ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
コミック『星守る犬』 
2009/08/28 Fri 21:09
 ここ最近はTHE ALFFEか吾郎ちゃんの話題しか書いていないホントにミーハーblogになっているので(笑)、今日はちょっと話題を変えてみる。

 今月のはじめに弟から「泣けるマンガだ」と言われて借りた『星守る犬』という本。
 内容は、不況の煽りをモロに受けて仕事と家庭を失った不器用なお父さんが、残された一匹の飼い犬と共に宛てのない旅に出る話です。

 お父さんは決して悪い人ではないんだけど、不器用で無口…そして周囲のことに無関心な人だった。その為に、自分が苦境に立たされた時に助けてくれる人は誰も居ないという状況になってしまう。
 多分、物語のような暮らしではなく、もっと別の生き方も選ぼうと思えば出来たと思う。しかし、このお父さんは無知でも意固地な部分もあり、どうしても他人に頼ることが出来なかった。

 私はこのお父さんの生き方には共感できなかったし、「もっと違う生き方が選べたはずだ」と苦言を述べたくなったけど、お父さんと飼い犬のハッピーの交流や絆は読んでいて心温まるものがありました。
 何より、このコミックはお父さんではなく、ハッピーの視点で描かれているのから、辛い話にも関わらずファンタジー色が強く、読み終わった後に内容の割には悪い気分にならない。

 ただ、犬を飼っていたことのある私としては、随分と遣る瀬無い想いをさせられました。愛犬マロンは私と一緒に過ごした時間、いったいどれだけ幸せに感じてくれたのだろうか?と考えずにはいられんかったし、もっと傍に居てあげたかったという想いが強く残りました。


 ハッピーの飼い主であるお父さんの生き方は、今の日本を見ると決してマンガだけの世界と断言できるものではないと思う。読んだ後に、今の日本を支えている政治家さん達に「あの人達は何の為の存在しているんだろう?」と懐疑的になってしまった。

 衆議院選挙を日曜に控えた今(…私は既に期日前投票を済ませましたが)、選挙権のある国民はもっと真剣に選挙や政府のことを考えて行動しないと、いつか「お父さん」のような生き方をしてしまう日が来てしまうかもしれません。

 このマンガは一人でも多くの大人に…というより、官僚や議員さん方に読んで欲しい。でも、ああいう人達は読んだとしても、「なんて馬鹿な生き方しかできないんだ。私を見習えばいい」と呆れるのかな?このマンガを読んで、「何か」を感じてくれる人がお役人さんに存在して欲しいですね。



web拍手

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

2009/08/26 Wed 22:02
 昨日は夏の風物詩(笑)『カスペ!ほんとにあった怖い話 10周年記念~京都パワースポットツアー~』の放送がありました。

 『ほん怖』てもう10年も経つんだね~。「はい、吾郎さんっ!」になってからは4年くらいだと思うんだけど、吾郎ちゃんが『ほん怖』の再現ドラマに出演したのは、それこそ10年前の『白昼ベル』だったなぁ。あれも個人的には怖かったわ…。

 そんな『ほん怖』、おそらく子供向けに作られているであろう再現ドラマも怖いと思うヘタレな私は、この番組は正直言って苦手。吾郎さんとほん怖クラブの子供たちが京都のパワースポット巡るコーナーがなければ、2時間近くも見ていられません(笑)

 「京都は湿気が多くて髪がペッタンコになっちゃったんです」と、『いいとも!』て吾郎ちゃんが愚痴っていた通り、ペッタンコヘアでオデコ全開の吾郎さん(笑)、久しぶりに再会した子供達の成長ぶりにビックリしていました。菅くんなんて、吾郎さんと同じくらいの身長になっていたもんね。

 個人的にツボだったのが、パワースポットの一つの鰻の鍋料理。吾郎さんは随分と気に入ったみたいで、進行役の有吉さんが説明しているにも関わらずパクパク食べていたのがなんとも(笑)

 それから、パワーストーンで数珠作りになった時に、不器用な吾郎さんは細かいのが苦手でイライラしながら「島田さん、やって!」と先生に丸投げ(笑)。でも、先生へのSMAPの新曲『そっと きゅっと』のPRは忘れない吾郎さん、ナイス!そして、「ストレスを溜めないように癒しの数珠にしよう!」と、ストレス解消のパワーストーンで数珠作りを再開するも、やはり細かい作業にストレスMAXで「島田さん、やって!」…と丸投げって、コントですかいっ!ストレス解消が目的のはずがストレス蓄積させている吾郎さん、面白過ぎます。

 あと、机の形の向きが変わって見える襖絵に興奮しまくりの吾郎さんが最高でした。何ですか?あのテンションの上がりっぷり!ほん怖クラブの子供たちよりも子供みたいにはしゃいでましたよ。

 『ほん怖』て再現ドラマがメインだから、吾郎さんはナビゲーターに過ぎないと思っていましたが、意外に色んな吾郎さんが見られたのでラッキーでした。


 しかし、再現ドラマ。
 佐藤健さんが主演していたやつ、怖過ぎでしょうっ!見ていた時から一番怖そうだな~と感じてクライマックスは見ないでおこうと思っていたのに、自分が乗っていた車と色違いの車が登場したもんだから、ついつい車メインに見ちゃって…最後で涙目よ。

 上地雄輔さんが主演していたドラマは、「ほんとにあった怖い話」というより「世にも奇妙な物語」ぽい内容で、怖いというより不思議な感じがしたなぁ。でも、あの和尚さん、凄いっ!と感動してしまった。ああいう内容のドラマがラストでホッとしたな。


 で、吾郎さんによると来年もお会いできるそうで(笑)、来年も楽しみにしておこうっと。あ、でも、浄霊コーナーはやっぱり要らないよ。あれやるぐらいなら、ドラマ1本増やすかほん怖メンバーで心霊写真検証をやって欲しいわ。←言っちゃったよ


 そして、今日はSMAPの新曲『そっと きゅっと』が発売。まだ手に入れてないんですけどね(苦笑)。今年はコンサが無いだろうと踏んでいるので、スマ関連の購買意欲は低下気味です。
 両A面の『スーパースター』は好きなんだけど、あの買う気の失せるジャケットデザインは、いい加減どうにかしてくれないだろうか…。ま、今月中にgetできれば良いかな。




 以下、ブログ拍手コメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:ほんとにあった怖い話 - ジャンル:テレビ・ラジオ

35th anniversary 
2009/08/25 Tue 22:27
 8月25日はTHE ALFEE35回目のデビュー記念日でございます♪

 簡単に書いちゃったけど「35年」て凄い数字だよね。

 だって、35年ずーっと活動休止も無くてメンバーチェンジも無く続いているのだよ。もちろん、ほぼ活動停止状態で節目節目に復活して活動するのも賢いとは思うけど、THE ALFEEの存在そのものが「青春」になっているファンにとっては、生涯現役で活動してくれているのは有り難い。

 よく冗談で3人が「続けられるのは止まる勇気が無いから」と言っていたりしていますが、年間必ずTOURをやってくれているし、新曲も出してくれているし、ファンになった当初は「当たり前」と思っていたけど、それなりに自分が歳を重ねてくると(笑)、ALFEEて凄いんだな…と感じるようになってきました。

 先日の日曜の朝番組『ぼくらの時代』に高見沢さんが出演されていて、リリー・フランキーさんとみうらじゅんさんとトークするという朝番組とは思えない映像+内容で、非常に濃い朝を迎えたんですが(笑)、その中で3人の関係を「お互い干渉しないし、携帯の番号も知らない。この距離感がイイ」みたいなことを語っていて、某グループでも似たような言葉を聞いたな~…なんて思ってしまいました。
 でも、近過ぎず遠過ぎずお互いにとって心地良い距離感を保てているっているのは、どんな人間関係においても理想的だよね。その「距離感」を保つ為にお互いが凄く努力するんだけど、ALFEEの場合はそういうのが"努力"ではなく"当たり前"になっているんだろうな。

 日曜と言えば、同日に『新堂本兄弟』が400回記念生LIVE放送で、桜井さんと坂崎さんもSPゲストとして登場しTHE ALFEEで『SWEAT&TEARS』を披露してましたよね。今年最後の夏イベで盛り上がった楽曲だっただけに、感動がぶり返してしまいましたよっ。
 そうそう。この時の高見沢さんのヘアースタイルがNewアレンジでしたね。あれはソロ活動仕様なのかな?夏イベでのズラミー(笑)も良かったけど、今回もなかなか斬新でしたね。隣の2人は維持してくれているだけで十分です(笑)…ていうか、賢さま若返ってないかい?

 今年の春TOURのMCで高見沢さんが、「俺達3人のようなユルイ関係が世界中に広まれば、世の中から戦争なんて無くなると思う」と語っていたのが今でも印象に残っています。

 これからもファンが羨むくらいユルイ関係の3人でいて下さい!


 そして、今は10月7日に発売されるシングル『夜明けを求めて』が楽しみですわっ♪Newアルバムは来年になるみたいで残念だけど、年に2枚もシングルを出してくれるだなんて、さすが35周年ですな~っ!




web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2009/08/24 Mon 21:52
 今日の『笑っていいとも!』テレフォンゲショッキングのストが吾郎ちゃんでした。テレフォンショッキングで出演するのは2年ぶりらしい。番宣でよく『いいとも!』に出演しているから、2年ぶりという気がしない(笑)

 今は三池監督の映画『13人の刺客』の撮影の真っ最中だとフツーに喋っていたのが意外だったわ。刺客役のキャストの方々や市村さんとは違って新聞発表というか公式アナウンスが出てないけど、別に話題に出しちゃっても良いんだね。個人的には公式発表を聞きたいなぁ…。
 吾郎ちゃんは作中で白馬に乗っているシーンも多いらしいので、早く殿様のビジュアルを解禁してくれないかな~っ!と願っております。

 それから、剛の家に鰻の他にアロマディフュザーまで差し入れしていたとは!ただ、既に剛が色違いを持っていたというのも驚き。吾郎ちゃんが差し入れた分は「タモさんにプレゼントするよ」と剛が言ったらしいけど、当のタモさんは貰ってもいないというのが笑えます。剛、同じの2個も持ってどーする気だ?
 しかし、剛の話題が多かったせいか、アナウンサーがお友達ゲストの宇梶さんへ電話を取り継いだ時に、「では、草なぎさんに代わります」と思いっきり名前を間違えたのには苦笑したわ。そりゃ、宇梶さんもビックリよ。平謝りのアナウンサーに「別にいいよ~」と笑顔で応えていた吾郎ちゃん素敵。

 凄いと思ったのが、100人アンケートで4回連続で1人を出しストラップを連続get!こういうのは強いよね~。しかも、テレフォン終了後も次のコーナーにそのまま出てくれて、またミラクルな数字を出してウケましたわ。
 あのEXILEのAKIRAさんがもの凄い顔で悶え苦しんだくらい渋い罰ゲームのお茶、吾郎ちゃんも飲むハメになったけど、なんなのっ!あの昔の「青汁」のようなCMのアッサリ感は!後で吾郎ちゃんの爽やかなリアクションを真似ようとしたゴリさんが撃沈していたのも可笑しかった。

 エンディングでの宣伝は吾郎ちゃんがSMAPの新曲を告知していたけど、今日の『スマスマ』の宣伝を慎吾がしていて、内容について2人で興奮しながら語っていましたのが可愛かった♪


 でもさ、今日の『スマスマ』は特別編らしいけど、内容が「これスマスマ?」と思うくらい微妙じゃないかぁ?私は芸能人がプライベートをネタ程度ならまだしも、赤裸々に語るのって好きじゃないんだよね。でもSMAPは5人揃うからなぁ…ムムム。
 内容を見る前から文句付けるのは良くないと判っているけど、5人で『スマスマ』の総集編を笑いながら語るという内容の方が数倍良かった。先週の剛と慎吾の罰ゲームの内容が良かっただけに、今回は期待薄。




web拍手
ALL ABOUT THE ALFEE 
2009/08/19 Wed 23:05
 本日付の読売新聞の夕刊「pop style」のコーナーが『ALL ABOUT THE ALFEE』と題され、見開きで先日の最後の夏の野外イベントが特集記事になっております♪

 さすが2年前に、同じコーナーで高見沢さんを特集したアルフィーファンだった記者だけあり、今回の夏イベ特集記事も愛に溢れていて最高です。

 最後の夏イベが、こうして特集記事として記念に残るだなんて嬉しいね~♪もう、この記事はアルフィーファンは必見です!写真や文章を読んだだけでもあの2日間の思い出が鮮明に蘇ってきて、胸が熱くなります。同時に「本当に夏イベが終わってしまったんだな~」と一抹の寂しさも感じたり、様々な思い出に浸れて良いですよ…。

 読売新聞の夕刊を購読してない人や手に入れられない人でも、1部50円で購入可能なので夕刊購入方法を参照の上、問い合わせてみるのをお薦めします。

 …て、私は回し者のようになっちゃったけど(笑)、それぐらい良い記事ですよ。丁度、月イチ連載している「Takamiy Style」も載っているし、ファンとしては一度で二度オイシイ記事ですわ。




 話題がコロッと変わるけど…。

 新聞記事といえば、映画『十三人の刺客』に暴君な君主を守る鬼頭役として市村正親さんが出演するという公式発表記事が載っていました。市村さんの時代劇姿を初めて見ましたけど、意外と言っては何ですが様になっていてカッコ良い~っ。貫禄も十分ですなっ。

 …で、その「暴君な君主」の公式発表はいつなのかしら?てっきり、市村さんと同時発表されるもんだと思っていたわ。まだまだお預けかいっ。
 クランクアップが9月上旬とか言われているから、その辺りなのかな~?早く殿のお姿も見てみたいよぅ。


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2009/08/18 Tue 22:40
 今日からオンエアされている明治製菓の『galbo chips』の新CMに、なんと吾郎ちゃんが出演しておりますわ~!しかも広末涼子さんと共演じゃないかっ。おお、黒スケとサチだ~!『トライアングル』だ~…て、二人の雰囲気は全然違うけど(笑)

 いきなりのことだったのでビックリですが、私はまだテレビでCMを見ておりません。でも、公式サイトには既にCM動画が公開されているので早速チェック♪いや~、インターネットてこういう時、非常に有難みを感じますわっ。

 舞台は美術館。芸術の秋を先取り!?
 オチャメなお客さん(広末涼子)とオチャメな学芸員さん(稲垣吾郎)のコミカルなやり取りが面白い。妙なポーズ取って気取った仕草をするのが"ザ・イナガキゴロー"て感じでツボ!それに、広末さんからガルボを口に入れて貰うだなんて役得な吾郎ちゃんだ…というより、餌付けに見えなくもない(笑)
 個人的には謎な展示物もツボに入りました。ああいうの好きだわ♪


 しかし、チョコ菓子かぁ。
 お酒と違って、このテのは貢献できる自信ないのよね…。せめて板チョコだったら良かったのに。まぁ、1個くらい買って人に押し付けるのもアリかな。←嫌な奴

 図書カードに学芸員さんver.もあれば、もっと購買意欲も出るんだけど…(笑)



web拍手

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

2009/08/16 Sun 22:02
 昨日の『SmaSATION!!』は2ヶ月ぶりに『月イチゴロー』がありました。"月イチ"という割には、今年に入ってから2ヶ月に1回ペースの方が多いような気がしないでもない。

 『スマステ』といえば、先週の「仮面ライダー」特集で「仮面ライダーG」の映像もバッチリ流れて嬉しかったわぁ♪慎吾も大下アナも、「是非、ドラマ化を!」と願っていてくれているのも嬉しい。
 ホント、1クールでもいいで深夜枠でやってくれないかなぁ…、テレ朝さん!


 吾郎ちゃんは某映画(今更隠すまでもないけど、公式発表はまだだし…)の撮影で京都から日帰りのことも増え、どんどん顔がシャープ&お疲れモードに突入していっている感じがします。

 今日放送があった『とくばん』なんて、確か地震の影響で新幹線のダイヤが乱れて、朝一で乗っにも関わらず時間的に京都撮影が厳しくなってしまって名古屋から東京にとんぼ返りした日に収録したんだっけ?そのせいか、全体的にアンニュイな雰囲気が漂っていたし、ビジュアル的にも超好みでしたよ。元気が無くて少し残念だったけど、私はこれぐらいのビジュアルの方が好きだという悪魔なファンだから(笑)
 しかし、新曲『そっと きゅっと』のテレビ初披露が『スマスマ』ではなく『うたばん』というのは意外。そしてSMAPの言う通り、曲のテンポの割には激しい振りで見ていて落ち着きのない曲になっていたなぁ。MCでは「断ることを知らない by中居」な吾郎ちゃんがツボ♪陸上競技対決では、お疲れのせいか時たま素に戻ってボ~ッとしちゃっていた吾郎ちゃんが萌えでしたわっ。←やはり悪魔なファン


 さて、話題を『月イチゴロー』に戻しまして…

 いつの収録だったかは判りませんが、吾郎ちゃんにしてはパーティー衣装のように派手な感じの白スーツ姿で、全体的に気怠さ全開な感じでしたね。しかも、今回の「ご馳走」がスイーツ系で、あまり甘い物に興味が無い吾郎ちゃんとしてはイマイチだったかも?(笑)まぁ、疲れていたのなら丁度良かったかもしれないけど…

 今回は「夏休み映画特集」ということで、夏公開作品から慎吾がチラシだけ見て選んだのが、日本の名作をリチャード・ギア主演でハリウッドがリメイクした『HACHI約束の犬』、豪華出演者が話題のラブコメ『そんな彼なら捨てちゃえば?』、夜の博物館が動きだすアドベンチャー・コメディの第2弾『ナイトミュージアム2』、スター犬を主役にしたディズニー・アニメ作品『ボルト』、あのシャネルを創立したココ・シャネルの人生を描いた『ココ・シャネル』…以上の5作品でした。

 夏休み映画特集という割にはハリウッド大作を選ばず、嫌がらせのようにホラー作品も入れなかったのは、慎吾としては意外な感じ?…というか、今回はセレクトの時点であまり魅力的なラインナップでは無かったような気がしましたね。

 だから吾郎ちゃんがいつも以上にバッサバッサと斬りまくったのは予想通りでした。お疲れモードだった中で、吾郎ちゃんの好みの作品が一つくらいしか無かったせいか、かなり辛口コメントが連発。所々コメントするのも面倒というか拗ねた感じにも見えたので、今撮影している映画の役柄も少し入っちゃっているんじゃないか?とすら思いました(笑)

 本当に今回は吾郎ちゃんが斬ってくれた方が納得するような作品ばかりでしたな。決して悪い作品というわけじゃないんだけど、「こりゃ、吾郎ちゃんの好みじゃないよな~」とモロに判る作品ばかりだったから。
 でも、普通の批評なんてどこでも読めたりするんだから、稲垣吾郎ワールド全開のコメントが聞けると『月イチ』らしくて嬉しいです。特に今回は、そういう部分が冴えてましたね。



 以下、『月イチゴロー』のランキングネタバレになります。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2009/08/12 Wed 23:48
VAMPIREジャケット THE ALFEEの最後の夏の野外イベントの余韻も冷め遣らぬまま、高見沢俊彦ソロシングル『VAMPPIRE~誘惑のBlood~/ヤッターマンの歌』がリリースされました!
 ちゃんと予約注文していたのでシングルは無事getしましたが、まだALEEEの夏イベの余韻に浸っていたいので曲は聴いてません(笑)。だって、夏イベが終わってから一週間足らずですもん。さすがに、そこまで切り替えが早くできないわ~。ついつい、夏イベのDVDパンフをリピートしてしまう。

 まぁ、ソロコンサートは軒並みダメだったし(泣)、曲そのものはラジオで何度か聴いているし、夏イベの余韻が醒めるのを待ってから聴いても、別にイイかな~なんて、軽薄なことを思っております。

 ただ、夏イベのCD物販エリアで『VAMPIRE』のPVが流れていましたけど、今回も無駄に凝ってますよね。「そこまでやるかぁ?」て感じですけど、このPVは今回もシングルには付いてない。ちゃんと見られる機会ってあるのかな?9月にソロコンサがあるから、その模様がいつかDVDになって、その時にPVが特典で付くのかな~?と、まだまだ先のことを考えてしまいます。
 ええ、要はPVをフルで見たいってことですわ。ソロのOVて個人的にツボを刺激されるのが多くてね~。ALFEEでここまでやれとは言わないけど(笑)楽しいんだもん。


 しかし、8月にALFEEの夏イベに高見沢さんのソロシングル発売。9月に高見沢さんのソロコンサート。10月にはALFEEの秋TOURがスタートして、すぐにALFEEが新曲『夜明けを求めて』を発売!懐が寒くなる一方じゃないか…。
 ALFEEが10月にもシングルを発売するっていうのは意外でした。CXの昼ドラの主題歌だそうですが、年に2枚シングルをリリースするなんて何年ぶりよ?夏イベ終わっても頑張っちゃうんだね~。



 以下、ブログ拍手のコメントのお返事になります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

2009/08/10 Mon 23:01
 8.9日は今年で最後を迎えたTHE ALFEEの夏の野外コンサート『Legendary Summer 2009 YOKOHAMA PERFECT BURN』に参加して来ました。

最後の夏イベ8/8 さすが最後だけあって、久しぶりに会えた人、初めて会えた人、よく会っている人(笑)、思っていたよりもお会いすることが出来て嬉しかったです。でも、同時に会いたかったけどお会い出来なかった人達もいて、まぁ…イベントではもう無理だけど、ALFEEはずっと活動を続けてくれるか次の機会に楽しみをとっておこうと思っています。

 一応、下書きぽいネタバレ感想は「なんでもレポ♪」の方に2日間分書き込んでありますが、既に終わっているイベントなので、このブログでも少しネタバレした感想をちょこっと書いてしまいたいと思います。ネタバレがちょこっとでも嫌っ!という方はここで読み止めて下さい。

【初日8/8】
最後夏イベ客席 この日は綺麗な夕陽も出て、暑かったけど野外イベント日和でした。

 ただ、3年前と同じ会場で開催されたにも関わらず、あの時よりも客席はギュウギュウ。真ん中に花道は無いし、通路も狭い。本当に入れられるだけ入れたんだな~と感じました。
 なんせ赤レンガパークは縦に長い広場なので、客席も物凄く縦長~っになります。覚悟していたとはいえ、本当に長い…。3年前は一番後ろのブロックだったんですが、ステージのALFEEの姿はもちろん、客席サイドにあるスクリーンすら確認できないくらいの遠さでしたからね。非常に客席としては条件が悪い場所なんですよ。
 でもでも、今回でラスト!チケットも完売状態。本当に会場の中に入れるだけでも…参加できるだけでも有り難いイベントでした。

最後の夏イベ8/8夜 イベントが始ってしまえば、「アルフィーに良い席も悪い席もない!(by高見沢)」の如く、ノッたもん勝ちです。特に、今回はスクリーンの使い方が良かったので、背が低いのでどのブロックでも埋もれ席になってしまう私には非常に助かる演出がありました。

 そして、「最後の夏イベに聴きたい曲No.1」が聴くことが出来て大感激したと同時に、「この曲はラストに歌うんじゃないかな~」と予想しうていた曲が、意外にアッサリ中盤辺りで歌われたりしてビックリしたり、色々な感動を体験することができました。

 最後の夏イベになっても遊び心を忘れないサービス精神は健在だし、常に一番後ろの方まで気に掛けてくれる優しさもあり、通常のコンサートにはない独特の一体感を初日から感じることができました。

【ファイナル8/9】
王子勢揃い そして迎えた最後の日。この日は朝から不安でした。なんせ天気予報に「雨」マークがバッチリ付いていた上に、開演10分前に小雨がちょっとパラついたんですよ。だから、「うわ~っ。今から降るか~」とビクビクしていたんですが、なんと終演後まで雨は降ることなく、雨雲をみんなのパワーで消し飛ばしたというミラクルな結果となりましたっ。
 しかも、高見沢王子コスプレをしている気合の入った方々も!この衣装、手作りですよ。暑かったし雨も降る可能性が高かったにも関わらず、これほどの華麗な格好をするだなんて…愛ですよ、愛っ!

最後の夏イベ8/9 本当に一曲一曲を歌い納めのように演奏していったALFEE、私達はどの曲も一瞬たりとも聞き逃すものかっ!という気合の入りっぷりもあり、今までにないくらいの盛り上がりと一体感がありました。そのせいか、19時くらいに地震があったらしいんですけど全く気付きませんでしたからね。後でニュースで知ってビックリしました。

 こ日は最後の夜ということもあり、チケットが無くても会場前に駆けつけた人達も多かったみたいで、その存在に気付いた高見沢さんが花道の端から会場外に向かって何度も煽ったり、最後のMCで「会場の外のみんなも聞こえるかー?」と叫んだら、予想以上の大歓声が会場外から上がりビックリしたと同時に感激しました。

 そして、何よりも印象に残ったのは高見沢さんの最後のMC。
最後の夏イベ8/9夜 まるで宣誓のように「今日で夏のイベントは最後を迎えます。でも、この最後のステージだからこそ言いたいと思います。もし、みんなにとっての青春がアルフィーならば、みんなの青春は終わらない!命に懸けても終わらせませんっ!」と断言してくれた高見沢さん。
 他のアーティストが言えばリップサービスに聞こえてしまう部分もあるかもしれないけど、アルフィーなら信じられます。本当に嬉しかったです。

 ラストに歌われた『See you Again』の歌詞が、この最後の夏の野外イベントというラストステージにハマり過ぎていて大泣きしながら聴いていました。本当にあの日以上の『See you Again』を当分は聴くことができないじゃないかな…。

 あと、最後のアンコールで高見沢さんが'86年のベイエリアの時と同じデザインの衣装を着てきたんですが、23年前と同じデザインの衣装を着て違和感がないことにビックリしました。ああ、本当に驚異的な人です。幸ちゃんも桜井さんも「今」が一番素敵。
 本当にTHE ALFEEて"...ing"なバンドなんだと痛感しました。

 終わってしまったんだけど、すごく前向きで理想的な終わり方だったというか、天気にも恵まれ有終の美を飾れたと思います。



web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2009/08/07 Fri 22:48
 既に三池崇史監督によって『十三人の刺客』がリメイクされることが発表されて、先月の20日に主演の役所広司さんをはじめ13人の刺客のキャストが公表されましたが、対する老中から暗殺を命令されるほどの暴君がいる明石藩側のキャストが公表されていませんでした。

 数ヶ月前から噂は出てたし、撮影目撃情報がチョコチョコと耳に入ってきていたので、明石藩側のキャストやその他のキャストも知っていたものの、公表されていなかったので話題にできず個人的に凄く不完全燃焼な日々でしたが…

 やっと!ラジオ番組でポロッと話した程度ですが、吾郎ちゃん本人の口から「映画『十三人の刺客』で殿様の役をやる」と発言が出ましたっ♪

 祝☆話題・解禁!

 13人の刺客が暗殺を狙う、明石藩主の凶暴で残忍なお殿様「松平左兵衛督斉韶」役を稲垣吾郎が演じるのだよ!
 あまりにも長ったらしくて覚え難い名前なので(「マツダイラサヒョウエノカミナリツグ」なんて呪文にしか聞こえないわい)、私は「馬鹿殿」と呼んでますけど(笑)、本当はそんな軽く呼べないくらい極悪非道な暴君なのよね…。この異常な役柄を吾郎ちゃんがどう演じるのか本当に楽しみ。
 ハッキリ言って馬鹿殿の暴君ぶりは、『踊る大捜査線~歳末スペシャル』で演じた「鏡君」なんて比べモノにならないくらいだからね。

 この馬鹿殿には忠実で優秀な鬼頭半兵衛という側近がおりまして、その役を市村正親さんが演じるんですよ。このことは、市村さん本人が先日の「親睦会」でファンに報告していたから間違い無し。

 もうね、ご贔屓な役者さんが同じ映画に出演されるだけではなく、作品上で2人の関係性が見所の一つになっていくんじゃないかと想像するだけで堪りません。

 私は1963年の工藤栄一監督版を過去に観たことがあるんですが、市村さん演じる鬼頭の役が一番印象に残りました。今の時代でいうところの、バカな社長の尻拭いをしなければならない優秀な部下の悲哀を感じるんですよね。あと、時代遅れの武士の信念を持っているところもツボだった…。
 馬鹿殿は怖いというか狂っているという印象が強かったなぁ。見た目は普通というか弱々しい感じなのに、何の前触れもなく突然キレて怒り狂いはじめたりして、「こりゃ、早く殺された方が世の為だよな…」と思わせる殿様でした。

 あの三池監督なのでバイオレンス色が濃くなるだろうし、殿の異常さも旧作以上になってくれると良いな~。誰からも恐れられ恨まれる悪役て最高じゃないですか!

 吾郎ちゃん自身も、この役によって演技に幅で出て良いんじゃないかな。個人的にぶっ飛んだ役柄の方が吾郎ちゃんにハマッているような気がするんだよね。ゾッとするほどの「悪の華」ぶりを見せて欲しいです。

 あと、望むのは明石藩キャストの公式発表ですな。どんなお殿様ぶりなのか、ビジュアルを早く見たいわ~。早く公表されないかなぁ。クランクアップまでお預けかな~?



 さて。

 明日からは…いよいよ、私の2009年の夏のメインイベントですわっ!
 今、幸ちゃんのラジオで『SINCE 1982』が流れているけど、聴いているだけで涙腺が刺激されてきちゃっているよ。ああ、本当に終わりを迎えるんだね…。




web拍手

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

又兵衛のブログ 
2009/08/06 Thu 23:42
CATEGORY【SMAP】
 映画『BALLAD~名もなき恋のうた』の登場人物である井尻又兵衛、その彼とスタッフによる期間限定ブログ『井尻又兵衛と名もなきスタッフブログ』が何気に面白い。

 又兵衛の側近が色々と近況を書いてくれているんだけど、又兵衛の中の人の情報の他にも、仲間の4人のことにも触れてくれているんだよね。ファンとしては、かなり嬉しい内容ですよ。
 個人的ご贔屓の忘文さん(笑)は又兵衛さんと楽屋コンビということもあり、ちょこちょこ話題に出てきてくれるのが嬉しいし、書かれている内容がファンのツボを突いているんだよね~。

 こういう遊び心のあるブログ、もっと増やしていって欲しいよなぁ。是非とも、他の4人もこういうブログにチャレンジしてくれないかしら?期間限定でも良いからさ。
 あ。でも、約一名は「インターネット」というだけで拒絶反応起こすかな?(笑)


 華やかで楽しくて目の保養になる芸能界。
 ミーハーな私にとっては元気の源の一つでもあるんですが、なんか最近は「芸能界って一体何なの?」と思いたくなるくらい殺伐したニュースが目立って悲しい限り。華やかな世界だからこそ闇の部分も存在すると言われたら、「はい、そうなんですか…」としか返しようがないんですが、華やかさを維持する責任感というものを持って欲しいよね。

 人間なんて弱い生き物なんだから、公明正大に生き続けるなんて無理な話。誰もそこまで完璧を求めてないし、完璧になれないのが人間。だから日々「努力」していこうとしているんだよね。
 これは一般人だろうが芸能人だろうが、何人だろうが共通していることだと思う。

 手広くミーハーしている私としましては、ご贔屓さん達には公明正大に生きてくれとは言わないから、いつまでも応援したいと思わせる道を歩んで行って欲しい。


 又兵衛ブログの話題が妙なモノローグになってしまったけど、ちょっと書かずにはいられませんでした。




web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

2009/08/02 Sun 23:01
CATEGORY【diary】
花火2009 昨晩は恒例行事と化した、『第24回神奈川新聞花火大会』に行って来ました。
 今まで何度もこの花火大会に行ってますが、今回は有り得ないくらいベストポジションで見ることが出来ました。これはママンボに感謝なんだよなぁ。もうね、友達3人で子供のように大ハシャギしながら花火を堪能してしまいましたよ。どうして、花火ってイイんだろうね~。綺麗でいて儚いところや、腹の底に響くような打ち上げ音…なんか堪らないんです。忘れかけた野生本能が花火に刺激されるのかな(笑)

 しかし、夢中になって見ていたので、写真撮影はボロボロ。適当にシャッター押してれば写るだろうと思っていたんだけど、まぁ~酷い有様でしたよ(笑)。30枚以上撮影していたのに、ブログに載せて耐えられるものなんて片手で数えられる程度…。まぁ、雰囲気だけ伝われば十分ですよね。←開き直り

神奈川新聞花火大会 今年の横浜は開港150周年記念「Y150博」が開催されているせいか、いつも以上に人が多かったように感じました。あと、例年は7月の海の日辺りに山下公園でも花火大会が開催されるのに、今年は「Y150」があるのでやらなかったといういのも影響しているのかも。

 そして、来週は同じ横浜の赤レンガパークでTHE ALFEEが最後の野外コンサートを開催。2週連続で週末は横浜♪でも、まるで違うテンションなんだろうなぁ。
 天気は週間予報を見る限りでは大丈夫なのかな~て感じですが、今年は天候が不順で梅雨明けしたのに梅雨みたいな気候で読めないだけに心配。でも、この花火大会の日だって曇りときどき雨という予報が出ていたけど、青空も見えて晴れたから判らない。
 個人的には「気持ち」というか「願」て通じるんじゃないかと、3年前の野外イベントの時に感じたので、今年も同じような気持ちで参加したいです。



web拍手

テーマ:日記 - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ