FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2018/11/22 Thu 23:35
 年末に向けてblog更新が滞ってきました。
 色んなニュースが飛び交っていますけど、私は日産の自動車はレンタカーでしか運転したことないけど運転しやすかったなぁとか思ったり。桁違いで別世界のお話という気がしてしまう。

 先日、11/20はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートに参加して来ました。
 アルフィーが通算2700本目のコンサートを迎えた東京国際フォーラムの公演からピッタリ1カ月ぶりです。でも、我儘なアル中ボディは久し振り!という気分になってしまいます。

アルフィー神奈県2018秋

 神奈川県民ホールは「カナケン」という愛称で呼ばれていますが、アルフィー…主に高見沢さんは何故か「ヨコケン」と呼び、最近は言い直す「カナケン」と訂正せずに「ヨコケン」で通しているくらいです。それだけ“横浜”という場所にアルフィーが愛着や縁を感じているからなんですよね。
 そんな場所だからコンサートが盛り上がらないわけないんですよ。例に漏れず、この夜のヨコケンのアルコンも凄まじい盛り上がりと胸が熱くなるほどの感動を味わうことが出来ました。

 ネタバレの感想は既に『なんでもレポ♪けいじばん』の方に書き込んであります。多分、このアルコン感想が2018年最後になると思います。12月のTHE ALFEE at 日本武道館2daysにも参加予定ですが、その頃は今以上に公私共にバッタバタでアルコン感想を書く余裕なんて無いこと必至。それにアルフィーの武道館X'mas公演は映像化されますからね。参加できたら、感想はblogの方に取り留めなく書くことで済ますだろうな…。

 そんなカナケンの感想なんですが、ぶっちゃけ取り留めないです(笑)
 本当に凄いコンサートだったんで感無量なんですよ。コントに関しては観客失笑の連続で「こんな引き潮にいなってどうすんだよ?」と桜井さんや高見沢さんが苦笑いするくらいだったのに、演奏面では横浜スペシャルで「うわぁ…♪」の連続でした。最後のMCでは高見沢さんの思わぬ本音が飛び出して嬉しくて堪らない気持ちになりまして、その気持ちに覆い被さるようなエモーショナルなエンディングを迎えて幸せいっぱいの気分になれました。

 コンサートは生モノだけあって、同じTOURに参加しても同じ感動というのは無いんですよね。感動にも色んな種類があって、今回はアルフィーと観客がとても幸せな時間を共有できたということが実感できたコンサートで、外は寒かったですが心の中はずっと温かかったんですよ。

 だから無理してでも何回もアルコンい参加したくなってしまうんですよねー。
 来年THE ALFEEはデビュー45周年という一つの節目を迎えるので、この何度も参加したくなる欲望は更に高まるばかりですわ(笑)

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2018/11/10 Sat 21:34
 気が付けば11月に突入。
 ハロウィーンの仮装騒ぎが嵐のように去っていきましたが、あの週は去年から渋谷には近付かないようにしております。ただ、隣の新宿は当日も「ハロウィーン?何それ?」という雰囲気だったし、表参道や川崎では大人も参加できるハロウィーンの仮装イベントは無事に盛り上がっていたんだから、あそこに集まる輩に問題アリってだけなのでは?そもそも純粋に仮装を楽しみたい人達は前年の騒ぎを目の当たりしていたら渋谷へは行かないよね。マスコミがハロウィーンは渋谷で騒げ!みたいな論調で煽っていた感があるし、今後「渋谷で騒ぐのはダサい」みたいな風潮になれば一気に下火になりそうだけど。
 親御さんに連れられたお子様達が仮装している光景は和むので、日本に無い文化なんだからダメ!と止めちゃうのも勿体無いと思うのですよ。気合の入った大人達の仮装も目の保養になったりするしねー。他人に迷惑を掛けることがなければ、各々が楽しめる空間はあっても良いでしょう。

 …て、今更10日も前のことを話題にするなって?
 近場の話だと先日放送された『相棒season17』の第4話が『相棒』らしい重い内容で見応えがあったけど、あの最後のシャブ山シャブ子さんのご登場がね!画面越しに存在を認識した瞬間からホラー映画に一直線でしたよ。本当に怖かったー!役者さんの演技力も凄まじい。同時に覚せい剤の恐ろしさも思い知らされた感じ。今シリーズから特命係が3人になってどうなるのかと不安が先行していたのも杞憂に終わり、反町さんの相棒になってから一番面白いシリーズかも?

 最近は夏の終わりの疲労が蓄積したのか身体が悲鳴を上げ気味でして、久し振りに鍼灸なんぞに駆け込みましたら「やや酷い」と言われ(笑)「あまり根を詰め過ぎないように」と忠告を受けましたが、他人に厳しく自分に甘い私でもそれなりに無理していたんだなーと…。加齢に抗えずガタがきやすくなっているだけってやつ?
 年末に向けて嫌でも忙しなくなってくるので適度に自分を甘やかしていきたいと思います。

文藝春秋2018年12月号 さて、本日11/10発売の「文藝春秋」12月号の『この人の月間日記』シリーズに髙見澤俊彦さんの月間日記が掲載されました。ずーっと「オール讀物」で小説『音叉』を不定期連載していた高見沢さんが、今度は「文藝春秋」に登場ですよ!

 丁度、9月の気志團万博にTHE ALFEEが参加した日から通算2700本目のコンサートを迎えた東京国際フォーラム公演までの1カ月間の髙見澤さんの日記です。文字通り「〇月〇日」と書かれています。他人様の日記を盗み見ているような錯覚に陥ります。

 小説『音叉』のように連載していく長編とは違い、エッセイみたいにその日あった出来事を髙見澤さんらしい表現で書き綴っていて小説を読む時のような気負いは必要なく、サラッと読める割に髙見澤さんだけあって日々様々な事を体験されているので短文でも読み応えがあります。あと、アルフィーファンならちょっとした一文に思わず噴き出してしまう箇所もあったり、しっかり読者の視点を意識しているのは流石。この月間日記を読んだ桜井さんの感想を是非ともお聞きしたい。これなら桜井さんも『音叉』と違って何か月も掛けずに読破できるでしょうからね!(笑)
 ただ、1カ月間毎日書いているわけではないから抜けている日も幾つかあるとはいえ、相模大野のアルコンの日を飛ばしているのは些か残念。その日も一言でいいから書き綴って欲しかったなー。単に自分が参加した日だからっている我儘な感想ですが、何か?←

 髙見澤さんの月間日記以外も幾つか気になる記事があるので、せっかくの「読書の秋」ですからじっくり読み耽りたいと思います。

 そういえば、この月間日記でもラジオ番組『ロックばん』でも髙見澤さんは小説第2弾に着手していると明かしているけれど、今度はどんな話になるんだろう?二作続けて青春群像にはならなそうだし…。そして次も『オール讀物』で連載なのか、今回の月間日記が布石となって『文藝春秋』で連載になるのか、色々と妄想を膨らませるのが楽しくなってきた。
 来年でTHE ALFEEはデビュー45周年を迎えるからこそ、小説家:髙見澤俊彦の存在もしっかりアピールしていきそうだもん。しばらく二足の草鞋を履いて行くと公言しているからね。還暦過ぎても尚チャレンジ精神が旺盛なところは見習いたいところですわ。


web拍手

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ