ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
つるとんたん 
2008/08/30 Sat 22:29
CATEGORY【diary】
 連夜、雷雨が激しくて(特に木曜と金曜)、ちょいと寝不足気味な日々が続いていんですが、そんな中でも飲み会があれば出掛けちゃう私(笑)。

 先日は新宿の歌舞伎町にある夏木マリさんがプロデュースしている『つるとんたん』という、うどん屋さんに行って来ました。ド平日で天候もあまり良くなかったのに、さすがの人気ぶりで少し並びましたね。

つるとんたん しかし!並んででも食べる価値アリです!私達は最初に肴のつまみ系を頼んで呑み、シメにうどんを注文したんですけど、一品料理はどれも上品な味で美味しかったし、お目当てのうどんも私は変わりダネな「明太子クリームのおうどん」を注文したんですが、予想以上に美味しかったです。パスタソースになりそうなスープだったんですけど、不思議とうどんともマッチするんですよね~。そうそう。スープがハネやすいせいか、ちゃんと紙エプロンもセットで付いてくるので親切でした。
 友達は鴨汁のおうどんとか、天山かけおうどんとか、夏季限定の香味野菜のおうどんとか注文していましたが、どれも美味しかったですよ~。どれも、「たっぷり入れれば何人前が入るんだ?」て思うくらい大きな器に入ってくるのもインパクト大で面白かったです。

 ああ、また機会があれば行ってみたいなっ。
web拍手

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ほん怖 夏の特別編2008 
2008/08/27 Wed 22:02
 昨晩は夏休みの風物詩(?)と化してきた『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2008』の放送がありました。
 久しぶりに吾郎さんとほん怖クラブの子供達を見ましたが、ほん怖クラブの一人が高校生になっていたことに驚きっ。この番組が始った頃は小学生ばかりだったのになぁ。時間の流れを感じます。

 『ほん怖』てお子様向けのオカルト番組なんでしょうけど、ヘタレな私はこのレベルの実体験ドラマでも怖いので、正直言ってあまり見たい番組ではありません。もう、吾郎さんが出ているから見ているようなもの(笑)。でも、吾郎さんの出番てそんな無いしさ~。どうせだったら、吾郎さんが浄霊されるようなことってないのかね?とか思っちゃうほど。<我侭ファン心理
 今回は色んな事を詰め込み過ぎていたような感じも否めなかったし、初心に返ってほん怖クラブの子供達と実体験ドラマの検証とかでトークを広げて欲しかったわ。ほん怖クラブの子供たちの、容赦ないツッコミて面白いしさっ。まぁ、要はあまりドラマ部分は見たくないというヘタレっぷり炸裂な理由なんだけどね。もちろん、吾郎さんが主演してくれるんなら、実体験ドラマも頑張って見るけどさ(笑)。随分前に出て以来、実体験ドラマに吾郎さん出て無いよね~。

 とりあえず。吾郎さんは気のパワーでワインの味を変えられちゃうかもしれない…ということが判ったくらいかな?(笑)


 そういえば、SMAPはやっとコンサをやってくれるんだよね。待ちくたびれたわ。関東は東京ドーム6公演のみという凄いスケジュールだけど、とりあずエントリーしておこう。やっぱ生SMAPは最高だからねっ♪

web拍手

テーマ:フジテレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

デビュー34周年です 
2008/08/25 Mon 23:23
 今日でTHE ALFEEはデビュー34周年を迎えました。来年は節目のデビュー35周年を迎えるので、その節目に向かってALFEEは助走に入っている感じがしますっ♪高見沢さんが今年の夏ソロ活動に専念したのも、飽くまでALFEEのデビュー35周年を見据えてのことでしたからねっ。

 私はファン歴が軽く20年超してしまっているんですが、何かと飽きっぽい私がこんなにずーっとALFEEのファンでいられるのは、ALFEE自身がずーっと現役で活動を続けているからなんだと思います。アルバム発売が無くても、コンサート活動が途絶えた年というのは無いですからね。

 THE ALFEEは"KING of Live"の異名を持つほどライヴステージに力を入れているバンドだし、常々「ステージに立っている僕らが本当の姿。だから、ずーっとステージに立ち続ける!」と言い続けているほど、ALFEE自身がステージというのを大切にしている。そういう姿勢が好きだからこそ、何度もライヴステージに足を運んでしまうし、ファンを続けてしまっているんだと思う。

 今はネットも普及して音楽が空から降ってきているような感じだし、昔に比べて"音楽を聴く"というのが良くも悪くもお手軽になって、一曲一曲がいつまでも心に残っているような環境ではなくなりつつあるような、常に違うBGMが流れているような、音楽の流れが激しい時代になってきている気がします。
 そんな時代だからこそ、"生の音楽"の素晴らしさを重視し、常に新しい発見や感動を与えてくれるライヴステージに我道を見出しているTHE ALFEEを、私はこれからも追っ掛けていっちゃうと思います。

 34年、そういうスタイルを貫いて休まず活動して来たTHE ALFEEですもん。これからも信じて着いて行きますともっ♪

web拍手

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

2008/08/23 Sat 22:38
CATEGORY【sports】
 最初は「あんまり興味ないから」と関心がなかった北京五輪ですが、何だかんだ言ってスポーツニュース番組のダイジェスト特集とかは見ちゃっていたります。今までのオリンピックに比べて自分の中では盛り上がりに欠けているし、友達とかとオリンピックの話題を上げることは少ないんですけど、メインの競技の結果とはみんな知っているという…(笑)

 しかし、今回は競泳の北島選手のように開催前から大期待されていて、見事にそのプレッシャーに打ち勝ち世界一に輝いた選手もいれば、言い方が悪いけど開催前は期待されていなくて、ダークホース的な活躍をみせて注目を集めた選手も多かったように見受けます。あと、メダル獲得や入賞に限らず、選手一人一人にはそれぞれドラマがあって、そういうのを知ると更に感動倍増しますね。

 個人的には、やはりソフトボールですね。この試合はリアルタイムで見るのが怖くて、家族に実況中継してもらっていたんですが(笑)、さすがに7回裏の試合は我慢しきれずにドキドキしながら見てしまいました。解説の宇津木さんには泣けたよな~。あと、正に奇跡のチャンスを見事に活かして銅メダルを獲得した男子400mリレー。これは、帰宅してテレビを点けたら選手たちがしゃがみ込んでいたり、国旗をかざしていたりして、「エッ?もしかしてメダル獲得?」と焦り、他のチャンネルに替えたたら「銅メダル獲得」というニュース速報のテロップが出ていて、「うわっ!銅メダル獲得じゃん!」と喜んだという、奇妙なテレビ観戦となりました(笑)

 正直言って、「うわぁぁぁ…」とニュースで結果を見るのも嫌になってしまうような競技内容もありましたが、スポーツの世界は長年の努力が僅かな時間で結果に出てしまう厳しいもの。勝者がいれば敗者も必ずいるわけで、しっかり受け止めなくちゃいけない現実でもあるんですよね。でも、参加した選手達のすべてが、今回の経験が「次」への新たなステップになることを願っています。

 北京五輪も残り僅かですが、とにかく無事に終わりますように。あとはそれだけですね。

web拍手

テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

王子 in パシフィコ横浜 
2008/08/18 Mon 23:20
パシフィコ横浜 16,17日はパシフィコ横浜国立大ホールで高見沢俊彦ソロコンサート『KaleidoscopeⅡ~鋼鉄天使の凱旋~』TOURのファイナルが開催されました。

 その「鋼鉄天使の凱旋」という名の通り、去年よりも更にパワーアップし、年齢を超越したヘヴィ・メタルで熱いステージでした。見た目も内容も凄まじかったです!2日間のコンサートの感想は「みんなでレポ♪けいじばん☆」の方に仮の感想を書きましたけど、落ち着いたらHPの方にちゃんとしたミーハー感想(笑)をupしたいと思います。

 もうね、高見沢さんにあれだけの姿を見せ付けられたちゃうと、年齢のこととか、体力的なこととかを気にする自分や嫌になっちゃうね(笑)。それくらいの「50代でもヘヴィメタをしてやる!」という有言実行ぶりでしたよ。パシフィコ横浜にはAnchangもゲスト出演したので、ルーク篁やKOJIに高見沢王子と爆音エレキギターが4本ですよっ!滅多に見られる光景じゃありません(笑)。去年以上に「なんか凄まじいステージ観たぞっ!」て実感しましたね。

王子ツアーGOODS  あと、高見沢ソロTOURの場合、GOODSが本家と趣向がちょっと違っていて面白いんですよね。今回は高見沢監修の絵本まで付いていたし、シングル曲『月姫』のPVを収録したDVDも付いているのでパンフを思わず買ってしまいました。なかなか濃い内容だったので、本家もこんな感じのちょっと変わった趣向のパンフにならないかな~なんて思ってしまったり。あと、Tシャツも妙に好みだったので思わず買い…。今回のTOURロゴはコンサート内容というか雰囲気を象徴したロゴでもあったような気がしました。

 それからファイナルの17日には、なんと本家THE ALFEEの桜井さんと幸ちゃんが見に来まして、幸ちゃんは初日の渋谷も見ているし去年の有明にも来ていたけど、桜井さんが高見沢さんのソロコンサートを客席で見るだなんて初めてでは?同じ会場に本家も勢揃いしたことになり、妙に感激しましたけど、最初はあまりにALFEE!な2人だったので自分は幻覚を見たのかとも思ったり(笑)

 このソロTOURで刺激を受けた高見沢さんが、10月から始る本家の秋TOURでどんな化学反応を引き起こすのかとても楽しみになりました!

web拍手

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

九州縦断 
2008/08/14 Thu 22:19
CATEGORY【travel】
 12日から今日までお盆休みを取って九州地方に行って来ました。しかもその短期間で、九州の最南端である鹿児島の更に南端になる志布志と、北端になる福岡の両方に行くムチャぶりです。

 実は5月に福岡在住の祖母の妹さんが他界され、その時はどうしても行くことが出来なかったので、「新盆だし、今回は何が何でも行こう!」とかなり強行スケジュールを立てて福岡行きを決意。同時期に、鹿児島の志布志に住む祖母が幼少時代から仲の良かった知人が体調を崩されてしまい、「葬式に来てくれたってちっとも嬉しくないから、私が生きているうちに会いに来て!」と懇願され、そこまで言われて行かないほど非情な人間にはなれず、「えーいっ!同じ九州地方なんだ!鹿児島にも行くぞー!」と、2泊3日の九州縦断計画を決行することにしました。もうね、分刻みの超ハードスケジュールでしたよ。

志布志の海 でも、志布志の知人は涙ながらに再会を喜んでくれて、あそこまで歓迎されると、「かなりの強行スケジュールだけど来て良かった」と心から思いましたもん。むしろ、別れ際が後ろ髪引かれる気分になってしまい、またいつか…計画をしっかり立てて来たいなぁ~って思いましたね。祖母は6年前に他界しているんだけど、こいういう人と人との繋がりも祖母の残してくれた大切な財産の一つなので、これからも守って行きたいです。
 志布志では大隈半島に「大黒リゾートホテル」という素晴らしいホテルがあってそこに宿泊。都心などでは考えなれないほどのリーズナブルなんですが、客室から志布志湾を一望できるのですよ♪海の美しさはもちろんのこと、もう夕陽が綺麗で感激しました。しかも、夜は真っ暗にいなって人工的な光が一切無く、月の光で海面が反射して水平線が輝いて見えるという幻想的な景色まで堪能することができました。夕飯もね、専用のテラスに出て、月明かりに照らされ潮騒を聴きながら、素晴らしい海の幸料理を堪能できて、「飛行機に乗って1時間50分、それから路線バスに揺られて2時間半……それだけの時間を掛けてくる場所だよな~」としみじみ感じました。

桜島2008 その翌日はホテルの人に志布志港まで送ってもらって、そこから鹿児島中央駅まで直通で行く路線バスの乗り換えて鹿児島市街へ向かいました。走行中に本格的な大噴火が噂されている桜島もしっかり見ることができて、この辺までは半分旅行気分で良かったんですが、さすがお盆ということもあって渋滞に巻き込まれてしまい、鹿児島中央駅から九州新幹線で博多まで出る予定の私達は大焦りっ!時間には余裕を持っていたつもりだったんですが、予想を超えるほど時間が押してしまったので、既に指定券を購入している新幹線に乗れるか?ってハラハラしまくりでしたね。
 お陰で、鹿児島中央駅で時間の余裕もあるしお土産とか見ようと思っていましたが全てパァ。とにかく終点に着くなり荷物抱えてダッシュ!鹿児島中央駅は比較的新しい駅なので、創りも斬新だから「どこが駅なんだよっ!?」と半分キレながらダッシュ(笑)。まぁ、ギリギリ間に合いましたけどね。

つばめ号 そして「つばめ号」という九州新幹線(白い列車)に乗り、新八代という駅で「リレーつばめ号」という列車(グレーの列車)に乗り換えて博多駅まで向かいました。この日は、志布志→鹿児島市街のバス移動に3時間近く掛かり、この鹿児島→博多の九州新幹線にも乗り換えを合わせると2時間半以上乗っていましたからね。まさに九州縦断は大移動でしたよ。でも、鹿児島→博多は九州新幹線も通っているので近いんだな~って感じましたね。列車もかなりデザインがカッコ良かったですよ。グレーの他にブルーやグリーンもあって、その色によって行先が違うみたいです。

 博多駅に着いてからは親戚が迎えに来てくれたので楽チンでしたね。福岡に行った時は何かとお世話になっている親戚なんですけど、もう短い間に至れり尽くせりで申し訳ないくらい。特に今回は、祖母の妹さんのお参りだったにも関わらず、すっごく寛がせて頂きました。しかし、この日が亡くなった祖母の妹さんの誕生日でもあったりして、なんか妙な縁を感じましたね。

 そして、今日の夕方に羽田空港へ戻って来たわけですが、強行スケジュールで特に移動が大変で土産を買う暇もないくらいでしたが(まぁ、今回は遊びで行ったわけじゃないから土産を買う義理はないかもしれないけど、休みは取っていることは変わりないし…)、会いたかった方々と再会できて語り合えたりすると、そういう大変さも吹っ飛んじゃうもんなんですよね。やっぱり、無理しても行けそうな時は行っておくものなんだなって、今回の旅行で痛感しました。
web拍手

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

東京駅にDSのタカミー 
2008/08/10 Sun 22:54
DSのたかみー ニンテンドーDSの最新ソフト『リズム天国ゴールド』のCMに高見沢さんが出演していますが、TV-CMの他にも街頭の看板にも登場しているんですね~。昨日、東京駅で偶然目撃しまして、電車を待っているついでに思わず写メを撮ってしまいました(笑)。高見沢さんて看板になっても目立ちますな~。

 ちなみに、私は予告どおり(?)このソフトを買ってしまったんだよね~。高見沢さんVer.のCMを見て「簡単じゃんっ!」とか思っていたんだけど、苦手なジャンルは全然ダメで「な、何でだ~!?」とやや逆ギレ気味になることもしばしばあります。でも私は、高見沢さんがCMでやっていた「ロボット」や「シューティング」は得意ジャンルみたいで、パーフェクトを達成しましたっ♪でも、苦手ジャンルはホントにダメダメで、お情けでクリアにしてもらえそうなんだけど、それだと敗北感が倍増なので日々努力(?)しております。

 DSというと、最近は『脳トレ2』とたまに『美文字』と『マリオカート』くらいしかやっていなかったので、リズムに乗ってタッチペンを操作するということ自体に四苦八苦しております。そのうちタッチペンを折るかも(笑)。もしかしたら、高見沢さん以上に不器用ぶりかもしれない。ああ、それは自分で自分に納得がいかないわっ!


web拍手

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

2008/08/06 Wed 21:58
 今日は広島に原爆が投下されてから63年…「原爆の日」が63回目を迎えました。この日に続いて、9日は長崎に原爆が投下され、そして15日に終戦を迎えました。

 私が生まれるずっと前の事だったので、幼少時代は想像の世界でしかなかった"戦争"や"原爆"ですが、年を重ねるにつれ、そういう言葉が非常にリアルにというか身近に感じてきている気がします。"湾岸戦争"が起きた頃は、遠い国での出来事…という甘い認識がありましたが、"9.11.同時多発テロ"以降、もう戦争は遠い国の出来事でな無くなっているということを痛感し、今更ながら「平和とは何か?」と自問自答することが増えていきました。

 今の子供達の中には、日本が戦争をして敗れたこと、原爆の唯一の被爆国で多くの犠牲者を出したということを知らないというのも多いらしく、せめて、こういう日ぐらい、自分が生まれ育っている国の歴史について、目を背けず真正面から見つめる覚悟をして欲しいを願わずにはいられません。

 既に他界した母方の祖父の左太腿には何発もの弾痕がありました。これは第二次世界大戦の時にアメリカ兵に撃たれた傷で、撃たれて気絶してしまった祖父を死んだと思い込んだアメリカ兵がそのまま立ち去り、後で助けに来た仲間に発見され命を落とさずに済んだそうです。
 私が祖父の傷の話について知っているのはこれくらいで、祖父自身が傷の話や戦争についての話を語ったことはありませんでした。それだけ、気軽には語れない振り返りたくも無い過去だったんだと思います。

 あの頃よりも更に文明が発達した人間社会。本気で世界が戦争をすれば、一つのボタンで世界が滅びる…と言う人もいますが、所詮は今も昔も「領地と権利」の争いが発端で、頭でっかちの野蛮人が支配者になりたいだけなんじゃないかと思います。破壊や殺戮を繰り返して果てで得るものって、一体何なんでしょう?決してそれは勝利でも正義でもないと思います。

 もうすぐ「平和の祭典」とも言われるオリンピックが開催されますが、華々しいムードよりも重々しいムードの方が先行していて、何かと不安視されている現実が"今の世界"を象徴しているようで遣る瀬無い気持ちにさせられます。

 同じ星に生まれた人間同士、共存と妥協ということを当たり前に実行できる世界になりますように。


web拍手

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

2008/08/03 Sun 22:43
ダークナイト 8/9から劇場公開される映画『THE DARK KNIGHT』を先行上映で観て来ました。あのトレイラーを観たら、もう一般公開まで待っていられませんでした。
そして、先行上映を観に行った甲斐があった!と断言できるほど、期待以上に素晴らしい作品でした。まだ今年は11本しか劇場公開作品は観てませんが(笑)その中でBest Movieです!

 前作『Batman Begins』の続編となるわけですが、今回は今年の1月に急死したHeath LedgerがBATMANと敵対するThe JOKERを演じ遺作となっており、その怪演ぶりに「オスカーにノミネートされるべき!」という声が高まっているという評判ぶり。興行的にも全米の興行成績の新記録を次々と更新中で、現時点で2008年のNo.1ヒットとなり歴代の大ヒット作品にどこまで迫るかを注目されています。

The Dark Knight 主人公のBruce Wayneはゴッサムシティの正義を守る為にBATMANとなり、Gordon警部補やHarvey Dent地方検事の協力を得ながら犯罪組織を撲滅していっていた。しかし、"JOKER"と名乗る謎の犯罪者の出現によりゴッサムシティは犯罪に溢れ再び混乱に陥る。BATMANは最新の機能を搭載した武器で応戦をしていくが、JOKERの罠により次々と犠牲者が出てしまうのだった。

 …という内容で、簡単に言うと"BATMAN vs JOKER"なんですが、そこに再び闇の金で儲けたいマフィア組織の思惑、警部補や地方検事の正義感、JOKERを恐れる余りに裏切り行為へ走る人々など様々な要素が複雑に絡み合い、アクション映画としても人間ドラマとしても見所満載なのです。

The Dark Knight-BATMAN JOKERを演じるHeath Ledgerは前評判に違わず、シリアスとギャグの境スレスレを見事に演じきりとんでもなく素晴らしいですが、前作に引き続き主役のBruce Wayne=BATMANを演じたChristian Baleも素晴らしかったです。BATMANの素性を隠す為に大金持ちのBruce Wayneとして振る舞わなければならず、BATMANでいる時はBruce Wayneの"感情"を押し殺さなければならず、その葛藤がよりキャラクターに深みを増し、完璧なヒーローにはなれないBATMANを魅力的にみせていました。

The Dark Knight-JOKER そして、Heath Ledgerが演じたJOKERは正に「最凶な犯罪者」でした。BATMANの奇抜なスタイルに合わせたかのような奇抜なメイクで人々を恐怖のどん底に陥れ、ただ楽しんで見ている姿は「ヒーローだって、こんな犯罪者(敵)を相手にするのも嫌だろうな」と思わせるほどの不快さがあり、同時にユーモアも兼ね備えている分、妙に恐怖感を煽ってくれちゃいます。
 しかし、常識を逸脱したJOKERの言動の中には、非常に的を射ている台詞もあったりして、BATMANや人々をイラつかせるばかりか、映画を観ている人間にすら「正義とは何か?ヒーローとは何か?」と、突き付けられている気分になりました。

The Dark Knight 画像 BATMANとJOKERのことばかり書きましたが、BATMANの言動し警部補と共にBATMANに協力するようになるDent地方検事の存在感も素晴らしかったです。一番キャラクター心理が掘り下げられていたせいか、メインキャラの中で唯一感情移入したキャラクターだったかもしれません。彼の闇の中の一筋の希望の光のような存在があったからこそ、"闇vs闇"のBATMANとJOKERの戦いに見応えがあったんだと思います。
 …ていうか、左の画像を載せたことで私が鑑賞後に何を感じたのか、観た人なら察していただけると思います。

 とにかくド派手なアクションシーン(特にカーチェイスは見応え満点!)、複雑な心理戦も展開し、大人向けの最高のエンターテイメント作品に仕上がっていると断言できます。私は、こういうダークテイストの作品はホントに大好物ですなんですが、この作品で描かれている犯罪者が決して架空の世界で終わるものではない…という現実があまりにも重くて、軽々しく語れないところが辛い。

 あと、続編なので前作を観ていた方が人間関係が判り易いですし、何より前作を観ていた方が「おっ!」と思えるシーンもあるので、前作を観てからの鑑賞を強くお薦めしたいと思います。

 気が早いけど、2008 My Best Movieの可能性大!→★★★★★


注意】以下、ネタバレを含んだ感想になります。




web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:ダークナイト(The Dark Knight) - ジャンル:映画

2008/08/02 Sat 21:27
CATEGORY【diary】
神奈川新聞花火大会2008 昨晩は横浜・みなとみらい21 臨港パーク前面海上で開催された第23回神奈川新聞花火大会を見に行って来ました。ここ数年、恒例行事になっているかもしれません。

 毎年20万人以上の人が詰め掛けますが、今年も凄い人でした!ただ、例年に比べて浴衣姿が少なかったような?そうそう。中学生風の女の子が浴衣ではなく、花柄の甚平を着ていたのがちょっと新鮮でしたね。浴衣より動き易そうだったし、似合っていて可愛かったなぁ。…あ、また話が逸れてるよ(笑)

 毎年「キレイ~♪」と大ハシャギしながら見ていますが、今年は特に凄かった気がします。大きな花火が何連発も打ちあがって、もう声にならない歓声しか上げられない状態。無意識に拍手までしちゃうくらいです。来年、横浜は開港150周年を迎えるので、その前祝もあったのかなぁ?とにかく今まで以上に見応えがあって素晴らしかったです。
神奈川新聞花火大会'08 色んな新作花火も登場しますが、今年はハート型や星型スマイルマークに加え、ドラ○もんみたいなネコ顔や天使(?)のような絵柄の花火も登場しましたね。あと、何発もカラフルな小さな花火が同時に打ち上がるのが綺麗で印象に残っています。

 どうして、花火って何度見ても飽きないんだろうね。童心に返った気分で、純粋に夜空に彩る花にひたすら見惚れちゃいました。来年もこの花火大会を見に行けるといいな。

 …そういえば、2週間後にまたここ(みなとみらい)に来るんだよね。今度は高見沢さんのソロコンサートで屋内(横浜パシフィコ)になるけど、今年一番の暑い熱い夏にしたいなっ!今日からソロTOURがスタートしているんだよね~。ううっ、2週間ネタバレ厳禁でがんばろっ!(笑)

web拍手

テーマ:( ´ー`)y-~ ふー - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ