FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2019/01/11 Fri 20:54
 年が明けて2週間足らずで芸能界が騒がしいですな。
 明るい話題で賑やかになるなら大歓迎だけど、人道を逸した話題で騒がしくなるのはご勘弁。どちらも腹立たしく感じるのは隠蔽の匂いが漂うからかな?バレなければ責任と取らないだなんてどの世界でも許されることじゃないけど、煌びやかな世界ほど闇は深いってか。ミーハー活動の半分以上は一方的な情熱だけど、そんな情熱を持つ人を失望させるような事は絶対にして欲しくない。

 さて、去年はデビュー作『音叉』が書籍化さてた髙見澤さんですが、早くも小説第2弾が現在発売中の『オール讀物』1月号に掲載されました。『音叉』は青春群像劇でしたが、今回は『秘める恋、守る愛』というタイトルから判る通り恋愛モノ!
 ドイツを舞台に一人の日本人男性の過去と現在の恋愛模様をが展開されていくようで、タイトルと設定を知った時はTHE ALFEEの楽曲の『哀愁は黄昏の果てに』みたいな雰囲気の物語になるのかな?と思っていましたが、第1話を読んだ限りではちょっと違うかな…と。なんかね、意外と言ったら失礼かもしれませんが心理描写が妙にリアルでドキドキしました。思わず、高見沢さんて結婚経験無かったよなー?なんて邪推してしまったり(笑)。もしかして、高見沢さんは恋愛小説の方が向いているのかも?小説第2弾ということもあって、不定期とはいえ連載の感覚が掴めたのか『音叉』よりも文章が伸び伸びしているというか、『音叉』は色々と試行錯誤しながら書いていたんだな…と、そこが『音叉』の魅力でもあるんですが。

 第1話だけあって物語は始まったばかりで、この先、主人公の想いや彼を取り巻く人間模様がどう展開していくのか先が読めないだけに続きが気になります。

オール讀物1月号&文藝春秋2月号

 そして先日発売となった『文藝春秋』2月号には、映画『ボヘミアンラプソディ』が大ヒット中のQUEENについて、元『ミュージック・ライフ』の編集長であり音楽評論家の東郷かおる子さんと高見沢さんの対談記事が掲載されております。

 さすが当時、母国のイギリスでもそれほど人気を博していなかったQUEENを「日本で受け入れられるはず!」と雑誌で特集記事を組んだ東郷さんだけあって、知られざるQUEENに纏わるエピソードを語られていて非常に読み応えがあり、高見沢さんもミュージシャン視点で『ボヘミアンラプソディ』やQUEENそのものを捉えてみたり、お互いの言葉のキャッチボールからフレディやQUEENの魅力が掘り下げられていて、この対談を読んで再び『ボヘミアンラプソディ』を観に行きたくなりました。

 対談の中で高見沢さんも納得されていたけど、東郷さんがフレディのことを「自分大好き人間と自分大嫌い人間が同居している」と評されていて成程!と思いましたね。
 あと晩年のフレディのことやフレディの訃報を知った時の高見沢さんの心境とか切なくて、対談とはいえ胸にグッとくるものがあり、フレディにもっと時間があれば…と感じずにはいられなくなった。

 東郷さんと高見沢さんの対談は一気に読めてしまったというか、もっと読みたかったくらいなので第二弾とか開催して欲しいな。『秘める恋、守る愛』の感想と同様に出版社へお手紙かな?


web拍手

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

謹賀新年 2019 
2019/01/02 Wed 21:39
CATEGORY【diary】
 新年あけましておめでとうございます
 今年も宜しくお願い申し上げます

 2019年が明けて2日目ですが、30日からお正月休みに入りましてやる事はいっぱいありましたが、例年に比べて新年はまぁまぁのんびりと過ごしています。
 今年は1月から何本かライブに参加するので、それまで体力温存という感じです(笑)。やはり心身ともに健康でなければ、大好きなライブにだって参加できない、美味しいお料理やお酒だって味わえない、ライブに参加する為の資金を稼ぐことだってできない。“身体が資本”とはよく言ったものです。嫌でも毎年一つずつ年を重ねていくわけで、同時に年齢的に身体は成長というより老化に差し掛かってきているわけで、自分の理想的な行動とどう折り合いを付けるかが更に大事になってきているなと痛感しております。だから、今年も無理せず無理して頑張ろうと。一度きりの自分の人生なんですからね。

 大晦日も『孤独のグルメSP』をしっかり堪能しまして(生放送終了間際でピッタリうな重を平らげた松重さん凄い!)、それ以外はなんだかんだで『紅白歌合戦』を観ていましたね。特に後半の流れは好みでした。椎名林檎さんと宮本浩次さんのコラボは独特の世界観で超好みだったし、初めて歌っているところ見た米津玄師さんは期待以上に素晴らしかったし、ウッチャンじゃないけど「あ、喋った」と和んでしまいました。そして平成最後の紅白を締めたサザン…桑田さんの圧倒的なパフォーマンスにユーミンも加わるというミラクルぶりには見入っちゃいました。元祖・お祭り男のサブちゃんも帰って来て、紅白らしい歌の素晴らしさを活かした楽しさが戻って来たなぁと感動。中盤まで若手や中堅が華やかに盛り上げて締めはベテラン勢が決めると安心しますわ♪
 来年以降もこんな感じの流れを継承して欲しいなぁ。

謹賀新年2019

 今年の年賀状はいつもと趣向を変え、2018年のアルコンで一番心に響いたシーンを描きました。
 2018年の春TOURのNHKホール2days、その最後の曲の演奏されたのが初日は『A Last Song』と2日目が『TIME AND TIDE』、この2曲の演奏が素晴らしくて今までも脳裏に焼き付いています。そして、同年の秋TOURの神奈川県民ホール公演の最後に『TIME AND TIDE』が聴けて大泣き、冬TOURの日本武道館公演の初日の最後には『A Last Song』が聴けて、高見沢さんが情感たっぷりに歌い上げる姿に…艶やかなギターソロの音色に、最後の3人のハーモニーに号泣していました。ハードな曲かバラードな曲かと聞かれたら、どちらかというとハードな曲の方の好みなのですが、2018年は特にこの2曲のバラードが胸に響いたなと感じています。
 特に『A Last Song』はこれまで特別思い入れがあった楽曲ではなかったけれど、NHKホール公演以降、自分の中では今までにはないベストヒットソングな位置づけになりました。随分長いことアルフィーファンをやっていますが、その歳月の中で楽曲の捉え方も変化していくんだな~としみじみ感じた一年でもあった気がします。
 2019年もそんな変化が味わえたら幸せですね。

 なんせ今年はTHE ALFEEがデビュー45周年を迎えるAnniversary Yearですから、例年以上に「アルフィー!」と騒ぐことでしょう。

 アルフィーといえば、昨晩のNTV『エイキョー』に高見沢さんの「ぬるま湯」発言に影響されてフリーターから自身のブランドを立ち上げるまでになった女性社長のことが取り上げられまして、高見沢さんとご対面&武道館公演へご招待の映像が流れました。チラッと今年の武道館公演の映像も観られてラッキー♪
 高見沢さんは「3人の関係がぬるま湯みたいなもんだと言ったのは、3人は学生時代からの友達だからなぁなぁだという意味で…」と謙遜されていたけど、よくMCでも「ぬるま湯の関係が一番居心地が良いけれど、ぬるま湯を維持するのは大変。頑張り過ぎたら熱くて長く入っていられなくなるし、放って置いたら冷めて風邪を引いてしまう。でも、3人ならぬるま湯を維持できてずーっとアルフィーを続けられてきている」と語っていたように、ぬるま湯という状況を維持し続けることが難しいんだよね。テレビに出演された女性は、ぬるま湯発言から協調性を意識するようになって大成されたけど、テレビで語られていない部分でぬるま湯を維持にする為に相当な努力と頑張りを続けて来られたんだろうな。私も長いこと高見沢さんの発言に影響を受けてきているんだから、少しはこの女性のような生き方を見習わねば(笑)

 …というわけで、明日からの仕事始めは気を引締めて行こう!


web拍手

テーマ:日記 - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ