ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2016/03/30 Wed 21:26
 もう明日で3月も終わりですよ。
 早いですよねぇ、2016年が4分の1過ぎちゃうだなんて。個人的に年明けから色々と行事が盛りだくさんで、気分的には半年くらい過ぎているような感覚なんですけどね。ゆっくり温泉にでも浸かってのんびりしたいなぁ。

 今年の桜は開花宣言は例年より少し早かったですけど寒の戻りがあったせいで一週間経っても満開までには至らず、先週末に毎年のように目黒川へ花見に行っていたのもタイミングが悪くて二分咲きにも満たない感じでした(笑)。それでも人出が凄くて、流石に桜の名所だけあるな~と。多分、今週末が見頃を迎えるでしょうけど、その時は歩くのもやっとなくらいの人混みになるんだろうな。ただ今週末は既に予定が入っていて花見に行けそうもないので、一足先に井の頭公園の桜を堪能してきました。こちらも五分咲き程度で満開までもう少し…という状態でしたけど十分に綺麗でしたし、とにかく花見客が凄かった。のんびり歩きながら桜を堪能したいタイプなのですが、なんとか自分のペースで歩けるという感じでしたね。こちらも今週末は物凄いことになりそうだな。

井の頭公園の桜2016

 春を愛でる時間を過ごせることに感謝♪
 スギ花粉は辛いですけど、やっぱり春という季節は冬の寒さを和らげて可憐な花で迎えてくれるせいか自然と気分を浮かれさせてくれますよね。

 そして本日3/30はTHE ALFEE『SINGLE HISTORY vol.7』の発売日でした♪
 企画アルバムのシングル集シリーズだから急いで買うことも無いかな~と思ったんですけど、ジャケットがアルフィー弁当仕様で可愛いわ、半分近くがシングル盤にしか収録されていなったライブテイクなので「早く聴きたい」とアル中の性でフラゲしてしまいました(笑)
THE ALFEEシングルヒストロリーvol.7 シングルも全部買っていたから収録曲も既に聴いたことのある音源ですけど、アルバムとして一気に聴くとなかなか感慨深いものがあります。不思議なもので参加していた時のライブ音源を聴くと、その時のアルコンの光景を鮮明に思い出すもんなんですよね。特に『See You Again』は2009年の最後の野外イベントのラストソングの音源だったもんだから、あの感動的な光景が脳裏に思い浮かんで来て鼻先がツンとしてしまったほど。高見沢さんのラストのシャウトがまた堪らないんですよね~。あと『Zipangu』は3.11の震災の後の春TOURの1曲目だった時の音源で、これまた当時の様々な想いが交錯して少しばかり考えさせられたり…。
 どの楽曲にもいえることだけど特にライブ音源はその時のライブの空間に気持ちをトリップさせてくれるんだな~と、改めて音楽の秘める力を実感させられました。だから私はライブ盤が好きなのかな。ミュージシャンによっては嫌がる方もいらっしゃるそうですけど…。少なくとも私のご贔屓のバンドはオリジナルも勿論良いけど、ライブ盤の方が勢いや感情が入りまくっていて熟成された感じが強いから好きですね。

 そしてTHE ALFEEは明日から春TOUR『春フェス』がスタート!NEWアルバム『三位一体』を引っ提げてのTOURになるので非常に楽しみです。しかも、このアルバムの楽曲の他にも今年の「大阪国際女子マラソン」のイメージソングだった『風の翼』や、「おや?またもや新曲ですか?」な嬉しい情報は聞こえてきているので、いつも以上に盛りだくさんの内容になることを期待せずにはいられません♪なんかデビュー40周年を迎えた年よりも勢いがある気がします(笑)
 それに「春フェス」と付いた春TOURタイトルのイメージデザインが何故か「ダルマ」ですからね(笑)。始まる前から目出度い雰囲気満々でMy初日を迎えるまでが本当に待ち遠しいっ!


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

5年後。 
2016/03/12 Sat 21:27
 少し前はコートも要らない春の陽気になっていたのに、この数日はコートが手離せない真冬の気候に逆戻り。インフルエンザの流行はだいぶ落ち着いてきたとはいえ、体調管理が難しい時期であることには変わりはありません。

 前の書き込みからだいぶ期間が開きましたが、珍しく体調を崩しておりました。風邪やインフルでは無かったんですけどね。油断した時にガタッと来るものです。しかも、体調が落ち着いたかと思ったら今度はノートPCの調子が悪くなりまして、これは部品を一部交換することで直ったから良かったですけど…。

 そんなこんなで色々とあったわけですけど、昨日で東日本大震災から丸5年が経ちました。
 少しずつ復興の兆しが見えてきているとはいえば、依然に多くの方が元の場所に戻れず、行方不明になられている方も多いのが現状。目に見える傷は消えて来ているかもしれないけど目に見えない傷は深いまま…というのが遣る瀬無い。
 それでも…私なんかに出来ることなんて限られているけれど、今までは「少しでも東北の復興に協力できれば…」という気持ちでしたが、今は「あ!石巻の牡蠣は美味しいんだよね!」とか、「三陸産のホタテがいいよね」と自分の食生活の一部に溶け込んでいる気がします。もちろん、昨日は石巻産の美味しい牡蠣フライを食べられました♪

 マスメディアには震災当時の過酷な映像よりもさ、復興しようと頑張っている“今”を…、私達が「あ!あそこに行ってみたい!」「あれを食べてみたいな!」と思える復興地の映像を積極的に報道して欲しいですよね。
 当時の映像なんてテレビを通して放送されなくても脳裏に嫌でも焼き付いていますよ。忘れられるわけないじゃないですか。むしろマスメディアが忘れてしまいそうだからと執拗なくらい当時の映像を流すのかな?と勘繰りたくなる。

 今まで福島の会津若松から生中継だったNHKの特番『明日へのコンサート』を観ていて、やっぱり『紅白』にはサブちゃんの存在がまだまだ必要だろうと思ったり、SMAP5人揃って歌う姿に…特にラストの『世界に一つだけの花』にはジーンときたり、最後に中居くんが「また来年お会いしましょう。来年は東北でやりたいと思います」と笑顔で締めた光景に泣けた。自分がミーハー人間だからというのもあるだろうけどエンターテイメントの力って、やっぱり凄いと思うんです!

 5年前のあの日も今年と同じ金曜日で本来なら幸ちゃんのラジオ番組の『Kトラ』の生放送があったはずなんだけど、当然ながらラジオだって通常放送が出来る状況なんかじゃなくて。ウチの方も停電したり余震が続いたり、テレビを点けたら東北地方での信じられない被害状況が映像として流れて不安しか抱けなかった夜。ダメ元でNACK5に合わせていたら、車でラジオ局に向かっている途中だという幸ちゃんからの電話メッセージが流れて、THE ALFEEの曲も流れて、あの時ばかりは少しだけどホッとしたというか少しだけ気持ちが落ち着いたんだよね。
 音楽でお腹が満たされたり身体が暖まったりすることは無いけれど、心を癒やしてくれる力はあるんだと痛感しました。

 東北地方の方々はまずは復興することを目標に生きることが精一杯だとは思いますが、明日を信じて前に進んでいって欲しいです。私も現実としっかり向き合いながら“あの日”の事は忘れずに生きていきたいと思います。

 しかし、3.11の翌日に日本を愛し、東日本大震災に心を痛め、復興の為に曲まで提供してくれたキーボーディストであるKEITH EMERSONの訃報は非常にショックでありました。4月の来日公演だって決まっていたのに…。とても残念です。R.I.P.



web拍手

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ