FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2020/03/30 Mon 22:31
 生まれる前から存在していたザ・ドリフターズ。
 子供ながらに「面白い人達」と言ったら漠然とドリフの方々だった。特に加藤茶さんと志村けんさんの軽快で時にサディスティックでブラックジョークに満ちたコントは最高だった。志村けんさんが荒井注さんの脱退後のメンバーとしてドリフの付き人から昇格した人だと知ったのは、大人になってからだったと思う。

 志村けんさんはソロになった後も精力的にお笑いの場を広げて、中には下品なお笑いもあったけど人を悪く言ったり傷付けたりしないギャグや子供に対しても同等の目線で応対する姿には和んだ。私の世代にとっては、テレビで面白いことをやっていて当たり前の人。テレビに出ていて当たり前の人だった。

 その志村けんさんがコロナウイルスに感染したと数日前に報道されて、その時は「回復されている人も多いから」と思っていたのに、まさかの訃報に絶句しました。

 変な言い方ですが別にファンだったという訳ではないのに、この訃報を知ったときは「えっ」と声が出てしまうほどショックを受けましたし、テレビで流れる志村けんさんを偲ぶ映像を見て涙が零れていて、意識していたわけじゃなかったけど志村けんさんをテレビで観るが好きだったんだな…と今になって気付くとは。私より上の世代の方はデビュー当時からの志村けんさんを知っているし、私の世代前後はドリフ世代、その後もバカ殿やら変なおじさんやら独自のキャラクターが各世代に人気を博し、最近の子供達には「志村どうぶつ園」の関係で「動物のおじちゃん」と親しまれているとか。あらゆる世代にここまで知名度があって人気のあるコメディアンはそう多くはいらっしゃらない。そんな昭和を代表するコメディアンをこんな形で失うだなんて、本当に残念で悔しくてなりません。

 コメディアンとしても素晴らしかったですが、ザ・ドリフターズが実力派のバンドだっただけあって志村けんさんも音楽に造詣が深く、過去には雑誌に音楽レビューも連載されていたはず。確か、殆どライブをやらなかった森田童子さんのステージも志村けんさんは観ているんですよね。あと時代劇にも詳しくて、バカ殿もそうですが、ドリフ時代の時代劇コントも台詞回しや所作に違和感が無かった。本当に多彩なコメディアンでした。
 その多彩ぶりを垣間見られたのが4年前に公開されたKIRINの氷結のコラボCM。志村けんさんのコメディアンぶりと、真剣に三味線を弾くギャップが最高でした。志村けんさんを忘れることなんて出来ません。




 今迄コロナウイルスの恐ろしさに関してはテレビなどで散々報道されてきましたが、この訃報でその恐ろしさを改めて思い知らされました。亡くなった後もウイルスは体内に残り、遺族のお兄様は最期の顔を見ることも火葬場まで立ち会うことも叶わない残酷さ。このウイルスで大切な人を失った方々は同じ悲劇に遭っているんですよね。

 どれだけ一人一人が真剣に感染予防に向き合っていかなければならないか。私はコロナウイルスに感染したくないし、それ以上に自分が感染したことで誰かに感染させて命の奪うようなことは絶対にあってはならない。
 今までは一日も早く穏やかな日常を取り戻したいと思っていたけれど、それには暫くの間は多くのものを犠牲にしていかなければならない覚悟も必要だと。早くコンサートに行きたいと望んだところで、安全な環境が確証されなければ話にならない。今、下手に急いで、自分どころか、家族や大切な人、絶対に元気でいて欲しい人を失うようなことはしたくはない。

 4月以降、自分が参加できるかどうか未定になっているコンサートが何本かあるけれど、今はすべてが中止になってもいいと…寧ろ中止にして欲しいと願っています。大好きな人には出来るだけ長く活動を続けて行って欲しいから、何よりも健やかに元気でいて欲しいから。お金は死に物狂いで頑張れは取り戻せる可能性が高くても、一度命を失ってしまったら誰も取り戻すことなんて出来ない。

 私が大好きな人達は、ファンを不安にさせるような決断はしないと信じています。

web拍手
9年後。 
2020/03/11 Wed 19:52
 新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に様々な行事が中止や延期になったり、受験や卒業式シーズンだというのに休校になったり、不要不急の外出は自粛するように呼び掛けられ完全に経済は冷え込んできていますね。
 私の仕事もキャンペーンなどの延期や中止など大きな影響を受けておりまして、大打撃もいいところです。それでも「感染拡大の防止」は重要ですからね。

 ただ、今後は感染拡大の防止以上に、感染者を重症化させない生活環境の方に重点を置かないと本当に日本経済が死んでしまう。この新型ウイルスは感染しても無症状の人も少なくなく、免疫力が高ければ自己治癒することも不可能では無さそうな気配なんだから、問題なく動ける人で積極的に経済を回していかなければいけないんじゃないか?と思うのは楽天的な考えだろうか?
 新型コロナウイルスは終息どころか、インフルエンザのように定着するとまで言われているんだから、上手く共存していく道を選ぶ時に来ているんじゃないかと思うんですけどね。

 私は音楽が大好きで、コンサートに行くことも大好きだから、その大好きな場が悪者のように扱われている今が実に辛い。感染者がその場に行っただけなのに、どうしてライブハウスだけ集中砲火になるかな?満員電車などの移動中に感染していた可能性が高いんじゃ?パチンコ屋だってそうでしょう?この偏った報道には納得いかない。
 偏った報道といえば、トイレットペーパーの不足も元はSNSのデマから始まり、それが一部地域でトイレットペーパーが買い占められ騒品切れになるという騒ぎになった…で留めておけば良かったのに、テレビのワイドショーがこぞって報道するから「品切れになるんだ!」と視聴者の不安を煽った結果が今の状態ですからね。余計な報道ばかりする番組は停止してもいいんじゃないか。そもそも私は観なませんけど(笑)、家に閉じこもるしかない人達が多い中で有益な情報を探し出すこともせずに不安ばかり煽る内容ばかり放送する人達はトイレットペーパーのデマを流した人と同罪でしょ。

 今日は東日本大震災から9年経った日だというのに、あの頃とは別の意味で危機的状況になっているのが嘆かわしい。被災地は確実に一歩一歩復興してきているのに、その復興を妨げるような事態になっている今のコロナショック。被災地が一日でも早く復興して欲しいと願う反面で、この先の日本や世界はどうなってしまうのか?という不安が先行する。個人的には「もうウダウダしても仕方がないんだから、元の生活に戻せばいいじゃん!」と開き直りたいけど、そうはいかない現状が突き付けられているのがもどかしい。

 大震災から9年も経てば被災地は日本は…それなりに立ち直ってきているはずと思っていたのに、実際に復興しているところもあるけれど、あの時とはまた違った不安に苛まれているだなんて想像すらしなかった。

 行きたかったライブを自己判断でキャンセルしたり、延期中止になったり…をこの2週間だけでも3度経験しているせいか、常にポジティブ思考の私も流石に参っているのかなと思っています。だって、多分この先も同じような事が続くんですよ。それぐらいは想定できます。

 「命あってこそ」と言うけれど、病は気からとよく言ったもので、心が元気じゃなければ生きてはいけない。そして、心が元気になるのを奪われたら何を生き甲斐にしていけばいい?

 私は生き甲斐を奪われたくない。
 だから、昨日の3.10…東京大空襲の日も、今日の3.1.1…東日本大震災の日も絶対に忘れないで自分の人生を歩んで行きたいし、心が元気になれる「場所」を守る為に何が何でも己の免疫力を高めて強く生きる!今、自分に出来ることをしっかりやる!
 私が大好きなミュージシャンたちは「諦めない」と歌う人達ばかり。だから私も諦めないでいきますわ。

 なんだか支離滅裂な内容ですが、今の気持ちはこんな感じ。
 免疫力を高めるではないけど、調子が悪い時など蜂蜜漬けの大根やら生姜を食べてきた我が家。先月で蜂蜜が切れたので、今回は福島県産のトチの蜂蜜を購入してみました。きっと、この蜂蜜も私を少しは元気にしてくれるはずだ。

web拍手
人生いろいろ。 
2019/10/14 Mon 21:10
 超大型の台風19号は関東どころか東日本全体に大きな爪痕を残して去って行きましたね。
 ウチの方は台風が直撃したエリアでして、かなり早い段階で大雨特別警報が出されて一部地域は避難勧告が出たり河川の氾濫もありましたが、幸いなことに停電や断水や強風に備えたものの半分以上は使わずに済みました。しかし、一夜明けたら、あちこちの河川が決壊していて街が水没するという大惨事の光景に唖然。
 近年は異常気象が続き、台風よる豪雨などで河川が氾濫して街が水没する光景は珍しくなくなってきたとはいえ、あんな同時多発的に大きな河川が決壊している光景は初めて見ました。

 まだ先月の台風15号で被災した地域の復旧が半ばだというのに、それ以上の被害が起きるだなんて本当に今後はどうなってしまうのか…と不安が先行してしまいます。ただ、都心の海抜0地帯のエリアは「地下神殿」のお陰で河川の氾濫による大きな被害は出なかったので、今後は「100年に一度の大災害の為」に街づくりをしていけば何とかなるんじゃないかと。とにかく、「同じ被害を繰り返さない」ことが大事ですよね。
 とにかく、今は一日でも早く被災地が日常を取り戻せるようになることを願うばかり。

 そして、実は台風19号の接近直前から個人的にとんでもない事態に巻き込まれまして、いまも騒動の真っ最中というか何というか、それなりに長く人生を歩んできていますが今が一番しんどいです。こんな精神的ダメージ今まで経験したことがありません。おおよそ、自分が生きている間は関わることは無いだろうと思っていた所にお世話になっちゃいましたよ。

 人生というのは自分の力で生きて行くものだと思いますけど、他者との関わりを無くしてまったら人生として残らないと思うんですよ。何の為に生きてきたのか、何を己の人生に刻んできたのか、残らなければ他者は何も理解できない。自分を甘やかしてくれる人間としか関わらず、それ以外の者とは一切関わらないでいたら、最終的に自分の周りから誰もいなくなってしまうもの。まぁ、そうなった時点で手遅れなんだけれども…。

 とりあえず、自分があの世に逝ったら渾身の力でグーパンチしたい相手ができたのは事実。それが叶うかどうかは判りませんが、自分は誇れるような人生を歩んでいけるように頑張っていくしかありません。変な目標ですがが、これが本音です。

 しかし、確認した時も、最期に見届けた時も、すごく綺麗な顔だったことが妙に腹立たしい。
 きっと私には理解が及ばない人生をそれなりに頑張って生き抜いたんだろうと、今は無理やり納得することで心を落ち着かせることにします。

 本当に人生はそれなりに歩んでいくと色々な経験をするもんなんですなぁ。

 今週はTHE ALFEEとCANTAのコンサートに続けて参加できることが精神的な拠り所になっています。ストレスを発散できる場、パワーを得られる場があって本当に良かった。
 あと、自分がミーハーな人間で良かった。適度に現実逃避できます(笑)

 THE ALFEEといえば、台風19号の接近に伴い、10/12の仙台公演と10/13の会津公演の延期を前日に発表して、同時に振替公演とチケットの払い戻しに関しても発表したんですよね。限られた時間の中での苦渋の決断だったと思いますが、全てを同時に発表するというのはさすがとしか言いようがないです。
 振替公演は当初の土日から平日になってしまったことで参加できなくなってしまったファンの事を思い、ラジオ番組「Kトラ」で幸ちゃんが「そこは本当に申し訳ない」と謝罪していたことや、同番組のアルフィーインフォメーションで棚瀬マネージャーも「振替も土日公演にしたかったけれど空きが全く無かった」と残念がなっていたことなど、ファンのことを最優先してくれる言動が何よりも嬉しかったです。アルフィーは今後もライブを続けていってくれるバンドなんだから、今回参加できなくなってしまった人達にも必ず良い巡り合わせがありますように。

 今回は日記でもなくモノローグなんで支離滅裂な文章でもいいやと開き直って書いたので、半分以上が意味不明だと思われますが、「人生っていろいろね」ってことですわ。ちょっとしたガス抜きも必要なんで、そういう意味では個人のblogは丁度いい場所ですね。無駄に続けておいて良かったかも。
 今後もガス抜きと称して毒を吐くかもね~。←

web拍手

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

閑話。 
2019/02/19 Tue 20:39
 少し久し振りのblog更新。

 1月末から2月上旬にかけて悲喜こもごも色々ありまして。今は私的な行事が続いて頭の中がグルグル。これは時差ボケも入っているかな。この話はまた後日改めて。

 色んなニュースが飛び交い、人というのは無病息災でいることは本当に難しいんだなというのを痛感させられています。年を重ねるようになってからアレルギー症状が顕著に出るようになり、眼科やら皮膚科に通うことが当たり前になってきているけれど、寧ろこの程度で済んでいる身体を有り難く思わないといけないんだよな…と。

 毎日楽しい事ばかり!という生活が理想だけど、現実は「あと〇日頑張ればお楽しみが待っている!」と目の前に人参ぶら下げて邁進することで日々のモチベーションを保っているのが常。でも、この「人参」の存在は侮れないわけで、私はその「人参」の存在のお陰で何とかマイペースに生活できているような気がしないでもない。

 久し振りにblogを書いておいて取り留めないない内容だけど、ミーハー精神は一生棄てずにいきたいな…と、今だからこそ強く感じている次第でございます。

 話題がガラっと変わりますが。
 今年は恵方巻に続いてバレンタインデーも徐々に下火になってきているなと感じました。毎年この時期になると贔屓のチョコレート店が地元のデパートにも限定出店するのに今年は出店しなかったんですよ。
 でも、そのお店も他にも今まで期間限定出店していたお店が今年は来なかったし、全体的にバレンタインデーの特設エリアが去年より狭まっているなという印象が強い。商法に楽しく踊らされるのはいいけど、無理に付き合わされるのは本来の目的から逸れちゃっていますからね。数年前から義理チョコ禁止の会社も増えつつあるし、原点回帰じゃないですが本来の目的に沿ったイベントとして再認識されてきているのかな?それなら良い傾向ですよね。私は美味しいチョコレートが得られれば何でも良いんですが♪←論外

 さて、今週末の『ズームイン!サタデー』に高見沢さんが3週連続で生出演です。



 まさか早朝の5時半から高見沢さんが生放送番組に出演する日が来るなんて…!ぶっちゃけ、私は5時半に起きる自信が全く無いのでタイマーセットという技に出ますけどね!超夜行性の高見沢さんはきっと寝ないままテレビ生出演して、終わったら就寝という流れになるんだろうな…。
 とにかく、TOURのない時期に3週連続で高見沢さんの生のお姿を拝見できるのは嬉しいです。

web拍手
無題。 
2018/07/11 Wed 21:00
 西日本に甚大な被害をもたらした豪雨、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 特に、広島、岡山、愛媛の被害は想像絶する光景で一日も早い安否不明者の救助、そして復興されることを願うばかり。まず今やるべきことは専門の方々や大企業に任せ、非力な自分は出来ることをコツコツ積み重ねていくしかない。最近になってローソンの端末Loppiでも日本赤十字などへの募金が可能だと知りました。

 しかし、今回の豪雨に関してはテレビでの報道が少な過ぎますよね。私もなんだかんだで情報を得たのはネットというかSNSだったりします。福岡、岡山からの親戚、友人知人から得る情報とテレビで報道されている内容が乖離していて違和感を覚えました。現場がどれだけ悲惨な状況になっているかよりも、現場で何が不足しているのか、被災された方々はどうすれば良いのか、実のある情報を一気に拡散できるのがテレビの大きな力だと思うんですけど…。
 余りに被害が甚大で情報が錯そうしているという現状も理解できますが、ネット優先になりテレビ離れが叫ばれる昨今だらこそ、テレビならではの報道力をちゃんと示して欲しい。

 ただ、ネットからの情報も総て鵜呑みに出来ないのが世知辛い。
 やはりというか、早々にデマが飛び交ってしまったのも事実。特にネットは情報をいくらでも瞬時に細工できてしまうから怖いんですよね。

 あと、岡山の友人も言っていたことなんですが、「避難準備」「避難勧告」「避難指示」の区切りが曖昧で判り難いのはなんとかならないものなんですかね。どうしても漢字の印象で「勧告」より「指示」の方が軽く受け止めてしまう。特に、今回甚大な被害が出た場所は普段から自然災害が少なかった地域なだけに、避難関連の発令には慣れていないことも重なり判断も難しかったと思います。

 だって「50年に一度の豪雨」とか言われてもピンとこないですよね。去年も同じような表現を使っていたことがあったじゃないですか。それだけ異常気象が頻発していることをしっかり自覚していかなければいけないんでしょうけど、現実をしっかり見据えるって難しいですわ。

 ここで言っても仕方の無いことだけど、何で被災地にばかり雨雲がかかるんだろう。こっちは空梅雨だった上に最近も纏まった雨が降らず、ダムの貯水率は例年よりも低くて早くも真夏の水不足が心配されている。人間が自然をコントロールできないことくらい解っているけれど、あっちの雲をこっちで引き取れたらな…と思う時点で、私はまだまだ現実逃避しているのかな。

 とりあえず、現実逃避せず、変に自主ムードにならず、なんとか西日本を中心に経済を回せるような生活をしていくぞ。

web拍手

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ