ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/02/22 Sun 20:17
 たった数日ハワイに行っていただけなのに連日の寒さが身に沁みます。特に今日は「気温が上がり場所によっては春一番が吹くかもしれません」と前日まで予報が出たので安心していたら、前日よりも気温が寒くてウチの地域では久しぶりの最高気温一桁!天気予報を信用した時に限ってこれなんですよ。これで信用しないと予報が当たるという。世の為、気象庁の為に今後は天気予報を信用しない方が良いのかな(笑)

 さて、今日はTHE ALFEEのデビュー40周年記念映画を観に桜木町までお出掛けしました。この周辺は今年のお正月の初買い物エリアだったんですけど、それ以来でもありましたね。どうもこのエリアに来るとライブに来ているような錯覚を起こしてしまうほど、ライブ絡みで来ているエリアでもありますわ♪

THE ALFEE40周年記念ムービー さて、ドキュメンタリー映画『THE ALFEE 40th Anniversary Film THE LAST GENESIS~40年の軌跡と奇跡~』はTOCみなとみらい内にあるブルク13で観たのですが、先に前売り券から劇場鑑賞券に引き換えなければならなかったので上映時間よりもだいぶ現地へ行ったものの、さすが日曜だけあってチケット売り場は列が出来ておりまして私がチケットをき換えた時点で席は半分近く埋まってましたね。あと、この時点で前売り券特典のクリアファイルを貰えました。表が映画のポスターと同じデザインで裏に40周年記念のロゴがプリントされていて、これを持っている人は仲間だと直ぐに見分けが付く!←

 上映時間が近付いてから再度シネコンへ行って場内に入ってみるとかなりの客入り。8割以上は入っていたんじゃないかな。
 しかし、上映前にトレイラー以外にも鑑賞マナーやチケットのネット予約の告知などの映像が流れたのですが、この劇場のオンライン予約の告知の映像が中途半端にツボに入ってしまってどうしようかと。ああいう、しょーもーない&シュールなギャグは好きだわ。

 肝心の作品の内容ですが、まだ今週末まで上映していますからネタバレOK!という方のみ以下にお進み下さい。今後観る予定だったり、上映期間及び上映回数も短く観に行けない人も多いだろうからTakamiyのシネマライブの時のように後にソフト化する可能性もあるので、「自分は真っ新な気持ちで作品を観たい」という方は読み控えて下さいね。ななんぼさんの独断と偏見による感想に洗脳されちゃいますよ(笑)

 ネタバレしない程度の感想を書くとするならば、1999年にTHE ALFEEがベルリン公演をした際にテレビのドキュメンタリー番組『情熱大陸』で取り上げられたんですが、その時に近い印象というか内容だったような気がします。「大きな節目を迎えてもTHE ALFEEはまだまだ走り続けてくれる」という感想に尽きますね。
 40年という長い活動期間を上手く2時間弱に纏めた上に、今だからこそファンに明かされるエピソードやら苦境があり、「気が付いたら40周年」と言うけれども、その大きな節目に辿り着くまでは決して平たんな道のりではなく、お互いがお互いを信じ合いカバーし合ってきたからこそなんだな…と、そして、そんな関係が3人にとっては「当たり前」になっている事が一度も活動を止めることなく続けていられる秘訣なのかなと感じました。

 よく学生時代の友達から「昔っからアルフィーが好きだよね~。よく続くね~」と言われるけれど、これって単にTHE ALFEEがライブ活動を続けてくれているから、そnライブに参加すれば楽しいって自分がよく知っているから、飽きるキッカケが無いだけな気がします。
 この映画を観て、「きっとTHE ALFEEがステージに立ち続けてくれる限り、自分の客席で観ているんだろうな」って思いましたもん。それって凄く単純かもしれないけど幸せなことです。

 以下、ネタバレを含んだ感想になりますのでご注意を。



web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

Hawaii旅行記2015【前篇】 
2015/02/18 Wed 21:41
CATEGORY【travel】
 実は南の島に旅立っていまして、帰国早々みぞれ混じりの寒~い天候が連日続いて体調管理に四苦八苦しております。これで明日は最高気温が今日の倍以上の数字になるわ、スギ花粉も飛散し始めているわ、なかなか辛い季節に差し掛かってきました。

 さて、そんな訳でななんぼさんの3年振りのハワイ旅行の話をば。
 いつものメンバーは残念ながら一人揃わず4人で3泊5日の弾丸ツアーを敢行。H.I.S.のフリープランで行ったのですが申込時期が旅行会社の35周年記念期間だったお蔭で、内容の割には思っていたよりも安いプランで行けたのはラッキーでした(笑)。あと今回は羽田空港発着の便だったので、成田空港発着だった時よりも時間的に余裕があったのもラッキーでしたね。移動時間が成田空港の比ではないくらい楽!

ハワイアン航空機内食 羽田空港国際線ターミナルを利用するのは初でして、成田空港ほどの広さは無いとはいえ新しいだけあって小奇麗で江戸時代の街並みを再現したデザインが素敵でした。飛行機も初になるハワイアン航空だったのですが、搭乗手続き及びスーツケースを預ける際に「搭乗ゲートは一番端になりますので、此処から15分くらいは歩く計算で時間の余裕を持って行動して下さい」と教えて頂き、「搭乗ゲートまで15分も掛かるの!?」と驚きましたよ。実際はそこまで掛かりませんでしたけど、ええ…ご忠告通り「かなり」歩きました(笑)
 ハワイアン航空という名だけあって客室乗務員の制服はアロハシャツ仕様、BGMもウクレレがメインのハワイアンミュージックで出発前から気分はハワイ♪機内食も離陸直後に出された軽食がスマム巻き、着陸前に出された食事がロコモコと、ハワイ料理に徹底しておりました。だからドリンクもせっかくだからとグアバジュースを頼みましたよ♪

 日本を日付変わる寸前に出立してホノルルに同日の昼前に到着するというベストな時間で、飛行中に乱気流たエアポケットに巻き込まれることもなく、着陸も「あれ?今着いたの?」と思うくらい安定感があって非常に楽な状態でホノルル空港に到着することが出来ました。

 …で、昼前に到着したとはいえ着陸前に機内食でロコモコを食べたこともあり大してお腹も空いてなくて、先にお土産などを買っておこうと早速トロリーに乗ってアラモアナショッピングセンターとウォールマートへ。アラモアナは来年辺りにショッピングセンターと隣接するホテルが建つとかで、周囲が大掛かりな工事の真っ最中でしたね。
 今回はバーゲンシーズンも過ぎ、加えて円安だったので、それ程お買い物モードにはなりませんでしたけど、愛用しているアクセサリーブランドのブレスレットの新作が日本で買うよりも断然安かったので思わず衝動買いしちゃいました(笑)。ただ、贔屓にしていた洋服屋さんが撤退していたのは残念だったな~。

朝日グリル そして夕方に差し掛かった頃合いになるとお腹も空いてきまして、友達お薦めの『朝日グリル』というお店で評判のオックステールスープを食べました。これが胃に優しい美味しいスープでして、ご飯を入れて雑炊のようにして頂くのが最高でした。他にも豆腐サラダをオーダーしましたが、豆を感じない弾力のあるお豆腐でなかなか美味しかったです。もしかしたら、こちらの方では豆腐を作る際に「にがり」を使用していないのかもしれませんね。

 食事を堪能してからトロリーでワイキキ方面まで戻り、漸く宿泊先であるワイキキ・ビーチコマーホテルにチェックイン。このホテルは初めてのハワイ旅行で泊まったホテルでもあり、近隣のDFSがあったりトロリー発着エリアに近かったりとアクセスが非常に良いので助かります。
 しかも今まで隣にあったインターナショナル・マーケットプレイスが取り壊されて工事中ということもあり、パーシャルオーシャンビュー(客室からちょこっと海が見える部屋)にも関わらず思っていた以上に海を眺めることができた部屋だったのはラッキーでしたね。その代わり朝の8時くらいから工事の騒音が響いてくるのですが、連日6時台起床で行動していましたから騒音は関係無かったです。

 …というわけで、まだまだ長くツラツラと書いてしまいそうなので、本日はホテルの部屋から見えたワイキキビーチの風景画像で締め!この画像が無ければ、せっかくのハワイ旅行なのに食べ物の画像だけしか載せていない事になりますからね(笑)。あ、でも、今回の旅行は非常に「食」が充実したので間違ってはいないんですけど♪

 翌日以降からハワイ旅行らしい楽しみ方をしたので、続きは後日ちゃんと書く予定です。
 しかも、当初予定していたことが止むを得ず変更を余儀なくされ、結局は「食」中心の旅行記になることは確実なんですけどね(笑)
 下の画像の見ての通り、ワイキキビーチにしては波が立っていまして(到着した日も一部で遊泳禁止の規制が出ていた程)、カラっとした気候が特徴のハワイの割に湿度も高く風も強くて、その気候が2日目以降に大きく影響していったのでした。←思わせ振りな予告で終わる。

ハワイ旅行2015



web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

2015/02/10 Tue 20:22
 修造さんが日本から離れてしまっているのか連日寒いです。去年の2月は2週連続で大雪に見舞われたんですけど、ここまで寒くなかった気がするんですよねぇ。既に暖かい春が恋しいです。暖かくなるとスギ花粉も一緒になって付いてくるとはいえ、そこは耐えるから暖かい日差しよCome On!と叫びたい。これでスギ花粉が酷くなったら「梅雨よCome On!」とか言うんですけどね…。

 さて、先日は日生劇場に3年ぶりに公演されているミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち』鑑賞 して来ました。市村&鹿賀コンビになってから毎回観劇している超お気に入りのミュージカルです。

2008年版の感想(12月8日付けのblog)
2012年版の感想(1月18日付けのblog)

ラ・カージュ2015 人気のゲイクラブを経営するジョルジュ(鹿賀丈史)は、看板スターのザザことアルバン(市村正親)と20年も同棲生活を送っており、ジョジュルの一人息子ジャン・ミッシェル(相葉裕樹)もアルバンが母親代わりとなりずーっと育てて来た。
 しかし、そのジャン・ミッシェルが突然、アンヌ(愛原実花)と結婚すると宣言。しかもアンヌの父親タンドン(今井清隆)は保守派の政治家で、「ゲイバーは潰す!」と公言している人物。ジャン・ミッシェルはアンヌの両親に自分の両親を会わせる約束をしてしまったと言うから大変!

 …という話で、ゲイバーで巻き起こる2日間のハプニングを面白おかしく、時にはシリアスに描いていて、笑ってホロリとできるハートフルコメディです。
 (以上、あらずじは2008年12/8付けのblogより転載/笑)

 ミュージカル『ラ・カージュ~』が日本で公演されるようになって今年で30周年を記念しての再再演だったわけですが、実は知人が出演していた関係で、初代の岡田真澄さん&近藤正臣さんのコンビによる帝劇で公演された時に観劇しております。当時はまだまだ子供だったので、話は半分くらいしか解らなかったけれども楽しくて華やかなミュージカルだなぁと思っていました。
 しかし、鹿賀&市村コンビで改めて観たら、主人公の2人を取り巻く環境もしっかり理解できる年齢になっていた所為か、ただ賑やかで楽しいだけでなくて、同性愛だからこそ障害も多く互いの愛情を貫く為に深い絆で結ばれていること、偏見や差別にも怯まず自分の生き様を誇りに思うこと、無償の愛を相手に捧げることの素晴らしさが伝わってきて、観る度に感極まって涙を零してしまう場面が増えてしまってね。こんなに泣けるミュージカルだったけ?と驚いてしまいます。特にラストシーンのザザの佇まいは思い出すだけでも視界が滲んてしまうほど。ドタバタ喜劇のはずなのに情に深く訴えてくるドラマ性も高くて、脚本及び演出も素晴らしいんですよね。

 最早ゲイバーの看板スター・ザザ役がライフワークになりそうな市村さんのキュートなことったら!ピンクのエプロンもド派手なドレスも似合う上に、乙女ちっくな仕草や女言葉の違和感の無さよ(笑)。だから血の繋がらないジョルジュの息子へ捧げる母性愛(?)に物凄く説得力があって、どんな仕打ちを受けようともステージ上で「私は私よ!」と涙ながらに熱唱する姿には心を揺さぶられます。
 …ていうか、過去の公演の時よりも市村さんの歌唱力が確実に上がっている。あの一幕のラストの熱唱振りなんてザザの抑えていた感情が爆発して鬼気迫るくらいで、その魂の叫びのような圧巻のパフォーマンスに涙ボロボロでしたよ。とても去年に胃癌の手術を受けられたとは信じられない。本当に「Mr.ミュージカル」と呼ばれるだけあって、演劇の神様に見守られているんだなぁ。

 そして鹿賀さんも相変わらずダンディで声も素敵過ぎるのに、これまた軽妙な動きが前回以上に増えていて可愛いのなんの♪カッコ良さを前面に出しているキャラなだけに、コミカルな動きを不意打ちでされるとツボに入りまくりで大変でした。あと、何と言っても『波に刻む歌』が堪りません。あの声であのメロディを奏でられたらねぇ、もう私は前奏だけで涙腺が緩みますもん。←

 しかし、この2人は去年の春に同じ舞台でファントムを演じていたのに(笑)。その片鱗を微塵にも感じさせない真逆のキャラでしたよ。どちらもハマッているんだから凄いですよね。

 主演の2人以外のキャストも素晴らしく、特に今井さんと森さんの身体を張った演技ぶりは相変わらず凄まじかったです(笑)。こちらも前回よりグレードアップしてた♪しかも、市村さんのアドリブ攻撃もグレードアップしていたので、森さんが完全に笑ってしまっていた場面がありましてね。観客も大爆笑でしたよ。あの中で市村さんをはじめ他のキャストはキャラを保っているんだから流石プロですわ。あの場面でピクリとも笑わず澄ましモードを貫く鹿賀さんが密かにツボでして、見たい個所があちこちにあり過ぎて視線が定まりませんでしたわ!

 市村さんのアドリブといえば、一幕で観客に語り掛ける場面があるんだけど、アドリブなのか台詞なのか絶妙過ぎて判らないけど素晴らし過ぎる名台詞が飛び出したもんだから観客は拍手喝采になりましてね。あの一体感こそミュージカルだな!と嬉しくなっちゃいました♪

 『ラ・カージュ~』はミュージカルに加えて内容が劇中劇でもあるので(ゲイバーとしてのショーのレベルも高い♪)、観客にとっては一つで二度美味しい感じ。最初から最後まで手拍子をしたり拍手を贈ったりと、ノリノリの気分で観劇できるのが楽しくて堪らないんですよ。しかもカーテンコールもスタンディングオベーションの大盛り上がりで、劇を観たというコンサートに参加した気分に少し近い。それがこのミュージカルの魅力の一つでもあると思います。

 豪華絢爛なショーに魅了され、ゲイカップルを取り巻く騒動に笑ったり泣いたり、感情のデトックス効果が抜群だから鑑賞後はとても気分爽快になれる最高のミュージカルです。
今回は念願の千秋楽も観に行くぞ~♪


web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

2015/02/03 Tue 22:02
 気が付けば2月ですよ。3日ですよ。節分ですよ。
 数年前から地域限定の風習だった「恵方巻き」が全国的に定着しつつありますが、ウチも漏れなく「恵方巻き」の流れに乗ったクチです。だって、夕飯のメニューを考える手間が省けて…←

 先月の31日にTHE ALFEEは初となる桜井さんの生誕祭=還暦祝い及び通算2500本目のライブを開催しまして、ネットに上がっているレポを拝見すると素晴らしくスペシャルな内容だったようで羨ましい限り&盛大なお祝いになって良かったなと。翌日、各局のワイドショーでもこの話題が取り上げられ、少しとはいえコンサートの映像が観られたのは嬉しかった♪しっかりカメラが入っていたとかで、映像ソフト化は確定とみて良いですよね?信じてますよ!
 しかし、還暦になって生足ルーズソックスのJKコスプレを披露したという高見沢さん(笑)。幾ら去年の春に桜井さんのリクエストした事だったからって(明らかにジョークだったのに)、本当にやってのけるとは恐ろしいお方だ。ツインテールの巫女コスプレの衝撃を一年足らずで更新しちゃうだなんて…!あと幸ちゃんが桜井さんの為に『そして神戸』を歌ったのも羨まし過ぎる!これは絶対に映像に入れて!!…ていうか完パケでお願いします!!←大事なので2回訴える

ウルトラマンタカミー

 そして、買ってしまいましたよ、『激闘バトル!ウルトラマンタカミー
 レジで「高見沢さん…、凄いですよね。ここまで突き抜けてると圧巻ですよ」と言われてしまいました。はい、私もそう思います。ウルトラマンをイメージした衣装を着てステージに立った時は何度か「ウルトラマンタカミー!!」と叫んでいましたけど、まさか実現化しちゃうだなんて想像すらしなかったです。還暦を迎えて子供時代の夢を叶えた高見沢さん、ある意味、尊敬しますぜ。さすがウルトラマンから還暦お祝いに『ブラザーズマント』を授かった唯一の人間だけあります♪

 …で、内容なんですが、ジャケットの通り「かなり本気」の作りです(笑)。円谷プロはマジになっちゃいましたよ。映画のセットの流用とはいえ、怪獣たちと激闘バトルを繰り広げるウルトラマンタカミーは昭和時代のウルトラマンを彷彿させる王道なヒーローアクションに仕上がってました。
 そして本編のショートムービーよりも倍以上あるメイキング映像が秀逸で、打ち合わせからアクションの指導、カメリハ、本番など制作現場に密着していて色んな姿の高見沢さんが見られて目福♪特に、撮影スタジオの隅に保管されているセットの小道具の数々を見て目を爛々とさせる高見沢さんは完全に少年顔。小学生の社会科見学の番組を観ているようでもありました(笑)。それでいてアクションシーンは真剣そのもの。筋トレに燃えているだけあって、身のこなしが還暦とは絶対に思えないバケモノぶりを発揮。綺麗にアクションを決めた時に、端に立っていた某怪獣さんまで拍手していた姿にホッコリしましたわ(笑)
 特典映像としてウルトラマンがコンサートに乱入…もといゲスト出演したシーンが収録されているんですが、THE ALFEEとTakamiyのステージが混在しているのは意外にレアなんじゃ。一気に観るとロックバンドのライブだとは思えないくらい色んな意味で圧倒されます。しかし、何度観てもルークが演奏中に某怪獣の尻尾をこっそり蹴っ飛ばしている場面は笑える♪

 Takamiyソロの映像を観て王子メタルが恋しくなったのも事実。
 今年はあるとイイなぁ。

 そして1/18と2/1放送の『Kinki Kidsのブンブブーン』にゲスト出演した高見沢さん。1回目放送では談合坂SAと座禅を堪能し、2回目の放送ではFUJI-Q(富士急ハイランド)を堪能していましたが、Kinkiの二人とは付き合いが長いだけあって高見沢さんが終始リラックスしていたし、世間知らず&ワガママ王子ぶりが最高でしたね。光一くんも王子キャラですが、還暦迎えている高見沢さんの方が色々と手が掛かるのが致命的。←
 談合坂SAの牛串はワンコインの方なら食べたことがあったから懐かしかったわ。あと餡パンも美味しいんだよねぇ。座禅に関してはメッチャ不向きな恰好で行ってしまった高見沢さんはどうかと思ったけど、志はしっかりしていたので良かったですね。但し、三人の中で煩悩が一番多かったようですが(笑)
 FUJI-Qでは「俺には時間が無いんだよ!!」と訴えて、悪天候により運休になってしまった絶叫コースター「高飛車」に乗りたがる駄々っ子な王子に腹筋崩壊。なんと年齢制限で60歳までしか乗車できない!4/17で61歳になる高見沢さん、マジで時間がありません(笑)。悪天候でも乗れた屋内絶叫コースターやお化屋敷系ので叫んだものの、エンディングになっても「乗りたぁぁい~!」と諦めないきれない高見沢さんに苦笑いするKinkiに同情したくなったわ(笑)

 しかし、光一くんは絶叫系コースター系は勿論、お化け屋敷系にも強いタイプなんですね。自分でも言っていましたけど、脅かしてくるゾンビに向かって行く姿の男らしさったら…!相手が心強かった所為か、高見沢さんも意外に落ち着いてましたよね。叫ぶ所ではメッチャ驚いていたけど。ついでに驚く必要の無い所でも驚いていたけど(笑)。対照的に剛くんは絶叫系もお化け屋敷系も絶対ダメ。稲垣吾郎タイプですな(←勝手に決める)。だから観覧車かメリーゴーランドは高見沢さんと一緒に乗車して欲しかった気がしないでもない。まぁ、2人がアトラクションに乗っている間に、フリーダムな行動をとる剛くんも面白かったから良いんですけどね。

 エンディングテロップによるとリベンジ企画は進行中のようなので、高見沢さんが「高飛車」に乗れる放送を期待してますぞ!Kinkiのお二人も、再び王子のお世話を宜しくお願いします。剛くんはやっぱり乗ってくれないよねぇ…?

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ