FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2020/01/24 Fri 20:23
CATEGORY【travel】
 1月も下旬に入り「お正月ボケ」という言葉も消えつつありますが、中国で新型コロナウィルスが発生して「春節」を迎えたことで多くの中国人が海外に出ることから大流行が懸念されていますね。既に日本でも2人の感染者が確認されているし、SARSの再来になってしまうんでしょうか。しかも、これからインフルエンザが猛威を奮ってくる時期でもありますし、個人で出来る限りの予防を頑張っていかないとですよね。普段からのマメな手洗いとうがいはもちろんのこと、人混みや観光地へ行くことを極力避けるしかないんですかね。普段はマスクを着けないタイプなんですが、これから暫くの間は自分の体調が良くても外出時はマスクが必須かなぁ。

 さて、4日程過ぎてしまいましたが、1/20はTHE ALFEEの創始者でもある桜井賢さんの65回目のお誕生日でした♪
 これで4月に坂崎さんと高見沢さんが誕生日を迎えるまでアルフィーの3人は同じ年です!しかも桜井さんも65歳になったことで、メンバー全員が前期高齢者の仲間入り。アルフィーの場合「元気高齢者」ですけどね。私がアルフィーに夢中になり始めた頃は3人とも三十代前半だったのに…。まさか推しが年金受給者になるまで応援し続けるとは当時は想像すら及びませんでした(笑)。それだけの間、桜井さんはじめ御三方が現役で元気に活動をしてくれているってことなんですけど!これってファンとして凄く幸せなことだなぁ…と、御三方が年を重ねる度にしみじみ感じるようになってきています。

 桜井さんは誰もが認める美声を誇りながらも、高見沢さんや坂崎さんに言われたら嫌々ながらも進んで体を張って笑いを取りにいくサービス精神旺盛なところが魅力的でして、特に高見沢さんの我儘ぶりに振り回されることが多いのに本気で怒ることもなく、海のような広い心で受け止めて高見沢さんの天然ぶりを更に際立たせる名バイプレーヤーの面も持っているからこそ、アルフィーというバンドが45年以上仲良く続いていると思います。過去に『堂本兄弟』でだったかな?高見沢さんが「アルフィーの長続きの秘訣は桜井賢」と冗談混じりに言っていたけれど、フリーダム気味な二人を受け止める桜井さんの存在は絶大だと思います。多分、どのバンドも桜井さんみたいな人がいたら解散とか活動休止とかしないと思う。そだけ貴重な存在♪

 これからも桜井さんには艶やかな美声とお茶目なパフォーマンスで魅了していって欲しいです。
 本当にお誕生日おめでとうございます。この日ばかりは休肝日を返上して大好きなお酒をたんまり飲まれたのかなー。




 でもって、1/20当日に桜井さんのお誕生日お祝いの書き込みができなかったのには理由がありまして、実は日本時間で1/20を迎えた時は常夏の島におりました。「恒例の…」バカンスというものなんですが、今回ばかりは行けないかなーと思っていたんですが、あまりに去年の下半期は色々あり過ぎて本当に現実逃避がしたくて、無理やり都合を付けて強行した次第です。

ハワイ旅行2020

 強行した甲斐あって旅先では比較的天候にも恵まれ、小難しい現実世界のことなど数日間はすっぱり忘れて良い気分転換ができました!日本では三連休明け直後ということもあって今までより現地で日本人を見掛ける数が少なく(団体旅行を殆ど見掛けなかった)、春節前ということもあって中国からいらっしゃる方も少なく、今までの中で一番観光客が少なめだったかも。…それでも、そこそこの人で街全体は賑わっていましたけどね。

 特に何をするというでもなく、ただ海や夕陽を眺めていたり、気持ちのいい砂浜を裸足で踏みしめていたり、森林浴をしたり…普段とは違う自然に身を委ねているだけでも癒されるものです。

トレッキング 旅行するメンバーは全員、森林浴が大好きでハワイに行く度にトレッキングツアーを入れるのですが、今回は「たっぷり山歩きを満喫したい」と中級者向けのコースを申し込みまして、約6時間トレッキングを堪能しましたよ。いや~、歩き甲斐というか特に行きは登り甲斐のあるコースで、年明けから2週間ほど雨続きだっただけに足元が泥濘だらけということもあり特に帰り道は足の踏ん張りが必須で翌日以降は太腿がすごい筋肉痛になりました。でも、ちょっと「ジェラシックパーク」ぽい森林を普段は耳にしない鳥の鳴き声を聞きながら、天然の涼しいエアコンのような風に吹かれつつ無心に歩きまくるって意外に気持ちイイのですよ。

 ただ、かなり頑張って山頂まで登ったのに、山頂付近だけ風が強い上に雲に覆われていて一面オーシャンビューのはずが真っ白な風景しか望めなかったのには笑うしかありませんでしたね。途中まで良い天気で、開けた箇所から眺めた緑深い山脈の美しさや、その先に続く街並みや穏やかな水平線は素晴らしかった分、「何故に山頂だけこんなことに!?」と。また来なさいってことかな…と前向きに捉えることにします。

 それに、日本の観光客には中級者向けとされているコースのせいか他の日本人とすれ違うことはなく、すれ違う方々は地元の方々が殆ど。同じトレッキング仲間ということで交わせる会話もあったりと、異国の方々とのちょっとしたコミュニケーションも楽しかった。しかもですよ、下山中になんと前アメリカ大統領のオバマご夫妻ご一行とすれ違ったんですよ!私達は全然気付かなくて、擦れ違い様に「Aroha~」と挨拶しただけだったんですが、その直後にガイドさんが「気が付きました?大統領だったじゃないですかー!」とハイテンションで言われて「はい?」と。オバマさんは野球帽を被っていて顔がちゃんと見えなかったし、奥様のミッシェルさんは天パなのか髪がモップみたいに爆発していたのに注目しちゃって、私達は誰一人も今擦れ違った人達がオバマさんだと気付かなかったという(笑)
 でも、一行の先頭を歩いていた人がトランシーバーを持って話していたから「何でこんな山林で?」と不思議には思ったんですけどね。私は聞き取れなかったけど、その時に「大人3人、子供2人の一行と擦れ違う」みたいなことを言っていたそうで、私達はガイドさんを含めて大人5人のツアーだったんですけどねぇ(笑)。私ともう一人の友達が小柄だからなぁ。加えてキャラクターがプリントされたTシャツを着ていたからなぁ。子供に見えたのか…!ガイドさんは「この後のレストランの予約を入れていたのかもしれませんよ」とフォローしてくれたけど、フォローになっていない気がする。
 そんなこんなで、レア体験ができたのですよ。ガイドさんによるとオバマさんはトレッキングが趣味で休暇でハワイに来る度に色んな所に登っているんだそうです。でも、今回は頑張って登っても山頂に雲が掛かっていたぞー。オバマさんが登った時も絶対に雲は外れてなかったと思うぞー。

 自分達が気付けなかったこともあって、ガイドさんの見間違えで実はソックリさんだったんじゃないか?と下山しながら話題にしていたんですが、下山したら駐車スペースに何か普通の乗用車じゃない車が5台ほど停まっていて数人の方々がどこかと頻繁に連絡を取っていたから「あ、ソックリさんじゃなくて本物だったんだ!」と確信しました(笑)

 他にも色んな楽しい体験をしましたけど、このオバマさんご一行と擦れ違ったのが旅行中に一番インパクトがあったことかな。滞在中、前日に通った近郊で死傷者を出す銃撃事件があったり、夜になるとひっきりなしにサイレンが鳴り響いていたり、ハイクラスのホテルでもないのに警備が強化されていたり、昔抱いていたイメージよりだいぶハワイは物騒な所になっていると肌で感じる面もありましたが、気の置けない友達と過ごす場所としては最適だったことには変わりありません。

 また行けたらいいな。
 その時は世の中がもう少し穏やかになっていますように。


web拍手
常夏の島回想録 
2019/04/11 Thu 21:47
CATEGORY【travel】
 4月に入り、新年号の「令和」が発表されましたね。「R」から始まる年号が来るとは意外でしたが、万葉集から取ったというのも更に意外。「梅が綺麗だ~♪」みたいな感じなんですかね。情緒が合ってなかなか良いんじゃないかと。

 そして新紙幣のデザインも発表されまして、今度は渋沢栄一さんに津田梅子さん、北里柴三郎さんが選ばれ、デザインがグローバル化したということで全体的に軽くなった感じ?←言い方

 その新紙幣の話題より気になる話題が「ブラックホールの撮影に成功した」というニュース。
 宇宙に関して知識が乏しいので、ブラックホールなんてSFの世界のものなんじゃないかと思っていたので、実際に撮影されたと報道されて驚きました。宇宙の真相解明に一歩近づいたというより、更に宇宙の謎が深まったというか神秘性が増してドキドキしますね。

 でもって本題。

 4月に入っているので今更なんですが、2月に常夏の島へ旅に出たことをば…(笑)

ハワイ2019

 2月中旬に行ってきたのですが、その時期は丁度ハワイ全体が「トロピカルストーム」という寒波が来襲していた時期で、なんと私達がオアフ島に到着する前日だかにマウイ島では雪が降ったというニュースが流れたほど!
 だから到着した時には「常夏の島に着いたー♪」というよりも「…ん?思ったより涼しい?」だったという(笑)。何度かハワイに来ていますが、今回が一番涼しかったかも。2月でもハワイは最高気温25℃前後はあるものなんですが、この日は20℃あるかどうか。しかも連日、通り雨が頻発していて普段は茶色いダイヤモンドヘッドなのに木々が育って緑化しているという珍現象も。

ウルフギャング・ランチ

 ワイキキにはランチタイムに到着できたので、念願の「ウルフギャング」でランチ限定の超ジューシーなハンバーガーが食べられたのは嬉しかったですね。ワイキキに着いても相変わらず涼しかったけど、ついついビールもオーダーしてしまったくらい(笑)
 ただ、ここ数日の涼しさは異常らしく、ウルフギャングでテーブルを担当してくれたスタッフさんも「12年ここで働いているけど、こんなに寒いのは初めてだよ!」と言っていましたからね。街に出てもダウン系の上着を羽織っている人を何人も見かけたし、「本当に此処はハワイ?」と一抹の不安が先行した初日。

アロハエコツアー しかし、2日目以降は徐々に気温が上がってきまして、相変わらず通り雨は多かったけどその分、虹をよく見かけることができたし、トレッキングをした時は暑過ぎず寒過ぎず快適できた。1~2月は雨量が多い時期でもあるので山道がぬかるんでいて当たり前なんですが、歩くのに四苦八苦するほどでもなくガイドさんも「思っていた以上に今日は歩きやすい」と言っていたので色んな面でラッキーでした。

 申し込んだトレッキングはアロハエコツアーといって、自然保護の為にハワイ州森林局の特別許可を得た限られた人数(一日13人までだったかな?)しか入ることが出来ない森林公園を散策するもので、ジャングルのような鬱蒼とした森林を博識なガイドさんの案内に従って歩いて行くのは初めて見るモノ・知るモノの連続でとても楽しかったです。
 普段は聴くことがない鳥の鳴き声を間近で聴いたり、此処にしか生息していない植物を見たり、栄養豊富な土壌で育った雄大な木々の中を潜っていったり、数年分の森林浴をした気分になりましたね。海ももちろん良いですが、緑豊かな自然の中に囲まれるのはとても癒されます。もしかしたら、私は海派より山派なのかもしれない。そもそも泳げないし…←

 初心者向けのコースなので普段運動不足気味の私でもトータル4時間くらいの散策は心地よい疲労感を覚える程度でして、何より疲れを感じる以上に目にする光景や音がどれも新鮮だから夢中になって登っちゃうんですよね。
 山頂近くの見晴らしの良い所からダイヤモンドヘッドを上から眺めるというのは絶景でして、少々雲が多いとはいえ広大な大海原も見られて疲労も飛ぶというものです。こういう経験は現地で実際に体験してみないと得られない感動です。

ダイヤモンドヘッド


 今回は予想外の涼しさもあったとはいえ、3泊5日の弾丸旅行だったので短い期間に予定をギュッと詰め込んだこともあり、かなり充実した気がします。観光もアクティビティも食事も買い物も…とりあえず目的はほぼ達成したはず。なんせ次また来られる…と確約できない旅行ですから、海外旅行は。「行ける時に行く!やりたいことをする!」をモットーに計画を立ててます。

 食事も先に書いたウルフギャングのランチはもちろんでしたが、一度は行ってみたかったステーキハウス「hy's」に行けたのも嬉しかった。人気店なので出発前に友達が予約を入れてくれてスムーズだったし、やはりお洒落して格式あるステーキハウスで美味しいお料理を堪能するというのはテンションが上がります。何よりスタッフさんも品位が高いんだけどフレンドリーで、英語不自由な私でも固まらずにリラックスできました。←

 泳げはしないけどビーチ散策もしましたよ。
 3日目はとてもよく晴れたので一年分の青空を満喫できた気がしました。なんせ着いた初日は20℃そこそこでビーチに行っても泳いでいる人がまばらという状況だったので、3日目は「これだけ人がいたのかぁ!」と驚くくらい広いビーチには水着姿の人達で溢れていまして、「これがハワイだよね~」と漸く念願の光景を見られた気分になれたという(笑)

ハワイ2019

 真っ青な空の下で強い日差しを浴びながら温かな砂浜を裸足で踏みしめ真っ青な海を眺める…ただそれだけを飽きずにできるのは何でなんでしょうね。贅沢な時間の使い方をしたのかもしれません。


 そうそう、飛行機はハワイアン航空だったのですが、行きの便はシートの配線の不具合でイヤフォンが使えず機内映画を観ることが出来なかったので(半分以上寝ていたから別にいいんですけど…)、帰りの便では『ボヘミアン・ラプソディ』、『オーシャンズ8』、再び『ボヘミアン・ラプソディ』と機内映画を観まくっていました(笑)

 しかし、今回も誰も怪我をせず病気にもならず事件や事故に巻き込まれることがなくて良かった。
 アメリカ本土に比べて治安が良いと言われているハワイですけど年々治安が悪くなってきているようで、毎朝現地のニュース番組を観ていましたけど連日ワイキキ周辺で銃絡みの事件やら刺傷事件などの報道がありましたからね。日本だってそうですけど、これ以上は治安が悪化しませんように…。

 普段のしがらみを取り払い、気の置けない友達と楽しく過ごす短いバカンスは命の洗濯と言っても過言ではないかも。究極の癒しでありストレス解消かな。この経験が「さぁ!またこれからも頑張ろっ!」と己を奮い立たせてくれる。

 また常夏の島へ行けるといいな!☆彡


web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

2018/01/26 Fri 20:31
CATEGORY【travel】
 数十年ぶりの大寒波の到来により東京でも連日氷点下を記録する異常気象が続いておりますが、私は東京に4年ぶりの大雪をもたらした日まで常夏の島で束の間のバカンスを満喫しておりました。

 お蔭様で色んな事が浦島太郎状態です。意外なニュースがあったり、おいおい…と思ったニュースもあったり。寧ろ、知らないでいた方が良かったじゃないかと思うこともあったり…。
 THE ALFEEに関しては『大阪国際女子マラソン』のテーマソングが今年でラストになるというのを帰国してから知りました。アルフィー関連でいえば、1/20の桜井賢さんの63回目のお誕生日お祝いは異国の地からメッセージを送りましたわ♪あと、小説家である高見澤俊彦氏の作品『音叉』第3話が収録された『オール讀物』2月号も昨日買いました!その他、色々取りこぼしている気がするけど、そのうち追い付きます。←

 しかし、今は時差ボケならぬ温度差ボケというんでしょうか。30℃近い気候の中で数日過ごした直後に雪が残る氷点下の気候の中で過ごすって思っていた以上にしんどいです。温かいビーチできゃっきゃっしていた足が翌日には氷と化した雪を踏みしめることになるとは想定外。インフルエンザも大流行していることですし、有給を取って遊んで来た分、体調を崩して仕事に支障を来たす訳にはいかないと必死です。

 でもって常夏の島のバカンス話に戻りまして。

ハワイ旅行2018


 1月のハワイは雨期に当たるので(だからこの時期のハワイ旅行は安い)通り雨に何度か降られましたが、全日天候には恵まれた方だと思います。ただ、天気が快晴だったら眺めが最高だった岬めぐりの時に限って一時的にスコールに遭ったり、昼過ぎまでしかいられない最終日が一番天気が良かったというのは…「旅行あるある」かな(笑)

ハワイ旅行2018夕陽


 でも毎日のようにビーチを散歩できたし、綺麗な夕陽を堪能できたし、このバカンスの為に旅行資金貯めて、休暇をもぎ取って、インフルエンザや風邪を引かないように気を付けまくった甲斐があったというものです。
 今回は例年以上に一緒に行った友達の周囲でもインフルエンザが流行りまくっていたので戦々恐々でね。各自気合いを入れて体調管理をした所為か、誰一人インフルエンザを発症することなく健康な状態で行けたのは本当に良かった。旅行中も怪我や事故や病気が無かったのも幸い。楽しい思い出を作って無事に帰って来られたのが一番嬉しい事かも。

 其々の仕事の都合とか色々あって友達全員が休みを合わせることとか年々難しくなってきていて、「今回が最後かな」という想いも多少はあったのか、互いに自分に合った楽しみ方を率先して選んでいった旅行でもあった気がします。現地ではメインのアクティビティやディナー以外は各自フリーダムに行動していたかな。適度な距離感を保てる間柄ってとても貴重な存在だと年々痛感しますわ。

ハワイ旅行アクティビティ


 ハワイは観光都市だけあって行く度に新しい施設が増えていて、特に大型ショッピングモールがあっちこっちに出来ているから買い物天国でもあるのだけれど、やっぱり「自然」を堪能したい気持ちは変わらずありまして、植物園を巡ったり(…と言っても山の中ハイキング)、断崖スレスレを渡り歩くちょいとハードな岬めぐりをしたり、普段はなかなか出来ない山や海に囲まれる環境を愉しみました。特に岬めぐりでは見晴らし台からホエールウォッチングも出来たり、雄大な自然を目の当たりに出来て感激でしたね。

カカアコウォールアート


 最近では「インスタ映えする」と評判のカカアコウォールアートという倉庫街にアーティストがペイントした壁画が観光スポットになっていて、街にも新しいショップが出来たり一気に発展してきている地域もあり、普段は写真とか撮ったりしない者同士なのですが流行に乗ってお互いを撮り合ったりと今までには無かった旅行の楽しみ方も体験できました。
 ただ、カカアコは倉庫街が徐々に発展しつつある地区でしてショッピングモールがある所は栄えているけど、ペイントアートがある倉庫街は日中でも人気が少なくワイキキとは雰囲気が全然違うので(ダウンタウンに近いかも)一人でお気楽に散策できる場所ではないかも。少なくとも夕暮れ以降は行っちゃいけません。高層ビルが幾つも建設中だったから数年後には雰囲気が様変わりしているでしょうけどね。

 しかし、ハワイは植物園や岬など自然をそのまま保護するエリアと、観光客を呼び込む為にどんどん開発していくエリアと両極端だな~と感じた旅行でもありましたね。きっと、一つのエリアは10年後に行っても当時とまるで変わらない風景を見ることが出来て、もう一つのエリアは10年後まったく新しい風景を見ることが出来るんでしょう。

 行く度に色んな発見があるし、心身共にリフレッシュできるから「また行きたい♪」て気分にさせられるのかな。また同じメンバーで楽しい旅行ができるように今後も頑張ろうっと。

 この先も何の気兼ねなく海外旅行が計画できる世界情勢であって欲しい。

web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

恒例のバカンス 
2017/02/24 Fri 21:15
CATEGORY【travel】
 本日はプレミアムフライデーとかで15時までには仕事を切り上げることが出来る企業もあるとか。欧米の真似らしいですが、実施する企業は全体の10%にも満たないらしいですね。そもそも小売業やサービス業には関係無いというか、職種によっては余計に仕事が増えるんじゃ?まだ手探り状態で始まったばかりですからね、徐々に浸透していくのかな?メディアが煽っているだけの気がしないでもないですが…。

 数日前まで4泊6日でハワイへ行っていました。
 この時期の恒例と言えば恒例なんですが、今回は頑張って一日増やしてみてホテルもいつもよりランクアップしてみたりね。ただ、これはツアーを予約したタイミングが凄く良くて意外にリーズナブルな価格だったんですよ。一週間後に同じプランをチェックしたら万単位で上がっていましたから。本当にラッキーでした。

 来年以降はどうなるか不透明だし絶対に行きたい!と思っていたから、旅行が決まってからインフルエンザ対策を今まで以上に注意したり、旅行前に食中りにならないように好きな魚介類を生で食べることを控えたりとね、体調管理に気を付けたんですけど右足の親指を怪我してしまって海に浸かれなかったのは痛恨であった…。ま、そんなもんですよねぇ。

ハワイ-ダウンタウン 天気が心配だったんですが全日良好な天気で予定通りに過ごせまして、到着した日は初めてダウンタウンの方に行ったんですけど思っていた以上にディープな街で、ハワイなのに日本人をあまり見掛けなかったし、ワイキキとは雰囲気が全然違いました。中華街ぽかったけど横浜とかの中華街とも雰囲気が違う。夜は出歩いてはいけないよな~みたいな。でも、美味しいお店もあったし、お洒落なお店も幾つかあって、ミスマッチとアンバランスが上手く混ざっている不思議な街でもありました。すごく新鮮な体験だったなぁ。
 あと、道路表記の見た目が可愛くて。書かれていることは「ゴミを捨てるな。海に続いている」ということで、それだけゴミの不法投棄が多いエリアってことなんでしょうけど、街全体が観光地として改善していこうと動き出しているってことですよね。このお魚さんのイラストはダウンタウンのあちこちにありましたもの。

 …と、いきなりハワイらしさを感じない画像を載せましたが(笑)

コオラウ・トレイル 今年は前回のリベンジ!ということで、ちゃんとした所でトレッキングの予約をしてコオラウ・トレイルに再度行きましたよ。ガイドさんがちゃんした方で滝も見ることが叶いましたよ!むしろ、何でこのルートを前回のガイドさんは迷ったのか不思議なくらい。やっぱり変な所で料金をケチッてはいけませんぜ。
 今回のガイドさんは山林を歩きながら植物などについても細かく説明してくれて色々と学べたし、何より驚いたのがガイドさんは日本に3ヵ月程ホームステイをしていた経験があり通っていた大学が私達の母校だったという凄い偶然が!そんな一流でも有名校でもないのに(笑)。今回の旅行の中で一番の驚きだったかもしれません。その所為か、お互い妙な親近感が沸きまして終始楽しいトレッキングになりました。私は滝の近くで足元を軽く滑らせて左足が川にドボンしたけど直ぐに乾いた気候に感謝である。友達の中で多分…いや絶対に私が一番鈍くさいんだろうなぁ。ガイドさんにも「Level4」て言われた(笑)。補助に手を差し出された時も「may be(私の手を取れば多分大丈夫)」と言われて思わず「may be!?」と聞き返してしまい全員に爆笑されたくらいさ。
 しかし、コオラウ・トレイルのトレッキングは初心者向けとはいえ、擦れ違った欧米の方々の中にはサンダルという軽装の方もいたり、赤ちゃんを抱えている方もいたり密かに驚いていました。

 しかし、このトレッキングに限らず、今回の旅行は笑い多き旅だったなぁ。海も相変わらず綺麗で、朝陽や夕陽も堪能できたし、何処に行っても愉快なエピソードが出来てね。どれも偶然の巡り合わせだったんですけど、多少なりとも無理をした旅行でしたが決行して良かったと思っています。行ける時に行っておかないとね♪

 行き帰りの飛行機も大して揺れることなく(特に帰りの機長さんは着陸が上手かった!)誰一人怪我も病気も無く戻って来ることが出来て良かったです。
 また行けるように色々と頑張ろう。

ハワイ旅行2017


 …そして、只今、幸ちゃんが風邪を引いて喉が絶不調と知り今日の『Kトラ』の生放送が気掛かりだったんですが、まさかの桜井賢さんのピンチヒッターで登場して冒頭から爆笑&感動しております。
 バンド仲間って良いですよね。しかもアルフィーの場合、全員トークが秀逸だから!

web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

短いバカンス 
2016/02/05 Fri 20:46
CATEGORY【travel】
 最近はあまり良いニュースがなくてTVを観る頻度が極端に減りましたわ…。
 特にファンという訳ではなかったけど、全盛期の現役時代をリアルタイムで見ていた選手が転落してしまった姿を目の当たりにするのは残念でならないね。今の若い人達は知らないだろうけど、本当に凄いスター選手だったんですよ。入団を切望していた球団に入れず、それでも新人時代から大活躍して敵となった憧れの球団を破って優勝目前という瞬間に感極まって試合中に泣き出してしまった姿には子供ながらに貰い泣きしたもんだった。あの当時の心情は彼の中でとっくに無くなっているのかと思うと本当に遣る瀬無い。
 華々しい人生を送って来ている人ほど周囲を取り巻く人間関係には慎重にならないと、とんでもない落とし穴が待ち受けているのかもしれないね。

ハワイ2016 実は先日まで常夏の島へバカンスへ行ってました。去年のリベンジです。
 blogでは中途半端なところで終わっちゃいましたけど、去年のバカンスは悪天候で予定していたアクティビティ(乗馬)が中止になってしまったり、青い空や海を最終日にしか拝めなかったという結末だったので、「次こそは…!」と再度計画をして同じメンバーで行ったのです。
 時期は前回と少し違うんですが、その所為か消費税が上がったというのに前回よりもお安いプランで行けたのはラッキーでしたね。羽田空港発着便でワイキキの中心地にちゃんとしたホテル泊なのに、あんな格安プランを見つけ出してくれた友達に感謝です♪もちろん安ければ良い!って訳ではないですけど、根気よく探せばお得なプランは埋められているものですよね。

 心配していた天気にも終日恵まれ平均気温27℃の日々を過ごせる快適ぶりだったのですが、やはり予定通りには行かないというのが旅というもの(笑)。今回のアクティビティは山林を散策するハイキングをセレクト。私を含め、みんな森林浴が好きなものでね~。初めてこのメンバーでハワイ旅行をした時もマノア滝のトレッキングに行ったくらいですから(笑)
コオラウ・トレイル そんな私達が今回セレクトしたトレッキングはコオラウ・トレイルの散策でして、あまりメジャーでは無いツアー会社を予約。その分、大手よりも価格は安かったのですが、これが落とし穴でしたね。もうね、ガイドさんがフリーダムというか何と言うか…。多分、トレッキング専門のガイドさんでは無かったんだろうなぁ。さっさと自分のペースで山の中を登って行くのは多めに見るとして(着いて行けるもん!)、途中で「目印が無い!」と騒ぎ出した挙句、「道が判らないので引き揚げます」ときたもんだ!ガイドさんなのに!しかも目印もシールだかテープだかを木に貼ったというお粗末なものらしくて、途中まで登って来て目的地の景色も見ないまま降りるのは些か不満だったけど、こんな頼りないガイドさんに目的地まで連れて行って貰うのは危険だよな…と思って素直に従いました。その分、カイルアで余った時間を有効利用して堪能できたからプラマイゼロ…か?

 やっぱりね、アクティビティも現地で申し込むにしてもメジャーな所にしよう!と勉強になりました(笑)。ガイドさん自身の人柄は悪くないんだけど、いかんせんノリが軽いっていうか、ハイキングする気満々だった私達との温度差がありましたね。女ばかりのグループだから直ぐに根を上げると思ったのかな?買い物も好きだけど、それ以上に自然を満喫するのも大好きなのよ。

 …とはいえ、ハワイでの食生活は超充実していました♪
 初日からLike Like Drive Innというお店でサイミンというローカルフードを食べられたし!でもオックステールスープやロコモコの方が好みの味だった(笑)。予定外に長く居られたカイルアの「ブーツ&キモズ」で名物のマカダミアソースのパンケーキが食べられたし♪2年連続でウルフギャングステーキで熟成肉を堪能できたし、ハレクラニ・ホテルでちょっと贅沢な朝食ビッフェは大正解だったし、ホノルルの新名所といわれるSky Waikikiの夜景は綺麗過ぎて高い所が苦手な私は屋内のソファで美味しいお酒を飲みながら雰囲気を堪能するに限るとか(笑)、KCCマーケットの自家製ジンジャエールや手作りパテのバーガーは相変わらず美味しい!など、まぁ食べまくりましたよ。

 3泊5日の弾丸旅行ながらも十分に堪能できましたね。
 なかなか忙しいスケジュールだったけど、みんな怪我や病気もなかったのが何よりかな。みんな自由気ままで、アクティビティや夕食以外はバラバラに行動することも平気なのが有意義に過ごせる秘訣なのかもしれません。一緒に居てホントにお気楽だもん。みんなで良い現実逃避ができました♪

ワイキキビーチ

 観光地だけあって相変わらず建築ラッシュであちこち工事していて高層ホテルが軒を連ねていたので、あと数年でワイキキビーチ周辺の景色は幾分が変ってしまいそうな気配でしたが、この癒しのビーチはずっと変わらないままでいて欲しいな。

web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ