ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/06/27 Sun 22:53
 昨晩の『smaSTATION!!』では、「月イチゴロー」のコーナーがありました。
 前回が「GW映画特集」ということで5/2だったから、約2ヵ月空いたことになるよね。なんか最近は「月イチ」じゃなくて「月ニ」になっているな~。まぁ、カッコいいOPのPVを作って貰ったので、あまり我侭言うのもよろしく無いかしら?

 この日は『王様のブランチ』で『G.I.ゴロー』の番宣が組まれたり、夕方には『踊る大捜査線~歳末特別警戒SP』が放送されたりで、男爵・鏡くん・月イチと色んな稲垣吾郎の姿を楽しめたGORO dayであったわ♪
 しかし、男爵は相変わらず山ちゃん弄りが好きだし(笑)、久しぶりに観た鏡くんはゾクゾクするのどのキレっぷりだったし(新作映画でもカメオ出演するみたいなので楽しみ♪)、月イチではいつもよりバッサリ斬っていたし、珍しくSっ気が強い稲垣吾郎を堪能できた一日でもあった気がします(笑)

 さて、『月イチゴロー』ですが、定着しつつあるクルクルヘアーで嬉しかったわ♪本来の天パに近い髪型だから似合うんだろうね~。私が真似したらエライことになるぞ(笑)
 冒頭のお食事タイムは、「鮎の塩焼き」が御もてなしされておりました。あと、フカヒレだかの茶碗蒸しだったかな?相変わらずVTRを観ながら慎吾が不満を口にしておりましたが、何より可笑しかったのは「美味しい♪」と堪能しまくっていた大下アナでしょう。あまりにパクパク食事に集中していたもんだから、吾郎ちゃんから「『そろそろ作品について語って下さい』てカンペが5分前から出てます」って指摘されちゃって、いかに大下アナがこのコーナーを楽しみにしているのか良く判りました。

 6月に劇場公開された作品の中から慎吾がチラシだけ見て選んだのが、全米の人気ドラマシリーズの映画化の第2弾『SEX AND THE CITY 2』、2009年本屋大賞を獲ったベストセラー小説を中島哲也監督・松たか子主演で映画化した『告白』、トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマンの豪華共演でも話題のリメイク作品『マイ・ブラザー(英題:BROTHER)』、ジャッキー・チェンがハリウッドに進出して30周年記念となる作品『ダブル・ミッション(英題:THE SPY NEXT DOOR)』、核戦争により文明が崩壊した近未来世界を舞台にデンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの競演で魅せるサスペンス・アクション『ザ・ウォーカー(英題: THE BOOK OF ELI)』…以上の5作品でした。

 今回は吾郎ちゃんの気に入った作品とそうでなかった作品の差が物凄く激しくて、稲垣吾郎節が炸裂して凄く面白かったです。個人的には1位と2位の作品が観てみたいと思ったし、5位にした作品も逆にそこまで断言するくらいのラストをこの目で観てみたいとう気分になりました。

 最近はホントに映画館に行ってないから、吾郎ちゃんのトークを聞いて映画館が恋しくなったわぁ。


 以下、『月イチゴロー」』のランキングのネタバレになります。
 (WEB拍手のコメントのレスは次回させて頂きます。ごめんなさい!)


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

THE ALFEE in 神奈県 2010 春 
2010/06/24 Thu 00:02
 丁度一週間前の16日はTHE ALFEE in 神奈川県民ホールのコンサートでした。
alfee2010春TOURトラック2 何で一週間も経ってからコンサートのことを書いているかと言うと、その週はかなり公私共にバタバタしていた上に、遂にノートPCの調子が悪くなってきて1時間以上ネットするのが危なくなってきたというのがありました。あと、何よりも、この神奈県での最後の高見沢さんのMCがちょっとグッときちゃったね。思っていた以上に胸いっぱいになってしまって、感想を書くところまで気持ちがなかなか落ち着きませんでした。

 この春TOURは相模大野、NHK2days、神奈県と4本参加できたのですが、いずれも心身ともに疲労困憊の状態で参加していたせいか、「とにかく現実逃避!ストレス解消!」という気持ちが強くて、すごくコンサートそのものに心が依存していたと思います。そのせいか、いつも以上に内容を感情的に捉えたちゃったのかな。

alfee2010春TOURトラック まぁ、その春TOURもこの神奈県でMyファイナルとなりまして、「終わってしまった…」と暫く心が抜け殻状態になっていたのかもしれない。

 ネタバレした感想は「なんでもレポ♪けいじんばん」にダーッと書いたので、ここではネタバレの無い感想を書きたいと思いますが、まぁ毎度書いていることですけど「神奈県(横浜)のノリは熱いっ!」ってことに尽きますね。もともとアルフィーは横浜と縁が深いので、必然とステージも弾けるし観客も盛り上がります。OPからガーッ!と一気にボルテージが上がって、そのテンションのまま最後まで突っ走ったという印象です。

 あと、先にも書いたけど高見沢さんのMCが良かったんですよね。いつも似たようなことを言ってくれているのかもしれないけど、今回は特に言葉の選び方といい、グッときちゃいましたね。参加した方も、「このONE NIGTH DREAMは、参加できた自分だけの宝っ♪」って気分になれたし、自分で足を運ばなければ体験できないライブステージの醍醐味を存分に堪能できて満足♪

 なんでもインターネットを通じて手に入り、PCに保存も出来るようになった便利な時代だけど、ライブステージは「その場限り」の生物。だからこそ、掛け替えの無い大切なモノなんだって、改めて痛感できた神奈県のコンサートでもありました。

alfee2010春TOURトラック3 画像はこの春TOURのトラックです。この神奈県で初めて撮影できたので、ついつい嬉しくて画像をいっぱい載せてしまいました。
 今回はアルバムジャケットのデザインがそのままTOURトラックにもペイントされいて、かなりド派手で一般道に停まっている目立ちまくりです。

 しかし、CDジャケットの時は何とも思わなかったんだけど、TOURトラックだとギターが斜めになっているせいか、獅子舞がガッツポーズしているようなデザインに見えるんですよね(笑)。特に一番上の画像なんてそう見えませんか?私だけかな?

 THE ALFEEとしてはこの春TOURを終えると秋までこれといった活動は無いけど、高見沢さんは夏に王子連合を従えて(笑)ソロアルバム&ソロコンサートTOURがあるし、幸ちゃんもお台場フォーク村があるし、何も無いということが無いので、楽しみが尽きないのは嬉しい限りです♪

 なんだかんだで、今年の夏もミーハー面では忙しそうだっ。


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2010/06/15 Tue 01:40
 いや~、サッカーW杯の日本代表、初戦勝利の勝ち点3!
 大会前までの日本代表の仕上がりがあんまりだったのでイマイチ盛り上がりに欠けていましたが、これで一気に国内でもW杯が盛り上がりそうですね。

 そんな日本代表が勝利した対カメルーン戦の放送が、見事に裏番組となってしまった『G.I.ゴロー』(笑)。まぁ、放送スタート時間はハーフタイムでしたけどね。

 当然、裏がW杯の日本戦であることは判っているので、ゴロー男爵以外みんな日本代表のユニフォームを着ているという開き直りっぷり。しかも、放送内容もハンパじゃなかった!

 インド在住の方からの投稿で「身近な道具を使って気軽に出来るヨガ」を取り上げた時、健康オタクなゴロー男爵は瞳がキラリン☆率先して自分からチャレンジしましたが、なんせ身体を逸らすポーズなので頑張りすぎると男爵の身体のある部分がキワドイことに…(笑)。しかも、男爵が自分から「見ないでっ!」なんて言うから、レギュラー陣はつい意識して見てしまったという自滅ぶり。最終的には男爵の身体にモザイクが掛かっちゃいましたよ!いいんですかっ!余計に危険な香りがしましたよっ(爆)
 助手の山ちゃんが「これが放送されたら、テレビの夜明けだよ!」と言っていましたが、『G.I.ゴロー』はテレビの夜明けを迎えたようです♪

 これ以降、男爵がどんなポーズを取ってもレギュラー陣は男爵のあそこに注目しちゃうし、またもや男爵の身体にはモザイク掛かるし、大爆笑しながら観ちゃいましたよ。しかも、みんな男爵のあそこに注目する余り、ポーズ疲れでイスから転げ落ちちゃった男爵を助けられたのって、ずーっと男爵の身体を支えていた河本執事だけだったもんね。執事の役を全うして下さってありがとう。
 でも男爵は、「みんなの期待に応えられなくてごめんね」とか言っていたら、半分はウケ狙いでチャレンジしていた模様。恐るべし、男爵っ!これからも、この調子でヨロシクよっ!←コラ

 しかし、「いくら深夜とはいえ、SMAPの稲垣吾郎的にOKなの?」と思ってしまうくらいの男爵の大胆さでございました。いや~、ホントに刺激的な夜だったわ(爆)

 …て、こんな深夜にこんなこと書いて何やってんだか(笑)。明日もあるんだから、もう寝ないとヤバイべっ!


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:G.I.ゴロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

2010/06/11 Fri 00:02
CATEGORY【SMAP】
 今年の1/10にテレビ朝日で放送された『SMAPがんばりますっ!! CHAN TO SHI NAI TO NE! スペシャル』のエンディングで、「実はSMAPそれぞれの行動を別のカメラで追い、『毒トマト殺人事件』なるドラマを撮っていました!」というネタが明かされ、本人達が「エエーーッ?嘘ーーっ?」と一番驚いていたのだけれども、遂にその時に極秘撮影されていたドラマの放送が決定しました♪

 7/1に「史上初!ドッキリドラマ 主演SMAP『毒トマト殺人事件』 」と題して放送されちゃいますっ!
 「ドッキリドラマ」というジャンルにもウケましたが、主演の全員がドッキリにかかってドラマの設定を無意識に演じさせられていたという無茶苦茶ぶり(笑)、こんなドラマ…今まであったでしょうか?あ、"史上初"と付いているくらいだから無かったのか(笑)。しかし、良くこういうことを思い付いたよね~。

 正直に言うと、「ドラマを撮っていたよ~♪」というのは、その場でネタというかオチだったんじゃないかと思い、このドラマの放送自体ちゃんとあるのか疑っていたので(笑)、正式に放送が決定してビックリしております。うむむ…、やるな、テレ朝…。

 そして、この『毒トマト殺人事件』のドラマ内容をSMAPが5人揃って観るというのが番組の内容らしく、ドッキリドラマを仕掛けられた5人がそのドラマ映像を実際に観て、一体どんな反応をするのかも楽しみです。※追記:←「WEB拍手」で教えて頂きましたが、TVで流れた映像は番宣だったとか。となると、本放送はドラマ部分だけなのかなぁ…。SMAPが生放送でMCをしてくれるなら大歓迎なんですが(淡い期待)。
 あと、主演が全くドラマの内容を理解していない(知らさされてない)のに、殺人事件ドラマとして成立しているのかも凄く気になりますっ!ああ、もうテレ朝の思うツボだな~…。

 個人的なことになるけど、この番組の放送日がMy Birthdayでもあるので妙に嬉しいです。ちょっとしたプレゼントが空から降ってきた気分かもっ♪

 そうそう。テレ朝ということで、せっかくだから、また映画『十三人の刺客』の映像をこの番組のCM枠に入れてくれないかな~…とも思ったんですが、いくら吾郎ちゃんが出演しているとはいえ、あまりにも番組内容と映画内容のギャップが激し過ぎて無理かしら?(笑)


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2010/06/06 Sun 23:16
CATEGORY【info】
 今月は「WEB拍手」のお礼画像は更新しない予定だったのですが、映画『十三人の刺客』のプロモーション映像が公開された上に、映画館ではチラシも置かれるようになり、遂に…遂に…最凶の暴君であるお殿様の姿も解禁になりまして、「祝☆お殿様お姿解禁」ということで、いつもとは違い「お殿様シリーズ」だけを更新しました。しかも、何故か2種類あります(笑)

 ALFEE関連2種類とSMAP関連の1種類は先月と同じままです。ごめんなさい。来月は更新できたら良いな~…なんて思っていますけど、一体どうなるかなぁ。また「お殿様シリーズ」を続けていたりして(笑)

 いや、それだけ『十三人の刺客』のプロモーション映像は鳥肌モンの迫力とカッコ良さだったんですよ。あの映像がテレビで流れたのは1回きりだし、そろそろ公式サイトでも流して欲しいんですよね。出来るだけ多くの人の目に付いて欲しい映像ですもん。
 映像といえば、30秒ver.のTVスポット用の映像が流れるようにもなっていまして、こちらもプロモーション映像とはまた違った映像も入っていて、殿様の暴君ぶりがより際立っているし、プロモーション映像では台詞の無かった鬼頭もバッチリ登場しておりますからね~。まだ自力では見てないんですけど、公開に向けてガンガン流して欲しいです。


 そして、コロッと話題が変わりまして…

 SMAPの上海万博での公演が中止というニュースが昨晩流れましたが、中止になってしまったのは残念だけど、安全面での不備は前から指摘されていたことだったし、それが改善されずに別公演で怪我人を出してしまった現状を見る限り、中止は賢明だったと思います。何かが起きてからでは遅いですからね。

 もちろん、SMAPの公演を心待ちにしていた地元のファンの方々にとっては辛い結果になだけに、いつかは実現して欲しいですよね。

 しかし、SMAPの公演の事だけに限らず、万博は世界的なイベントなのに、主催者の段取りなどが悪過ぎに見えます。もう少し「世界的なイベントを開催しているんだ」という責任感を持って欲しい。


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

2010/06/05 Sat 01:53
 4日は今年で芸能生活50周年を迎えた加山雄三さんの日本武道館のコンサートに行って来ました。

若大将50年! 武道館前の看板には、「若大将50年!」という文字が大きく飾られておりまして、「若大将=加山雄三」の定着ぶりを痛感しました。

 今年で73歳を迎えた加山雄三さんは、芸能生活50年という節目を迎えた記念に25年ぶりに武道館コンサートを開催。しかも「これが最後の武道館でのコンサート」と公言しており、スペシャルゲストにザ・ヤンチャーズ(森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEE)が全員出演するというこで、「これは生で観るしかないでしょっ♪」と行っちゃったわけでございます。

 しかし、加山雄三さんて私が生まれる前から大活躍されている方でありながら、今もバリバリ現役でステージに立ち続けているって凄いっ。しかも、いくら芸能人とはいえ73歳には見えない若々しさっ!今回のコンサートだって、途中20分間に休憩が入るとはいえ、満員御礼の観客の前で3時間のコンサート歌い続けたんですからね。とんでもなく好奇心旺盛で多趣味で、何より「生涯現役」という精神が若さの秘訣なのでしょうか。

 初めて加山さんのコンサートに参加しましたけど、聴き馴染みのある曲が多かったし、MCも面白かったし、ザ・ヤンチャーズは期待通りでしたし、本当に心から楽しめました♪


 以下、コンサート内容のネタバレ(THE ALFEE寄り/笑)の感想になります。
(「WEB拍手のコメントのレスは次回させて頂きます。ごめんなさいっ!)


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2010/06/01 Tue 22:58
 5/30に『日曜洋画劇場』の冒頭で、9/25から公開される映画『十三人の刺客』のプロモーション映像が世界初公開されました。

 もちろん、この日はTHE ALFEEのコンサートでキャーキャー楽しんでいたので(笑)リアルタイムで観ることは叶わなかったんですが、後日気持ちを切り換えてからじっくりと映像を観まして、あまりの迫力に圧倒されましたよ!

 な、何なんだ、この心躍る作品は…っ!

 もう、語りますっ、語らずにはいらませんぜっ!!(笑)

 映像は3分間ほどでしたが物語の内容が解り易い編集で、江戸幕府の大老から凶悪な暴君である将軍の弟の暗殺を密命された旗本が選ばれし精鋭12人を従え暗殺を企てていく流れと、内なる狂気を秘める暴君の姿…、そして遂に決戦の時を迎えて繰り広げられる激しいチャンバラ劇への「静から動」に展開していく緊張感と高揚感が堪らないっ!

 だって、あの決戦の殺陣の凄まじさとド迫力ぶりと言ったら…!

 アクションシーンはエンターテイメントを意識した『将軍家光の乱心 激突』のような派手な爆発シーンも効果的に入るみたいだし、あの迫力なら30分も続く戦いに観客は鑑賞耐え得ると思います。
 刺客13人 VS 明石藩300人、血で血を洗う命懸けのぶつかり合いなのだから、時代劇の中でも最長といわれる30分にも及ぶ戦いのシーンは、むしろ丁度いい長さになるんじゃないかと思います。だって、刺客一人一人の見せ場とかを入れるなら、30分なんてアッという間に経っちゃいますよ。

 刺客の13人には総じてカッコ良くて、主演の役所広司さんの鬼気迫る存在感はもちろん、時代劇スターの松方弘樹さんの存在感も素晴らしいし、個人的には伊原剛志さんが橋の手前で待ち構えているシーンにやられました。さすがJAC出身で居合にも通じているだけあって、佇んでいるだけでも武士の風格があるっ。

 そして、稲垣吾郎演じる暴君の殿様!
 遂に映像でも解禁ですっ!!

 映像の中で台詞があったのはワンカットのみですが、それ以外のシーンでも一人だけ異質な存在感を発揮していて、目の前が戦場と化しているのに真っ白な着物姿で虚ろな眼つきで無表情に佇む姿が…、ただ立っているだけの姿が妙に狂気帯びて見えゾクゾクしました。

 「最凶の暴君」の名の通り、存在そのものが異様な雰囲気だから静かにしている方が余計に怖い。個人的には、薄い布越しに酒を飲んでいるシーンなのかな?ちょっとよく判らないんだけど、あのシーンが凄く好きです。
 「動」の刺客に「静」の暴君という対比が最高!

 しかし、左利きの吾郎ちゃんでも刀や盃を持つ場面では右手なんですね。あの時代は左利きは矯正するのが武家社会では当たり前だったから当然なんですが、右手で刀を振り回すシーンを見て「おお~」と思ってしまったのが、唯一ファンらしい視点だったかな(笑)

 あと、この殿様の姿を見てしまうと、もう「WEB拍手」のお礼画像で「逆ギレ殿様」を描き続けることは出来ないな…と思いました(爆)

 とにかく、これほどの作品に稲垣吾郎も出演している、しかも物語の鍵を握る人物として…ということが嬉しいです。

 そんな暴君の参謀である市村さん演じる鬼頭のシーンは少なめだったんですが、刺客の一人が殿に斬り掛かろうとしてバッと横から身を挺して守ろうとする場面…一瞬なんですけど、既に旧作を観て内容は知っているだけに、あの鬼頭の行動だけでグッとくるものがありました。
 本作が公開されたら、鬼頭に感情移入して観ちゃうだろうなぁ…。

 ホント久しぶりに、自分の中の映画魂が刺激されまくりっ!
 あの3分の映像だけで、こんなに興奮しちゃってどうしようっ(笑)。でも、期待値を上げ過ぎるのも良くないとは判っているものの、この高まりは抑えられないね。それだけ凄い衝撃を受けました。



web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ