ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2013/03/06 Wed 22:45
 blog更新が随分と暫くぶりになってしまった…。
 リアル生活が色々とありまして(特に2月下旬は酒量が多かった…)、なかなかblogを更新する余裕がありませんでした。お陰でHDDに溜まっていくTV番組たちよ…、私はいつこの映像を見ることが出来るんだ…?

 気が付けばTHE ALFEEがバックバンドで出演の『KIRINのどごし〈生〉』の新CMをオンエアされていますね。あの客席に自分も居たんだなぁ…と感慨深い。
 CMは公式サイトに動画もアップされていますけど、「再結成演奏全編」の動画もフル映像が公開されていてバッチリ桜井さんのNGシーンまで入っていたのは嬉しかった!メイキングにはさり気なくドラムの太郎さんやキーボードのただすけさんも映っているし、夢を叶える為に一生懸命頑張った主人公の方の頑張りに感動しつつ、ALFEEファンとしても嬉しいポイントも多かったり非常に美味しい映像の数々…。ああ、麒麟さんに感謝だ。この先は暫く「のどごし生」を買い続けますとも!…いや、普段から買っているんだけどね(笑)

 そして先日の土曜は「SmaSTATION!!」の放送の中で久しぶりに『月イチゴロー』のコーナーがありましたが、WBCの予選試合の中継が延長したので「スマステ」の放送も2時間近く延長!お陰で、吾郎ちゃん主演の深夜ドラマ『心療中-in the Room-』と被って焦りましたわ…。
 でも、『月イチ』が放送されたのは『心療中』の放送が終わった直後という、スマステスタッフの素晴らしい編集のお陰でどちらも被らず観ることが出来きました♪感謝、感謝。関係ないけど、先週はNHKの『生さだ』に夢中になる余り『心療中』の放送を見損ねまして(オンエア地区なのに、どれだけオンデマンドに頼っているんだか…)、今週は忘れずにタイマー録画をっ!と意気込んでいた割には録画しつつリアルタイムに観たという(笑)。初回から先の見えない緊迫した内容だけど、どんどん稲垣吾郎演じるスクールカウンセラー・天間の切迫した心情が露呈してきて惹き込まれますね。

 話を『月イチ』に戻しまして…。

 今回は「アカデミー賞スペシャル」と題し、2月と3月に公開されるアカデミー賞に絡んだ作品から慎吾がチラシだけ見て選んだので本当に選りすぐりの5作品となり、吾郎ちゃんも「他の月だったら、どれも1位の作品」と順位付けはしたものの全作品高評価という異例の結果になったという、『月イチ』の中では非常に珍しい回になったと思われます♪

 そんな吾郎ちゃんを感嘆させた5作品は、5部門でノミネートされ外国語映画賞を授賞した『愛、アムール』、脚本賞にノミネートされた『ムーンライズ・キングダム』、5部門でノミネートされ脚本賞と助演男優賞を授賞した『ジャンゴ 繋がれざる者』、5部門でノミネートされ音響編集賞を授賞した『ゼロ・ダーク・サーティ』、最多の8部門でノミネートされ主演女優賞を授賞した『世界にひとつのプレイブック』でした。

 個人的には脚本賞と主演男優賞でノミネートされていた『フライト』が入らなかったのが残念だったんだけど、後日『SMAP×SMAP』のビストロに主演のデンゼル・ワシントンが来店したので残念感は吹き飛んだわ。なんていうか、非常にバラエティ番組慣れされているというか意外にお茶目な方で、トークも試食も最後の判定に至るまで楽しめました。ああ、この映画は劇場で観たいんだよ…。

 また話題が微妙に逸れましたが(笑)
 今回の『月イチ』はとにかく吾郎ちゃんの服装に釘付け!黒と白のモノトーンの柄ジャケットを着ていましたが、その柄が凄いサイケで凄いんですよ。それに柄の蝶ネクタイを合わせて樣になっているんだから、吾郎ちゃんてば本当に凄いのね…と感心。ド派手な色と奇抜な柄の衣装は高見沢さんで見慣れているとはいえ(笑)、高見沢さんとはまったくキャラクターが違う吾郎ちゃんが派手柄の服を着こなしているのはちょっと衝撃的でしたね。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2012/12/23 Sun 13:27
 は~ぁ、2012があと10日足らずで終わってしまうんですね。
 珍しく年賀状は既に書き上げ大掃除と言っても粗方片付いたし、何気に新年を迎える準備は整いつつあるんですけど、一番の難関である細々とした物の片付けが滞おっているからプラマイゼロか。ダウンロード主流の中でCDに拘る時代遅れの私は確実にCDが増えている現実(笑)。去年からバンドブームが来ているので、インディーズ系のCDも増えてきているので整理に苦慮しております。うぉ~、結局、いつものバタバタした年末と変わらないかもっ。

 バンドブームといえば、先日の『Mステ』で久しぶりにB'zをTVで観ました。相変わらずカッコイイのぅ。B'zは来年デビュー25周年なんだそうです。なんか、既に30年超えの貫禄はあるよね。
 その前にSMAPも出演していましたが、吾郎ちゃんは舞台が終わってからの出演で(しかも翌日は札幌でスマコン)強行スケジュールでしたけど、さすがミュージカルに出演中だけあって声は出てましたねぇ♪あと、必ず「…で、吾郎ちゃんは?」と唐突に吾郎ちゃんへ話を振ってくれるタモリさんがツボ。中居くんの期待通り(?)オチを付けるところも阿吽の呼吸というべきかwww

 でもって、22日の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』の放送がありまして、SMAPは札幌でコンサートというスケジュールだったので当然生放送では無かったんですけど、いつも通り吾郎ちゃんと大下アナのトーク映像をいつものセットのスタジオで観る慎吾と大下アナという形式だったのは嬉しかったな。

 今回は「お正月映画SP」と題されていたので1月に劇場公開される作品も混じっていた模様…て、つまり来年1月は『月イチ』の放送は無いってことかなぁ。
 慎吾がチラシを観ただけで選んだのは、キャメロン・ディアスとジェニファー・ロペスの共演で話題の大人向けコメディ『恋愛だけじゃダメかしら?(英題:WHAT TO EXPECT WHEN YOU'RE EXPECTING)』、ロンドンを舞台にしたウディ・アレン監督+アンソニー・ホプキンス主演の恋愛コメディ『恋のロンドン狂騒曲(英題:YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER)』、山田洋次監督による小津安二郎監督の『東京物語』へのオマージュでもあるファミリードラマ『東京家族』、ロバート・デ・ニーロが悪に染まった汚職警官を演じたことでも話題のクライムサスペンス『フリーランサー NY捜査線(英題:FREELANCERS)』、ヴィクトル・ユーゴーの小説を基にた大ヒットミュージカルを豪華俳優陣で映画化した『レ・ミゼラブル(英題:LES MISERABLES)』…以上の5作品でした。

 「お正月映画SP」という割には大作は『レ・ミゼラブル』くらいかな?『007』シリーズの新作が入らなかったのが意外だったし、『マリー・アントワネットに別れをつげて』が入るかな?と思っていたけど、こちらも入らなかった。でも、全体的には2作品を除いて良作品だった模様…。

 何より、今回の吾郎ちゃんはミュージカル『恋と音楽』を絶賛上演中!ということで、公演会場であるPAROCO劇場のある渋谷PARCOの7Fのカフェから『月イチ』を放送♪思わず、「あら、今度、このカフェに行ってみようかな」と思った単純なファンが此処にいます。←
 そして、この収録後に舞台本番を控えている身である吾郎ちゃん、「僕は基本、どんな仕事でも手を抜くことは無いですけど…」と前置きしつつ、今は舞台が一番大事なので『月イチ』では声を余り使いたく無いと小声で話す吾郎ちゃんが可愛い。ええ、スマコンも残っているし声は大事にして下さい。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2012/10/22 Mon 21:43
 待ちに待った吾郎ちゃんの舞台情報が漸く解禁!
 12/1~12/28 パルコ劇場にてミュージカル『恋と音楽』に主演することが発表されました。暮に鈴木聡さんの脚本で舞台があるらしいとの噂は聞いていましたが、まさかミュージカルとは意外っ!でも、ジャズピアニストの佐山雅弘さんとご一緒するのは初めてではないし、今回は佐山さんを中心にジャズバンドの生演奏付き♪また、ヒロイン役は元宝塚トップスターの真飛聖さんだそうで華やかな感じになりそうですね。

 吾郎ちゃんをイメージした鈴木さんの書き下ろし作品だそうで演出は河原雅彦さんと、パルコプロデュースの舞台には3回立っている吾郎ちゃんの作品ではお馴染みのコンビ。内容も恋愛経験の乏しいミュージカル作家(稲垣吾郎)の前に理想の女性(真飛聖)が現れ、恋に落ちていく様をファンタジックに描いていくミュージカルコメディーだとか。鈴木さんのコメディセンスと吾郎ちゃんの芝居の相性は良いので楽しみ!

 但し、問題がチケット取りですね…。まだ詳細は発表されていませんが、激戦になるだろうし頑張らなければ。せめて1回は観たいもんねっ!
 ちなみに、この舞台は年明けに大阪と仙台でも公演されるそうで、吾郎ちゃんはミュージカルな年末年始になるんだなぁ。しかも、スマコンの札幌オーラスもあるし何気に大変…。人一倍健康管理はしっかりしている方だと思うけど、今まで以上に気を付けて頂きたい。

 そしてそして、20日の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』の放送がありまして、夕方前から友達と飲んでたので「あ、ヤバイかなぁ」と思っていたギリッギリ間に合いました(笑)。ここ数ヶ月はリアルタイムで『月イチ』を観られるのが希で…。リアルタイムで観られた時にしかBLOGに書かないから、久しぶりな感があるなぁ。

 慎吾が9月、10月に劇場公開される映画作品からチラシだけ見て選んだのは、北野武監督作品で前作大ヒットした続編『アウトレイジ ビヨンド』、シルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィルス、アーノルド・シュワルツネッガーなど往年のアクションスターが再び集結した話題作『エクスペンダブルズ2(英題:The Expendables 2)』内田けんじ監督作品で堺雅人、香川照之、広末涼子という豪華な共演でも話題の『鍵泥棒のメソッド』、石岡瑛子さんがコスチュームを手掛けた遺作でありジュリア・ロバーツが邪悪な女王に扮した『白雪姫と鏡の女王(英題:MIRROR,MIRROR)』、キューバ映画初となる異色ゾンビ作品『ゾンビ革命 −JUAN OF THE DEAD−』、…以上の5作品でした。

 10/20放送なのに9月公開の作品も入っていて、場所によっては既に公開が終わってしまっているのもあったのが残念だったなぁ。2ヶ月跨ぎになる時は上旬にやって欲しいと思うのは我が儘だろうか。

 でも、吾郎ちゃんのビジュアルは一段とシャープな感じになって良かったですよ。ええ、所詮、単純な吾郎ファンですわ。あと、冒頭のコメントで「今回はダントツの1位!」と断言していたので、発表前から1位作品がと~っても期待感を煽られました。

 あと、スタジオゲストが生瀬勝久さんだったんですが、『月イチ』が始まる寸前に慎吾が「吾郎ちゃんがキレッキレのコメントをしてくれるんですよ。作品や監督や役者に対してキレッキレでいきますから!」と煽ったせいか、5位や4位の作品コメントに爆笑していたのが可笑しかったです。それに、見終わった後も「実にはっきりしていて良いですね。これが吾郎ちゃんの趣味なんだからね」と、『月イチ』の趣旨を理解されていたのも感激。そうなんだよ、『月イチ』は慎吾が勝手に選んだ作品を吾郎ちゃんが自分の価値観や好みで批評するのが醍醐味なわけでね。偶に吾郎ちゃんの批評に噛み付くナンセンスな方がいるけど、他人の趣味にイチャモンを付けるだなんてさもしいにも程があるっ。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。




web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2012/05/14 Mon 21:52
 来週に迫った金環日食、TVでも特番を組むんだなぁ~と驚いてみたり。
 でも、晴れてくれなくちゃ意味が無いんだよね。こればかりは自然任せなので、一体どうなることやら。やはり専用のメガネみたいなのは手に入れておくべきかと、いまだに迷っている優柔不断ぶりです。
 裸眼はもちろんのこと、サングラスぐらいでは目がやられてしまうそうなので(網膜はく離の要因になるとか)、皆様、くれぐれも裸眼やサングラスで観測しないようにご注意下さいませ。

 さて、先日の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』の放送がありまして、なんか久しぶりにBLOGで『月イチ』を話題にするなぁ…と思っていたら、今年初だったのには我ながら驚いた(汗)
 『月イチ』は欠かさず見ているけど、BLOGにアップするタイミングを逃しちゃうと扱っているものがナマモノなだけに、後から書くってことが出来なくなるんだよね。あと、先月とかは『月イチ』自体の放送時間が短かった上に吾郎ちゃんが映画についてコメントした箇所が極端に短くて、これと言って印象に残らなかったからBLOGでも触れなかったのよね。

 でもって、4,5月に劇場公開される映画から慎吾がチラシだけ見て選んだのが、今年度のアカデミー賞最多5部門受賞の白黒無声映画の『アーティスト(英題:THE ARTIST)』、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツというハリウッドスター豪華共演が話題の『幸せの教室(英題:LARRY CROWNE)』、キャメロン・ディアスが元彼ジャスティン・ティンバーレイクと共演したことでも話題になったコメディ『バッド・ティーチャー(英題:BAD EACHER)』、ブルース・ウィルス主演のバイオレンス・アクション『キリング・ショット(英題:CATCH.44)』、ゲイリー・オールドマンとコリン・ファースという実力派俳優の競演が見所のサスペンス『裏切りのサーカス(英題:TINKER TAILOR SOLDIER SPY)』…以上の5作品でした。

 一応、アカデミー賞作品の『アーティスト』VSハリウッドスター主演作品…という名目だったようで、5月放送とはいえ4月公開作品が3本(『アーティスト』、『キリング・ショット』、『裏切りのサーカス』)もありましたね。最近は月跨ぎで作品を取り上げることが多いなぁ。もう『月イチ』というより、『月ニ』って感じだね。

 それにしても最近にしては珍しくハリウッド作品(メジャー作品)ばかりのラインナップになり、吾郎ちゃん自身も珍しい傾向みたいなことを言っておりました。ですが、冒頭から「3位以下は酷い」とバッサリ(笑)。既にやる気の無さが表情に滲み出ていらっしゃいましたわ。
 その代わり上位2作品についてのコメントは生き生きしていて(笑)、本当に吾郎ちゃんて素直だなぁ~と感心しました。でも、「酷い」枠に入っていた3位の作品に対してのコメントも、どちらかというと好みでは無いってだけで作品そのものは高評価しているように感じたな。

 ただね、今回『月イチ』で最下位になった作品は吾郎ちゃんのコメントよりも、スタジオゲストの観月ありささんのコメントの方が最下位作品でも致し方無い印象を与えていたような気がします。ある意味、観月さんがトドメを刺してたよね(笑)


 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2011/12/13 Tue 22:21
 10日は皆既月食がありましたね~。丁度、帰り道の途中で月食が始まって、ついつい夜空を見上げながら歩いてしまいました。←危ないって
 帰宅してからも、夜空を見上げる度に月の形が変わっていて、暗闇に赤く浮かび上がる姿は幻想的で暫し見惚れていましたが、あの月を同じ時間に日本でどれぐらいの人が見つめていたんでしょうね。きっと被災地の方でも月食を観測できた場所があったと思われますが、少しでもあの幻想的な時間が心の癒しになっていたことを願わずにはいられません。

 そんな皆既月食があった日は「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』の放送がありまして、今回は「冬休み日本映画SP」だったらしく5本とも全て邦画でした。

 そういえば、先月の『月イチ』をblogで取り上げてなかったな~。リアルタイムで観ていて吾郎ちゃんの相変わらずの斬れっぷりを楽しんでいたけど、丁度バタバタしていた時期だったこともあり書くタイミングを失ってしまった。ま、こういうこともありますわな。

 慎吾がチラシだけ見て選んだのは、「仮面ライダー」の40周年記念映画シリーズの最後を飾る『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX』、1970年代の人気コミックの実写映画化『ワイルド7』、自身も声優として参加している日本発の3Dアニメーション『friends もののけ島のナキ』、今年のヴェネチア国際映画祭でW受賞した話題の園子温監督の話題作『ヒズミヒミズ』、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で助監督を務めた蔵方政俊のデビュー作となる同シリーズ第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』…以上の5作品でした。

 冬休み映画と謳いつつも『ヒズミ』が来年1月公開で、あとの4作は12月公開作品なんですよね。慎吾が声優を務めている『もののけ島のナキ』が注目作品だったとはいえ、ややセレクトが偏ってしまっているかも。個人的には冬休み映画なんだから、『源氏物語 千年の謎』や『聯合艦隊司令長官 山本五十六』や、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』など大作映画も入れて欲しかったな。

 個人的に好みの作品が少なくて吾郎ちゃんのコメント頼りだったのですが、今回の吾郎ちゃんはいつも以上にお疲れモードで本当に眠そうだった(汗)。そのせいか気に入らなかった作品に対してのコメントがやや投げ遣り。多分、万全のコンディションで鑑賞していたら、また違った雰囲気のコメントが聞けたんだろうなぁ。
 ただ、そういうコンディションの中でも1位にした作品に対してのコメントは秀逸。「素晴らしかった」というのが言葉の節々から滲み出ていて眼の輝いていた。やっぱり「惹き付ける作品」というのは凄い魅力があるんだな…と痛感しました。

 しかし、吾郎ちゃんが邦画をコメントすると同業者の方々に対しての影響が人間関係上あるわけで、始まる前からコメントし難くそうにしていたのがツボ。そうだよなぁ~、やっぱり色々と大変なんだろうね~。大下アナが色々とフォローして下さって嬉しかったわ。
 ま、独自の世界観を持つ吾郎ちゃん一個人の感想に過ぎないのだから、そのコメントにいちいち影響を受けてああだこうだ言う器の狭い人なんて無視しちゃえば良いんだわさ。第一、そういう人は吾郎ちゃんのお仲間には居ないでしょう。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ