ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/08/04 Fri 21:02
 8月に入りましたが梅雨明け宣言が出た途端に関東は戻り梅雨になったというか、カラッと晴れる日が殆どない日々が続いております。それよりもUターン台風の5号の進路が豪雨被害の影響を受けたばかりの九州地方に直撃しそうで気掛かり。また確実な進路が予想出来ない段階らしいですけど何とか逸れて欲しい。

 さて、私は7/29,30はTHE ALFEE 2017 夏フェスタ at横浜アリーナ 2daysに参加しまして、中一日おいて8/1はLUKE篁参謀 地球デビュー30th記念ライブ at 川崎CLUB CITTA'に参加して来ました。怒涛のライブweekでしたよ。順番が違うだけで去年も同じようなスケジュールを過ごしました(笑)

 まずは7/29,30はTHE ALFEE 2017 夏フェスタ at横浜アリーナ 2daysの感想。
 もう終了した公演ですのでネタバレ含んで書きます。

THE ALFEE 夏フェスタ

 初日はGOODSの前売りを買った頃は良かったのに開場時間になってから雨が降り出しまして、まさかの警報が出るほどの大雨に!終演後には止んでいたので良かったですけど、この日が土砂降りの雨模様と高見沢さんは予想していたそうなんですよ!MCで「俺は今日が雨になることを予想していた。何故なら彼とロケをするといつも雨が降るから。今日は堂本光一が観に来てくれている。彼の所為で俺は高飛車に乗れないんだ」と暴露(笑)。しかも2日目は天気が回復しまして「今日は堂本光一が来てないから雨が降ってない」と2日連続で光一くんをネタにしていましたわ…。
 堂本光一くんといえば、「Kinki Kidsのブンブブーン」から相変わらず可愛いイラスト付のスタンド花が贈られいましたね。今回はペンギンになっていたアルフィー♪最近はこの番組からのお花のイラストが楽しみで楽しみで!毎回凝ったことをしてくれますよね~。

 ネタが先行してしまいましたが、夏イベだけあってOPから派手で、まさかの天井から羽付ゴンドラに乗っての登場でしたよ!バブル期の結婚披露宴か、はたまた天界から降りて来てくれたのか。高所恐怖症の桜井さんがよくOKしてくれたものだと感動すら覚える演出でした。2日目に高見沢さんが「乗る前に桜井から『絶対にワッて触るなよ!触るなよ!触るなよ!』と3回も言われたので、これは触って欲しいのかな?前振りかな?と思っていたら仏像のように硬直していて、これは本当に触っちゃダメなやつだと思いました」言っていたほどで、相当の覚悟を持って桜井さんは乗ってくれたんですね。
 乗ってくれたと言えば今回のGOODSのDVDパンフ非公式版では高見沢さんと桜井さんがジェットコースターに乗車していて、それはもう抱腹絶倒モンの最高な映像でした♪

 しかし、初日の高見沢さんの衣装が腰元から蝙蝠のようなゴールドの羽と尻尾が生えていて腰巻が鱗になっている仕様でキングギドラ!?みたいな凄過ぎる格好で思わずお腹を抱えてウケてしまいました。後のMCで幸ちゃんから「珍獣」とまで言われていましたからね。クルクル回ると羽の重力に自分が振り回されるわ、足元が覚束ずコードに絡まらないようスタッフの介錯が必要だったり、本編ラストは新曲『あたなに贈る愛の歌』で幻想的なエンディングを迎えたのにどうしても珍獣が演奏しているように見えて感情の持って行き方に苦労したり…、本当にあの衣装にはどうしてくれようかと思いましたよ(笑)
 2日目は白と赤とゴールドのフリルがふんだんに使われたドレス衣装でしたから、同じ演出でも感動の度合いが違いましたね。時に2日目の『あたなに贈る愛の歌』の時はアーク・エンジェルギターで演奏されたので曲の世界観とマッチしていて演出の素晴らしさも相俟って感激しましたね。

 2日間通じて今年の夏イベは意外なセットリストで「おお!ここでこの曲がくるのかぁ!」と昂った場面が何度もありました。初日なんて『JOURNEY』で始まりましたからね!そこからの怒涛の6曲ノンストップ演奏には大興奮でしたよ♪2日目も同じ流れでしたがセットリストはガラリと変わり、特に『英雄の詩』が演奏された時はテンション上がりまくりでした!

 アンコールではThe KanLeKeeZが登場しまして、振り付け動画をしっかり覚えてきた甲斐があったというもの。新曲『エレキな恋人』は挫折しそうになったくらい難易度が上がりましたが何気にみんな覚えていた!諦めていた人も少なくはなかったですが(笑)、上手い具合にペンライトを振っていたのはさすがです。カンレキーズは新人バンドだというのにサイケ柄のミリタリー衣装を新調してきまして、これで5着目だそうですよ。バブリーなバンドです。
 せっかく5着も作ったのだからと幸ちゃんと桜井さんがモデルになってデベソの花道を活かしてファッションショーまで開催してくれましたが、オチに中華街のヨースイロウで働いているマサルンルンがチャイナ服でサプライズ登場した時の衝撃たるや!2つのお団子頭にして羽の扇子を持って可愛らしくちょこまか動く姿は還暦過ぎのオジサンには絶対見えませんでした!しかも、それだけ腹筋が崩壊するほどの破壊力だったのに、2日目は幸ちゃんまでチャイナ服姿で登場してワン・タン姉妹コントまで披露する暴挙に!その光景があまりにも凄まじくて、感動的な場面もあったにも関わらずワン・タン姉妹の存在が私の夏フェスタの思い出を上書きしていきました(笑)

 あと今ならではの演出だなと感激したのは即興で「Happy Life Happy Home♪タマホーム♪」と歌って最後に「週末は横浜アリーナへ♪」という素晴らしいオチ。実は初日にタマホームの関係者の方が来場されていたそうで、この即興ソングには甚く感激されていたとか。良かった、良かった。これからもジャンジャンCMを流して下さい。何でしたら放送期間を延長して下さっても…。←

 愉快な場面が頻発しましたけれど、決める所はキッチリ決めるのがアルフィー。
 今回のメモリアルチケットも電飾付のシリコンブレスで指定された時のみ点灯可だったのですが、特に2日目に演奏された『SUNSET-SUNRISE KISS』の時に点灯したオレンジの光が曲調に合せて揺れている光景が本当に綺麗で。しかも朝陽のような夕陽のような輝きにも見えて曲とすっごくマッチして感激してしまいましたね。
 そして何と言っても2日目のラストを飾った『夜明けのLANDING BAHN』。去年の夏フェスのOP曲でもあった楽曲ですが、『SUNSET-SUNRISE KISS』と同じく今から30年前の夏、単独公演としては初のオールナイトコンサートを敢行した日本平での夏イベで演奏されて非常に印象的だった楽曲。この曲で締めるだなんてニクいなぁ、ズルいなぁ、と脆い涙腺が危なかったですわ。

THE ALFEE 夏フェスタ 銀テープ&風船

 終盤では星柄のカラフルな銀テープが飛んだり、カラフルな風船が上から降ってきたり、正にお祭り騒ぎの2日間で本当に楽しかったです。
 2日目に運よく銀テープと風船はgetできたのですが、周囲の方々が風船の結び口を器用に解いて空気を抜いてお持ち帰りされていたので、ルンルン気分で帰ってから真似したら不器用な私は見事に破裂…!誰かに頼むべきだった。でもイベントロゴとイラストがプリントされた部分は破れなかったからOKです。←

で、中一日置いて8/1はLUKE篁参謀 地球デビュー30th記念ライブ at 川崎CLUB CITTA'に参加。これまた警報が出る程の雷雨に見舞われまして…。ルーク篁さんは自他共に認める雨男なので覚悟はしていましたが、まさか雷まで付いて来るとは。GOODSの前売りに並んでいる時が一番辛かったですけど、公演が始まってしまえばこっちのものです!

LUKE篁30th at 川崎


 何となくTHE ALFEE 2daysの疲労が残っていましたが、その疲労感を吹っ飛ばしてしまうくらいルーク篁参謀のライブも物凄く楽しかったです!サポートメンバーは前年と同じ、ギターにK-A-Zさんと若井望さん、ドラムのLEVINさん、ベースに大桃俊樹さんと全員系統が違うのですが、素晴らしい化学変化が起きて本当にカッコいいサウンドを奏でてくれるのですよ♪そしてギタリストであるルークさんは殆どギターを弾かない(笑)。アイドルみたいに踊っちゃったり、エアギターしたり、フロアタム叩いたり、デーモン閣下そのものの前振りやらパントマイムを披露したりと何でもあり!
 曲の構成も自身のソロ曲だけでなく、聖飢魔IIの曲(しかもレアな楽曲も!)や自身のバンドのCANTAの楽曲まで披露したりとバラエティーに飛んでいて楽しかったぁ♪それに、このメンバーとは2年目ということもあって、メンバー間のチームワークが更に向上してMCも大爆笑の展開になり、終わってしまうのが勿体無いくらいの内容でした。

 だから、追加公演というかルーク篁30週記念の集大成を12/18のZepp TOKYOで開催すると告知された時は嬉しかったですねー。この時はCANTAも出演するとかで本当に華やかな宴になりそう。月曜日公演という日程的にかなり厳しい予感がしますが、こちらも絶対に参加したいところです。

 そんな訳で充実したコーンサートウィークを過ごせました。今、仕事面でも体力面でも皺寄せがきている感がありますけどね(笑)。楽しんだ証拠なんだから仕方が無い。これを乗り越えれば新たな楽しみが待っている♪
 

 そういえば、高見沢さん小説家デビューですか。
 幼少期から物凄い読書量の方だし、ずーっとアルフィーの楽曲を書き続けてきているんですから文字を綴っていくのはお手の物。小説作品でも魅力的な文章を紡いでいきそうですよね。こちらも楽しみです。

  で、その高見沢さん、今しがたテレビ番組でブリザード攻撃から大事な巻髪を必死になって庇っていたわ(笑)。大物ミュージシャンなのにバラエティ番組で最高のネタ要員にされちゃうだなんて…。桜井さんと坂崎さんも認める最強の天然素材ですから…まぁ、仕方が無いですね。←


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/06/20 Tue 20:51
 梅雨入りしたのに全然梅雨っぽく無い…と言っていたら、そろそろ梅雨らしい天候になってくる模様。明日から快晴が暫くお預けになるのかな?洗濯するタイミングがなかなか難しくなりそうだ。
 洗濯といえば先日久しぶりに心の洗濯が出来ましたね。森林浴だなんて何時以来だろうな?芳しくなかった体調もスッカリ回復しました♪私は海派か山派かと聞かれたら山派なのかもしれない。もちろん、海も見ているだけなら好きですけどね。泳げないし海水は肌が荒れてしまうので入れないのですよ。山頂まで登ってそこから海を見渡すのがベストかな?…うん、体力は出来るだけ維持していかないとダメだね。←

 さて、先週NTVで放送された特番『一周回って知らない話』にTHE ALFEEがゲスト出演したのですが、その日はルーク篁が率いる3ピースバンドCANTAのライブに参加していたのでリアルタイムでは観られなかったのですよ。CANTAのライブもすごく良かったんですよ~♪今年でバンド活動15周年で9枚アルバムを出しているから3週に渡って初期からアルバム3枚ずつからセットリストを組んでやるというユニークな企画の第一弾だったんですけど、ルーク篁の内面の葛藤がリアルにエグいくらい露呈しているのがCANTA初期作品なので感情に訴えてくる曲のオンパレードで痺れました!

 で、本題の『一周回って知らない話』を昨晩やっと観たのですが、既に視聴した人達からの好評ぶりは聞いていたので最初から最後まで安心して観られました(笑)。バラエティー番組に3人が揃って出演するって最近は滅多に無いですもんねぇ。音楽番組では当然3人で節目の時は何かと特集を組んでくれますけど、バラエティー番組であそこまでアルフィーの歴史た実績を深過ぎず浅過ぎずまとめて下ったのは初めてなんじゃないかな?しっかりオチを付けながらもKing of LIVEという異名を持つアルフィーの魅力をテレビで放送してくれてファンとしては本当に嬉しかったです。ライブ映像がふんだんに流れても、評判のコントの場面は「参加した人達だけのお楽しみ」と流さなかったところとかニクイ☆
 あとバラエティー番組に3人が出演しても天然キャラの高見沢さんがオチ扱いになることが最近の定番なのに、この番組では桜井さんのユーモアさもしっかり放送して下さったのがツボ。

 ちょっと意外だったのが、レギュラーゲストである梅沢富美男さんが凄くアルフィーに対して好意的だったこと。やはり梅沢さんも常に芝居で全国周っているからテレビ出演よりも「生の舞台」に主軸としているアルフィーに共感して下さっているのかな。むしろ、アルフィーよりも下手に回る場面が多くて面白かったですわ。

 今の時代は芸能人はテレビに出演し続けていないと一般人視聴者から「あの人は誰?」みたいな扱いになってしまうんだろうけど、たま~にテレビに出て一般視聴者から「あの人達は誰!?凄く魅力的!気になる!もっと知りたい!」と思わせる存在が本当の芸能人でありスターなんじゃないかな。

 私がアルフィーをずーっと好きでいられるのはファンを楽しませるコンサートを常に続けてくれる凄さと、自分達の音楽に対して真摯に情熱的に…そして何よりもユーモアを持って真面目に接している姿勢、この普遍さが何よりも愛おしいのです。それを、この番組を観て改めて痛感しました。

 アルフィーに限らず、自分の信じた道を真摯な姿勢で突き進む人は魅力的ですよ。その姿勢を続けて行ってくれていれば何も言わずともファンは付いて行きます。

 さぁ、明日はTHE ALFEE at 神奈川県民ホール!
私にとって春TOUR Myファイナル。既に大荒れが予想されている天気が些か心配ですが、悪天候にも負けずMyファイナルの2017年春フェスタのアルコンを楽しんで来ます♪

 その前にBSジャパンの『あの年この歌』を観なきゃ。
 あとThe KanLeKeeZの振り付け動画を再確認しなくちゃだ。←重要


web拍手

テーマ:日本テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2017/06/07 Wed 21:48
 前回のblogで「体調を崩しやすい時期になった」と書きましたが、有言実行と言うべきか本当に体調を崩した自分が情けない。熱があるとかではなく風邪でも無くて、ただ単に気候の変化に身体が付いていけないだけ。こうなったら体調が落ち着くまで仕事以外の外出は控えて出来るだけ安静にしているしかない。お酒も控えてますよ。エライなぁ。←当たり前

 さて、6月1日から公開されたタマホームのCM。
 本サイトによると様々なアーティストにタマホームのキャッチコピーを歌って貰う企画の第1弾にTHE ALFEEが選ばれたそうです。ただでさえ個性的な3人組がタマホームのキャッチコピーをハモっているCM内容はインパクト大!さすが「何でもハモれる!」と豪語する御三方だけあります。



 2パターンありますが、3人がハモっているだけでも「これ?タマホームのCMになっているのか?」とアルフィー色が強過ぎる内容なのに、高見沢さんが電飾のアーク・エンジェルギターでソロを奏でているヴァージョンなんてキャッチコピーを歌ってない!(笑)。無駄にキラキラしていてアーク・エンジェルギターのCMになっている気がしないでもないんですけど、タマホームさん的にはこれで良いんでしょうか?放送されているからOKなんでしょうけど…!



 運が良いと2パターン連続でテレビで見ることが出来るらしいですけど、私はまだ高見沢さんがギターソロを奏でる謎のヴァージョンしかテレビでは見たことがありません。YouTubeで公開されいるので見ようと思えばいつでも見られますけど、やっぱりテレビの大画面でも見たいですからねー♪

 しかし、高見沢さんの歴代のギターの中で、ここまで主役級な扱いでCM出演をしたギターは無いだろうなぁ。見た目にも音的にも「何事っ!?」と興味を惹かれますよね。企画した人は凄いな。

 アルフィーといいえば、7/29,30に横浜アリーナで開催される『夏フェスタ』のポスターも解禁されましたね。また動物キャラが全面に出てくるかと思いきや、宗教絵画ぽいゴージャスな仕上がり。しかも天地を逆転させればThe KanLeKeeZがメインになるという二重構成。夏フェスタもそんな感じでいくのかな?まだ先ですが楽しみです♪

アルフィー2017夏フェスタ


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/05/23 Tue 20:45
 5月だというのに連日30℃前後の気温が続くので慌てて衣替えをしました。これで一気に涼しくなったら笑うしかない。しかし、衣替えをして気付きましたが、ここ数年の冬はセーターを殆ど着なくなりました。学生時代は毎日のように着ていたのに…。お気に入りもあるけど2,3年以上着ていないセーターとはそろそろお別れかな。逆に夏はTシャツが減ってきました。しかもTシャツの半分はバンドTシャツですよ(笑)。大人になったんだなぁということにしておきます。←

 明日、5/24はTHE ALFEE meet The KanLeKeeZのシングル『あなたに贈る愛の歌』と『エレキな恋人』の発売日です。アルフィーは1年ぶりのシングル、カンレキーズとしては初のシングル♪
 今回は公式のPV動画が素敵で!!珍しく何度もリピートしています!

 シングル発売ということでテレビやラジオなどにちょこちょこ出演していますけど、昨晩のbayfmの番組『ON8+1』にアルフィーが3人揃った時のが面白かったですわ!聞き逃した方はradikoのタイムフリーで聞けますので是非!初っ端から某ホテルの高級スイーツが振る舞われた3人でしたが、ラジオ番組だというのに黙々と食べちゃったり、1個3800円もするショートケーキをお皿からこぼしちゃったり、苦手なものだと少し残したりとフリーダム(笑)。個人的には今回の春TOURのGOODSの話題になった時に、初めてペンライトを売っていて観客席が光って綺麗という流れから「お迎えがきたのかな…」「これが三途の川か…」と思いながら観客席を見ていた3人に爆笑しました。今後、アルコンでペンラが非常に振り難くなりましたぞ…!
 あと6月に発売される吉田拓郎さんのトリビュートアルバムからTHE ALFEEがカバーしている『人生を語らず』が流れたり、5/22に発売されるシングルのボーナストラックのライブ音源が流されたり、セットリストも充実していて良かったです。

THE ALFEE/あなたに贈る愛の歌 さて、THE ALFEEの『あまたに贈る愛の歌』は久しぶりの王道のバラードによるラブソング。こんな直球なラブソングは本当に久し振りな気がします。高見沢さんのリードヴォーカル曲で、なんと歌入れが偶然にも高見沢自身の誕生日だったそうで、個人的に思い入れの強い楽曲になったとか。高見沢さんはここ数年ソロ活動で武部聡志さんのピアノ弾き語りでバラードを歌い上げたり、西本智美さんとのInnovation Classicsに挑戦してきましたが、その経験が今回の新曲に生かされていますね。あと、還暦を過ぎてバラードを美しく歌い上げる声になった♪珍しくギターソロは控えめですが、短いながらも間奏のギターソロはかなりツボに入っております。

 The KanLeKeeZの新曲『エレキな恋人』の方は対照的にポップで明るい曲調で、往年のGSサウンドを踏襲しながらも3人の特性を生かしたスイッチヴォーカルに愉快な歌詞が楽しくて♪しかもサビのキーが高い!担当している桜井さんは凄いですわ。なんだかんだ言って3人とも声が高いですよね…。

 カップリングに通常盤には今年の「大阪国際女子マラソン」のイメージソングだった『創造への楔』が収録さていまして、疾走感のあるサウンドにTHE ALFEE節が炸裂していて聴いていて安心します。初回盤3種には去年の夏フェスでのライブ音源がそれぞれ収録されていますが、去年の夏フェスは本当に文句の付けようのない素晴らしい内容及び演出だっただけあってライブ音源だけでも良い!特に『無情の愛X』のラストのギターソロはライブならではの演出なので高揚感が刺激されて体がウズウズする(笑)

 ライブ音源を聴くとコンサートが恋しくなる病が再発してしまいますが、今週末はTHE ALFEE at NHKホール2daysが控えております。新曲、聴けるかな?聴けるかな♪

 今晩はシングルCDを心行くまでリピートだ。


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/02/25 Sat 21:58
 珍しく連日のblog更新。

 だって、だって、昨晩blogを書きながら聞いていたTHE ALFEEの坂崎幸之助さんのラジオ番組NACK5K's TRANSMISSION』に予期せずして10年ぶりにアルフィーの3人が勢揃いしたのですよ!!

 前日の『ももいろフォーク村』の放送において幸ちゃんが風邪により喉が絶不調で声が出なかったという情報を知っていただけに、生放送であるラジオ番組『Kトラ』の放送がどうなるのか気掛かりでしたが、冒頭から幸ちゃんではない聞き覚えのある声が流れてきて「え?」と思ったら、まさかの桜井さんがピンチヒッターとして登場。もちろん隣に幸ちゃんもいたけれど、メインDJは桜井さんになるというサプライズな内容。当日、棚瀬マネージャーが桜井さんに電話でピンチヒッターを打診したら「やるでしょ。俺らバンドだぜ」と即答したというエピソードを明かしてくれて大感激しましたよ。さすが、バンドはこういう時に心強いですね。

 その後は出来るだけ幸ちゃんを喋らせないように棒読みになりながらも番組を進行する桜井さんが素敵過ぎて!桜井さんはDJ向きの良い声だな~と惚れ惚れしながら番組を聴いていたら、何と途中から本当に不意打ちで高見沢さんが「よぉ!」と登場!高見沢さんは番組収録が4本あったのに(BSジャパンの『あの年この歌』かTBSラジオの『ロックばん』かな?)、やはり喉が絶不調の坂崎さんが心配で収録を終えるなり番組に駆け付けたという高見沢さん!ちょっと、泣かせないでよ~。
 新曲をリリースしてもイベントを開催しても、2人のメッセージは流してもこの番組に3人が揃うことなんて10年間無かったのに、幸ちゃんの調子が絶不調と知るなり駆け付けちゃう2人の絆の強さに感動した2時間でもありました。こういうことをサラッとやられちゃうからね、ファンは幸せ者ですわ。

 奇しくも当日はプレミアムフライデーで「プレミアムフライデーとは何ぞや?いつもと変わらないぞ!」と思っていましたが、アルフィーファンには本当にプレミアムフライデーになった夜でしたね。ああ、こんな所で恩恵を受けるとは(笑)

 しかも高見沢さんも登場して10年ぶりに『Kトラ』でアルフィー3人揃ったというのに、本来ならメインDJである幸ちゃんは風邪で声が出せない、桜井さんはピンチヒッターとして番組進行を頑張る、高見沢さんは幸ちゃんは喋らないように見張りながら進行を頑張る桜井さんに茶々を入れて番組を掻き回すという…気が付けば愉快なアルフィーのラジオ番組になっていて終始大笑いしていました。桜井さんと高見沢さんが進行そっちのけで妙なクロストークを繰り広げるもんだから、幸ちゃんも参加したくてウズウズしてアコギを弾くことで存在をアピールしていたり、アルフィーらしさ満載で本当に嬉しい限り。桜井さんはむちゃくちゃ頑張っていたし、高見沢さんは助っ人というより遊びに来ていた体が強かったですが(笑)、メンバーのピンチに駆け付けて番組を盛り上げるバンド仲間って本当に最高ですよ♪
 放送が危ぶまれた回がまさかの神回になっちゃうだなんて、さすがアルフィー!

 ラッキーなことに私が送ったメッセージを桜井さんに読んで頂けましたからね!HNのイントネーションがちょっと違っていて、一瞬別の方が読まれたのかと思いましたけど(笑)嬉しかったなぁ。3人揃っていたのでNACK5ではなく某渋谷方面のラジオ番組で読まれたよな気分になりましたけど。

 ただ、今回は桜井さんと高見沢さんの助っ人により最高に面白い放送にはなりましたが、幸ちゃんにはくれぐれも無理せずに休める時はきっちり休んで療養して頂きたいです。なんせ声が商売道具のミュージシャンなんですからね。声が出せなくなるというのは一般人以上に辛いことだと思います。これからもずっと歌い続けて、喋り続けていって欲しいからこそ、休む勇気も持って頂きたい。来週までには幸ちゃんの喉が少しでも良くなっていると良いな。
 4月かはら春フェスタも始まるし、幸ちゃんだけでなく御三方にはくれぐれも体調管理を万全にして頂きたいです。見た目もやる事も若いけれど、肉体年齢とかは実年齢通りだったりしますからね。元気でいてくれることがファンの一番の望みですもの。

 3人揃っただけに「週刊坂崎」も3人の直筆メッセージがあって嬉しい限り。幸ちゃんを励ます2人のメッセージにまた泣きそうになりましたが、高見沢さんのあのイラストは何なんだろう?マスクした幸ちゃん?ゴジラ?相変わらず愉快なイラストを描かれる方ですよね。和みました。

 そんな訳で、「アルフィーファンで良かった♪」と改めて痛感した金曜の夜でした☆


  web拍手

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ