ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/05/11 Thu 23:40
 5月最初の更新ですがGWが終わってる!
 仕事上カレンダー通りの休みではないのですが今年はのんびりしたというか、友達と食事に行ったり胃袋が幸せな日々を過ごせました。暫く体重計には乗るまい(笑)

 しかし、その間にTHE ALFEEが1年振りの発売するシングル『あなたに贈る愛の歌』を幸ちゃんが『Kトラ』で流してくれたり(久しぶりの王道ラブソングのバラード曲♪)、なんと今年も7月に横浜アリーナで夏イベやっちゃうよ!今年は「夏フェスタ」だよ♪…と、私は4日間のうちに3本ライブに行くという去年とほぼ同じハードなライブウィークを過ごすことになりそうで今から楽しみです。
 今年でTHE ALFEEはデビュー43年という中途半端な年だというのに、まったくペースを緩めないところが恐ろしい。アルフィー積立貯金しておいて良かったですわ。

 さて、本題は先月の事なんですが、4月に約1か月間、日生劇場でミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』が上演されていまして、市村正親さん主演の日本初公演のコメディ作品ということで観て来ました。市村さん演じる8人の遺産相続人の殺人を企てる青年の役はダブルキャストで、私が観た公演はウエンツ瑛士さんが演じていました。

紳士のための愛と殺人の手引き 物語は殺人容疑で投獄された青年モンティ(ウエンツ瑛士)が真実を日記に書き記す場面から始まります。

 ある日、たった一人の肉親である愛すべき母親を失い意気消沈している青年モンティの所へ母親の古い友人だと名乗る元に謎の老婦人ミス・シングル(春風ひとみ)が訪ねて来て、彼女によるとモンティの母親は大富豪貴族の「ダイスクイス・ファミリー」の一人であり、息子であるモンティ自身にも爵位継承権があるとのこと。但し、現時点でモンティは8番目の爵位継承者にあるため現伯爵含め8人(演じる役者は全て市村正親!)が死なないことには継承権を得られない。
 …結局夢話だと興味を示さなかったモンティだが、継承者の一人である聖職者のエゼキエル・ダイスクイス(市村正親)の元を訪ね、8番目の爵位継承権を持つ自分が現伯爵のアダルバート・ダイスクイス卿(市村正親)に援助を受けられるように取り入って貰えないかと頼みます。しかし聖職者として生きるエゼキエルは一族のゴタゴタには関わりたくないと相手にしてくれません。ところが、偶発的な事故が起こりモンティの目の前でエゼキエルが転落死してしまいました。モンティは7番目の爵位継承者となり、このまま他の継承者を殺していけばアダルバート卿に取り入らなくても自分は爵位を継承できると残りの7人の継承者の殺人計画を思い付くのだった。

 ※注意。以下、ネタバレを含みます。

 …という話で、大富豪貴族の爵位を得る為に一人の青年が奇想天外な方法で8人の継承者を殺していくサスペンスコメディ。モンティは端から8人の継承者を殺すつもりははくて、最初に接触した銀行家の息子アスクイス・ダイスクイス・ジュニア(市村正親)に横柄な態度を取られたしまったので、聖職者なら相談に乗ってくれるだろうとエゼキエルを訪ねたら相手にして貰えないどころか見殺しに出来るチャンスが巡ってしまったので衝動的に起こしてしまったのが最初の殺人。この偶然の殺人がモンティは恐ろしく愉快な殺人鬼に仕立て上げてしまったのです。

 その後はあの手この手で残りの爵位継承者を殺害していくのですが、どれも自分が疑われないよう事故死に見せ掛けていく過程が可笑しいのなんの。市村さん演じる継承者達が次々と「そんなのアリ!?」て思わず噴き出しちゃう死に様を見せていきます。しかも、市村さんが8役演じ分けているだけあって、どのキャラクターも個性的過ぎましてね~!個人的にケンブリッジ大学を卒業したのに性格も頭もお花畑なヘンリー・ダイスクイス(市村正親)と、慈善事業に精を出すヒヤシンス・ダイスクイス夫人(市村正親)のキャラが最高過ぎて。特にヒヤシンス夫人はモンティが仕掛けた罠に負けず、慈善活動の為に執念を燃やしまくる様は大爆笑でした。

 モンティが次々と爵位継承者を殺していくものだから現伯爵のアダルバート卿も事態を怪しみ、不意に現れた8人目の爵位継承者であるモンティを警戒します。そして遂にモンティが殺害したヘンリーの妹のフィービー・ダイスクイス(宮澤エマ)を婚約者に迎え次期爵位継承者まで昇りつめると、2人は同等の立場として対峙することになります。「この男を殺せば伯爵になれる」と機を狙うモンティと「この男が犯人かもしれない」と疑念を抱くアダルバート卿との静かな駆け引きが実にスリリングで、2人の心理状態を理解していない周囲の人々も巻き込み、物語は観客の意表を突く大波乱のクライマックスを迎えるのです。

 最初から最後まで凄まじいドタバタ劇で、その中には2人の女性の間で揺れるモンティの恋愛模様もたっぷり描写されているし、モンティの境遇に同情して彼を息子同然に接するアスクイス・ダイスクイス・シニア(市村正親)の存在なと、コメディの中にも要所要所にスパイスが効いていて物語の世界観に惹き込まれました。

 あと何と言っても8役を演じ分けた市村さん(正確には8役ではないんだけど…それは観劇した人の特権)、どのキャラも個性が強いのは先も書きましたが、アッという間に演じ替わるんですよ。モンティが殺して次の標的が登場するまで1分も経たない場面もあったくらいで、あの早着替えは凄い。一名を除いて突飛なキャラばかりだったので演じ甲斐があったことでしょう。どのキャラも実に活き活きとしていました。
 モンティ役を演じたウエンツさんは二番手とはいえ出番は市村さんよりもずっと多くて、ステージにほぼ出ずっぱりというハードな役柄でしたが、何人も殺害していきながらも迷ったり葛藤したり恋愛には優柔不断のようで一途だったり、人間味溢れるキャラがとてもハマッていました。

 舞台演出もかなり凝っていて見た目にも非常に楽しく、時間と資金に余裕さえあればもう一度観たかったですね。現時点で愛知と福岡での公演が残っていますが、さすがにそこまで追い掛けられない…。
 日生劇場での再演を期待したいです。

 再演といえば、その日生劇場で12月に『屋根の上のヴァイオリン弾き』、来年3月に『ラ・カージュ・オ・フォール』の再演が決定しています。私が愛するミュージカルベスト1,2が続けて上演されるだなんて狂喜乱舞ですよ。絶対に観に行けるように色々と頑張らないと!

 ミーハー根性は私に生きる活力を与えます!(断言)

web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

2017/02/13 Mon 22:40
 気が付けば2月も半ばに差し掛かろうという時期ですが、東京では粉雪が舞ったかと思えばスギ花粉も飛散が始まっているという、色んなものが空気中を漂っている季節なのかもしれませんね。

 只今、高見沢さんがTBSの特番に出演されていますけど長時間テレビの前に居る習慣が無いので(どちらかというと長時間テレビを観るのは苦痛)、HDDさんに頑張って貰っています。テレビを視聴するなら長くても2,3時間がベストなんですけど、ここ数年ムダに放送時間が長いテレビ特番が多くないですか?生放送とかでも半分が過去映像だったり再現映像だったり…今の時代ネットで検索すれば幾らでも観られると有難味を感じない我儘な体質に成長中です。まぁ、今の時代はテレビを齧り付き観るというより、何かしながらテレビを観る…ながら観が主流なんでしょうね。そういう器用な観方が出来ない私は辛い。

 さて、昨日は一年ぶりの再演でもあるInnovation Classics 2017 西本智実×高見沢俊彦 at Bunkamuraオーチャードホール へ行って来ました。2/11,12と2日公演だったのですが、私は12日のみの参加。去年と同じパターンですわ。

Innovation Classics 2017

 前回が大好評だったことを受けて、ヴィヴァルディの「四季」から『夏』とムソルグルスキーの『展覧会の絵』は前回の引き続き今回も演奏されたのですが、今回は新たな挑戦としてTHE ALFEEの楽曲を初日はAプログラムと題して『星空のディスタンス』と『Masquerade Love』を、2日目はBプログラムと題して『恋人達のペイヴメント』と『Orionからの招待状』を演奏するという試み。
 私は2日目のみの参加だったのでAプログラムは鑑賞できませんでしたが、初日に参加したママンボによると『星空のディスタンス』も『『Masquerade Love』も両方素晴らしかったとのこと。特に『星ディス』を絶賛していて、ライブCD盤を出して欲しい!としきりに言っておりました。でも実際にINNOVATION CLASSICS 2017を体験したら「映像ソフトだけでなくライブ音源のCDも出して欲しい!」ってなりましたわ(笑)。去年、初公演して好評を博したから再公演!…というだけでなく、高見沢さんも西本さんも互いに新たな挑戦をしている姿を目の当たりにしてd大感激しましたよ!

 そんな東京2公演の内容は『DeColum』に画像付でレポートが掲載されています。

 以下は私のミーハーな感想になります。
 まだ来月に大阪2公演がありますのでネタバレ満載の感想になりますから、ネタバレしたいくない方はここで読み止めて下さいね。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

2016/09/26 Mon 21:21
 久しぶりに青空を拝める日が2日間ほど続きましたけど、この晴れ間も明日までで明後日から秋雨前線が頑張ってしまうんだとか。今年の夏は台風当たり年のせいか雨模様ばかりで、特に9月に入ってから一日晴天なんて日は2,3日も無いんじゃ?「秋晴れ」という言葉があるくらいなんだから、そろそろスカッ!としたお天気に恵まれたいものです。シーツとか大物を洗濯するタイミングが非常に難しい…。

「シン・ゴジラ」名台詞ステッカー 今月はコンサートに参加する予定が1本もなくて所謂お遊び自粛月でもあるんですが(笑)、どうしても映画『シン・ゴジラ』がまた観たくなって、まだ観ていない友達に大ブッシュして新宿のTOHOシネマズにまた行っちゃいました!公開されてから2ヵ月経つのに満席状態で相変わらずの人気でしたね~。しかも入場時に「大ヒット御礼・名台詞ステッカー」なるものが配布されまして観賞前からテンション上がっちゃいました。本当に名台詞ばかりで!個人的に「仕事ですから」と「無人在来線爆弾」とか堪りませんよ♪…未見の方には「何のこっちゃ」でしょうけど(笑)

 作品も2回目の方が落ち着いて観られる分、初見で見逃していたシーンや台詞が拾えて更に見応えがありました。あと、やはり音楽が最高ですよね。美しい旋律の『Who will know』が流れる場面なんて物語のクライマックスの一つでもあるし、破壊神ゴジラの恐ろしさを目の当たりにするシーンでもあるので凄く印象に残るのですが、2回目の方が迫る程の恐怖感に圧されてしまい、この先の展開を知っているにも関わらず絶望感に泣きそうになってしまったくらいですもん。高見沢さんもラジオで言っていましたけど、この『シン・ゴジラ』は歴代のゴジラ作品の中で一番"怖い"ゴジラだと改めて痛感しましたね。
 予告でも使用されていた『Persecution of the Masses』も耳に残る音楽ですし、過去シリーズのサントラの使い方も絶妙だし、うん、前回の感想にも書いていたかもしれませんが本当に『シン・ゴジラ』のサントラ盤は買いですよ!

 話題は変わり。

 ここ最近というか、この夏は意外に音楽雑誌を買っている気がします。この3ヵ月で4冊は買ったなぁ。気になる記事は1,2ページくらいだったら立ち読みで済ませちゃうんですけど、その1ページに夏目漱石さん1枚捧げてもいいかも!と思える記事が多いのかな。
音楽雑誌 特に今年の夏はソロとしては25年ぶりに悪魔のルーク篁参謀がソロTOURを行いまして、そのライブが凄く良かったから取り上げてくれた雑誌は漏れなく買っちゃったし、高見沢さんのビルボード東京でのソロライブも参加出来なかっただけに内容がしっかりレポートされている記事を見つけたら1ページだろうと買っちゃいましたよ。まぁ、ルーク参謀と高見沢さんのソロライブもレポート記事は奇しくも同じ音楽雑誌『Young Guitar』に掲載されていたんですけどね♪どちらも記者は違うけど、セットリストから使用ギター、MC内容や構成など限られた文字数の中でビッチリ書いてあって嬉しかったなぁ。
 あとルーク篁さんは『WeROCK』に特集記事が組まれてロングインタビューの他に、聖飢魔IIの本解散以来の対談となる現役時代の相棒のACEとの対談記事も載っていたので即購入。しかもロングインタビューの方には高見沢さんのソロをサポートしていることにも少し言及していて、高見沢ファンとしても嬉しいく感じる内容だったのです。高見沢さんのサポートをすることに対して、ルークさんがあんな感想というかスタンスを持っていたのは少し意外だったな。

 …そんな訳で、インターネットの普及により本の売り上げが落ちていますが読者の心を掴む記事があればお金を出して手に入れるファンは少なくないと思いますよ。
 勿論、昔と違ってインターネット上で無料で良質のインタビュー記事やコンサートレポートが読めるのは有り難い限りですけどね。あとSNSの普及によりアーティストとファンの距離が良くも悪くも縮まっているのも今時で当然の流れだと思いますが、やはりエンターテイメントとしてアーティストとファンの間には絶妙な距離感があって欲しいので、インタビューやコンサートレポを雑誌を通して読む"距離感"が好きなんですよ。良い記事だったらスクラップして、気が向いた時に電源を入れなくたっていつでも読めるじゃないですか。まぁ、こういう考えがアナログ思考なんだと解っていますけど(笑)

 先日、あらゆるジャンルの音楽雑誌を手掛けている出版社が自己破産申請の準備に入ったと報じられました。ビジュアル系バンド専門雑誌の魁でもあったし、THE ALFEEも常連のように載っていた音楽雑誌を出版していた会社でもあったので、このニュースにはショックを受けました。ただ、数カ月前にこの出版社のトップは某バンドに音楽雑誌を扱う会社のトップとは思えない発言を放ち最終的に公式サイトで謝罪コメントを掲載するまでになり、一部の音楽ファンの間ではかなりの反感を買っていました。その経緯があるだけに、トップがあれでは自己破産も致し方無しと思ってしまうんですよね。あの問題が無ければ、音楽ファンからもっと惜しまれた出版社だったのに…。

 書籍や雑誌が売れ難い時代だからこそ、購入する者は本当にその本や雑誌が好きなんですよ。その中で扱われる内容に愛情があるんですよ。だから、出版する側もしっかり"愛"を持って欲しいですよね。扱う商品に愛情を持っていなければ、いずれ読者は見抜きます。
 これは出版社業界に限らないことですけどね。

 今後も「ううっ、この記事を立ち読みで済ますのは申し訳ない」と思えるような記事が載った雑誌がどんどん出版されていきますように…!

web拍手
2016/07/11 Mon 23:23
 7月ですね。気温が安定しませんが暑い日は体温超えしてきて辛いです。梅雨明けはしていないのに関東には纏まった雨が降らず、相変わらずダムの貯水率は低いままで真夏の水不足が心配ですね。数年振りにプールやら水モノのイベントが中止になってしまうのかなぁ。相変わらず九州地方には雨雲が停滞しているし、年々気候が厳しくなっていきますね…。

 久し振りのblog更新ですが、6月下旬はTHE ALFEEの神奈川県民ホールのコンサートに行って、春TOUR Myファイナルを存分に堪能してきました。横浜SPということで久し振りに『Victory』が演奏されてフラッグが振れたのが嬉しかったですね~♪今年の夏イベは横浜アリーナですから、またフラッグが振れるといいな~!
 翌週には今年の2月にBunkamuraオーチャードホールで公演された西本智美さんと高見沢さんの競演による『INNNOVATION CALLSICS』のDVD/Bue-rayが発売されまして、改めて映像で観ても鬼気迫る西本さんと高見沢さんの真剣な眼差しと演奏に圧倒されてしまいました。本当にこれは映像化されて良かった。
 でもって7月に入ったらまた一つ年が増えて(笑)、ライブに行ったり、プチ旅行に出たり…プライベートがなかなか忙しい。充実していることは幸せなことなんですけどね。そういえば、『ぶらり途中下車の旅』の7月からのエンディング曲もTHE ALFEEの新曲なんだ!ってビックリでしたわ。今度は高見沢さんがリードVo.のようですね♪

 …で、昨日は選挙に行って来たと。私の周囲では投票率が高かったんですけど、18歳以上からの投票になったにも関わらず全体としては相変わらず低かったみたいで。何でなんですかね?無関心とか一番恐ろしいことだと思うんですが。メディアも選挙前に各党のマニフェストや候補者についての明確な報道を心掛けて欲しいものです。参議院選所の投票間際なんて都知事選の話題の方がメインになっていた報道姿勢には失望しましたわ。関心を持たせる情報を提供することがメディアの務めでは?

 …と、たまには真面目な事も語る。

 ここから本題。

ウルトラマンの日 9日はウルトラマンの日 in 杉並公会堂「THE ROCK 2016」のイベントに参加して来ました。特撮ヒーローの「ウルトラマン」が放送されてから今年で50年!今から50年前に放送の前夜祭が杉並公会堂で開催されたとか、正にウルトラマン誕生の地で50周年のお祝いなのです♪

 9日は「THE ROCK」と題され、「ウルトラマン」にちなんだロックコンサートを開催。
 前回に引き続き、音楽監督は高見沢さん!演奏をBand of Prince-T(ルーク篁、KOJI、大桃俊樹、ただすけ、吉田太郎)が務めるということで、これは行くしかない!ってやつです。今年の夏はメタルTakamiyは無いようですから、高見沢さんのソロ活動でやかましいサウンドが聴けるのは今年はこの公演だけかな…と。それはそれで寂しいんですよね。激戦必至のビルボード東京の公演も魅力的ですが(…行ける気がしない/汗)、夏はメタル!というのが続いていたから暑くなると王子連合とか恋しくなっちゃうんですよ。

 「THE ROCK」の話題に戻りまして、今回は音楽監督の高見沢さんの他に新番組『ウルトラマン・オーブ』の主題歌を歌っているアニキこと水木一郎さん、そしてウルトラマンROCKでは高見沢さんと初共演になるDAIGOさん、前回に引き続きつるの剛士さん、宮野真守さん、voyagerが出演。
 前回は本人の持ち歌も演奏されたりとミュージシャン寄りのライブでしたが、今回はウルトラマン一色の構成で非常に濃いコンサートになりました。

 以下、ネタバレ全開で感想が続きます。
 長文になりますので、それでも良い方のみどうぞ。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2016/05/07 Sat 22:39
 おお、もう5月のGWも終わり目前ですよ。
 カレンダー通りの休みというわけでないですが、ルーク篁さん率いるCANTAのライブに行ったり、衣替えをしたり、友達と久しぶりにカラオケに行っちゃったり…なかなか充実した日々を過ごせております。楽しめる時に楽しまないとね!!
 …衣替えは楽しんでいませんが(笑)。むしろ、数分で終わってしまう衣替え時間に自分の服の季節感の無さに呆然としております。出来るだけ服は衝動買しないように心掛け服がダメになった時にしか買い足さない…と決めていますが、部屋着に降格から寝間着に降格したTシャツが充実していく割に、お出掛け用に来て行くTシャツがどんどん少なくなってきている現実(笑)。「Tシャツも年に数枚は買っているのに…」と不思議に思ったものの、その大半がバンドTシャツだから着て行ける所が極端に限られていることが発覚!普段着を見直さないとダメですね。←すぐに気付きなさい

 さて、本題。

 GWに合わせて東京芸術劇場のPLAYハウスで公演されているミュージカル『スウィーニー・トッド』を観劇して来ました!
東京芸術劇場

 都心でも夏日を記録した初夏を思わせる快晴だったので、東京芸術劇場前の広場で開催されている「池袋オクトーバーフェスト」にフラフラ~と立ち寄りたくなってしまいそうでしたよ。危険な誘惑でした。ミュージカル前に少しくらいアルコールを入れても大丈夫ですけど、こんな天気では真昼間といえどもビール1杯では済まない!しかもホラーサスペンス作品ですからね、初っ端から気を引き締めて見なければ剃刀で殺されちゃいますよ。←されません

 舞台は19世紀のロンドン。
 無実の罪で投獄された男は脱獄しスウィーニー・トッド(市村正親)と名前を変え15年ぶりにロンドンに戻って来たが、彼の存在を覚えていたパイ屋のラヴェット夫人(大竹しのぶ)から自分を陥れたタービン判事(安崎求)によって妻は自殺に追い込まれ、娘のジョアンナ(高畑充希)は養女として育てられていると教えられて愕然。しかし、大切な"友"であるカミソリをラヴェット夫人が保管していたことでトッドは再びパイ屋の2階で理髪店を開き、ここに判事を誘い込んで復讐することを誓うのだった。

 という復讐に燃える男と、そんな男に尽くす女の愛憎劇を時に美しく、時に怪しく、そして時に悲しく描いていくミュージカルです。(ここまで2011年のblogの転載)

 市村正親さんと大竹しのぶさんによる黄金コンビ、今回が3年ぶり4度目の再演です。
 確か、3年前の公演タイトルには「FINAL」と記載されていたんですが(笑)、まぁ…同じく市村さんが主演を務めていた某ミュージカルも「FINAL」と付いた割に再演されていますからね~。それだけ好評を博して、待望の再演ということでしょう。
 今までは青山劇場で公演されていましたが今回初めて東京芸術劇場での公演だったので、演出面など明らかに過去とは違った部分もあって再演作品とはいえ新鮮な驚きの連続でした。あと、市村さんと大竹さんの時事ネタ満載のアドリブのやり取りも軽妙で、恐ろしいことを企てている場面なのに可笑しく感じてしまう辺り、観客も2人が演じる狂人に感化されちゃっているんだな~と。ラヴェット夫人に煽られて復讐の悪鬼と化して行くスウィーニー・トッドの迫力に観客も飲み込まれていく展開が、怖いんだけど妙な高揚感を覚えてしまうというか、恐ろしく感じながらも「早く復讐を遂げる場面が観たい」と思わせちゃうところが、この作品の魅力であり魔力なんでしょうね。

 ミュージカル『スウィーニー・トッド』この作品は過去にジョニー・デップ主演で映画化されて大ヒットしたのでストーリーを知っている人も少なくないと思いますが、本当にラストは絶望しか残らない衝撃的な結末を迎えまして、解っていてもアノ場面はショッキングですし精神的にどん底に叩き落されたような気分に陥るのです。だからこそ、復讐に狂うことの虚しさ遣る瀬無さが際立つ素晴らしい悲劇作品でもあるんですけどね。
 しかし、絶望的な感情を抱え込んだ観客を心を和ませるかのようにカーテンコールが楽しくて!特に主演の市村さんと大竹さんは役柄を演じている状態を保ったままコミカルなやり取りを披露して下さって、「もしもこんな『スウィーニー・トッド』があったら…」的な感じで楽しめてしまうんですなぁ♪あとキャストのチームワークの良さが滲み出ているのも良いんですよね。
 だから終演後は「凄い作品だったね…」と圧倒された感覚に浸ったまま気分はスッキリしていて、恐ろしい作品だと解っていながらも何度も観たくなってしまうのです。

 一応、今回でこのコンビは最後…ということらしいですけど、カーテンコールでの会場内の盛り上がりが凄かったから、これで本当に最後!ということにはならないような予感がしなくもない(笑)

 そうそう、ロビーにはメインキャストの直筆サインが入ったパネルが展示されておりまして、「いいな~♪」と思いながら写メって来ました。グッズもTシャツがミートパイからハートマークが飛び出しているデザインで可愛かったんですけど、「Tシャツなら十分あるだろ」と己に言い聞かせて我慢。
 夏に向けて色々と出費が続くので、抑えられるところはしっかり抑えないとね!


web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ