ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/11/30 Tue 23:07
 はっ!と気が付けば11月も最後ですよ。早いですね~…って、最近はいつも冒頭で同じようなことを書いている気がします。

 今年は色々あるから時が経つのは早いだろうとは思ってはいましたが、まさかここまで早いとは思ってもいませんでしたね。特に11月は「時間を早送りしてる?」って思うくらい早い。法事があったし、大きな仕事があったし、身内の検査入院に付き添ったりと公私共に忙しかったし、そんな中で映画『十三人の刺客』を「これが本当にホントに最後だ!」ってレイトショーで観に行ったりしていたからね(笑)

 でも、今回は映画の話ではなく(まだまだ語りたくてしょーがないけどさ/笑)、ドラマ『流れ星』の話。

 昨日で第7話まで終わり、残すところ3回ですよ。始った~!と思ったら、もう終盤に差し掛かってきているんですなぁ。
 最初は吾郎ちゃん目当てで観ていたドラマですが、意外と言ったら失礼ですが最近の「月9」とは雰囲気が違ってゆっくりと時間が流れる切ないニューマンドラマで、ちょっと主人公とヒロインの描写が物足りないかなと感じた回もあったけど普通に楽しんで観ています。

 特に昨日の第7話はいつもより話の展開が早くて見入っていまいましたが、私は主人公の健吾(竹野内豊)が少しずつ嫌いになっているかもしれません。

 この意見って絶対に少数派でしょうけど、私は健吾の元婚約者である美奈子(板谷由夏)に感情移入しちゃっているんですよね~。多くの視聴者は健吾と梨沙(上戸彩)が結ばれることを望んでいるから、美奈子は邪魔な存在だと思われます。んがっ!美奈子は一番このドラマの登場人物の中で、一般的な感性を持っている人なんじゃないかな。
 だってさ、いくら結婚間近だったとはいえ、義理の母親になる人からいきなり「娘の為にドナーになって!」と何の説明もなく土下座されたら退いちゃうし、自分の両親から「ドナーになることは無い」と言われてホッとしてしまったというのは凄く素直だと思ったし納得しました。しかも、それがキッカケで健吾と別れることになったら未練が残るのは当然でしょう。
 だから健吾を想う気持ちを捨てきれなくて「私がドナーになる」と宣言するのは無理もないし、美奈子なりの彼に対する精一杯の愛情表現だったと思うんですよ。でも、彼女がその決断をするのが少し遅かった為に、健吾の想いは梨沙に行きかけていて、それを感じ取ってしまった美奈子は健吾が自分にハッキリと別れを告げられるように誘導したわけでしょう。あ~っ、切ないっ!

 そもそも、健吾がどれだけ美奈子のことを想っていたのかよく解らないだけに、美奈子が別れを誘導するまで「敢えて何も言わない」という残酷な優しさを貫いた言動が腹立たしかった。だって結婚を決めていたわけだから、健吾なりに美奈子のことは愛していたわけだよね?でも、妹のマリア(北乃きい)の容態悪化に伴いそれどころじゃ無くなってしまった…というのがね~。
 あの健吾と美奈子の別れのシーンは、美奈子に感情移入してグッときてしまいましたよ。

 吾郎ファン視点でいくと、第7話は健吾と修一の対峙シーンがあったのが美味しかったですねっ。
 お互い口調は優しかったんだけど、敵意剥き出しの雰囲気がドキドキしました。特に吾郎ちゃんの黒目勝ちの眼が怖くって、あの表情で冷たい言葉を放つのがサマになるんですよね。

 「クズ兄貴のもずく!」が定着しちゃっている修一ですが(笑)、妹の梨沙に異常なまでに執着するのは金ヅルになるからってだけではないというのは判ったものの、「その異常な独占欲は何で?どうして二人で一緒にいなくちゃいけないの?」の描写がまだ無いだけにモヤモヤしちゃいます。
 梨沙も何であんな酷い兄を見限れないのかも疑問。幼なかった自分を一人で育ててくれた負い目だけで、ここまで情を持ち続けられるものなのかな?だって、修一は騙し取ったお金で梨沙の質素なアパートをどんどん自分好みのゴージャスな内装に変えていっているんだよ。それ以前に、勝手に梨沙のアパートに居座っているしっ!この兄妹の関係性は第7話まできても謎が深まるばかり。

 でも健吾に梨沙を取られるのだけは許せないらしく、健吾に対して「梨沙はあなたの妹を助ける為の道具じゃない」とか、「あなたが僕の立場ならどうしますか?」と正論を言ったのは「おお!」って思いましたね。直後に健吾から「あなたは梨沙を幸せに出来ない」て言われて反論できないでいましたが、個人的には美奈子を幸せに出来なかった健吾に梨沙を幸せに出来るのか?という疑問があったので、ちょっと説得力に欠けました。むしろ、静かな怒りを抱いた修一の無表情に佇んでいた姿にワクワクしちゃった(笑)

 ああ~、絶対にこれはマイノリティな感想だよね~。

 次週の第8話も展開が早そうですが、健吾というか岡田家に対して修一の嫌がらせがエスカレートしていきそうですね。
 「月9」だから最終的に修一も健吾や梨沙に絆されて改心するのかな…なんて最初の頃は思っていたけど、まずその線は無いなって思った第7話だっただけに、修一がどれだけ暴走していくのか見届けたい。それと同時に、修一と梨沙の兄妹のバックグラウンドをそろそろ描いて欲しい!ここを描写してくれないと、健吾と梨沙って結ばれないんじゃないだろうか。
 このまま修一のバックグラウンドの描写が無くて、二人のことを邪魔しまくった挙句に流れ星になるという展開だけは勘弁!そうなったら怒るぞぅ!

web拍手

テーマ:流れ星 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2010/11/21 Sun 01:16
 20日放送の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』がありました。
 「2010年11月公開の」ではなく「2010年冬公開の」と言っていたので、今回の放送が今年最後の『月イチ』になってしまうのかなぁ。

 『月イチ』恒例の御もてなしは相変わらず豪華だったんですが、大下アナがリフレッシュ休暇で欠席の為、代わりに『十三人の刺客』の完成披露試写会で司会を務めていた大木アナが吾郎ちゃんのお相手をしまして、大下アナが欠席と知り「(美味しい料理を食べられる)このコーナーを大下さんは月に一度の楽しみにしていたのに」と暴露していたのであった(笑)。あと、大下アナが旅行をする時は大抵お母様と一緒であることも暴露していましたね。吾郎ちゃんと大下アナって、このコーナーでは映画以外のお話を色々としているんだろうなぁ。

 あと、今回の吾郎ちゃんのビジュアルがかなり好みでしたね。このコーナーでは蝶ネクタイ姿も増えてきましたが、あのクルクルの癖毛を全開にしたヘアスタイルと蝶ネクタイの雰囲気がマッチしていて好きです。個人的にはカッチリとクールに決める吾郎ちゃんが好物ですけど、あのヘアスタイルには蝶ネクタイを合わせた方がキュートに決まって良いんですよね~♪

 さて、本題。
 2010年冬に公開される作品の中から慎吾がチラシだけ見て選んだのは、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者である水木しげる氏の妻の自伝を映画化した『ゲゲゲの女房』、20年前に公開されらハリウッドの大ヒットラブストーリーを松嶋菜々子主演でリメイクした『ゴースト もういちど抱きしめたい』、ジャッキー・チェンが原案・製作・主演を務めたアクションムービー『ラスト・ソルジャー(英題:LITTLE BIG SOLDIER)』、大女優カトリーヌ・ドヌーヴと『潜水服は蝶の夢を見る』のチュー・アマルリックが共演するフランス映画『クリスマス・ストーリー(英題:UN CONTE DE NOEL)』、36年前に放送されたアニメを木村拓哉主演で実写化した『SPACE BATTLESHIP ヤマト』…以上の5作品でした。

 「2010年冬の公開作品」と言っている割には『ヤマト』以外は11月公開の作品なんですよね。『ヤマト』も12/1公開だし、別に11月公開作品という枠組みでも良かったんじゃないだろうか?それから、あともう一作品くら12月公開の作品を選んで欲しかったかな。

 今回は1位は予想が着いていたけど、5位の作品はちょっと意外でした。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2010/11/14 Sun 23:02
CATEGORY【sports】
 バレーボールの世界バレー大会(世界選手権)で日本女子チームが銅メダルを獲得しました!この快挙は実に32年ぶりなんだとかっ。おめでとうございますっ。

 世界選手権はバレーボールの世界大会の中でも一番歴史があるだけに、そこで女子チームがメダルを獲得したっていうのは本当に嬉しいですね。特に、昨日の対ブラジル戦では「か、勝てたのに…っ!」と思える悔しさいっぱいの内容だっただけに、今日の対アメリカ戦でもファイナルセットまでもつれこんでハラハラしましたが、最後まで集中力を欠くことなく素晴らしいコンビバレーで勝利を掴んだな~と感動っ!

 低迷時期もあったけど、少しずつレベルアップしていってチーム全体が身体面ではもちろんだけど、精神面でも強くなってきていたんですね。

 しかし、全日本女子チームの銅メダル獲得に感激したと共に、驚いたことが一つ。
 私はむか~しバレーボール観戦が趣味でよく観に行ってまして、しかもお目当てが外国チームの選手だったりするわけで(笑)、現役を引退した外国の選手のことの方が良く知っていた分、アメリカ女子チームのコーチがカーチ・キライだったことにビックリしました。

 カーチ・キライといえばスティーヴ・ティモンズと共にアメリカ男子バレーの黄金時代を築き上げた人だし、ビーチバレーのパイオニア、あとイタリアバレーのプロ化の地盤を築いた人でもあり、私の中では伝説のバレーボール選手です。
 その人がアメリカ女子チームのコーチをしているというんだから、驚き同時に妙な懐かしさまで感じてしまいましたよ。

 ロス五輪の時のアメリカチームの試合をテレビ観戦してバレーボールに興味を持つようになり、その後にイタリアのスーパースターであるアンドレア・ゾルジ選手の出現で生でも試合を観に行くようになり、ロシア(ハマッた当初はソ連だったけど)ドミトリー・フォーミン選手にハマッて、地方の大会まで観に行くようになっていましたからね。ああ、あの頃は私も若かった(笑)。まぁ、フォーミンについてこちらをどうぞ。

 でも、フォーミンが現役を退いてからはバレーボール自体もそんな観なくなっちゃって、偶にテレビで放送していれば観ているって感じになっちゃったなぁ。もちろん、観れば熱くなっちゃうんだけど(笑)

 …そんなわけで、女子バレーの銅メダルに感動しつつ、昔バレーボールに夢中になっていた頃を思い出してセンチメンタルになってみました。

 ただ、過去を思い返していくと、バレーボールは時代によってルールが良く変わっていくという印象があるな。私が生で観戦していた当初はラリーポイント制じゃなかったし、リベロというポジションも存在しなかった。監督もあんなにコートサイドで動き回れなかったはずだし、ユニフォームの規定やら随分変わりました。
 これは他のスポーツでも言えることなんだろうけど、試合展開が昔に比べて随分早いから…すごく過去の試合がゆっくりに感じます。


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:女子バレーボール - ジャンル:スポーツ

2010/11/09 Tue 22:48
 いつものミーハー語りと違って今回は真面目語りです。「ちょっと苦手」という方は読み飛ばして下さってOKですよ。所詮、独り語りですから。

 今日は祖母の三回忌法要でした。なんかこういう行事って、時間の流れの早さと自分の心の流れの遅さのギャップを痛感させられますね。あと、あれから二年しか経っていないのに、随分と取り巻く環境が変わったなとも感じました。

 特に今年が個人的にも色々とあった年だから強く感じるのかもしれないけど、祖母が急死した頃と今とでは…日本を取り巻く情勢が凄く不気味で厭な時代になってきたな…と思わずにはいられない。
 今の時代って国民や国益のことを第一に考え動く政治家が滅亡しかけて、私利私欲に走っている政治屋が増殖してましすよね。。苦しんでいる国民に対しての対策はめっぽう遅くて、保身に関することは迅速に動くって国には絶対になって欲しくないし、そんなこと絶対に黙認しちゃいけない。

 国民がさ民意がしっかり届くように、政治のことをしっかりと我事として捉えないとマズイんだよね。「上に立つ誰かが何とかしてくれる」って甘い考えが、今の不穏な国内情勢を生んでしまった気がします。

 冒頭から、こんなミーハーblogには相応しくない内容を書いてしまったけど、気持ち的に書かずにはいられなかったので書いちゃいました。ガス抜きってやつかしら?

 でもさ、今は物凄い量の情報が一気に流れる時代だから、油断すると簡単に情報の渦に呑まれちゃって何が正しいのかも判らなくなり易いんだよね。だからこそ、例え自分を突き動かす原動力がミーハー魂であっても(笑)、自分の意志をしっかり持って「正しい現実」を見極められる人間でいなくちゃって思ってしまうのですよ。

 某ご贔屓俳優さんが昔何かのインタビューで、「自分が生まれた頃の時代よりも、自分が死ぬ時に"今の方が良い時代だ"って思えるような人生を送りたい。それが自分の中での目標」と語っていたことがあり、なんか唐突にそのインタビュー記事のことが頭を過ぎりました。
 当時は「素敵な理想論」と読み流してしまったのに、それを理想と捉えずに現実にしていく努力が今の時代に必要とされているんだと、今更ながら理解できたってことかな。←遅過ぎ

 三回忌を迎えた祖母はそれはそれは苦労も多かったことだと思うけど、晩年は孫ながらにとても充実しているように見えました。決して惰性で生きていませんでしたからね。だから、傍から見れば理想的な逝き方ができたんじゃないかな。

 私も素晴らしい人生をちゃんと送れるように、もっとしっかりして行かなくちゃダメだな…と、祖母の法事で気付くのも何なんですが(笑)、気付かないよりはマシでしすよね。←前向き主義

 このblogにはまったく似つかわしくない内容を書いてしまったけど、たまにはこういうことを書いても良いでしょう。どうせ次回からミーハー全開でいきますんで(笑)
 だって「もずく野郎」について書きたいもんっ!←はいっ?


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

2010/11/03 Wed 18:26
 10/31はTHE ALFEE in 東京国際フォーラム・ホールAでのコンサートに参加して来ました。1ヵ月前に高見沢さんのソロコンサートでもフォーラムAに来ていたので、なんかフォーラムに月一で通っているような感じ(笑)

2010秋TOUR_GOODS NEO UNIVAERSⅡ TOURはこの東京国際フォーラムがMy初日だったんですが、東京公演の初日だったこともありGOODS売場は長蛇の列で買うのが大変でした。時間に余裕を持って行って良かった…。
 今回のTOURパンフは初のCD付きでALFEEのクロストークが1時間近くも収録されているのが嬉しい!このスタイルは定番化して欲しいな。あと、七分袖Tシャツのデザインがカッコ良かったので思わず買ってしまった。でもこれなら普段でも普通に着こなせる気がするわっ。

 さて、コンサートの感想はいつも通り「なんでもレポ♪けいじばん」に勢いで書き込んであるのでネタバレOKな方はそちらをお読み下さい。すっごい支離滅裂な妄想レポですけど(笑)
 ネタバレしない程度に感想を書くならば、すっごく秋らしい構成だったなぁという感じでしょうか。今回は今まで以上にミュージシャンらしいステージで真っ向勝負!…という印象を受けました。もちろん、「あなた達はミュージシャンなの!?」と疑いたくなるような場面も多々ありましたよ(爆)、それでもミュージシャンらしさが際立っていた構成及び演出でした。

 それに相変わらずな3人の姿を生で見るだけでもパワーを貰えるっていうか、すっごい前向きになれるんだよね。年齢を超越した容姿はそろそろ妖怪レベル(byさだまだし)に入ってきているけど、常に「ライヴステージが一番!」という姿勢を貫いてくれることに何とも言えない安心感を覚えて、「まだまだ自分も頑張れるぞ」って気持ちにさせられる。

 あと、私は自分が参加するまでネタバレ厳禁モードで頑張るんですが、「この曲が演奏されるんじゃないか?」と演奏曲を幾つか予想してから参加します。
 それがですね、今回、ビンゴの曲がありまして、この曲が演奏された時は一人でテンションがMAXになっちゃいました。決してテンションMAXにいなるような曲じゃないんですけどね…。いや~、嬉しかったなぁ!

 この秋TOURがかなり好みな曲構成だったので、東京国際フォーラムの後は日本武道館まで参加できないのが残念で残念で…。ああ、出来ることなら無理しまくって何処かに参加したいけど、今回ばかりは本当に厳しい。
 武道館まで1ヵ月半以上もあるだけに、妙な禁断症状に苦しみそうな予感がして今から怖いです(笑)。それだけ、ツボにハマるアルコンでございましたっ♪

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ