ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2012/10/22 Mon 21:43
 待ちに待った吾郎ちゃんの舞台情報が漸く解禁!
 12/1~12/28 パルコ劇場にてミュージカル『恋と音楽』に主演することが発表されました。暮に鈴木聡さんの脚本で舞台があるらしいとの噂は聞いていましたが、まさかミュージカルとは意外っ!でも、ジャズピアニストの佐山雅弘さんとご一緒するのは初めてではないし、今回は佐山さんを中心にジャズバンドの生演奏付き♪また、ヒロイン役は元宝塚トップスターの真飛聖さんだそうで華やかな感じになりそうですね。

 吾郎ちゃんをイメージした鈴木さんの書き下ろし作品だそうで演出は河原雅彦さんと、パルコプロデュースの舞台には3回立っている吾郎ちゃんの作品ではお馴染みのコンビ。内容も恋愛経験の乏しいミュージカル作家(稲垣吾郎)の前に理想の女性(真飛聖)が現れ、恋に落ちていく様をファンタジックに描いていくミュージカルコメディーだとか。鈴木さんのコメディセンスと吾郎ちゃんの芝居の相性は良いので楽しみ!

 但し、問題がチケット取りですね…。まだ詳細は発表されていませんが、激戦になるだろうし頑張らなければ。せめて1回は観たいもんねっ!
 ちなみに、この舞台は年明けに大阪と仙台でも公演されるそうで、吾郎ちゃんはミュージカルな年末年始になるんだなぁ。しかも、スマコンの札幌オーラスもあるし何気に大変…。人一倍健康管理はしっかりしている方だと思うけど、今まで以上に気を付けて頂きたい。

 そしてそして、20日の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』の放送がありまして、夕方前から友達と飲んでたので「あ、ヤバイかなぁ」と思っていたギリッギリ間に合いました(笑)。ここ数ヶ月はリアルタイムで『月イチ』を観られるのが希で…。リアルタイムで観られた時にしかBLOGに書かないから、久しぶりな感があるなぁ。

 慎吾が9月、10月に劇場公開される映画作品からチラシだけ見て選んだのは、北野武監督作品で前作大ヒットした続編『アウトレイジ ビヨンド』、シルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィルス、アーノルド・シュワルツネッガーなど往年のアクションスターが再び集結した話題作『エクスペンダブルズ2(英題:The Expendables 2)』内田けんじ監督作品で堺雅人、香川照之、広末涼子という豪華な共演でも話題の『鍵泥棒のメソッド』、石岡瑛子さんがコスチュームを手掛けた遺作でありジュリア・ロバーツが邪悪な女王に扮した『白雪姫と鏡の女王(英題:MIRROR,MIRROR)』、キューバ映画初となる異色ゾンビ作品『ゾンビ革命 −JUAN OF THE DEAD−』、…以上の5作品でした。

 10/20放送なのに9月公開の作品も入っていて、場所によっては既に公開が終わってしまっているのもあったのが残念だったなぁ。2ヶ月跨ぎになる時は上旬にやって欲しいと思うのは我が儘だろうか。

 でも、吾郎ちゃんのビジュアルは一段とシャープな感じになって良かったですよ。ええ、所詮、単純な吾郎ファンですわ。あと、冒頭のコメントで「今回はダントツの1位!」と断言していたので、発表前から1位作品がと~っても期待感を煽られました。

 あと、スタジオゲストが生瀬勝久さんだったんですが、『月イチ』が始まる寸前に慎吾が「吾郎ちゃんがキレッキレのコメントをしてくれるんですよ。作品や監督や役者に対してキレッキレでいきますから!」と煽ったせいか、5位や4位の作品コメントに爆笑していたのが可笑しかったです。それに、見終わった後も「実にはっきりしていて良いですね。これが吾郎ちゃんの趣味なんだからね」と、『月イチ』の趣旨を理解されていたのも感激。そうなんだよ、『月イチ』は慎吾が勝手に選んだ作品を吾郎ちゃんが自分の価値観や好みで批評するのが醍醐味なわけでね。偶に吾郎ちゃんの批評に噛み付くナンセンスな方がいるけど、他人の趣味にイチャモンを付けるだなんてさもしいにも程があるっ。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。




web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

LEGOなゴロウDX! 
2012/10/19 Fri 21:44
 ブタクサ花粉症の症状が落ち着いたかと思いきや、天気が良好だとやはり飛散は続いているようで眼にも鼻にもきますわ…。まだ耐える日々は続きそうです。

こだわりサラダ そうそう、セブンアイと「ビストロSMAP」が共同開発した限定メニューが発売されたということで、早速「こだわりWドレッシングサラダを買ってみました。バジルチーズドレッシングとすりおろし野菜ドレッシングと2つの味が楽しめるサラダというこですが、個人的にはバジルチーズ味のが好みでしたね。ドレッシングが余って勿体無かったので、うちにあったキュウリをスティック状にしたのに付けて食べました。これ、ドレッシングだけ別売りにしてくれないかな(笑)

 さて、久々な気がしないでもない深夜のトークバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』、今回のゲストは子供時代これを手にして遊んだ人は意外に多いはずのプラスチックの組立て玩具LEGOの(レゴブロック)に魅せられた三井淳平氏でした。市販されている様々な形や色のレゴブロックから独自の発想で動物やら建物やらを作り上げてしまうプロビルダーという方が存在するらしく、中でもLEGOから公認されている人は世界で17人しか居なくて日本人初にして最年少で認定されたのが三井さんなんだそうです!だから番組内で紹介された三井さんのLEGO作品はどれも感嘆モンの完成度でした。

 何が凄いって、見本となるのが実在する建物や動物以外でも…イラストからもLEGOを使って立体的に模型を作り上げてしまうところですよ!
 今回の『ゴロデラ』は外れの無いロケ、お台場にあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京(日本初上陸!)だったのですが、何故か冒頭からテンション低い吾郎さんだったのに三井さんが『ゴロデラ』のOPアニメーションにも登場する吾郎さんと小島慶子さんのイラストを忠実にLEGOで再現した模型をお土産に持って来て「凄いっ!」と大喜びしたんですか。「これ、セットに飾りたいよね。スタッフに持ち帰らせたくないよね」と甚く気に入った模様の吾郎さんが可愛かった!しかも、あろうことか小島さんが手を滑らせ三井さんが10時間掛けて作ったという小島レゴを壊してしまうハプニングが発生!慌てて飛び散ったLEGOの破片を拾い集めるADの山田くんに、かなり遠くの方まで拾いに走る吾郎さん、とにかく凹む小島さん、「大丈夫ですよ、修理できますから」と至って冷静の三井さん…失礼かもしれないですが大爆笑してしまいました。しかも、「何だろう?他人の不幸って嬉しいモンなのかな?俺、すごいテンションが上がってきた!」と冒頭のローテンションが嘘のように可笑しなスイッチが入ってしまった吾郎さん、本当にはしゃぎ過ぎです(笑)

 その三井さんがLEGOの魅力を語った著書『空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!』が今回の課題図書。タイトルにもある通り三井さんは東大卒で、東大に「レゴ部」を創設してしまった張本人なんだとか!吾郎さんも言っていたけどサークルじゃなくてクラブなんですよ。遊びの延長とかじゃなくて、いきなり赤門のリアルな模型を作っちゃったりとか本気です!

 今回はロケ現場が様々な模型及びモニュメントが展示されているエリアということもあり、市販されているLEGOブロックで作ったとは思えない精巧な作品に吾郎さん達一行は感激しまくりで、その光景を見ているだけでも楽しかったし力作揃いの作品には圧倒されました。もう、積み木ブロックという域を超えてますよ。
 しかも、来年ご結婚する三井さん、お相手の方にLEGOで作った結婚指輪をイメージした可愛らしいモニュメントをプレゼントして告白したというエピソードに、吾郎さん「いいなぁ!いいなぁーっ!」と大感動。なんかね、自分でLEGOを作って告白…じゃなくて、作って貰って告白されたらOKしちゃますって勢いでしたね。逆、でしょう。

 もちろん、恒例の朗読セットも組んで著書の紹介もしっかりありまして、内容で印象的だったのは吾郎さんが朗読に選んだ一節で、小さい頃にLEGOを買って貰って一度は見本通りに作ったんだけど、「他の物も作れるんじゃないか」と直ぐに壊して全く別の…自分の作りたい物を組立て作ったのが最初で、今のその延長で続いているとのこと。実は小島さんのお子様も同じような行動を取っているそうで、LEGOブロックを使って自由に組立てをするというのは空間的思考を高めるのに一役買うようです。それに自然と展開図などの理数系にも強くなるとか。うう…、しっかりLEGOで遊べば良かった。←すぐに飽きた奴

 エンディングでは吾郎さん達もLEGOブロックを使って自由に組立てましたけど、小島さんは得体の知れない生物を作るわ(イメージした生物はあったようです)、吾郎さんはLEGOが足りなくなって中途半端な作りになったものの三井さんの作品と強引に合作してなんとか取り繕うわ、山田くんは時間オーバーになってしまったけど一番配色豊かでテーマもしっかりしていたというオチが付いたり…と、最後の最後まで賑やかで楽しいロケでした。

 本当に『ゴロデラ』はあまりテレビには馴染みの無い凄い方を紹介してくれるので、毎回自分が知らなかった意外な発見やら世界やらを垣間見られて最高ですわん。


web拍手
2012/10/17 Wed 20:54
 夕方から雨模様になったせいか、しんどかったブタクサ花粉症の症状が漸く落ち着いて来ました。昨日がピークだったかもしれない。目と鼻と何故か耳まで痒いというか何か目の前に纏っているような感覚で、ただでさえ能力の低い思考回路が停止寸前でしたから…。今年の夏が異常に暑かった上に、9月下旬くらいまで残暑が厳しかったせいかな?例年に比べて症状が酷い。まぁ、ピークが2週間も続かないのが唯一の救いかな…。

 衣替えもやっと済ませましたが、防虫剤の入れ替えとタンスの段の位置を変えるくらいなので直ぐに終わる(笑)。毎度のことながら、自分の服装に季節感が無いことを痛感させられる。羽織物が変わるくらいだもん。

 そんなこんなで、PCに向かうのも時間も短めになっていたので、今更ながら吾郎ちゃん関連の情報を色々と収集中。気がつけば、スマコンも味の素スタジアムまでの公演が無事に終わっていたわ。今年のコンサは本当に評判が良いから早くDVD化して欲しいけど、ワンクッション置いてまだ札幌が残ってますからね。気候が様変わりしているだろうから、体調管理に注意しつつ最高のオーラスを迎えて欲しいものです。

 でもって、吾郎ちゃんに関する目新しい情報というと、来年の4月6日に公開が決まった映画『桜、ふたたびの加奈子』の情報解禁でしょうか。広末涼子さんと娘を亡くした夫婦役ということで、だいぶ前に撮影の目撃情報とか出ていたので「まだかな?まだかな?」って待っていたので、「やったとかぁ!」という気持ちです。でも、来年の春の公開だから、まだ半年以上も先なんだよなぁ…。公式サイトもまだ立ち上がっていないようなので、とりあえず情報解禁と公開日決定を喜んでおこうっ♪
 吾郎ちゃんは『十三人の刺客』以来の映画出演だからね、今度は流石に極悪非道な役柄じゃなくて等身大の男性の役のようだから安心して観られそう(笑)。もちろん暴君も大好きですけど、やっぱり色んな役柄を演じていって欲しいですからね。内容的にも美しい桜の景色も堪能できそうですし来春が楽しみです。

 この作品は新津きよみ先生の「ふたたびの加奈子」が原作ということですが、公開前に読むべきか我慢するべきか、毎回気になる映画に原作小説があると迷うんだよね。とりあえず、まだ半年以上はあるので悩み続けておこう(笑)

 あともう一つ解禁になっていない情報があるけど、いつ明かさられるんだろう?まさか、噂のままで終わらないよね?それが一番心配だ…。


web拍手

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

2012/10/12 Fri 23:47
 数日前からブタクサの花粉症の症状が少し出ていたのですが、もう今日は酷いっ!久しぶりに花粉症用の薬を飲みましたよ。私は市民権を得ているスギ花粉よりもブタクサ花粉の方が顕著に反応が出ちゃうんですよね…。こりゃ、暫くメガネっ子だわ。

渋谷公会堂 昨日はTHE ALFEE in 渋谷公会堂のコンサートに行って来ました!
 THE ALFEEとしては実に17年半ぶりの渋谷公会堂!私はアルコンで渋谷公会堂に行くのは初めてでした。Takamiyのソロや和幸では行っていた会場なんですけどね。この方面だとNHKホールの方が圧倒的に行っています。あと、私が行っていた頃は会場の正面玄関の上に巨大なレモンが乗っかってましたけど、去年から「渋公」に名称が戻ったので会場も普通の姿に戻ってました(笑)。やはり此処は「渋公」がしっくり来る建物ですよね。それだけの歴史があるわけですから。

 渋公が秋TOUR4本目になるのですがもちろんネタバレ厳禁で挑みまして、本当に真っ新な状態で参加して良かった!と思える余りにも意表を突く構成できまして、なんか「やられた~!」って感じの内容でした。今年はデビュー38年という中途半端な時期ですけど(笑)、そういう時でもね"何か"を仕掛けずにはいられないのがKing of Liveの異名を持つALFEEのプライドなのかな~とも感Jました。

 ネタバレ満載の感想は既に『なんでもレポ♪けいじばん』へ書き込んでありますが、これから参加予定の方は絶対に読まないで参加して欲しいです。予備知識とか入れない方が面白味や意外性が絶対に増します♪

 此処にネタバレしない程度の感想を書くなら、今日というか昨晩寝る前から腕が怠くて怠くて。自分で思っていた以上にはしゃぎ過ぎてしまったことを痛感しております。そうなっちゃう構成なんですよっ!あと、自分が初めてアルコンに参加した頃の気分を再び味わえたというより、あの頃を鮮明に思い出させるような雰囲気がありました。でもね、それでいて今までのアルコンでは経験したことのないような感動や興奮があったんですよ。実に美味しい内容でした。

 あと、渋公に限ったことなのかもしれませんが、コンサート終盤での高見沢さんの超俺様発言に感激(笑)。なんか、あの台詞が総てを持って行ってしまったような気がしないでもない。場合によっては誤解を受けかねない言い方だったかもしれないけど、あんな発言が出来るくらい自分達のLIVE SATAGEに自信と誇りを持っていることなんですよね。だからね、こちらも「良いですよ、それでもっ!」と受けて立つ気分になるという(笑)

 別にアルコンに参加する事で懐は豊かにはならないけど(むしろ寒くなる/笑)、確実に心は豊かにしてくれるな…って痛感します。なんか最近は物事を悪い方へ悪い方へ捉えがちにいなる傾向が少なからずあったのですが、良い意味でリセットできた気分です。

 今回の秋TOURが暮れに向かってどう進化していくのか楽しみでなりません♪


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

THE ALFEE MEIGAKU LIVE DVD 
2012/10/05 Fri 22:05
 最近、体調が微妙に悪い状態が継続中でして、季節の変わり目というか涼しくなったかと思えば暑さがぶり返したりと不安定な気候なんで仕方が無いんですが、それに加えて寝起きにベッドの角で右肘で強打して打ち身を作るという有り様。これが本当に痛くてね、腕が痺れちゃって携帯でメールも打てなくて、病院で処方された湿布を貼ってるまでは家でのPCは自粛してました。いや~、身体の角っこ(肘とか膝とか踵とか)打つとかなり尾を引きますよね?今は平気ですけど、また打たないように気を付けなくては…。
 そして、これからはブタクサ花粉の到来なのよ、今度は目に来るぞ…。ガクブル…

MEIGAKU LIVE DVD ノートPCを買い換えてから1か月半以上が経つんですが、まだDVDとかをこのPCでちゃんと再生したことが無くて(動作確認的なチェックはしましたけど)、やっぱり丸々1本はこのPCで観ておくべきだよな…と何のDVDを観ようかと考えて、先月に届いてまだ開封してもいなかった完全受注生産DVD「THE ALFEE MEIGAKU LIVE 3 NOVEMBER 1987」を観ました♪ダイジェスト版的な内容なので、収録時間も41分とALFEEの映像ソフトの中でも短めだから試聴目的にも丁度良い。

 しかし、再生して気が付いたんですが、これってワイドスクリーンでは無いんですよね。当たり前と言えば当たり前なんですけど、「あ、ワイドじゃない」となんか新鮮に思えてしまうのは時代の流れか…。髪が黒くて短めの高見沢さんの風貌よりも、ワイドでないことの方がファーストインパクトだったのは微妙に間違っている?(笑)。そして、この元のビデオテープが生まれて初めて予約して買ったALFEEの映像ソフトなんだよなぁ…と思い出したりと、41分アッという間に観てしまいました。最近は2時間超えのLIVE映像がどこも当たり前だから、1時間足らずは本当に短く感じますな。しかも、このDVDに収録されている楽曲の殆どが、今でもアルコンで演奏されているっていうのが凄い。今でもこのセットリストで演奏してくれても十分に楽しめるし、新鮮に感じるだろうなぁ。

 そんなこんなで、つい集中して観てしまい、映像の解像度とか音響とかをチェックするのを危うく怠りそうになったという本末転倒ぶり(笑)。内臓スピーカーはね、前に使っていたPCの方がハイブランドが入っていたから良いんだろうと先入観があったんだけど、やっぱり8年前の物よりも今の方が音が良いわ。スピーカーのサイズが大きくなったのも音響の向上に影響していますね。
 ヤバいぞ、また夜更かし覚悟でDVD三昧したくなる。

 あと、今度のノートPCはBlu-rayの再生も可能だったので頂き物で1枚だけ持っていたソフトを再生したら、やっぱり映像の綺麗さというか鮮明度が半端ないねっ! ビックリだよ。ただ、内容によっては鮮明に見え過ぎても興醒めしちゃうよね。時代劇が好きな者としては、「そこまで映像の鮮明さに拘らなくても、演出や撮影の仕方で"様式美"を魅せて欲しい」と思うんだな。

 だから、「MEIGAKU LIVE」の映像は今のLIVE映像と比べたら粗さは目立つけど、内容そのものが凄く良いからその盛り上がりや感動を損なうことは無い。今でも十分に楽しめるよ。

 そして只今、幸ちゃんの『Kトラ』を聴いております。
 先週は体調が思わしく無さそうだったので週末にダウンしていたと聞いて「ああ…」と不安を駆られながらも、4日からスタートした秋TOURからはコンディションを戻されたみたいなので良かった。ミュージシャンに大敵な乾燥の時期に突入してきますからね、健康に留意しながら旅を続けて行って欲しいです。
 私は来週の渋公がMy初日だっ♪

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ