FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/06/27 Thu 21:22
 G20サミット開催の為、関西のみならず日本全国で厳戒態勢ですね。物騒な世の中ですし、来年は東京オリンピックが開催されるので警戒することは大事だと思いますが、数日に渡ってコインロッカーとかが使用不可になるのは何かと不便。特に旅行者は大変ですよね。前以て判っていたことなので、観光地では色々と対策が練られているそうですけど…
 滅多に旅行などはしませんけど、ライブハウスに行くと入場時は季節問わず出来るだけ軽装でいるのが望ましいのでライブハウスの最寄り駅のコインロッカーはよく利用します。今回のサミット開催時期はライブハウスに行く予定はないけれど、どこかに行っていたら手荷物の預け場所に困っていただろうなぁ。

 さて、6/26はTHE ALFEEが3年半ぶりにオリジナルアルバム『Battle Starship Alfee』をリリースしました。デビュー45周年記念アルバムでもあり、アルフィー渾身のアルバムです♪

 そのアルバムの発売に合わせてアルフィーはテレビやラジオ、雑誌などに出ていますが、先日のフジテレビ『スッキリ!』ではまさかのDVDパンフが紹介されて驚きました。「伝説のカツ丼」の映像が地上波に流れてしまいましたよ!いいんですか?(笑)。アルバムの告知よりもDVDパンフ…ALFEE KITCHINのインパクトの方が強かった気がしないでもないですが、アルフィーの入口は幅広いですからDVDパンフの映像がキッカケにアル中沼に嵌ってくれる人がいるかもしれない?

Battle Starship Alfee

 今回は通常盤の他に初回盤は特典CD違いの3種がリリース。
 クリスタルキングのカバー曲である『愛をとりもどせ!』がボーナス特典で収録されている通常盤と3人のクロストークが炸裂しているらしいトークCD付きの限定盤Cはママンボが購入。トークCDは後日借ります(笑)。私はライブ音源CDが付いている初回盤AとBを購入。まだライブCDまで辿り着けてませんが…←

 高見沢さんによると楽曲作りを始めたのは今年の2/1からだそうで、アルフィーは4/3から春TOURが始まっていて、TOURをやりながらレコーディングするという凄まじいスケジュールを敢行してTOUR中にアルバムをリリースしました。これでやっつけ仕事ではなく、シングル曲3曲+書き下ろしの新曲8曲収録で捨て曲一切無しのアルフィー印が濃厚な楽曲ばかりなんですから本当に凄いですわ!

 1.Battle Starship Neo…アルバムの1曲目を飾るタイトルチューンでもある楽曲で、前作『三位一体』での『Orionからの招待状』に通じる雰囲気ですが、タイトル通り「新たな宇宙戦艦に乗ってアルフィーは旅立つ!」という高揚感に溢れているから1曲目からテンション上がります。お家芸でもある3人のスイッチヴォーカルも秀逸ですし、何よりイントロが2分近くあって(笑)映画作品の冒頭のようなドラマチックなメロディでこれで一つの曲として成立している。アルバムの初っ端から2曲分のボリュームです。

 2.Rock憂…高見沢さんが「桜井の艶やかで伸びやかな美声が抜群」と大絶賛する楽曲。個人的にはQUEENリスペクトを感じるというか、桜井さんの歌い方がフレディ・マーキュリーぽくてライブ音源のような躍動感があってとにかくカッコイイ!発声法を変えたらしく、桜井さんの美声がこのアルバムで更に磨きがかかったと確信させてくれる一曲。

 3.東京狂詩曲…狂詩曲と書いて「ラプソディー」と読む。初聴きはラジオ番組『ロックばん』でしたが、3人のコーラスが入っていなければTakamiyソロを彷彿させる最高のメタルロック!ギターのリフがムチャクチャ好みです♪生で聴いたら絶対にテンションあがる!因みに、メタルがさほど好きではないママンボが大層お気に入り。

 4.いつかの未来…初聴きはラジオ番組『Kトラ』でしたが、そこで幸ちゃんが「最初は高見沢が主線だったけど録ってから『少し違う』という高見沢の意向により俺の主線で録り直した曲」と語っていたので高見沢さんVer.も嵌る気がしますが、歌詞の内容が幸ちゃんの声の方がストレートに心に沁み込んでくると思いました。優しいメロディと歌声だけど歌詞が突き刺さってくる部分があって、そこが堪らない。
 そういえば、幸ちゃんがラジオで今回のアルバムは名器と名高いマーチンのD-45と12弦ギターの2本だけでレコーディングしたとのこと。お高~い音色です☆

 5.はじまりの詩…今回のアルバムでこの曲が一番好き!という人が多いと思う。例に漏れず私やママンボもそう。初聴きは『Kトラ』でしたが、イントロを聴いた瞬間から「あ!この曲絶対に好き!」と痺れたほど。『Battle Starship Alfee』の中で核になる1曲だそうで、高見沢さんが「桜井に歌って貰いたかった」と桜井さんの為に書き下ろした曲。45年前に3人がミュージシャンとしての道を選び、波乱万丈の出来事を3人で乗り越えながら今に至る…という過程がしみじみ伝わってきます。桜井さんの艶やかな美声も3人の優しいコーラスも極上のメロディも遣る瀬無くも力強い歌詞も、総てが堪らなく愛おしく感じます。

 6.私的恋愛論…アルフィーの楽曲に『恋愛論理』というハードロック曲(高見沢さんがデーモン閣下に提供した楽曲のセルフカバー)があるせいか、聴く前までは勝手にハードな楽曲だと思っていたのでフォーク時代のアルフィーを彷彿させる和やかなサウンドに驚きました。ちょっと小説ぽいというか、さだまさしさんを彷彿させる雰囲気で、2年前に小説家デビューした高見沢さんの小説家としての片鱗が見える。
 この楽曲に限らず、今回のアルバムは歌詞がブックレットを見なくても耳にストレートに届き心が刺激される。

 7.進化論B…THE ALFEEといえばフォーク、ロック、そしてプログレ!そのプログレの真骨頂ともいうべき凄まじい楽曲。大仰な演奏にコーラスワーク、個人的に大好物です(笑)。あと歌詞の世界観も好き。果たして、この曲はステージで演奏される日が来るのだろうか?と思うくらい難易度も高いですけど、アルフィーのことですから45周年内に披露してくれるだろう♪…とさり気なくハードルを上げておく。←

 8.風に消えた恋…アルバムリリース前にはラジオで唯一かからなった曲…だと思う。切ない雰囲気の楽曲は幸ちゃんの柔らかで優しい歌声が沁みる。『いつかの未来』と同じく幸ちゃんのスリーフィンガーが光る楽曲ですが、幸ちゃんはスリーフィンガーにはマホガニー素材のギターだと常々思っていていたけれど、今回のレコーディングで高見沢さんから「D-45でスリーフィンガーを弾いてみたら?」と提案されてD-45で演奏したら予想以上にハマり、幸ちゃんの先入観が良い意味で崩れたとか。

 9曲目~11曲目はシングル曲だった『今日のつづきが未来になる』、『人間だから悲しいんだ』、『あなたに贈る愛の詩』なので感想は割愛しますが、この流れでシングル曲が3曲続くという構成は何気に凄いし、やはりシングル曲は底力があるな…と痛感。シングルとして聴いていた時よりも、歌声というか歌詞がすんなり心に流れ込んできて胸が打たれます。

 最後の『あなたに贈る愛の詩』まで聴くと再度『Battle Starship Neo』が聴き直したくなって結局全部聴いちゃうから、なかなか特典のライブ音源CDまでいけない(笑)
 個人的に『三位一体』は最近のアルフィーのアルバムの中では一番好きな作品だったのですが、それを超えたという言い方も変ですが、今回のアルバム『Battle Starship Alfee』はとにかく何度も聴いていたい作品です。組曲ぽい楽曲からロックにバラードにメタルにフォークにプログレとアルフィーらしく振り幅が激し過ぎるけど、共通して抜群のコーラスが楽曲を彩っているので11曲ちゃんと統一感がある。この匙加減はもはやアルフィーだからできる神業じゃないかな。褒め過ぎ?だって、ファンが褒めなきゃ誰が褒める?←

アルフィー「週刊女性」表紙 デビュー45周年を迎えても落ち着くことなく、年がら年中TOURをやり続けてくれていて新曲もがんがん作ってくれて、テレビやラジオに出れば芸人顔負けの愉快なトークを展開させてくれたり、ファンを飽きさせる暇を与えないアルフィーに感服です!

 そうそう、テレビやラジオだけじゃなく雑誌に出ても面白い。今回のアルバム発売に合わせて色んな雑誌に掲載されますが(個人的に45ページの大特集になるという7/2発売の音楽雑誌『Player』8月号が楽しみ!)、その中でもアルフィーの3人が『週刊女性』の表紙を飾るとは思ってもいませんでしたよ。まさか、この手の週刊誌を己がお金を出して買う日が来るなんて…!

 しかも3人のインタビュー記事が対談形式になっているのでクロストークぽくて実に面白かったです。自分達にとっては「その時の流れ」みたいにシレッと語っていることが、他のバンドにはとても難しいことだったり…。アルフィーが大きな問題もなく長く続いているのが解る気がしました。こんな長閑な人柄で丈夫な3人が集まること自体が奇跡なんですよね。
 内容としては途中で3人が骨折自慢のようなトークを展開していたのはどうかと思いましたけど(笑)、本当に今までも…これれからも元気でいてくれることが一番の願いです。自分が好きになったミュージシャンが「出来るだけ長く健康でいて欲しい!」と切に願うことになるまで夢中でいるとは思いませんでしたよ(笑)

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/06/23 Sun 00:36
 6/26にTHE ALFEEが3年半ぶりにオリジナルアルバム『Battle Starship Alfee』をリリースするので、今日の『ズムサタ!』の「スナックモッチー」に高見沢さんが出演したり、『MUSIC FAIR』では新曲『はじまりの詩』を披露したりとテレビでアルフィーが観られて嬉しかったですわ。特に今度のアルバムに収録されている『はじまりの詩』は現段階でラジオとかでOAされている中では初めて聴いた瞬間から痺れてしまった曲なので、テレビで3人が演奏している姿を観ただけでも胸が熱くなってしまいました。アルバム発売日が待ち遠しい!

 でもって、先週の19日にTHE ALFEE 45th ANNIVERSARY BEST HIT ALFEE 2019 春の乱 at 相模女子大学グリーンホールのコンサートに参加して来ました!
 4月から始まっている春TOURのMyファイナルになりまして、この会場は旧:グリーンホール相模大野として開館した時からずーっとアルコンは皆出席している唯一の会場なので個人的に想い入れも一入なので、此処でTOURファイナルを自分が迎えられること自体とても嬉しいことでした♪

ALFEE at 相模大野2019春

 相模大野でアルコンが開催される時は会場の前の公園の駐車スペースにTOURトラックが停まるので撮影スポットになります。今回は武将に扮したお三方がペイントされていて、まぁ目立つこと!公園に行く一般の人達が「今日の公演は何だ?何だ?」と興味津々で眺めていく姿がツボ。そして、漏れなくペイントを見ただけで「アルフィーか」と納得してくれるのもツボ!
 今時TOURトラックにこんなド派手なペイントを施して全国回るミュージシャンが少ないからこそ、TOUR毎にペイントを一新させて派手なトラックにしてくれるアルフィーがファンとしては自慢でもあります。このTOURトラックを見ると「アルフィーが街にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」て実感しますもん♪

 この日は午後に入って沿線の小田急線が踏切に進入した乗用車と接触して脱線する事故が起こるわ、その脱線事故の近所で刃物を持った犯人が逃走するわ、なかなか物騒な半日になりましたよ。まだ片方は現時点で逮捕されていないんだから不安が尽きない。
 ただ、そんな事が起きてもTHE ALFEEのコンサート自体はとても盛り上がりました!
 相模大野のネタバレの感想は既に『なんでもレポ♪けいじばん』に書き込んであるので、ここでは細かく語りませんが、今年は相模大野でのアルコンの時期はお三方がハードスケジュールで疲労面で心配もあったんですけど、実際「だいぶ壊れてきている」と自己申告があっただけに珍事も起きましたが、全て良い方に転がったというか、非常に面白くて印象深いコンサートになって大満足です。

 今年の春TOURは4月、5月、6月…コンスタントに参加できましたが、確実に進化しているコンサート内容には圧巻でしたね。しかも、どうでもいい小ネタまでどんどん凝りはじめていくし(笑)。常に「今が一番イイ」を体現してくれるバンドは最高です♪
 あと今回のTOURの基本的なセットリストは、いくらデビュー45周年記念とはいえ無謀というか前期高齢者がいるバンドとは思えない攻めている構成でして、アルフィーよりだいぶ年下ですけど彼等より私の方が力尽きるのが早いんじゃないかと、一抹の不安が過ったTOURでもありました。体を鍛えようとちょっと思った…←

ISETAN相模原

 相模大野の会場は伊勢丹 相模原店と隣接しおり伊勢丹の2階ロビーの中央が公道になっているので、コンサートが終わると伊勢丹が閉館していても2階ロビーの箇所だけは開放されていてデパートの中を突っ切って駅に帰って行くというユニークな道のりになっているんですが、その伊勢丹も今年の9/30で29年間の歴史に幕を下ろします。
 次にアルフィーがいつ相模大野の会場に来てくれるか判りませんが、次に来るころは会場越しに見えるISETANの看板が無くなっているのかと思うと少し寂しい。見納めになるだろうなぁ…と思い、普段は撮らないアングルから会場を撮ってみました。

 次はどんな景色になっているんだろう?

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/06/10 Mon 22:06
 関東が梅雨入りしたと思った途端、最高気温が20℃以下になるという梅雨寒を迎えております。この時期は気温も不安定になるから服装に困りますね。しかも6月に入ってから私的にちょっと巻き込まれ事故的な目に遭いまして、精神的にちょい弱り気味。個人的に一年を通して一番体調を崩しやすいのが梅雨時期なので気を付けたいと思います。

 先日、ハリウッド映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を字幕2Dで観て来ました。前作の『GODZILLA 2014』から5年!その間に日本では『シン・ゴジラ』も公開されまして、昭和、平成、令和…とゴジラブームは続きますな。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

 《あらすじ》
 神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢(渡辺謙)やヴィヴィアン(サリー・ホーキンス)、考古人類学者のアイリーン(チャン・ツィイー)らが所属する、未確認生物特務機関モナークが動き出す。(シネマトゥデイより引用)

 前作で巨大生物ムトーやゴジラが覚醒したことで地球上に巨大生物が存在することが世界中に知れ渡ってから5年後(ちなみに前作の『GODZILLA 2014』の感想はこちら)、アメリカでは巨大生物の抹殺を目論む政府と、巨大生物との共存を訴えるモナークとで意見が対立しており、そんな最中、モナークの秘密施設が立て続けに襲撃に遭い、隔離していた巨大生物が次々と覚醒させれていく事態に呼応するようにゴジラも復活するわけなんですが、巨大生物を地球上から総て抹殺するべきか、敵うわけ無いんだから共存していくべきか…と意見が割れるのが実に人間らしい。

 でも、巨大生物からしたら人間の思惑なんてどうでもいいわけで、「我こそは怪獣王だ!」と人間を蹴散らし激しいバトルを他の怪獣と繰り広げていくド迫力の展開に圧巻!こうなったら人間は逃げ惑うしかないわ…と説得力があります。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ


  マイケル・ドハティ監督が「怪獣バトル好き」を公言するだけあって、今作はゴジラはもちろんのこと、モスラ、キングギドラ(作中ではギドラ)、ラドン…と日本の『ゴジラ』シリーズでお馴染みの怪獣が登場しまして、大迫力のバトルを人間や怪獣と繰り広げいくわけですが、この手の怪獣バトルものはクライマックスまで出し惜しみされるのが定番なのに、『キング・オブ・モンスターズ』はゴジラの出演シーンが前作の比じゃないくらい多いわ、「これでもか!」と壮絶なバトルの連続で息を吐く間もない!この作品、4DXで鑑賞していたらエライ目に遭っていたかもしれません(笑)

 個人的にキングギドラは「ゴジラ」シリーズの中でも特に好きな怪獣なので、今作では『スターウォーズ』のダースベイダーや『バットマン』におけるジョーカーというか、主役(ゴジラ)の絶対的敵キャラとしての存在感が凄まじくカッコ良くてですね!これでもか!とゴジラvsギドラのバトルシーンがあり興奮し過ぎてどうにかなりそうになりましたわ。
 あと、日本の『ゴジラ』シリーズと違い、3つの首を持つギドラはそれぞれ性格があるというのもユニークで、怖いんだけどちょっとした3匹の仕草が堪らなく可愛く見える場面もあったりするのがツボ。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ


 今作はギドラに限らず、モスラやラドンの登場シーンがどれも見惚れるほど美しかったのも印象的。作品の隅々まで監督の「怪獣愛」が散りばめられていた気がします。ですから、主役のゴジラさん(何故かさん付けしたくなる)の活躍っぷりはね半端なかったですよ。人間が都合良く利用しているような節もありましたけど、それすらゴジラさんはお見通しって感じでしたね。絶対王者らしい圧倒的な存在感でした。
 だから終盤のバトルシーンは、変に人間ドラマを挟まないで怪獣バトルに集中させて欲しかったなぁという気がしないでもない。怪獣映画は人間ドラマの描写が希薄になっても仕方が無いと思うんですよ。そこは割り切らなきゃ!そういう意味では1954年版の初代『ゴジラ』は人間ドラマとしても怪獣映画としても成立していた希有な作品。

 あと音楽も素晴らしくて、所々にオリジナルの『東宝ゴジラ』の音楽をリスペクトしていることが伝わってきましたし、某シーンで流れたあの耳に馴染んだテーマソングには鳥肌が立ちましたね。他の場面でも般若心経を取り入れたサウンドがあったり実に凝っています。エンドロールで流れる音楽も素晴らしかったので、サウンドトラック盤を買ってしまおうかなと検討中です。

 先に人間ドラマの描写は希薄だと書きましたけど渡辺謙さん演じる芹沢博士の存在感は別格でして、あの最後の台詞には…ね。あと渡辺謙さんが怪獣の名前だけは日本語発音に拘っていたのも前作に引き続きツボ。「ラドン」だけは英語発音を訂正できなかったらしいですが、芹沢博士は1954年版の『ゴジラ』リスペクトの塊みたいな存在で良かったです。

 しかも、エンドロールにも東宝ゴジラ好きにはグッとくる演出があり、そのエンドロール後も見逃せないシーンが続いていまして、最初から最後まで瞬きするのも惜しいくらいクライマックスの連続で楽しかったです。…あ、人間ドラマの所は多少ボーッとしていてもいいかな。←

 久し振りに映画を観ながら「うわっ」とか「おおっ」とか呟いてしまいました(笑)

 「もう1回劇場鑑賞したい!『ゴジラvsキングコング』が待ち遠しい!」→★★★★


 以下、映画のネタバレを含んだ感想になりますのでご注意下さい。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:2019年映画感想 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ