FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2018/08/03 Fri 21:18
 台風12号がとんでもない迷走をして終わっていった7月、8月に入っても連日の酷暑続きで、そこそこ暑さには強い私でもバテ気味というか、今日はちょっと軽い熱中症になりかけてしまいました。いかん、いかん。私の仕事の席はエアコンの恩恵を殆ど受けないので体感30度超えなんですけど、そんな環境に慣れているから~と舐めていたのかもしれません。
 8月一杯も酷暑続きらしいので、熱中症対策を万全にしていかないとですよね。加えて関東は先日の台風12号でもダムの方は大して潤わず水不足が心配だし、この夏の異常気象には参りますね。豪雨に見舞われた西日本の被災地も復興が始まったばまりだし、気候も生活も早く落ち着いて欲しいものです。

 7/28,29日はTHE ALFEEの夏イベ『THE ALFEE 45th Anniversary Summer Best Hit Alfee 2018 夏ノ巻 Château of The Alfee」 at 横浜アリーナ公演に参加して来ました!
 そうです、初日は関東に台風12号がやって来た日です。熱中症対策も台風対策も万全にして参加しましたよ!
 実は前日、ルーク篁さんのソロ公演に参加する為に名古屋に行っていたので、当日は無事に新横浜まで移動できるか不安だったんですが、小田原辺りまでは青空も垣間見える状態だったので助かりました。こんなハラハラした移動は久し振りでしたね。GOODSの先行販売の時も雨に降られず、開場時間が丁度雨のピークだったようですが防災アプリのリアルタイム雨雲レーダーを確認しながら行ったので豪雨に遭うもなく無事に入場できて一安心。でもレインコートは着て行って良かった。しかも、終演後に会場を出たら雨は止んでいましたからね。皆の願いで台風を吹き飛ばせたのかな?
 2日目は熱中対策を万全にしないといけないくらいの天候でしたからね。2日間とも無事に開催できて良かったです。

THE ALFEE夏イベ2018


 夏イベだけあって会場内は関係者からのスタンド花が沢山飾られていましたが、相変わらず「Kinki Kidsのブンブブーン」からのスタンド花のイラストが可愛くて♪何故か今回はアルフィーの3人がブタさんになっていて(笑)、他の人達も面白がって写真に納めていました。
 今回は「THE ALFEEの城」というイベントタイトルだけあって、お城の模した柄のGOODSも多く出て私にしては色々と買ってしまいました。特に横浜銘菓のありあけ横濱ハーバーとコラボした「アルフィーロマン」はお土産にも最適。2日間とも完売する人気商品になったそうです♪あと、夏イベの定番キャラと化してきたアルフィーペンギンのGOODSも可愛くて!今回のGOODSはカッコいい&可愛いのバランスが絶妙だったかも。それにDVDパンフも非公式では「ALFEE KITCHEN」が復活しまして(笑)、今回は料理研究家の先生に付いて貰っているにも関わらず笑い所がちゃんとあるという素晴らしい内容です。夏イベで感動しまくった後にDVDで3人のわちゃわちゃ振りに癒されるって、最高のルーティンですわ♪

 さて、夏イベの話題。
 既に終わっているライブなのでネタバレを混ぜて書きたいどころですが、今回は本当にオープニングから度肝を抜く素晴らしさで、まだまだ余韻に浸っていて言葉ではその時の感動や興奮を上手く紡げない状態です。今回参加されなかったファンの方は絶対にDVDやBlu-rayを買って下さい!と断言したいくらい、最初から最後まで全てがクライマックスという凄いライブでした!

THE ALFEE夏イベ2018横アリ
※開演前のみステージセットの撮影が可能でした


 客席に入るになり、ステージに鎮座する素晴らしいお城に感嘆!思わず「すごっ」と呟いてしまったくらいインパクトがありました。イベントタイトルにもなっているし、高見沢さんが春TOURで「アルフィーの城に有料で遊びに来て下さい♪」と言っていたから、お城を模したステージセットが組まれるだろうなぁと想像していたけれど、その仕上がりの素晴らしさと迫力は想像以上!

 これだけのセットを組んだのならば内容もさぞかし派手なものになるだろうと当然期待しましたが、今回はステージ中央にデベソとなる花道はなく、代わりに客席の後方にミニステージが設けられていて、一応は中央に小さなトロッコくらいは通りそうな導線が2本設けられていたので何かしらの仕掛けはあるんだろう…とは思っていました。
 そうしたら、会場が暗転してSEが流れるなり後方の観客が騒ぎはじめ「やっぱり後ろのミニステージから登場するのか!」と全員が後方に注目していたら、なんと突如として超巨大な白馬が2頭が登場!バルーン仕様でしたけど物凄いインパクトでして、場内は笑いと興奮の大歓声になり、同時にミニステージにアルフィーのお三方が登場。なんとミニステージがそのまま動いて前方まで進むというジャニーズ系のライブでお馴染みのムービングステージだったのです!ステージはちゃんと馬車の電飾が付いていてめっちゃ豪華。しかも、そのミニステージはセンターブロックの観客の頭上を通過していき、スケルトンステージになっているから該当エリアにいる観客は真上をアルフィーが通るというレアな光景が見られるという凄さ。もう、このオープニングでチケット代の半分以上の価値はありましたよ!
 開演前に「お城のステージなんだから馬に乗って登場したら面白いのにねー」なんて話していたんですが、まさか本当に馬に乗ってくるとは!しかも想像よりもずっとインパクトがある超巨大な馬を従えて登場するとは!アルフィーはいつもファンの期待を良い意味で裏切って楽しませてくれます♪

 2日間ともセトリは半分くらい違いまして、どちらも好みのセトリ!
 初日はお城のステージセットにピッタリな『Nouvelle Vague』で幕を開け、2日目は『ジェレネーション・ダイナマイト』で幕を開けて『SWEET HARD DREAMER』と桜井さんのリードvo.のハード曲2連発できたりと、どちらも凄かった!2日目はあれで『鋼鉄の巨人』に続けば、春TOURで高見沢さんが提案していた「桜井の罰ゲーム」になったのに(笑)。←鬼

 特に初日は久し振りに『希望の鐘が鳴る朝に』が聴けて嬉しかったなー。プログレに特化コーナーが両日ありまして、難易度高過ぎてライブで再現するのは不可能と言われていた『UNCROWNED KINGDOM』の演奏には照明&特攻演出の素晴らしさも相まって圧巻!これぞKing of Liveの異名を持つアルフィーの真骨頂という感じでしたね。あれを生で観ることが出来ただなんて本当に幸せです。あと、本編ラストを飾った『明日の鐘』の後奏には妙に胸に響くものがありましたね。

 それに両日演奏された『星空のディスタンス』は初日ではドナルド・ダックギターで、2日目はドラえもんギターで演奏したりと遊び心も満載(高見沢さんも「初めてドラえもんで『星空のディスタンス』を演奏した(笑)」と言っていたし!)、アンコールではThe KanLeKeeZがまたNEW衣装で登場してGOODSの宣伝したり、GSメドレーを披露したりと遊び心もある内容盛りだくさん!

 初日のラストを飾った『ラジカル・ティーンエイジャー』には号泣したし、2日目のラストは高見沢さんが「皆の青春を預かった責任を俺達は果たさなければならない!君達の青春は終わらせないから」と断言して全身全霊で歌い切った『終わりなきメッセージ』に感涙。

 2日間とも鮮烈な驚きと興奮と感動を与えてくれた横アリ2daysでした。
 この思い出が徐々に自分の記憶の中から薄らいでいくのが悔しいくらい。永遠に自分の中に1秒たりとも取り溢すことなく留めておきたい記憶。そう断言できるくらい素敵なライブでした。ああ、予約したけどDVDの発売が待ち遠しい!

 そして、先にも書きました通り、夏イベの前日は仕事を昼で切り上げて新幹線で名古屋に移動しまして、悪魔のルーク篁氏の『!これなんて読むの?たかむらだよ』TOURの初日となる名古屋ダイヤモンドホール公演に参加して来ました。

ルーク篁ソロ2018 遠征なんて久し振りだったんですけど、去年も一昨年もルーク篁ソロ公演の内容が良かったので、関東公演の川崎以外もう1本くらい参加したいなーと思いまして。アルフィーの夏イベより篁ソロの発表の方が早かったので、こちらのチケットを先に抑えていたから(多少は日程を予想できていたとはいえ)まさかアルフィーの夏イベが続くとは!個人的にライブ三昧の怒涛の週末を過ごしていたのです(笑)

 こちらのTOURが始まったばかりなので内容には触れませんけど、三年目となるサポートメンバー(ギター:K-A-Z、ギター:若井望、ドラム:LEVIN、ベース:大桃俊樹)との相性も抜群でサポートというよりバンドという雰囲気になっていて、こちらも激しくて楽しいライブでした!悪魔のルークさんは勿論のこと、個性的なサポートメンバーも全員抜群の演奏力に男前ですからね!ルークさんも例年以上にギターを弾いていて、歌手としてもギタリストとしても見所が満載で最高なんです♪

 あとルークさんはGOODSも面白くて、私は購入しませんでしたけど「サイボーグ009」とコラボしたルーク篁ぬいぐるみまで出していますから!学習帳は写真に釣られてついつい買ってしまいましたが(笑)。パンフもグラビアアイドルか?みたいな写真まであって見応えありますの。

 ルークさんのライブは来週もあるので楽しみ。
 アルフィーは夏イベが終わってしまったけど、9月にTakamiyソロ公演があるし、秋TOURもきっとすぐ始まるんだろうなー。なんか秋TOURが『THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee 2018 秋ノ巻 Château of The Alfee II』と、以前は秋ノ巻までしかなかったのに、夏イベ後になってさり気なく(?)「Château of The Alfee」が付け加えられていたので、「おお!まさかのお城が再び…?」と期待値が上がっております♪

 まだまだ酷暑続きで大変な夏になりそうでしたけど、乗り越えた先に「お楽しみ」は待っていると自分を励ましていきます。

 さて、幸ちゃんの『Kトラ』に集中しよう!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2017/12/20 Wed 21:34
 お~、またblog更新が開いた、開いた。
 もう師走ですよ、バタバタですよ。現時点で年賀ハガキすら買っておりませんよ。元のイラストは描けているから安心しきっているんですよね。←墓穴のフラグ

 それでも12月に入ってからミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』を日生劇場まで観劇に行ったり、先日もZepp Tokyoまでルーク篁 地球デビュー 30周年記念ライブに参加したり、楽しいイベントは逃しておりません!

 ミュージカルもライブもどちらも物凄く良かったけど、特にルークさんのライブは二部構成で前半が悪魔の姿でのソロライブ(サポートメンバーがK-A-Z、LEVIN、若井望、大桃俊樹)でライブ映像のインターバルを挟んで後半は自身が現在やっているバンドCANTAのライブになっていて最後は全員でセッションしたりと内容が盛りだくさんだった所為か、19時開演して終わったのが22時半をとっくに過ぎていたという長丁場で久し振りに終演時間を確認して焦りダッシュで駅に向かうというのを経験しました(笑)。あの濃すぎるステージ内容は30周年を迎えられたルークさんの嬉しさの顕われだったんだろうな…。
 しかも、どちらもド平日の公演だったので色んな意味で大変だったんですけど、やっぱり楽しい事ってパワーになるみたいで今も意外に元気です♪

 そして本日12/20にはTHE ALFEEのNEWシングル『人間だから悲しいんだ』が発売されました。
人間だから悲しいんだ シングル曲としては『Juliet』以来、16年振りとなる坂崎幸之助さんのリードヴォーカル曲。アルフィーの真骨頂といもいえるフォークロックのサウンドに人間の弱さを吐露しながらも鼓舞する力強いメッセージが乗り、懐かしも新鮮に感じる今のアルフィーらしい楽曲です。ラジオ番組『ロックばん』で高見沢さんが「これは珍しく詞が先にできた曲」と語っていただけあって、少々字余り気味の歌詞は吉田拓郎さんを彷彿させます。最近のアルフィーのシングルには無かった曲調ですね。高見沢さんのギターもかなり攻めているので、これをライブで聴ける日が楽しみでなりません。
 今回はTOUR中ということもあって、このシングルで音楽番組への出演が現時点で無いのが残念なんですよね。そもそも、ステージでまだ披露していないので生演奏できる段階ではないんでしょうけど(笑)。一音楽ファンとしては、地上波に拘らなくてもいいからバラエティ番組よりも音楽番組でプロモをして欲しいなぁと思うわけです。

 また、この曲のプロモーションビデオもサウンドのハードさとは裏腹に穏やかな雰囲気で撮影している御三方のオフショットぽい映像になっていて良いのです。この映像、どこかでフルヴァージョンを公開して欲しい!


 今年の夏フェスタのライブ音源の曲がそれぞれ収録されて全4種類でリリースされていますけど、中でも『夜明けのLANDING BAHN』は夏フェスタで特に感動した曲だったので、あの時の感動が蘇ってきましたわ。アルフィーの場合、ライブだとオリジナルより更に派手なアレンジになる傾向がありますから、こういう形でライブ音源が出るのも有り難いです。

 本当に今年は色々と大変なことが多かったけれど、私は楽しくて思い出深いライブにもいっぱい参加できていたんだな…と改めて思ったり。うん、決して悪い事だらけの年ではなかった。良い思い出だってある。

 今週末には恒例のTHE ALFEE at 日本武道館2days公演があります。このコンサートで私の2017年ライブ納め。毎年当たり前のように迎えられることに今年も感謝…!

 さて、明日は珍しく『ヒルナンデス』にアルフィーが3人揃って生出演してくれますから、忘れずにタイマーセットをしてから出掛けないとです!←今からしておきなさい

web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/08/04 Fri 21:02
 8月に入りましたが梅雨明け宣言が出た途端に関東は戻り梅雨になったというか、カラッと晴れる日が殆どない日々が続いております。それよりもUターン台風の5号の進路が豪雨被害の影響を受けたばかりの九州地方に直撃しそうで気掛かり。また確実な進路が予想出来ない段階らしいですけど何とか逸れて欲しい。

 さて、私は7/29,30はTHE ALFEE 2017 夏フェスタ at横浜アリーナ 2daysに参加しまして、中一日おいて8/1はLUKE篁参謀 地球デビュー30th記念ライブ at 川崎CLUB CITTA'に参加して来ました。怒涛のライブweekでしたよ。順番が違うだけで去年も同じようなスケジュールを過ごしました(笑)

 まずは7/29,30はTHE ALFEE 2017 夏フェスタ at横浜アリーナ 2daysの感想。
 もう終了した公演ですのでネタバレ含んで書きます。

THE ALFEE 夏フェスタ

 初日はGOODSの前売りを買った頃は良かったのに開場時間になってから雨が降り出しまして、まさかの警報が出るほどの大雨に!終演後には止んでいたので良かったですけど、この日が土砂降りの雨模様と高見沢さんは予想していたそうなんですよ!MCで「俺は今日が雨になることを予想していた。何故なら彼とロケをするといつも雨が降るから。今日は堂本光一が観に来てくれている。彼の所為で俺は高飛車に乗れないんだ」と暴露(笑)。しかも2日目は天気が回復しまして「今日は堂本光一が来てないから雨が降ってない」と2日連続で光一くんをネタにしていましたわ…。
 堂本光一くんといえば、「Kinki Kidsのブンブブーン」から相変わらず可愛いイラスト付のスタンド花が贈られいましたね。今回はペンギンになっていたアルフィー♪最近はこの番組からのお花のイラストが楽しみで楽しみで!毎回凝ったことをしてくれますよね~。

 ネタが先行してしまいましたが、夏イベだけあってOPから派手で、まさかの天井から羽付ゴンドラに乗っての登場でしたよ!バブル期の結婚披露宴か、はたまた天界から降りて来てくれたのか。高所恐怖症の桜井さんがよくOKしてくれたものだと感動すら覚える演出でした。2日目に高見沢さんが「乗る前に桜井から『絶対にワッて触るなよ!触るなよ!触るなよ!』と3回も言われたので、これは触って欲しいのかな?前振りかな?と思っていたら仏像のように硬直していて、これは本当に触っちゃダメなやつだと思いました」言っていたほどで、相当の覚悟を持って桜井さんは乗ってくれたんですね。
 乗ってくれたと言えば今回のGOODSのDVDパンフ非公式版では高見沢さんと桜井さんがジェットコースターに乗車していて、それはもう抱腹絶倒モンの最高な映像でした♪

 しかし、初日の高見沢さんの衣装が腰元から蝙蝠のようなゴールドの羽と尻尾が生えていて腰巻が鱗になっている仕様でキングギドラ!?みたいな凄過ぎる格好で思わずお腹を抱えてウケてしまいました。後のMCで幸ちゃんから「珍獣」とまで言われていましたからね。クルクル回ると羽の重力に自分が振り回されるわ、足元が覚束ずコードに絡まらないようスタッフの介錯が必要だったり、本編ラストは新曲『あたなに贈る愛の歌』で幻想的なエンディングを迎えたのにどうしても珍獣が演奏しているように見えて感情の持って行き方に苦労したり…、本当にあの衣装にはどうしてくれようかと思いましたよ(笑)
 2日目は白と赤とゴールドのフリルがふんだんに使われたドレス衣装でしたから、同じ演出でも感動の度合いが違いましたね。時に2日目の『あたなに贈る愛の歌』の時はアーク・エンジェルギターで演奏されたので曲の世界観とマッチしていて演出の素晴らしさも相俟って感激しましたね。

 2日間通じて今年の夏イベは意外なセットリストで「おお!ここでこの曲がくるのかぁ!」と昂った場面が何度もありました。初日なんて『JOURNEY』で始まりましたからね!そこからの怒涛の6曲ノンストップ演奏には大興奮でしたよ♪2日目も同じ流れでしたがセットリストはガラリと変わり、特に『英雄の詩』が演奏された時はテンション上がりまくりでした!

 アンコールではThe KanLeKeeZが登場しまして、振り付け動画をしっかり覚えてきた甲斐があったというもの。新曲『エレキな恋人』は挫折しそうになったくらい難易度が上がりましたが何気にみんな覚えていた!諦めていた人も少なくはなかったですが(笑)、上手い具合にペンライトを振っていたのはさすがです。カンレキーズは新人バンドだというのにサイケ柄のミリタリー衣装を新調してきまして、これで5着目だそうですよ。バブリーなバンドです。
 せっかく5着も作ったのだからと幸ちゃんと桜井さんがモデルになってデベソの花道を活かしてファッションショーまで開催してくれましたが、オチに中華街のヨースイロウで働いているマサルンルンがチャイナ服でサプライズ登場した時の衝撃たるや!2つのお団子頭にして羽の扇子を持って可愛らしくちょこまか動く姿は還暦過ぎのオジサンには絶対見えませんでした!しかも、それだけ腹筋が崩壊するほどの破壊力だったのに、2日目は幸ちゃんまでチャイナ服姿で登場してワン・タン姉妹コントまで披露する暴挙に!その光景があまりにも凄まじくて、感動的な場面もあったにも関わらずワン・タン姉妹の存在が私の夏フェスタの思い出を上書きしていきました(笑)

 あと今ならではの演出だなと感激したのは即興で「Happy Life Happy Home♪タマホーム♪」と歌って最後に「週末は横浜アリーナへ♪」という素晴らしいオチ。実は初日にタマホームの関係者の方が来場されていたそうで、この即興ソングには甚く感激されていたとか。良かった、良かった。これからもジャンジャンCMを流して下さい。何でしたら放送期間を延長して下さっても…。←

 愉快な場面が頻発しましたけれど、決める所はキッチリ決めるのがアルフィー。
 今回のメモリアルチケットも電飾付のシリコンブレスで指定された時のみ点灯可だったのですが、特に2日目に演奏された『SUNSET-SUNRISE KISS』の時に点灯したオレンジの光が曲調に合せて揺れている光景が本当に綺麗で。しかも朝陽のような夕陽のような輝きにも見えて曲とすっごくマッチして感激してしまいましたね。
 そして何と言っても2日目のラストを飾った『夜明けのLANDING BAHN』。去年の夏フェスのOP曲でもあった楽曲ですが、『SUNSET-SUNRISE KISS』と同じく今から30年前の夏、単独公演としては初のオールナイトコンサートを敢行した日本平での夏イベで演奏されて非常に印象的だった楽曲。この曲で締めるだなんてニクいなぁ、ズルいなぁ、と脆い涙腺が危なかったですわ。

THE ALFEE 夏フェスタ 銀テープ&風船

 終盤では星柄のカラフルな銀テープが飛んだり、カラフルな風船が上から降ってきたり、正にお祭り騒ぎの2日間で本当に楽しかったです。
 2日目に運よく銀テープと風船はgetできたのですが、周囲の方々が風船の結び口を器用に解いて空気を抜いてお持ち帰りされていたので、ルンルン気分で帰ってから真似したら不器用な私は見事に破裂…!誰かに頼むべきだった。でもイベントロゴとイラストがプリントされた部分は破れなかったからOKです。←

で、中一日置いて8/1はLUKE篁参謀 地球デビュー30th記念ライブ at 川崎CLUB CITTA'に参加。これまた警報が出る程の雷雨に見舞われまして…。ルーク篁さんは自他共に認める雨男なので覚悟はしていましたが、まさか雷まで付いて来るとは。GOODSの前売りに並んでいる時が一番辛かったですけど、公演が始まってしまえばこっちのものです!

LUKE篁30th at 川崎


 何となくTHE ALFEE 2daysの疲労が残っていましたが、その疲労感を吹っ飛ばしてしまうくらいルーク篁参謀のライブも物凄く楽しかったです!サポートメンバーは前年と同じ、ギターにK-A-Zさんと若井望さん、ドラムのLEVINさん、ベースに大桃俊樹さんと全員系統が違うのですが、素晴らしい化学変化が起きて本当にカッコいいサウンドを奏でてくれるのですよ♪そしてギタリストであるルークさんは殆どギターを弾かない(笑)。アイドルみたいに踊っちゃったり、エアギターしたり、フロアタム叩いたり、デーモン閣下そのものの前振りやらパントマイムを披露したりと何でもあり!
 曲の構成も自身のソロ曲だけでなく、聖飢魔IIの曲(しかもレアな楽曲も!)や自身のバンドのCANTAの楽曲まで披露したりとバラエティーに飛んでいて楽しかったぁ♪それに、このメンバーとは2年目ということもあって、メンバー間のチームワークが更に向上してMCも大爆笑の展開になり、終わってしまうのが勿体無いくらいの内容でした。

 だから、追加公演というかルーク篁30週記念の集大成を12/18のZepp TOKYOで開催すると告知された時は嬉しかったですねー。この時はCANTAも出演するとかで本当に華やかな宴になりそう。月曜日公演という日程的にかなり厳しい予感がしますが、こちらも絶対に参加したいところです。

 そんな訳で充実したコーンサートウィークを過ごせました。今、仕事面でも体力面でも皺寄せがきている感がありますけどね(笑)。楽しんだ証拠なんだから仕方が無い。これを乗り越えれば新たな楽しみが待っている♪
 

 そういえば、高見沢さん小説家デビューですか。
 幼少期から物凄い読書量の方だし、ずーっとアルフィーの楽曲を書き続けてきているんですから文字を綴っていくのはお手の物。小説作品でも魅力的な文章を紡いでいきそうですよね。こちらも楽しみです。

  で、その高見沢さん、今しがたテレビ番組でブリザード攻撃から大事な巻髪を必死になって庇っていたわ(笑)。大物ミュージシャンなのにバラエティ番組で最高のネタ要員にされちゃうだなんて…。桜井さんと坂崎さんも認める最強の天然素材ですから…まぁ、仕方が無いですね。←


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/06/20 Tue 20:51
 梅雨入りしたのに全然梅雨っぽく無い…と言っていたら、そろそろ梅雨らしい天候になってくる模様。明日から快晴が暫くお預けになるのかな?洗濯するタイミングがなかなか難しくなりそうだ。
 洗濯といえば先日久しぶりに心の洗濯が出来ましたね。森林浴だなんて何時以来だろうな?芳しくなかった体調もスッカリ回復しました♪私は海派か山派かと聞かれたら山派なのかもしれない。もちろん、海も見ているだけなら好きですけどね。泳げないし海水は肌が荒れてしまうので入れないのですよ。山頂まで登ってそこから海を見渡すのがベストかな?…うん、体力は出来るだけ維持していかないとダメだね。←

 さて、先週NTVで放送された特番『一周回って知らない話』にTHE ALFEEがゲスト出演したのですが、その日はルーク篁が率いる3ピースバンドCANTAのライブに参加していたのでリアルタイムでは観られなかったのですよ。CANTAのライブもすごく良かったんですよ~♪今年でバンド活動15周年で9枚アルバムを出しているから3週に渡って初期からアルバム3枚ずつからセットリストを組んでやるというユニークな企画の第一弾だったんですけど、ルーク篁の内面の葛藤がリアルにエグいくらい露呈しているのがCANTA初期作品なので感情に訴えてくる曲のオンパレードで痺れました!

 で、本題の『一周回って知らない話』を昨晩やっと観たのですが、既に視聴した人達からの好評ぶりは聞いていたので最初から最後まで安心して観られました(笑)。バラエティー番組に3人が揃って出演するって最近は滅多に無いですもんねぇ。音楽番組では当然3人で節目の時は何かと特集を組んでくれますけど、バラエティー番組であそこまでアルフィーの歴史た実績を深過ぎず浅過ぎずまとめて下ったのは初めてなんじゃないかな?しっかりオチを付けながらもKing of LIVEという異名を持つアルフィーの魅力をテレビで放送してくれてファンとしては本当に嬉しかったです。ライブ映像がふんだんに流れても、評判のコントの場面は「参加した人達だけのお楽しみ」と流さなかったところとかニクイ☆
 あとバラエティー番組に3人が出演しても天然キャラの高見沢さんがオチ扱いになることが最近の定番なのに、この番組では桜井さんのユーモアさもしっかり放送して下さったのがツボ。

 ちょっと意外だったのが、レギュラーゲストである梅沢富美男さんが凄くアルフィーに対して好意的だったこと。やはり梅沢さんも常に芝居で全国周っているからテレビ出演よりも「生の舞台」に主軸としているアルフィーに共感して下さっているのかな。むしろ、アルフィーよりも下手に回る場面が多くて面白かったですわ。

 今の時代は芸能人はテレビに出演し続けていないと一般人視聴者から「あの人は誰?」みたいな扱いになってしまうんだろうけど、たま~にテレビに出て一般視聴者から「あの人達は誰!?凄く魅力的!気になる!もっと知りたい!」と思わせる存在が本当の芸能人でありスターなんじゃないかな。

 私がアルフィーをずーっと好きでいられるのはファンを楽しませるコンサートを常に続けてくれる凄さと、自分達の音楽に対して真摯に情熱的に…そして何よりもユーモアを持って真面目に接している姿勢、この普遍さが何よりも愛おしいのです。それを、この番組を観て改めて痛感しました。

 アルフィーに限らず、自分の信じた道を真摯な姿勢で突き進む人は魅力的ですよ。その姿勢を続けて行ってくれていれば何も言わずともファンは付いて行きます。

 さぁ、明日はTHE ALFEE at 神奈川県民ホール!
私にとって春TOUR Myファイナル。既に大荒れが予想されている天気が些か心配ですが、悪天候にも負けずMyファイナルの2017年春フェスタのアルコンを楽しんで来ます♪

 その前にBSジャパンの『あの年この歌』を観なきゃ。
 あとThe KanLeKeeZの振り付け動画を再確認しなくちゃだ。←重要


web拍手

テーマ:日本テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2017/06/07 Wed 21:48
 前回のblogで「体調を崩しやすい時期になった」と書きましたが、有言実行と言うべきか本当に体調を崩した自分が情けない。熱があるとかではなく風邪でも無くて、ただ単に気候の変化に身体が付いていけないだけ。こうなったら体調が落ち着くまで仕事以外の外出は控えて出来るだけ安静にしているしかない。お酒も控えてますよ。エライなぁ。←当たり前

 さて、6月1日から公開されたタマホームのCM。
 本サイトによると様々なアーティストにタマホームのキャッチコピーを歌って貰う企画の第1弾にTHE ALFEEが選ばれたそうです。ただでさえ個性的な3人組がタマホームのキャッチコピーをハモっているCM内容はインパクト大!さすが「何でもハモれる!」と豪語する御三方だけあります。



 2パターンありますが、3人がハモっているだけでも「これ?タマホームのCMになっているのか?」とアルフィー色が強過ぎる内容なのに、高見沢さんが電飾のアーク・エンジェルギターでソロを奏でているヴァージョンなんてキャッチコピーを歌ってない!(笑)。無駄にキラキラしていてアーク・エンジェルギターのCMになっている気がしないでもないんですけど、タマホームさん的にはこれで良いんでしょうか?放送されているからOKなんでしょうけど…!



 運が良いと2パターン連続でテレビで見ることが出来るらしいですけど、私はまだ高見沢さんがギターソロを奏でる謎のヴァージョンしかテレビでは見たことがありません。YouTubeで公開されいるので見ようと思えばいつでも見られますけど、やっぱりテレビの大画面でも見たいですからねー♪

 しかし、高見沢さんの歴代のギターの中で、ここまで主役級な扱いでCM出演をしたギターは無いだろうなぁ。見た目にも音的にも「何事っ!?」と興味を惹かれますよね。企画した人は凄いな。

 アルフィーといいえば、7/29,30に横浜アリーナで開催される『夏フェスタ』のポスターも解禁されましたね。また動物キャラが全面に出てくるかと思いきや、宗教絵画ぽいゴージャスな仕上がり。しかも天地を逆転させればThe KanLeKeeZがメインになるという二重構成。夏フェスタもそんな感じでいくのかな?まだ先ですが楽しみです♪

アルフィー2017夏フェスタ


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ