ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/12/23 Wed 12:26
 あと1週間ちょっとで2015年が終わりですよ。
 毎年「一年経つのが早いっ」と思っていますけど、今年ほど早く時間が流れていった年はありませんね。なんか1月の事とか昨日のよことのように思い出せますもん。2014年でTHE ALFEEの40th Anniversary Yearが終わったから落ち着くかな~と思ったのに、高見沢さんはTakamiyソロプロジェクトを再始動するわ、聖飢魔IIは期間限定で再集結するわ、また新たなに気になるバンドが出てくるわ、落ち着くどころか毎月ライブに行っているライブ三昧の一年になりました。仕事面でも消費税が8%になるわ、マイナンバーだわで面倒が作業が増えてね。しかも年末に忙しい時期になってかさ、ちょっとした惨事が起きたり…と、落ち着く気配がまったくないっ!

 ま、充実した一年には変わりなく、今年は病院通いになるようなこともなくて医療費関係は過去最安で済むんじゃないかな?ミーハーに充実していると身体も健康でいられるんですよ。懐は万年氷河期ですが(笑)

 そんなミーハーな私の年末の恒例行事ともいえるTHE ALFEE at 日本武道館2daysが今日から始まります。年々タイトなスケジュールになっていく中で意地でも参加している感のあるアルコンですけど、これに参加しないと年を越せない体質になっているんだから仕方が無い!
アルバム『三位一体』 しかも武道館2day初日である23日は5年9か月ぶりのオリジナルアルバム『三位一体』の発売日でもあります♪TOUR中にアルバムが発売されるなんて珍しいですよね。さすがライブバンドのTHE ALFEE、TOURしながらレコーディングまでしちゃいました。

 昨日のうちに前日出荷分をgetして聴き込んでおります♪
 
 1曲目『オリオンからの招待状』はラジオ番組が初聴きでしたけど、その時から「カッコいい♪」と思っていたんですが、通して聴いても印象は変わらず『英雄の詩』に通じる世界観だな~と。この曲を聴いただけで、「よし、このアルバムOK」と思いましたもん。3人リードヴォーカルが取れるアルフィーの特性を生かしたスイッチヴォーカルが激しくて、この曲は早く生で聴きたい!
 2曲目『碧空の記憶』は「あおぞらのきおく」と読むそうですが、懐かしいフォークテイストで3人がデビュー当時からお世話になっている事務所の先輩、GAROの大野真澄さんに捧げた曲。尊敬の念に溢れております。聴いていて安心する優しい曲なんだな~。
 3曲目『或いはノイシュバンシュタイン城の伝言』、まず噛まずに正しくタイトルを言える自信がありません(笑)。この曲はブルー・コメッツなどGSにヒットと曲を提供していた橋本淳さんによる作詞。GS大ブームが到来中の高見沢さんにとって夢のようなことであり、ブルーコメッツが好きだった桜井さんにとっても堪らない事だったのでは…。それだけに、詩の世界観はいつものアルフィー節とは異なっていて面白いです。
 4曲目『G.S. I Love You-あの日の君へ-』はタイトル通りGSを彷彿させるサウンドですが、GS世代でない所為か懐かしいようですごく新鮮に感じたサウンドです!ちょっと切なくて泣きたい気分になる。GSサウンドってアルフィーに合っているんだなぁ。このスイッチヴォーカルは特に幸ちゃんと高見沢さんの声が判別し難い!…と『Kトラ』にメールしたら「自分ではそう思わないけどなぁ」と幸ちゃん、そりゃそうだろう、歌っている本人なんだから(笑)
 5曲目『Manhattan Blues』はラジオやTVでも音源が出ずCDで初聴きとなった楽曲ですが、前奏が「ん?アルフィーなの?」と感じる異質さがあるものの、サビにくると「あ、アルフィーだ♪」という安定のサウンド。
 6曲目『無情の愛X』は個人的にこのアルバムの中で一番好きな曲です!ラジオが初聴きでしたが、聴いた瞬間から「この曲好きっ!」って思ったくらい。ドロドロとした情愛が渦巻く世界観、アルフィーにはピッタリだと思う。これもスイッチヴォーカルだけど、桜井さんに声に切り替わる部分が凄く好きっ!
 7曲目『恋の花占いⅡ』は今年の高見沢さんのソロシングル曲のカップリング曲だったのをセルフカバーした曲。ソロの時はポンポン持って踊ったくらいのサウンドだったのですが、アルフィーver.はスイッチヴォーカルになってよりGSぽさが強まり可愛らしさも増した気がします。特に桜井さんの歌い方の可愛らしいこと♪このサウンドだとポンポンは振れないかな~?振りたいな~(笑)
 8曲目『One Step~再始動』は今年の「大阪国際女子マラソン」のイメージソングでもあり、今年の春TOURも「新曲」として演奏され続け、漸くCDに収録された熟成感のある曲(笑)。アルバムに収録されて良かったです。
 9曲目『英雄の詩』は現時点でアルフィーの最新シングル曲。この曲は最近のシングル曲の中で一番好きなのでアルバムに収録されて嬉しかったし、やはり何度聴いても一番テンションが上がります。ライブの定番曲になって欲しいくらい好きっ!
 10曲目『GLORIOUS』は『英雄の詩』の前に発売された6分超えの大作シングル。初披露されたのはTakamiyソロライブのアンコールでしたが、この曲が出来たことで高見沢さんはソロプロジェクトに一旦終止符を打ったんですよね。それだけ、高見沢さんにとって「My Way」的な曲なんじゃないかと。

 ちなみに初回限定盤B(金の茶室ver.のジャケット)の特典CDは、アルフィーの3人よるアルバム『三位一体』の製作秘話?的なトークが繰り広げられていて面白いです。このトークを聴いてから再度アルバムを聴くと、「ほほう」と感じる部分もありますしね。中盤にアルバムから脱線している内容もあって、ツアーパンフのトークCDを聴いている気分を味わえます(笑)

 さて!これから武道館へ行く準備をせねば♪
 現時点で年賀状に手を付けていない状態だけど、気にせずに楽しんで来ます!←気にしなさい


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2015/12/14 Mon 21:42
 おお!前回の更新が年内最後にならなかったよ♪←自分言うな

 先日、仕事関係で非常に凹むことがありまして(ミスなどという次元ではない/笑)、年末に向けて予想外に大変なことになっております。今月は師走だというのに5本もライブを入れてしまっているんですが、逆にこれだけお楽しみが無ければやっていけなかったかも。「人生プラマイゼロ」とはよく言ったものです。とりあえず、今週は2本ライブがあるので、それを人参の餌として様々な壁を乗り越えて行きますとも…!

 …で、ライブだけでは収まらず、ちょいと無理して久しぶりに映画を観て来ました。
 年末年始は大作目白押しですが、「これだけは絶対に劇場で観ておきたい!」と思っていたダニエル・クレイグ主演の「007」シリーズの『SPECTER(スペクター)』です。

映画『007 Specter』


 ダニエル・クレイグのボンドは全シリーズ劇場で観ているので、「シリーズ最高傑作!」と前評判が高かった『スペクター』はどうしても映画館で観たくて!!でも、強引にでも観に行った甲斐はありましたね。
 アルフィーの高見沢さんが「忙しいけどこの作品だけは観たい!」とラジオで言ってましたけど、本当に観に行った方がいいですよ~!観ないと後悔しますよ~!…と、ここで意味も無く叫ぶ(笑)

 前作『スカイ・フォール』から繋がっているこの作品、別に単体としても十分に楽しめますが、ダニエル・クレイグのボンド1作目となる『カジノ・ロワイヤル』から観ている人はサム・スミスが主題歌を担当したOPから堪らない気持ちになること請け合い。歴代の『007』シリーズへの様々なオマージュが散りばめられてもいるので、クレイグが演じるボンドの成長や歴代ボンドとの対比も際立ち「『スペクター』のボンド」の立ち位置が明確に描写されてる感じです。

映画『スペクター』

 『007』といえば冒頭からの派手なアクションシーンは定番で見所の一つですが、今回の『スペクター』も例に漏れずメキシコでの「“死者の日”の祭り」の場面が凄まじいOPを飾ります。「ここまでするか?」というアクションの連続に目が釘付け、ボンドがターゲットを執拗に追う理由なんて二の次です(笑)。まぁ、なりふり構ぬ行動に「また無断行動なんだろうなぁ」と察しは付くわけですが、ボンドが何故MI6の警告を無視して無謀な行動に出たのか、その理由が明かされ真の敵である≪スペクター≫なる組織に接触して行くことで、ボンドは“最後の指令”の意味と己の過去の真相と対峙していくことになります。
 しかも、そんなボンドの無鉄砲ぶりに振り回されるMI6も国家安全保障局の新たなボスの企てによりMI6の存続そものが危ぶまれる事態となり、ボンドが最後の敵と戦うと同時にMI6も彼の行動を注視しながらも新たな敵と対抗していかなければならない緊迫感溢れる展開なのだから、2時間半以上ある上映時間は息つく暇も無いくらいクライマックスシーンのオンパレード!特にカーチェイスの場面なんて何度も見返したいくらいのド迫力。BGMも高揚感を煽って最高!

映画『007スペクター』


 ボンドは≪スペクター≫の核心に近付くことで、その首謀者と自分にある繋がりがあることを知ります。それ故に首謀者はボンドが自分の元まで辿り着くのを待ち続けていた感があり、歪んだ感情によって生まれた首謀者の憎悪がボンドを危機に追い込んでいく展開は心理描写も含めて非常に見応えがありました。ここまでくると善悪の問題では無いってところが逆に恐ろしい。ボンドに対しては超個人的感情で動くから本当にしぶといというか執拗なまでに罠を仕掛けてくるところがね…恐ろしいだけでなくあり哀れでもあり、だからこそボンドが最後に敵と対峙した場面での決断からあのラストシーンに至るまで、胸をすくような痛快劇とは違った高揚感が味わえるんですな~。もう、あのラストシーンには「そういう決断をしましたか!」と思わず微笑んでしまったほど。

 ただ、クレイグのボンドは歴代に比べて人間味が増してボンドとはいえ正しい決断をするか判らない脆さもあって、感情移入というか彼の心理状態がリアルに迫ってくる感覚を味わえるのが醍醐味なのですが、今回は凄まじいアクションシーンが目白押しになった代償に、ボンドの心の奥に潜む“闇”の描写が少々物足りなかったかな…と。もしかしたら、それが「NEXTボンド」の伏線なのかもしれませんが…。
 それでも歴代と同じく綺麗な女性には即行で手を出す辺りはさすがですわ(笑)


 「あのアクションシーンはもう一度観たいかな」→★★★★


web拍手

テーマ:007シリーズ - ジャンル:映画

2015/12/06 Sun 20:17
 ほぼ1カ月ぶりのblog更新です。
 もしかしたら、この書き込みが2015年最後になるかも…?

 昼間の『NHKのど自慢』にまたまたSMAPが生出演していましたね!しかも大御所、北島三郎さんとご一緒。ラストは『まつり』だったので最終的にSMAPや挑戦者たちもワイワイ楽しく歌い『紅白』みたいな雰囲気になって楽しかったなぁ。やっぱり『紅白』にはサブちゃんが必要だよ~!
 SMAPとしては『のど自慢』出演3回目ということですっかりレギュラーのようにすっかり馴染んで。中居くんまで鐘に絡んでいくとは思わなかった。目的は木村さんと違ったけど(笑)。しかも来年1/11に放送されるチャンピオン大会編にもSMAPが出演とか!よほど最初の頃の出演の評判が好評だったんでしょうね!嬉しいなぁ。
 しかし今回もキャラの濃い挑戦者ばかりでしたが夫婦のSMAPファンだいう挑戦者、旦那さまが「稲垣さんのファン」と言ったら抱き着きに走って行った吾郎ちゃんが最高でした♪中居くんに押し出されたせいで吾郎ちゃんにしては珍しく勢いついた抱き着き方をされてましたよね(笑)。お返しとばかりに、『世界に一つだけの花』を歌い上げた男子学生に「中居くんの所だけでも替わって貰いたいよ」と言ったりして(笑)。容赦無い2人のやり取りが大好きです。あと、吾郎ちゃんの足の細さにも釘付けでしたが…!舞台が終わった後もリバンドしないで細いまんまって凄いな。

 さて、師走に入ったことで公私共にバタバタしております。
 仕事面ではマイナンバーなんてモンが出回っておりますからね。妙な重責を増やすのは止めて欲しい。ああ、出来ることなら燃やしてしまいまい。←無駄な足掻きです
 しかも年内はあと5本ライブがありますので、風邪やノロやインフルエンザに罹らないよう健康に気を付けてミーハー街道を最後まで突っ走りたいと思っています!ライブが私の健康の秘訣になってきていますよ。高見沢さんが「アルフィーはみんなの健康を守ります」と言っていたけど、その通りになってきている自分がイヤだわ(笑)

クイーンズスクエアX'mas Tree 2週間以上前の話題になりますが、11/25はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートへ参加してきました♪

 定休日だったので早めに横浜方面へ出掛けて散策しましたが、MM21周辺はX'mas一色でしたが例年比べてシックというか大人しい印象を受けましたね。イルミネーションが鮮やかだったのはクイーンズスクエアの所かな?定時になるとBGMに合わせてカラフルに輝く演出は相変わらず綺麗だったな。
 その後は定番化しつつあるアル友さんとのお茶会ならぬ「秋TOUR反省会」(笑)。既にお互いが参加したアルコンのセットリストや衣装について真面目に語る…はずが、何故か半分以上がジャニーズ関係に話題になったのは何故だ?きっと田口くんが脱退を表明した直後だったからよね。ファンではない私ですら衝撃を受けたんだから、ファンの人達は本当に辛いだろうなぁ。そうそう、このお茶会の時に「今回の秋TOURの『○○○』の幸ちゃんを見て!あの曲の幸ちゃんのギターがいいの!」と私が熱く語ったにも関わらず、なんと直後の神奈県でその曲が別の曲に替えられたというね!!まさか、あの辺りのセットリストが替えられてくるだなんて思ってもいなかったyo!

 その神奈県アルコンの感想ですが、ネタバレを含んだ感想は既に「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込んであるので割愛(笑)。だってネタバレしない程度に書くって難しいもん。「凄い盛り上がった!熱狂的なノリだった!」としか書けないからさ。だって神奈県ですよ。アルフィーと非常に馴染み深い横浜でのライブですよ?盛り上がらないわけないでしょう!OPから凄かったですよ♪
 「ネタバレけいじばん」の方へupしてから書き忘れたことがあったのを思い出したけど、別にいいか…と。アンコールで珍しいギターを出して来たんですが、後日「ああ、この出演用のリハ使用か」と納得しました。←

DVD「2014年武道館ライブGENESIS」 11/25の神奈県のライブに合わせて去年の日本武道館のX'mas eveのライブDVD&Blu-rayが発売されまして、初回特典のBEAT BOYSのミニタオルも可愛かったので会場で購入しました。なんと今回はアンコールの部分のみアルフィー3人のコメンタリーが収録されているという特典が!TakamiyソロのDVDでは王子連合でコメンタリー入れていたのがあったけどアルフィーでは初の試みですよね!あと映像特典ということで翌日「ステージから落下」したとニュース番組を賑わせた23日公演にSPゲストとして出演したふなっしーの場面も収録。
 まだ本編の方は観ていないんですけど、コメンタリーが収録されているBEAT BOYSが登場したアンコールの場面と特典映像のふなっしーの所は観ました。例の落下シーンがどう映っているかは観てのお楽しみ(笑)。なかなか盛りだくさんな内容で、武道館ライブはアルフィーのライフワークになっているけど飽きさせないようなぁと今更ながら思い知らされた感じです。年末年始はこのDVDで過ごそう♪

 …と!その前に12/23に約6年振りとなるオリジナルアルバム『三位一体』が発売されますね!
 アルバム曲が流されたという先日の『Kトラ』は忘年会で聴けなかったので今日の『ロックばん』で流れることを期待しよう。3人リードヴォーカルがとれる強みを最大限に活用したスイッチヴォーカル満載だなんて楽しみでなりませんっ。なんとか前日出荷でgetして武道館前に予習したい!…て、演奏してくれるかどうかは判りませんけどね(笑)


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ