ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2016/04/19 Tue 20:33
 好きな音楽やDVDを鑑賞したり、ライブに行って思いっきり楽しんでストレス発散できる時間がどれだけ貴重て大切か、常に感じているつもりでしたが、5年ぶりに改めて痛感させられている日々です。
 私は私なりに出来ることをやり続けていきたいと思います。健康診断の結果が思っていたより良かったので、そろそろ献血も解禁できるかも。

 そして今だからこそ、少し遅れてしまったけど今年もちゃんとこのお二方をお祝いしたい。

幸ちゃん&たかみー祝☆62歳

 4月15日はTHE ALFEEの坂崎幸之助さん、そして4月17日は高見沢俊彦さんの62回目のお誕生日でした!
 1月の桜井さんの誕生日の時に「去年の武道館で印象に残った場面」を描いたので、幸ちゃんと高見沢さんも去年の武道館での御揃いのGS風衣装がとてもお似合いだったので♪本当は高見沢さんは『YELLOW SUNSHINE』の時に黄色いグローブを上手く嵌められないまま強引に演奏した(桜井さんが大爆笑していた!)シーンが一番印象に残っていますが、それは難しくて描けないので(笑)。だって、この衣装は2人とも似合っていたじゃないですか!別に桜井さんが似合って無かったわけじゃないですよ!桜井さんはそれ以上に昭和兄弟の着流し姿がハマり過ぎていたから!!

 とにかく!本当に驚異の62歳といいますか、還暦過ぎてもマイペースにライブやラジオなど忙しいスケジュールを淡々とこなす2人の凄いことと言ったら!横須賀のアルコンでも笑撃的なパフォーマンスをお二人とも披露してくれましたからね!!高見沢さんに至っては人間の域をはみ出そうとしているんじゃないかとすら思いますが(ウルトラマンタカミーだし/笑)、これからも元気にステージの上で歌い続けていて欲しいです。
 そして今年も「お誕生日おめでとうございます♪」と言える現実が何よりも有り難い。

 今年の高見沢さんの誕生日はTHE ALFEE at 仙台サンプラザでBDライブとなりまして、伝え聞くところによりますと予想の斜め上をいく抱腹絶倒の爆笑ライブだったようで♪「笑い」は人間にとって最高の元気の源になりますから、また是非ともこの時の映像はまたDVDパンフに収めておいて欲しいものです。
 でもって、その高見沢さんのBDライブではサプライズ発表があり、なんと7月、30,31日に横浜アリーナで『夏フェス』が開催決定!今年の春TOURが『春フェス』というタイトルですが、まさかこのまま『夏フェス』が開催されるとは!!しかも横浜!!1982年が夏にイベントを開催してきたアルフィー、なんと今回で30回目になるそうです。その節目に夏イベの最多開催地である横浜に戻って来てくれるだなんて!それだけで感無量です。THE ALFEEは横浜アリーナでライブをするのは実に24年振りだそうで、私もあれから24年も横浜アリーナに行ってないんだな~と。隣接しているライブハウスには何度も言っているんですが(笑)
 無理せず無理して予定を調整したいと思います。その頃は全体に落ち着いているといいな。参加したい!と思っている人が皆参加できますように…!

Takamiy復活バケーションDVD 話題が代わり、高見沢さんのBDに合わせて去年のTakamiyソロライブのBlu-ray&DVDが発売になりましてウチにDVDが届きました♪
 早速ライブ映像を観ましたが、そうそうソロプロジェクトの時から高見沢さんはGS推しだったんですよね~。OPからド派手な演出で楽しいです。高見沢さんはもちろん、サポートメンバーも揃いのGS風の衣装だったからカッコ良くてね~!映像で改めて観てもヒャ~♪ってなりますわ!あとDVDで観たら『青空を信じているか?』が会場で聴いていた時以上に心に沁みました。先日の横須賀のアルコンで高見沢さんが言っていたけど、その時の気分で"今"はこの曲が沁みているのかもしれない。あとアンコールのANCHANGやマーティーが登場してからのメタル攻めが好みのラインナップでして、大人しく鑑賞しているのが辛いくらいでしたわ。それでいてラストはスペシャルゲストの武部聡志さんとのセッションでしっとりと幕を閉じるんだから、あの時は感激しっぱなしだったけど本当に幅広いジャンルを演奏した盛りだくさんのソロプロジェクトだったんだな~と再認識。このライブが終わった瞬間から「早くDVDで観たい」と思っていましたけど、これは何度も再生するだろうなぁ。

 そうそう、このTakamiyソロプロジェクトも『ism-主義-』からカウントしたら今年で活動25周年になるんですよね。ソロ活動としては今年の2月に西本智美さんとクラシックコンサートを成功させていますけど、やはり真夏には熱~いTakamiyメタルも聴きたくなる!去年に第3期が再始動と宣言していたんですから今年の夏もあるといいな~♪
 アルコンとはまた一味も二味も違った趣きで楽しいですからね!!夏イベも楽しみだけど、こちらも何かニュースが聞こえないかな~?と密かに期待しております。


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2016/04/14 Thu 23:33
 実はこのblogを書いている途中で熊本県の地震の速報が入って来ました。
 余震が頻発している中、TVやネット上の情報を見ながら知人の安否をSNSで確認したり…とやっていたら、なんか色々と思い出して自分まで不安になってきたので気持ちを切り替える為にblogを更新します。
 被災地の被害が最小限に済むことを余震が一日でも早く落ち着くことを切に願っております。




 気が付けば4月になっていて、なかなか満開にならなかった桜も気が付けば葉桜になっていて、空を見上げればツバメが飛来している季節になっていましたわ。ああ、本当に月日の流れが早いことよ…。

 今年は例年以上に花粉症のアレルギー症状が酷くで珍しく微熱まで出る有様でした。3月は意外に(?)大人しくしていた分、4月は色々とライブ三昧になるからライブウィークが本格化する前に症状が落ち着いてくれて本当に良かった。

 そんな訳で先日の12日はTHE ALFEE at 横須賀芸術劇場のコンサートへ参加して来ました♪
 今月だけで既に3本目のライブでもあるんですが(笑)、アルフィーとしては2016年初!春TOUR、My初日になったアルコンでした!アルフィーは横須賀芸術劇場でコンサートをするのは8年振りなんだとか。私が横須賀芸術劇場のアルコンに参加するのは16年振りになりましたよ。生まれて初めて最前列のアルコンを体験した会場が此処だったんですよね~。あれから16年も経ったんだなぁ。

アルフィー春フェス

 デビュー42年目を迎えたアルフィー、今年の春TOURは『春フェス』というTOURタイトルで、何故かTOURイメージイラストがダルマという素晴らしさ(笑)。今年の春はダルマのツアートラックが全国を走り回るんですよっ。このツアートラックをアルコン会場以外で見掛けたら何か御利益がありそうですよね~♪
アルフィー春フェス・ツアーパンフ 当然TOUR GOODSもダルマ尽くし…になったんですが、なんとパンフレットだけは例外!まいかいファンの意表を突いてくるアルフィーですが、なんと今回のパンフは漫画家の喜久屋めがね先生に依頼して60Pの読み切りマンガ付きなんですよ!3人のトークCDは付いているわ、ライブ写真はあるわ、インタビューはあるわ、そしてマンガまで読めるわ!こんなパンフが普通ありますか!?(笑)。右の画像がパンフなんですよ!!ビックリですよ。しかも、そのマンガが予想以上に読み応えがあって、所々は3人が実写化していてマンガ通りのお姿になっていたり!内容も見た目も予想を斜め上を行く物凄い展開で腹筋が持っていかれます。これ、ライブ前に読んだら余計に体力が消耗されるかもしれません。とても危険なパンフでございますわ。←

 そんな訳で開演前から今までの春TOURとは違うテンションだったのですが、今年の春TOURは何と言っても5年9か月ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『三位一体』を引っ提げてのTOURになるわけでして、この『三位一体』が大変気に入っている私としましては期待値が上がりまくってしまっていたわけです。
 …で、実際どうだったかというと、当然のことながら春TOURが始まってまだ7本目ですし、私も現段階でネタバレする気はさらさらありません。それどころか、今回の春TOURは受け止めるものが色々と多過ぎて現段階で感想が纏まりません(笑)。それだけ色んな意味で凄かったんですよっ♪

 この横須賀のアルコンは土日に京都2daysをおこなって中一日置いての公演ということで還暦を過ぎた御三方にはかなりハードなスケジュールだったものだから、ステージ上は初っ端からナチュラルハイ状態に近かったんですよ。だからMCがとんでもない事になっちゃって(笑)、ぶっちゃけ某2曲は高見沢さんと桜井さんの所為で暫く含み笑い無しには聴けなくなってしまった!ちょっとね、某曲の方に関しては根に持つよ(笑)。生で聴けるのをすっごく楽しみにしていたんだから!もう、この先は某曲を聴く度にあのMCを思い出しちゃうんだっ。絶対にそうだっ!
 なんかねぇ、終わった後、暴れ過ぎたせいか心地良い疲労感は得られましたが腹筋はグッタリだった(笑)。幸ちゃんが「俺は今日が61歳、最後のステージになるんだよ」と言っていたけれど、非常に思い出深いアルコンになったのではないかな。少なくとも私は色々と感激やら笑激やらを受け過ぎていまだに感想が紡げないくらいですもの(笑)

 真面目なことを少し書くならば、今年は聖飢魔IIに始まったコンサート生活ですけど、彼らはもう地獄へ還ってしまって(その後に新曲出したけど/笑)その喪失感というのが少なからず残っていましたが、ずーっと活動休止することなくライブを続けてくれているアルフィーを目の当たりにして色々と癒されたというか、「自分には戻って来られる場所がある」って確信できたのが何よりも嬉しかったです。高見沢さんもステージ上で言っていたんだけど、某曲は心に沁みまして此の先もきっと私はアルフィーの楽曲に自分の様々な感情を投影させていきながら気持ちをリフレッシュさせるんだろうなぁと感じました。 

 そして、既に『ぶらり途中下車の旅』のエンディング曲として流れている新曲『今日のつづきが未来になる』も5/25リリースということで、こちらもCDを手に取る日が楽しみですわ♪

 …色々と予測不可能なことが起こる日々だけれど、しっかり自分の道を前を向きながら進んで行きますよ。横須賀でしっかりパワー頂きましたからね。



web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ