ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/04/23 Sat 00:17
 20日はTHE ALFEE in グリーンホール相模大野のコンサートに参加して来ました。

 『I Love You』というTOURタイトルが付いた今年の春TOUR、本当は7日のサンシティ越谷からスタートするはずが延期となり9日の静岡からのスタートのなって、この相模大野がTOUR4本目です。
 当然のことならが、この春TOURをやるかどうかALFEE側がギリギリまで悩み、「トラベリング・バンドとして自分達がやれることをやる!」と重い覚悟を決めてのスタートとなりました。だから、TOUR GOODSの売上げの一部は義援金に回り各会場にも日本赤十字の募金箱が設置されました。ステージも限られた状況で出来る限りのパフォーマンスをするという姿勢が、セットや演出かれらもしっかり見て取れました。

 そんないつもとは全く違う状況でスタートした春TOUR、参加する側だって今までとは全く違う気持ちで参加しました。正直、一週間ぐらい前までは「参加しても良いのか」と悩んでいましたし、大きな余震への不安もありましたからね。
 でも、ALFEEがTOURをやってくれるんだし、自分は参加できる状況にあるんだし、ほんの限られた時間とはいえ現実逃避をさせてもらおう!と思い、例え当日何があっても覚悟の上での参加していると吹っ切れました。

TOUR GOODS GOODSの一部が義援金に回るから…って訳じゃないですが、パンフレットの他に携帯ストラップが可愛かったので思わず買ってしまいました。あとTOURバッグは今回一緒に参加したママンボのお友達が、「素敵なコンサートに招待して貰ったお礼に♪」と買って下さったんですけど、チケット代を頂いているわけだから招待したわけじゃないんですけどね(笑)、何度かアルコンには参加されている方なんですけど今回は特に感激したみたいで嬉しかったです。
 今回もパンフには3人のクロストークが収録されたCD付きですけどまだ聴いてません(笑)。多分、寝る前に聴くような内容じゃないと思うので、さて…いつ聴こうかな。

 そうそう、客席に入ってから開演に先立っての注意事項がアナウンスされるのはどの公演でもあることですが、「当会館は耐震構造がしっかりしていますので、地震が起きた際も慌てず、係の者が誘導するまでその場で落ち着いていて下さい」みたいなアナウスが入り、どうしていつもとは違う雰囲気になってしまいますよね。
 ただ、この会場は3/11の時も何とも無かったのは知っていたので、大丈夫だろうという安心感はありました。

 …と、まったく先程からコンサートの内容には触れていませんが、少しでも書くとネタバレするまで書きそうなくらい勢いがついちゃうんですよ。それだけ、感情がまだまだ昂ぶった状態です。
 だから、既に『なんでもレポ♪けいじばん』に珍しく長文で書き込んでおります。但し、ネタバレ全開な上に、いつも以上に記憶曖昧&妄想全開ですけどね(笑)

 もうね、今回はセットリストだけで見てもALFEEのライヴステージ対するプライドや、今の状況でのミュージシャンとしての自分達が伝えたいことなどがひしひしと伝わってくるのですよ。音楽では衣食住を満たせないことなんてALFEEが一番よく解っていますよ。だけど彼らはミュージシャンであるわけで、その葛藤や苦悩の末に構成して挑んだステージなんですから、その情熱が胸に響かない訳がない。
 間違いなく今までのTOURとは違うと思います。だけど、今のALFEEにしか出来ないステージには代わりありません。

 参加するまでかなり悩んだけど、本当に参加して良かったと心から思いました。

 出来ることならば、今回のTOUR…どの会場でも良いので是非ともDVD化をして欲しいです。映像としてしっかり残しておいて欲しいっ!


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2011/04/19 Tue 22:09
 一週間近く前のことになってしまいますが、14日の深夜からTBSで新番組『ゴロウ・デラックス』が始まりました。

 前番組『哀愁探偵1756』とはガラッと雰囲気が変わり、初対面となる小島慶子アナとガチンコでトークを展開していくというシンプルな番組。スタジオセットもシンプルで「『はなまるカフェ』の脇に作られている」と、番組の冒頭から吾郎ちゃんが指摘しておりましたが、とにかく初回放送は出演者の2人はもちろん(だって初対面なのに打ち合わせもなくセット集合で本番開始ですよ!)、スタッフ側も手探り状態というか2人に段取り丸投げ状態でして(笑)、深夜番組らしいマッタリした雰囲気の中に吾郎ちゃんと小島さんの素も垣間見られて面白かったです。

 小島アナがTBSラジオの番組で人気を博していることからセットはラジオスタジオのような作りなのですが、いきなり小島アナは「ラジオ局に入ったことが無い人が作ったセットですね」とバッサリ(笑)。吾郎ちゃんも自分の所だけに小さな鏡が置かれているのに気付き「こういう鏡好きキャラでいて欲しいんでしょ!」とバッサリ(笑)。本当にスタッフは図星だったのか、2人の言葉が流れると同時に何故かTV画面の端にはリンゴに矢がグサグサと刺さるアニメーションが!
 どうやら、この番組は吾郎ちゃんと小島アナが本音トークでスタッフや世間をリンゴに見立ててグサグサしていくみたいです。意外に二人がボソッと言う台詞が身も蓋もないというか、ホントに裏表がないだけに面白いし爽快でしたわ。

 そういえば、吾郎ちゃんが「最近テレビとかあんまり見ない。だって、最近のテレビってテロップがいっぱい出て画面がうるさいじゃない」とダメ出ししていたのは最高でした。リンゴにも矢がグサグサ刺さっていたけど、過度なテロップ出しは本当に煩わしいだけだよね~。

 吾郎ちゃんの深夜番組シリーズはかなり続いていますけど、『Goro's Bar』は別格として、この『ゴロウ・デラックス』は深夜番組らしい低予算とマッタリ感を醸し出しつつも、今までの深夜番組シリーズの中で吾郎ちゃんの素が出ている気がします。最近はTVでも出すようになったお喋り吾郎ちゃんの姿だけではなく、ムカツキ御曹司ぶりも全面に出すみたいなので楽しみ。

 ただ、『哀愁探偵1756』のコーナーでもあったダイエット企画「今週のリエコ」は『ゴロウ・デラックス』でも続くらしく、今回もADのリエコさんはスタジオに登場して今まで非公表だった体重まで公開して意気込みを見せてくれましたが、『ゴロウ・デラックス』の番組の雰囲気には合ってないような気がしたなぁ。もちろん、個人的にはリエコさんには頑張って頂きたいし参考にもしたいですが、せっかく番組を一新したのなら統一感をしっかり出して欲しかったなぁ…とも思ったり。

 …と、ちょっと我侭な意見を書いてしまいましたが、たった2人で本音トーク全開で気ままに語るという内容は好みなので、じ~っくりとこの番組を育てていって欲しいですし、少しでも放送される局が増えてくれるといいな。


 あ、昨日の慎吾のドラマと『生スマ』でSMAPの新曲が披露されましたけど、ほんわかとした癒される感じの楽曲ですね。今の状況では配信のみも仕方ないとはいえ、いずれCD化して欲しいなぁ。
 ただ、キーがかなり高めなので、生の音楽番組とかではドキドキしそう(笑)


web拍手
Happy Birthday Takamiy♪ 
2011/04/17 Sun 21:58
 使い捨てコンタクトが残り少なくなったので買い足しも兼ねて3ヶ月ぶりに眼の定期健診を受けたのですが、矯正えで両目共に0,8の視力だったのに何故か1,0と1,2になっておりました。この1ヵ月以上は節電も兼ねて家でPCを使うことを出来るだけ控えている影響かな?でも、部屋の灯りはこの1ヵ月暗めになっているんだけどね。まぁ、この視力を維持してきたいですわ。

祝☆57歳_タカミー さて、15日の幸ちゃんに続き、今日はTHE ALFEEの高見沢俊彦さんの57回目の誕生日です。
 ホントに幸ちゃんが3人の中で一番年上という時期は2日足らずなのよね(笑)

 元祖ビジュアル系王子のタカミーも57歳ですよ。でも、多分、今が一番パワフルな気がします。もちろん、体力的なことを言ったら30代の頃とのか方が圧倒的に上だったろうけど、筋トレに目覚めてからの高見沢さんの変貌ぶりには目を見張るものがあります。TVとかではそれほどでもないけど、コンサートステージでは「これでもかっ!」とばかりに鍛え上げられた二の腕をアピールしてくるし、ピョンピョン跳びまくってステージを走り回っても息切れすることなく直ぐに歌に入れたり、正に驚異に57歳!
 そんな意味合いも込めて、お祝いイラストは日々の筋トレに励むタカミーにしてみました(笑)。きっと、凄い重さのダンベルとか軽がる持ち上げられちゃうんだろうなぁ。「筋トレ後の一杯のプロテインが最高!」だなんて台詞、10年前の高見沢さんだったら想像ができませんよっ。

 でも、「いつまでも現役でステージに立ち続ける為に」という気持ちと、「派手な衣装を着こなす体型を維持するのはプロとして当然」というプライドで筋トレを欠かさない姿には惚れます。これからも、「そんな衣装、あなた様にしか着こなせませんよっ」くらいの我道を歩んで行って欲しいです。

 高見沢さん、お誕生日おめでとうございます。
 こんな時代だからこそ、高見沢さんのような熱過ぎる情熱とメッセージ力は不可欠。ガンガンにステージからファンを引っ張って行って欲しいし、そんな姿が観たいです。
 そして、いつまでも「アルフィーの高見沢=派手」の方程式を守り続けて行って下さい。もうここまできたら、「高見沢俊彦が派手でいる限り大丈夫だ!」って気分でいきますともっ(笑)

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

Happy Birthday Kou-chan♪ 
2011/04/15 Fri 20:54
 連日、心が挫けそうになるようなニュースばかりで何を信じていいのかも判らなくなってきていますが、ここまできたら居直って空元気で行きたいと思います。空元気で何が悪いっ。意地でも前向きにいかなければ、自分の気分が明るくなりませんものっ。

祝☆57歳_幸ちゃん 色々と書きたいことはあるんですが、何と言っても今日はTHE ALFEEの坂崎幸之助さんの57回目の誕生日です。明るくいきますともっ。

 …て、ふざけるにも程がある!的なイラストですけど(→)、これには理由がちゃんとありまして、今年の初夢の翌日の夢に出てきたのがカエルの着ぐるみ姿の幸ちゃんだったんですよ。よっぽど自分の中で去年のX'mas eveアルコンがインパクが強かったみたいで、年明けても夢に出てきちゃったんですね~。
 ちなみに、お腹に☆マークが付いているのは、私が『ケロロ軍曹』が好きだからです(笑)。確か、夢の中では緑一色だった気がします。

 とにかく笑顔と癒しが恋しくて、今年のお祝いイラストはこんな感じになってしまいました。真面目な絵が描けないだけっていうのもありますけど(笑)、なんか少しでも和みたいじゃないですか。そうなると、ウケ狙いのイラストしか思い付かないし、今の私には幸ちゃん=カエルというのは暫く外せないんですよ。

 今日は千葉でアルコンが開催されたけど、一体どんなBD LIVEだったんだろう?多分、今までとは全く雰囲気が違っただろうし、幸ちゃん自身も先週のラジオで「誕生日プレゼント分、募金箱に入れてくれたら嬉しい」って言ったいたくらいだしね。
 幸ちゃんの誕生日にコンサートがあるってだけで、最上の幸せだよなぁ。

 少しずつ日常を取り戻しつつはありますが、まだまだALFEEの曲をCDでフルに聴けるほどには心が立ち直ってないので、来週は幸ちゃんの笑顔に癒されたいと心から願っております。
 最低限の生活を営む上でALFEEの楽曲は必要ないものなのかもしれない。でも、私が元気に明るく生きて行く上では、必要不可欠な存在。それを改めて痛感。

 幸ちゃん、お誕生日おめでとうございます。
 あの震災が起きてから一週間は滅多に手離すことのないギターに触ることすらなかったという幸ちゃんですが、再びギターを持ち、こうして高見沢さんと桜井さんと共にALFEEのコンサートTOURをスタートさせてくれたことには感謝、感謝です。これからも、そのギターと優しい歌声と、そして楽しいトークでファンの心を癒していって下さい。


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2011/04/10 Sun 22:44
 今日は震災の影響により全国同時というわけにはいかない状況でしたが統一地方選挙でしたね。選挙権を持っている者としては投票することが義務なのでもちろん行きましたけど、今の日本の状況が普通ではないだけに落ち着くまで時期をずらすって出来なかったのだろうか…。全てが不安定で選挙の報道がなかなか入らず、自分でも「これで良いんだろうか…」と、かなり悩みに悩んでの投票となりました。
 結果が出た以上は今更どうこう言いませんけど、とにかく「言ったことに責任を持って実行に移せるリーダーシップ」を存分に発揮して頂きたい。むしろ、責任感やリーダーシップが無い方はトップに立つ資格無し。隠蔽なんて問題外っ。本当に正しい情報を公表してくれないと国内外の不信感は募るばかり。時には己が無能であることを認めることも大事。的確な判断や知識が無ければ、的確な支援や救助が出来る人達に頼るべきだよね。

 とにかく、誰もが当たり前の日常を過ごせる日々が…本当の春が、一日でも早く日本に訪れて欲しい。

目黒川の桜2011 昨日は友達と目黒川の桜を見に行きました。去年も行ったけど少し時期が早くて5分咲きくらいだったのですが、今年は見事な満開の桜を見ることが出来て感激。天候が小雨で強風ということもあってか(翌日の日曜の方が晴れの予報だったし)満開の割には人はそれほど多くなくて、ゆっくりと歩きながら見事な桜の咲きぶりを堪能することができました。雨も見ている途中で止んだので、晴れなかったとはいえ寒くもなかったし花見に差し支えの無い気候だったんじゃないかな。
 花見を堪能した友達4人はハワイ旅行のメンバーでもあったんだけど、いつもはマメに連絡とか取るのにほとんど取らず会ってもいなかったので、満開の桜を見られたのも嬉しかったのですが、いつもと変わらない友達と会って話せたのが嬉しかったし妙に安心感を覚えました。「こんなに綺麗な桜が見られるだなんて恵まれているよね。来年も皆で見に来たいね」と、それぞれ色んな"想い"を抱きながら見ていたような気がします。

 友達と話した内容はいつもと少し異なったもの話題もあり(義援金の話題の時なんて、友達の考え方に感銘を受けましたもの)、どこか空元気ぽい部分もあったかもしれない。でもでも、それぞれで「次」の目標やら夢やらを決めて、「明日からも元気やって行こうね!」って互いに盛り上げるのは悪くない。別にどうってことないことなんだけど、話すだけで随分と気持ち的に楽になるんですよ。
 今はこういう状況だからこそ、「当たり前の日常」の大切さを忘れちゃいけないし、自分でしっかり作っていかなければならないんだな~としみじみ感じましたね。

 そうそう、前日の深夜のNHKの特番でトーク番組『今夜も生でさだまさし』の放送がありましたが、さださんが今回の大震災を目の当たりして、「ミュージシャンの自分はなんて無力なんだろう」と数日間打ちひしがれていたという事を真顔で語った時は、個人的にかなりショックだったし切なかった。
 でも、そんな自分自身の存在意義も失いかけいたさださんが、NHKのニュースである被災者の卒業生の答辞の映像を見た時に、その切実過ぎる内容の力強さ素晴らしさにハッとし、もう一度自分と向き直ることができたと語り、そのニュース映像が実際に番組内でも流れたのですが、とんでもない災害を目の当たりにして多くモノを失ってしまったにも関わらず悔し涙を溢しながらも「決して天は恨まず」と力強く宣言して、これからの未来を自分がしっかりと担っていくと自身を奮い立たせる青年の姿に私も心を打たれました。

 この番組ではリアルタイムにメールで視聴者から意見を求めていて、被災地の方から「東京が普通でいてくれないと不安になる」というメッセージがあり、「そうだよな。東京の人間が挫けていちゃダメなんだよ。支えなくちゃいけないんだから」と、さださんも自分に言い聞かせるように言っていたのが印象的。
 なんの策もしっかり出さずにパフォーマンス的な被災地訪問しかしない政府の言動に不安と憤りばかりが募るのと同じで、東京の人間が悲壮感いっぱいになってオロオロしていたら、被災地の方々に余計な心配と不安を煽るだけなんだよね。自分まで役立たずのお偉方さんに倣っちゃいけない。自分は自分らしく生きていかなくちゃ!と、改めて自分を奮い立たせられた番組でもありました。かなり深夜だったから躊躇っていたんだけど、見ておいて良かったです。

春爛漫2011 さださんが最後の方で『春爛漫』を生歌披露してくれましたが、全く手拍子が揃っていないスタッフの方々に思わずテレビを見ながら笑ってしまい、それだけで十分に心が癒された自分がいました。
 あと、視聴者からの投稿で「地震酔いになってしまい、自分が揺れているのか地震で揺れているのか判らないから、100円ショップで買った干しハンガーを浴室に掛けて地震計代わりに活用している」みたいな内容があり、「あ、ウチと同じようなことしているんだ~」と妙な親近感を抱いたのは私だけじゃなかっただろうなぁ。

 桜は今年も綺麗に咲いてくれている。きっと、来年も咲いてくれるだろうし、皆で花見が出来るような状況になっていなくちゃいけない。その為にも、自分は出来るだけ日常を生きるように踏ん張っていかなくちゃなって、この番組と満開の桜を見て実感。

 THE ALFEEも昨日から春TOURをスタートさせたし、いつもとは違うけど、いつもと同じような感じになるように互いが努力をしながら日常を作っていく。今はそういう時なんでしょうね。

web拍手

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

2011/04/06 Wed 23:46
 関東でも桜の満開の便りが聞こえるようになり、不安な日々が続く中でも季節は巡っていくんだな~と感じています。あれだけ辛かった花粉症の症状も、専用の目薬を使い始めたらだいぶ落ち着いてきました。でも、まだ長時間映像を見るのは辛いので、7年目にして終わってしまった『ケロロ軍曹』の最終回も『SMAPがんばります!第3弾』もまだ全部は観れてないですが…。
 まだまだ落ち着けない日々は続いているけど、着実に何かは少しずつ進んでいっているような気がします。まぁ、政権も東京電力もトップが変わってくれれば、もう少し進展が速やかになるんじゃないかって不満は日に日に増しますが…。国民が一丸となって頑張ろうとしている時に、肝心な所に声が届いていないような気がしてらならい。

 いかん、いかん。今、ここでマイナス志向になってはダメだ。

 本日からTHE ALFEEの新曲『Let It Go』の着うたフルなどのダウンロードが解禁になりました。本来は3/23に発売するはずが震災の為に再発売未定となってしまったものの、この4/6より着うたフルなどでダウンロードできるようになって、アーティストロイヤリティの全額が日本赤十字を通して被災地に寄付されるのですから、新曲を聴けると同時に義援金にも貢献できるというのは嬉しいです。

シングル『Let It Go』 しかし、私は今まで着うたフルというのをダウンロードしたことがなくて…、歌声入りの曲を着信音にするのは少し抵抗があったんですよ。だから、今回初めて着うたフルをダウンロードしたアナログ人間なわけなんですが、曲のジャケットはもちろん歌詞カードまでちゃんと付いてくるんですね~。CD派の私には少し複雑でもありますが、まぁ何とも便利な時代になったものだと痛感しました。
 あと『Let It Go』はラジオで何度か聴いていますが、歌詞を見ながらジックリと聴くというのは初めてだったので、何て言うか…あまりにも今の状況にピッタリ過ぎる歌詞にビックリすると同時に、3人の声が何故かとても懐かしく感じて泣けてきてしまいました。なんだかんだで自分も精神的に相当弱っていたんだな~と実感。そういえば、『ロックばん』で『SWEAT&TERAS』が流れた時も前奏を聴いただけで泣けてきたもんなぁ。

 エンタメは衣食住を満たしてはくれないけど、心を癒してくれるし強くしてくれる。少なくとも私はそういう力を信じているし頼っています。

 THE ALFEEは春TOURの初日公演の延期を決断しながらも、「なんとか自分達らしい活動」を模索して春TOURを決行してくれます。この決断には賛否両論あると思うし、私自身も複雑な想いがありますが、それぞれが互いを想い合って出た結果なのであれば、必ず今後に繋がっていくと思いますし、繋がらせていかなければればならないとも思います。
 だから、ALFEEはじめ自分の大好きなエンタメに癒され力を貰いながらも、自分なりに出来ることを無理せずに長期的に続けていきますともっ!

 多分、被災地に今何が必要かというと、一番てっとり早いのがお金だと思います。万年懐氷河期の私には大した貢献度は低いですが、貯まったクレジットカードのポイントを義援金に換えたり、買い物してお釣り○○円以下は募金箱に入れたり、今回のALFEEの着うたのように売上げの一部が義援金になる物を買ったり、微々たるものだけど無理せずに続けていくことは出来る。こういう事を自分の中で"当たり前"にしていくことが、今一人一人に求められていることなんでしょうね。
 
  web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ