FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/10/25 Fri 20:50
 関東は台風21号の影響を直接は受けなかったものの刺激を受けた前線のせいで朝から大雨、台風15号の復旧も半ばの千葉県を中心にまた大きな被害が出ていて心配です。なんか毎週のように大雨による避難勧告が出たり、「100年に一度の大雨」というフレーズを聞いてる気がします。10月は台風シーズンとはいえ、こんな甚大な被害が出るほどの大雨を降らせるには数年に一度あるかないかだと思ったのに、最近は台風が接近していなくても前線があれば局地的豪雨になる傾向が多くて、注意しなければならないことが多過ぎて滅入りますな。特に今年の秋は雨が多いし、早く秋晴れが続くような日になって欲しい…と言っている間に冬が来そうですね。

 10/22には即位の礼がおこなわれ、この日も雨模様でしたが儀式が始まった途端に雨が止んで虹が出るとか、富士山が初冠雪を迎えたとか、偶然と言われてしまえばそれまでですが、新しい時代の幕開けは幸先が良いと思いたいです。平和で穏やかな時代になるといいな。

 本当に10月は色々とあり過ぎて、個人的には巻き込まれ事故的なとんでもない問題に直面して精神的に非常にナーバスな日々を過ごしていて「あーっ!独りになってボーッ!としたいっ!!」と思うことも多々ありますが、娯楽というかミーハー的な事は恵まれていて、THE ALFEEとCANTAのライブに立て続けに参加して気持ちをリフレッシュすることができました。逆に言えば、ライブが無ければ本当に私は病んでいたかも。それだけ今の状況はシャレにならない。まぁ、考え込むのは精神衛生上よくないので止めますが…。

 で、10/17のTHE ALFEE at 相模女子大学グリーンホール公演に参加したことをば。

 THE ALFEEは10/7の府中から秋TOURをスタートしているんですが、台風19号の影響に伴い10/12,13に公演する予定だった仙台と会津のアルコンが延期となり、10/17の相模大野が10日振り3本目のアルコンになりました。アルフィーの長い歴史の中でも台風でコンサートが延期になることは初めてに近く、ツアー中に10日間もコンサートが無いというのも珍しいことだそうで、しかもツアー始まってまだ間もないこともあり、ライブバンドと謳われるベテランの御三方が「あれ?今回のツアーは何本かやっているはずなのに感覚が掴めない」という状態になるという、初日よりも初日ぽいアルコンを経験することになりました。
 私はこれまで200本くらいアルコンに参加してきましたけど、こんな雰囲気のアルコンは初めてだったかもしれません。

ALFEE相模大野2019秋

 相模大野アルコンは6月の春TOUR以来で4カ月振りでしたが、その間に隣接していた伊勢丹が閉店して周囲の風景が少し変わってしまいましたね。駅前が開発されてきて賑わいはあるとはいえ、伊勢丹は残っていて欲しかったな。
 そんな後ろ向きな感想はここまでにして、相模大野会場だとTOURトラックが撮影しやすいのですが行った時間が遅かったので、少々暗ったい中での撮影となりました。でも、そのド派手さは変わらず。TOURタイトル「Battle Starship Alfee」に因んで宇宙戦艦アルフィー号がペイントされたトラックは実物を見てもカッコいいです!この光景を見るだけでも「アルフィーが相模大野の街に来たんだ!」とテンションが上がる。

 秋TOURはまだ始まったばかりですから、このblogには書かずにネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」の方に書き込みました。
 今回、本当に精神的にどん底状態で参加したせいか、実は某曲がストレートに胸に響きまして自分でも驚くぐらい泣きじゃくってしまったんですよね。初日の府中でも聴けた曲だったのですが、その時は普通に楽しんで聴いていたのに不思議なものです。ただ、あの時、思いっきり泣けたお陰で色々と吹っ切れたというか、立ちはだかる現実は厳しいですけど乗り越えて行こう!という心構えはできましたね。こういう体験ができちゃうから、ライブは何度も行きたくなるんですよねー!

 それに、初日よりも初日っぽい雰囲気になっていた御三方がとても魅力的で、演奏面では流石のベテランパワー聴かせて盛り上げておきながら、「笑い」の場面では「そこまでするのか?」と困惑するくらい体を張って取りにいくという芸人魂のようなプロ根性をみせてくれて呆れるくらい楽しませて貰えました。
 感情をストレートに出せるというのは最高のデトックス効果になりますよね。

 THE ALFEEが45年、活動を止めることなく元気な姿でステージに立ち続けてくれる有り難さを痛感させられたアルコンでもありました。しっかりパワーを頂いたので頑張っていきたいと思います。


 …そうえいば、高見沢さんは来年のヴァレンタインにTakamiyソロ公演をするんですなー!しかも中野サンプラザ2day。来年の夏は東京オリンピックが開催されるから冬メタルになったんですかね。王子連合が恋しいけど、なかなかそうはいかないところが少し残念。でも、メタルは、いいぞ、メタルは!

 あ、高見沢さん、期間限定でKinki KidsのCMに友情出演しているんですね。明日からオンエアだそうで一足先に公式動画をYoutubeで見ましたけど、普通に友情出演しているだけなのに笑えてくるのは何故だろう。←


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

人生いろいろ。 
2019/10/14 Mon 21:10
 超大型の台風19号は関東どころか東日本全体に大きな爪痕を残して去って行きましたね。
 ウチの方は台風が直撃したエリアでして、かなり早い段階で大雨特別警報が出されて一部地域は避難勧告が出たり河川の氾濫もありましたが、幸いなことに停電や断水や強風に備えたものの半分以上は使わずに済みました。しかし、一夜明けたら、あちこちの河川が決壊していて街が水没するという大惨事の光景に唖然。
 近年は異常気象が続き、台風よる豪雨などで河川が氾濫して街が水没する光景は珍しくなくなってきたとはいえ、あんな同時多発的に大きな河川が決壊している光景は初めて見ました。

 まだ先月の台風15号で被災した地域の復旧が半ばだというのに、それ以上の被害が起きるだなんて本当に今後はどうなってしまうのか…と不安が先行してしまいます。ただ、都心の海抜0地帯のエリアは「地下神殿」のお陰で河川の氾濫による大きな被害は出なかったので、今後は「100年に一度の大災害の為」に街づくりをしていけば何とかなるんじゃないかと。とにかく、「同じ被害を繰り返さない」ことが大事ですよね。
 とにかく、今は一日でも早く被災地が日常を取り戻せるようになることを願うばかり。

 そして、実は台風19号の接近直前から個人的にとんでもない事態に巻き込まれまして、いまも騒動の真っ最中というか何というか、それなりに長く人生を歩んできていますが今が一番しんどいです。こんな精神的ダメージ今まで経験したことがありません。おおよそ、自分が生きている間は関わることは無いだろうと思っていた所にお世話になっちゃいましたよ。

 人生というのは自分の力で生きて行くものだと思いますけど、他者との関わりを無くしてまったら人生として残らないと思うんですよ。何の為に生きてきたのか、何を己の人生に刻んできたのか、残らなければ他者は何も理解できない。自分を甘やかしてくれる人間としか関わらず、それ以外の者とは一切関わらないでいたら、最終的に自分の周りから誰もいなくなってしまうもの。まぁ、そうなった時点で手遅れなんだけれども…。

 とりあえず、自分があの世に逝ったら渾身の力でグーパンチしたい相手ができたのは事実。それが叶うかどうかは判りませんが、自分は誇れるような人生を歩んでいけるように頑張っていくしかありません。変な目標ですがが、これが本音です。

 しかし、確認した時も、最期に見届けた時も、すごく綺麗な顔だったことが妙に腹立たしい。
 きっと私には理解が及ばない人生をそれなりに頑張って生き抜いたんだろうと、今は無理やり納得することで心を落ち着かせることにします。

 本当に人生はそれなりに歩んでいくと色々な経験をするもんなんですなぁ。

 今週はTHE ALFEEとCANTAのコンサートに続けて参加できることが精神的な拠り所になっています。ストレスを発散できる場、パワーを得られる場があって本当に良かった。
 あと、自分がミーハーな人間で良かった。適度に現実逃避できます(笑)

 THE ALFEEといえば、台風19号の接近に伴い、10/12の仙台公演と10/13の会津公演の延期を前日に発表して、同時に振替公演とチケットの払い戻しに関しても発表したんですよね。限られた時間の中での苦渋の決断だったと思いますが、全てを同時に発表するというのはさすがとしか言いようがないです。
 振替公演は当初の土日から平日になってしまったことで参加できなくなってしまったファンの事を思い、ラジオ番組「Kトラ」で幸ちゃんが「そこは本当に申し訳ない」と謝罪していたことや、同番組のアルフィーインフォメーションで棚瀬マネージャーも「振替も土日公演にしたかったけれど空きが全く無かった」と残念がなっていたことなど、ファンのことを最優先してくれる言動が何よりも嬉しかったです。アルフィーは今後もライブを続けていってくれるバンドなんだから、今回参加できなくなってしまった人達にも必ず良い巡り合わせがありますように。

 今回は日記でもなくモノローグなんで支離滅裂な文章でもいいやと開き直って書いたので、半分以上が意味不明だと思われますが、「人生っていろいろね」ってことですわ。ちょっとしたガス抜きも必要なんで、そういう意味では個人のblogは丁度いい場所ですね。無駄に続けておいて良かったかも。
 今後もガス抜きと称して毒を吐くかもね~。←

web拍手

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

2019/10/06 Sun 22:02
 10月に入りましたが、前日の5日が最高気温30℃超えというこの季節としては異常なくらい高く、今日は最高気温が25℃にも満たないという寒暖差の激しさに身体どうにかなってしまいそうです。一応、健康体の私でもこうなんですから、少しでも体調を崩されている方は辛いですよね。本来、四季の中でも秋は比較的過ごしやすい時期になるのに、その秋はいつになったら迎えられるんだ?去年と同じく夏から冬に突入しそうで怖い。

 怖いといえば台風19号の発生。
 このままの予測だと「猛烈」な勢力にまで発達して日本列島に直撃するとか?台風15号の爪痕がまだ色濃く被災地に残っている中で、続けて大型台風の直撃は辛い。西日本だって去年の大豪雨からの復興がまだ半ばですからね。予測が外れて勢力が強まらずに日本から逸れることを祈るしかない。
 昔から夏以降は台風の直撃が多かったけれど、ここまで勢力が強い台風が立て続けに来るということは滅多に無かったと思います。これも海水温の上昇…地球温暖化が原因なんですよね。人間が原因の一端であることは間違いないのだから、自然の脅威に耐えるしかないのかな…。

 さて、先日10/3はTHE ALFEE at 府中の森芸術劇場どりーむホールのコンサートに参加して来ました。秋TOUR、初日です。アルフィーがTOURの初日を東京で迎えるのは珍しく、しかも府中からだなんて初めてのことだったんじゃないかな?
 書く言う私もアルコンのTOUR初日に参加するのは十数年振りでした。

THE ALFEE at 府中2019


 TOUR初日ということで当然ネタバレの感想をこのblogには書きません。
 今回は遠回しに書いてもネタバレになってしまいそうな気がして、「やっぱりアルフィーは凄い!」と定型文みたいなことくらいしか書けないんですが、初日は当然のことながら演者側のアルフィーも試行錯誤状態ななずなのに驚くほど完成度が高い内容で、もう10本近くこのライブをしてきたんじゃないかと錯覚してしまうくらいでした。デビュー45周年を迎えた大御所バンドの貫禄を見せつけられましたね。45年間、一度も活動休止することなくライブをやり続けて来ているバンドだからこそ辿り着けたステージだったのではないかと。
 何度となく興奮して、何度となく大笑いして、何度となく感動して…、己の感情をストレートに発散できるのがコンサートの醍醐味でもありますよね。その総てを叶えてくれるのがアルコン♪

 ネタバレの感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込んでありますが、ライブ中にテンションがMAXに振り切れる場面が多々あり、その興奮を引き摺ったまま書いているのれ支離滅裂です。
 そして、私は次に参加できる時も某曲が聴けることを切に願っております!!

 そうそう、初日だからGOODSを買うのは難しいだろうと諦めかけていたんですが、開場時間から15分くらい経ってから会場に着いたら列が思ったほど長くなかったので並び、なんと限定のご当地マフラータオルも買えてラッキーでした。想像していたよりド派手な色合いのデザインだったのが驚き。このタオルを持っていると目立つぞー。
 今回もTOUR GOODSが秀逸で、3年前の「マサルマサラカレー」に引き続き「王子のクリームシチュー」が登場しましたよ(笑)。思わず買ってしまいましたが、少々味が濃い目だったのでミルクを加えたら絶品でした。最近はシチューにライスを合わせるのが主流なんでしたっけ?それ用の味付けなのかな。私はパンを合わせるタイプです。←聞いてない
 あと実物を見たらギターケース型のミニポーチが可愛くて!どう使うかなんて考えもしないうちに衝動買いしてしまいました。やはりペンケースかな?チェーンを付けて鞄に付けるのもアリかなぁ?なんて思っています。

 そんな訳で、この秋以降もアルフィーの金蔓になるのは間違い無いですわ(笑)

web拍手

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ