FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2010/10/14 Thu 21:42
 前回の予告通り、今回は映画『十三人の刺客』についてまたまた語りたいと思います。「またかいっ!」と思う人も多いでしょうけど、その通り"また"です(笑)。多分、これでラスト語りになると思うのでお見逃し下さいっ。
 いや~、こんなに作品について語りたいだなんて『KINGDOM OF HEAVEN』以来ですわ。そういえば、『KOH』は特典映像付きのDVD及びBlue-Rayのリリース情報が相変わらず聞こえてこない…。むむ、狐に対しての不満が再燃してきそうだ。

 『十三人の刺客』についてはblog内で十分過ぎる程に語っています。
 ■作品の感想→9/20付けのblog(ネタバレ無し)
 ■キャラ語り→10/4付けのblog(ネタバレ有り)

 今回は個人的に印象に残った場面を絡めた大本命の殿語り(笑)をしたいと思います。当然のことながら作品のネタバレ全開ですのでご注意下さい。殿は前回までにも語っているので、同じ場面などは割愛します。

映画『十三人の刺客』 自分が稲垣吾郎ファン、市村正親ファンであるので当然と言えば当然なんですが、"明石藩絡みの殿のシーン"は全体的に印象が強いです。

 暴君・斉韶の残忍ぶり描写がインパクトあり過ぎるというのも差し引いても、封建社会の歪みを誰よりも理解し人生に飽きてしまっている斉韶の孤独感や、暴君と理解しながらも仕える主君として守り通す家臣の虚しき姿は堪りませんでした。

 まず、松平斉韶(稲垣吾郎)が中庭で間宮図書(内野聖陽)の家族を自ら弓矢で皆殺しにする場面。

 駆け付けた鬼頭半兵衛(市村正親)が制止するのも聞かずに、斉韶は正に的を射るかの如く次々に躊躇いも無く矢を放ち、途中で弓を半兵衛の肩に押し付けるように手渡するところで、私は弓で口煩い半兵衛の頬でも打つのかと思ったのですが、斉韶は「しっかりと弓を預かれ」と態度で示した後に「侍とは何か?」と哲学めいたことを語り始め、どうして自分が間宮の家族を皆殺しにするのかを正当化してみせました。
 しかも、最後の一人に留めを刺した後、「徳川の世もそんなに長くないな…」と言って半兵衛から「滅多なことを…っ!」と咎められても、「余が老中になるのだぞ…?」と返して半兵衛を絶句させ、そんな半兵衛の姿を静観する斉韶の姿が怖いというよりも切なかった。
 中庭を見渡せば複数の死体が転がっている残忍な場面なのに家臣は人形のように静観しているだけで、斉韶を取り巻く空気のなんとも穏かなこと!この異様さが強烈に印象に残ってます。

 そして、落合宿で刺客に行く手を阻まれた場面。
 ここは繰り広げられる殺戮にワクワクする斉韶、形振り構わず守ろうとする半兵衛の対比が虚しさや苛立ちを煽るのですが、2回目以降の鑑賞で半兵衛と同じ明石藩家臣である浅川十太夫(光石研)の頼りない姿にやられました。

 とにかく体を張って斉韶を守ろうとする半兵衛の必死ぶりも印象深いのですが、同じく自分なりに斉韶を守ろうとする浅川の凡庸ぶりが泣けるんですよ。
 半兵衛は島田新左衛門(役所広司)が殿の暗殺を企てていることを誰よりも察知していたから、刺客たちが攻撃を仕掛けて来ても冷静に殿を守ることが出来たけど、浅川は他の家臣と同様に"人を斬ったことの無い侍"だっただけに、刺客の罠に掛かる度に焦り及び腰になる頼り無さだった。

 そんな浅川が永倉左平太(松方弘樹)に斬られ、半兵衛に「殿を…頼みましたぞ…っ」と言い残して川に倒れて行った様を見て、浅川は浅川なりに命懸けで斉韶を守ろうとしていたんだと感じて同情しました。
 しかも、その場所に平山九十郎(伊原剛志)がやって来て死闘を繰り広げはじめたら、死に損なって落ち武者姿になっていた浅川が九十郎に斬りかかって致命傷を負せて、気が狂いながらも刺客を倒そうとした姿に人と人が殺し合う事の恐ろしさと虚しさを痛感。

映画『十三人の刺客』画像1 半兵衛も、浅川も、そして主君の暴君ぶりに抗議の割腹をした間宮も、それぞれ信念を持った良い人間だと思うんですよ。それが仕えた殿が殿だったばっかりに、人生をムチャクチャにされちゃって。
 傍から見れば「こんな暴君を黙認にするなんて!」と反感を買う面もありますが(だから刺客たちに家臣も「皆殺し」にされるわけで)、藩主に仕える家臣として…ましてや藩主が将軍の弟となれば絶対服従の封建社会の中で、大人しく従うことが当然であり義務なんですよね。でも、その藩主が「封建社会なんて馬鹿じゃねぇ!?」みたいなスタンスで大暴れしているんだから、ホントに家臣は堪ったもんじゃない。

 明石藩の人々のやり取りを見ていると、斉韶の暴君ぶりが際立つと言うより憎ったらしくてしょうがない気持ちで一杯になります。

 なんか殿語りというよりも、明石藩家臣語りになっちゃった(笑)
 でもさ、役所さんもプログラムのインタビューで語っていたけど、明石藩側も決して悪の軍団ではないから(むしろ封建社会の犠牲者たち)、権力者には逆らえない生き様の艱難辛苦ぶりに、今の自分達が置かれている立場を少し重ねたくなる部分もあるんだな。世襲制で権力だけ付けた無能な人間って、今も昔も憎々しい存在には変わりないもの。

 …えーと、殿についての語りは長くなりそうなので以下に続きます。←またかい!
 ホントに今回は有り得ないくらい長いですよ(汗)

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ