FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2011/03/03 Thu 19:33
 昨日はレディースデイだったので、今年度のアカデミー賞最多12部門ノミネートされ主要部門の4部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞)を受賞した話題作『英国王のスピーチ(英題:THE KING'S SPEECH)』を観て来ました。
 さすがアカデミー賞効果というべきか、中途半端な時間帯だったのに8割がた客席は埋まっていましたね。

『英国王のスピーチ』 ≪あらすじ≫
 幼少時代から吃音症に悩み続けていた為に内気な人間に育ったヨーク公アルバート王子…後のジョージ6世(コリン・ファース)は敢えて人前に出るようなことは避けてきたが、父親である英国王のジョージ5世(マイケル・ガンボン)の指示により式典でスピーチをする場が訪れた。しかし吃音が出てしまったジョージ6世は緊張の余りスピーチをすることが出来ず国民の前で恥を晒してしまった。
 そこで妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は人伝に吃音矯正の専門家であるライオネル(ジェフリー・ラッシュ)の存在を知り彼に吃音症の診察を依頼をするが、今まで色んなドクターに看てもらっても何一つ良くなっていなかった為にジョージ6世自身がライオネルに否定的な態度を取ってしまう。

 …という、現エリザベス女王の父親に当たるジョージ6世の実話に基づいた話です。

『英国王のスピーチ』 ジョージ6世が吃音症に悩んでいたという事実を、私はこの作品で初めて知りました。
 物語がドキュメンタリーのような作りで淡々と進行していくせいか、ジョージ6世のスピーチに対する緊張感が観客側にもヒシヒシと伝わってきて、これは主演のコリン・ファースのリアル過ぎる演技力の賜物だと思うのですが、もう彼の口元や緊張した眼差しがアップになる度にこっちもドキドキ、集中して聴こうとする国民たちの視線に冷や汗が…という感じなのです。
 特に前半なんて、喋る以前に人前に出ることが苦手だ…というのがオーラで伝わってきて、こういう人が王族にいると当人はもちろんだけど、周囲の人達も大変だよなぁと妙に伝わってくるんですよ。

 映画なんだから別に「無音」の状態が続いたって良いわけですが、状況が状況なだけにその「無音」の状態が居た堪れなくなる。あれほど会話と会話の「間」に緊張感が漂う作品も珍しいかもしれません。今にして思えば、あの「間」は作品上での絶妙な演出でもありましたね。

『英国王のスピーチ』画像3 そして、ジョージ6世の吃音症を改善させる役を担うことになるライオネルの存在がこれまた良いんですよ。ライオネルは吃音の専門家だけではなく、シェイクスピア好きな役者志望者でもあり、彼が所々に挟むシェクスピアの即興演技や例え話が物語の流れに上手くリンクしていて、正に"言葉巧みに物語の世界観に惹き込む"存在でした。
 ジョージ6世とライオネルが語り合うシーンは時に感情的になるので見応えがあって、まるで二人芝居を見ているかのような迫力。たまに「これって、子供の罵り合いなんじゃないか?」と感じる時もあって実にユニーク。、この作品は、役者さんが相当大変だと思いますけど(笑)舞台化も可能でしょうね。とにかく、二人の人間関係が素晴らしかったです。

 しかし、物語としては期待していたよりもフツーだな…というのが正直な感想です。もちろん事実に基づいている作品なので下手にいじれないというのもあるんでしょうけど、もっと感動の押し売りをしてくるものだと思っていました。
 それでも最後まで作品の世界観に惹き込まれたのは、主演2人の巧さと脚本の素晴らしさでしょうね。言葉の一つ一つがちょっとした伏線になっていたりして、本当に「あっ、この台詞って、ああ、そうなのか…」って思えたりしてね。鑑賞する度に新しい発見を見つけられる作品ではないでしょうか。変な言い方かもしれませんが、「普通だったけど、また観てもいいかも」って思いましたから。

『英国王のスピーチ』画像4 だってジョージ6世は生い立ちからして大変なのに、お父さんがあーなって、お兄さんがこーなって、世界情勢があーなっちゃって…と、物凄く激動の時代に中心人物にならなければならなかった人で、ホントにお気の毒にとしか言いようがないくらい大変な苦闘を強いられる。だから、例え淡々に描いていようとも彼を取り巻く緊張感はハンパないじゃんっ!と、目を離すことなんて出来ないんですよね。

 決められた人生を生きていくしかない人間の苦悩と葛藤がリアルに描かれているからこそ、クライマックスでは静かなカタルシスも感じられるわけで、最近の日本のドラマでは見ることが出来ない完成度の高い脚本と演出を十分に堪能できます。

 それに、ずーっと殺伐とした展開の映画ばかり鑑賞していたので、久しぶりに穏かで心温まる作品を観られて安心してしまいました。

 あと、物語を華を添える感じに流れる音楽も良かったですね。またサントラ盤に手を出してしまいそうだわ…。


 「エンディングのキャプションを読んで何故か切なくなった」→★★★


web拍手

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ