FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2010/12/22 Wed 19:31
映画『ロビン・フッド』 久しぶりに映画館へ行きまして、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』を観て来ました。

 舞台は12世紀末のイングランド。
 弓の名手のロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていたが、イングランドの騎士のロバート(ダグラス・ホッジ)の暗殺現場に遭遇してしまい、彼の父であるノッティンガム領主のサー・ウォルター(マックス・フォン・シドー)の元へ剣を届けて欲しいという遺言を引き受ける。そしてノッティンガムの地を訪れたロビンはその純朴な人柄をサー・ウォルターに買われて亡きロバートの代わりになって欲しいと頼まれるが、イングランドではリチャード1世の弟のジョン王の暴政ぶりに国民は士気を失い、そこへフランス軍が侵略を進めて来ていたのだった。

 …という話で、一人の勇敢な男の半生を壮大なスケールで描いた歴史モノです。

映画『ロビン・フッド』画像2 私がこの作品を観に行った理由は単純。リドリー・スコット監督作品でご贔屓女優のケイト・ブランシェットが出演しているから(笑)
 主演のラッセル・クロウは好きでも嫌いでも無いのですが、リドリー・スコット監督と組んで大ヒットした『グラディエイター』はあまり好きではないのですよ。むしろ、リドリー監督で歴史モノなら『キングダム・オブ・ヘブン(以下、KOH)』の方が好きだし、ラッセルがリドリー・スコット監督と組んだ作品なら『アメリカン・ギャングスター』の方が好きだったりします。

 で、この『ロビン・フッド』はどうだったかというと、可もなく不可もなくというか…普通に面白かったです。良くも悪くも妙なアクの無い作品だったから、時代モノ好きの人にはお薦めしたい。

映画『ロビン・フッド』画像3 ただ、最初のフランスでの戦闘シーンや、騎士のロバートが暗殺されてしまう場面、ロビンが王冠をロンドンまで届けに行くシーンとか見応えがあってテンションが上がっていた分、最後のフランス軍との戦闘シーンは物凄い迫力だったけど、もっとカタルシスを味わいたいって欲張りになっちゃったんですよね。
 ロビン自身の描写は掘り下げられていて魅力的なキャラクターになっていたけど、他のキャラは流れに入り込み易い内容の割には描写が平坦なのが後半にいくにつれ目に付き、特に終盤は物語をかなり端折っているような感がありました。

 そのせいか良い映画だったけど、観終わった後にこれと言って印象に残ったシーンが特に無いというか、な~んか物足りない感じも受けてしまいました。こればかりは好みの問題だとは思うんですけど、同じ十字軍が関わってくる作品ならば『KOH』の方が胸に迫るものがありましたね。
 ただ、ロビン・フッドも飽くまで架空の人物であって、ファンタジックな世界観とのバランスと完成度は『KOH』より高いと思いますし、日本人には訳が判らなくなるような人間関係も判り易く描いていたと思います。

映画『ロビン・フッド』画像1 ラッセル・クロウとケイト・ブランシェットの共演は意外に良くて、撮影前は太り過ぎたラッセルとのバランスが悪すぎてシエナ・ミラーが降板させられ急遽ケイトに決まったなんてゴシップも流れましたけど、次第に惹かれて行くお互いの空気感はとても素敵でした。むしろ、ラッセルはあれぐらいの体格がロビン役には丁度良いでしょう。弓を力強く引く姿も様になってましたものっ。
 でも、どんな状況になろうとも強さを失わないレディ・マリアンがケイトにハマっていただけに、もう少しだけサー・ウォルターとの関係性や森の小さな盗人たちとの関係を丁寧に描いて欲しかったなぁ…という欲もあります。それに、あんまりケイトが強過ぎるとイングランドが舞台なだけに『エリザベス』になってしまう(笑)

 物語のちょっとした大事な描写が端折られていた分、終盤での意外な人物達の加勢が唐突過ぎて、感動するよりも「何で?」と呆然としてしまい、クライマックスではイマイチ盛り上がりきれなかったんですよね~。海岸での戦闘は迫力ある映像だっただけに、ホントに勿体無いっ。
 なんとなく『ロビン・フッド』も『KOH』と同じで、ディレクターズ・カット版なんかが出たら物語の印象がガラッと変わりそうな予感もします。

映画『ロビン・フッド』画像4 気が付けば不満要素ばかり書いちゃいましたが、決して詰まらなかったわけではありません。2時間半を飽きずに観られたし、厳しい規律に守られた人間関係の中で見え隠れする陰謀や策略、忠義に自由といったあの時代ならではの展開は十分に楽しめる内容だったと思います。

 それにジョン王(オスカー・アイザック)の小物ぶりは最高で、歴史上の中で一番嫌われていたイングランド王の名に恥じない(?)存在感でしたね。彼の最後まで一貫した小物っぷりは、『ロビン・フッド』が架空の歴史上の物語とはいえ現代の社会情勢にも被り、妙にリアリティを感じてしまいました。

 あと、意外と言っては何だけど、戦闘シーンも多いのにリドリー作品にしては暴力的・残酷的な描写も抑え目でCGも多用せずに、あそこまでの迫力シーンを撮ったところは素晴らしかったですね。
 ロビン・フッドなだけに"弓矢"による見せ場のシーンが多く、これがカッコいいんだなぁ。なんだかんだ書いても、あの戦闘シーンは劇場の大スクリーンと音響で観る価値アリとしか言いようがないでしょう!
 劇場スクリーンで観ておいて良かったです。


「ロビンが最後に決着を付けたシーンはベタだとはいえ痺れるっ!」→★★★


web拍手

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ