ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/10/30 Mon 21:40
 衆議院選挙だわ、2週連続で週末に台風がやって来るわ、いつの間にか日本でもハロウィンの仮装が定番化してきているなー…と思っているうちに10月も終わりですよ。
 そんな中でコンサートに行ったり、予定外の仕事に四苦八苦したり、私事でも色々あったり、10月は本当に色々あり過ぎてしっちゃかめっちゃか。こんなに落ち着かない月は近年無かったかもしれない。出来るだけ内面にストレスを溜めこまないようにして行きたいですわ。その為には現実逃避!ストレス解消!色んなライブに参加して行くぞー!有り難いことにミーハー行事は充実している♪さすが私!←

 あと久し振りにシネコンにも行きたい。個人的にMy Best Movieである『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2049』が公開されましたからね。オリジナル版を超えることは無いだろ!と思いつつも、動画サイトで公開されている3本の前日譚のムービーを観てしまうと本編はシネマスクリーンで観るべきかなと思ってしまい。見事に宣伝に乗っかってしまっている感。

 さて、本題。
オール讀物2017年11月号 10/21に発売された『オール讀物』11月号に高見澤さんの小説『音叉』第2話が掲載されました。丁度、台風21号が接近している時期だったので大事な冊子を濡らしたくなくて台風が通過してから買いに行ったら、発売日当日は平積みになっている本屋さんなのに数冊しか残っていなくて焦りましたね。

 小説デビュー作とは思えない構成力及び文章力で第1話から読者の心を掴んでいた高見澤さん著書の『音叉』ですが、物語の時代背景や登場人物紹介がメインだった第1話とは違い、主人公をはじめ物語が動き出した第2話は更に興味をそそる展開になっていて第1話よりも読み易く「え、もう終わり!?」と驚いたほど一気に読んでしまいました。高見澤さん自身、書き慣れて始めてきているのかもしれません、第1話以上に文章に勢いがあるというか、良い意味で走っているなーと感じましたから。
 勿論、小説の感想は文藝春秋宛てに送るとして、このblogではネタバレになるようなことは一切書きませんけど、第1話は登場人物を実在する誰かと重ね合わせて読んでいた部分があったのに、第2話は重ね合せる隙も無いくらい個々のキャラクターの言動に注目して読んでいた気がします。とは言っても、「あ、これは…」とアルフィーファンならではフフッ♪と思える箇所はありましたけどね。それはアルフィーファンの特権ということで(笑)

 とにかく、第2話を読み終わった直後は「これからどうなっちゃうの!?早く続きが読みたい!」という感想に尽きるかと。すごいところで終わっております。連載小説として正しい終わり方なんでしょうけど、非常に読者をヤキモキさせる展開です。

 せっかく買った『オール讀物』ですから『音叉』第1話が掲載された9月号に続き、他のテキストも読んでいるのですが、宮部みゆきさんのロングインタビューが読み応えがあって、30年も小説を書き続ける作家さんは「本」への愛情が凄まじいなと痛感させられました。幼少期から読書に対するスタンスが私と違う。←当然だ
 あと女優の梶芽衣子さんの自伝も9月号でとても興味深ったので、最終回が掲載された11月号も拝読。邦画が一番活気のあった時代に揉まれた役者さんの演技に対する情熱に火傷しそうなくらいで、これだけの経験値を積んでいるからこその"現在"の揺るぎない存在感があるんだなと文面だけでも惚れ惚れ。本当に素敵な方です。同じ女性として梶さんと同じような意志を持って年齢を重ねて生きたいものだけど無理だろうな(笑)

 そんな訳で読書の秋は充実しております。


web拍手

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

2017/10/20 Fri 20:42
 10月に入っても公私共にバタバタ、特に慣れない仕事が続いて精神的に疲労困憊です。しかも、いきなり30℃を記録する真夏日を迎えたかと思ったら翌日からガクッと気温が下がり、ここ数日なんで12月上旬の気候なんだから体調管理も難しくなります。東京都心で最低気温が一桁を記録するだなんて31年ぶりの事態だとか。そりゃ、慌てて衣替えしてコートを着込むハメになりますよ。
 それでいて選挙の投票日頃には台風21号が接近するかも…とか、今年は例年以上に気候が世界的にメチャクチャですね。

 先週、ルーク篁さん率いるバンドCANTAのライブに参加したんですが、MCでルークさんが「夏から一気に冬になった感じだよね。秋は一体何処に行った?最近は春も短くなってきている感じで日本特有の中途半端な季節が無くなってきているよね」と言っていたけど、本当に中途半端な季節が恋しいですわ。間に中途半端な季節があるから「暑さ」にも「寒さ」にも耐えられる身体が準備できるというのに…。今季はインフルエンザの流行が例年よりも早いらしいですし、色々と前倒しで準備しないといけないのかな。

 さて、久し振りのblog更新をするのは、先日の18日にTHE ALFEE at 相模女子大学グリーンホールのコンサートに参加して来たからです♪
 今月の5日からTHE ALFEEは秋フェスタTOURが始まり、相模大野は7本目。私は秋TOUR My初日になりました。相模大野には年一ペースでコンサートに来てくれるアルフィーですが、今年は春と秋の2回も来てくれて嬉しい限り。これには訳があって、アルコンでは定番の箱になっている神奈川県民ホールが改修工事の為に来年の3月まで使用が出来ず、その代替えにあたる会場の一つだったりします。私には相模大野の会場の方が行きやすいので棚から牡丹餅的な気分です(笑)。その所為か、客層も独特なヨコハマのノリが混じっていて、いつも以上に熱い盛り上がりになった気がします。

THE ALFEE at 相模大野 2017秋


 相模大野の会場は目の前に公演があり、その手前がツアートラックの駐車スペースになっているからド派手なアルフィーのTOURトラックが撮影しやすくて助かります。今回は馬というかメリーゴーランドというか、春に引き続きサーカスのようなデザインで一際目を惹きます。GOODSも相変わらず凝っていて、LINEスタンプを彷彿させるアクションシールなるものには爆笑しました。これ、本当にLINEスタンプとして発売したらヒットすると思うんだけどなぁ。

 まだ秋TOURが始まったばかりなので相模大野のアルコンの内容はblogにはネタバレ感想は書かない代わりに「なんでもレポ♪けいじばん」の方にネタバレ満載で感想を書き込みました。
 今回の秋TOURは生で聴くのを待ち望んでいた楽曲が幾つか演奏されて狂喜乱舞でして、構成的にも「秋はこうきたか!」と思わず唸らずにはいられない圧巻のステージでした。毎回参加する度に「凄い!」とか「最高!」とか思っていますが、「今日のアルコンが一番だ!」と今回も思えたって幸せなことなんですよね。
 MCもバカバカしさを極めていて(笑)、高見沢さんの天然ぶりを目の当たりに出来たのも嬉しかったですねー。嬉しかったといえば、高見沢さんは終始超ご機嫌でして、終演後のステージ去り際に両手で投げキッスをしてくれてファンを撃沈させましたよ。流石ですよ。

 秋フェスタTOURは12月上旬まで続き、その後は冬フェスタTOURになるのですが、現時点で非常に完成度の高い内容なので出来ればこの内容で最後まで行って欲しいなぁ…と思ってしまうくらい。まだ発売されるかもアナウンスされていませんけど、今年の日本武道館公演のDVDは買いますよ。←気が早過ぎる

 …と、ここまで書いていたら、非常に辛い知らせが入った。
 うーん、本当に今年は色んな事が起こり過ぎて自分の感情のコントロールが難しい。また暫く精神的に厳しい日々が続くかな。相模大野のアルコンでたっぷりパワーを貰ったから、なんとか耐えて頑張ろうっと。
 今年は本当に悲喜こもごもだわ。

web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/09/29 Fri 20:27
 9月も今日を含めてあと2日で終わりですが、なんだか10月下旬に向けて無駄に慌ただしくなりそうな…。何で今の時期に?と思うよりも、今まで訴えていた事と今やっている事が全然違う議員バッチを付けた人達に唖然茫然。二枚舌どころじゃないような…。選挙期間になると意味も無く名前を連呼して街中を走行する迷惑過ぎる車が増えるだけでも憂鬱なのに、こんな人達を見たら街頭演説だって「所詮は自分が当選する為だけに御託を並べているだけでしょ」と耳を傾けるのも馬鹿馬鹿しくなってくる。勿論、真面目に活動されている方々だって多いんだろうけど、上に立つ人達がアレじゃね…。

 とりあえず、ペテン師に投票しないようにしっかり見極めなければ。世知辛い時代になったものだ。否、もしかして、昔の方々は有権者にペテン師を露呈するようなこともないずる賢い者ばかりだっただけなのかな?

 とにかく9月は公私共にバッタバタで、楽しい事があれば辛く哀しい事もあったり、ビックリするくらい嬉しい事も起きたり、ちょいと痛い目にも遭ったり、人生プラマイゼロどころじゃない感情の振り幅が非常に激しい月でした。そろそろ心穏やかに過ごしたい(笑)

THE冠『奪冠』 そんな事を願いながらも部屋のBGMは激しいメタル!
 7月に高見沢さんのラジオ番組『ロックばん』にもゲスト出演した冠徹弥さんことTHE冠のNEWアルバム『奪冠』が9/27にリリースされました。タイトルは"だっかん"と読みます。
 お笑い芸人さんとしても活躍できそうなくらい濃いキャラの冠さんですが、国内のメタルミュージシャンの中ではトップクラスのヴォーカル力。寧ろ、何でもっとメジャーな存在にならないだろう?と不思議でならないくらい。メタルは「喧しいだけ」と敬遠している人も一度は冠さんの楽曲を聴いて欲しい。王道のメタルサウンドに高音シャウトを連発しているけど、抜群の歌唱力だから非常に聴き易いというか歌詞がストレートに伝わってくる。これって何気に凄いことだと思います。だから、メロディアスな曲は歌詞の深さもあって意外に泣けるんですよ。個人的には『やばい』と『イロモノ』が特に気に入りましたね。『イロモノ』や『冠、メロイックサインやめるってよ』辺りはHMを愛する者は涙無しには聴けないのでは?ちょっと大袈裟な表現かな(笑)。でも、アラフィフ男が等身大で叫ぶ社会への軋轢や鬱憤に対して共感する大人は少なくないかと。HMは"魂の叫び"でもあると思うので、その想いが存分に詰まっているアルバムだと思います。
 あとね、ギターを10曲中8曲をsadsのK-A-Zさんが弾いているのもポイント高いのです。7弦ギタリストの代名詞的な存在のK-A-Zさんですが、自身が作曲した楽曲も1曲があってエグイくらいバキバキに弾き倒していてテンションが上がります。しかも、この超絶激しいカッコいい曲に愉快な歌詞を付けているのがTHE冠ワールドなんです。それに、ベースも数曲Takamiyソロでもお馴染みの大桃俊樹さんが担当していて、こちらも6弦ペースをバキバキに弾き倒しております♪

 10年くらい前は率先してHMを聴いてこなかったけれど、高見沢さんがソロでTakamiyメタルを推すようになってからHMも自分から聴くようになってきたなー。好きなミュージシャンの影響で自分の好きなサウンドが広がるって嬉しい発見。



 THE冠は11月からアルバムを引っ提げてのTOURもやるので、ライブパフォーマンスにも定評がある冠さんだからタイミングが合えばまたライブにも参加したい!また担がれる冠さんが見たい(笑)


web拍手

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

2017/09/15 Fri 19:59
 早朝から物騒な事が起きましたね。これが常態化しないで欲しいものです。自然災害と相対するだけでも大変だというのに。

 ただ、今は社会情勢というか現状がちゃんと受け止められない状況です。
 一週間ほど前に身内に突然の不幸がありまして、何度か経験があるとはいえ命が燃え尽きる時間を見届けるというのは辛く哀しいことでした。同時に生命の終わりの呆気なさを感じ、なんとも言えない虚無感にも囚われました。生きているうちは多少なりとも我武者羅に突き進んだ方がいいのかな…とも感じたり。その故人との最期のお別れが今日あったのですが、ここにくるまで色々とあっただけに無事に送り出すことができてホッとしています。悲しい時間ではあったけれど、家族愛に溢れた温かい時間に自分も浸ることができました。
 正直に言えば何度も経験したくない事ですが、自分が年齢を重ねていけばいくほど避けては通れない事でもあるんですよね。それが人生なんだろうな…と悟れているようで悟れていませんが。

 これからも自分はしっかりと自分の人生を突き進んで行きたいと思います。

 話題が前後するのですが、8月の最終週にEPSミュージアムで9/10まで開催されていた高見沢さんの変型ギターを集めた『Takamiy's Guitar Heaven』を観て来ました。

Takamiy's Guitar Heaven

 ESPミュージアムには2フロアあって、通常1フロアは専属アーティストの変型ギターコレクション、もう1フロアはヴィンテージギターコレクションになっているのですが、この期間だけ全フロアTHE ALFEEの高見沢俊彦さんのギターコレクションで埋め尽くされるというアル中には堪らない企画だったのです。去年も高見沢ギターコレクションが同時期に開催されていましたが、その時は1フロアだったので今回は展示されているギターの本数が倍になって見所満載。高見沢さんの変型ギターの代名詞であるエンジェルギター・シリーズは初代から展示されていて、高見沢さんのソロ公演が終了した後からは最新のアーク・エンジェルギターも展示されていたとか。それ以外も普段のアルコンではお目に掛かれなくなった4本ネックのトランプギターや、様々なコラボによるキャラクターギター、初代の高見沢カスタムギター、フライングAギターシリーズなどなど。変型ギターだけでなく、最近愛用しているRELISHギターや、初期の高見沢カスタムで制作していたKRAMERのギターも展示されていたり、個人的に今まで生で見ることが無かったのギターも観ることが出来ました。もうフロア内、圧巻!の光景なんですけど、これで高見沢さんのギターコレクションの一部の一部なんですからね(笑)
 勿論、私の大好きなヴィーナス・エンジェルギターも1本展示されていたのでガッツリ観察してきましたとも!2本あるうちの1本だけだったので、もう1本は高見沢ソロで使用されるんじゃないか?と淡い期待を抱きましたが淡いまま消えていきましたよ。←
 表紙&巻頭特集された「YOUNG GUITAR」10月号でヴィーナス・エンジェルギターのことを「(アークエンジェルが登場するまでは)造形の素晴らしさという点ではこれを超えるギターはないと思っていた」と評しているくらいなんですから、出し惜しみせずに今後もステージ上で使って欲しい!

ESP Takamiyピック 実は9/7だかに高見沢さんがESPミュージアムに訪れていて、正面のポスターにサインを入れて行ったそうなので(高見沢ソロ公演後は演奏されたギターも追加展示されることもあり)再度ESPミュージアムに行きたかったのですが、流石にそれは叶わない状況になってしまい残念な限りでした。確か、最終日に無料配布されていたポストカードがヴィーナスエンジェルギターのイラストだったんですよねー。私が行った時はブルークロスギターのポストカードを頂きました。
 で、ESPミュージアムに行った記念にこの期間に合せて限定販売されていた高見沢さんのオリジナルピックを購入。サインまで印字されていて凝っています。デザイン的にも美しいので、前にESPで買っていたピックホルダーになるキーホルダーに早速このピックを入れようかな。ギターは弾けないけど(笑)、好きなギタリストのピックはコレクションしたくなります。

 高見沢さんのギターコレクションは開催する度に大好評らしいので、また来年も開催されると良いな♪あれだけの変型ギターを間近でジックリ観察できる機会はここでしかないですからね。

web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/09/07 Thu 21:34
 夏らしい夏を迎えないまま9月を迎えましたね。ただ、気候的には夏ぽくなかったとはいえ、私は9月の初っ端にライブ2連チャンがあったので、それに合せて夏休みを取り遅ればせながらの夏を満喫した気分です。

Takamiy『美旋律』 8/30にTakamiyこと高見沢俊彦のベスト盤『美旋律~Best Tune Takamiy~』がリリースされまして、ベスト盤の割には全曲歌い直しということで楽しみにしていましたが、さすが2014年に生まれて初めて喉を壊してコンサートに支障を来たす事態に見舞われて以降、歌い方を変えた高見沢さんだけあって「本当に歌い直しだけなの?」とガラッと印象が変わった曲や、キーが違って聴こえるような曲があり、オリジナルと聴き比べできる楽しさがあって只のベスト盤ではない仕上がりでした。特に歌い方の差はバラード曲が顕著で『Thanks for Your Love~PartII』は断然、今回のベスト盤の歌い方の好きです。他の曲もオリジナルはシャウトといよりガナっているように聴こえていた曲が、丁寧なハイトーンになっていて聴き易く歌詞がストレートに伝わってきます。
 また初回盤Aには未発表音源やライブ音源が収録されていまして、井上大輔さんの遺作に高見沢さんが歌詞を付けた『Night of Rouge』や、去年のビルボードTOKYOで披露された『ヤマトより愛を込めて』、『ゴジラのテーマ』が個人的にお気に入り。ライブDVDが既に発売されているとはいえ、CD音源になってくれた方がいつでも気軽に聴けるので有り難いです。

 でもって、明日9/8に発売される「YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2017年 10月号」が高見沢さんの表紙&巻頭大特集になっていまして、楽器店で早売りされていたのをgetしてきたのですが、撮り下ろしの表紙のカッコ良さもさることながら、40ページ近い特集記事は最近には無い濃い内容で大感激!ギター雑誌だけあってギタリスト高見沢をフィーチャーしてくれていて、ソロ活動をするようになった経緯や過去から今までの作品やソロライブだけではなく、愛用の変型ギターについての特集コーナーや、過去にルーク篁さんが「とんでもない機材の量」と驚いたという高見沢さんのサウンドシステムについて写真付で数ページに渡って掲載されている内容は圧巻でした。ギタリストはこの特集記事を見て唖然とするんじゃないですかね?(笑)。それに『Fantasia~蒼穹の彼方』のスコアも21ページ渡って掲載されていまして、スコアと合わせた60ページ近い記事で高見沢さんが大特集されている『ヤング・ギター』10月号!貴重過ぎますね。
 数年前までは高見沢さんは奇抜な風貌やキャラが悪目立ちしてしまってギター雑誌にギタリストとして取り上げられるだなんて殆ど無かったのに、まさかヤング・ギターに表紙&巻頭特集記事が載ることになるだなんて。還暦超えまでブレない姿勢で活動してきたからこその功績なのかな。この雑誌の掲載はファンとしても凄く嬉しかったです。

 そして、少し内容が前後しますが。
 高見沢さんはベスト盤を引っ提げて9/2,3にTakamiyソロライブ『真夏の夜の夢 2017 -Night of Pacifico-』パシフィコ横浜 国立大ホールで2日間開催しました。私の夏休みを締める最高の思い出作りです♪

 去年のビルボードTOKYO公演と同じタイトルが付いていたし、サポートメンバーがいつもの吉田太郎さん、ただすけさんに加えて、スペシャルギターにあの鳥山雄司さん、サポートギターに佐藤大輔さん、サポートベースに安達貴史さんとメタル系のミュージシャンでは無かったので、去年のようにアダルトで落ち着いたムードを全面に出していくんだろうと思っていましたが、高見沢さんがラジオ番組『ロックばん』で「夏メタルをやる!」と宣言していた通り、まさかメタル三昧で驚きの連続でした!正直、ここまでメタル推しだと思いませんでした。

 何よりも高見沢さん自身がこのライブは物凄く楽しんでいて、終盤では「今年は冬にINNOVATION CLASSICSをやって、(アルフィーの)春フェスタがあって夏フェスタがあって、このパシフィコがあって…一年中ライブをやっているような感じだけど、今が一番楽しいなー!60代最高だぞー!」と言ってのけたことに集約されているかと。

 40年以上で現役で還暦過ぎまで元気に活動してきている自信が漲っていて、歳を重ねていくことは楽しいことなんだろうなと思わせてくれましたね。なんか人生の凄い見本を目の当たりにした気分でした。この方が自分の人生より先を歩んでくれているって凄く心強い。色んな意味でパワーを貰えたライブでした。

※公演が終了していますから以降、ネタバレ満載で感想+セトリを書いてます。
 (長いですよ!)

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:コンサート - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ