ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2013/02/20 Wed 21:18
 既にスギ花粉の飛散は始まっているらしい。私はスギ花粉とヒノキ花粉の両方にアレルギー反応が出てしまうので、今年の春は(飛散量が去年の数倍だから)十分に対策をとらなくては…!でもね、アレルギー検査したらスギ花粉はクラス4で花粉症確定だったけど、ハウスダストなんてクラス6だもんね。仕方が無いよ、小児喘息だったんだから。←威張れない

 さて、本日は今年結成40年のAnniversary Yearを迎えるTHE ALFEEのNEWシングル『Final Wars!/もう一度ここから始めよう』の発売日♪
 両A面扱いになる今回のシングルは『Final Wars!』が『ウルトラマン列伝』の主題歌だけあって、ジャケットがウルトラマンに占拠されている感が強い(笑)。『もう一度ここから始めよう』が1曲目に収録されているタイプBのみライブ画像のコラージュですけど、どれもインパクトのあるジャケットデザインだから珍しくジャケ買いに走りましたよ。こんなの『月姫』以来だ(笑)。個人的には去年の武道館コンサートの時にウルトラマン・ファミリーがやって来た時の集合写真のジャケットがお気に入りです♪カップリングも去年の武道館のトリを飾った『鋼鉄の巨人』だしねっ。コラージュのも真ん中辺りにヴィーナスエンジェル・ギターを持った高見沢さんの写真があるので、個人的にはそれだけでハート鷲掴みをされたようなもんさっ。これは裏ジャケも良いんだよねぇ。ウルトラマンがドドーンと佇むデザインも裏ジャケは3人がドドーン!と佇んでいるし、本当に今回のジャケットはヤバい。まんまと商法に乗っかってしまったぜいっ。


 サウンド的にはALFEE節が炸裂している『Final Wars!』の方が好みなのですが、「のどごし生」の夢のドリームライブのCM撮りに参加して以降は『もう一度ここから始めよう』も何気に好きになってきております。むしろ、間奏のギターソロは『もう一度~』の方が好きかな。ALFEEの楽曲は日によって好みが変わるから不思議なものだわ。
 ただ、インストver.のメロディ音はもっと重たい感じの音か、思い切ってピアノ音とかにして欲しかったなぁ。なんか昔の携帯の着メロみたいな軽い音だったのが残念。ま、インストは飛ばしてリピート再生しているから良いんですけどね…。

 新曲発売ということもありALFEEは何気にTV露出が高くなっているけど、ウルトラマンとの共演も多くて笑えます。『火曜曲』では武道館のライブ映像飲みでしたが、NHKの『MUSIC JAPAN』ではトークコーナーからウルトラマンとウルトラセブンとウルトラマンゼロが登場して寸劇までするし(笑)、先日の『新堂本兄弟』に至ってはウルトラマンだけでなくレットキングまで登場してウルトラマンvs怪獣ショーまで繰り広げていたからねぇ。まさか、ピグモンの物真似を披露した幸ちゃんがレットキングに襲われるとは…!(笑)
 そして、明日の『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のコーナーにALFEEが久しぶりに3人揃って登場するらしいので、タイマー録画のセッティングを忘れないようにしないように気を付けようっと。

 ライブ活動がメインのALFEEだけど、やっぱりTV番組に3人揃って出演してくれると嬉しいもんなんだな。


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2013/02/12 Tue 19:06
 相変わらず物騒なニュースが連日報道されていますが…。
 個人的に気になったのは東京国際フォーラム・ホールAで起きた照明落下事故。公演中に2階席に設置されていた照明が落下して1階席に居た観客の一人に当たったそうなのですが、軽傷だったらしく公演は中断されるどころか何事も無かったように続行されたとか。その後、直ちに安全点検を行い現在は通常営業していますが、これって一歩間違えば大惨事だったわけですよね?しかも、不幸中の幸いで命には別状が無かったとはいえ照明が突然落下して来て怪我人が出たのに、公演を中断すらせず即座に安全確認をしなかったという運営側の姿勢にも疑問が残ります。
 年間に何百本もの公演が開催される有名な会場だからこそ細やかな安全点検は当然の責務な訳で、二度とこのような事故が起きないよう今まで以上に厳しい安全基準を設けて欲しい!勿論、それはどの会場にも当て嵌ることですけどね。

 さて、気持ちを切り替えて。

 11日はTHE ALFEEが助っ人として出演した『のどごし 夢のドリームライブ』に参加して来ました♪
 CMのオンエアは3/1からなので出来るだけネタバレ的なことは書きませんが、既にニュースサイトには内容がアップされているので少しはいいかな?…と。「CMを見るまで内容を一切知りたく無い!」という方はここで読むのを止めて下さいませ。その代わり、3/1より「のどごし」のイベントサイトをチェックです。

 ALFEE Mania枠で当選しまして、いざ中野サンプラザへ!
 会場前には幾つものテントが設置され、当選番号別に指定席が記された入場券と引換というシステムでした。そして、入場の際には一人1缶「KIRINのどごし生」が配られ個人的にホクホク(笑)。ぶっちゃけ、私が家で飲むお酒は「のどごし生」が多いんですよ、近所のスーパーでよく特売になるんで。←

のどごし夢のドリームライブ ロビーには今回の主役であるMACHIKOさんとご友人のKIYOKOさんの2人がロッカーになりきったツーショットポスターや、「MACHIKO BAND with THE ALFEE」というロゴポスターが貼られまくっていて本格的!専用のステージセットが出来上がっていたし、客席内でもスタッフさんが手作りしたアイドルのような応援ウチワやPOPやフラッグなどをランダムに配っていて、拘わりっぷりが半端無かったです!

 しかも、前説に壇上へ登場したのが何と棚瀬マネージャー!本人、大真面目だったと思われますが、一番の爆笑ポイントだったと言っても過言では無い。存分に棚瀬さんは会場を盛り上げて下さいましたよ。観客演出の説明が、殆どALFEEファン頼りというか他力本願になっていたのが最高でした(笑)
 同時に、本日の主役であるMACHIKOさんが「もう一度バンドを組んでステージに立ちたい」と願ったこのイベントに参加された経緯や、どんな決意で夢に挑むのかドキュメンタリー映像が数分流れまして、冗談抜きに貰い泣きしそうになる程の直向きさに「何が何でも盛り上げちゃおうじゃないの!」という気分になりまいた。あと、MACHIKOさんはドラム担当で、唯一連絡のついた当時のバンド仲間のKIYOKOさんはキーボードだったので、ドキュメンタリー映像の練習風景の際にALFEEのサポメンである太郎さんとただすけさんがレッスンしている姿が映り、「おおっ、太郎さんとただすけさんもこのイベントに参加していたのね」と感激。

夢のドリームライブ with THE ALFEE そして、通常のコンサートと同じくSEに合わせて出演者がステージ登場!そこから先は大盛り上りでしたよ。あの熱気と興奮がCMでもしっかり伝わってくれると良いなぁ。
 たった一度だけのライブの為に、レパートリー1曲のバンドが真剣に演奏を披露した瞬間は「感動」という言葉だけで表現するには勿体ないくらいの、本当に素晴らしい瞬間でもありました。

 ニュースサイトには「桜井が冒頭からNGを出してしまい」と掲載されていた記事がありましたけど、あれは明らかに態とでしたね。だって桜井さんにしては有り得ないNGでしたし、演奏を中断させた高見沢さんとのやり取りなんてMCでいつもやる漫才風味だったし、幸ちゃんがMACHIKOさんとKIYOKOさんに「これじゃ緊張も解れちゃったでしょ?」なんて声を掛けて、もう本当に優しいな~ぁ♪って会場全体が温かい雰囲気に包まれて逆に良かったですもん。
 通常のコンサートと御三方が違うとしたら、やたら後ろを振り返ってニコニコしていたことかな。「女性が後ろに居るって良いよね♪」て素で喜んでた(笑)

 そうそう、煌びやかパープルとグリーンの衣装をそれぞれ纏った主役のお二人の衣装は何と高見沢さんのプロデュース。「だからキラキラしてます」と高見沢さんは自慢していましたけど、そんなキラキラした主役にまったく負けていないド派手な衣装で挑んだお姿、本当に王子はブレませんよね(笑)。お陰で幸ちゃんと桜井さんが自称:乾き物と田舎者で超地味モードになっちゃってましたよっ。

 参加するまでは「まぁ、数十秒のCM撮りだし」と大して期待もしていなかったのですが、このイベントに関わった総ての方々の本気ぶりと情熱に圧倒されまして、こちらも本気で盛り上がって楽しむことが出来ました。
 最初で最後の夢を叶える為に本当に頑張った御二人に、微力ながらも盛り上げるという立場で同じ空間に参加出来たことを心より感謝。短い時間ではありましたが、終演後はほっこり暖かな気持ちになれて本当に良かった。終演後のBGMが新曲『もう一度ここからはじめよう』だったので、MACHIKOさん達の活躍ぶりと歌詞が重なり感動の余韻が倍増。最後の最後まで粋な演出だったな。

 あ、そうだ。
 終演後にロビーで配られたCMのオンエア日が書かれたチラシ、何と中野駅周辺の飲み屋さんマップまで書かれていて、「ドリームライブの打ち上げは以下の場所でのどごしを!」という商魂逞しい姿勢に違った意味で感動しました(笑)


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2013/02/08 Fri 20:46
 いきなり4月期連ドラに吾郎ちゃんの出演情報が出てビックリだわ。
 今クールだって深夜ドラマの『心療中-in the room-』に主演しているし、『信長のシェフ』にも特別出演しているのに、しかも4月は映画『桜、ふたたびの加奈子』だって公開されるわけで嬉しい悲鳴状態。加えて、SMAPがまさかの2/27にシングルリリースだし、もうね、絶対に追いきれない自信があるよ(笑)
 吾郎ちゃんが出演する連ドラは唐沢寿明さん主演の『TAKE FIVE』で、“悪党から金を盗む”泥棒集団ということからハリウッド映画『オーシャンズ11』を彷彿させる内容らしい。役柄的に吾郎ちゃんは『オーシャンズ11』の言うところのマッド・デイモンが演じたキャラに近いのかな?伝説の泥棒集団「TAKE FIVE」に身を置きながらも表の顔は警察官だというクールな役どころらしく、眼鏡キャラで今放送している『心療中』とは全く違う雰囲気になりそうで楽しみ♪

 さて、そんな吾郎ちゃんのバラエティー番組『ゴロウ・デラックス』の放送が昨晩あったわけですが、OPがいつもと違うセットで「あれ?これは…っ?」と思えば、懐かしの音楽番組『ザ・ベストテン』のミラー回転扉!定番のBGMに合わせて、その扉から登場する吾郎ちゃんと小島さん、リアルタイムで『ザ・ベストテン』を観ていた世代なだけにテンションが高いっ(笑)
 本日の課題図書は「『ザ・ベストテン』の作り方」でゲストは著者でもある当時の『ザ・ベストテン』の美術デザイナーでもあった三原康博さん。著作には『ザ・ベストテン』の舞台裏やアーティストが歌を披露するセットに付いて書かれているのですが、今回はスタジオに当時のセットの模型やランキングを表示したパラパラボードまで持って来て下さって、『ザ・ベストテン』をリアルタイムで観ていた世代としては非常に興味深かったです。

 当時は今のように娯楽が多様化していなかったから、「音楽」が娯楽の中心でとにかく『ザ・ベストテン』の注目度や認識度はとても高かったと思います。予算だって今の音楽番組とは桁違いだっただろうから、一アーティストにつき、その1曲(時間にして3分程度)の為だけに使い捨てのセットを作ることが可能だったんでしょうけど、「歌手とその楽曲の世界観をどこまでセットで表現できるか」に固執し、「1回だけの使い捨てだからこそ情熱を注ぐ、モチベーションが上がる」という三原さんの仕事にかけるプライドは素晴らしい。そだけに、語られる当時エピソードなどにも重みがあります。
 『ザ・ベストテン』はSMAPがデビューする前に終了してしまったから、吾郎ちゃんにとっても憧れであり伝説の音楽番組だったんだろうなぁ。数々の凝りに凝ったセットが使い捨てだと知り、「ええっ?だって、『Mステ』の白いヤシの木のセットなんてずーっと使い回してますよぉ?」と他局の音楽番組のセットを暴露しちゃったりして(笑)、「おいおい…」とツッコミを入れたくなりましたわ。
 あとね、三原さんが「やっぱり贔屓が出ちゃう」と素直にコメントされていたのが失礼ながら可愛いと思ってしまった。もう、山口百恵さんのセットは本当に愛情が籠っていましたものっ。ついでに、吾郎ちゃんも百恵さん…タイプだろ?妙に映像観てテンション上がってたしっ!

 そして、本物のランキングボードを使って三原さんが選ぶ『ザ・ベストテン』セットのベスト10!まで発表されたのですが、まさか2位にTHE ALFEEの『星空のディスタンス』がランクインしたのですよ!それだけでも驚きだったのに、先日『火曜曲』に出演していたせいか、あの時と同じ衣装(明らかに『火曜曲』の時の楽屋です/笑)で御三方のコメント映像まで流れで二度驚きっ!まさか、『ゴロデラ』でALFEEの3人の姿を見るとは思ってもいませんでした。
 ランクインしたセットは曲に合わせて宇宙をイメージしたもので(高見沢さんの耳がピョーン!…と伸びなかったやつ/笑)、当時のセットは3人にとっても印象的だったらしく凄いと思ったとか。リードヴォーカルということもあり桜井さんが一番高いポジションに立っていて、高「怖かっただろ?」桜「…怖かった。でもさ、高見沢の耳が伸びる演出があったから、殆ど高見沢のアップにいってた(笑)」なんて話していて面白かったです。勿論、その時の映像も流れて小島さんが「タカミー、若~い!」とはしゃいでおりましたわ。でも、本当だ、言われてみれば桜井さんのリードヴォーカルだったのに圧倒的に高見沢さんがアップになっていた(笑)

 そんな訳で、今回の『ゴロデラ』はアル中である私にとっては、すこぶる美味しい内容になりましたっ♪

web拍手
2013/02/06 Wed 21:36
 前日から「明日は夜半から雪が降から首都圏でも積雪10cm以上が予想される」と天気予報で執拗なくらい注意を促してくれたお陰で、首都圏のJRは前夜の段階で始発から間引き運転することを決定、しかし明けてみれば雪ではなく雨が降っていて間引き運転する必要なんて無かったという…。まぁ、先月の再来にならないで良かったけどね。

 ウチの地元の在来線(私鉄)は始発から通常運行だったから7時過ぎくらいから予報通り雪になっても10分弱の遅れで済んで大した混乱は起きませんでしたが、JRは間引き運転の為に通勤ラッシュ時は大変なことになってしまいましたね。幾ら混乱を未然に防ぐ為にとはいえ、最近は前日の予報すらハズレることも珍しくない気象庁の発表を前夜の時点で真に受けて、明けてみれば必要の無かった間引き運転して大雪の時と同じような混乱を招いたのは本末転倒のような気がしないでもない。私鉄のように当日の天候を見て判断するって選択肢は無かったのかな?
 やはり、路線が集中している地域は融通が利かないのが致命的だよね。便利と不便は紙一重なんだなぁ。3.11.以降、交通の集中する首都圏の交通機関の改善策が叫ばれているけど、突き詰めていくと一番の対策が「動かさない」になるんだもんね。

 しかし、気象庁の予報のハズしっぷりは年々凄まじさを増しているような…。これって気象異常の発生率が高くなってることの裏返し?昔は「爆弾低気圧」なんて存在しなかったよね?ネーミングが付いてなかっただけ?
 今回の予報に関しても「ハズレた訳では無い」と発表しているので(実際に雪は降ったしね)、今後も気象庁の発表する内容は飽くまで「保険」感覚で参考にするのが得策だね。最終的には自分の野性的カンが頼りだ。←気象庁以下

 さて本題。
 前日の『火曜曲!』にはTHE ALFEEが初出演しました♪
 「新感覚音楽バラエティー」という割には、生放送という以外『うたばん』の時と何が違うのか今でもよく判らない(笑)。司会者にAKBも入っているからゲスト数の割には人数が多いなって思ったくらい?

 今回は平成以降の総合売上枚数ベスト50という企画があったけど、20年以上前の楽曲でもそのアーティストに興味が有る無しに関係なく口ずさめるもんだね。今のミリオンヒットは口ずさめるどころかタイトルも言えない…。だいぶ、「音楽」の在り方が変わってきちゃったんだな~と、少しばかり遣る瀬無く感じてしまったわ。

 ALFEEさんは先日の『Mフェア』の時と同じ衣装だったかな?パープルラメのドレススーツの高見沢さんを見て、「お、TV用に抑えてる」と思ってしまった私は多分間違っている(笑)
 AKBが司会ということで『新堂本兄弟』で共演していることもあり、高見沢さんは中居くんから色々と話題を振られていましたね。あと、Kinkiのことも「友達ですよね」なんて振られていたっけ。幸ちゃんに至っては、前回出演した時と同じく、「昭和の音楽の知識を披露」って感じで先生のようだった。生放送のせいか桜井さんが大人し目だな~と思っていたら、新曲『Final Wars!』の紹介に合わせてウルトラマン・ファミリーがやって来た去年の武道館映像が流れた際に、「桜井さん、あの時と同じ衣装ですね」と中居くんにツッコミを入れられていて、「新曲を歌った衣装だから着てきたのっ」と上手い返してをしておりました。
 でもでも、やはり映像で見ても去年の武道館ライブはインパクトありますわっ!もう、ウルトラマンがいっぱい居過ぎて!やっぱりウルトラマンゼロがノリノリ過ぎてっ!会場に居た時と同じくTVを観ながら大笑いしてしまった。もうね、あの武道館LIVEがDVD化したら絶対に買うもんねっ!!そういえば、中居くんは「ALFEEのコンサートは凄い盛り上がりますから!」て言っていたけど、来たことあったの???それとも、DVDを観たのかな?あの発言はちょいと意外でした。

 ただ、TV番組で『Final Wars!』が披露されたのは『火曜曲』が初めてだったにも関わらず、何故か印象に残る映像は武道館でノリノリになっていたウルトラマン・ファミリーだったという…(笑)。あれ?これって、去年の武道館と同じじゃないかっ!!


web拍手

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ