FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/03/31 Sun 21:12
 今日で3月も終わり。明日は新元号は発表されますね。
 あと1カ月で平成が終わりを迎えるわけですが、新元号を迎える前に大好きだったテレビのバラエティー番組が最終回を迎えたり、平成を代表した偉大なスポーツ選手が現役引退を決めたり、破天荒なロッカーやスターがこの世を去ってしまったり、ここにきて寂しかったり遣る瀬無いことが続くような気のせいなのだろうか。

麻生川/桜祭り2019 気が付けば東京は桜が開花して満開までもうすぐ。
 今年は目黒川の桜祭りに「アルフィー祝デビュー45周年」というぼんぼりが3個飾られているそうで、機会があれば見てみたいなーと思いつつも、毎年目黒川は満開を迎える前から物凄い人混みになるから今年は桜並木が評判だけど目黒川ほどメジャーではない麻生川の花見に行って来ました。

 桜は6~7分咲きくらいでしたが麻生川沿いに約1,3kmに渡って咲く桜並木は圧巻でしたね。
 小田急線の柿生駅から徒歩2,3分くらいで行けるのですが、お店が殆ど無い住宅街にあるせいか繁華街にある目黒川と違って長閑な雰囲気が流れていまして、天気も気温もまずまずで絶好の花見日和にも関わらず自分のペースで歩きながらのんびり桜を愛でることができました。日当たりの関係なんでしょうけど、木々によって8分咲きや3分咲きがあったのも面白かった。かなり桜に近付けて見られたりしたから、普段なら滅多にやらない自撮りを友達としちゃったり(笑)

 こんなにのんびり花見をしたのは本当に久し振りでしたね。
 美味しいお酒や食べ物を片手に大勢の人達に紛れて噎せ返るように咲き誇る桜並木を歩くのも良いですが、桜並木以外はこれといって何もないけれど野鳥の鳴き声や電車が通る音を聞きながら空高く枝を伸ばす桜の木々を眺めながら友達と他愛のない話をする時間も有意義なものです。
 ある意味、贅沢な時間の過ごし方だったかもしれない。





 でもって、その日とは別の日に映画『グリーンブック』を観に行って来ました。

映画『GREEN BOOK』 トレイラーを初めて観た時から気になっていたんですが、『ボヘミアン・ラプソディ』の話題が多かった今年のアカデミー賞で「作品賞」「助演男優賞」「脚本賞」を主要部門3つを授賞していたことも重なり、特にアカデミー賞で「脚本賞」を獲った作品にハズレは無いと個人的に思っているので絶対に観たいと思っていました。

 あと、主演がご贔屓役者さんの一人でもあるヴィゴ・モーテンセンでしたからね。この作品ではあまりにも普段の風貌と違っていたので、初見のトレイラーでクレジットが出るまでヴィゴだって判らなかったくらいでした。
 そういえば、国名だけらしいですが「ヴ」表記が無くなる法律が出来るんですよね。いずれヴィゴ・モーテンセンもビゴ・モーテンセンと記載されるのでしょうか?発音上は前者の方が近いのに…。いずれにせよ、blogでは「恋人達のペイヴメント」も「ヴィーナスエンジェル・ギター」も「ヴァチカン」や「ラスヴェファス」とかもヴ表記のままいきますよ。只の個人blogなんですから。
 プレミアムフライデーとかGWの10連休とか一般庶民の価値観が都合を無視したことばかり率先して決まって行きますなぁ。

 映画の話に戻りまして。

 【あらすじ】
 時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。
 (以上、公式サイトより引用)

映画『グリーンブック』


 黒人差別を題材にした作品ですが、監督が『ジム・ キャリーはMr.ダマー』や『メリーに首ったけ』、『愛しのローズマリー』などで知られるピーター・ファレリー監督だけあって、随所に皮肉の効いたギャグが散りばめられていて「重たい作品かも」と身構える心を和らげてくれます。
 でも、だからこそ、この作品の時代の日常に馴染んでしまっている黒人差別問題が際立ち、敢えて黒人差別意識が高い南部へ出るドクター・シャーリーの決意と矜持の強さが胸に響き、ドクを通して黒人差別を体現するトニーの心が揺れ動いていく過程が頼もしくも遣る瀬無く感じる。

 思っていたよりも派手な展開があるでもなく淡々と物語が進んでいくんですが、話が進んでいくほど「勇気ある決断」を迫られるドクや、それを運転手及びマネージャーとして見守るしかないトニーの葛藤は見応えがあり、ドクが奏でる素晴らしい音楽と相俟って最初から最後まで惹き込まれていました。

映画『グリーンブック』


 そして何と言ってもガサツだけど機転の効く男トニーを演じたヴィゴ・モーテンセンと孤高の天才ピアニストのドクを演じたマハーシャラ・アリの素晴らしいこと!特にトニーがどんな無礼な言動を取ろうとも品格ある態度を崩さなかったドクの存在感は印象的でしたね。それ故に、白人だけでなく同じ黒人からも奇異な視線を浴びるドクの孤独感は重く遣る瀬無く感じた。

 お互いに第一印象は「いけ好かない男」であったのに、道中で下らない(?)衝突を繰り返しながら問題に直面した時は互いを想いながら解決策を導き出していく変化は堪らなかった。差別問題を目の当たりにしたからこそ白人も黒人もなく絆が生まれていく皮肉。
 この作品は実話を基にしている割に表現がソフト過ぎると批判もあるようですが、少し都合よく脚色しているからこそ黒人差別問題の根底にやや理解不足な者が観ても受け入れやすいんじゃないかと思います。もっとしっかり掘り下げられていたら、二人の絆云々まで関心がいく余裕が無かったかと。
 寧ろ、映画でこうなのだから実際はもっと酷い待遇を受けていたんだろうなと想像が付きました。

 トニーは黒人であるドクを介して意識や価値観が変わっていき、ドクも白人であるトニーを介して自身の矜持や行動を顧みるようになる。その相乗効果が堪らなかったです。だから、ホテルのロビーかな?で二人がプライベートな会話を交わす場面には込み上げるものがあった。
 あと、トニーが妻に宛てた手紙の内容をドクとやり取りするのもね、とても微笑ましい上に物語のラストで「…お、そうきたか」な台詞があってね、温かな雰囲気に包まれながらエンドロールを眺めていた。

 そうそう、物語のネタバレまではいかないだろうから書いちゃうけど、トニーのピザの食べ方が衝撃的でした。イタリア人だからかのか、ガサツな男だからなのか、Lサイズのピザを二つ折りにしてパニーニみたい噛り付くって!あれ、凄いわ…。


 「鑑賞後は素敵なピアノ音楽をBGMにフライドチキンが食べたくなる」→★★★★


web拍手

テーマ:2019年映画感想 - ジャンル:映画

2019/03/17 Sun 21:50
 3月は東京大空襲の日と東日本大震災の日があり、平和や命の尊さについて考えさせれる月でもありますが、特に東日本大震災は記憶に新しいだけど、8年経って漸くここまで…という嬉しい想いと8年経ってもまだ…という歯痒い想いが交錯します。

 来月で“平成”という年号が終わりを迎えるので「平成はどんな年」という特集をする番組などを目にする機会が増えてきて、それを目にする度につくづく大きな自然災害が多かったなと感じますね。平成に国内で戦争というものが起きなかったのは有難いことだけど、大地震や山の大噴火、台風やゲリラ豪雨による水害…ここ最近は毎年のように甚大な自然災害が起きて防災意識を持っていて当然という風潮で安心して暮らせるという日常がどんどん遠のいてきている気がします。次がどんな年号になるのか判りませんが、新しい年号の年は戦争も甚大な自然災害も起きない年であって欲しい。


 先日のblogに「スギ花粉の飛散が本格化しているけどまだ大丈夫」的なことを書きましたが、数日前から来ましたよ、ヒノキ花粉の飛散が…!例年より1カ月以上早いのでは?その分、例年より早く過ぎ去ってくれればいいのですが…。暫くの間、コンタクトは控えてメガネの日々になりそうです。ま、市販の目薬だけで何とかなっている自分は症状が軽い方でラッキーなんでしょうけど、辛いものは辛い。

 本題。
 12日だったかな、TBSラジオショッピングから「高見沢俊彦のロックばん」で企画された『鹿晩館』が届きました!高見沢さんが好きな木の屋石巻水産の金華サバと新鮮なさんまの缶詰と高見沢さんがセレクトしたサンマリノ共和国の赤ワインをセットにした商品です。
 ホワイトデーに合わせた商品らしく可愛らしくラッピングされていた♪

鹿晩館


 箱に書かれた商品名が箔押しでゴージャス感がありまして、開けたら高見沢さんデザインのサバやさんまのイラストに和みました。このギャップがいいですね。毛筆で書かれた文字も高見沢さんが書かれたとか…。これは空けても保管しなくては!
 アークエンジェルギターのシルエットが描かれたラベルのワインも素敵で、これも絶対に保管アイテム。

 しかし私は赤ワインが飲めないので、一般的には10連休になるらしいGWにでもホームパーティーをして友達にワインは空けて貰うことにしました。友達も私が声を掛けるまで「サンマリノ共和国」の存在を知らなかったので(その後に高見沢さんがサンマリノ共和国から騎士の称号を授与されたというニュースが流れた)、「どんなワインか楽しみ♪」と言ってくれています。
 うん、高見沢騎士は確実にサンマリノの布教に貢献している!←

  web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/03/07 Thu 21:36
 もうすぐ春になるな~と思っていたら昨日今日は冬物のコートが必要な冷え込み。しかし、夕方に空で轟いた音は春雷のそれ。三寒四温とはよく言ったもので、確実に春が近付ていきているですね。
 スギ花粉も飛散しまくっているようですが今のところは市販薬に頼るまでもないので、この傾向はおそらく4月下旬辺りからくるヒノキの花粉の方にやられる可能性大。とりあえず時期が来るまでに花粉症に効く市販薬の評判を徹底的に調べておこう。←素直に病院へ行け

 3/3に高見沢さんが参加するドレスコード有りの謎のイベントが開催されるとアルフィーマニアで情報が出ていたんですが、ワインの品評会にでも参加するのかと思っていたら、なんと「高見沢さんがサンマリノ共和国から騎士の称号を授与」されたというから驚き!日本人で授与されるには初だそうです。
 何気に翌日のテレビのワイドショーやネットの芸能ニュースでも取り上げられていて、かなり凄いことなんだな…と後から実感。還暦過ぎてから色々と新しいことや嬉しい事が続きますね。「年を重ねるのは悪くないもんだ」と公言する高見沢さんだけあります♪

 一昨年のTakamiyソロの時にサンマリノ共和国産のオリジナルワインを限定販売したり、去年放送された『アナザースカイ』でサンマリノ共和国を訪れた高見沢さんの映像が流れたり、サンマリノ共和国の駐日大使の方が高見沢さんのラジオ「ロックばん」にゲスト出演して高見沢さんと知り合った経緯やサンマリノ共和国について色々と語って下さったりと、3/14にサバ缶とサンマリノ共和国のワインをセットにした「鹿晩館」をロックばんで販売するとか、高見沢さんとサンマリノ共和国は付き合いがあるとはいえ、まさか騎士の称号を贈られるだなんて…!
 でも、高見沢さんが話題にしなければサンマリノ共和国のことは知らなかったし、日本とも縁のある国だと知ることもできたし、貢献があることは事実ですよね。

 高見沢さんはその風貌と世間知らずな天然ぶりから「王子」と呼ばれることが多いですけど、これを機に「たかみー騎士」と呼ばれるようになるんですかね?授与式のコメントによるとwikiには「騎士」と載せておいて欲しいらしいですが(笑)

■THE ALFEE 高見沢俊彦、騎士の勲章を授章Real Soundより)
 ※リンク切れになっている場合もあり

 授与式では「2020年にサンマリノでコンサートをやって欲しい」ともリクエストされて高見沢さん自身も前向きなコメントを出したので、気の早いアル中はパスポートを確認したり、資金の積み立て計画とか考え始めておりますよ!
 私はパスポートがあっても先立つものが…。来年の常夏の島への旅は諦めるべきか…←

 自分が参加できるかはどうでもいいとして、騎士の高見沢さんがサンマリノ共和国でコンサートをやれる日が現実になるといいな。この場合はTakamiyソロなのかな。素敵な国なんだから幸ちゃんや桜井さんも連れてTHE ALFEEでやって欲しいな。過去にはF-1でサンマリノGPが開催されていたから、桜井さんは特に興味あるんじゃないのかな?


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/03/02 Sat 22:05
 3月に入りスギ花粉の飛散が本格化してきましたが、私はまだ大丈夫のようです。先月は別のアレルギー症状で眼科通いをしていたから無駄に耐性が付いているのかな?このまま症状が出なければいいんですが…。最近は花粉症対策の薬品も多様化してきましたよね。昔は目薬と鼻づまりの飲み薬くらいしかありませんでしたが、スプレータイプやら塗り薬やら…。それだけ花粉症が国民病になったということでしょうけど、そろそろスギ花粉そのものをどうにか出来ないものか…と。とりあえず、一日も早く花粉の飛散が収束してくれることを願うしか今はないですね。

 2/26に発売された『オール讀物』3・4合併号に髙見澤さんの小説第2弾の『秘める恋、守る愛』の続きが掲載されました。

オール讀物3.4合併号 デビュー作『音叉』が主人公のバンド活動の話を軸にした青春群像劇でしたが、第2弾はうって変わって恋愛小説!初回は12月に発売されたオール讀物1月号に掲載されまして、倦怠期を迎えてしまった夫婦が異国の地に留学している娘に会いに行く話から始まるという意外な設定に驚き、異国の地で主人公の過去と現在が交錯する展開に惹き込まれていきました。

 その話の続きなんですが、初小説ということで初挑戦という勢いと試行錯誤の跡が垣間見られた『音叉』とは違いTHE ALFEEの楽曲やソロの楽曲でも禁断の愛をテーマにした歌詞が多いだけに得意分野なのか、文章というか展開のテンポが良くて心が急かされるように一気に読破してしまいました。
 表題のところに「夫婦の絆を問う意欲作」と書かれていましたが、あのタイトルにある『秘める恋、守る愛』という想いを抱えているのは主人公一人だけではないというのが物語が進むにつれ明かされていき、読んでいけば読んでいくほど歯痒いくらいの焦燥感に駆られるのがクセになりそうな作品です。読む度に感情移入する相手が変わりそう

 何より、この物語を独身貴族の髙見澤さんが書いているというところが何ともいえません。モデルにしている人がいるのか、自分が家庭を持っていたらこうなっていたかも…と妄想したことがあったのか、過去に書いた禁断ソングに登場したモデルを具体化してみたのか、『音叉』ほどでは無いにしても邪な妄想をしてしまいます(笑)

 そして今回も絶妙なところで物語が終わっていまして、この先どうなるのか?続きが気になって仕方が無い。2作目にして髙見澤さんは「連載」のコツも掴んできているんですね。
 正直言って、『音叉』よりも一気に読めそうな内容なので『オール讀物』に掲載される度に読むより、一冊の書籍として発行されてからの方が自分に合っているんじゃないかと早くも悩み始めております。

 
 で、今朝は先週に引き続きNTVの『ズームイン!!サタデー』に高見沢さんが生出演。 先週はド派手なピンク衣装でしたが今日はタカミーブルー(笑)。早朝から刺激が強いですなーって、高見沢さんの存在が早朝から刺激が強い!
 そういえば、昨晩の『Kトラ』で棚瀬マネージャーが「早朝の番組なので視聴者の年齢層も高かったみたいで義理の母から『高見沢さんが出ていたね』と連絡が来ました」と言っていてウケてしまいました。

 先週は彦根城繋がりで城のことを語っていた高見沢さん、今日は洋画の特撮繋がりでまさかの『ウルトラマン・Takamiy』の映像が流れるという…。この作品、4年前にDVDとしてリリースされてから毎年テレビで映像が流れているような気がするのですが(笑)

 そんな早朝番組のゲスト出演も来週で最後。
 馴染んだ頃に終わってしまうようですが、最後はロケにも出るみたいなので楽しみです♪

 


web拍手

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ