FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/01/26 Sat 21:50
 スポーツ関係に疎いのですが、最近は各方面で賑わっておりますねー。ダイジェストをチラッと見た程度ですが、全豪OPでも大坂なおみ選手の初優勝は凄かったですねー!テニスなんて試合中の運動量だけでもハンパ無いのに、過度なプレッシャーからのメンタルや緊張感をも維持していかなければらない過酷なスポーツの一つ。本当に尊敬しますわ。

 マンガ『北斗の拳』の原作が連載されて今年で35周年ということで、コンピレーションアルバム『伝承』が1/16にリリースされまして、様々なアーティストが楽曲を提供する中でTHE ALFEEがアニメ放送時に主題歌を担当していたクリスタル・キングの『愛をとりもどせ!!」をカバーしております。「蓋を開けてみたらカバー曲を俺達だけ!」と高見沢さんがラジオ番組『ロックばん』で言っていましたけど、オリジナルのクリスタル・キングの良さを残しつつ高見沢さんの趣味全開のメタルアレンジはかなりカッコ良くて、力強い幸ちゃんのヴォーカルとハイトーンの高見沢さんのスイッチヴォーカルも秀逸でして、ポチッとiTuensから1曲購入しました。1曲だけかよ、というツッコミは無しで(笑)
 だって今月は冬のバーゲン品に手を出してはいないのに出費が続きましてね。なんせ今年はTHE ALFEEがデビュー45周年というAnniversary Yearでもあるから来月以降も出費が続くこと必至なので締められるところは締めておかないと!

 先日、1/21はギタリストの若井望さんのソロプロジェクトであるDESTINIAのライブ、Nozomu Wakai's DESTINIA「MERAL SOULS」 Live in Japanを観にTSUTAYA O-EASTへ行ってきました。
 若井さんは去年の5月にDESTINIA名義でアルバム『METAL SOULS』をリリースしていまして、このアルバムの参加メンバーがヴォーカルに活動再開したRainbowのヴォーカルに抜擢されたロニー・ロメロ、ベースがマルコ・メンドーサ、ドラムがあのトミー・アルドリッジが担当しているという80年代HR/HM好きには堪らないメンバー。このアルバムそのものも個人的に凄く好みなのですが、同じメンバーでライブをするということが去年の夏に発表されまして、もうこれは参加するしかないと!だってマルコとトミーというWhitesnakeのリズムセクションをO-EASTで観られちゃうんですよ!トミーなんてOzzy Osbourneですよ!そんな彼がO-EASTですよ!

DESTINIA METAL SOULS Live at japan

 若井望さんのことはルーク篁さんが悪魔のルーク篁参謀としてソロ活動をする際に、サポートギタリストとして起用するまでお名前くらいしか存じ上げていなかったのですが、DESTINIA名義でソロアルバムは3枚出しているし、プロデュース業などでも活躍されている方なんですよね。個人的にはBILZARDのランちゃんこと松川敏也さんにソックリだなぁというのが第一印象で、後にインタビュー記事やらインストアイベントなどに参加したらBLIZARADの大ファンで松川さんに憧れてギタリストになったと知りました。そんな経緯もあるせいか、絶対に私より世代が若いのに聴いてきた音楽が80年代HR/HMで共通しているところもあり、HMでも“クラシックモダン”に拘った彼の作り出すサウンドはどことなく懐かしいというか耳馴染みが良くて、ルークさんをキッカケに興味を持つようになった次第です。

 でもって、ライブそのものがムチャクチャ良かったんですよー!
 フロアに入場した途端、トミーのツーバスのフルセットを目にしただけでも感激したくらいなんですが、いざ公演が始まったらアルバム以上の迫力ある爆音で圧倒されっぱなしでした。ヴォーカルのロニーを今回初めて見ましたけど、さすがRainbowのヴォーカルに大抜擢されただけあって迫力ある歌声が凄いのなんの。観客への煽りも最高で初っ端からハイテンションで盛り上がっちゃいましたね。
 トミーとマルコのリズセクも凄まじくて、特にトミーの内臓に響くダイナミックなドラミングには68歳とは思えないパワフルさで圧巻。中盤でドラムソロがあったんですが、あまりの凄まじさに呆然と見惚れてしまっていました。最後なんでスティックを放り投げて素手でドラミングしていましたからね!あのドラムソロを近くで観られただけでも、このライブに行った価値があったというもの♪

 もちろんライブの内容そのものも良かったですよ。『METAL SOULS』の楽曲は良作ばかりなので全曲演奏されて嬉しかったですし、凄い面子に囲まれながらも退けをとることなく安定感抜群の若井さんのギタープレイも素敵だった!風貌が良過ぎるから見た目ばかり注目されがちだけど、派手なパフォーマンスをしながらあのリズセクと対等に演奏できるだなんて流石ですわ。あと、喋りだすとクールな風貌を裏切る天然さんでそのギャップが面白くて好き。過去に『マツコ会議』で愉快なキャラだと取り上げられたくらいですからね(笑)

 本編だけでも十分過ぎるほど素晴らしかったのですが、中でもアンコールが白眉でした。
 若井さんが「このメンバーだからこそできるカバー曲」をということで、Thin Lizzyの『The boys are back in town』にはじまり、John Sykesの『Please don't leave me』、Ozzy Osbourneの『Over the Mountain』、ラストはWhitesnakeの『Fool For Your Loving』と渋い名曲ばかりが演奏されて感涙モン!ホント、貴重なライブに参加できましたわー。

 あと、久しく洋楽のライブに参加していなかったので、洋楽のメタルファンに混じって盛り上がる空間は新鮮で楽しかった。大好きなサウンドを大音量で生演奏で堪能できるっていうのが“LIVE”の醍醐味ですな!

 アルバム『METAL SOULS』は80's HR/HMを踏襲した楽曲に溢れているけど一曲だけロックバラードな曲があってこれがまた良いんだ♪


 しかし、最近はインターネットの発展も手伝って洋楽、邦楽というジャンルの壁も低くなってきたというか、キャリアや国籍に関係なく、実力と情熱と何よりも行動力があればワールドワイドな活動がしやすい環境になってきているんですね。もちろん、そこまで辿り着くには並々ならぬ努力や根気も必要で、環境が整っているからこそ逆にハードルが上がって難しい事も増えているんだろうけどね…。だから自分がギタリストとして思い描いた夢をしっかり実現していく若井さんの姿はとても魅力的に映ります。今後の活動も楽しみ。

 私は音楽に関してもドメスティックなタイプだから、若井さんのような日本人ミュージシャンの活動を経由して様々な洋楽に触れることができるのは実に有難いです。

web拍手

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

2019/01/22 Tue 23:42
 1月も半ばを過ぎましたが例年以上にインフルエンザウィルスが大流行している気がします。今のところ私は大丈夫ですが近隣は発症してしまった方が増えてきているので気が気じゃない。今まで一度もインフルエンザには感染したことのがないので、この記録は死ぬまで続けていきたいと切に願っています。
 特に関東は1月に入ってからまとまった雨が全然降らなくて乾燥しまくっていますからね。梅雨時とか「また雨かー」とか思うのに、この時期ばかりは「雨を降れ~!」と本気で雨乞いしたい身勝手さですが、冗談抜きに潤いが欲しいですわ。日中は何とも無いんですが、就寝時は乾燥の所為か空咳が出てしまい少々睡眠不足です。今が一番、体調管理に気を引き締めていかなければならないのだろうな…。

 さて、2日ほど過ぎてしまいましたが、1/20はTHE ALFEEの桜井賢さんの64回目のお誕生日でした♪
 ちょっとコンサートとか行っていたのでblogを放置していましたが、高見沢さんも某サイトの掲示板で1日遅れでメッセージ出していたからいいよね!要はお祝いする気持ちさ!

THE ALFEE45周年へ

 ちっともBDお祝いらしいイラストではないですが、去年のTHE ALFEE at 日本武道館公演の初日のラストで花道へ出て来て観客に別れの挨拶をしてくれた時に下手から上手へ移動する際、高見沢さんがGOODSのご当地フラッグを振りながらガイドの如く2人を誘導した姿が印象的で。しかも桜井さんも幸ちゃんも「ここが武道館か~♪」という観光客小芝居をしていたのが面白くって。あの姿が「ああ、アルフィーらしいなぁ」って思えて嬉しくなりました。

 こんな調子で3人は今年デビュー45周年を迎えて行くんだろうなぁ…と、そんな想いを込めて桜井さんのBDお祝いに描いてみた次第です。多分、4月の幸ちゃんと高見沢さんのBDの時はblogでお祝いメッセージを書く余裕が無いと思うので(謎の予告)2人の分のお祝いも込めてます。決って横着したわけじゃありませんよ!←

 筋トレに励む高見沢さんのバケモノぶりが際立ちますけど、コンサートステージでは高見沢さんや幸ちゃんから容赦ない前振りやツッコミを受けて大暴れする桜井さんのスタミナも相当なものだと思います。それでいて、その直後に極上のバラードを披露したり、コンサートの終盤に「ジェネレーション・ダイナマイト」とかハードな曲をCD音源以上の迫力で歌えてしまうんですから。

 THE ALFEEの創始者であり、演奏でもコントでも要に存在するとても大切なお方!高見沢さんがよく「桜井あってのTHE ALFEE」と言いますけど本当にそう思いますもん。これからも、お二人からの執拗なツッコミを受けながらも素敵な美声とキュートな仕草で腰砕けになるお笑いを提供していって欲しいです。

 そして何よりも、充実した64歳を健やかに歩んで行って下さい!

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/01/11 Fri 20:54
 年が明けて2週間足らずで芸能界が騒がしいですな。
 明るい話題で賑やかになるなら大歓迎だけど、人道を逸した話題で騒がしくなるのはご勘弁。どちらも腹立たしく感じるのは隠蔽の匂いが漂うからかな?バレなければ責任と取らないだなんてどの世界でも許されることじゃないけど、煌びやかな世界ほど闇は深いってか。ミーハー活動の半分以上は一方的な情熱だけど、そんな情熱を持つ人を失望させるような事は絶対にして欲しくない。

 さて、去年はデビュー作『音叉』が書籍化さてた髙見澤さんですが、早くも小説第2弾が現在発売中の『オール讀物』1月号に掲載されました。『音叉』は青春群像劇でしたが、今回は『秘める恋、守る愛』というタイトルから判る通り恋愛モノ!
 ドイツを舞台に一人の日本人男性の過去と現在の恋愛模様をが展開されていくようで、タイトルと設定を知った時はTHE ALFEEの楽曲の『哀愁は黄昏の果てに』みたいな雰囲気の物語になるのかな?と思っていましたが、第1話を読んだ限りではちょっと違うかな…と。なんかね、意外と言ったら失礼かもしれませんが心理描写が妙にリアルでドキドキしました。思わず、高見沢さんて結婚経験無かったよなー?なんて邪推してしまったり(笑)。もしかして、高見沢さんは恋愛小説の方が向いているのかも?小説第2弾ということもあって、不定期とはいえ連載の感覚が掴めたのか『音叉』よりも文章が伸び伸びしているというか、『音叉』は色々と試行錯誤しながら書いていたんだな…と、そこが『音叉』の魅力でもあるんですが。

 第1話だけあって物語は始まったばかりで、この先、主人公の想いや彼を取り巻く人間模様がどう展開していくのか先が読めないだけに続きが気になります。

オール讀物1月号&文藝春秋2月号

 そして先日発売となった『文藝春秋』2月号には、映画『ボヘミアンラプソディ』が大ヒット中のQUEENについて、元『ミュージック・ライフ』の編集長であり音楽評論家の東郷かおる子さんと高見沢さんの対談記事が掲載されております。

 さすが当時、母国のイギリスでもそれほど人気を博していなかったQUEENを「日本で受け入れられるはず!」と雑誌で特集記事を組んだ東郷さんだけあって、知られざるQUEENに纏わるエピソードを語られていて非常に読み応えがあり、高見沢さんもミュージシャン視点で『ボヘミアンラプソディ』やQUEENそのものを捉えてみたり、お互いの言葉のキャッチボールからフレディやQUEENの魅力が掘り下げられていて、この対談を読んで再び『ボヘミアンラプソディ』を観に行きたくなりました。

 対談の中で高見沢さんも納得されていたけど、東郷さんがフレディのことを「自分大好き人間と自分大嫌い人間が同居している」と評されていて成程!と思いましたね。
 あと晩年のフレディのことやフレディの訃報を知った時の高見沢さんの心境とか切なくて、対談とはいえ胸にグッとくるものがあり、フレディにもっと時間があれば…と感じずにはいられなくなった。

 東郷さんと高見沢さんの対談は一気に読めてしまったというか、もっと読みたかったくらいなので第二弾とか開催して欲しいな。『秘める恋、守る愛』の感想と同様に出版社へお手紙かな?


web拍手

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

謹賀新年 2019 
2019/01/02 Wed 21:39
CATEGORY【diary】
 新年あけましておめでとうございます
 今年も宜しくお願い申し上げます

 2019年が明けて2日目ですが、30日からお正月休みに入りましてやる事はいっぱいありましたが、例年に比べて新年はまぁまぁのんびりと過ごしています。
 今年は1月から何本かライブに参加するので、それまで体力温存という感じです(笑)。やはり心身ともに健康でなければ、大好きなライブにだって参加できない、美味しいお料理やお酒だって味わえない、ライブに参加する為の資金を稼ぐことだってできない。“身体が資本”とはよく言ったものです。嫌でも毎年一つずつ年を重ねていくわけで、同時に年齢的に身体は成長というより老化に差し掛かってきているわけで、自分の理想的な行動とどう折り合いを付けるかが更に大事になってきているなと痛感しております。だから、今年も無理せず無理して頑張ろうと。一度きりの自分の人生なんですからね。

 大晦日も『孤独のグルメSP』をしっかり堪能しまして(生放送終了間際でピッタリうな重を平らげた松重さん凄い!)、それ以外はなんだかんだで『紅白歌合戦』を観ていましたね。特に後半の流れは好みでした。椎名林檎さんと宮本浩次さんのコラボは独特の世界観で超好みだったし、初めて歌っているところ見た米津玄師さんは期待以上に素晴らしかったし、ウッチャンじゃないけど「あ、喋った」と和んでしまいました。そして平成最後の紅白を締めたサザン…桑田さんの圧倒的なパフォーマンスにユーミンも加わるというミラクルぶりには見入っちゃいました。元祖・お祭り男のサブちゃんも帰って来て、紅白らしい歌の素晴らしさを活かした楽しさが戻って来たなぁと感動。中盤まで若手や中堅が華やかに盛り上げて締めはベテラン勢が決めると安心しますわ♪
 来年以降もこんな感じの流れを継承して欲しいなぁ。

謹賀新年2019

 今年の年賀状はいつもと趣向を変え、2018年のアルコンで一番心に響いたシーンを描きました。
 2018年の春TOURのNHKホール2days、その最後の曲の演奏されたのが初日は『A Last Song』と2日目が『TIME AND TIDE』、この2曲の演奏が素晴らしくて今までも脳裏に焼き付いています。そして、同年の秋TOURの神奈川県民ホール公演の最後に『TIME AND TIDE』が聴けて大泣き、冬TOURの日本武道館公演の初日の最後には『A Last Song』が聴けて、高見沢さんが情感たっぷりに歌い上げる姿に…艶やかなギターソロの音色に、最後の3人のハーモニーに号泣していました。ハードな曲かバラードな曲かと聞かれたら、どちらかというとハードな曲の方の好みなのですが、2018年は特にこの2曲のバラードが胸に響いたなと感じています。
 特に『A Last Song』はこれまで特別思い入れがあった楽曲ではなかったけれど、NHKホール公演以降、自分の中では今までにはないベストヒットソングな位置づけになりました。随分長いことアルフィーファンをやっていますが、その歳月の中で楽曲の捉え方も変化していくんだな~としみじみ感じた一年でもあった気がします。
 2019年もそんな変化が味わえたら幸せですね。

 なんせ今年はTHE ALFEEがデビュー45周年を迎えるAnniversary Yearですから、例年以上に「アルフィー!」と騒ぐことでしょう。

 アルフィーといえば、昨晩のNTV『エイキョー』に高見沢さんの「ぬるま湯」発言に影響されてフリーターから自身のブランドを立ち上げるまでになった女性社長のことが取り上げられまして、高見沢さんとご対面&武道館公演へご招待の映像が流れました。チラッと今年の武道館公演の映像も観られてラッキー♪
 高見沢さんは「3人の関係がぬるま湯みたいなもんだと言ったのは、3人は学生時代からの友達だからなぁなぁだという意味で…」と謙遜されていたけど、よくMCでも「ぬるま湯の関係が一番居心地が良いけれど、ぬるま湯を維持するのは大変。頑張り過ぎたら熱くて長く入っていられなくなるし、放って置いたら冷めて風邪を引いてしまう。でも、3人ならぬるま湯を維持できてずーっとアルフィーを続けられてきている」と語っていたように、ぬるま湯という状況を維持し続けることが難しいんだよね。テレビに出演された女性は、ぬるま湯発言から協調性を意識するようになって大成されたけど、テレビで語られていない部分でぬるま湯を維持にする為に相当な努力と頑張りを続けて来られたんだろうな。私も長いこと高見沢さんの発言に影響を受けてきているんだから、少しはこの女性のような生き方を見習わねば(笑)

 …というわけで、明日からの仕事始めは気を引締めて行こう!


web拍手

テーマ:日記 - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ