FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2018/07/26 Thu 21:26
 関東でも40度超えの酷暑を記録した初夏の暑さに参っていたら、突然発生した台風12号はとんでもない進路を辿るみたいで週末が本当に心配です。土日はTHE ALFEEの夏のイベントがあるから関東直撃は避けて欲しいけど、かといって豪雨で甚大な被害が出た西日本には絶対に進んで欲しく無い。日本列島に近付く前に消滅してくれないかな…。
 酷暑も突然の豪雨も地球温暖化によるもので、今後はこのような異常気象が頻発するといわれていますね。2年後には夏に東京オリンピックの開催を控えているけれど、過去の東京オリンピックみたいに10月に開催すればまだマシな気がしないでもないけど、今更開催期間を変更だなんて無理なことなんだろうか。暑さも豪雨もどうにもならないんだから、対処できるうちに最善の策を講じて欲しいものです。

 さて、7/25は高見沢のソロプロジェクト…Takamiyの3年ぶりのシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles』が発売になりました!
 いかにも高見沢さんらしい大仰なタイトルですが(笑)、楽曲もタイトルの期待を裏切らない超ゴージャスなサウンドと歌詞の世界観!ここまで突き抜けられたら圧巻としか言いようがありません。もう高見沢さんにしか書けない、歌えない楽曲です!



 この曲は今年の3月に出演した『another sky』で高見沢さんがイタリアを訪れた時にインスピレーションを受けたそうで、中世の禁じられた恋に激しく揺れる主人公の心情がドラマチックに描写されております。ラジオで初めて聴いた時から「Takamiyらしい!カッコいいな!」と思いましたけど、改めてCDでフル聴くと本当に一つの映画作品のような情景まで浮かんでくる濃密な世界観が堪りません。
 カップリングの『恋愛Gigolo』はガラッと雰囲気が変わり、数年前から高見沢さんがハマッているEDM。この楽曲をステージで演奏する際は高見沢さん踊るのかな?と思わせる程のノリの良さで、個人的にはカップリグの方が好みかもしれません。

 高見沢さんの二面性を味わえるお得なシングルですな!
 限定盤にはそれぞれボーナストラックが収録されていますが、桑名正博の『哀愁トゥナイト』をカバーしたのがカッコ良くて!前にTBSラジオ『ロックばん』の「一人カラオケ」でこの曲を気持ち良く歌っていた高見沢さんでしたけど、さすがシングルのボーナストラックともなるとボサノバチックのギターアレンジでTakamiyの声にハマッております。

髙見澤俊彦『音叉』愛蔵版 そして、髙見澤俊彦として小説『音叉』を7/13に出版しました。私はメイキングブック付の愛蔵版を予約していたので本を手にしたのは25日だったんですが、母が通常版を11日だったかな?書店で購入しました。地元の本屋さんとかに髙見澤さんの本が平積みになっている光景を見て、「ああ、本当に小説家デビューをしたんだなー」と実感が沸きました。自分で書いたわけじゃないのにファンとして妙に誇らしく感じてしまいますね。

 単行本化された小説『音叉』にはスピンオフの書き下ろし短編『憂鬱な週末』が収録されておりまして、その主人公が意外な方というか、私が初めて『音叉』の1話を読んだ時に一番バックグランドが気になった登場人物だったので嬉しい驚き。だから一気に読んでしまいましたね。本編の『音叉』とは趣きが違いますけど、音楽を聴いているように流れるように読めて面白かったです。それに、本編と直接絡みはないものの、この短編を読むことで本編の主人公である風間雅彦の人物像や時代背景にも深みが増します。

 デビュー作でこれだけ書いてしまうって、やはり高見沢さんは小説家というか物書きの素質は十分に備わっていたんですね。
 幼少期からお父様やお兄さんの影響で読書家で、その趣味は中学に入ってバスケに明け暮れようと、高校に入ってエレキにハマろうと、同時並行で続いていたからこそ、いざミュージシャンとしてプロデビューした後になって作詞をしなければならなくなっても「文字で綴る物語」を身近に感じて「書く」ことにすんなり入れた。作曲家、作詞家…と歩んで来て小説家になったのは偶然ではく必然なんだろうなぁ。
 今後の小説家・髙見澤俊彦の活躍にも期待ですね!

 さて、今週末はどうなることやら。
 私は金曜日は名古屋で土日は新横浜なんですよ。土曜の移動が色んな意味で不安です。もちろん、意地でも辿り着いてみせますけどね!!

 各地で大きな被害が出ませんように。
 良い思い出となる週末が迎えられますように…!

web拍手

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

無題。 
2018/07/11 Wed 21:00
 西日本に甚大な被害をもたらした豪雨、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 特に、広島、岡山、愛媛の被害は想像絶する光景で一日も早い安否不明者の救助、そして復興されることを願うばかり。まず今やるべきことは専門の方々や大企業に任せ、非力な自分は出来ることをコツコツ積み重ねていくしかない。最近になってローソンの端末Loppiでも日本赤十字などへの募金が可能だと知りました。

 しかし、今回の豪雨に関してはテレビでの報道が少な過ぎますよね。私もなんだかんだで情報を得たのはネットというかSNSだったりします。福岡、岡山からの親戚、友人知人から得る情報とテレビで報道されている内容が乖離していて違和感を覚えました。現場がどれだけ悲惨な状況になっているかよりも、現場で何が不足しているのか、被災された方々はどうすれば良いのか、実のある情報を一気に拡散できるのがテレビの大きな力だと思うんですけど…。
 余りに被害が甚大で情報が錯そうしているという現状も理解できますが、ネット優先になりテレビ離れが叫ばれる昨今だらこそ、テレビならではの報道力をちゃんと示して欲しい。

 ただ、ネットからの情報も総て鵜呑みに出来ないのが世知辛い。
 やはりというか、早々にデマが飛び交ってしまったのも事実。特にネットは情報をいくらでも瞬時に細工できてしまうから怖いんですよね。

 あと、岡山の友人も言っていたことなんですが、「避難準備」「避難勧告」「避難指示」の区切りが曖昧で判り難いのはなんとかならないものなんですかね。どうしても漢字の印象で「勧告」より「指示」の方が軽く受け止めてしまう。特に、今回甚大な被害が出た場所は普段から自然災害が少なかった地域なだけに、避難関連の発令には慣れていないことも重なり判断も難しかったと思います。

 だって「50年に一度の豪雨」とか言われてもピンとこないですよね。去年も同じような表現を使っていたことがあったじゃないですか。それだけ異常気象が頻発していることをしっかり自覚していかなければいけないんでしょうけど、現実をしっかり見据えるって難しいですわ。

 ここで言っても仕方の無いことだけど、何で被災地にばかり雨雲がかかるんだろう。こっちは空梅雨だった上に最近も纏まった雨が降らず、ダムの貯水率は例年よりも低くて早くも真夏の水不足が心配されている。人間が自然をコントロールできないことくらい解っているけれど、あっちの雲をこっちで引き取れたらな…と思う時点で、私はまだまだ現実逃避しているのかな。

 とりあえず、現実逃避せず、変に自主ムードにならず、なんとか西日本を中心に経済を回せるような生活をしていくぞ。

web拍手

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ