FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/01/27 Tue 23:56
 ハイスピードで展開していくサスペンスドラマ『トライアングル』、本日は第4話でしたが今までと違ってスローテンポだったというか、若干間延びしたような印象を受けたなぁ。

 25年前に殺された少女の佐智絵ちゃんが死ぬ間際に書いた手紙を巡っての攻防だったわけですが、前回のラストで、佐智絵ちゃんが手紙に書いていたとされる「嫌な男がいるの。顔にアザがある男」に該当する人物が登場しました。今回はその顔にアザがある男=新藤(宅麻伸)の存在が、郷田(江口洋介)、黒木(稲垣吾郎)、サチ(広末涼子)のそれぞれの調査から鮮明になってくるという感じでした。

 個人的に新藤という男は初回から登場していなかったのでミスリードかな?と思っているんですが、今回の放送で佐智絵ちゃんが殺害事件に関与していることは明白でしたね。しかし、佐智絵ちゃんの母親(風吹ジュン)と顔見知りという関係や、25年前の捜査で重要参考人としてマークしていたにも関わらず黒木パパ(北大路欣也)が取調べで落とせなかったというのが怪しい。
 しかも事件の真相に近付こうとする度に横槍が入るというか…。今回は、郷田には志摩野(堺雅人)の秘書がマークに付いていたり、黒木にもパパ自らが密かにマークしていたという怪しさぶりっ!なんか、佐智絵ちゃん殺害事件の真相の奥に、真犯人が知られたくない更なる「事件」が隠されているような気がします。

 先にも書いたけど、今回はハイスピードな展開じゃなかったですね。郷田とサチの距離感が縮まるっていうことを印象付る回でもあったんだろうけど、ちょっと蛇足ぽい演出が目立ったというか、今までのテイストとはちょっと違っていて、ハイスピード展開に慣れてきちゃっているせいか、なんか展開がワンパターン化していて勿体無い感じ。

 ただ、その分、来週はハイスピード展開になりそうな予感です。

 だって、今回もラスト10分くらいから、エッ?なんでパパがそこに現れちゃうの?これが圧力ってやつですか?完全に悪代官?…エエッ?佐智絵ちゃん殺害の犯人てアナタなんですか?それは本当に自白なんですか?狂言ですか????……って、最大の驚きと謎を残したところで終わりました。


 今回から凸凹コンビになりそうだった「郷ちゃん」と「黒スケ」は相棒にはならなそう。今回はかなり"距離"が開いてましたね。どちらかといと、郷田が黒木のことを上手く操っている感じかな?

 郷田は黒木パパのことを真犯人と思っていそうな節が目立ちましたね。黒スケに対して(今回は「黒ちゃん」と呼んでいたっけ)、「真相がバレると困る誰かさんが居るんじゃないの?」と黒木パパだと名指しせんばかりに嫌味を言ったり、黒スケとイイ感じになりそうな妹(相武紗季)に対して「アイツ(黒木)は止めておけ。お前が傷付くだけだぞ」と意味深なけん制をしたからね。まぁ、あんな偽手紙のコピーを見せられたら疑いたくなるけど。

 黒スケはちょっと複雑な感じで、25年前の事件が父親の失態で迷宮入りしてしまったことを知ってショックを受けていたけど、父親に対しての尊敬の念は変わらないみたいで、父親を疑う郷田に対してムキになっていましたからね。
 それがあったからか、電話でサチに「郷田はアナタと佐智絵ちゃんを重ね合わせているだけだ」って、あんな余計な事を言ったんだろうか?郷田妹とのやり取りは可愛かったけど、今回の黒スケはちょっと嫌な奴でしたな。

 しかし、一番判らないのは新藤の行動。一体何がしたいんだろう?手紙を奪うことが目的じゃなかったのかな?サチに対してのけん制だったんだろうか?

 25年前の手紙を奪うのが目的だったのに、郷田が仕掛けた作戦は見抜いていた感じだったし…となると、新藤が「単独」で行動しているという訳じゃなさそう。となると、サチが用意した25年前の手紙がニセモノと知っている人物との共謀?知っている人は数名だけど、その全員が最初から怪しいし(笑)、結局判らないよ~~。


 グダグダ文句言いながらも、来週も欠かさず観ちゃうんだろうな。そういうドラマです。


web拍手

テーマ:トライアングル - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ