ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/06/27 Mon 01:13
 なんか今月はblog更新率が悪いなぁ。
 まぁ、ミーハー行事満載だったし(まだALFEEの神奈県のレポすら書いてないよぅ)、猛暑続きだったから家でPCの電源を入れる気にもならなかったし、仕方無いといえば仕方無いですな。

 そんな中で、特に今年はSMAPの動きはハンパないっ。
 北京でコンサートがあるから国内のコンサは厳しいかなと思っていたら、当選する気が全くしないファンミーティングの開催だわ、「27時間TV」だわ、ファン投票によるアルバム発売だわ、怒涛の新CM放送だわで、全く追いつきませんっ。
 特に『SoftBank』の新CM!40近いアイドルグループがコスプレ三昧ですよ(笑)。こういうのがハマッてしまうのがSMAPだよね~。特に時代劇風コスプレはムチャクチャ好み!劇団新感線みたいで超カッコいい~!あのコスプレ姿での舞台裏トーク映像も見たいよぅぅぅ!

 でもって、25日放送の「Sma STATION !!」は『月イチゴロー』がありました。
 多分、吾郎ちゃんは舞台『ぼっちゃま』や夏からの連ドラ『ブルドクター』の合間の『月イチ』だったと思われるので、ハードスケジュールの中で5本の映画を鑑賞したことになると思います。そのせいか、いつも以上に斬れっぷりが素晴らしかったですね。

 そうそう、いつも『月イチ』で美味しい料理を食べられるのを楽しみにしていた大下アナはリフレッシュ休暇だったので、以前も代役を務めた前田アナがお相手。素晴らしい料理を前に「お仕事とは思えない」と言っていましたが、大丈夫ですよ、先輩の大下アナはお仕事忘れていつも完食いらっしゃいますから(笑)
 その大下アナが居なかったせいか何なのか判りませんが、いつも以上にお食事シーンが長かったように思えたんですが…気のせいかな?その食事シーンで吾郎ちゃんが「んーーーっ!!」と言って美味しそうに食べていたのは、舞台『ぼっちゃま』でスイカを美味しそうに食べていたのと同じだったのがツボでした♪
 ビジュアルも『ぼっちゃま』のまんまだったので目福だったわvvv

 で…、慎吾が6月に劇場公開される映画でチラシだけ見て選んだのが、シェイクピアの戯曲の映画化『テンペスト』、人気アメコミの実写化シリーズ『X-MEN ファースト・ジェネレーション』、話題のコミックの実写化『星守る犬』、大ベストセラー小説の実写化『「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』、松本人志監督作品『さや侍』の5作品でした。

 今回は個人的に気に成る作品が入っていなかったのと、長時間PCをする気分ではないので簡略紹介でいきます。

 慎吾が気を使って「これは吾郎ちゃんの好みだろう」と選んだ作品もあったようですが見事に違っていたようで(笑)、全体的に辛口でもあったし作品によっては「話すことがない」と言葉少なになったりしていました。

 でも、慎吾もゲストの小日向さんも言っていたけど、忙しい中で一生懸命に観ているからこそ、自分の価値観や意見をしっかり踏まえた上での斬れ味の素晴らしい感想になるんだと思います。だから、低評価の作品でも「そこまで言うなら観てみたい」って気にさせられたりするんだな。

 別に吾郎ちゃんは映画評論家ではないんだし、「稲垣吾郎」としての立場でしっかり誠意を持ってコメントしているんだからね。小日向さんじゃないけど「自分じゃ怖くて(この仕事)出来ない」ってなるくらい、肝が据わってないと出来ないことを堂々とやってのけている男前さんですわ。
 今回もその男前さんぶりが十分に堪能できたので、大変楽しい『月イチ』でした♪


 以下、『月イチ』のランキングのネタバレになります。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2011/06/18 Sat 22:54
 また1週間ほどblogの更新が滞りましたが、13日は前日から大阪入りして吾郎ちゃんの舞台の千秋楽を鑑賞して、中一日開けて今度は15日にTHE ALFEEの神奈県のコンサートに参加というハードスケジュールでございました。ええ、今はもう色んな意味でしわ寄せ状態です(笑)←自業自得

 まず、今回は舞台ぼっちゃま』の千秋楽のネタバレ感想をいっちゃいます!
 ネタバレが少ない真面目な感想は既に5/11付けのblogに書いているので、今回はネタバレ全開&ミーハー全開で書かせて頂きます。それでも良いという方のみ、読み流して下さいね。
 ウチのblogを何度か読まれている方なら察しが付くと思いますが、無駄に長いですからね~(笑)

 大阪では梅田にあるシアター・ドラマシティで6日から公演が始まり、13日で千秋楽を迎えました。
 私は12日の昼過ぎに大阪入りをしたのですが、現地でお友達と合流だったので行きは一人旅。行きの新幹線ではたまたま隣に乗り合わせた若いお兄ちゃんと何故か名古屋辺りまでDSで対戦ゲームなんかしちゃったりして、一瞬だけ旅の目的を見失いましたが(笑)無事に新大阪駅でお友達と合流してミーハーのテンションが上がりました。しかし、新しくなったのは知っていましたが、大阪駅はじめ周辺はかなり変わりましたね~。
 大阪には何度か来ていますが目的が毎回ミーハー行事なので(笑)、毎回駅と会場の往復しか経験なかったから12日は大阪でのんぶり出来て逆に良かったです。

 さて本題の舞台の感想。

稲垣吾郎主演舞台2011チラシ シアター・ドラマシティという会場自体初めてだったのですが、PARCO劇場の3倍はある広さでなんか妙に圧倒されてしまいました。
 しかも、千秋楽ということで本来なら開演の10~15分前にジャズピアニストの佐山さんの演奏が始まるのに、この日は開場と同時に始まっていたそうですっ。そして、席には直接チラシが置かれていまして、今回の『ぼっちゃま』のチラシと今度の10月に公演する吾郎ちゃんの新しい舞台『泣き虫なまいき石川啄木』も入っていて感激。吾郎ちゃんが今まで千秋楽を迎える前に、次の舞台が決まっているだなんて無かったですからね~。

 …て、ちっとも舞台の感想になっていないなぁ。

 実は席が端の方だったとはいえ前から3列目というラッキーな席でして、見る度に痩せてきている麗しい吾郎ちゃんを間近で見ることが出来たから油断すると見惚れてしまっているって感じだったんですよ。もう、それだけで大満足&幸せに浸っておりましたよ。
 戦後の流れに取り残されてしまった青年の浮世離れ感と、吾郎ちゃんの華奢で物憂げな雰囲気が見事にハマッていて、見れば見るほど"稲垣吾郎"ではなく、この舞台の主人公である我侭ぼっちゃまの"井上幸一郎"にしか見えなかったなぁ。

 しかも、千秋楽なもんだから出演者の皆さんのアドリブ暴走が凄いのなんのっ。あの白石加代子さんですら冒頭からコミカルな仕草が5割増でして、私はこれで3回目の鑑賞だったのに何度もクスクス笑ってしまうどころか、あるシーンは皆様の暴走ぶりに場内大爆笑でしたよ。いや~、凄かった。

 またスタンディングオベーションになった3回目のカーテンコールでは、吾郎ちゃんの生声挨拶をた~ぷりと聞くことが出来て感激。
 怒涛の公演をこなしてきて実は喋るのも結構キツイ状態でありながら、両手を胸元に当てて指をピロピロとピアノを弾くように動かしながら息を整え、「もう喋る必要って無いんですよね~…」と言いつつも、自分にとってとても高い壁だったのを乗り越えて達成できたのは、この素晴らしい座組やスタッフだったからこそだというのを語ってくれて、役柄ももちろんだけど公演時期も微妙だっただけに吾郎ちゃんにとって大きな"挑戦"でもあったんだな~と痛感しました。

 しかも、「皆様からのリクエストがあれば、この座組で再演をしたいです。…その時はケンちゃん(小林健一)はいないかもしれませんけど(笑)」とジョークを飛ばしながらも、自分から再演の話題を振ってくれたのは嬉しかったぁ♪座長のお言葉が出たんですから、パルコやら鈴木さんやらにリクエストをGO!ですねっ。
 でも、こんな言葉が出るくらい今回のカンパニーのチームワークは良かったんでしょうね。芝居中はもちろんのこと、このカーテンコールでも雰囲気の良さが滲み出ていましたもの。

 千秋楽ということで舞台のキャスト全員と客席で三本締めで終わったのですが、拍手が鳴り止まず4回目のカーテンコールがあり一本締めで『ぼっちゃま』の舞台は無事に幕を降ろしました。

 最高に面白くて楽しい千秋楽だったし役者さん個人個人が本当に素晴らしかったので、以下からネタバレ加えたキャラ語りをさせて頂きます。

 おっそろしく長いですからね~。覚悟して下さいね~。

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011/06/11 Sat 23:36
 昨晩のNACK5『K's Transmission』には、毎年お正月の「ありがたいご講義」のときは違い、ミュージシャンのゲストとして北山修さんが生出演して下さいました。でも、幸ちゃんも言ってけど最終的には"先生"になっていましたな。

 さすが毎度のことですが、ハッとするようなというか目から鱗が落ちような言葉ばかりで、ラジオを聴きながら今の自分を取り巻く状況を冷静に見つめ直す良い機会となりました。

 一番ハッとしたのは、「毎日が有終の美という生き方」という言葉でしょうか。
 自分にとって悔いのない一日の終わり方が迎えられるような生き方、決して簡単なことではないけど心掛け一つでかなり前向きになれるものですよね。

 何か上手くいかなかったり、不安になることがある度に、特に今は"他人のせい"にして無駄な怒りを自分の中に溜め込んでストレスを増殖させてしまいがちだけど、自分の人生は自分でしっかり生きて行くもの。本当に自分が辛い時や苦しい時、人や行政は0~100まで助けてなんてくれない。それは今も昔も同じこと。苦しみや辛さから抜け出すキッカケを作ってくれるのは自分を支えてくれようとする他人の力ではあるけど、そこから抜け出す時に最終的に必要なのは自分自身の力。「~してくれなかったから」と、他力本願ではイカンのだよな…と痛感。

 こんな状況だからこそ、特に私のような人間は、常に「毎日が有終の美」と思えるような生き方を、自分自身がしっかり歩んでいかなければならないんですよね。

 実は昨晩は唯一好きだったアニメのメインキャストの声優さんの訃報を知り、「無事に退院されたって聞いたし、いつ復帰してくれるのかな~♪」と一年以上お気楽に思っていただけに色んな意味でショックで、自分の浅はかさに凹んでもいたこともあり、このラジオで少し心が浮上できました。

 7/2の幸ちゃんもゲスト出演するという北山修さんの『有終の美』公演(笑)、参加したかったんだけど無理なだけに、今後も不定期でも構わないですから長く続けていって欲しいです。

 公演と言えば、今更ながらALFEEのNHK2daysのプチれぽを「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込みました。今回は2日間の内容ごちゃ混ぜです。

 ここ最近ミーハー活動が色々重なった上に仕事のバタつきも重なり、あと色々と精神的な面も影響して、妄想駄文れぽとはいえ書くことが少し厳しい状況になりました。これからは一切無理はせず、自分に書ける余力がある時のみアルコンれぽを書こうかなと思っています。だからレポを書かなくても「盛り上がらなかったのか」とかは思わないで下さい。アルコンには常に現実逃避で心から楽しむ所存ですとも♪

web拍手

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2011/06/06 Mon 21:14
 気が付けばもう6月です。
 blogが一週間停滞しましたが別に体調を崩していた訳でもなく元気だったのですが、もうTVや新聞を見て憤慨しない日は無いってくらい怒りMAXの連続で、ここはミーハーblogを自称しているだけに、とてもじゃないけどミーハーなことを書けるテンションにはなれ無かったのです。なんか油断すると、怒りモードで駄文を書き連ねてしまいそうで…

 でも、我慢ばかりしていても精神衛生上よろしく無いと思い、開き直って書いちゃいますっ!

 今、日本国民が一番に考えていることは東北の復興と東京電力の原発問題の終息であって、決して「野党に負けるな」「与党に負けるな」という下らない足の引っ張り合いじゃない。そんな現実を直視出来ない国会議事堂に集う人間は、揃いも揃って税金ドロボー。これで「増税は必至!」と訴えているんだから失笑モン。
 国会議事堂って無人島か何処かに移転できないのかな?税金ドロボーな上に、この3ヶ月間でまともな復興対策が出来ない人達は今の東日本には用無しというか、日本から出て行って欲しいくらいです。

 最近は映画『十三人の刺客(三池版)』のDVDをリピートすることが多いんだけど、今も昔も世襲制でぬくぬく育った人間が権力だけ持って大人になっても厚顔無恥の非常識人に成るだけでロクもんにならないな~と痛感。今の日本に一番必要なのは、日本人が誇れるような"刺客"の存在かも。

 別に全ての権力者が悪いって訳じゃないけど、自分の器に見合わない権力とお金を持っちゃった人はそれに溺れちゃって単なる恥晒しに成るだけなんじゃないかって、ニュースで取り上げられる"権力者"を見る度に思ってしまうんだな。

 …と、冒頭から毒吐きでごめんなさい。
 タイトルで内容が全く合ってない(笑)

 え~と、ここから本題。

 吾郎ちゃんが座長を務めている舞台『ぼっちゃま』の東京公演が昨日無事に千秋楽を迎えたようです。舞台そのものがかなり盛り上がる内容なのですが、千秋楽に参加された方のblogなどを読むと3回目のカーテンコールで三本締めをしたのに、客席の盛り上がりが収まらず4回目のカーテンコールで「三本締めをしたのに~」という吾郎ちゃんの声で一本締めをして終わったとか、すごくアットホームな千秋楽だったんだな~と嬉しくなりました。

 この舞台は大震災の前日に告知された舞台だっただけに、公演されるのか…公演が決まっても公演中に大きな地震が起きたら…と不安が尽きなくて、東京公演が無事に終わって本当に良かったです。内容も「元気を取り戻せ!」って感じの明るく楽しい物語で、偶然とはいえ"今"にとてもピッタリの舞台だったと思います。

 私は5/11公演を観劇(感想はこちら)しましたが、実は5/31公演も観劇していました。3週間ぶりに観た舞台は更に激しさを増し、展開が判っていても笑ってホロリとさせられてしまいました。客席は大盛り上がりでスタンディングオベーションまで起きたくらいだったのですが、何よりカンパニーのチームワークが一段と強くなっていたのが目に見えて判って嬉しかったですね。
 それに、この日は半兵衛…もとい(笑)市村正親さんが観劇に来られていたのでWで感激でした♪個人的にはその一週間前に別の舞台で市村さんを観ていただけに、今度は同じ客席にいらっしゃることが不思議な感じでしたね。あと、前日に『刺客』のDVDを観ていたから、「おっ、半兵衛が殿の舞台を観に来た!」と思っちゃった。さすがミュージカルスターだけあって市村さんの笑い声の通ること!市村ファンでもあるだけに笑い声でいらしているだと気付きましたよ(笑)

 3回目のカーテンコールでは吾郎ちゃん生声でなかり喋ってくれたし、帰り際には両手をブンブン振って「さようなら~」を連呼してテンション高くて可愛かったわぁ♪
 そんなこんなで、31日公演は内容的にもミーハー的にも非常にオイシイ観劇になって大満足でした。
 
 その舞台『ぼっちゃま』は6/9から大阪公演がスタートして13日で千秋楽を迎えますが、物凄いドラマティックな内容という訳ではないけど笑って泣けて楽しんで…凄く元気になれる作品だから、このまま終わってしまうのが非常に名残惜しいですね。舞台だと限られた人達しか観られないから是非とも映像化して欲しいけど、過去のは一度も映像化されてないからなぁ。ああ、今回のは特に映像化希望!

 …と、『ぼっちゃま』が終わることを名残惜しんでいたら、何と新しい吾郎ちゃんの舞台情報が出て来ちゃいましたよ!しかも、年内に公演ですよっ。ビックリです。
 今度はシス・カンパニーの舞台で井上ひさし作の『泣き虫なまいき石川啄木』に主演です。共演は貫地谷しほりさん、渡辺えりさん、西尾まりさん、鈴木浩介さん、段田安則さんで、演出も段田さんが担当。紀伊国屋サザンシアターで10/7~10/30の公演。
 お金持ちのおぼっちゃまから一転、今度は極貧の啄木です。でも、孤独というのは共通してますな。どんな感じの舞台になるのか楽しみではありますが、全くノーマークだったので資金のやり繰りチケット取り…難題いっぱい。

 シス・カンパニーは『ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?』以来ですが、嬉しいけど…とにかく驚きの方が先行します。「また舞台をやりたい」と吾郎ちゃんは語っていましたが、まさか年内にもう一本来るとは!
 しかも吾郎ちゃんは7月からスタートする連ドラ『ブルドクター』にも出演するし、9月にはSMAPで北京公演があるし、なんか凄いことになってますな。

 ただ、一つ気になるのはSMAPのコンサ。今年も国内コンサートを開催してくれるんだよね?20周年だよ?私はてっきり北京公演を皮切りに国内コンサもスタートするもんだと予測していたので、10月に吾郎ちゃんの舞台なんてホントに予想外。

 吾郎ちゃんにとってはムチャクチャ厳しいかもしれないけど、SMAP20周年記念のコンサは年内に絶対に開催して欲しい。夏場は電力供給が厳しくなるなら、こうなったら久しぶりに冬コンサでも良いよ!5人揃ってのコンサートが開催され無いとSMAPファンとしては盛り上がれないからね。
 吾郎ちゃんの新しい舞台情報もSoftBankの新CMも嬉しいけど、やっぱりコンサでしょうっ!

 新しい舞台のお仕事は吾郎ちゃんの役者としての更なる経験が積まれて嬉しいことには変わりないですが、自分が参加できるか二の次でSMAPのコンサート情報も欲しいよ。我侭かなぁ?


 以下「WEB拍手」のコメントのレスになります。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ