ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
お花見とか色々… 
2013/03/27 Wed 22:50
CATEGORY【diary】
 完全にblog更新が滞っております。
 スギの花粉症はだいぶ落ち着いてきましたけど、今はヒノキも花粉が飛散してますからね~。ぶっちゃけ、私はヒノキの方が症状に出るのでまだまだ辛い時期は続く…。

 しかし、花粉症の症状ってピークが4月に来るんですけど、今年は飛散が早かった所為か3月の時点でだいぶ痛めつけられました。そして、桜も開花が予想以上に早くて驚き。ウチの近所の公園の桜が「漸く5分咲きくらいかな?」と思っていたら都心で満開宣言が出ちゃって、「ええっ?ちょっと、いつ花見に行くっ?」て感じで慌てて友達と花見の段取りを決めた程(笑)

花見2013


 恒例となりつつある目黒川沿いのお花見。
 今年は満開が重なったことと、「この日が最初で最後の満開の見頃になるかも」とメディアが言っていたので、今までの中で一番の人出でした。あと、東横線が川越の方まで繋がったことも影響しているのか、電車も今までに無いくらいの混みようだった…。中目黒駅で降りられないかと思ったよ…。

 でも、場所取りとかしてその場で宴会をするのではなく、川沿いに歩いて満開の桜を愛でたり橋の所で川に重なる桜を写メしたりと、常に動いているから人の流れに上手く乗れれば苦では無い感じ。あと、出店が相変わらずお洒落でね、様々な国の料理がお手軽に食べ歩きできたりお持ち帰り出来たりするのも目黒川の花見ならでは。個人的にはテイクアウトしたドイツ料理の渦巻きソーセージ「ブラートヴルストシェネッケ」が美味しかった♪
 勿論、ただ食べたり飲んだりするわけではなく主役は当然のことながら桜なわけで、川沿いを歩きながらお花見をするんですが取り巻く光景が本当に綺麗だから、幾らでも歩けちゃって何気に健康的なのさっ。

 ただ、予想よりも桜さんは頑張って持ってくれているようなので、今週末もまだギリギリ花見は堪能できるような気がしないでもない。花で四季を感じるって良いよね。

 そういえば、電車内の中吊りや駅構内の看板に「のどごし生」の広告を幾度も目にしまして、まず高見沢さんに目が行ってしまう自分が悲しい(笑)。中吊りとかだとコマ割りでライブシーンとかの写真もあってイイ感じでございますっ♪

 そうだ、先日の『ぼくらの音楽』でもKIRINの提供ということで、CMのヒロインさんをドラムに迎えての『星空のディスタンス』が演奏されてましたね。CM収録の時よりもアップテンポになっていて驚きましたが、本当にヒロインの方は夢のような体験をされてるなぁ。ま、それだけ頑張って成果を出したご褒美なんでしょうね。
 番組内では音楽総監督である武部さんと高見沢さんが対談していたけど、なんとも「時代」を感じる内容で懐かしかったり「へ~、そうだったのかぁ」と初めて知るエピソードもあり面白かったです。加藤和彦さんの映像が出た時は、武部さんと高見沢さんも言っていたけど本当にカッコ良過ぎて色んな意味で泣けてしまったな…。

 30日にリリースされるザ・フォーク・クルセダーズのニュー・アルバムも楽しみです。あと、来月の25日に去年のTakamiyソロLIVEのDVD発売が決まったし、それに聖飢魔IIも3タイトルの旧譜がBlu-spec CD2でリリースされるし、懐が万年氷河期から脱却できないよぉぉぉ!!

web拍手

テーマ:最近の出来事 - ジャンル:日記

2013/03/19 Tue 22:17
 相変わらずスギ花粉が猛威を奮っていますね。私はコンタクトと眼鏡を半々に使用した生活をしていますが、さすがに3月に入ってから殆どコンタクトを使っていません。あ~、そろそろ落ち着いて欲しいな。
 しかし、今年は冬からいきなり春が来た感じで、ウチの方でも今日の最高気温が20度超え!「桜の開花宣言が出されたけど、まだまだ蕾が膨らんだぐらいじゃん」なんて暢気に構えていたら、この急激な気温の上昇により満開は今週末だとか?しかも、週明けには纏まった雨が降ると予想されているので、その雨でせっかく見頃になった桜が早く散ってしまう可能性が濃厚だなんて…っ!桜は愛でられる期間が短いからこそ「花見」と称して春の風物詩にもなっているけど、今年は例年以上に短いから余計に希少価値が増すだろうなぁ。

 さて、先日は日生劇場までミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』を鑑賞して来ました。市村正親さんが主演を務めるようになってから3年半ぶり4度目の再演です。私は4回とも鑑賞しているぜいっ♪
 日本では森繁久彌さんが主演を務めたのが初演であり、森繁さんは900回もこのミュージカルの舞台に立ったという歴史ある作品。私が生まれて初めて衝撃を受けたミュージカルが森繁さんが主演していた『屋根の上のヴァイオリン弾き』であり、劇中に流れる音楽がそのまま私の音楽のルーツになっている個人的に最も愛している作品でもあります。

『屋根の上のヴァイオリン弾き』2013 この愛して止まない作品をご贔屓役者さんである市村さんの主演で再演が決まったという話を初めて聞いた時は狂喜乱舞したし、今回で4度目の再演を迎えたことで市村さんのライフワークになってきていることを改めて痛感させられました。

 外部との交流が殆ど無い村…アナテフカに暮らす主人公テヴィエをはじめとするユダヤ人は、ロシアの脅威に怯えながらも先祖代々伝承してきている「しきたり」を厳格に守り続けることで逞しく生きていた。しかし時が流れるにつれ、子供達は「しきたり」に縛られない生き方を自ら見出していき、昔と変わらぬ暮らしを守り続けるアナテフカの住人に時代の流れは容赦無く襲いかかる…、窮地に立たされたテヴィエが愛する家族を守る為に下した決断とは?

 貧しい暮らしを強いられる主人公が更なる困難に立ち向っていく話なので、物語が進んで行くほどに重苦しい雰囲気になっていく舞台なのですが、どんな窮地に陥いろうとも「しきたり」を重んじ一家の大黒柱であることを自覚しているテヴィエに暗い陰は少なく、常に前を向いて己を信じて生きていく直向きさに胸が熱くなります。

 あと、テヴィエの恐妻(笑)ゴールデを演じる鳳蘭さんと市村さんは前回に引き続いての共演だったので、更に息がピッタリと合っていて、特にテヴィエがでっちあげの悪夢をゴールデに話聞かせる場面や、次女の婚儀をテヴィエが勝手に認めて落ち込むゴールデに愛を語る場面での御二人の空気感が本当に素晴らしくて、私は何度も観ているミュージカルなのに飽きるどころか新たな解釈も生まれて、実に新鮮な気持ちで鑑賞することが出来ました。

 そして何よりも、市村テヴィエがチャーミングで♪
 ちょっとした仕草で客席に同意を求めたり同情を訴えたりするのが可笑しくて、パァっと空気を明るくしたり、テヴィエの背負い込んでしまった責務を哀れんだり、観客側の喜怒哀楽を存分に刺激してきて目を離す隙もない。本当に市村流のテヴィエを生み出してくれちゃったなぁ…と感無量。
 これから先も、まだまだ市村さんにはテヴィエを演じ続けていって欲しいです。

 あ、そうそう、私はプログラムなどは滅多に購入しないタイプなので今まで存じていなかったんですが、この作品で噂好きな仲人婆さんのイエンテを演じている荒井洸子さんは、何と森繁テヴィエの時に悪夢のシーンに登場する亡霊フルマセーラを演じていた方だったんですよ!
 役柄は違えど、あの当時の舞台に立たれていた方が今も同じ作品の舞台に立たれているって凄いことですし、27年前に私はこの方の演技を同じミュージカルで観ていたんだと知って、少しばかりセンチメンタルな気分に浸ってしまいました。

 自分が初めて感動したミュージカルがまだ上演され続けている幸せ、そのミュージカルを鑑賞できる幸せ、お陰で幼い頃に得た感動は今も心に残り続け新たな感動を重ねていくことが出来るのだ♪

web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

あれから2年… 
2013/03/11 Mon 20:11
 昨日の強風と砂埃は凄まじかったです。
 丁度、外に出たら一面濁った世界というか、晴れていた筈なのに全体的に曇って景色全体が土埃を被っているような異様な光景でした。黄色かったから黄砂だと思ったんですが、「煙霧」という風により地表の乾いた微粒子が舞う現象なんだそう。でも、「煙霧」の意味を調べたら「黄砂」も含まれていたんですけどね。メディアは「黄砂では無い」と執拗なくらい触れ回っていましたが、前日まで「黄砂も飛んでいる」と言っていただけに矛盾しているような。東京電力の原発事故の隠蔽報道もあったし、メディアの情報は鵜呑みに出来ない疑心暗鬼になってしまっている自分が悲しい。
 しかも、スギ花粉症の症状が早くもピークに入り、昨日辺りから「目がーっ!目がーっ!(byムスカ)」状態になりつつあります。暫く、目薬は手放せないな。

 東日本大震災から今日で丸2年。
 1分間の黙祷を捧げる時、偶然にも2年前に震災時に居たデパートの構内にいました。同じような買い出しをしている最中だったな…と黙祷を終えてからふと思い、私は震災前と同じような日常を過ごしているんだと今更ながらに実感。

 ただ、被災地はまだまだ復興が進まない状態。
 津波による甚大な被害に加え、東京電力の福島第一原発事故の二次災害により拡大した被害で、1年や2年で復興することは容易ではない現実が一番歯痒い。被災地から離れた私がそう感じるのだから、被災者の方々の心情は本当に計り知れない。

 私に出来ることといえば、本当に些細だけど募金、そして、被災地の景気回復に繋がるような買い物や観光支援、何より大事なのが此の震災を絶対に忘れないということ。完全に被災地が復興し、被災者全員が本当の「安心」を取り戻すまで、昔話なんかには出来ない。絶対に風化させてはいけない。勿論、それ以前に、あんな未曾有の大惨事は忘れたくたって忘れられないけどね…。

3.11.に捧ぐ


 何を書いても綺麗事になってしまいそうだから、せめて癒される花の画像をば…。
 昔の家の庭に咲いたお花の画像です。建て壊す直前に撮ったものなので、我が家の庭で咲いてくれた最後の花。でもね、そろそろ新しい庭でも咲いてくれそうな予感がするんだよ。また、この花が見られますように。

 絆を大切にお互いを支え合っていく日本人。
 その気持ちに誇れるような人生を歩んでいかなければ…と、自分に言い聞かせる2013年3月11日の夜。


web拍手

テーマ:東日本大震災 - ジャンル:ニュース

2013/03/06 Wed 22:45
 blog更新が随分と暫くぶりになってしまった…。
 リアル生活が色々とありまして(特に2月下旬は酒量が多かった…)、なかなかblogを更新する余裕がありませんでした。お陰でHDDに溜まっていくTV番組たちよ…、私はいつこの映像を見ることが出来るんだ…?

 気が付けばTHE ALFEEがバックバンドで出演の『KIRINのどごし〈生〉』の新CMをオンエアされていますね。あの客席に自分も居たんだなぁ…と感慨深い。
 CMは公式サイトに動画もアップされていますけど、「再結成演奏全編」の動画もフル映像が公開されていてバッチリ桜井さんのNGシーンまで入っていたのは嬉しかった!メイキングにはさり気なくドラムの太郎さんやキーボードのただすけさんも映っているし、夢を叶える為に一生懸命頑張った主人公の方の頑張りに感動しつつ、ALFEEファンとしても嬉しいポイントも多かったり非常に美味しい映像の数々…。ああ、麒麟さんに感謝だ。この先は暫く「のどごし生」を買い続けますとも!…いや、普段から買っているんだけどね(笑)

 そして先日の土曜は「SmaSTATION!!」の放送の中で久しぶりに『月イチゴロー』のコーナーがありましたが、WBCの予選試合の中継が延長したので「スマステ」の放送も2時間近く延長!お陰で、吾郎ちゃん主演の深夜ドラマ『心療中-in the Room-』と被って焦りましたわ…。
 でも、『月イチ』が放送されたのは『心療中』の放送が終わった直後という、スマステスタッフの素晴らしい編集のお陰でどちらも被らず観ることが出来きました♪感謝、感謝。関係ないけど、先週はNHKの『生さだ』に夢中になる余り『心療中』の放送を見損ねまして(オンエア地区なのに、どれだけオンデマンドに頼っているんだか…)、今週は忘れずにタイマー録画をっ!と意気込んでいた割には録画しつつリアルタイムに観たという(笑)。初回から先の見えない緊迫した内容だけど、どんどん稲垣吾郎演じるスクールカウンセラー・天間の切迫した心情が露呈してきて惹き込まれますね。

 話を『月イチ』に戻しまして…。

 今回は「アカデミー賞スペシャル」と題し、2月と3月に公開されるアカデミー賞に絡んだ作品から慎吾がチラシだけ見て選んだので本当に選りすぐりの5作品となり、吾郎ちゃんも「他の月だったら、どれも1位の作品」と順位付けはしたものの全作品高評価という異例の結果になったという、『月イチ』の中では非常に珍しい回になったと思われます♪

 そんな吾郎ちゃんを感嘆させた5作品は、5部門でノミネートされ外国語映画賞を授賞した『愛、アムール』、脚本賞にノミネートされた『ムーンライズ・キングダム』、5部門でノミネートされ脚本賞と助演男優賞を授賞した『ジャンゴ 繋がれざる者』、5部門でノミネートされ音響編集賞を授賞した『ゼロ・ダーク・サーティ』、最多の8部門でノミネートされ主演女優賞を授賞した『世界にひとつのプレイブック』でした。

 個人的には脚本賞と主演男優賞でノミネートされていた『フライト』が入らなかったのが残念だったんだけど、後日『SMAP×SMAP』のビストロに主演のデンゼル・ワシントンが来店したので残念感は吹き飛んだわ。なんていうか、非常にバラエティ番組慣れされているというか意外にお茶目な方で、トークも試食も最後の判定に至るまで楽しめました。ああ、この映画は劇場で観たいんだよ…。

 また話題が微妙に逸れましたが(笑)
 今回の『月イチ』はとにかく吾郎ちゃんの服装に釘付け!黒と白のモノトーンの柄ジャケットを着ていましたが、その柄が凄いサイケで凄いんですよ。それに柄の蝶ネクタイを合わせて樣になっているんだから、吾郎ちゃんてば本当に凄いのね…と感心。ド派手な色と奇抜な柄の衣装は高見沢さんで見慣れているとはいえ(笑)、高見沢さんとはまったくキャラクターが違う吾郎ちゃんが派手柄の服を着こなしているのはちょっと衝撃的でしたね。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ