ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2018/05/12 Sat 20:42
 5月に入ってから初めてのblog更新です。
 GW前に衣替えをして夏日が続き「よっしゃっ!」と思っていたら、GW終わりから最高気温が15℃に届かないとか、寒暖差が激しくて体調管理が非常に難しい。しかも、沖縄で流行しだした麻疹が遂に関東にも流行の兆しが見えてきて、麻疹ワクチン1回世代だったのでGW明けにMRワクチンの接種を受けました。本当は抗体検査を受けて結果次第…と考えていたんですが、抗体検査も安くないし結果が出てからではワクチンが不足しているかもしれないから打ってしまった方が良いとお医者さんの助言に従いまして、今は接種しておいて良かったな…と。記憶が定かではないのですが、私が小学生の頃に大流行したような気がするんですよね。風疹だったかなぁ?

 しかし、この歳になって自分の母子手帳を再読することになるとは…。標準体重ギリギリで産まれたんだなーとか、その後転がる石のように体重が減っていっているわー、生後半年以上経っても標準に達してないわー…とか、記憶に残っていない自分の過去を振り返るのもなかなか面白いです。ああ、健康て有り難い。

市村座2018 GWといってもカレンダー通りの休みではないので旅行に出るとかは無かったですが、それなりに楽しみました♪
 2年振りの市村正親さんの一人芝居『市村座2018』を日生劇場まで観に行きまして、『市村座』を日生劇場で上演するのは初なのですが、市村さんが日生劇場に立った芝居の30作品目が今回の『市村座2018年』になるというんだから凄い。舞台役者にとって日生劇場は聖地ですからね!

 そんな市村さんが「日生劇場の怪人」というキャラに扮しまして(笑)、市村座の提灯を有名なシャンデリアに見立てたOPのオマージュは爆笑もので、以降、日生劇場の怪人がこの舞台の上で関わった30作品をミュージカル仕立てで振り返って行く前半は見応え抜群。私が市村さんを役者さんとして認識したのは『ミス・サイゴン』のエンジニアからだったので、あの劇団四季を去る顛末は衝撃的でした。市村さんというと日本で一番最初に『オペラ座の怪人』のファントムを演じた役者でもありますが(その役柄でNHKの『紅白歌合戦』にも出場)、舞台で演じた期間はごく僅かだったし、なんというか理不尽というか、劇団に長く在籍していた悲劇というか、よくそこから今のミュージカルスターの座まで這い上がってきたな…と感動。
 でも、そんな経験があったからこその今の市村さんなんでしょうね。

 後半は落語の『芝浜』やイブ・モンタンのシャンソンを披露したり、大人気キャラの俵星玄蕃が大いにステージを盛り上げて締めてくれて最高でした♪

 舞台の楽しさを教えてくれる2時間強おお芝居でしたね。
 しかも、一週間前まで市村さんはミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』に出演していたんだから、短期間でここまで濃厚な独り芝居を作り上げるだなんて、やはり日生劇場の怪物は伊達じゃありません。

web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ