FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2020/05/23 Sat 22:24
 5月も下旬に入り、地域によっては緊急事態宣言が解除になってきていますが、まだまだ油断はできないというか、緊急事態宣言が解除になったからと言って当面は三密を避ける為に自粛モードは続けなければならないでしょうから、3月の三連休の時に花見に浮かれて大勢の人が集まってしまう…という事態には今後も絶対にあってはならない。
 何事も「大丈夫じゃないかな?」と思い始めた頃が一番危険な気がします。ホラー映画でもそうじゃないですか、「逃げ切った!」と思った直後にゾンビとかが襲って来てやられちゃう定番のパターン。←例え

 そんなこんなで現在は週休三日で出勤時間も通常の半分近いのに、やらなきゃいけないことが山積み…しかも今回に限ってという慣れない作業もあり若干キレ気味。
 いつまでこんな状況が続くんだろうなぁ。

 今の癒しはステイホーム中の音楽鑑賞やらDVD鑑賞やら家飲みですよ、ホント。ずーっと健康診断ではA判定できているんですけど、今後肝臓辺りの数値がB判定以下になったら絶対にコロナのせいだ!

 特にDVDでの映画鑑賞は訳の判らない域まできていまして、十数年振りにハマっている映画のシリーズものを何度も観まくっているうちに日本語字幕から英語字幕で観て自分なりの訳し方で堪能するようにいなっております。英語なんて大っ嫌いなのに、どうした自分!字幕は文字数制限があるから仕方がないけど、随分と端折った訳になっているんだなぁとか、この訳し方だとこのキャラクターには合ってないような…と気付けるのが嬉しくてね、ゲーム感覚になってきております。

 そんなこんなでステイホームの楽しみも見つけつつありますが、やっぱり私の生き甲斐はコンサートでして、そのコンサートにずーっと行けない状況に鬱々としております。

 本来なら月に1本以上はアルコンに参加している時期なんですよね。
 でもアルフィーの御三方が元気かどうかは、それぞれのラジオ番組やSNSで知るしかない。特に桜井さんはどちらもやっていないので、メンバーの間接的な情報頼り(笑)。なんかメンバー同士もそれぞれのラジオ番組を放送時間に聴いて「アイツ元気にしているな」と安否確認しているそうで、ちょっと遣る瀬無い。…ていうか、直接連絡を取れる間柄だろうに、どうして間接的にしか連絡を取らないんだか(笑)。逆に50年近く毎日のように顔を合わせてきていたから、今更電話で連絡取るというのは気恥ずかしさとか慣れてなさもあるのかな?不思議な関係ですね。

 THE ALFEEの春TOURもどんどん振替、会場によっては再度振替にいなっていて「春がどんどん延びていっているなー」と虚しく感じます。緊急事態宣言が解除されようともコンサートなど密閉される空間に人が集まる状況は当面禁止でしょうから、全員が抗体を持つか特効薬でも完成しない限り厳しいんじゃないかと。ぶっちゃけ、春TOURは全部中止にいて仕切り直しで秋TOURにしちゃえば…と思わなくもないのですが、何度も公演の振替や再振替を公式サイトなどで告知している姿勢は往生際が悪く見える反面、「絶対に春TOURを実施する!」「春は必ず来る!」「ファンとの想いを繋ぐ!」という強い意思表示でもあるわけで、やっぱり涙出るくらい嬉しいです。どんどん春が延びて行っちゃっている虚しさ以上に、絶対に開催を諦めない!と足掻いている姿が何だかんだで「希望」そのものなんですよね。これって、身勝手なファン心理になるのかなぁ。

 振替公演を決断するのも、再度振替公演を決断するのも、もしかしたら中止を決めるよりも余計な手間と費用が掛かって負担になる可能性も高い。「それでも…」と希望を捨てないでいてくれるメンバーやスタッフがいるって、ファンとしては幸せなことです。流石にここまで自粛状況が続くと自棄になってきちゃう部分もありますが、耐え忍んで乗り越えれば「絶対に春は来る!」というか「絶対に春を来させてやる!」と踏ん張っている方々の存在に今という時ほど励まされることはないですわ。

 ライブ好きのミーハーでいるから今の状況が必要以上に辛いのかな…なんて思うこともあったりなかったり、でもミーハーだから「意地で健康でいる。ライブに参加できる身体でいる!」と頑張っていられる気もするんですよ。
 「病は気から」とも言うし、アルフィーの良い意味でしぶとい姿を見習って前向きに生きていきますわ。

 あ、そうそう、THE ALFEEのGOODS通販のサイトが漸く品切れしていたTシャツとか入荷したので早速追加注文しました。とりあえず、今はこの追加オーダーしたGOODSが届くことを楽しみに待とう♪

 そういえば、高見澤さんの小説第2弾『秘める恋、守る愛』の感想を書いてなかったなー。
 『音叉』よりも更に読み易くて一気に読んじゃった。ママンボも『秘める恋~』の方が気に入ったらしい。あと数回読み直してから感想を書くか。それとも出版社に感想を送った方がいいのかな?
 8月に出るという愛蔵版も予約したよー。こんな状況だからサイン会とか開催できない代わりに、高見澤さんが「全冊にサインを入れる!」と申し出たとか。それはそれで凄い有り難いけど、腱鞘炎になりませんように…。

 先日の『ロックばん』で2冊目の小説が自分の誕生日に発売されたけど、こんな状況だから開いている本屋さんとかも少なくて、売り出したのにプロモーションも出来ず、買う人達も通販とか開いている本屋さんを探したり…と、異常な状態の中で発売されたことに「正直、凹んだりもした」とポロッと本音を言っていてしんみり。でも、「それだけに、この本の発売日のことは絶対に忘れない。思い出深いものになった」と前向きにコメントしていたのが印象的で、この『秘める恋、守る愛』が末永く多くの人達に愛読されていくとよいな…と願わずにはいられなくなりました。

 さて、もうちょっと頑張ろう。

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2020/05/13 Wed 22:03
 相変わらずの日々が続いております。
 地域によっては緊急事態宣言が解除される所も出てくるとかこないとか…。ただ、ここで油断は禁物だと思うんですよ。感染者が減って来たからと自粛の規制を緩めたら感染拡大の第2波、第3波が襲って来ている国もあるわけで。
 コンサートに参加することが生き甲斐だからこそ、またあの楽しみを存分に体感したいからこそ、その辺りは慎重にならざるを得ない。

 そんな中で、また突然の訃報が。
 ゴダイゴの浅野孝已さんが亡くなられたというニュースには驚きました。数日前までFBも普通に書き込んでいたそうで、本当に急死だったんですね。本来ならステージに立ってギターを奏でる日々だったでしょうに、この数カ月はそれも叶わず、こんな状況下で…本当に残念でなりません。

 バンドマンがステージに立って演奏できる。
 演者が舞台に立って芝居できる。
 そんな当たり前のことが出来なくなっている時間の長いこと。本当に歯痒い。

 こんな時間がこれから先もずーっと続くようなら変に長生きしたくないよなぁと負な思考に傾く事も無きにしもあらずですが、乗り越えた先は絶対に良いことが待ち受けているんだ!という相変わらずのプラス思考も健在なわけで。なかなかに、今が一番辛い時期なのかもしれません。

 だからこそ出来るだけ余計なストレスを溜めないように極力テレビの情報番組は観ないようになって、専ら映画やらライブのDVDばかり観ています。部屋を片付けたことで「こんなDVDを持っていたっけ!」と発見もあったり、逆に「あれ?あの映画のDVDを持っていたはずなのに!?手離してた!?」と残念な発見もあって改めて買い直そうか、断捨離とは何なのかと葛藤もしたり。なんとか、自分らしい生活を保っています。

 あと、最近になって漸くInstagramがどういうものか判ってきました。←
 幸ちゃんことTHE ALFEEの坂崎さんがマメに更新してくれるのがこんな生活の中での癒しでして、カメラ好きだから画像のストック大量のあるそうで現時点でネタが尽きることはないそうですが、「こんな今だからこそ」という画像を上げて下さっていて有り難いです。
 特に、昨日は「いつかのリハーサル」というコメント付きで、貴重なTHE ALFEEのリハの一コマを幾つか上げてくれて。いきなり高見沢さんのエンジェルギターが登場して感激しましたね!しかもヴィーナス・エンジェルギターが2本も並んでいるんですよ!めっちゃレア!いつの時のリハの一コマかは判りませんが、あの画像にテンションが上がりましたし、添えられたコメントが幸ちゃんらしくて癒された上に、幸ちゃんもファンと同じ「想い」なんだなと少しばかり感傷に浸ったり…。
 こういう気持ちになれるのは、逆に「今だからこそ」なのかな。




web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

通販の有難み 
2020/05/01 Fri 22:29
 去年の今日は令和元年で平成最後の日を惜しんで泣いたり、新しい元号を迎えてお祭り騒ぎになったり…いい時だったなぁとしみじみ感じます。まさか一年後にこんな苦難が待ち受けていようとは誰が想像した?戻りたいとは思いませんが、あの頃のような時間を取り戻したい!と切に願うばかりです。

 そんでもってGWに突入。全然ゴールデンじゃないっていう…。
 本来だったら私はカレンダー通りの休みにならない仕事なのですが、今年はほぼカレンダー通りっていうね。でも、コンサートに行ける訳でも、友達と遊びに行けるわけでも、旅行を楽しめるわけでもない。その代わり、部屋の片づけやら、滅多にやらないカーテンの洗濯とか、期間限定で綺麗好きな人間になれそうです。まぁ、良い事なのかな?

 あとステイホームでいると通販に頼ることも多いわけで、本当だったら4月から春TOURが始まっていたTHE ALFEEのGOODSの通販の商品が届きましたよ。コンサートに参加できない鬱憤&少しでもアルフィーの力になりたいも相俟ってコンサート会場で購入する以上に買ってしまい、やや大きめの段ボール箱が届いて「あれ?こんなに買ったっけ?」と戸惑い、箱を開けて「…あ、買いましたね(笑)」と。

アルフィー2020春ツアーグッズ


 今回のパンフの内容が充実し過ぎて、四コマ漫画に大笑いして、3人のコスプレ写真に大笑いして、去年の冬の乱ツアーの写真に当時の興奮が甦ってきて、個人インタビューの内容にグッとくるものがあったり、ステイホームだから何度でもゆっくり読み返すことが出来る。あと、マグカップが思っていた以上にシンプルでカッコ良かった!ただ使うのが勿体ないなぁ。お菓子は相変わらず美味しい上にパッケージもいいから処分しちゃうのが気が退ける。美味しいといえば、和風スープセットが意外に美味しくて!これは、物流が落ち着いたらまた通販したいなぁ。ツアーTシャツも買い損ねてしまっているし…。

アルフィーのマトリョーシカ


 今回のGOODSで一番ウケたのが「マトリョーシカ」
 まさか。アルフィーで出してくるとはね。個性的な3人だから出来ること!
 ステイホーム期間中に断捨離を頑張ろうと思っていた矢先にこうやって日常生活は使わない物を買ってしまうという(笑)。でも、どうせ部屋に居る時間がいっぱいあるんだから、このマトリョーシカで子供みたいに遊んだり、「どこに飾ろうかなぁ?」と楽しむのも一興だよね。

 高見沢さんもこんな事態だからか、T-licenseをマメに更新して下さっているけど、桜井営業部長に代わって?GOODSの宣伝もしてくれて、このマトリョーシカの紹介で桜井を出した時に笑っちゃっていたのが可愛かったなぁ。あとカードケースの紹介の時の乱暴ぶりも高見沢さんらしくて面白かった。坂崎さんはInstagramをマメに更新して下さっているし、本当にネット上で情報を発信して下さっていて有り難い。
 …桜井さんは、この期間中にテレワークを学んで下されば(笑)

 でもって、この時期にアルバムをリリースするミュージシャンも少なくないわけで。
 私はこの2週間で2枚のアルバムを通販で購入。
 1枚は若井望さんがプロデュース&ギターを担当しているSHOTINOの『Make A Wish』、LAメタル全開でカッコいいのだ!タイトルチューンのロックバラード曲は希望に満ちた歌詞が今にピッタリで凄く素敵だし、疾走感が気持ちイイ『Shout and Pride』が最高で、このアルバム曲がライブで聴ける日が来るのか遣る瀬無くなってしまう部分もあるけど、テンションを上げるに持ってこいのアルバムでした♪しかも、若井望さんは発売後に自身のTwitterアカウントで『Shout and Pride』の練習動画を公開して下さったり、ステイホームだからこそのプロモーションぶりに感激。

 もう1枚はTHE冠のNEWアルバム『日本のヘビーメタル』で、王道のジャパニーズメタルにユニークな歌詞が組み合わさって相変わらず愉快で痛快で最高。演奏陣もゴリゴリのメタラーだからね!このアルバムのレコ発ツアーも本当ならGW開け直後から始まる予定だったんだけど初日は延期になったし、私が持っているチケットの公演もどうなることか…。どうしても不安が先行してしまいがちだけど、だからこそアルバムを聴きまくって鬱憤晴らし!

SHOTINO&THE冠


 しかし、こうして部屋でアルフィーのTOUR GOODSや最新のアルバムを堪能できるのは、こんな状況下でも物流が安定しているから。本当に感謝です。普段から通販はよく利用するけど、今ほど通販の有難みを感じたことはなかったかも。
 今の状況に文句を言いたいこととか山ほどあるけど、一刻も早く収束させることが最優先なんだから、医療機関の方々や物流を支えて下さる人や飲食を支えて下さる方々の負担が少しでも軽減されるように大人しくステイホームするしかない。

 そして、このブログを書きながら幸ちゃんの『Kトラ』を聴いている。
 今日の放送から生放送から収録放送になったけれど、幸ちゃんの近況が聴けることは変わらず(運動不足解消の為に縄跳びにハマっているらしい!)、「今だから聴きたいアルフィーの曲」のコーナーを設けて『星空のディスタンス』と『生きよう』が流れてアルコン恋しさに涙目になってしまった。

 今はCDの音楽やラジオが支えであり、癒しになっているなぁ。
 しみじみ。

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2020/04/17 Fri 19:38
 例のウイルスのことを書くと気が滅入るから止めよう。

 ただ、4月からマスクを布マスクにしてみたんですが(一世帯当たり2枚配布されるっている例のマスクじゃないですよ!)、布マスクの方が肌に合っているのか、マスクしているからと日焼け止め乳液のみで化粧をしていないせいか、確実に精神的なストレスが溜まっているはずなずなのに、花粉症の影響が出ているはずなのに、例年に比べて肌の調子が良いです。私、今まで使っていた化粧品が肌に合っていなかったのかな?それともマスクで保湿効果が出ていることが大きいのかな?
 家に一日籠っている時はお絵かきか読書かDVD鑑賞か飲んだくれるかしかないですが、この際だから普段やらないド派手メイクとかやってみて、それで肌の調子が悪くなったら化粧品が合っていない…てことになるのかな?今度、試してみよう。幸か不幸か、時間はたっぷりありますからね。

 さて、本題。

 本日、4/17はTHE ALFEEの向かって右の高見沢俊彦さんの66回目のお誕生日です。
 幸ちゃんの誕生日から2日後なので、高見沢さんが幸ちゃんより年下でいるのは48時間も無いんですよね(笑)。そして、1月生まれの桜井さんが2人と同じ年でいられるのも3カ月足らずという短さ。差が激しいですけど、それが3人の関係性に影響するか?というと全然そんな事はないんですからね。

 今年の春ツアーは高見沢さんのお誕生日に公演があり、本来なら仙台サンプラザで高見沢さんは誕生日を迎えていた。今年はどんなコスプレをする予定だったんだろう?…という、しょーもない妄想は置いておいて、ライブ歴が長いアルフィーの中でもこういう事態でツアーが延期になるなんて初めてのこと。そして、メンバーの誕生日をファンが直接お祝いできないのも初めてのこと。逆に言えば、今まで有り得なかった事だからこそ、忘れ難い一年になるのかもしれません。「あの時は大変だったね。でも、皆で乗り越えたよね」と語り合える日が来て欲しいから、今は大人しく家に居ることが最善の策ですし、家でTHE ALFEEの楽曲やTakamiyソロの楽曲を聴きながら高見沢さんのお誕生日お祝いを自分だけでするのが一番のBDプレゼントになると信じています。

 こんな時だからこそなのか、高見沢さんは頻繁にT-licenseの方を更新してくれて元気な姿を見せてくれるのが有難い。本当にネットが普及している時代で良かった。
 常にブレることなく信念を貫き続けてきたお方だから、こんな事態になっても平静を失わず、ミュージシャンらしさを貫き、今だからこそ出来る楽曲制作などクリエイティブな作業に集中してくれているはず。そして、皆でこの危機を乗り越えれば、その作業の成果を体現できるはず。そんな「想い」が今の自分を奮い立たせてくれています。

 普段の生活も間々ならない状況下だから音楽やら「娯楽」と捉えられてしまう分野は苦境に立たされていますが、私にとってはこんな状況だからこそ必要不可欠な存在だと、挫けそうになる度に痛感させられています。「推しが元気でいる限り自分も元気でいなくちゃ」は、どんな栄養剤よりも効くのですよ。

 そして、高見沢さんのお誕生日に合わせて髙見澤俊彦・第2弾小説『秘める恋、守る愛』が発売されました。
 予約していた本屋さんが時短営業してくれていたので何とか発売日に本を手にすることができました。今後はますます丸一日家に籠ることが増えていくでしょうから、しっかり読書時間を堪能したいと思います。

秘める恋、守る愛


 この作品は去年『オール讀物』で不定期連載されていたものが加筆修正されて書籍化となったわけですが、前作『音叉』は最終話まで『オール讀物』で先に読んでいたから、書籍化された時は特別に追加されたアナザーストーリーの方が目当てだったのが本音でして、今回は最初の3話辺りまで『オール讀物』で購読していましたが「これは一気に読みたくなる内容だな」と感じるようになり、その後は読んでいなかったので当然『秘める恋、守る愛』の結末を知りません。だから読み始めるのが楽しみで楽しみで…♪
 『音叉』を手に取った時より新鮮な気持ちで挑めます。

 待望の新作第2弾なのだから、本当だったら髙見澤さんは様々なメディアに登場して『秘める恋、守る愛』をPRしていたんでしょうね。それが出来ないというのも残念でなりませんが、家にいることが一番!という状況だからこそ、今は本を読む人が増えているそうですから、何気なくネットショッピングとかで本を検索していたら、『秘める恋、守る愛』というタイトルに惹かれて、神秘的なジャケットデザインに惹かれて、「高見澤…て、あの高見沢?」と好奇心を覚えてポチッ!としてくれる人が一人でも多くいたら良いのにな。

 幾つになられても話題に事欠かない高見沢さん、さすがです。
 これからも、そのご活躍ぶりを見届けたいので今をしっかり生きて「春」を待ちたいと思います。


 先日の幸ちゃん同様、長くなってしまったのでお祝いイラストは追記の方へ。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2020/04/15 Wed 21:31
 「今が人生のどん底であって欲しい」と思う日々を過ごしております、こんばんは。
 一向に好転の兆しが見えない日々で鬱々とした時間ばかり募ってきていて、さすがに心身共に参ってきたな~と感じてきているので、極力テレビは観ないようにしているというか、ワイドショー系は絶対に観ないし、報道番組も搔い摘む程度にしています。ネットもやり過ぎると精神衛生上よろしくないので、出来るだけ映画や音楽のDVDやら楽しい動画やら、バンドマンの動画投稿などを観るように心掛けています。

 バンドマンといえば、今年の春ツアー終了と同時に解散を宣言していたルーク篁さん率いる3ピースバンドのCANTAでしたが、新型コロナウィルスの感染拡大を考慮して春ツアー中止を正式に決定。同時に、解散ツアーは来年に持ち越すということで1年解散が先延ばしにされました。この英断は本当に嬉しいです!
 バンドを続けるモチベーションを維持できなくなったから解散を決意されたんだと思いますが、それでも「解散ツアーをしてファンと向き合いたい」という想いを優先して、自分自身を奮い立たせてくれた決断に感涙です。正直、もうCANTAのステージを観ることなく解散してしまうんだと覚悟していたので、見届ける機会を先延ばししてくれたことに感謝。こんな鬱々とした日々の中で、未来に希望が持てるって有り難い。

 しかし、このご時世、いくら部屋にいる時間が増えたからといってネットという環境に囚われてばかりいるのも良くないと思い、原点回帰じゃないですけど、ネットというかパソコンが個人に普及していなかった十代の頃に戻って部屋でちまちまと絵を描くようにしました。好きな音楽や映画(この場合、洋画で字幕版に限る)を流しながら日常で使っているペンでちまちまと落書きでもいいから時間を掛けて何かを描くって無心になれて良いものです。
 まぁ、褒めらた姿勢で書いていないので1時間足らずで休憩しないと身体によろしくないから進捗状況が悪いですけど、幸か不幸か時間はタップリありますから気にするまでもない。ただ、自分が飽きないように頑張ればいいだけ(笑)

 さて、そんなこんなでアナログな生活になりつつありますが、時間があるからこそ、ちゃんと推しの誕生日を祝えるということもあるわけで、本日、4/15はTHE ALFEEの真ん中である坂崎幸之助さんの66回目のお誕生日です!ゾロ目ですよ、ゾロ目!
 いつもなら、THE ALFEEは春TOUR中だから誕生日公演が無かったとしてもMCで誰かしら話題にできたりしていたのに、今年はそれが叶わないのがなんとも残念なところ。でも、だからこそ、いつも以上に丁寧なお祝いメッセージをFCサイトから贈ったり、何もお祝いできないわけじゃないので、こういう面ではネットの普及が有難かったり…♪

 しかもですよ!
 なんと幸ちゃんは自分の誕生に合わせてInstagramを開設したんですよ!
 高見沢さんは既に有料サイトT-licenseでファンに動画やメッセージを公開したり、ファンがメッセージを直接送れたりというシステムがありますが、まさかの幸ちゃんがSNSデビュー!
 開設されたばかりで、まだ画像が一つしか投稿されていませんが、今後どんな画像が投稿されるのか…、カメラ好きな幸ちゃんなだけに楽しみです。ツアーが延期状態だからこそ、こういうSNSでメンバーが元気でいることが垣間見られるのが嬉しいですわ。

 …残るは桜井さんだけど、多分やらないだろうなぁ(笑)

 そんな訳で、私も早速Instagramに登録せねば…!と思っているんですが、この手のものに疎いのでサッパリ解りません。とりあえずアプリはダウンロードしたんですけどね。軽くネットで使い方を調べてからやってみたいと思いますわ。

 幸ちゃんは前から自分の誕生日合わせてInstagramを開設しようと準備していたのかな?
 Instagramは画像投稿がメインのSNSですからカメラ好きの幸ちゃんにはピッタリですが、何気にケータイはiPhoneとAndroidの2台持ちだし、当然デジカメだった詳しいし、なんだかんだでSNSなどで話題になるアルフィー情報もチェックしているみたいだし、高見沢さんほどではなくてもネットを有効活用されていますよねー。

 そんな幸ちゃんを見習わないとな。
 改めまして、坂崎幸之助さま、66回目のお誕生日おめでとうございます。
 健やかに元気でいてくれることが、マイペースにラジオ番組を進行してくれることが、ステージで悪坂崎になったり、卓越したアコギテクニックを披露してくれることが、たまに桜井さん並みにコントで体を張ってくれることが、最高の癒しと力の源になっております。今後も元気にアルフィーの真ん中でいて下さい♪

 今回は時間があったのでBD用のイラストも描いたけど長くなったので追記に。




web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ