FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/12/29 Sun 21:26
 は~、2019年があと3日足らずで終わりですよ。
 令和元年ももうすぐ終わり!今年は公私共に一年が「光陰矢の如し」ではないですがアッという間に過ぎ去ったという印象です。こんなに辛くて大変な思いをしたのも、その反面でライブ関係が充実したのも近年無かった。2019年は色んな意味で忘れ難い一年になりましたね。

 2019年は1月から本当にライブに参加した一年でして、ライブに行かなかった月は3月だけかな?このblogにはアルフィーのコンサートに参加した時は欠かさず書いてますけど、それ以外のライブにも参加していまして、2019年は合計で40本近くあっちこっち行きました。特に今年はHR/HM関係が充実したなぁ(笑)

 そんなライブ三昧の2019年の締め括りは12/25,26のTHE ALFEE at 国立代々木競技場 第一体育館 2daysでした。
 毎年THE ALFEEはクリスマスシーズンに日本武道館で公演をしていましたが、今年は来年の東京オリンピック2020開催に合わせて改修工事に入った為に仕様できず、デビュー45周年目にしてワンマンでは初の会場となる代々木第一体育館でのコンサートになりました。

 私が生まれて初めてTHE ALFEEのコンサートに参加したのが1988年の日本武道館公演だったので、それからずーっとクリスマスシーズンは九段下に通っていただけに、31年目にして初めてクリスマスシーズンに九段下に向かうことはなく原宿へ向かうことになって新鮮。あと、いつも12/24のクリスマスイヴに公演していたから、12/24は何もなく、12/25のクリスマス当日にアルコン、そして翌日の普通の日にもアルコンというのも今までにない経験だったので新鮮でもありましたね♪

THE ALFEE at 代々木第一体育館2019


 THE ALFEEの冬の乱TOURは今日の大阪城ホール公演で終了したので、このblogにネタバレ満載の感想をちょっろっと書いてしまいます。日本武道館公演の時も時期的に長~い感想を書く余裕が無いのでblogに書いていますからね。代々木公演になっても同じく。

 代々木第一体育館 2daysの初日になった12/25はクリスマスということもあり、広場にはクリスマスツリーが飾られていて、正面入り口のTOURタイトルが書かれた看板にもクリスマスリースが付いていました。そして、会場内に入ると前以て予告されていた通りアリーナの中央にセンターステージがドーン!とあり、その周りを360℃客席が囲っているという圧巻な光景。代々木第一体育館は15年以上前くらいにバレーボールの世界大会を観戦しによく通っていましたが、久し振りに来ても天井は高いわ、広い会場でしたねー。でも、前日までフィギアスケートが開催されていた割には会場内は空調が効いていて暖かったを通り越して暑かった(笑)

 そして入場口でTHE ALFEEのツアーロゴがプリントされた謎のキャップが配られ、席に着くと謎のシリコンブレスが。配られたフライヤーの中に説明書が入っていて、キャップを嵌めて開演中は腕に付けて欲しいと。シリコンブレスの方には特殊な遠隔制御システム入りのLEDライトが内蔵されていて公演中は自動的に点灯という、アルフィーとしては初のLEDライト遠隔操作演出をやると判り「おおっ♪」とテンションが上がりましたわ。
 今回は円形のセンターステージということでイベントではお馴染みの動く照明…ドットイメージは使用されない代わりに、観客が嵌めたシリコンブレスを遠隔制御でカラフルに光らせる演出なり、円形ステージを囲む光の海は本当に綺麗でした☆

 あとTHE ALFEEは今年の8月に大阪城ホールで開催された45周年記念セレモニーでも円形ステージでしたが、その時は1曲ごとに3人が各自のマイクスタンドを手動で移して4方向満遍なく周るということをしていたのに、今回は自動でステージが回転!しかも1曲ごとどころか、曲目によってステージを回転させながら演奏するという還暦過ぎのメンバーにはハード過ぎる演出もあって驚きの連続でした。あれ、体幹がしっかりしていないと演奏中でも足元が引っ張られてしまいますからね。本当にあの御三方は凄いですわ…。

 内容としては初日の25日はクリスマスSPという感じで、クリスマスシーズンに因んだ曲が演奏されたり、1年でこのシーズンしか演奏されない七夕ソング的な『聖夜』が演奏された時は4方向に延びた花道にサンタさん達が登場して楽しく踊ってみせたり、アンコールでまさかのThe KanLeKeeZが登場したかと思いえば桜井さんだけ途中からサンタとトナカイが合体した謎の着ぐるみ姿で再登場して華麗に『勝手にしやがれ』を歌ってみせたりと、お祭り騒ぎで本当に楽しかったです。
 しかも、桜井さんが着用したサンタとトナカイの合体着ぐるみは公演ギリギリに届いたそうで、高見沢さんから「その恰好、変じゃないか?」とツッコミを入れられたら「俺だって全体像を把握していないんだから!」と愚痴る桜井さんがツボでした。

 そうそう、25日公演の時は「生まれて初めてアルフィーのコンサートに来た!」という人が多くて、MCで高見沢さんも言っていましたが、今年の6月にリリースされたアルバム『Battle Starship Alfee』でファンになった人が何人もいるとか!デビュー45周年にして嬉しい傾向ですわ。特に秋TOURは全国どこでも盛り上がり「全公演ソールドアウトになった!」と高見沢さんが嬉しそうに語っていたくらいですからね。

 初日の25日がクリスマスSPということでとても盛り上がったから映像収録しなくて勿体ないなーと思っていたら、2019年の東京ファイナル公演となった26日はそれ以上の凄まじい盛り上がり&最高のセットリストでして、開演前に「本日は映像収録があります」とアナウンスされていて良かったー!と思ったほど♪
 基本的な構成や演出は25日公演と同じでしたが、『Masquerade Love』や『FLOWER REVOLUTION』の盛り上がりには興奮しまくったし、秋の乱TOURから引き続き本編の終盤で演奏された『終わりなきメッセージ』の高見沢さんのエキサイティングなパフォーマンスには胸が熱くなりました!前期高齢者になったのに、今の高見沢さんが一番元気な気がする。「元気高齢者」じゃ伊達じゃないですよ(笑)。そして、この秋以降はこの『終わりなきメッセージ』にどれだけ心が救われたことか…。

 25日のアンコールでThe KanLeKeeZが出て来たから26日も出て来るかな?と思ったら、今年はアンコールで大活躍している昭和兄弟が登場!しかもサクイチこと桜井さんの着物は秋の乱TOURで販売されていたご当地マフラータオルで作った特注!「売れ残った会場のタオルで作った」と恨みがましく言っていましたが、特に前日の代々木初日はグッズの列が凄過ぎたので諦めた人が多かったと思いますよ!←私も初日は諦めた一人
 でも恨みましく言ったのは最初だけで、「皆のせいじゃないからね!作り過ぎたこっちが悪いんだから!」と即座にフォローしてくれたところは流石、営業部長の桜井さんでしたわ♪そして営業部長が自ら進んで売れ残ったグッズを再利用(笑)

 グッズと言えば2日間とも本編で桜井営業部長による冬の乱ツアーグッズが紹介されましたが、25日の時はコロコロクリーナーを専用のケースにちゃんと入れることが出来なくて逆切れ状態になる高見沢さん、26日の時はコロコロクリーナーはちゃんと専用のエースに入れられて誇らしげにしていたけどブランケットは綺麗に畳めなくて飽きてしまう高見沢さんのお子様ぶりが可笑しくて、極めつけが桜井さんから「最近はサルでも出来ますからね!」と言われてしまっていたこと。このところ、桜井さんも高見沢さんに対して強くなった!

 25日は『はじまりの詩』、『ラジカル・ティーンエイジャー』という終わり方でグッときたのですが、26日は2回目のアンコールで『シュプレヒコールに耳を塞いで』で幸ちゃんと高見沢さんのスリリングなアコギの掛け合いを披露した後に高見沢さんが「皆から預かった青春は利息をたくさんつけて返さないといけないなと思っていますので。アルフィー銀行は破綻しない仕組みになっています。是非とも皆の情熱や青春を預けて下さい!」と力強く宣言してくれ、そこから『Rockdom~』が演奏されたら泣くに決まっているでしょ!
 これで終わりかな…と思ったら26日は3回目のアンコールに応えてくれて『はじまりの詩』が演奏されるのかと思いきや、まさかの『Pride』!しかも最後はマイクを使わずに生声で歌い上げてくれて、優しくも力強いメッセージソングで締められて号泣もんでしたわ。特に今のメンタルには『Pride』の歌詞が胸に沁み入りまして、「来年以降も大変な事が起きたとしても突き進んでやる!」てイイ意味で開き直れました。優しく背中を撫でられた後にポンと背中を押された感じとでもいうのでしょうか、「音楽」には言葉だけでは表現できないパワーってありますよねぇ。

 THE ALFEEとしては初となる代々木第一体育館の公演は想像以上に素晴らしいものになりまして、会場の出入り口の門が狭すぎ、最寄り駅までの道が狭すぎてホームに辿り着くまで会場から5分で行ける距離が30分以上掛かったという難点があったものの(…オリンピックの時、大丈夫?)、感動の余韻に包まれていたので翌日まで浸っていられました。

 今年はデビュー45周年というAnniversary Yearということもあってか、今まで以上にパワフルだったアルフィーですが、来年はデビュー46周年という中途半端な感じになろうとも、この45周年で得たパワーを更に向上させていくんじゃないかな?と期待感が膨らむ代々木第一体育館 2daysのアルコンでした。既に『春の夢』という春TOURが告知されていますからね、2020年もアルフィー!アルフィー!と騒ぎますよ♪この一年を通して「最期までずーっと追い掛けていたい存在」だと再認識しましたから。

 そういえば初日の『心の鍵』や『Musician』、『ラジカル・ティーンエイジャー』、26日も『Musician』の他に『Rcokdom』等で演奏していたレスポールは、もしかて1959年製のではなかったんじゃないだろうか?市場価値が上がり過ぎてしまい最近ではRecでしか使っていないという貴重なヴィンテージギターですが、果たして…?

 THE ALFEEの代々木第一体育館の公演のレポートはネットの情報サイトも幾つか上がっていますが、「Techinsight」が読み応えがあったのでリンクを貼っておきます。(※時期によってはリンク切れしているかもしれません)
 【エンタがビタミン♪】THE ALFEE、代々木で初ライブ「アルフィー銀行は破綻しません。情熱、青春お預けください」

 同じアルフィーの話題で、今日、今年の夏イベ at 幕張メッセ2daysで予約しておいたDVDが届きました♪

アルフィー夏イベDVD2019

 今年の大晦日~新年にかけての真夜中は大好きなお酒を伴にTHE ALFEEの夏イベDVDを鑑賞します。ここ数年のルーティンになってきています。アルフィーで終わり、アルフィーで始まる!


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/12/01 Sun 20:30
 うわー、もう12月ですよ。師走ですよ。 あと30日で2019年が終わってしまうんですよ。早いですねー。
 今年は10月以降からまさかの事態に巻き込まれて絶賛人生ハードモード真っ只中でして、年末に向けての大掃除とか下手したら年賀状お書いている余裕は無いかも。とりあえず、今年は穏やかに年が越せればいいや!と開き直っております。

 公私共に厳しい状況には変わらないですけれど、唯一の癒しである娯楽…ライブの予定はちゃっかり入れております。ここまで来ると「行きたいライブは行ける時に参加する!」と悟りを開きまして、ちょっと無理やりにでも予定を組んじゃっております。お陰で来年の3月までライブに参加する予定が決まっている(笑)。まぁ、ミーハー体質ですから、楽しみがある限りコンディションは保っていられるので♪己に人参をぶら下げるのは大事です!←誰に向かって言っている

 さて、もう10日以上も前のことですが、11/20はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートに参加して来ました。
 11/7から始まったTHE ALFEEの秋の乱TOUR、この神奈県がMyファイナルになったんですが、ホントにファイナルに相応しい最高の盛り上がりと感動を提供して下さいましたよ。ものすごく元気を貰えた気分です♪

THE ALFEE at 神奈県 2019秋


 まだ秋の乱TOURは続いているのでネタバレ感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込みました。
 TOUR自体折り返しになっているせいかセットリストが意外な変わり方をしていて、新鮮な驚きが幾つもあったり、今回定番のナンバーになっている楽曲がとてつもなり盛り上がりをみせたりと大興奮の連続で、終演後は心地よい疲労感とそれ以上のパワーを貰ってメンタル面がかなり回復できました!やっぱり、アルコンて最高の特効薬ですね。

 それに、相変わらずMCも愉快で、桜井さんや坂崎さんも初めて知る高見沢さんのある事実が明らかになったり、そこまで身体を張らなくてもいいところ張って笑いを取りに行く場面に腹筋崩壊したり、感情をストレートに発散できたから本当に気持ち良かったです♪
 何よりステージ上の3人が一番楽しんでいる姿を見られたことが幸せ。
 私が心を病まずに済んでいるのはTHE ALFEEの楽曲やコンサートのお陰だなぁ…と、今回の秋TOURではしみじみ感じています。

 そんな楽しい思い出ばかりの神奈県を終えて、個人的に残るアルコンは12/25,26の代々木第一体育館での公演。THE ALFEEとしては初の会場になるんですよね。私は数年前までバレーボールの世界大会を毎年のように観に行っていた懐かしい場所でもあります。しかも、今回は円形ステージなると予告されているので、一体どんな2019年のファイナルステージを見せてくれるのか今から楽しみでなりません♪
 …その前に、アルフィーの秋TOURはまだ続くので、残りの会場も御三方が元気に突っ走り、最高の盛り上がりになって欲しいものです。

 …と、更にその前に高見沢さんはTakamiyとしてCXの『FNS歌謡祭』に生出演でしたっけ。アリス、デーモン閣下とのコラボがあるそうなので、これはこれで楽しみですわっ。どんなギターを使うのかな?せっかく悪魔の閣下との共演なので、アークエンジェルちゃんを出してくれないかなぁ!

  web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/11/02 Sat 21:32
 もう11月ですよ。2019年があと60日足らずで終わってしまうんですよ。なんか今年はむちゃくちゃ日が経つのが早い気がします。特に令和になってから個人的に色々起こり過ぎていて、チコちゃんに叱られてもいいから数日でもいいからボーッとしていたい。

 あと今年は去年以上に気候がおかしいですよね。東京は11月に入っても最高気温が20℃超えてるし、この時期に半袖のTシャツを着るだなんて思ってもいませんでした。だから衣替えも今日漸くやりましたよ。11月に入ってから衣替えだなんて初めてのことかも。去年の時点で「さすがにダウンのコートが薄くなっちゃったから今年こそ買い替えよう」なんて思っていんたんですが、意外に暖冬で「この薄くなったダウンコートでなんとかなるかも」ということで冬を過ごしたので、この令和元年の冬こそコートを買い替えよう…と思ってはいるものの、この気候のパターンだと「まだ薄っぺらくなったダウンコートで過ごせるかも?」と思ってしまいそう。
 今のダウンコートは解れたところを直したりして干支が一周するくらい着倒していますが、さて、いつまでも付き合いになるだろう?

 で、本題。

THE ALFEE at 東京国際フォーラム2019

 10/27はTHE ALFEE at 東京国際フォーラム・ホールAの公演に参加して来ました。
 10月は初日の府中、そして相模大野に国際フォーラムとアルコンに3本も参加できて、プライベートでは巻き込まれ事故みたいなエライ目に遭って大変な日々を過ごしていますけど、ミーハー行事は充実していて私の唯一の心の拠り所になっております。本当に今月はライブ三昧できて良かった!自分がミーハー体質で良かった(笑)。特にこの国際フォーラムのアルコンでは元気をいっぱい貰って、直後に大変な山場の第二弾を迎えてもなんとか乗り切りましたもの。

デュオ本兄弟からお花 地元の東京公演ということで否が応でも盛り上がりましたね!まだまだ秋の乱TOURは続きますこのでblogにはネタバレ感想は書かずに、「なんでもレポ♪けいじばん」の方にダラダラと書き込みました。
 アルフィーもこけら落としをした縁のある会場ということもあってかノリノリで、高見沢さんに至ってはノリノリ過ぎたのか天然行動の連続で腹筋が崩壊するかと思いました。「何でそんなこと出来るの?」と驚かされることが多々ありますが、そんな新鮮さ?を失わないから、45年間一度も休むことなくライブ活動を続けていても飽きないのかな。本当に「今が一番楽しいバンド」を体現して下さる御三方です。
 終盤の方のMCで高見沢さんが「45年経っても東京国際フォーラムのチケットがソールドアウトするくらい皆が駆け付けて来てくれたというのが嬉しいです。なんかね、45周年だかなのか、有り難いことに最近チケットが取れなくなっているみたいで、そこはね申し訳ないですけど、俺にクレームを入れられても(笑)。頑張って探して頂ければチケットはあると思いますんで…」と言っていたくらい、特に今年は春TOURから東名阪以外の会場もチケットが完売していて本当に今のアルフィーは勢いがあるなーと感じています。しかし、高見沢さん宛にチケットが取れない!とクレームが来ちゃうんですな。幸ちゃんも「文句はどんどん高見沢へ」と煽っていましたが(笑)、年齢的にこれ以上コンサート本数を増やすのは酷でしょうから、少しずつ広い会場を増やしていただけたら…なんて思ったり。45年続けてくれているからこそファンも戻ってこられるし、「こんなに続いているんだから」と初めて興味を持って来て下さる方もいるし、アルフィーには常にウェルカム状態でいて欲しいです。

 そしてフランチャイズの東京となると関係者から贈られるお花も多くてロビーにいっぱい飾れていましたが、先日から期間限定でKinki Kidsがデュオ本兄弟というキャラクターでCMしている「DUO」に高見沢さんが友情出演していることもあり、Kinki Kidsからではなくデュオ本兄弟としてお花が贈られていたのが目立っていました!
 CMのイメージに合わせてすごい数の薔薇と可愛いイチゴがいっぱい飾られたスタンド花はゴージャスでしたわ。こういう洒落の効いたスタンド花っていいですよねー。見ている方も妙に嬉しくなっちゃいます。

 洒落が効いているといえば、先に上げたコラージュ画像の中にも入っていますけど同じくKinki Kids絡みでテレビ番組「Kinki Kidsのブンブブーン」からTHE ALFEEへスタンド花が贈られていて、お約束のようにアルフィーの可愛いイラスト入りだったのが最高でした。しかも、今回は何故か3人が白クマさんの格好になっていました。何で白クマだったんだろう?冬の乱TOURは12月なので、冬をイメージするにはまだ早い気がしますが…。ま、可愛いから良いんですけどね♪

 …ということで、今日のblogはその白くまさんに扮したアルフィーの画像で終わる!

Kinki Kidsのブンブブーンからアルフィーへ

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/10/25 Fri 20:50
 関東は台風21号の影響を直接は受けなかったものの刺激を受けた前線のせいで朝から大雨、台風15号の復旧も半ばの千葉県を中心にまた大きな被害が出ていて心配です。なんか毎週のように大雨による避難勧告が出たり、「100年に一度の大雨」というフレーズを聞いてる気がします。10月は台風シーズンとはいえ、こんな甚大な被害が出るほどの大雨を降らせるには数年に一度あるかないかだと思ったのに、最近は台風が接近していなくても前線があれば局地的豪雨になる傾向が多くて、注意しなければならないことが多過ぎて滅入りますな。特に今年の秋は雨が多いし、早く秋晴れが続くような日になって欲しい…と言っている間に冬が来そうですね。

 10/22には即位の礼がおこなわれ、この日も雨模様でしたが儀式が始まった途端に雨が止んで虹が出るとか、富士山が初冠雪を迎えたとか、偶然と言われてしまえばそれまでですが、新しい時代の幕開けは幸先が良いと思いたいです。平和で穏やかな時代になるといいな。

 本当に10月は色々とあり過ぎて、個人的には巻き込まれ事故的なとんでもない問題に直面して精神的に非常にナーバスな日々を過ごしていて「あーっ!独りになってボーッ!としたいっ!!」と思うことも多々ありますが、娯楽というかミーハー的な事は恵まれていて、THE ALFEEとCANTAのライブに立て続けに参加して気持ちをリフレッシュすることができました。逆に言えば、ライブが無ければ本当に私は病んでいたかも。それだけ今の状況はシャレにならない。まぁ、考え込むのは精神衛生上よくないので止めますが…。

 で、10/17のTHE ALFEE at 相模女子大学グリーンホール公演に参加したことをば。

 THE ALFEEは10/7の府中から秋TOURをスタートしているんですが、台風19号の影響に伴い10/12,13に公演する予定だった仙台と会津のアルコンが延期となり、10/17の相模大野が10日振り3本目のアルコンになりました。アルフィーの長い歴史の中でも台風でコンサートが延期になることは初めてに近く、ツアー中に10日間もコンサートが無いというのも珍しいことだそうで、しかもツアー始まってまだ間もないこともあり、ライブバンドと謳われるベテランの御三方が「あれ?今回のツアーは何本かやっているはずなのに感覚が掴めない」という状態になるという、初日よりも初日ぽいアルコンを経験することになりました。
 私はこれまで200本くらいアルコンに参加してきましたけど、こんな雰囲気のアルコンは初めてだったかもしれません。

ALFEE相模大野2019秋

 相模大野アルコンは6月の春TOUR以来で4カ月振りでしたが、その間に隣接していた伊勢丹が閉店して周囲の風景が少し変わってしまいましたね。駅前が開発されてきて賑わいはあるとはいえ、伊勢丹は残っていて欲しかったな。
 そんな後ろ向きな感想はここまでにして、相模大野会場だとTOURトラックが撮影しやすいのですが行った時間が遅かったので、少々暗ったい中での撮影となりました。でも、そのド派手さは変わらず。TOURタイトル「Battle Starship Alfee」に因んで宇宙戦艦アルフィー号がペイントされたトラックは実物を見てもカッコいいです!この光景を見るだけでも「アルフィーが相模大野の街に来たんだ!」とテンションが上がる。

 秋TOURはまだ始まったばかりですから、このblogには書かずにネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」の方に書き込みました。
 今回、本当に精神的にどん底状態で参加したせいか、実は某曲がストレートに胸に響きまして自分でも驚くぐらい泣きじゃくってしまったんですよね。初日の府中でも聴けた曲だったのですが、その時は普通に楽しんで聴いていたのに不思議なものです。ただ、あの時、思いっきり泣けたお陰で色々と吹っ切れたというか、立ちはだかる現実は厳しいですけど乗り越えて行こう!という心構えはできましたね。こういう体験ができちゃうから、ライブは何度も行きたくなるんですよねー!

 それに、初日よりも初日っぽい雰囲気になっていた御三方がとても魅力的で、演奏面では流石のベテランパワー聴かせて盛り上げておきながら、「笑い」の場面では「そこまでするのか?」と困惑するくらい体を張って取りにいくという芸人魂のようなプロ根性をみせてくれて呆れるくらい楽しませて貰えました。
 感情をストレートに出せるというのは最高のデトックス効果になりますよね。

 THE ALFEEが45年、活動を止めることなく元気な姿でステージに立ち続けてくれる有り難さを痛感させられたアルコンでもありました。しっかりパワーを頂いたので頑張っていきたいと思います。


 …そうえいば、高見沢さんは来年のヴァレンタインにTakamiyソロ公演をするんですなー!しかも中野サンプラザ2day。来年の夏は東京オリンピックが開催されるから冬メタルになったんですかね。王子連合が恋しいけど、なかなかそうはいかないところが少し残念。でも、メタルは、いいぞ、メタルは!

 あ、高見沢さん、期間限定でKinki KidsのCMに友情出演しているんですね。明日からオンエアだそうで一足先に公式動画をYoutubeで見ましたけど、普通に友情出演しているだけなのに笑えてくるのは何故だろう。←


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/10/06 Sun 22:02
 10月に入りましたが、前日の5日が最高気温30℃超えというこの季節としては異常なくらい高く、今日は最高気温が25℃にも満たないという寒暖差の激しさに身体どうにかなってしまいそうです。一応、健康体の私でもこうなんですから、少しでも体調を崩されている方は辛いですよね。本来、四季の中でも秋は比較的過ごしやすい時期になるのに、その秋はいつになったら迎えられるんだ?去年と同じく夏から冬に突入しそうで怖い。

 怖いといえば台風19号の発生。
 このままの予測だと「猛烈」な勢力にまで発達して日本列島に直撃するとか?台風15号の爪痕がまだ色濃く被災地に残っている中で、続けて大型台風の直撃は辛い。西日本だって去年の大豪雨からの復興がまだ半ばですからね。予測が外れて勢力が強まらずに日本から逸れることを祈るしかない。
 昔から夏以降は台風の直撃が多かったけれど、ここまで勢力が強い台風が立て続けに来るということは滅多に無かったと思います。これも海水温の上昇…地球温暖化が原因なんですよね。人間が原因の一端であることは間違いないのだから、自然の脅威に耐えるしかないのかな…。

 さて、先日10/3はTHE ALFEE at 府中の森芸術劇場どりーむホールのコンサートに参加して来ました。秋TOUR、初日です。アルフィーがTOURの初日を東京で迎えるのは珍しく、しかも府中からだなんて初めてのことだったんじゃないかな?
 書く言う私もアルコンのTOUR初日に参加するのは十数年振りでした。

THE ALFEE at 府中2019


 TOUR初日ということで当然ネタバレの感想をこのblogには書きません。
 今回は遠回しに書いてもネタバレになってしまいそうな気がして、「やっぱりアルフィーは凄い!」と定型文みたいなことくらいしか書けないんですが、初日は当然のことながら演者側のアルフィーも試行錯誤状態ななずなのに驚くほど完成度が高い内容で、もう10本近くこのライブをしてきたんじゃないかと錯覚してしまうくらいでした。デビュー45周年を迎えた大御所バンドの貫禄を見せつけられましたね。45年間、一度も活動休止することなくライブをやり続けて来ているバンドだからこそ辿り着けたステージだったのではないかと。
 何度となく興奮して、何度となく大笑いして、何度となく感動して…、己の感情をストレートに発散できるのがコンサートの醍醐味でもありますよね。その総てを叶えてくれるのがアルコン♪

 ネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込んでありますが、ライブ中にテンションがMAXに振り切れる場面が多々あり、その興奮を引き摺ったまま書いているのれ支離滅裂です。
 そして、私は次に参加できる時も某曲が聴けることを切に願っております!!

 そうそう、初日だからGOODSを買うのは難しいだろうと諦めかけていたんですが、開場時間から15分くらい経ってから会場に着いたら列が思ったほど長くなかったので並び、なんと限定のご当地マフラータオルも買えてラッキーでした。想像していたよりド派手な色合いのデザインだったのが驚き。このタオルを持っていると目立つぞー。
 今回もTOUR GOODSが秀逸で、3年前の「マサルマサラカレー」に引き続き「王子のクリームシチュー」が登場しましたよ(笑)。思わず買ってしまいましたが、少々味が濃い目だったのでミルクを加えたら絶品でした。最近はシチューにライスを合わせるのが主流なんでしたっけ?それ用の味付けなのかな。私はパンを合わせるタイプです。←聞いてない
 あと実物を見たらギターケース型のミニポーチが可愛くて!どう使うかなんて考えもしないうちに衝動買いしてしまいました。やはりペンケースかな?チェーンを付けて鞄に付けるのもアリかなぁ?なんて思っています。

 そんな訳で、この秋以降もアルフィーの金蔓になるのは間違い無いですわ(笑)

web拍手

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ