ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2013/05/25 Sat 12:30
 そろそろ週一更新も危うくなったblog(笑)。いっそのこと月イチ更新blogにしてしまおうかな。あ、そういえば先週の『スマステ』で久しぶりに「月イチゴロー」の放送があったんですよね。ライブに行っていて(ALFEEじゃ無いよん)リアルタムで視られなくてタイマーセットしましたけど、まだ観ていないっていうね…!しかも、先日は市村さん主演のミュージカルを鑑賞したし、今日明日ははALFEEのコンサート(NHKホール2days)だし、リアルでミーハー活動が忙しいのだっ!←

 あと、高見沢さんのソロ活動…Takamiyのニューアルバムが7/31発売だという告知も出されて、CANTAのアルバムが7/10に発売だし、音楽関係の出費が続くな…。私の懐が潤うのはいつ?

 さて連ドラ『TAKE FIVE俺たちは愛を盗めるか~』の話題。

 先週の第5話から物語のテイストが変わりました。
 4話まではドタバタアクションコメディ的な内容でお気楽に観られた部分が多かったのですが、第5話から唐沢寿明さん演じる帆村率いるTAKE FIVEと同じ盗みの手口で美術品を奪い窃盗団が登場。しかも、松坂桃李さん演じる晴登が濡れ衣を着せられてしまい警察に追われる身に。帆村はじめ他のTAKE FIVEのメンバーはチームプレイを嫌う晴登が単独で盗みを働いたと疑念を抱き、チームの仲間意識にも暗雲が立ち込めるという展開に。
 最終的にもう一つのTAKE FIVEのリーダーは先代のTAKE FIVEのメンバーであった後藤だと明らかになり、帆村の手の内を知る彼によってまんまと窮地に追い込まれてしまった挙句に、後藤の口車に乗った振りをした晴登は裏をかいた筈がそれも罠で謎の通報を受けた松雪泰子さん演じる笹原刑事に逮捕されるという衝撃の結末。

 正直「あれ?今までと雰囲気がまるで違う」と急なシリアス展開にドラマを観ながら若干の戸惑いを覚えましたが、このスリリングな流れの方が『TAKE FIVE』らしくて見応えがりましたね。ゲスト出演の配役には「ん?」と思うところがあったのも事実ですが(笑)、あそこで大御所をキャスティングされたら更に重苦しくなって少しキツかったかも…。

 そんな中でも吾郎ちゃん岩月刑事はマイペース(笑)
 晴登に疑念を抱いていることを帆村の研究室まで訪れて伝える冒頭の場面、話ながら本棚から机の上から…しまいには帆村のネクタイまで「何事もキッチリしておかないと気が済まないので(キラリン)」と決め台詞を放った所なんて最高でしたわ。
 岩月刑事に限らず、このドラマの主要人物は個性的なキャラクターでどんな場面でもそのキャラがブレないところが好きです。だから急にシリアス展開になっても着いていけるんだと思う。

 そして昨晩放送された第6話
 美術品窃盗容疑で現行犯逮捕された晴登はほぼ黙秘を貫き、笹原刑事は何一つ目新しい情報を聞き出せない状況。そして帆村は自分達を窮地に追い込んだ後藤と対面して「手を引け」と脅しを受けますが、晴登を救出することも本命のダ・ヴィンチの絵画「ルクレツィアの肖像」を盗み出すことは諦めきれない。だが、これ以上仲間を危険に晒させないと単独行動に出ようとしますが、大人しくしているような他のメンバーじゃない(笑)
 先週はギクシャクしていたTAKE FIVEのチームプレイが晴登の逮捕と偽TAKE FIVEを率いる後藤の存在によって結束を深めていく展開が小気味好くて観ていてワクワクしちゃいましたよっ♪特に警察署内と岩月刑事と晴登が鉢合わせして一悶着起こした直後のシーンなんてねっ!!

 飽くまでチームプレイに拘り、それぞれが口に出さずとも「仲間」を信頼しているTAKE FIVEが一か八かの勝負に出て行くシーンんなんて、「大丈夫なんだろう」と判っていてもドキドキしながら観てしまうのは仕方が無い(笑)。岩月刑事と晴登が二人掛かりで敵のハッカーを倒しちゃうところとかねっ♪…そういえば、敵のハッカーさんは確か「シンケンジャー」のブルーでしたよね?桃李さんは殿…もといレッドだったし、まさかこんな形で再共演になるとは…!!

 クライマックスではTAKE FIVEらしい鮮やかな盗みっぷりを披露して「やったぁ♪」という感じになったものの、後藤はそんな簡単に勝てるような相手では無かった。そもそも「絶対に人を傷付けない」という流儀を持つ帆村とは相対してますからね。そんな訳で苦労して盗んだ「ルクレツィアの肖像」は後藤に奪い取られてしまうのですが、ラスト数分で先週以上の衝撃の展開が…!!
 依頼者(?)に連絡を取っていた後藤は何者かに殺されてしまい、「ルクレツィアの肖像」も再び消え全てが振り出に戻ってしまったのです。

 …さて、後藤に「ルクレツィアの肖像」を盗むように依頼したのは誰か?彼を殺したのは誰か?最終章に突入した『TAKE FIVE』、ますます目が離せなくなりましたっ。

 そして第6話では何気に岩月刑事の出番が多くて♪
 後藤との関係や何故「ルクレツィアの肖像」の拘るのかを帆村に問い質す場面や、「大人しくしていろ」と咎める帆村に対して「僕は僕のやるべき事をするだけです。何事もキッチリしておかないと気が済まないので」と決め台詞を放つ回数がやけに多かったり、晴登に携帯PCを密かに渡した場面や釈放された晴登を笑顔で見守る場面とか、もう全てが可愛いのなんの…!!

 たださ、岩月刑事の身近に物語の「鍵」を握りそうな怪しい方がいらっしゃいますよね。最終章に向けて、その人が暗躍してきそうな予感がするんですが…どうかな?ただの思わせ振りな演出なのかな?個人的には暗躍して欲しいんですけどねっ。その方が岩月刑事の活躍がありそうだからっ!←


 さて、これから準備をしてTHE ALFEEのNHKホールのコンサートに行って来るぞ♪


web拍手

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013/05/16 Thu 20:56
 5月も半ばを過ぎたと言うのに漸く衣替えを済ませました!(引き出しの段の位置を入れ替えただけだけど)
 今年は春先からGWにかけて気温の寒暖差が例年以上に激しくて、着て行く服装はもちろんのこと体調管理が大変でしたね。あと、花粉症が妙に長引いて辛かった。ついでに、私事で些細な事なんですが凹むことが続きまして、基本的に楽天家のななんぼさんでも気が滅入りネットで遊ぶ精神的余裕がちょっとありませんでした。一つ一つはほんとーに些細で普段なら気にしないとは思うんですが、こう連続するとね…メンタル面で弱りますわ。でも、食欲は落ちてないから大丈夫!←どういう基準

 そうそう、今年の夏も高見沢さんがTakamiy王子でソロ活動をすると発表されましたね。しかも来年がTHE ALFEEデビュー40周年というAnniversary Yearだから、その集大成をみせる活動に集中する為に今年でソロ活動は一区切りということで「2013 Takamiy Final Solo Tour」になるとかっ!
 高見沢さんのソロ活動は「THE ALFEEに刺激を与える為」だから今年でソロ活動に区切りを付けるのは当然の流れなのかもしれないけど、2007年から始まった第2期ソロ活動は王子連合なるサポートメンバーも擁して凄い盛り上がったから、いざ「ファイナル!」となると寂しいもんですね。でも、だからこそド派手で華麗なフィナーレを迎えるだろうから、ALFEEの夏イベが無くても今年の夏が楽しみになったのが本音♪ああ、無理なのは解っているけど出来ることならTOUR全部行きたいよぉぉ。だって、このメンバーでの活動だって次もあるかどうか判らないしさぁ。
 …で、いきなり、Takamiyは映画『ガラスの仮面ですが』の主題歌決定&ゲスト声優出演も決定って、相変わらず予想の斜め上をいく活動をして下さいますわ(笑)。うん、Takamiyとアニメの相性って良いと思う。根拠は無い。←

 で、本題。

 連ドラ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』は欠かさず観ておりますよ。

 初回放送では唐沢寿明さん演じる主人公の帆村率いる泥棒集団と対立する雰囲気を見せていた吾郎ちゃん演じる岩月刑事ですが、第2話では盗んだ情報データを渡さなければ泥棒であることを警察に知らせると脅しまでしていたのに、その生真面目さを見事に帆村に上手く利用されて最終的に帆村たちの泥棒を手助けしちゃうんだもんなぁ。しかも、彼らの「目的」に一定の理解を示して仲間に加わっちゃうだなんて…!お約束とはいえ盛り上がる展開です♪

 でも、飽くまで自分は刑事なので盗みはしません情報提供には努めますけどね…的な態度を貫く岩月刑事は、第3話でその泥棒にも一役買う羽目に。まぁ、厳密にはバレないように持ち出す→修理する→戻す…から盗みじゃないんだけど、刑事のやることじゃない(笑)。松坂桃李さん演じる晴登にアドバイスや指示を受けながら警察の盗品管理室で同僚の目を盗んで怪しい行動に出る岩月刑事の可愛いこと!あれ?1話からだいぶキャラが変わりましたよね?いえ、嬉しいですけど…!個人的には誰もが「計画失敗!」と思った時に、「プランBですよ」と一枚上手な所を見せてドヤ顔した岩月刑事と、通信を傍受していた帆村がニヤリとするシーンが凄くツボでした。
 あと、何気に1話からの岩月刑事が独自に追っている案件が伏線になっているんだな~と、今後の展開が楽しみにもなったり。

 そして問題作の第4話(笑)
 世良公則さんがゲスト出演していて個人的にテンションが上がりましたが、何気に姉妹愛・兄弟愛が軸になっていた話で物語としても一番好きな話だったかも。
 松雪泰子さん演じる笹原刑事に目を付けられてしまった帆村と晴登、まぁ晴登は笹原刑事の気を惹く為に自らがTAKE FIVEであると名乗ってしまっているので当然なんですが、今回は笹原刑事の帆村への疑惑が確信へと発展していき、盗みに入る時間に笹原刑事が帆村先生の講義を見学するという事態になり帆村はTAKE FIVEの総指揮が執れない事態に!そのトバッチリを受けた岩月刑事(笑)。いきなり実行係を押し付けられて焦りまくり、「こんな話、聞いてない!」と喚いて消防隊の服を着ることを拒んで晴登から無理矢理着せられるシーンとか、講義内容に指示を交えて話す帆村に従って赤外線システムをすり抜ける岩月と晴登のシーンなんてギャグすれすれのコミカルさで、完全に狙っているとしか思えない無駄な演出に大爆笑しました。しかも公式サイトによると、このシーンでの吾郎ちゃんと桃李さんはかなりノリノリで撮影していたみたいで(笑)、それも合わせて可笑しかったですわ。

 いかん、クールな役柄(戦隊モノで言うところのブルーor後から出てくる助っ人的なポジション)だと思っていた岩月刑事が、キュートな役柄(戦隊モノで言うところのピンクのポジション)になってきているところがツボ過ぎる(笑)

 シリアスとコミカルのさじ加減が絶妙な脚本が何ともいえず、加えて変にリアリティさを追求せずにエンターテイメントに徹しているのでちょっとした痛快さも味わえ実に面白い。本当に毎週金曜の夜が楽しみになっております。


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --
2013/04/21 Sun 21:19
 本当に今日は寒いっ!
 クリーニングに出すまでもないボロボロのダウンコートがあって良かった(笑)。まさか、この時期に毛のカーディガンにダウンコート着用という格好で出掛けるとは思ってもいませんでした。これで明後日は最高気温が20℃超えとか、風邪を引くなと言う方がムチャ気候ですよね~。

 さて19日の金曜22時から新ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』の放送が始まりました!
 唐沢寿明さん主演の連ドラですが、唐沢さんがTBSのドラマに主演するのは18年ぶり。確かにTBSのドラマに出演されていたイメージって薄いかもしれない。その所為で番宣で情報番組やバラエティー番組などに出演されると「初登場!」と言われることが多かったのですね。

 このドラマは原作の無いオリジナル作品で、ハリウッド映画『オーシャンズ11』を意識した悪党からしか盗みを働かない伝説の泥棒集団の物語。ちょっと日本離れした内容だけれど、原案脚本を『相棒』シリーズでもお馴染みの櫻井武晴さんが手掛けているのでハチャメチャでも無い。意外に大人の雰囲気が漂うエンターテイメント作品かも。

 第1話はまず伝説の泥棒集団「TAKE FIVE」が再結成されるエピソード。
 泥棒業から足を洗い大学で心理学の教鞭に立つ主人公の帆村(唐沢寿明)は、謎のホームレス女性(倍賞美津子)からレオナルド・ダ・ヴィンチの「ルクレツィアの肖像」の写真を見せられたことで、TAKE FIVE再結成に向けて動かざるを得なくなっていく…という謎めいた滑り出しでした。
 事件の核心に迫るにつれて徐々に仲間が集まっていく展開のテンポの良さは流石でしたし、『キャッツ・アイ』の瞳と俊(例えが古っ)のような関係性になるのか微妙ではあるけれど、泥棒を絶対に許さない笹原刑事(松雪泰子)と帆村の関わりも興味深いものになりそうな予感を秘めている。
 そして、何より現段階では一匹狼的な岩月刑事(稲垣吾郎)の存在が気になって、気になって!優秀な捜査能力を持ちながらも内部告発をしたことで盗品管理という左遷に遭う岩月刑事は窓際で腐る性格では無く、独自で捜査を進めて行く中で「TAKE FIVE」の存在を知るようですが、次回の予告から察するに安易に仲間には加わらないようなので非常に楽しみです♪凄い、クールな役柄だぜ、吾郎ちゃんっ!

 そうそう、原案脚本が『相棒』シリーズの櫻井さんのせいか、『相棒』を彷彿させるキャラが度々登場しております。『相棒』では鑑識官の顔である六角精児さんなんて警察から泥棒になっただけで、やっている事はほぼ『相棒』と同じですもんね(笑)。あれ、絶対に狙っているよなぁ。あと、吾郎ちゃん演じる岩月櫂刑事も、『相棒』に登場している(映画『X-day』では主演も張ってる!)岩月彬刑事を彷彿させるキャラで、あのクールなメガネ姿といい狙っているとしか言いようがない(笑)
 しかし、番宣でも吾郎ちゃんが言っていたけど、あの岩月刑事のブルーに反射するメガネは本当に高そうだっ。今後はメガネをキラーン☆と光らせながら帆村や他のTAKE FIVEの面々に嫌味を吐くキャラになっていくのかしらん。むしろ、そんなドSキャラになってくれることを密かに望んでいるんですが。←

 様々な伏線が張り巡らされ謎が先行しているドラマですが、個性的なキャラクターがテンポ良く物語を引っ張って行ってくれるので飽きることなくお気楽に観続けていけそうです♪
 とりあえず、第2話の帆村と岩月の対決シーンに期待っ!!

 しかし、幸ちゃんのラジオ『Kトラ』被りまくりで大変だわ。今回は多重音声にしちゃったけど、次回からはどちらをRECするしかありませんな。


web拍手

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ