ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/02/13 Mon 22:40
 気が付けば2月も半ばに差し掛かろうという時期ですが、東京では粉雪が舞ったかと思えばスギ花粉も飛散が始まっているという、色んなものが空気中を漂っている季節なのかもしれませんね。

 只今、高見沢さんがTBSの特番に出演されていますけど長時間テレビの前に居る習慣が無いので(どちらかというと長時間テレビを観るのは苦痛)、HDDさんに頑張って貰っています。テレビを視聴するなら長くても2,3時間がベストなんですけど、ここ数年ムダに放送時間が長いテレビ特番が多くないですか?生放送とかでも半分が過去映像だったり再現映像だったり…今の時代ネットで検索すれば幾らでも観られると有難味を感じない我儘な体質に成長中です。まぁ、今の時代はテレビを齧り付き観るというより、何かしながらテレビを観る…ながら観が主流なんでしょうね。そういう器用な観方が出来ない私は辛い。

 さて、昨日は一年ぶりの再演でもあるInnovation Classics 2017 西本智実×高見沢俊彦 at Bunkamuraオーチャードホール へ行って来ました。2/11,12と2日公演だったのですが、私は12日のみの参加。去年と同じパターンですわ。

Innovation Classics 2017

 前回が大好評だったことを受けて、ヴィヴァルディの「四季」から『夏』とムソルグルスキーの『展覧会の絵』は前回の引き続き今回も演奏されたのですが、今回は新たな挑戦としてTHE ALFEEの楽曲を初日はAプログラムと題して『星空のディスタンス』と『Masquerade Love』を、2日目はBプログラムと題して『恋人達のペイヴメント』と『Orionからの招待状』を演奏するという試み。
 私は2日目のみの参加だったのでAプログラムは鑑賞できませんでしたが、初日に参加したママンボによると『星空のディスタンス』も『『Masquerade Love』も両方素晴らしかったとのこと。特に『星ディス』を絶賛していて、ライブCD盤を出して欲しい!としきりに言っておりました。でも実際にINNOVATION CLASSICS 2017を体験したら「映像ソフトだけでなくライブ音源のCDも出して欲しい!」ってなりましたわ(笑)。去年、初公演して好評を博したから再公演!…というだけでなく、高見沢さんも西本さんも互いに新たな挑戦をしている姿を目の当たりにしてd大感激しましたよ!

 そんな東京2公演の内容は『DeColum』に画像付でレポートが掲載されています。

 以下は私のミーハーな感想になります。
 まだ来月に大阪2公演がありますのでネタバレ満載の感想になりますから、ネタバレしたいくない方はここで読み止めて下さいね。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ