ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/10/20 Fri 20:42
 10月に入っても公私共にバタバタ、特に慣れない仕事が続いて精神的に疲労困憊です。しかも、いきなり30℃を記録する真夏日を迎えたかと思ったら翌日からガクッと気温が下がり、ここ数日なんで12月上旬の気候なんだから体調管理も難しくなります。東京都心で最低気温が一桁を記録するだなんて31年ぶりの事態だとか。そりゃ、慌てて衣替えしてコートを着込むハメになりますよ。
 それでいて選挙の投票日頃には台風21号が接近するかも…とか、今年は例年以上に気候が世界的にメチャクチャですね。

 先週、ルーク篁さん率いるバンドCANTAのライブに参加したんですが、MCでルークさんが「夏から一気に冬になった感じだよね。秋は一体何処に行った?最近は春も短くなってきている感じで日本特有の中途半端な季節が無くなってきているよね」と言っていたけど、本当に中途半端な季節が恋しいですわ。間に中途半端な季節があるから「暑さ」にも「寒さ」にも耐えられる身体が準備できるというのに…。今季はインフルエンザの流行が例年よりも早いらしいですし、色々と前倒しで準備しないといけないのかな。

 さて、久し振りのblog更新をするのは、先日の18日にTHE ALFEE at 相模女子大学グリーンホールのコンサートに参加して来たからです♪
 今月の5日からTHE ALFEEは秋フェスタTOURが始まり、相模大野は7本目。私は秋TOUR My初日になりました。相模大野には年一ペースでコンサートに来てくれるアルフィーですが、今年は春と秋の2回も来てくれて嬉しい限り。これには訳があって、アルコンでは定番の箱になっている神奈川県民ホールが改修工事の為に来年の3月まで使用が出来ず、その代替えにあたる会場の一つだったりします。私には相模大野の会場の方が行きやすいので棚から牡丹餅的な気分です(笑)。その所為か、客層も独特なヨコハマのノリが混じっていて、いつも以上に熱い盛り上がりになった気がします。

THE ALFEE at 相模大野 2017秋


 相模大野の会場は目の前に公演があり、その手前がツアートラックの駐車スペースになっているからド派手なアルフィーのTOURトラックが撮影しやすくて助かります。今回は馬というかメリーゴーランドというか、春に引き続きサーカスのようなデザインで一際目を惹きます。GOODSも相変わらず凝っていて、LINEスタンプを彷彿させるアクションシールなるものには爆笑しました。これ、本当にLINEスタンプとして発売したらヒットすると思うんだけどなぁ。

 まだ秋TOURが始まったばかりなので相模大野のアルコンの内容はblogにはネタバレ感想は書かない代わりに「なんでもレポ♪けいじばん」の方にネタバレ満載で感想を書き込みました。
 今回の秋TOURは生で聴くのを待ち望んでいた楽曲が幾つか演奏されて狂喜乱舞でして、構成的にも「秋はこうきたか!」と思わず唸らずにはいられない圧巻のステージでした。毎回参加する度に「凄い!」とか「最高!」とか思っていますが、「今日のアルコンが一番だ!」と今回も思えたって幸せなことなんですよね。
 MCもバカバカしさを極めていて(笑)、高見沢さんの天然ぶりを目の当たりに出来たのも嬉しかったですねー。嬉しかったといえば、高見沢さんは終始超ご機嫌でして、終演後のステージ去り際に両手で投げキッスをしてくれてファンを撃沈させましたよ。流石ですよ。

 秋フェスタTOURは12月上旬まで続き、その後は冬フェスタTOURになるのですが、現時点で非常に完成度の高い内容なので出来ればこの内容で最後まで行って欲しいなぁ…と思ってしまうくらい。まだ発売されるかもアナウンスされていませんけど、今年の日本武道館公演のDVDは買いますよ。←気が早過ぎる

 …と、ここまで書いていたら、非常に辛い知らせが入った。
 うーん、本当に今年は色んな事が起こり過ぎて自分の感情のコントロールが難しい。また暫く精神的に厳しい日々が続くかな。相模大野のアルコンでたっぷりパワーを貰ったから、なんとか耐えて頑張ろうっと。
 今年は本当に悲喜こもごもだわ。

web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/07/07 Fri 00:21
 九州地方に甚大な被害をもたらしている豪雨の状況が心配ですね。
 母方の親戚が福岡に住んでいるのですが不幸中の幸いというか親戚の地区はテレビで報道されているような大雨は降っていないとか。しかし、局地的豪雨がいつどこで降るか予測が難しいだけに用心はしているとのこと。少しでも早く収束して欲しいです。逆に関東は纏まった雨が殆ど降らなくて空梅雨に近いんですね。利根川水系のダムの貯水率も例年に比べて少し低いし、自然任せだから致し方無いとはいえ何とか出来ないものなのかな…。
 7/7は七夕。全国的に夜空を堪能できる天候になって欲しい。


 さて、今更ですが6/21のTHE ALFEE at 神奈川県民ホールの感想をば。
 春フェスタTOURは先週の7/1,2の名古屋ファイナルで終わっているのでblogでネタバレを含んだ感想を書いても良いのですが、せっかくBBSに分けているのでネタバレ感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込みました。神奈県のアルコンからだいび日が経っているので記憶が曖昧ですけどね。もっと早くに書き込んでおけば記憶ももう少し残っていたのに…と毎回思うんですけど、学習能力はありません(笑)
 私はこの神奈県で春フェスタが終わったのですが、Myファイナルに相応しい凄まじい盛り上がりのアルコンになったので満足です。同時に笑い過ぎて腹筋も鍛えられました(笑)。どんどん「笑い」に対して妥協しなくなってきている3人がある意味怖い。

 そういえば、神奈川県民ホールは今年の7月から改装期間に入って来年の5月まで使用できなくなるんですよね。日程はまだ発表されていませんが、既に秋フェスタTOURを開催することは決定しているので、秋は毎年11月に神奈県に来てくれていたアルフィーが今年の秋は何処に行くんだろう?と少々気掛かり。参加出来る場所なら良いんだけど…。ただ、11月は既に行きたいライブが4本もあるんですけどね。←

マサルマサラカレー コンサートの内容はBBSに書いてあるので春フェスタのGOODSについて。
 今回はミニフライパンを出したり、柄入りジップロックのようなジッパーバッグを出したりどんどんファンの日常生活に溶け込んできているんですけど、その中でもインパクトがあったのは「マサルマサラカレー」と題されたレトルトカレー食品。パッケージのインパクトも流石ですが、味も意外にイケるので、あまりGOODSをリピート買いしない私でもマサルマサラカレーは買い足しました。今度、友達がウチに遊びに来てくれるので話のネタとして試食して貰いたいなと思いまして(笑)
 7月の夏フェスタではどんなGOODSが出て来るのかも楽しみです。私の懐が緩くなるのかしっかり締められるのか。さて、どっちに転ぶだろう?

 アルフィーといえばNTVの音楽特番『THE MUSIC DAY』にVTR出演をしていましたね。
 名古屋のアルコンがあるから今年は出演しないなぁと思っていたら、高見沢さんと桜井さんは「嵐にしやがれ」枠で出演、幸ちゃんはTOKIOの城島リーダーとのコンビ坂崎茂で登場という変則的な出演で来て意外でした。坂崎茂はあるかな~とは思っていましたが、まかさ高見沢さんと桜井さんのコンビでバラエティー番組に出演するとは!時代は変わったものだ!
 坂崎茂は安定の癒しコーナーだったし、想像不能な高見沢さんと桜井さんも嵐とのグラスハープ対決が予想外に真剣で思わずハラハラしちゃったし、対決の前後のやり取りが完全にコントだったし、高見沢さんを振り回すほどの桜井さんの我が道を行くマイペースぶりが最高過ぎて大笑いしました。
 何にでも全力投球な3人が本当に愛おしいです♪

web拍手
2017/05/31 Wed 22:18
 今日で5月が最終日ですよ。
スライム目薬 暑くなったと思ったら涼しくなって再び30℃前後の気候になったり、なかなか服装に困る季節です。そのうちジメジメした梅雨に入るんだろうなぁ。個人的に体調を崩しやすい時期でもあるので気を付けたいと思います。

 右の画像はドラッグストアで見つけて思わず衝動買いしてしまった目薬「ロートZ!PROかいしんの一滴」、ご存じ『ドラクエ』に登場するモンスターのスライムをそのまま目薬にしてしまった限定品だそうですが、あまりにも可愛かったので♪本当はスライム型の目薬ケースが付いているのも欲しかったんですが残念ながら完売。
 しかし、買ってから気付いたんですが「かいしんの一滴」と付いているだけあって清涼感が8+とこのシリーズ最高値だったんですよねー。普段からマイルドタイプを使用している私には見事にかいしんのいちげきならぬ一滴になりました!眠気覚ましには丁度良いですわ。裸眼用だからコンタクト装着時は点眼できないので、暫くはこの目薬を使いたさにメガネな日が増えそうです。

 さて、5/27,28はTHE ALFEE at NHKホール2dasy公演に参加して来ました。相模大野以来の約1か月半ぶりのアルコン。シングル『あなたに贈る愛の歌』をリリース直後の公演になっただけに色々と期待してしましました。もちろん、期待以上の内容になりましたけどね♪
 東京公演は関係者からの花スタンドが数多くロビーに飾られるのが恒例になっているんですが、今回も「Kinki Kidsのブンブブーン」と「LOVE LOVE あいしてる」のスタッフからの花スタンドのイラストが可愛くて!幸ちゃんと高見沢さんはウサギで桜井さんだけタヌキというオチを付けてくれるところも好きです(笑)。あと、ここ数年出演していない『MUSIC STATION』からも花スタンドが届いていました。また出演できたらいいのになー。

THE ALFEE at NHKホール2017

 コンサートのネタバレ感想は『なんでもレポ♪けいじばん』に書き込んであるのでblogではネタバレになるようなことは書きませんが、とにかく2日間とも怒涛の盛り上がりでした!春TOURが先週の福岡公演で折り返しているせいか、1か月半前の相模大野のアルコンとはだいぶ印象が変わりましたね。何よりステージ上の3人も観客も色んな意味でパワーアップしてました!

 特に2日目なんて誰かの誕生日でもないのに、NHKホール公演SPということでトンデモないキャラクターが登場しまして腹筋どころか笑い過ぎて顎まで壊れるかと思いましたよ!(笑)。翌日は腹筋と顎が怠かったんですから!!この先、辛い事とかあっても、この日のアルコンを思い出せば乗り切れる気がします。
 ああ、また、あのキャラクターに会いたい♪

 アルコンに参加するようになって30年近く経ちますけど、それでも予想の斜め上をいく演出をしてくるのがアルフィーですからね。飽きることなんて絶対に在り得ませんよ。毎回、必ずといっていいほど新鮮な驚きや感動や笑いがあります。それを改めて痛感させられた今年のNHKホール公演でした。

 そうそう!このNHKホール2daysの翌日のネットのニュースで知ったことなんですが、THE ALFEEは5/28のNHKホール公演で日本のバンドのコンサート公演本数の最多記録を更新したんだそうです。そういう素敵な事はライブ当日に言ってくれても良かったのにー!忘れていたのか、奥ゆかしいのか、本人達も知らなかったのか判りませんが、そういうところも実にアルフィーらしいな♪と思いました。

 そしてNHKホール2日目のMCで今年の9/2,3に高見沢さんがソロ公演することが発表されました。場所は2年振りのパシフィコ横浜。去年やったビルボードライブをキャパを増やして再現するんだそうです。かなりキャパが増えました(笑)
 せっかくのTakamiyソロだからメタルを期待したんですけど、今年もシックに大人なムードで攻めるようですね。どんな構成になるのか、7月のTHE ALFEEの夏フェスタと合わせて期待してしまいます♪


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2017/04/17 Mon 21:45
 blogに限らずSNSは定期的なパスワード変更を要求されますが、先日blogを更新した際にパスワードを変えたらエラーが出てログイン出来なくなって焦りました。自分のblogなのに自分が弾かれるって。

 今日、4/17はTHE ALFEEのリーダーである高見沢俊彦さんの63回目の誕生日です。そして2日前である4/15は同じくTHE ALFEEの初代リーダーである坂崎幸之助さんの63回目の誕生日でした。4/15は広島の方でBDライブがあって、例によって例のごとく高見沢さんがサプライズで女装してお祝いしたみたいですね(笑)。あー、見たかったなぁ三つ編みタカミー!

 自分がこんなに長く一つのバンドを好きでいるだなんて思ってもいなかったし、還暦超えたバンドのライブに通い続けるだなんて思ってもいなかったし、アルフィーの御三方がこんなに長く現役バリバリでしかも"今"が一番魅力的だと思わせてくれるだなんて…本当に幸せだなぁと感じています。大病もせず元気にステージに立ち続けてくれるだけで良いですよ。
 これからもマイペースに楽しくステージに立ち続けていって欲しいです。彼等が存在してくれる限り、私は夢を抱けるし現実に向き合う勇気を投げ出さないで生きていけますから。

 …で、まったく心身的に余裕の無い状態なので落書きですら描く余裕もなく、せめてものお祝いの気持ちを込めて、当初は書く予定じゃなかった4/12に参加した相模大野のアルコンのレポを「なんでもレポ♪けいじばん」に投稿しました。
 ぶっちゃけ空元気状態で参加したアルコンだったので、その時はまぁ楽しく元気に盛り上がりましたけど前後はグッタリでして(笑)、あまり記憶に残っていないんですよね。でも、あの3時間強の有意義な時間を過ごせたからこそ今の自分があるわけで、無理矢理思い出を引き出してみました。当然ネタバレ満載なので、これから春フェスタに参加の方は読まないで下さいね。今回は特に真っ新な状態で参加した方が絶対に楽しめますから♪
THE ALFEE春フェスタTOURトラック

 今回、春フェスタと題されたTHE ALFEEの2017年の春TOUR、相変わらずTOURトラックがインパクト大で。私は開場時間過ぎにホールに到着したので、早めに着いていたママンボに頼んでTOURトラックの写真を撮っておいて貰いました。一般人も通行できるエリアに停車していた為、明らかにファンでない人達も足を止めて呆然と眺めていたそうです。一歩間違えば木○サーカスですもんね(笑)

 とうことで、4/12はTHE ALFEE at 相模女子大学グリーンホールに参加しまして、ネタバレしない程度に感想を書きますと、「そうきたかぁ!!」と思わず唸ってしまうような内容でした。ある意味、TOURトラックのデザインは間違ってないかも。サーカスのように次から次へと色んな出し物が登場しましたからね!
 あと数回しかチェックできなかったThe KanLeKeeZの振り付け動画ですが、自分なりに必死に覚えていたようでコンサートでは「あれ?意外に自分踊れているじゃん」と自画自賛できる程度には楽しめました♪傍から見れば全然ダメかもしれないですけどね(笑)。何より周囲に同志が一杯いるっていうのが大きいかも。今までにないアルコンが体験できて実に新鮮でした。

 この12日の思い出を糧に少しずつ自分のペースに戻せる生活にしていきたいですわ。

 あ!そうそう、THE ALFEEはThe KanLeKeeZとして5/24に1年振りのシングルを発売するとのこと。アルフィーの新曲とカンレキーズの新曲を抱き合わせてくるという斬新な売り方ですが、The KanLeKeeZは本気で最年長新人バンドとして新人賞を狙っているような気がする…。さて、どこまで突き進むか!?
 生温い眼差しで見守っていこう(笑)


web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

2016/12/25 Sun 21:52
 2016年も残り一週間を切りましたよ。まだ年賀状を書き終えていないんですけど…。今年は曜日並び的に年末に向けて公私共にバタバタですわ。でも元絵は出来ているから!あとは年賀状に異印刷して手書きコメントと添えれば大丈夫!←それに時間が掛かるのです

 さて、12/23,24は恒例になっているTHE ALFEE at 日本武道館2daysに参加して来ました♪
 12/17で秋TOURの「秋フェス」が終わりまして、12/23,24の日本武道館と12/29の大阪城ホールを「冬フェス」というTOURタイトルになる構成でして、秋TOURから規模も内容もヴァージョンアップして今年を締める!というのが最近のアルフィーの年末(笑)

THE ALFEE冬フェス武道館2days


 今年の武道館の正面には招き猫が描かれたタイトルパネルがドーンと飾ってあって新年に向けて実に目出度い感じでした♪あと全部はさすがに撮りきれなかったけれど関係者からのスタンド花もいっぱい届いていましたね~。相変わらず『Kinki Kidsのブンブブーン』&『新堂本兄弟』のスタンド花のプレートが凝っていて、今回は高見沢さんと幸ちゃんがサンタさんの恰好で桜井さんがトナカイの恰好というオチ付きで最高でした!
 24日はX'mas Eveということで正面のタイトルパネルの左側に巨大リースが飾られ、スタンド花の横にX'masツリーも飾られて華やかな雰囲気が更に上がるのが嬉しい。

 2日間共さすが日本武道館!ということで凄い盛り上がりになって最高に楽しかったです。ホントに怒涛の盛り上がりと圧倒的なステージパフォーマンスを2日間目の当たりにしたから一日過ぎた今でも余韻に浸っているというか胸一杯で、ここ数年は武道館のレポというか感想が書けないんですよ。時期的に精神的余裕が無いとも言いますが(笑)、特に今回の武道館2daysは色々とガツーン!と胸に響くものがありました。
 
 武道館初日である23日から武道館ならではの演出に圧倒されたり意外な選曲に興奮したり、高見沢さんのおニューの衣装に見惚れたり、12/21に最年長新人バンドとしてデビューしたThe KanLeKeeZが更にヴァージョンアップしていて愉快だったり、内容盛りだくさん過ぎて…!聴きたかった曲が演奏されてこともあって年甲斐にも無くノリノリになっちゃいましたよ…と書こうと思ったけれど、ステージ上の3人が年甲斐も無いというより還暦超えとは思えないパワフルぶりだから良いのだ!特に向かって一番右のお方、おかしい!絶対にバケモノの域に入っている!←
 そして高見沢さんが最後のMCで語った内容にちょっとグッときちゃって、直後に演奏された曲の歌詞がストレートに胸に響きましたわ。

 武道館ファイナルとなった24日の公演はネットニュースやスポーツ新聞にもちょこちょこ載りましたけれど、スペシャルゲストにグループサウンズの元祖であるザ・スパイダースのヴォーカルだった堺正章さんが登場!しかもThe KanLeKeeZと御揃いのミリタリールック!登場早々から身体を張って笑いを取りに行くところなんて、さすがアルフィーの大先輩だけあしましたわ(笑)。デビュー42周年を迎えたアルフィーは大御所ですけど、そんなアルフィーが平伏す先輩ですからねー。ステージ上で堺さんに振り回されまくっている3人の姿で新鮮で面白かったです♪しかし堺さん、今年で古希を迎えたのに当時と同じキーで熱唱されていて素晴らしかったです。そんな大先輩の姿に「俺達もコッキーズを目指せる」と自信を付けたほど(笑)
 24日公演の模様は「Music Voice」が内容も画像も充実しているのでリンクが切れていなければ行ってみて下さい。もちろん、内容や楽曲がネタバレしていることはご了承下さいね。
 そうそう、身体を張ったといえば桜井さんも堺さんに負け時と張っていらっしゃいましたよ。まだ大阪城ホール公演が残っているので書きませんけど、拒否権を持っていない桜井さんが本当に愛おしく感じました♪

 24日のラストソングはちょっと意外でして、完全にやられてしまいました。
 秋フェスでも感じていましたけれど冬フェスでもアルフィーは一切ステージで妥協しないというか、常に「新しい挑戦」を試みる貪欲さがKing of Liveと呼ばれる所以なのかと痛感。参加したファンをとことん楽しませてくれることに労力を惜しまない姿勢はもちろんのこと、自分達がステージ慣れすることなく緊張感に包まれる構成にしちゃうんだから何度参加したって飽きることない。むしろ何回だって参加したくなりますもの。
 特に下半期のTHE ALFEEの活動には「この先も行けるとこまでとことん行く!」という姿勢が顕著で、かなり長いこと追っ掛けてますけど今でも高揚感や期待感が消えないんだから。本当に嬉しい限りです。

 武道館2daysを通して私が一番テンションMAXになったのは秋フェスと共通する某曲なんですが、この2016年の武道館でしっかり聴き納め&見納め&ノリ納めが出来て良かったです!幸せな時間を体験できたと噛み締めておりますとも。2017年もこんな経験を出来ると良いなぁ…

The KanLeKeeZアルバム せっかくだからThe KanLeKeeZのデビューアルバム『G.S. meets The KanLeKeeZ』のことについてもちょこっと。
 オリジナルの新曲は『好きさ♪好きさ』と『Dancing 60's』の2曲なのですが、どちらも謎のダンスグループ(笑)BEAT BOYSより激しいし声が若返っているから凄いですわ。どちらもキャッチーなメロディで覚えやすいけど、複雑なアレンジは安定して入っていてトラップの多い楽曲だなぁ…と。この2曲を聴いて「The KanLeKeeZて還暦超えを推している割にはハードだな」と感じました。
 残り5曲は往年のGSのヒット曲のカバーだったりセルフカバーだったりするのですが、GSソングは馴染みが無かったのが幾つかありましたが新曲のように新鮮に聴けました。『フリフリ』がTakamiyソロでのメタルイメージが強いかな(笑)。元とだいぶ違う曲ばかりですけれど、今回に限らず高見沢さんのアレンジ力は凄いな…と。「自分らしさ」を出しながらも絶対に元の楽曲の良さを壊したり消したりしないんですよね。節々にその楽曲へのリスペクトが散りばめられているから気持ち良く聴けます。

 限定盤A(赤盤)には特典として秋フェスでThe KanLeKeeZが演奏したライブ音源が収録されていまして、今回のアルバムに1曲しか被っていないことに驚き。何気にアルコンで色んなGSソングをカバーしていたんですねー。個人的に『花の首飾り』が好きです。
 限定盤B(青盤)には特典として3人がアルバム収録曲を解説するトークCD付で、まぁ期待通りにクロストーク(笑)。ただコーラスについてとか楽曲に対してのエピソードなど、トークCDを聴いたらまたオリジナルアルバムが聴きたくなること請け合い♪

 あと新人バンドとは思えないくらいジャケットや歌詞カードの写真も充実していまして、ママンボが買った通常盤を見せて貰った際にパッケージからCDを取り出した時に現れた写真に思わず「ウフ♪」となってしまった。あの写真、最高です。

 このThe KanLeKeeZは同じ衣装を着ないアルフィーが珍しくお揃いの衣装を纏い、当時の青春だったGSを自分達なりにアレンジしてリスペクトするという趣向。とことん3人が楽しんでいるのが聴いていても、ライブステージで観てもその楽しさが存分に伝わってくるからこっちも楽しい。

 アルフィーの幅広い音楽性及び引き出しの多さを目の当たりにしたThe KanLeKeeZの誕生であり、今回の日本武道館2ydasのアルコンでした。


 これで2016年のblog更新はラストになると思いますが、2017年もTHE ALFEEのライブステージ等で掛け替えの無い刹那的な時間や余韻に浸れる楽しい思い出をたくさん作れますように☆
 …いや、絶対に作るぞ!!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ