ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2014/03/29 Sat 22:17
 何気にblogの更新ペースが上がっている気がします♪
 ええ、今だけかもしれませんけど(笑)

 今年は(も?)凄いですよ、ミーハー行事が1月から目白押し!完全に「ライブモード」にシフトしております。その代わり、映画館には行かなくなってしまったなぁ。観たい作品はあるのになかなか都合が付かなくなった。あと、最近は洋画だと字幕より吹替えの方が上映回数が多くなってきていませんか?吹替えも良いですけど、役者目当てで観ることが多いので字幕の方が良いんですよね。しかも作品がソフト化するのも早いですからね~。ますます映画館から足が遠のいてしまう。

 そんな今年のミーハー行事、ずっとロック系が続いていましたが久しぶりのミュージカルです♪12月の市村正親さん主演の『スクルージ』を観劇して以来ですわ。ミュージカルは市村さん絡みばかりだな(笑)

ラブ・ネバー・ダイ 日生劇場にて3/12~4/27まで上演されているミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』を観劇して来ました。
 あの大ヒットミュージカル『オペラ座の怪人』の10年後の物語を、本作の作曲家であるアンドリュー・ロイド=ウェバーが私的に書き上げた作品なのです。しかも、主演のファントムを演じるのは市村正親さんと鹿賀丈史さんという豪華なWキャスト!市村さんなんて劇団四季時代に初代ファントムを演じて以来約20年ぶりのファントム役ですよ。まさか市村さんのファントムを生で観る事が叶うだなんて思ってもいなかっただけに、この上演が告知された時はビックリしましたね。

 因みに私が観た回は、主演のファントム=市村正親、クリスティーヌ=濱田めぐみ、ラウル・シャニュイ子爵=橘慶太、メグ・リジー=彩吹真央、マダム・リジー=鳳蘭、グスタフ=松井月杜…というキャスト陣でした。
 この時点で鹿賀さんが体調不良の為に4回連続で休演されていて市村さんが代役を務めていたので、休演日を除いて市村さんは休み無しの続投公演ということもあり(鹿賀さんは28日のマチネより復帰)、喉の状態など色々と心配していたのですが杞憂の終わりました。数奇な巡り合わせで再びファントムを演じる機会に恵まれたことへの最大の感謝とオリジナルでファントムを演じた誇りが、市村さんの鬼気迫る演技から伝わってきましたね。これは、もう圧巻です…!

 物語は先にも書いた通り『オペラ座の怪人』の悲劇から10年後の話。
 密かにファントム(市村正親)を匿っていたマダム・リジー(鳳蘭)は彼を連れてNYへ渡り、コニー・アイランド一帯の経営者として財を成していた。メグ・リジー(彩吹真央)もコニー・アイランドの歌姫として活躍していたものの、自分の心を満たす「歌声」はクリスティーヌ(濱田めぐみ)しかいないと想いを断ち切れないファントムの苦悩は続く。そして奇しくも、ラウル(橘慶太)と結婚してフランスのプリマドンナとして活躍していたクリスティーヌが、夫の作った膨大な借金返済の為にNYへ渡りコンサートを披露するという知らせがコニー・アイランドにも届いた。

 …という話で、まぁファントムがマダムに匿われていたのは驚きませんが、白馬の王子様的だったラウル子爵がまさかの落ちぶれっぷりに唖然。もしかしてアンドリュー・ロイド氏は「ラウルがお嫌い?」と訝しんでしまうくらい、この『ラブ・ネバー・ダイ』においてのラウルはファントム以上のダメ男です。演じていた橘さんは難しい役所にハマッいて風貌こそカッコいいんですけど、それだけに中身のダメっぷりが際立つ(笑)
 ぶっちゃけ物語は『オペラ座の怪人』の続編と言うよりも、『オペラ座の怪人』の二次創作と言った方が正しい。妖しくミステリアスな雰囲気は冒頭くらいで、クライマックスに向かってどんどん昼メロドラマのような愛憎劇が増していく展開がなんとも言えない。ミュージカルだから成立していますが、これがストレートプレイだったら陳腐さは否めなかったはず。中盤で明かされる真実、そして迎える驚愕の結末は豪華なセット及び斬新な演出、何より役者陣の力量によって心を揺さぶられ涙を誘い、エンターテイメント作品として成立しているんだと思いました。
 この作品が賛否両論だというのも納得。特にラウルのファンの方は怒れ(笑)

 えーと、まだ1ヵ月近く公演が続くので結末のネタバレは避けますが、中盤以降の内容にも触れる上に相変わらずの長い駄文が続きますので、それでもOKという方のみどうぞ。

 とにかく私はこの作品(内容的にうーんと思う面もありますが/笑)、もう一度観たいとかなり本気で思っているくらいに感動を致しました。市村ファントムも濱田クリスティーヌも松井グスタフも本当に素晴らしかったですよ♪

web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

2014/03/27 Thu 22:38
 ウチの方でも桜の開花宣言が出ましたが近所の桜は一分咲きにも満たない…。週末には満開の所も出てくるようですけど、漸く春が訪れてくれるんですかね。今年は2月に想定外の大雪が2度も見舞われたので、例年以上に穏やかな春が恋しいです。

 昨晩のNHK-BSプレミアム『歌のあとさき』の放送がTHE ALFEE特別編で、過去4週分の総集編+先日に明治学院大学のキャンパス内で行われたアルフィー名誉卒業式の模様も流れてお得な内容になっていました。なんだろう、厳粛な雰囲気のチャペル内で名誉卒業証書を授与される場面がコントの一部のようにも見えてしまい妙に微笑ましかった。在籍中よりも中退(除籍)後の方が大学への貢献度が高いって珍しいですよね。
 ただ、高見沢さんと桜井さんは高校から明学なので白金のキャンパスが青春そのものですけど、幸ちゃんは大学から(しかも1年ちょっとで除籍/笑)で正に棚から牡丹餅の名誉卒業(笑)。暫く高見沢さんと桜井さんに色々言われても文句は言えまい。幸ちゃん自身も「ラッキー」だと言っていたしね。こんな所が実にアルフィーらしい♪

 でもって先日の火曜で、連ドラ『福家警部補の挨拶』が最終回を迎えました。
 吾郎ちゃんも出演していたので観ていたのですが、1回(片平なぎささんが犯人の回)だけ見逃してしまったんですよね。一話完結の連ドラだったので1回見逃しても展開に付いて行けないことは無いとはいえ惜しいことをしたものだ…。

 最近は刑事ドラマがどのテレビ局でも連発している中で、犯人に軸を置いて主人公及びサブキャラの細かい設定やら事件に関係無いサイドストーリーが一切描かれない演出は新鮮で、犯人が逮捕された直後に物語の余韻も残さすバサッリ終わる潔さは逆に「殺人犯」の愚かさや虚しさを強調しているようで良かったです。
 個人的に好きだった回は若村麻由美さんが犯人を演じた第6話。珍しく犯人逮捕後の描写があった回で、まさかの結末に若村さん演じる女優が犯した殺人の救いの無さが際立って印象に残りました。あと原作には無いオリジナルストーリーだった病院内の密室で起きた殺人事件の第9話も、まるで舞台を見ているようで面白かったな。犯人が殺人事件を起こす設定によってドラマの印象が変わるので、目当ての吾郎ちゃんの出番が少なくても毎週飽きずに観ることができたのかも。

 そして最終回はまさかの八千草薫さんが犯人役!主役の壇れいさんにとって宝塚歌劇団の大先輩ですよっ。しかもターゲットを爆弾で殺害する凶悪犯を八千草さんが演じるんですからね~。共謀する夫役の山本學さんといい、常に穏やかな雰囲気を漂わせながら優しい口調で法に縛られた状況でしか人を護れない警察の現状を指摘して、正義感の強い福家警部補が反論の余地を与えなかった場面は圧巻。
 だからこそ犯人達が穏やかに笑って選んだ結末が遣る瀬無くて…、福家警部が背負った十字架が重過ぎて、一話完結の刑事ドラマでありながら虚しさと悲しさと切なさだけが残る終わり方が、非現実的な主人公のキャラとは真逆のリアリティがあって非常に心に響きました。

 ただ、吾郎ちゃん演じる石松警部は事件の度に暴走する部下の福家を疎ましく思っていたのではなく、彼女のような執拗なまでの正義感と信念を貫く刑事がこれからの警察上層部に必要だと思って常に動向を監視していたこと、そして最後に彼女の意志を尊重したことが僅かに見えた「救い」だったと思います。
 古谷一行さんが犯人を演じた回といい、何気に石松警部はイイ所取りのオイシイ役だったかもしれない。欲を言えば石松警部ももっと犯人と絡んで欲しかったけれど(古谷さんとの一対一の場面は見応えがありました♪)、あの距離感が現場を理解していないようで実は理解していた的な感じで良かったのかな…。

 しかし、吾郎ちゃんは『TAKE FIVE!』に続きクールな刑事役で「同じような役柄が続くなぁ」と当初は少し物足りなさを感じていたけれど、櫂刑事と石松警部は似て非なる者と言いますか、どちらもアクの強いキャラではありましたがクールキャラにも色んなクールがあるんだなと、吾郎ちゃんの演技のふり幅を垣間見られてファンとしても満足でございます♪
 さすがに次は刑事役じゃない役を観たいですけどね(笑)

web拍手

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2014/03/21 Fri 20:59
 先日、THE ALFEEの御三方が明治学院大学を名誉卒業したとのニュースが流れ、珍しく私のケータイのニュースサイトのトップにも出てきました(笑)。3人とも服は例のDVDの時のと同じかな?高見沢さんだけタイが違う感じ。ファンの間では「アルフィー=明学キャンパスで出逢った」ですから、中退(除籍)後の大学への貢献度は大きかったんでしょうね。
 再就職なんて有り得ないだろうから今になって経歴に「名誉卒業」と記載されても何の影響も無いとはいえ、デビュー40周年の節目に大学側も粋な計らいをして下さいましたなぁ。
 しかし、高見沢さんが囲み取材で「本来なら子供の卒業式だよね」と言っていたのがツボだったわ。なんとなく桜井さんか幸ちゃんが言いそうなイメージだったもので(笑)

 さて、昨晩の『ゴロウ・デラックス』では番組の最後に重大発表があるとの前振りで始まりましたが、煽る以前にしっかり新聞のラテ欄とかに「小島慶子・卒業」と書かれていたという…(笑)

 ただ番組は至って通常放送。
 ゲストの大森兄弟が書き下ろした小説『わたしは妊婦』の朗読及びトークは相変わらず面白く、小説内の妊婦さんの胸中に出産経験者の小島さんが同意しまくりで熱く語っていたシーンが印象的でした。逆に吾郎ちゃんは「この発言でこんな事を思われちゃうの~?」と全てが予想外だったようで、本当に男性が書かれたとは思えない妊婦さんの心情を赤裸々に描写した内容には私でも驚きましたとも。
 欲を言えば、吾郎ちゃんが妊婦さんを体験して貰うコーナーはもう少し見たかったな。ベッドとかも置かれていたから、落ちた物を拾うだけでなくベッドから起き上がる体験とかもしたんでしょう。これはまた、いつかの未公開放送SPで流れるのかしら?

 そして番組の最後の最後で小島さんが卒業を発表。
 3年も一緒にやって来たんですね~。初回放送の映像がチラリと流れましたが(吾郎ちゃんの髪がクルックルだったよ!)、打ち合わせもなく番組が始まり、本当にあの冒頭の対面シーンが初対面だったという凄い演出、あの初回から吾郎ちゃんも小島さんも良い意味で馴染みましたよね。雰囲気も今の方が圧倒的にイイ。
 吾郎ちゃんも言っていたけど、小島さんは『ゴロウ・デラックス』のホストよりもゲスト向きだと思うので、今度は課題図書にご自身の本を携えてゲストにいらして欲しいものです。というよりゲストに絶対いらっしゃるような予感がする(笑)

 4月から『ゴロウ・デラックス』はどうなるんだろう?
 リニューアルするようですがハンコ職人が板についたAD山田くんはまだまだ吾郎ちゃんが面倒を見るだろうし(笑)、かといって吾郎ちゃん一人でアクの強いゲストをお迎えするのは大変だろうし、4/24の放送が非常に気になるところです。

 は~、でも、公式サイトにはもう小島さんのイラストが無いのよね…。
 ちょっと寂しいな。


web拍手
それでも前へ進む 
2014/03/11 Tue 22:03
 昨日の3.10は東京大空襲、そして本日3.11は東日本大震災。決して忘れてはならない日が続きます。忘れてはならないと言うよりも、忘れようがないですよね…。

 しかし、地震や津波は自然災害とはいえ、空襲や原発問題は人災。同じ過ちを決して繰り返してはいけないし、何より東京電力の福島第一原発は3年経った今もまったく収束の目途が立っていないどころか、次々と今更感を漂わせながら明る見になる杜撰な管理。ここが収束しない限り復興なんて進みようがないし、未来ある明日は来ないです。よく「震災が風化してきている」と聞くけど、それは不都合な懸案を風化させたいお偉いさん達の思惑なだけだと思う。風化も何も、3年経とうが日本にとっては現実問題ですよ。

 マスメディアが与える影響は絶大なのだから、今日という日だけに限らず常に「被災地の現状」を報道していって欲しいです。それが日本のメディアの義務と責任でもあると思うな…。何よりも大切なのは、その行動と想いを継続されることですよね。

 昨日の『SMAP×SMAP』でも3.11の前日とはいえ、5人が並び義援金募集のメッセージ映像を流したSMAP。この3年間番組内でずーっと被災地への義援金を番組内で訴え続けた姿勢は変わらず。私の知る限り、民放のキー局のレギュラー番組で3年間義援金を訴え続けたのは『スマスマ』だけでした。それだけ十数秒の同じメッセージを常に放送し続けることは大変難しいことなんでしょうけど、これが「3.11を決して忘れない」というSMAPの確固たる意思表示としてしっかり伝わり、かつ説得力もあるので、彼らに敬意を表する意味も込めて私もしっかり行動を継続していかなければと身が引き締まります。

 ただ、それでも前を向いて進まなくては意味が無い。
 6年後に開催される東京オリンピックまでには、「東北はここまで復興しました」と世界中からの支援に対する感謝を込めて胸を張れる未来がなければ、“おもてなし”の開催国としても面目が立ちませんからね。責任は重大。

 私個人に出来ることなんて全体から見れば微々たるものだけど、多くの人の微々たる力が募っていけば大きな動きになっていく。過酷な局面でも支え合って生きて行くことを証明してみせた被災地の方々、その心は日本人の誰にでもあるものだと気付かされた日でもありました。

 時間が経過すれば癒える傷ではないけれど、誰もが心から笑える穏やかな日々を手に入れられることを信じて、しっかりと現実を受け入れながら前を向いて生きて行きたいと思います。
 多くの犠牲者の方々の為にも無駄になんて生きていられない。

 自分の身丈に合わない偉そうな事を書き綴ってしまいましたが、ミーハー街道を突き進んでいる私だって心の片隅にはこんな“想い”は、あの日以降、常にある。


 THE ALFEEの『JUMP!』(ふくしま国体ver.)をエンドレスで聴く。
 そんな2014年3月11日の夜。


web拍手

テーマ:東日本大震災 - ジャンル:ニュース

2014/03/10 Mon 22:07
 3月に入ってもなかなか春の気配が見えませぬ。
 一応、関東の桜の開花予想3/26らしいですが…。去年は「4月頃が満開」と予想されていたにも関わらず、直後から一気に温かくなって3月の三連休中に関東は満開になった記憶。「咲き始めた→満開!」のスパンが妙に短かったんだよね。まぁ、自然に踊らされるしかないですわ。

 あと何気にスギ花粉症が辛い。今年は例年比べて飛散量が少ないと言われてるだけあって、ティッシュが手離せない状況にまでは陥っていないのですが、何故か眼にきていて点眼薬が手離せない日も稀にあります。今月はコンタクトよりも眼鏡の日の方が多いかもな。

ウルトラマンROCK DAY 5 9日は渋谷公会堂で開催されたウルトラマンのイベント『ウルトラマン ROCK DAY 5~ギンガ伝説』に行って来ました。
 タイトル通り円谷プロが生んだ宇宙のヒーロー「ウルトラマン」のロックイベントでして、なんと音楽監督をTakamiyが担当!演奏もBand of Prince-T(ルーク篁、KOJI、大桃俊樹、ただすけ、吉田太郎)と、殆どTakamiyソロプロジェクトの面子(笑)。これはもう参加するしかないでしょうっ♪
 ぶっちゃけ、去年の恵比寿のライブハウスで開催された時なんて演奏陣にANCHANGやKEN'ICHI君も居たわけだから、ソロプロジェクトの面子が揃い踏みしていたんですよね。高見沢さんは己の人脈を最大限に活用される方だ(笑)。ただ、今回は高見沢さんが音楽監督を務めるだけあって、つるの剛士さんや宮野真守さんやボイジャーの演奏もBand of Prince-Tが担当したので個人的には超美味しいイベントでした。各自、普通にウルトラマン関連ではない持ち歌も披露していましたからね。

 最初、客席に入ってまずウケてしまったのが、ステージの両サイドに飾られているセットがどう見ても去年のTHE ALFEEの秋TOURのセットだったこと!「あれ?なんか見たことあるぞ」と思いましたもの。もうステージセットから高見沢さんの息がかかっている(笑)

 あと、始まるまでステージ上のスクリーンにはウルトラマンの映像ソフトやらTVや映画、ゲームなどの告知がエンドレスに流れていたのですが、その中のゲームの紹介で「怪獣大逆襲」だったかな?プレイヤーが怪獣になって日本を侵略しながらウルトラマンをやっつける内容のがあったのが可笑しくて…。ゲームの世界ともなるとウルトラマンでも何でもアリになるんですね~。

 以下はライブ内容のネタバレになります。
 無駄に長いのでOKの方のみどうぞ♪


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ