ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/05/29 Sun 20:24
 台風2号は温帯低気圧になったようですが、私の地域では雨足が更に強くなっている感じです。前日からの雨量も多いし、土砂災害など起きませんよーにっ。梅雨に入って早々に台風だなんて、今年の夏はどうなることやら…何かと不安が先行してしまいますが、猛暑だけは避けて欲しいなぁ。

 27日に映画『十三人の刺客』のDVDとblu-rayが発売になりまして、私はDVDの豪華版をgetしました。
DVD『十三人の刺客』 豪華版は特製アウターケース入りで、プレスシートの縮小版に190分にも及ぶ特典映像が付いているDVD2枚組。そして、初回限定として200ページにも及ぶ絵コンテ集が封入されているのです。
 この絵コンテ集は全シーンが描かれているわけではないんですが(そんなことしたら広辞苑サイズになってしまう)、意外にしっかり描き込まれていて見応えあり、本編ではカットされているシーンも幾つか入っていてお得感があります。あと、ラフ絵なのに人物の表情が良いんですよね~。特に殿の表情がどのシーンでもフツーなんですよっ!もう、最高です。

 本編は腰を据えてじっくり堪能したいので先に特典映像の方を堪能しました。
 80分のメイキング映像に、完成披露記者会見の模様、初日舞台挨拶の模様、キャスト・監督のインタビュー、ヴェネチア映画祭での映像、未収録シーンなど内容盛りだくさんでして、80分のメイキングはキャスト一人一人にスポットを当てていて非常に内容が濃かったです。
 特にメイキングではキャストの皆さん見た目は役柄そのものなのに、口調は素になっているギャップが妙に面白い。ああいうのを見ると、撮影段階で非常に良い雰囲気が作れたんだな~というのが伝わってきます。
 あと、インタビューではキャストによって「好きなシーン」を語っているので、「ああ、このシーンがあの役者さんの好きなシーンなんだ」と意識して本編を観るのも楽しいかもしれません。三池監督のインタビューでも演出面であるシーンから「一切音楽を使用していない」と語っていたので、そこに注目して本編を観てみようと思っています。

 またTVでは一部しか放送されなかった完成披露記者会見の模様がしっかり収録されていたのは嬉しかったのですが(市村さんや伊原さんや古田さんが面白いっ)、完成披露試写の時の舞台挨拶シーンが収録されていなかったのは残念。ワイドショーで取り上げられていたから?吾郎ちゃんが市村さんや沢村さんと絡んだコメントとかフルで見たかったなぁ。
 残念といえば、本編ディスクに特報や予告映像が収録されているけど、日曜洋画劇場で初披露された180秒映像は収録されていないんだよね。あの映像は凄く好きだっただけにDVDにも収録して欲しかった…。

 …と残念に思う部分はあっても、この週末は『十三人の刺客』の特典映像をリピートしまくりです。もともと好きな作品だし、ご贔屓の役者さんも多数出演だから何度見ても飽きませんよっ。

 この先は特典映像のネタバレを含んでいるので(核心には触れてませんけど)、必然的に物語のネタバレも含んでしまうので、それでも良いという方のみどうぞっ。もちろん、殿をメインに語っております(笑)

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

2011/02/19 Sat 00:30
 NTVで『日本アカデミー賞』(この賞のタイトルには毎度凄い違和感を覚えるのは私だけ?)の中継がありまして、『十三人の刺客』はスタッフ部門で最優秀賞4冠(撮影賞、照明賞美術賞、録音賞)を獲得して嬉しいかったというよりも、スタッフの優秀さが評価されて良かったという気持ちでいっぱい。

 作品部門や役所さんと三池監督が最優秀賞を獲れなくて残念だったけど、あの最後の最優秀監督賞の発表直後の三池監督のイスから転げ落ちのリアクションが見られただけでも良かったかなと(笑)。今回もド派手な着物生地ぽいジャケットを着用して一番目立っていた三池監督ですが、最後の最後で壇上じゃなくても一番目立って笑いを買った姿の素晴らしさったら最高ですよ。

 ただ、作品賞と主演男優賞の紹介時に司会の関根さんが暴君を演じた吾郎ちゃんの話題を振るわ(その時の役所さんの返答も最高だったわ)、紹介映像では殿のシーンが流れるわで、逆に「何で助演男優賞でノミネートされていない吾郎ちゃんがこんなに出てくるんだ?」と思ってしまった。今回、助演男優賞だけ4人(岡田さんが2作品でノミネートされたので2人分のカウント)という妙な感じだったので、余計に「ああ、稲垣吾郎がノミネートされても良かったんじゃないの?」という思いが再燃。
 もちろん、その場に居ないのに話題にされるってだけでも凄いことなんだけど、ファンの贔屓目と言われようとも、やっぱり悔しいですよ。かと言って来年から"解禁"されたら、「何で今になって!」と憤慨しそうな自分がいる。ええ、私は器の狭い人間さ!

 …とタイトルとは違う話題が先行してしまった。

『十三人の刺客』DVD発売決定

 懲りもせずに逆ギレ殿様を描いてしましましたが(コレ、WEB拍手のお礼画像に使えば良かったかも/笑)、やっとこさ『十三人の刺客』のDVDとBlu-rayの発売が5/27に決まったと告知されました!
 私はDVD+VIDEOテープのデッキを使っておりまして、VIDEOテープの出番の無さに時代の流れを感じております。でも、過去に録った番組でDVD化されていないのもあるので(今にして思えばドラマ『竜馬におまかせ!』は貴重だなぁ)、なかなかVIDEOテープが手離せないんですよね。

 あと、今のデッキはアナログ対応なので7月までにデジタル対応に買い換えなくては、既にTVが地デジ対応していても録画が出来なくなってしまう!だから、これを機会にBlu-rayデッキにした方が良いのかな?ただ、私のノートPCはDVDしか対応してないからなぁ。PCでも観たいとなるとDVDにするべきなのか…、悩みどころです。逆ギレ殿様のような立場だったら即デッキ購入ですが(爆)

 しかし、やっと発売日が告知されたと喜んだのも束の間、発売日は3ヶ月以上も先の5/27。最近は公開から6,7ヶ月のスパンでソフト化するから遅くても4月には発売してくれるだろうと予想していたので、「そ、そんな先なの?」と少しガッカリ。まだ一部地域で上映されていることも関係あるのかな?
 まぁ、収録時間未定の特典映像DVD付きの豪華版も発売されるので、「大人しく待っているから、特典の映像はた~っぷり入れてちょーだいねっ♪」という気持ちでいたいと思います。あっ、監督やキャストによるオーディオ・コメンタリーを入れて下さってもOKよっ。←欲は際限無し

web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

2011/02/09 Wed 19:38
 8日はミューザ川崎シンフォニーホールで『第65回毎日映画コンクール』の受賞式が開催されました。

 この受賞式の模様はTVKで生中継されてまして、私はリアルタイムでは見ることは叶わなかったものの、後で稲垣吾郎の役者としての晴れ舞台を存分に堪能することができました♪生中継って良いですよね、リアルタイムで見られなくても、その場の緊張感がダイレクトに伝わってきますものっ。

 グリーンカーペットでファンサービスに夢中になるあまり、フォトセッションの場所をスルーしてしまって慌てて戻る吾郎ちゃんにウケつつも、タキシードを着こなした姿に惚れ惚れ~。そして、壇上に紹介された際に上がった歓声やフラッシュの凄さに感動してしまった。

 映画『十三人の刺客』からは、録音賞の中村淳、監督賞の三池崇史、そして男優助演賞で稲垣吾郎(全て敬称略)が受賞したわけですが、3人共こういう受賞式で表彰されるのは『十三人の刺客』でが初めてだったんですよね。

 それぞれの受賞スピーチは良かったですけど、特に吾郎ちゃんが壇上に立ってフォトセッションという時間に何度か後ろ振り向いちゃって、「どうしたんだろう?写真撮影中なのに落ち着きないなぁ」と思ったら、開口一番、後方で生演奏をしてくれたオーケストラの人達に向って「素敵な演奏をありがとうございました」とお礼を述べた姿にやられましたね。ああいう場で今感じたことを自然に言えちゃうところが素敵。
 実際に演奏されていた方のお一人が、ご自身のブログにもその時の感激ぶりを書かれていて、それを読んだだけでもまた嬉しくなっちゃいました。

毎日映画コンクール受賞式 吾郎ちゃんのスピーチ内容は受賞できたことへの嬉さに溢れていて、役者として正当に評価された姿をしみじみと見ることができて幸せに感じました。また、「狂気に満ち溢れた最凶の暴君」という稀代の悪役を引き出してくれた監督はじめスタッフ、キャストに感謝をしていたところも印象に残りましたね。
 吾郎ちゃん自身も初めて脚本を読んだ時は「本当にこの役を自分がやるの?」と驚いたそうですが、監督から「好きなように楽しんでやって下さい」と打ち合わせてで言われて肩の力が抜けて、あの暴君ぶりが発揮できたというんですから、見事なまでのハマり役であったし、そこを見抜いて下さった監督やキャスティングして下さった方に感謝・感謝ですよ。

 壇上でもアピールしていたけど、これを機にもっと積極的に映画作品に関わっていって欲しいですね。今回の悪役で演技者としての幅も広がったし、悪役といっても色々あるから今後も稲垣吾郎の隠れたSの部分をどんどん見せていって欲しい。

 そうそう、エンディングをぶった切ってまで吾郎ちゃんが最後に付け加えたコメントが、外国映画ベストワン賞を受賞した『息もできない』ヤン・イクチュンのVTRコメントにあったのをパクッた「毎日新聞いい新聞♪」だったという(笑)。しかも、このフレーズは男優主演賞を受賞した堤真一さんまでパクッていましたな(笑)。二人伴、緊張しながらもオチャメっぷりは変わりませんね。

 嬉しかったのは、受賞後のバックヤードでのインタビューで、「市村正親さんとずっとご一緒するシーンが多くて、大先輩の市村さんが普段から僕のことを"殿!"って呼んでくれたりして、本当に気持ち良く役になれるようにアドバイスして支えて下さった」と、市村さんとのエピソードを語ってくれたとことかな。
 市村ファンでもある私は、そのコメントを聞いただけでも泣きそうになりましたよ。市村さんは日刊スポーツ映画賞の助演男優賞を吾郎ちゃんが受賞した時に「お陰様でウチの馬鹿殿が…っ!」て喜んでいたし(去年の12/20のblogを参照)、今回の受賞も絶対に「殿、おめでとうございまする~っ♪」て喜んで下さっているんだろうなぁ。ああ、またこの二人で何か共演して欲しいぞっ。

 そして、シルバーのタキシードというド派手な姿でキメて下さった三池監督のスピーチも最高でしたね。「プロデューサからハトでも出して来いと言われましたが何も出せません」とか、副賞のTポイント65万ポイントに対して「キャスト・スタッフ全員の力で得た賞ですが、この65万ポイントは俺の物です」なんて大笑いました。
 バックヤードのインタビューでも、「最新作はマラソンランナーの…」とかボケてみせるし、なんか映画監督という存在を超越していた気がします。

 やっぱり一生懸命に情熱を懸けて作り上げた映画が高い評価を得て表彰までされるっていうのは誰でも嬉しいものだと思うし、その喜びに満ち溢れた姿は第三者から見ても感動しますね。

 特に『十三人の刺客』は久しぶりに心から熱くなりハマッた作品だっただけに、これだけの評価を公式に得られたというのはファンとしても嬉しいですよ。なんだかんだで『十三人の刺客』絡みの新聞記事のスクラップが増えて、個人的にニマニマしてしまっている怪しい自分がいます。

 さ~ぁて、次に期待するのは『十三人の刺客』ソフト化のアナウンスかしら。そろそろ情報プリーズっ!もちろん、映像特典満載でよろしくよ♪

web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

2011/01/18 Tue 22:55
 なんか久しぶりにblogを書いている気がしますが、公私…主に私事で色々とやらなくちゃいけないことがあってバタついておりまして、いずれ落ち着いたら何をしていたかを書きたいと思います。←別に大した事ではないけど、自分的には大した事(笑)

 まぁ、そんな落ち着きの無い日々を送っている中で、と~っても嬉しいニュースが飛び込んできたからblogだって書いちゃいますさぁ♪

 第65回毎日映画コンクールで、映画『十三人の刺客』から三池崇史が監督賞を受賞稲垣吾郎が男優助演賞を受賞中村淳が録音賞を受賞(全て敬称略)しました!
 この一報を知ったのが昨晩(正確には日付変わって深夜)の寝る寸前だったのですが、「今日は寝酒は止めておこうかな~」と思ったのに、もう嬉しくていつもより量多目で祝いの寝酒をしちゃったという(笑)。なんせ非常に歴史ある映画コンクールでの受賞ですから、例え深夜だろうと嬉し過ぎてテンションが上がっちゃいますよ。

 何が一番嬉しいって、年が明けてからも『十三人の刺客』で嬉しい語りができるってことですよね。いまだに「また劇場スクリーンで観たい!」て思える作品だし、早くDVDやBlue-rayの情報を出してくれ~!欲しいんじゃ~!って気分ですもん。
 ここまで一つの映画作品にハマッたのは久しぶりで、これは「吾郎ちゃんが出演しているから」ってだけでは無いですね。本当に全てにおいて私のストライクゾーンに入る作品だったからこそ、歴史ある映画賞で評価されるって嬉さ倍増ですよ。

毎日映画コンクール2010 そんな訳で、今朝は出勤の道すがらスポニチを購入。三池監督と吾郎ちゃんの受賞記事を見て再び嬉さが込み上げてきました。
 ←左の画像はマウスで描いたのがバレバレの妙な殿様がありますけど(笑)吾郎ちゃんの受賞記事です。撮り下ろしの写真がすっごく素敵だとはいえ、ネットでその素敵さが判別できちゃうまでに晒すのはNGですからね。だったら新聞記事を載せるなって感じですが、やはり「記事に載ったんだ♪」という記念をどうしてもblogに残しておきたくて往生際の悪いテに出た結果がコレ(笑)

 スポニチのインタビュー記事に吾郎ちゃんが「自分が殿様に見えるかどうか何よりも気を配った」みたいなコメントがあり、しかも三池監督のコメントの方には「殿にピッタリの人だった」とあって、凄く良い監督と役者の関係を現場で築けていたんだなとも感じました。

 ちなみに、受賞式は2/8に開催され、その模様はTVKで生中継されるらしいです!いいなぁ、生中継っ。リアルタイムに観たいけど、絶対に無理だわっ。


 『十三人の刺客』に吾郎ちゃんが出演するらしい、しかも悪い殿様役で…という噂を聞いたのは2009年の春前で、「ホントかな?ホントかな?」て半信半疑でドキドキしていたら、少しずつ確定情報が出てきて、2009年7月にクランクインが公式発表されたんだけど吾郎ちゃんのキャスティングだけは何故か発表されないままで、8月下旬に吾郎ちゃん自身がラジオやTVで「お殿様役をやる」と発言してくれるようになって、やっと実感が沸いてきた。
 でも、そこからが待ち続ける期間が長くて、明けて2010年の5月にTVで作品の映像が解禁になり、その素晴らしい内容にテンションと期待値が一気に上がったんだよね~。そして、8月に完成披露試写会で監督キャストが勢揃いして、9月にはヴェネチア国際映画祭に出品して観客や現地記者団に高評価を得て、遂に劇場公開!私は映画館に通う、通う(笑)

 …こう振り返ってみると、この作品で2年近く愉しんでいることになるんだよね。いや~、思い入れの強い映画作品になったもんだなぁ。blog内でも「MOVIE-13assassins」というカテゴリーを作っちゃうわけだわ。

 ただ、吾郎ちゃんはこの作品の宣伝活動にはそんな参加していなくて、雑誌にインタビュー記事が載ったのは「switch」1冊だけだったと思うんだよね。マネージメント側の方針だったんだろうけど、当時はその宣伝や露出の少なさが不満でもあり物足りなさを感じていたというのは正直ありました。
 しかし、監督やスタッフやキャストの物凄い意気込みと情熱が詰っている作品は、そういう宣伝抜きで映画ファンの心を掴むんだな~と改めて痛感させられましたね。

 私は吾郎ファンを公言しているせいか、公開時には普段なら稲垣吾郎の「い」の字も言わない人達に「『十三人の刺客』を観たよ。面白かったし、吾郎ちゃんの悪い殿は凄かった!」と話題を振られたことが幾度もあり、ファンとしても凄く誇らしかったですし、チャンバラ時代劇が受け入れられたっていうのも嬉しかったんですよね~。

 それだけでも十分嬉しいことなのに、こうして映画賞を受賞して更に評価されたんですからね、ああ~ホントに喜ばしい限りです。
 とにかく、『十三人の刺客』で稲垣吾郎が演じた暴君・松平斉韶役の評価はファンの欲目抜きにしても世間的に高評価で、この役をオファーして下さった三池監督、あそこまでの暴君を演出したスタッフ、共演者、関わった全ての方々に感謝すると共に、見事に演じきった稲垣吾郎に「おめでとうっ!!」と心からの賛辞を贈りたいです。

 何度も書いているけど、三池組の『十三人の刺客』に吾郎ちゃんが参加できて本当に良かった。吾郎ちゃん自身、このオファーを「幸運が舞い降りた」とインタビューでもコメントしていたけど、この作品が稲垣吾郎の役者人生の転機になったでしょうし、この役を演じきったことで付いた自信や誇りを今後の活動にどう影響していくか凄く期待しちゃいますぞ!

web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

2010/12/30 Thu 00:21
 28日に「2010年第23回日刊スポーツ映画賞」の受賞式が開催され、『十三人の刺客』で監督賞を受賞した三池監督と助演男優賞を受賞した吾郎ちゃんが表彰盾を贈られました。

 ビックリしたのが三池監督と吾郎ちゃんのプレゼンター及び花束贈呈に登場したのが慎吾だったということ!一応、三池監督作品の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』に特別出演しているとはいえ、役者としての晴れの舞台に"SMAP色"が出てしまって個人的に少し複雑でした。
 別に慎吾が嫌だったというのではなくて(むしろ緊張していた吾郎ちゃんのことを和らげくれて感謝ですよ!)、今までこの作品に関してノータッチ的な感じだったマネージメント側がいきなりしゃしゃり出て来た感が否めなくて、心から嬉しい気持ちにはなれませんでした。だって、『十三人の刺客』が公開中に届いたファンクラブ会報のインフォメーションコーナーに、吾郎ちゃんが『十三人の刺客』に出演しているって情報すら載せてくれなかったくらいですよ。あの扱いには心底ガッカリしていたと同時に、SMAP的にはノータッチでいくんだと割り切っていたので今回の受賞式で慎吾を登場させたのには物凄く違和感アリアリ。マネージメント側の厭らしい計算が見え隠れして興醒めでしたね。

 せっかく稲垣吾郎が役者として評価された場なのに何だかな~って気分ですよ。一応、今日のワイドショーとかでチラッと受賞式の模様は流れたけど、吾郎ちゃんは慎吾との絡みのシーンだけで、本来メインであるはずの前回の助演男優賞受賞者の三浦友和さんから盾を授与されたシーンとかは流れなかったし、長い監督歴の中で受賞というのが初めてだったという三池監督の受賞シーンも少ししか流れなかったのにはガッカリ。

 いかん、いかん。折角の目出度い受賞式なのに、不満ばかり書いてしまった。吾郎ちゃん自身が心から喜んでいるんだから、もっとそれに似合ったことを書かなくては…っ!ああ、私は器が狭いなぁ…。とりあえず、来年の教訓にでもしておくか。←多分、無駄(笑)

第23回日刊スポーツ映画賞 ただ、慎吾のコメントには彼なりの愛情を感じましたよ。「吾郎ちゃんが今回演じた役柄を内輪以外でもしっかり評価して欲しい」という気持ちの表れでしょう。変な言い方だけど、助演男優賞を受賞したというのがなければ、『十三人の刺客』を全く観ていない人には「ああ、吾郎ちゃんが珍しく悪役をやったのね」くらいにしか捉えてくれなかっただろうし、この役で助演男優賞を受賞しました!と知れば「凄い悪役ぶりだったんだ」くらいまでには関心を持ってくれる人も出てくれるかもしれない。
 それに、今日付けの日刊スポーツの記事にも載っている慎吾のコメントを読む限りでは、「お殿様の残酷ぶりは吾郎ちゃんの地だ」と言っているんじゃなくて、「あの佇まいや雰囲気や眼差しなどが普段の稲垣吾郎とリンクしていて役柄に活かされていた」みたいなことを語ってくれているから、吾郎ちゃんの言う通り「一番の褒め言葉」だったと思います。

 吾郎ちゃん自身もこの役での評価によって役者人生での自信が付いたようなコメントが聞けたし、何よりあんなに緊張している吾郎ちゃんが新鮮で新鮮で♪それでいて活き活きとした瞳や口調から嬉さが滲み出ていたし、本当に感動が伝わってきました。
 ミーハー的なことを書けば、ビシッとスーツを着こなすのはいつものことだけど、ワインレッド色のストールが何ともツボでっ!いや~、目福、目福(笑)。ああいう格好に弱いです♪←報告する必要なし?

 記事のコメントでいえば、三浦さんが吾郎ちゃんに掛けてくれた祝福が嬉しかったですね。ああ、是非ともこのシーンは動画で見たかった!
 日刊の公式サイトには受賞式の模様の動画がアップされているけど、吾郎ちゃん絡みのシーンは当然のことながらカットされちゃっているんですよねぇ(泣)。ホントに、このご時勢でこの時代錯誤ぶり…いい加減になんとかして欲しいわ。

 そして監督賞を受賞した三池監督の壇上でのカッコ良さったらっ!
 襟元やサイドに着物地があしらわれた山本寛斎の派手なスーツがお似合いで、初受賞に戸惑いながらも現場の人間としての誇りが垣間見られるような力強いコメントに感動しました。

 まぁ、色々と思うことのあった受賞式でしたけど、吾郎ちゃんが三池監督率いる『十三人の刺客』に関われたことは本当に最高の財産になったんだな~と痛感すると共に、「殿、おめでとうございまするっ!」と惜しみない賛辞を贈りたいと思います。


web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ