ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
s.m.a.p TOUR in 東京ドーム 
2008/09/30 Tue 22:22
CATEGORY【SMAP】
東京ドーム 昨晩はSMAP in 東京ドームのコンサートに行って来ました。東京ドームに来たのは、2年前のSMAPのコンサート以来。ホント、野球観戦でこの会場に来たことないわ…(笑)
 生憎の雨模様でしたが、比較的スムーズに入場できたし、行ったタイミングが良かったのか会場内のグッツ売り場が意外に空いていたので、思わず買う気も無かったGOODSを購入しちゃったり、ちょいと余計な出費をしてしまった。

 席は1階スタンドのほぼ正面の前の方だったので、ステージ全体が見やすかったし、バックステージに来てくれると肉眼でSMAP全員の表情も確認できる近さだったので、思いの他自分のテンションが上がってしまいました。GOODS、衝動買いしておいて良かった(笑)。我ながらミーハー根性むき出しになりましたからね。

 SMAPの2008TOURの皮切りでもある東京ドーム6公演ですが、29日は5日目ということで本人達は一番疲れがピークになるらしく、約一名を除いて(約一名は初日の筋肉痛が今日きていると訴えていました/笑)、ナチュラルハイに突入していたんじゃないかと思うくらいハイテンションで楽しかったです♪

SMAPin東京ドーム 正直言ってアルバムが急遽発売されたという印象があったので、コンサート内容も急遽作り上げられたものになるんじゃないかと少し不安もあったんですが、さすが"エンターテイメント"に拘っているだけあって、個人的には2年前の『Pop Up! SMAP!』より好きなコンサートになりました。ステージセットも今までとは少し違っていたし、コンサートの王道を行きつつも意外性や個性を惜しみなく出していて、5人の良さがそれぞれ出ていて良かったです。

 まぁ、これはファン贔屓と言われてしまうかもしれないけど、吾郎ちゃんが歌上手くなったなぁ~って感じちゃいましたね。何気に今回のアルバムは吾郎ちゃんのソロパートが目立っているんだけど、コンサートでも歌の見せ場があって嬉しかったわ♪ダンスも髪を振り乱しながら魅せてくれましたからねっ!相変わらず1テンポまではいかないけど、半テンポズレていたけど(笑)、その動きだからこそ遠目でも肉眼で「あっ、吾郎ちゃんだ!」って認識できるし、そういう動作を期待しちゃう(笑)

 この日は後輩のKAT-TUNの亀梨くんが見に来ていたようで、トロッコに乗せてもらっていました。でも、メインステージに着いたらSMAPや客席にお辞儀しながら目立たないようにステージを下がって行きまして、テレビとかで見る印象よりも律儀な好青年でしたね。

 トータルで3時間半のコンサートでしたが、ニューアルバム『super.modern.artistic.performance』のタイトル通り、SMAPだからこそ生み出せるパフォーマンスを存分に披露してくれ大満足でした♪



web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

2008/09/28 Sun 21:47
舞台『キーン』 今日は銀河劇場で上演されている舞台『KEAN(キーン)』を観て来ました。市村正親さんが実在した英国演劇界の名優エドマンド・キーンに扮し、様々なシェイクスピア劇の一部を披露しながら、演技以外では救いようのないダメ男の半生を演じきっています。

 舞台役者としては賞賛の嵐を受けるキーン(市村正親)だったが、貴族社会では"変わり者"扱いされており、実際に酒と女に溺れ借金まみれで破滅寸前の状況。でも、相変わらず自分の立場に対しての危機感は薄く、デンマーク大使夫人のエレナ(高橋惠子)に恋焦がれる日々。エレナ自身もキーンに想われ満更でもなかったが、その状況を察知したキーンの友人でもある皇太子(鈴木一真)に横槍を入れられた挙句、キーンの大ファンである商人の娘アン(須藤理彩)が婚約者を裏切ってまでキーンの元に押しかけ来た為、ただでさえ歪だった三角関係がさらに混乱を招くことになる。

 …という話で、劇中劇満載な上に、その時の自分の感情をシェイクスピア劇の名台詞に重ねたりして、舞台上の登場事物の心情と劇中劇のキャラクターが被って見えたりして、一つで二度美味しい内容になっています。

 あらすじを知った時はドタバタ・コメディになるのかと思ったんですが、"愛情"や"嫉妬"や"名声"など、形には見えないモノに囚われた人間が、その形なきモノを追い求めるあまり、自分が持っていないモノを持っている人間に対しての執着へと変わっていき、心の奥の愛憎を溢れ出させてしまっていくような、人間が一番隠しておきたい"本音"を、見事なまでに曝け出しているシリアスな人間ドラマの要素が強かったです。

 しかし、主演の市村さんほぼ全幕出ずっぱりなんですが、劇中劇もあるので長台詞も多く、ホントに舞台上で魅せるキーンの役者魂と市村さんの役者魂が被りました。
 あと、一箇所だけ凄いリアル過ぎる演出がありまして、私は本気でビックリしてしまいました。シャレにならないというか(笑)あれはホントにスレスレの演出だと思いましたよ~っ。




web拍手

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

Newアルバム『s.m.a.p』 
2008/09/25 Thu 23:20
CATEGORY【SMAP】
 24日から2年ぶりにコンサートTOURをスタートしたSMAPが、同日にニューアルバム『s.m.a.p(=super.modern.artistic.performance)』を発売しまして、来週の東京ドームのコンサートに参加するので今リピートしまくりで聴いております。なんせSMAPに限らず、ジャニーズグループはコンサートを踏まえてアルバムをリリースするので、コンサートに参加するからにはちゃんとアルバムを予習しておかないとねっ♪

 シングルリリースされた楽曲や、タイアップされた楽曲は既に耳馴染みがありますが、それ以外のアルバムオリジナル曲は意外に難しい楽曲が多いので大変です。いつも思うんですが、SMAPてアルバム曲はスタンダードメロディて少ないんですよね。だから、第一印象で「う~ん?」て感じるのが多かったりするんだけど、噛めば噛むほど味が出るスルメのように聴けば聴くほど味が出てきたり、実際にコンサートで聴いて「おっ♪」て感じることも多いので聴いていて飽きない。あと、その時の音楽の流行が集約されているので面白いです。

 個人的にはタイアップされながらもシングルリリースされなかった『Mermaid』が収録されたのは嬉しいし、アルバムの中では一番好きな曲かな。あと、曲調的には『Love loser』や『Keep on』が好みです。この楽曲らを生で聴くのが楽しみだな~。生だと"動き"も加わりますからね。逆に、「この曲、一体どうやってコンサートで歌うんだ?」と感じたのもありますが(笑)、それはそれで楽しみです。

 それぞれのソロ曲は、中居くんが相変わらず色んな意味を含めて飛び抜けている気がします(笑)。バート・バカラック(Burt Bacharach)が曲提供をした吾郎ちゃんのソロは何気に難しく、1回聴いたくらいじゃ頭に入らなかった…。なんか吾郎ちゃんが好きそうな楽曲だわ。どんな演出でステージで披露されるのか期待しちゃう。

web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

2008/09/21 Sun 00:44
 昨晩は『Sma-SATION !!』で月イチ恒例ので『月イチゴロー』がありました。先月は高見沢さんのソロコンサートの時だったので、気分がそっちに行っちゃっていたから番組は見ていたんだけど、これと言って印象に残らなかったんだよね。好きな映画を取り上げて貰えなかった僻みもあるかな(笑)

 今回は主演映画『パコと魔法の絵本』のPRも兼ねて役所広司さんがスタジオ生出演されていたので、『月イチ』以外にも好みな特集でしっかり見ましたよっ。てっきり『月イチ』のリストの5本に入っているのかと期待したけど、慎吾が既に観ていたというのとゲストの人の最新作はリストに入れない法則通り(笑)、『月イチ』の5本には入ってませんでした。これが、SMAPメンバーの作品だと絶対に入れるのにね~。

 そうそう。相変わらず不必要なくらいの御もてなしを受けていた吾郎ちゃんでしたが(今回は松茸づくしだよっ!)、大下アナから「今日はスタジオゲストに役所広司さんがいらしてます」と聞いたら、急に畏まって役所さんにコメントしていたのにはウケました。二人が共演した『笑の大学』も面白かったもんなぁ。

 でもって、香取慎吾がセレクトしたのは、『X-MAN』と並び大人気のアメコミの映画化『アイアンマン』、実際に起きた絵画盗難事件を追った作品『消えたフェルメールを探して』、人気コミックの映画化『イキガミ』、CGに頼らず世界24カ国で撮影を行ったファンタジー作品『落下の王国』、そして、北野武監督最新作である『アキレスと亀』…の5作品でした。

 今回、最下位は判らなかったんだけど、予告で吾郎ちゃん「コトイチ(今年一番)!」と絶賛した作品はどれか直ぐに判ったわ。去年の『月イチ』でも、吾郎ちゃんが「コトイチ作品!」と大絶賛した『パンズ・ラビリス』は本当に素晴らしい作品だったから、今回吾郎ちゃんがコトイチ!と大絶賛した作品も是非観ていたいな。


以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。





web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2008/09/15 Mon 12:21
パコと魔法の絵本 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、もう勢いで作中に出てくる絵本『ガマ王子vsザリガニ魔人』のポップアップ絵本も買ってしまったほど。ホントに観客全員で笑って泣いて、また笑って泣いて…の繰り返しでしたね。いや~、イイ映画だったなぁ。

 変わり者ばかりが居る病院の中でも、特に人々から嫌われている大金持ちの超ワガママで頑固ジジィの大貫が、交通事故により一日しか記憶が持たないパコという一人の少女に出会ったことで、少しでも彼女に記憶に何かが残るようにと考えるようになり、彼女が毎日読んでいる絵本『ガマ王子VS ザリガニ魔人』を病院内のみんなで演じてパコに見せてあげようという案を思い付き、現実させるべく奮闘する。

 …という話で、頑固ジジィが純粋な少女に心を動かされるファンタジー作品なんですが、触れ込み通り「大人が笑って泣ける」作品でもありました。もう、大笑いしたり、笑った直後にウルウルしたり、ウルウルした直後に笑ったり、観ている方も忙しかったですよ。最後の方なんて涙無しには観られなかったんですが、心温まるエンディングにはジーンとしましたね。

 とにかく登場人物の設定と演じている役者さんが異常なくらいにハマッていて、個人的にはビジュアルだけでも70点はあげたいくらいツボでした。!

パコと魔法の絵本・画像1 ■大金持ちの頑固ジジィ…役所広司■天才子役だった俳優…妻夫木聡■ヤンキーな看護士…土屋アンナ■神出鬼没の謎の男…阿部サダヲ■頑固ジジィの甥っ子の気弱な男…加瀬亮■超Sで貢ぎ物に弱い看護士…小池栄子■消防車に轢かれた消防士…劇団ひとり■銃を暴発させて入院しているヤクザ…山内圭哉■噂とジュディ・オング好きのオカマ…國村準■メルヘン思考な医者…上川隆也
 これだけの変わり者をよく思い付いたというか、とにかく登場人物を観ただけでも笑える凄さ。しかも特殊メイクが凄くて、素とは別人になっている役者さんも少なくないですからね(笑)。そして少女パコを演じるアヤカ・ウィルソンちゃんがメッチャ可愛くてね~♪彼女を観ているだけでメルヘンの世界に居るようでした。

 また、超個性的な登場人物達にもそれぞれドラマがあって、頑固ジジィが少女パコに出会ったことで少しずつ変わっていったように、他の登場人物も頑固ジジィに振り回されながらも心の変化があったりして、どの登場人物にも愛着が持てる素敵な内容でもありました。
 特に後半の「劇中劇」のシーンなんて、それぞれの登場人物の個性が出ていてサイコーでした。この作品はシーンによってCGと合成になるんですが、絵本のガマ王子が池から出て来たシーンとか、絵本通りの動きをするシーンなんて妙に可愛い&カッコいい!と思ってしまい、少女パコと同じテンションで喜んでしまいました(笑)

映画『パコと魔法の絵本』・画像2 中島哲也監督というと映画作品よりも、随分前に山崎努さんと豊川悦司さんが対戦する温泉卓球シーンをスローモーションで描いたビールのCMや、SMAPがガッチャマンになったCMが印象に強いんですが、この作品もなんとなく、当時のCMの雰囲気を受け継いでいる気がしました。
 オールセットで、ホントに舞台をやっているような現実離れした作りな分(この原作は舞台作品)、奇抜なキャラクターや展開も違和感なかったし、逆にすんなりと作品のワールドに自分も入り込めた気がします。こういう独特なワールドが展開されたメルヘンチックな作品…私は非常に好物です♪

 あと、何といってもCG化された絵本のキャラクターが可愛くて!顔つきとか表情が劇中劇の中で演じている登場人物に似ていて愛嬌やユーモアがふんだんにあり、CG合成が全く違和感がなかったし、ガマ王子が最後にパコへ見せた表情にはキュ~ンとなったと同時に涙ボロボロでした。


 心から笑って泣いて、また笑えた!もう一度観たいかも!→★★★★


 【注意】以下、ネタバレを含んだ感想になります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:パコと魔法の絵本 - ジャンル:映画

ご当地『ケロロ軍曹』 
2008/09/13 Sat 22:53
 アニメなどのキャラクターを扱った『ご当地モノ』は多数出ていますが、この夏辺りから遂に『ケロロ軍曹』のご当地シリーズも発売されるようになりましたっ!

ご当地ケロロ・徳島 まず最初にgetしたのは『徳島限定』ので、名物の鳴門海峡の渦潮に巻き込まれて目を回しているケロロがサイコーです♪しかも、手にはナルトを持っていてオヤジギャグも炸裂してます。友達が徳島に行った時に見つけて買って来てくれたんだけど、あまりに可愛かったから自分用にも買ったらしい。
 ケロロのご当地シリーズは7月辺りからちょこちょこと出て来たみたいなんだけど、目を回しているのは(たぶん)徳島限定だけだと思うんだよね。

ご当地ケロロ・東京タワー でもって、今日、同じ友達から「東京限定も出ていたよ!」と、「東京タワー」と「雷門」の東京限定のご当地ケロロを貰いました。遂に関東地方のまで出ていただなんて全然知らなくて、「自称ケロロ・ファン」を公言しているのに私ってば情報遅過ぎ…。
 東京タワーのヴァージョンは、ケロロが東京タワーによじ登ってピースサインしていて可愛いのだっ。王道というかベタなポーズで、凄く「ケロロ」らしいと感じております。ケロロは基本的に奥東京地区に生息しているので、東京の中心地に出て来る描写が滅多にないから、ありがちなポーズといえども東京タワーとのツーショットはかなり新鮮です。

ご当地ケロロ・雷門 「雷門」の方は、名物の提灯から顔を出しているデザインで、これまた可愛いのだっ。なんか雷門が上から開いちゃっているせいか、古いお化け屋敷によく飾られている提灯おばけのように見えなくも無く(笑)、そこが更に愛嬌を誘います。デザイン的には、この「雷門ケロロ」が一番好みかもしれないな~。

 こういうご当地シリーズて、好きなキャラクターだと無性に集めたくなっちゃうんだよね。ファン心理を巧みに刺激していると、つくづく感心しちゃいますよ。自分が旅先で見つけたモノだけと決めておけば良いんだろうけど、そんなことだといつまで経っても手に入らないから、ついつい友達に頼っちゃうんだよなぁ。自分でもダメダメだ~と思います。

 しかし、私の部屋にはカエルが妙に増えてきてる気がするな(笑)。少し自重せねば…! web拍手

テーマ:ケロロ軍曹 - ジャンル:アニメ・コミック

9月9日て… 
2008/09/09 Tue 22:50
CATEGORY【SMAP】
 今日でSMAPのCDデビュー記念日でしたね。これといって節目の年ではないので(結成は今年で20周年なんだけどね)、本人達も声を大にしませんが目出度いlことには変わりないかな…と。イマイチ盛り上がりに欠けるのは、まだコンサートに入ってないからかなぁ。

 正直言って、コンサートが一年以上空いてしまったので、自分の中のSMAP熱というのは非常に中途半端な感じです。今年コンサートが無かったらファンクラブ辞めちゃおうかな~とも考えていたくらいだったからね。8月にシングルを発売したのも、私は見事に乗り遅れてしまったくらいだし…。まぁ、これは高見沢さんのソロ活動と重なって、そっちに熱を上げまくっていたというのもあるんですが(笑)
 メディア露出が凄いし、一般的にはわざわざコンサートなんてする必要もないんじゃ…と思われているのかもしれないけど、ファンとしてはコンサートのSMAPが一番魅力的というか楽しいので、その姿が見られないというのは寂しい限りなのですよ。

 だから、いつもより遅めとはいえ、9月下旬からコンサートツアーが開始されるのは嬉しい限りです。チケットが取れるかどうかは別の問題として(笑)、コンサート活動をするSMAPが好きだっ!…と、今日は叫びたいっ。

web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

2008/09/05 Fri 22:21
 今月の13日から映画『パコと魔法の絵本』という作品が公開になりますが、その作中に登場する"魔法の絵本"である『ガマ王子 対 ザリガニ魔人』を忠実に再現したポップアップ絵本が発売になっています。非常に凝った作りになっているので、絵本とは思えないくらい高額でして(だって4千円出して10円しかお釣りが返ってこない…)、正直買うのに数日迷いましたが、この映画のトレイラーを初めて見た時からこの作品に一目惚れしてしまっていたので、決意して本日購入しました。

 この絵本は小さな池に住むカエルの物凄くワガママなガマ王子が主人公の話で、展開は意外と言ったら失礼なんですが、短いお話ながら大人でも感動する切ない内容になっています。一緒に入っていたチラシに「子供が大人に読んであげたい本」と書かれていましたが、正にその通りで子供から大人まで十分楽しめる絵本だと思います。
絵本『ガマ王子対ザリガニ魔人』 あと、さすがポップアップ絵本だけあって、開くと飛び出してくる絵は迫力満点で、その一ページ、一ページが一つの作品としても見応えがあります。たぶん何度も読み返すうちにボロボロになっちゃうだろうけど、なんとか修理しながらずーっと大切に読んでいきたいですね。

 かなり悩んで買った絵本でしたが、買って良かったと思いましたね。それに、映画の公開がますます楽しみになりました。この作品は絶対に観に行きたいと思っていますっ!

 しかし、私は『ケロロ軍曹』にハマッているし、自分が思っている以上にカエル好きなのかもしれない(笑)。それにケロロは映画の方にカメオ出演(?)しているみたいだし、今度テレビアニメの『いつもワガママ ガマ王子』の方にも出演するみたいだからね(笑)。制作会社が違うのに、なかなか面白いことするよなぁ。

web拍手

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

2008/09/01 Mon 20:15
 私は十字軍を題材にしたRidley Scott(リドリー・スコット)監督&Orlando Bloom(オーランド・ブルーム)主演の歴史大作『KINGDOM OF HEAVEN(キングダム・オブ・ヘブン)』が大好きでして、この作品についての暑苦しいまでの拘りは過去のblogで話題にしましたが、再び話題にせずにはいられない事態に…。

『KOH』3枚組DVD 10/24に初回限定生産のDC(ディレクターズ・カット)版3枚組のDVDが発売になることが決定したんですが、「遂に特典映像がDVD2枚に渡って収録されているやつか!」と喜んだら、2年前に発売されたDC版に3年前に発売された通常盤に付いていた特典DVD1枚を合わせただけのモノと判りガックリ…。新しい内容といえばパッケージくらいしかなくて、既に2種類のDVDを持っている私には要らない代物。

 もう2年以上も前にUSやUKではDC版(DVD2枚)と特典映像集(DVD2枚)を合わせた4枚組のDVDが発売されているというのに(しかも、かなり評判イイ!)、日本ではこの4枚組のDVDが発売される気配がいまだに無い!
UK版『KOH』4枚組DVD それどころか、やっとDC版の発売が決まった!…と思ったら、特典映像は一切付かず本編のみの2枚組DVDで肩透かしを受け。それでも、DC版の内容の素晴らしさに気が紛れたものの、DC版にも収録されなかった隠れエピソードの映像が収録された特典DVD2枚組の存在は大きく、新譜発売のアナウンスの度にチェックしていた日々……やっと4枚組発売か!と思ったら、既に発売されたモノ同士の抱き合わせなんというお粗末ぶり。こんな余計なことして、本当に発売して欲しいモノを出してくれないのかな~っ!新規ファンの獲得目的だろうけど、なんか売り方間違ってるよ~っ!
 なんだったら、いきなりBlu-rayでDC4枚組(Blu-rayなら2枚組で済むかな?)を出してくれても構わないよっ!ハード持ってないけど、『KOH』がDC4枚組の内容でBlu-rayを出すというならハードも買うさっ!それぐらい待っているんだよぅ!

 この作品に関してはDVD発売前から今に至るまで、かなり真面目に要望とか色々出しているのにさ。ホントに報われないっていうか、何て言うか…。そろそろ、可愛さ余って憎さ100倍になりそうな予感(笑)

web拍手

テーマ:DVD - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ