ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/01/26 Mon 21:48
 実はお正月明けに普段は滅多に出ないアレルギー症状が久しぶりに出てしまい少し体調を崩し掛けてまして、お正月休みは絶対と言っていいほど体重が増量するのに少しだけ減り、「これをキープできればいいなぁ」と思っていたんですが、意志が弱かったようで今日辺りで見事に元に戻りましたわ。
 多分、私は食事制限すれば効果覿面なタイプだと思われ(笑)。でも絶対に食欲に対するストレスが溜まって、理想通りに体重を落せても体重以外の面で不健康になると断言する!←

 昨晩、25日はテレビ東京で『1位じゃなくっていいじゃない』という特番の放送がありました。
 番組MCは稲垣吾郎と草なぎ剛。なんと二人でMCを担当するのは初なんだとかっ!SMAPの中では積極的に前に出ることなく中間管理職ポジションと呼ばれる二人にはピッタリな企画番組ですが、ホントか後付けなのか定かでは無いですが、局側は中居くんにMCのオファーをしたところスケジュールが空いてなくて、たまたま空いていた二人にオファーが回ってきた」とか(笑)

 そして番組冒頭から司会者とは思えない和みっぷりを発揮する二人に心鷲掴みされた♪
 番組の小道具やセットに茶々を入れたり、番組紹介も自己紹介もゲスト紹介もどこか緩い。でも、この二人の仕切る番組なら別にこれ良いんだろうと納得してしまう妙な雰囲気(笑)
 それでいて、タイトルからも判る通り、「1位じゃないからこそ、素晴らしいことはたくさんあると」陰の主役たちにスポットを当てた番組で、司会が吾郎ちゃんと剛、ひな壇ゲストが「1位じゃないゲスト」と言われてしまう面々(笑)、番組内で紹介される方々も確かに表立っては出てこない存在ばかり、それどころか殆ど知られていない存在もあったり…何気に徹底していました。

 ぶっちゃけ、この手の趣旨の番組は過去にもありましたけれど、なんせMCがあの二人ですから(笑)。まず、本来なら番組を仕切らなけれないけない司会者だろうと変わらない剛の天然っぷりが最強でしたし、さすが年上だけあって意外に流れ読んで上手く仕切る吾郎ちゃんはカッコ良かったけど絶妙なツッコミや剛とはまた違った天然発言ぷりも可笑し過ぎて、「ココでそういう発言がくるか!」と予想の斜め上をいくので観続けていても全く飽きがこない。
 しかもゲスト陣も端から「私は1位じゃないですから」と自虐キャラの姿勢でいたので(その中でも柔道の篠原さんはさすがスポーツマンだけあって「柔道は1位じゃなきゃダメ!」と終始貫いていた姿勢は素晴らしかった!)、誰かを貶めて笑いを取るとか最近のバラエティー番組ではよくある不快感を覚える展開もまったく無く、寧ろボケに失敗した人を他のゲストがフォローしたり、吾郎ちゃんと剛に少々Sっ気の混じったツッコミからボケ返したり、自滅モードに入りそうになる司会者2名に助け舟の如くツッコミを入れたり、司会者とゲスト陣の関係性がアットホームで和んだ、和んだ。

 テーマである「1位じゃなくっていいじゃない」も、決して「1位になりたくない」という訳ではなく、1位の存在には敵わなくても自分には1位の存在よりも秀でているモノを持ち合わせているという確固たる自信があって、1位の陰に隠れるのではなく堂々としていることを、当事者の格言ならぬ銀言で紹介するストレートな構成は実に解りやすかった。
 しかも番組内て紹介されたどの存在も個性的で納得の素晴らしいモノばかりというのが凄い。個人的には富士山の次に高い山「北岳」が印象に残ったなぁ。あと、ちくわぶはどちらかと言うと苦手だったけど「売れ残るほど美味くなるなら食べてみようかな」という気にはなりましたよ(笑)

 また、この番組のナレーションを先日お亡くなりになられた声優・大塚周夫氏が担当されていて、ご子息であり同じ声優である大塚明夫氏に「ナレーションではなく芝居をしてやった」と楽しげに語っただけあって(大塚明夫氏がご自身のTwitterで明かされているエピソードです)、ツッコミちっくに入るナレーションなどが秀逸で、その後の展開に注視しっぱなしでしたもの。実は大塚明夫氏も4カ所ナレーションに参加していて、この番組が大塚周夫氏の遺作でもあり、親子競演にもなった作品。番組の最後に哀悼メッセージが出てグッときました。大塚周夫氏も多くの銀言を持つ素晴らしい存在ですよね。

 最初から最後までお気楽に、それでいて見入っちゃう「深い」番組だったな。この手のテーマをあんなに嫌味なくストレートに伝えちゃうって凄いですよ。

 「(2人で司会なんて)自信無いね~」と言い合っていた吾郎ちゃんと剛ですけど、この二人だからこそ醸し出せた和やかな雰囲気と妙に説得力のある発言が飛び出したんじゃないかな。その中でも、ゲストの土田晃之さんに向かって「どうでした上田さん?」とADの出したカンペを見間違えゲストの名前を間違えて言ってしまう痛恨のミスに動揺しまくる剛に、「しかもその台詞、僕の台詞だったんですけど!」とADの出したカンペを指す吾郎ちゃんのやり取りが可愛過ぎて。あまりの動揺っぷりに土田さんから「もっと頑張りますから!!」と逆にフォローを入れられて、更にパニクッて己の意見を纏められなくなる剛が可愛くて♪あの場面で「今が一番面白いよ!」と剛を称賛した吾郎ちゃんもさすがだったわ(笑)

 ほのぼのコンビは番組のエンディングまで最強というか、最後の最後で剛が「この番組、本当にオンエアされるのかな?」と言えば、吾郎ちゃんが「…多分」と自信無さ気に答えてゲスト陣を混乱させるとか、普通のバラエティー番組では観られない仕切りっぷりでしたよ!

 「続くかどうかわからないですけど…」と吾郎ちゃんは言ってましたが、これは続けましょうよ!改変期ごとに放送する特番でいきましょうよ!テレビ東京さーん!!テレ東公式サイトの「番組感想」を送る欄は400字以内に纏めるのが超大変だったのよー!!←

 久しぶりに2時間ガッツリ観た甲斐があった特番でした♪


web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

祝☆桜井賢・還暦♪ 
2015/01/20 Tue 21:51
 本日1/20はTHE ALFEEの創始者でもある桜井賢さんの60回目のお誕生日です!遂にアルフィーの3人が全員無事に還暦を迎えました♪
 私がファンになった頃、まだお三方は三十代前半だったのに、まさか還暦を迎えるまでアル中しているだなんて過去の自分は想像できていなかったと思いますよ。そもそもアルフィーが還暦を迎えるまで毎年変わらず春と秋にTOURを敢行してくれているだなんて…、こんな当たり前になった現実は過去では夢や理想的な感覚だったのに。
桜井賢・還暦!

 そんな訳で、折角の還暦お祝いですから、去年の秋TOURの珍妙GOODSである「アルフィー・キューピー」を袋から出しまして、桜井さんをお祝いする図を作ってみた(笑)。ぶっちゃけ、当初は買う予定じゃなかったキューピーでしたけど、GOODS売り場で実物をジーッと見ていたら「なんか可愛いな♪」と思ってしまい、気が付けば買っていたという呪い(?)に近い衝動買いをした後は、案の定、扱いに困って袋に入ったまま雑貨を並べている棚に無造作に飾っていたのですが、この目出度き日に出番がやって来ましたよ!だって桜井さんは営業部長も兼ねてますからね!GOODSを有効利用するというのは、実は桜井さん繋がりなんだよ!←強引

 本当はイラストを描いてお祝いしたかったんですけどねぇ、右手のアカギレが悪化しましてペンを持つのも辛くて。落書きレベルでも描くのは厳しいと判じて、キューピーちゃん達にご登場して頂きました。でも、この方が楽しい雰囲気が出て良いよね?
 ちゃんと主役の桜井さんのキューピーには、レッドカーペットならぬ過去のアルコンでgetした赤色の銀テープを敷いたんんですけど判り難かったかな?本当は赤いチャンチャンコ代わりに赤色の銀テープを巻き付けようかと思ったけど、そもそも元の衣装が赤っぽいスーツだったというね!

 今月の31日にはアルフィー史上初となる桜井さんの生誕祭がありますから、参加こそ出来ませんけど、そこでプロデュースを買って出た高見沢さんと幸ちゃんによる盛大なお祝い会が披かれることを心より楽しみにしております。そして、絶対に映像ソフト化して下さいね!と祈願を飛ばしておきます!!(切実)
 どんなライブになるのか想像にも及びませんが、これからも艶やかな美声とお茶目はパフォーマンスでアルフィーのステージを盛り上げていって欲しいです。

 アルフィーがこれだけ関係性も変わらずに長続きしてきているのは、特に向かって右端に居る方の無茶振りを文句を言いながらほぼ100%受け止めて下さる桜井さんの存在が大きい!これからも、頑張って振り回されていって下さい。←

 そうそう、25日放送の『大阪国際女子マラソン』今年のイメージソングもTHE ALFEEが担当しますが、リードVo.は桜井さん!デビュー41年目という中途半端は年に入って早々の新曲ということもあるのか、『One Step~再始動』という曲名の実に力強いメッセージソング。この奮い立たされるような熱い歌声が生で聴ける日を待ち遠しく思っておりますぞぉ♪

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2015/01/16 Fri 20:40
 新年が明けて2週間以上が経ちましたが、初っ端からライブハウス通いを入れてしまった私はなんとも慌ただしい日々を過ごしております。今年に入って既に3本もライブに行ってます。これで明日も行っちゃいます。例年になく非常にヤバいペースです(笑)。今回は冬のバーゲンで散財しなかったなぁと安心していたら、この有様ですよ…。
 でも今月のライブは明日の4本目で打ち切り。これ以上行ったら破産します(笑)。月末にTHE ALFEEの桜井賢さんの生誕祭がありますが、そのチケットは先行で当選することが叶わなかった上に、明日の一般発売を待たずに当日はどうしても外せない仕事が入ってしまったので諦め。その分、春TOURに懸けますとも!

Big_Bridges そんなこんなで音楽に溢れた日々を過ごしておりまして、今年初のお買い物もCDになりました。
 私がライブハウス通いをした一番の要因は元聖飢魔IIのギタリストである大橋隆志さんが一時帰国をして多種多様なライブを開催していたことが大きいのですが、中でもポートランドを拠点に新バンド「Big Bridges」を結成しまして、そのお披露目的なツアーも年末年始で敢行していたのですが、これが思いの外ななんぼさんの琴線に触れまして、ライブ会場先行発売をアルバムも即行でgetした次第です。
 大橋さんはガンガンにギターを掻き鳴らすロックギタリストなのですが、このBig Bridgesではアコギを優雅に掻き鳴らしながらも、リードヴォーカルをとるCaseyの澄み渡った歌声とKathrynの奏でるフィドルが織り交ざる優しいサウンドが絶妙でして、ずーっと聴き続けていたくなるような穏やかな気分になるのです。
 今回はリズムセクションが居ないイレギュラーなバンド編成だったので、フルメンバーで来日した際は是非ともライブに行きたいと思っております。新年早々、イイ音楽に出会えました♪

 …と、相変わらず本題に入るまでが長いですが毎度のことです(笑)

 昨晩は今年初となった『ゴロウ・デラックス』の放送がありまして、課題図書に選ばれたのは伝説の少年漫画『明日のジョー』でゲストに漫画を描いたちばてつや氏が登場しました。
 ボクシング漫画だけあってダイナミックな描写が印象的な漫画ですけれど、ちば先生自身は佇まいも口調もとても穏やかな感じのお方でちょっと意外でしたね。
 また激動の時代を生き抜いてきただけあって、漫画を描き始めたキッカケも、プロ漫画家になった経緯も、トキワ荘で過ごした名だたる漫画家との逸話や『明日のジョー』を描くまでの秘話や、過酷な減量によって死を迎えた力石の真相などなど…、興味深い話ばかりで番組を食い入るように観てしまいました。個人的に、編集者の人と悪ふざけをして大怪我を負ってしまったちば先生の原稿を、なんの接点も無かったトキワ荘の漫画家たちが協力し合って仕上げたエピソードには感動しました。これって、あの時代ならではなんでしょうねぇ。あと、ちば先生も手塚治虫先生も赤塚不二夫先生も石ノ森章太郎先生も松本零二先生も、「少女漫画」からデビューしたという事実にも驚き。「当時、少年漫画を描く漫画家は居たけど、少女漫画を描く漫画家は居なかったから」という理由も凄いですが、なんか日本の漫画界の歴史を垣間見た気分でしたよ。

 そんなこんなで、いつもは「吾郎ちゃん萌え~♪」な気分で観ている『ゴロウDX』なのに、ちば先生のお話を食い入るように見聞きしていたわけですが、最後の最後で凄い萌えが投下されました(笑)
 ちば先生のマンガ講座というコーナーが設けられ、その場でちば先生がマジックで矢吹丈のラフ画を描いて下さったのですが、すごい絶妙のタイミングで吾郎ちゃんが「俺、絶対にコレを持って帰る!」と宣言。しかも、ちば先生に「(稲垣吾郎と)名前を入れて下さい」とお強請り!ちば先生も「GORO(最後のOはハートマーク)」と入れて下さるサービスぶりを発揮したものだから、有頂天になった吾郎ちゃんは「あ、先生のサインもお願いします」と更にお強請り。終わってみれば、ちば先生は吾郎ちゃんの為に矢吹丈を描いた感じになってしまい、正に「稲垣吾郎による稲垣吾郎の為の『ゴロウDX』」になったのでした(笑)。さすがだよ、吾郎ちゃん!千載一遇のチャンスを逃さない男!
 もうね、番組そっちのけで大はしゃぎになって喜んでいた姿が可愛かったからOKだよ。ゲストのちなん濃厚な内容だった上に、吾郎ちゃんの天然行動まで目の当たりにできてね、やっぱりこの番組は最高ですわ。4年目に突入してくれて良かった。(しみじみ)

 実に楽しい放送回でした。漫画家さん特集はコンスタントにやって欲しいですね。

web拍手
スマスマ2015お正月SP 
2015/01/06 Tue 20:50
CATEGORY【SMAP】
 お正月休みも明けまして、皆さま如何お過ごしでしょうか?
 私は例年に比べてのんびりとした三箇日を過ごせましたが、ちょっと暴飲暴食が祟りお腹の調子がよろしくないです。はい、新年早々から自業自得な堕落した生活を送りました。今は大丈夫ですよ!仕事も始まってますからね!!←威張れない

 お正月というとテレビが特番オンパレードで観たい番組が重なったり、新年会に行ったりでリアルタイムで観られず、HDDにどんどん録画した番組が貯まっていくというね!!嬉しい復活SPとなった『新堂本兄弟』もまだちゃんと観てないのですよ!高見沢さんが妙にリアルなバナナギターを出して来たところと、カルタ取りで見事な(?)横滑りをしていた場面はピンポイントで観ましたけど(笑)。
 しかし、堂本ブラザーズバンドも相変わらずの仲良しぶりだし、特番でなく再び番組がレギュラー化して欲しいものですねぇ。こんなに早く復活特番を放送してくれるんだもん、何で終わっちゃったんだろ…。

 そんな中、唯一リアルタイムで観られたのが昨晩放送された『SMAP×SMAP2015お正月SP』。
 初っ端の志村けんさんのバカ殿にインスパイアされた吾郎ちゃんのコント「殿リーマン」がまんま『バカ殿』の世界に移動しまして、偽バカ殿ご一行vs本物バカ殿ご一行のコーナーで、本気でバカやったり身体を張っているSMAPの姿が初期の『がんばりましょう』や初期の『スマスマ』を彷彿。特に剛には笑いの神が降臨してましたなぁ。そして、このテの内容での末っ子慎吾のドSっぷりが輝いてましたわ♪
 しかし、ビストロでもないのに最終的にめっちゃお寿司が食べたくなったコーナーだったな(笑)

 本物のビストロコーナーでは杏ちゃんが登場。さすが御着物姿が似合いますな!
 こちらでは逆にメインのお料理よりも(勿論お料理も美味しそうだったけど)、シェフ4名と杏ちゃんの書き初めが印象に残りました。杏ちゃんには宝塚の男役さんに通じる男前っぷりを感じました。それでいて可愛い一面もあって、同性ながらもキュンときてしまうわ。そして何より今年の目標に“脱”と書いた吾郎ちゃんにご注目!「脱却」という意味で書いたそうですけど、やたら重ね着している布を脱いで下さってもウェルカムですのよ!何気にSMAPの中では一番健康的でしっかり鍛えているんですから!!見せなきゃ損!損!←おい
 あと読書家の杏ちゃんにSMAPがそれぞれお薦め本を紹介していましたが、吾郎ちゃん推薦の桜庭一樹著『ほんとうの花を見せにきた』は以前『ゴロウ・デラックス』の課題図書になって「今年一番感動した作品」と吾郎ちゃんが絶賛していたんだよね。ここでも取り上げたということは本当に気に入っているんだなぁ…と思い、ななんぼさんの1月の課題図書に確定(笑)

 一番大笑いしたのが親友を作ろう!フィーリングカップル(笑)
 前回はビストロ内の一コーナーでしたが、遂に独立したか!
 ゲストの男優さんの新たな一面というか素が垣間見えて非常に面白く、特に東出さんの天然ぷりがドツボにハマりました。あのキャラ、いいわ~ぁ。しかし、木村さんも剛も前回に引き続きモテますな(笑)。吾郎ちゃんは残念だった!でも後輩くんに慕われるって羨ましいかぎりですわ。兎にも角にも、田中さん→中居くん→玉森くん→吾郎ちゃん→田中さん…という究極の四角関係が出来上がったのが爆笑モンでして、これドラマにしたらどうよ?一定の数字は確実に獲るよ?←

 このコーナーに笑い疲れちゃったので、後の『昼顔』コントは眼の保養といいますか、なんと言いますか。ちゃんとドラマを観ていなかったのでアレなんですけど、色男に迫られるのって裏山だわ。

 そしてセカオワとのセッションもファンタジックな雰囲気がSMAPにもマッチしていて良かった。しかし、ここのバンドメンバーは8年も共同生活を続けているんだねぇ。ここまでくると今更一人暮らしは厳しいだろうし、他の人と同居とか難しいんだろうなぁ。なかなか不思議な世界です。

 そんなこんなでアッという間の2時間半でしたね♪

 SMAPの2015年最初の新曲は剛主演の『銭の戦争』の主題歌で、しかも作詞作曲が椎名林檎さん!これはドラマも含めメッチャ楽しみだわ!


web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

謹賀新年2015&紅白雑感 
2015/01/01 Thu 21:02
CATEGORY【diary】
 新年が明けました。
 ほぼ月イチ更新のゆる~いblogですが、2015年も宜しくお願いします。

AUBE2015

 2015年の年賀状もヴィーナスエンジェル・ギターを持った高見沢さんです。去年は春TOURと秋TOURの本編のラストでこのギターが大活躍しましたからね♪FINALシリーズのみNEWエンジェルギターに場を奪われましたが、個人的にこのヴィーナスエンジェル・ギターが高見沢さんの所有する変型ギターの中では最高峰ですから、今後出番が少なくなってもまだまだ描き続けますとも…!ていうか、高見沢さんこれからも飽きずに使い続けて~!ステージで弾いて~!!(心の叫び)
 今回はハガキサイズに縮小することを考慮して変に書き込まなかったので、丁度イイ感じになったと自分では思っています。あと高見沢さんの髪型を干支にちなんでちょっと羊さんぽくしてみました(笑)。一体、何人の方が気付いて下さっただろう?

 大晦日は例年以上にバタバタしましたが、夜はのんびと年越し蕎麦を食べながらテレビを観られました。
 幸ちゃんの出番が終わるまではテレ東の『年忘れ・にっぽんの歌』を観ていて、懐かしいムード歌謡曲に「ん?この歌は知らないはずなのに知っている感じがする…あっ!桜井さんや高見沢さんがステージで歌っていたんだ!」と思うことが幾度かあって非常に面白かったです(笑)。それに番宣も兼ねて里見浩太郎さんが殺陣を披露して下さって、時代劇好きのななんぼさんは無駄にテンションが上がりました。
 勿論、幸ちゃんが出演した「フォーク居酒屋」のコーナーも最高でしたね。フリーダムな店長さんと言うべきか(笑)、南こうせつさんとなぎら健壱さんとの絡みも愉快で、演奏はしみじみと聴かせて(特に『イムジン河』にはジーンときた)、堪りませんでしたよ。「次があるか判りませんが…。またお会いしましょう」と言っていたので、是非とも「フォーク居酒屋」は定番コーナーにして頂きたい。

 その後はダウンタウンの番組を観ようと思ったものの、さすがに長期シリーズ化の弊害でマンネリ化が否めず、更に内輪ネタ&面白くもない下ネタが多くて観続ける気になれず、結局は『紅白』に落ち着きましたね。
 全出演者をちゃんと観たわけではないですが、やしきたかじんさんに捧げた天童よしみさんの圧倒的な歌唱力は素晴らしかったし、2014年一番耳にしていたであろう『Let It Go』の本家であるイディナ・メンゼルには聞き惚れたし、SMAPがめっちゃカッコいい衣装でジャニーズの中でもベテランの存在感を存分に発揮している姿にやられちゃったし♪吾郎ちゃんカッコ良かったよぉ!タモリさんの所にわちゃわちゃ集まるSMAPになんかジンときちゃったよぅ!そしてシークレットゲストだったMIYAVIとのセッションはカッコ良過ぎて!録画しておかなかったことを後悔したよぉ!!
 話題性ばかりが先行して不安要素が残っていた中森明菜さんは、全盛期には及ばない歌声だったけれども長い事公の舞台から去っていたのに変わらぬスターの存在感に感動。是非とも、焦らずにじっくりとマイペースに本格復帰へと向かっていって欲しいものです。そして終盤は確固たる世界観を持つ中島みゆきさん、美輪明宏さんと続いて圧巻としか言いようのないステージでしたわ。
 3年連続同じ曲での出場になってもパフォーマンスで魅せてきたゴールデンボンバーの心意気も素晴らしかったし、これまた同じヒット曲を何度も歌唱している石川さゆりさんも「やっぱり何回でも聴きたくなるよなぁ」と思ってしまう程のステージで、なんだかんだで見応えのある場面が多かったです。

 でも中継が入ったりするのはそれまでの流れが途切れてしまって、『紅白』らしさが薄れてしまっていたのも事実。去年に引き続き朝ドラの生寸劇もあって面白かった(「みんな暇なの?こんな日くら家族と一緒にいなよ」と嬉しさのあまり涙ぐんじゃった吉高ちゃんも可愛かった!)けど、「歌合戦」とうか「歌唱」そのものが蔑ろにされている場面も垣間見えたのも事実で、ずーっと観続けるということはできなかったんだよねぇ。これが今の日本の音楽業界の現状なのかなぁ。

 ここまできたら、司会を黒柳徹子さんとタモリさんにやって頂いて、進行そっちのけで司会者が大暴走する『紅白』にしても良いんじゃないだろうか。クレームが殺到しそうだけど面白そうじゃない。←所詮他人事

 たださ、『紅白』をそれなりに長時間視聴したからこそ、終わった直後の『ゆく年くる年』の厳かな雰囲気に心が洗われて、「ああ、今年が終わる…」と感慨に浸れて「これぞ大晦日!」って感じで良いのよね。三つ子の魂百までも…、この流れがほぼ定着してしまっている自分を笑いたい。


 以下、「WEB拍手」で頂いたコメントへのお返事になります。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:新年のご挨拶。 - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ