご家族に看取られたそうで、本当に最後の最後まで全力で生き続けた素晴らしい歌手であり父親だったんだなぁと。あまりにも全力で精一杯生きてきたから、早く天国に引っ張られてしまったのかな。
 安らかにお眠り下さい。

 数多くいる歌手の中で、あそこまでパワフルだけどバラードも歌えてスタイルも抜群の男性シンガーはそうそういらっしゃらないですよね。今夜は名曲『ブルースカイ・ブルー』を聴きたいところだけど、まだ聴くには辛いかな…。信じたくないな。

 人生て何だろうなって、第一線で活躍されていた方の突然の訃報を知る度に感じます。
 でも、多くの人から最期を惜しまれるのはある意味、理想の人生の終幕でもありますよね。自分のその人に少しでも近付けられるような人生にしていかなきゃね…


web拍手

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ