FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2008/09/15 Mon 12:21
パコと魔法の絵本 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、もう勢いで作中に出てくる絵本『ガマ王子vsザリガニ魔人』のポップアップ絵本も買ってしまったほど。ホントに観客全員で笑って泣いて、また笑って泣いて…の繰り返しでしたね。いや~、イイ映画だったなぁ。

 変わり者ばかりが居る病院の中でも、特に人々から嫌われている大金持ちの超ワガママで頑固ジジィの大貫が、交通事故により一日しか記憶が持たないパコという一人の少女に出会ったことで、少しでも彼女に記憶に何かが残るようにと考えるようになり、彼女が毎日読んでいる絵本『ガマ王子VS ザリガニ魔人』を病院内のみんなで演じてパコに見せてあげようという案を思い付き、現実させるべく奮闘する。

 …という話で、頑固ジジィが純粋な少女に心を動かされるファンタジー作品なんですが、触れ込み通り「大人が笑って泣ける」作品でもありました。もう、大笑いしたり、笑った直後にウルウルしたり、ウルウルした直後に笑ったり、観ている方も忙しかったですよ。最後の方なんて涙無しには観られなかったんですが、心温まるエンディングにはジーンとしましたね。

 とにかく登場人物の設定と演じている役者さんが異常なくらいにハマッていて、個人的にはビジュアルだけでも70点はあげたいくらいツボでした。!

パコと魔法の絵本・画像1 ■大金持ちの頑固ジジィ…役所広司■天才子役だった俳優…妻夫木聡■ヤンキーな看護士…土屋アンナ■神出鬼没の謎の男…阿部サダヲ■頑固ジジィの甥っ子の気弱な男…加瀬亮■超Sで貢ぎ物に弱い看護士…小池栄子■消防車に轢かれた消防士…劇団ひとり■銃を暴発させて入院しているヤクザ…山内圭哉■噂とジュディ・オング好きのオカマ…國村準■メルヘン思考な医者…上川隆也
 これだけの変わり者をよく思い付いたというか、とにかく登場人物を観ただけでも笑える凄さ。しかも特殊メイクが凄くて、素とは別人になっている役者さんも少なくないですからね(笑)。そして少女パコを演じるアヤカ・ウィルソンちゃんがメッチャ可愛くてね~♪彼女を観ているだけでメルヘンの世界に居るようでした。

 また、超個性的な登場人物達にもそれぞれドラマがあって、頑固ジジィが少女パコに出会ったことで少しずつ変わっていったように、他の登場人物も頑固ジジィに振り回されながらも心の変化があったりして、どの登場人物にも愛着が持てる素敵な内容でもありました。
 特に後半の「劇中劇」のシーンなんて、それぞれの登場人物の個性が出ていてサイコーでした。この作品はシーンによってCGと合成になるんですが、絵本のガマ王子が池から出て来たシーンとか、絵本通りの動きをするシーンなんて妙に可愛い&カッコいい!と思ってしまい、少女パコと同じテンションで喜んでしまいました(笑)

映画『パコと魔法の絵本』・画像2 中島哲也監督というと映画作品よりも、随分前に山崎努さんと豊川悦司さんが対戦する温泉卓球シーンをスローモーションで描いたビールのCMや、SMAPがガッチャマンになったCMが印象に強いんですが、この作品もなんとなく、当時のCMの雰囲気を受け継いでいる気がしました。
 オールセットで、ホントに舞台をやっているような現実離れした作りな分(この原作は舞台作品)、奇抜なキャラクターや展開も違和感なかったし、逆にすんなりと作品のワールドに自分も入り込めた気がします。こういう独特なワールドが展開されたメルヘンチックな作品…私は非常に好物です♪

 あと、何といってもCG化された絵本のキャラクターが可愛くて!顔つきとか表情が劇中劇の中で演じている登場人物に似ていて愛嬌やユーモアがふんだんにあり、CG合成が全く違和感がなかったし、ガマ王子が最後にパコへ見せた表情にはキュ~ンとなったと同時に涙ボロボロでした。


 心から笑って泣いて、また笑えた!もう一度観たいかも!→★★★★


 【注意】以下、ネタバレを含んだ感想になります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:パコと魔法の絵本 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ