ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2016/12/25 Sun 21:52
 2016年も残り一週間を切りましたよ。まだ年賀状を書き終えていないんですけど…。今年は曜日並び的に年末に向けて公私共にバタバタですわ。でも元絵は出来ているから!あとは年賀状に異印刷して手書きコメントと添えれば大丈夫!←それに時間が掛かるのです

 さて、12/23,24は恒例になっているTHE ALFEE at 日本武道館2daysに参加して来ました♪
 12/17で秋TOURの「秋フェス」が終わりまして、12/23,24の日本武道館と12/29の大阪城ホールを「冬フェス」というTOURタイトルになる構成でして、秋TOURから規模も内容もヴァージョンアップして今年を締める!というのが最近のアルフィーの年末(笑)

THE ALFEE冬フェス武道館2days


 今年の武道館の正面には招き猫が描かれたタイトルパネルがドーンと飾ってあって新年に向けて実に目出度い感じでした♪あと全部はさすがに撮りきれなかったけれど関係者からのスタンド花もいっぱい届いていましたね~。相変わらず『Kinki Kidsのブンブブーン』&『新堂本兄弟』のスタンド花のプレートが凝っていて、今回は高見沢さんと幸ちゃんがサンタさんの恰好で桜井さんがトナカイの恰好というオチ付きで最高でした!
 24日はX'mas Eveということで正面のタイトルパネルの左側に巨大リースが飾られ、スタンド花の横にX'masツリーも飾られて華やかな雰囲気が更に上がるのが嬉しい。

 2日間共さすが日本武道館!ということで凄い盛り上がりになって最高に楽しかったです。ホントに怒涛の盛り上がりと圧倒的なステージパフォーマンスを2日間目の当たりにしたから一日過ぎた今でも余韻に浸っているというか胸一杯で、ここ数年は武道館のレポというか感想が書けないんですよ。時期的に精神的余裕が無いとも言いますが(笑)、特に今回の武道館2daysは色々とガツーン!と胸に響くものがありました。
 
 武道館初日である23日から武道館ならではの演出に圧倒されたり意外な選曲に興奮したり、高見沢さんのおニューの衣装に見惚れたり、12/21に最年長新人バンドとしてデビューしたThe KanLeKeeZが更にヴァージョンアップしていて愉快だったり、内容盛りだくさん過ぎて…!聴きたかった曲が演奏されてこともあって年甲斐にも無くノリノリになっちゃいましたよ…と書こうと思ったけれど、ステージ上の3人が年甲斐も無いというより還暦超えとは思えないパワフルぶりだから良いのだ!特に向かって一番右のお方、おかしい!絶対にバケモノの域に入っている!←
 そして高見沢さんが最後のMCで語った内容にちょっとグッときちゃって、直後に演奏された曲の歌詞がストレートに胸に響きましたわ。

 武道館ファイナルとなった24日の公演はネットニュースやスポーツ新聞にもちょこちょこ載りましたけれど、スペシャルゲストにグループサウンズの元祖であるザ・スパイダースのヴォーカルだった堺正章さんが登場!しかもThe KanLeKeeZと御揃いのミリタリールック!登場早々から身体を張って笑いを取りに行くところなんて、さすがアルフィーの大先輩だけあしましたわ(笑)。デビュー42周年を迎えたアルフィーは大御所ですけど、そんなアルフィーが平伏す先輩ですからねー。ステージ上で堺さんに振り回されまくっている3人の姿で新鮮で面白かったです♪しかし堺さん、今年で古希を迎えたのに当時と同じキーで熱唱されていて素晴らしかったです。そんな大先輩の姿に「俺達もコッキーズを目指せる」と自信を付けたほど(笑)
 24日公演の模様は「Music Voice」が内容も画像も充実しているのでリンクが切れていなければ行ってみて下さい。もちろん、内容や楽曲がネタバレしていることはご了承下さいね。
 そうそう、身体を張ったといえば桜井さんも堺さんに負け時と張っていらっしゃいましたよ。まだ大阪城ホール公演が残っているので書きませんけど、拒否権を持っていない桜井さんが本当に愛おしく感じました♪

 24日のラストソングはちょっと意外でして、完全にやられてしまいました。
 秋フェスでも感じていましたけれど冬フェスでもアルフィーは一切ステージで妥協しないというか、常に「新しい挑戦」を試みる貪欲さがKing of Liveと呼ばれる所以なのかと痛感。参加したファンをとことん楽しませてくれることに労力を惜しまない姿勢はもちろんのこと、自分達がステージ慣れすることなく緊張感に包まれる構成にしちゃうんだから何度参加したって飽きることない。むしろ何回だって参加したくなりますもの。
 特に下半期のTHE ALFEEの活動には「この先も行けるとこまでとことん行く!」という姿勢が顕著で、かなり長いこと追っ掛けてますけど今でも高揚感や期待感が消えないんだから。本当に嬉しい限りです。

 武道館2daysを通して私が一番テンションMAXになったのは秋フェスと共通する某曲なんですが、この2016年の武道館でしっかり聴き納め&見納め&ノリ納めが出来て良かったです!幸せな時間を体験できたと噛み締めておりますとも。2017年もこんな経験を出来ると良いなぁ…

The KanLeKeeZアルバム せっかくだからThe KanLeKeeZのデビューアルバム『G.S. meets The KanLeKeeZ』のことについてもちょこっと。
 オリジナルの新曲は『好きさ♪好きさ』と『Dancing 60's』の2曲なのですが、どちらも謎のダンスグループ(笑)BEAT BOYSより激しいし声が若返っているから凄いですわ。どちらもキャッチーなメロディで覚えやすいけど、複雑なアレンジは安定して入っていてトラップの多い楽曲だなぁ…と。この2曲を聴いて「The KanLeKeeZて還暦超えを推している割にはハードだな」と感じました。
 残り5曲は往年のGSのヒット曲のカバーだったりセルフカバーだったりするのですが、GSソングは馴染みが無かったのが幾つかありましたが新曲のように新鮮に聴けました。『フリフリ』がTakamiyソロでのメタルイメージが強いかな(笑)。元とだいぶ違う曲ばかりですけれど、今回に限らず高見沢さんのアレンジ力は凄いな…と。「自分らしさ」を出しながらも絶対に元の楽曲の良さを壊したり消したりしないんですよね。節々にその楽曲へのリスペクトが散りばめられているから気持ち良く聴けます。

 限定盤A(赤盤)には特典として秋フェスでThe KanLeKeeZが演奏したライブ音源が収録されていまして、今回のアルバムに1曲しか被っていないことに驚き。何気にアルコンで色んなGSソングをカバーしていたんですねー。個人的に『花の首飾り』が好きです。
 限定盤B(青盤)には特典として3人がアルバム収録曲を解説するトークCD付で、まぁ期待通りにクロストーク(笑)。ただコーラスについてとか楽曲に対してのエピソードなど、トークCDを聴いたらまたオリジナルアルバムが聴きたくなること請け合い♪

 あと新人バンドとは思えないくらいジャケットや歌詞カードの写真も充実していまして、ママンボが買った通常盤を見せて貰った際にパッケージからCDを取り出した時に現れた写真に思わず「ウフ♪」となってしまった。あの写真、最高です。

 このThe KanLeKeeZは同じ衣装を着ないアルフィーが珍しくお揃いの衣装を纏い、当時の青春だったGSを自分達なりにアレンジしてリスペクトするという趣向。とことん3人が楽しんでいるのが聴いていても、ライブステージで観てもその楽しさが存分に伝わってくるからこっちも楽しい。

 アルフィーの幅広い音楽性及び引き出しの多さを目の当たりにしたThe KanLeKeeZの誕生であり、今回の日本武道館2ydasのアルコンでした。


 これで2016年のblog更新はラストになると思いますが、2017年もTHE ALFEEのライブステージ等で掛け替えの無い刹那的な時間や余韻に浸れる楽しい思い出をたくさん作れますように☆
 …いや、絶対に作るぞ!!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2016/12/05 Mon 22:15
 もう12月ですよ!あと30日足らずで2016年も終わってしまうんですよ。
 年末が近いせいか公私共にしっちゃかめっちゃかです。11月下旬から今日が何日で何曜日なのか把握できないくらいバタバタしまして、激務と楽しいイベントがどうしてこうも重なるものなのか(笑)。特にこの一週間は本当にハードで、我ながらよく体調を崩さないよなぁと自分の丈夫さに感動。否、「馬鹿は風邪を引かない」と体現しているだけなのかもしれません。

 そんなこんなで、一応()真面目に働いているし、コンサートも何本も行っているし、飲み会も増えてきたぞー…という中で、やはりTHE ALFEEのコンサートのことはblogに書いておきたな!…ということで久しぶりに更新です。

 11/30はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートでした♪
クイーンズクエアのX'masツリー2016 早くもX'masシーズン到来でみなとみらい方面はあちこちにクリスマスツリーが飾られていましたが、クイーンズスクエアに飾られていた魚が舞うクリスマスツリーが雪山のようんでインパクトがありまいた。定時になると音楽が流れて照明も変わるそうなんですが、タイミングが合わなくてその場面は見られず残念。
 …という訳で、神奈県の会場とかTOURトラックとか写メるの忘れてしまったので、近場のクリスマスツリーの画像で誤魔化す(笑)。でも、このツリーは毎年この時期にアルコンで来る度に撮っているのですよ!←何の言い訳

 でもってTHE ALFEE at 神奈県の話題。
 ネタバレ満載の感想は既に『なんでもレポ♪けいじばん』に書き込んであるのでblogには書きませんが、本当に横浜スペシャルな内容で感無量のコンサートになりました!
 実は神奈県の前日に小学校時代の恩師からとても切ない内容のお便りが届きまして、少しその気分を引き摺っていたのか神奈県で演奏された某曲にはグッときてしまって色んな想いが込み上げてきました。またアルフィーから温かいパワーを貰えた気分です。こんな体験ができるから、何度だって無理してでも参加したくなっちゃうんですよね~。

 今回の神奈県で私は秋フェスTOURはファイナルを迎えましたが、とても良い締め括りが出来た気がします。ラストソングにもやられちゃいましたからね~。歴代の夏イベの最多開催地でもあり今年の夏イベ開催地ということもあって、横浜という土地柄はアルフィーと縁の深い場所であることを改めて痛感させられた内容でもあったかな。独特の盛り上がりを体験できてホント幸せです!

THE ALFEE2015武道館DVD そして神奈県の会場から去年の日本武道館ライブの映像ソフト(Blu-rayとDVD)が発売されまして、去年の武道館アルコンはその年のMy BEST LIVEと断言してもいいくらいの内容だったので即購入しましたよ!
 さすがにまだ全部を観ることは叶わないですけど、裏ジャケのセットリストを見ても本当に自分の好み過ぎて!アンコールもダチョウ倶楽部やらふなっしーやらThe KanLeKeeZやら「こんなに出すのかい?」と驚くくらいスペシャルな内容盛りだくさんだったんですよね。おそらく『聖夜』とラストソングの場面は何度もリピートすることでしょう(笑)

 確か年末には今年の夏フェスのDVDが届くはずだし、年末年始はお酒を片手にライブDVD鑑賞になることが確定ですね。そんな年末年始を過ごせるように頑張っていかなくちゃいけないこと山積みですけど!どんどん自分を追い込もう!!←

 年末といえば、今月の26日で最終回を迎える『スマスマ』、5時間放送の特番とは思い切ったというかなんというか。過去の楽しいコントとか全部流してくれるのかな。どんな最終回を迎えようとも5人やファンが納得できるような有終の美を飾って欲しい。

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2016/10/30 Sun 23:34
 珍しくblogを連日更新していますがアルフィーのコンサートが続いたってだけで、この先はまた暫く停滞すると思われます。なんか今回の秋TOURは想いをテキストにしたくなる何かがあるのです(笑)

 しかし急に冷え込みが強くなってきた印象。いつの間にか日本ハムファイターズが10年ぶりに日本一を決めていたり、ハロウィンは31日だというのに29日辺りからお祭り騒ぎだわ、賑やかであることは良いことですよね。但し、渋谷方面には近付きたくないですが…。常識の範囲内というのが絶対条件です。街中を仮装した家族連れが楽しそうに歩いている姿は見ていて和みますもの。店頭でお菓子を用意した店員さんとの交流とか良いですよね~♪
 ああ~、私が子供の頃にハロウィンがここまで定番化していればなぁ。

 さて、昨晩の29日はTHE ALFEE at 東京国際フォーラムのコンサートでした♪
 27日に相模大野でアルコンがあって中一日置いてまたアルコンですよ。楽しいスケジュールですが、なかなか自分の首を絞めたスケジュールでもあります(笑)。でも仕方が無い、自分にとって生き甲斐であって元気の源なんだから!!

 地元・東京公演だけあって国際フォーラムのロビーは関係者からのお花でいっぱい!
 高見沢さん宛てにベンチャーズから届いていたし、ちょっと謎だったのがアルフィー宛てに檀蜜さんから届いていたんですよね。何繋がりなんでしょう?あとテレビ番組絡みでは前にテーマソングを担当した『ぶらり途中下車の旅』から届いていたり、『関ジャム完全燃SHOW』から届いていたり、『Kinki Kidsのブンブブーン!』から可愛い招き猫仕様のアルフィーのイラスト入りで届いていたり見ているだけで楽しかったです。あの招き猫のアルフィーは良いよなぁ。番組にゲスト出演して欲しいなぁ。今度は是非とも3人揃って!高見沢さんは最多出演になっちゃうけど(笑)
アルフィー2016国際フォーラム

 花籠の数が多かったし、お花の周囲は凄い人だったので全部のお花を撮ることは流石に不可能でしたが雰囲気が少しでも伝われば。しかし、私のスマホはカメラ機能が弱くてガラケー並みなんですよね…。撮影者がダメというのも多大に影響していますが。←

 コンサートのネタバレの感想は『なんでもレポ♪けいじばん』に書き込んであるので、ここでは書くことはしません。
 この秋TOURは既に9本中3本のアルコンに参加したことになるのですが、どの会場も独特の盛り上がりがあって常に「新しさ」を感じられることが凄くて!特に今回の東京国際フォーラムの構成には驚かされましたね。「ええ、ここで!?」と。あと、物凄く桜井さんが愛おしく感じるライブでした♪
 これだけのサービス精神をステージ上から魅せられるから、例え同じTOURだろうと無理してでも何回も参加したくなっちゃうんですよね~。ああ、これがアル中(=アルフィー中毒)の性ってもんですわ(笑)



web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2016/10/29 Sat 00:03
 なんだか本当に気候が安定しませんね。
 つい先日最高気温27℃になったかと思えば今日なんて最低気温は12月並みになったり。気温の変化が急激過ぎて身体が付いていけません。しかし、さすがに今日以降から寒さも本格化してくるようなので漸く衣替えができるかな。

The KanLeKeeZデビュー 26日の朝、史上最年長バンドデビュー!というニュースが飛び込んで来ました。
 THE ALFEEが去年の武道館のアンコールからザ・カンレキーズ!と名乗り、揃いのGS衣装に身を包んでGSの曲をカバーしていたけれど、まさかThe KanLeKeeZとしてバンドデビューするとは予想外の展開です!!
 26日付けのスポーツ報知新聞にデカデカと記事が掲載されてビックリですよ。本家のアルフィーですら、このサイズで記事が掲載されるのは稀だというのに(笑)。元はGOODSのお菓子のイラストが発端だと思ったのですが、具現化しただけでも可笑しかったのにメジャーデビューしちゃうだなんて!この還暦過ぎたオジサマ達はとことん自分達で遊んでますね~♪前にダンスグループとしてBEAT BOYSとしてもデビューしているし、アルフィーのライブでは表現し難い音楽が出てきたら新しいバンドを自分達で作っちゃおう!という発想が斬新というか…なんというか。こういう柔軟性や応用力や遊び心があるから「活動休止」や「解散」とは無縁なんでしょうね。

 そんなサプライズニュースがあった翌日、本家のTHE ALFEEは相模女子大学グリーンホールでコンサートあがりました♪約1年振りの相模大野でのアルコンです。

 今回は少し早めに会場へ行って「縁起を招く」と評判のアルフィー猫招きがペイントされた秋TOURトラックをしっかり拝むことができました!生で見たら凄い迫力です。アルフィーファンじゃない方々も足を止めて呆然と眺めていたくらい(笑)
 あと、会場近くのカラオケ店はオリジナルのPOPというかパネルを作ってアルフィーを応援&アル中の足をお店に運び込ませようというニクイ演出をしていたのも嬉しかったです。こういうのって地域性が出て楽しいですよね♪
アルフィー秋フェスat相模大野

 初めて画像加工アプリなるものを使ってみたんですが上手くいったかな?
 複数の画像をチマチマ上げるよりも一辺に上げたかったもので…←横着

 府中のアルコン以来、約2週間ぶりのアルコンでしたけど、御三方のテンションが冒頭から凄まじくって観客もノリが良いというか煽り上手というか(笑)、お互いに煽りまくって最高に楽しい一夜を過ごすことが出来て大満足です♪
 ネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込んであるので、ここで敢えて感想を書くことはしませんが、何度も大笑いすることが出来てストレス解消になりましたね。笑うこと自体、健康に良いことだそうですから、少なくとも相模大野で過ごした夜の私はとてつもなく健康だったと思います(笑)

 全ての場面において色々と暴走気味で面白過ぎたので、明日の東京国際フォーラムのアルコンは一体どうなってしまうんだろう?と期待と不安が入り混じっているのも事実。この勢いで年末まで走り抜けたら、あの3人はそれぞれ新たな人格を生み出しそうですよ(笑)。そんな感じのコンサートが秋フェスでは展開されているんですよ。←誤解を招く表現

 明日の国際フォーラムも楽しみだ♪

 さて、『ヨシヒコ』を観てから明日に備えて寝ようっと!←

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2016/10/17 Mon 20:34
 ほぼ1カ月ぶりのblog更新です。
 朝晩と日中の寒暖差が出るようになり、そろそろ衣替えかな~、とは言っても上着はクローゼットにオールシーズン分のが掛かっているから、インナーが半袖から長袖、パンツ類が厚手に切り替わる程度なんですよね。年々、楽になっていく衣替え作業(笑)。季節感がどんどん無くなっているファッションになっているんですかね。人間、長く生きてくると合理的になっていくものなんでしょうか。←自分がものぐさなだけ

 今月の6日からTHE ALFEEの秋TOUR「秋フェス」が始まりまして、12日に府中の森芸術劇場どりーむホールのアルコンに参加してきました。これが秋フェス My初日♪THE ALFEEが府中に来るのが4年振りとのことなので私も4年振りなのでしょう。駅前の雰囲気が随分と変わっていてビックリでした。

 どうでもいいことですが、客席に着いたら首に巻いていたお気に入りのストールをバッグのファスナーに引っ掛けてしまいまして、なかなか外せず四苦八苦していたら開演寸前になったという…。ギリギリで外すことが出来て良かったんですけどコンサートが始まる前から汗はかくは手は痛いわ…と妙な疲労感に包まれましたわ。←自業自得

府中の森芸術劇場

 秋TOURもまだ3本目ということでTHE ALFEEの方も緊張気味だったような。それとは関係なく、今回は珍しくちょっとした音響トラブルが起きまして、本来なら続けて演奏するところを急遽MCで繋ぐというライブならではのハプニングも。まぁ、今年でデビュー43年目に突入したベテランバンドですから、ちょっとやそっとのトラブルには動じませんよ。寧ろ美味しい!と捉えていそう。実際、ファンとしては突発的に愉快なMCが聞けて美味しかったですから♪
府中の森芸術劇場 流石に秋TOURは始まったばかりですから(府中は秋TOUR3本目)、ここでネタバレ感想は書きません。実は既に「なんでもレポ☆けいじばん」の方にセットリストと感想は投稿してあるんですが、これから参加予定の人は絶対に読まないで下さい。毎度のことですが、アルコンはネタバレ厳禁で参加した方が存分に楽しめますし、特に今回の秋フェスは何も知らない状態で参加した方が絶対に楽しいですから!新鮮な驚きを体感できるはず!本当に次から次へと、色々と考えて"攻めて"くるバンドですよ。「うわ~、こうきたか~ぁ!」と嬉しい驚きがありましたもの。
 アルフィーは42年間の中で色んな歴史を作ってきたけれど、それもすべてコンサートに足を運んで来てくれるファンの皆のお蔭という気持ちを常に持ち続けていて、その感謝の気持ちをちゃんとステージから伝えてきてくれる姿勢に改めて感激しちゃうっていう。もう、このアルフィー沼に嵌ったら底なし沼だから脱出できませんね(笑)。正直言えば、今回のセットリストというか構成は私の超好み!という訳ではないんですけど、それでもチケット代以上の楽しさは十分にあったし、何より「もうコレでOK!秋フェス最高!!」て大感動した箇所がありましてね、我ながらチョロイもんですよ。
 アルフィーがここ数年で劇的に変わったわけでもなく、オーディエンスが激変したということもないのに、何故だか解らないけれど双方に少し新鮮な風が吹いているんですよ。だから年柄年中ライブをやっているバンドなのに飽きが無い。これって、当たり前のようで凄いことなんですよね。ずーっと参加しているから有難味がイマイチ無いんですけど、その唯一無二の存在感を今回の秋フェスでも存分に見せつけられちゃいまして、3時間強も楽しい現実逃避が出来て幸せでしたね。

 GOODSはとりあえずパンフは購入。今回からトークCDが無くなって残念だけど、レトロな雰囲気を漂わすプロマイドが6枚封入されていてツボでした。ありそうで無かった写真かも。あと春TOURに引き続き、今回も内容がマンガ仕様になっていて抱腹絶倒です。幸ちゃんが前回に引き続き弾けてますよ(笑)
 他はお菓子を2種と今使っているエコバッグがそろそろ寿命なので空柄エコバッグをば。お菓子は焼き菓子(空色の方)に弾けた幸ちゃんのカードが入ってました(笑)。御守にしようかな♪…他にも気になるGOODSがあるので財布と相談中(笑)
 しかし、春は「ダルマ」だったけど秋は「招き猫」がTOURキャラクターになってますが、何で招き猫なんだろう?猫ブームだから?この三者三様の招き猫が描かれたTOURトラックも次回以降に見られるといいなー。府中では見に行く時間の余裕が無かったのよねぇ。リベンジだ!

アルフィー秋フェスGOODS



web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ