FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/11/16 Sat 21:33
 11月に入ってからも相変わらず落ち着かない生活でバタバタしてます。それに加えて年末調整のシーズンですからね、どんどん苛々してきますわ。←

 私はTHE ALFEEが大好きで最近blogで書く内容はアルコンのことばかりですけど、音楽全般が好きなのでアルフィー以外のライブにも参加していまして、多分、アルフィーに次いでよく参加しているのがルーク篁、雷電湯澤、MASAKIによるスリーピースバンドのCANTAかな。その割には全然ライブのこととか書いてなかったので、11/9の渋谷ストリームホール公演で今年のワンマンTOURを終えたのでちょっと書いておこうかと。

CANTA『Did make it ?』 3年振りにCANTAがアルバム『Did make it ?』を7月にリリースしまして、直訳すると「間に合った?」ということらしいですが、全楽曲の制作を担当しているルークさんは「全然間に合わなかった(笑)」と公言するように、「今度のツアー前のアルバムを出す!」と言って2年近くの歳月が経ちまして、漸くリリースされた待望のオリジナルアルバムだったんですよ。

 でも待った甲斐あった内容でして、ロックテイストなものから極上のバラード曲までバラエティに富んでいるわ、相変わらず独特の歌詞の世界観が最高だわ、何気に2019年の下半期リピート率の高いアルバムになっています。特にハードロック曲『反逆のハードロッカー ~k・i・r・i・g・i・r・i・s・u~』は今までのCANTAにはなかったテイストの楽曲でカッコいいし、バラード曲『Come alive』はライブで聴いたら号泣必至のナンバーで、それに加えてロックバラード曲『Resurrection』まであって…もう最高!としか言いようがないのです。

 全部一人でやるから時間が掛かり過ぎてしまうのが難点ではあるのですが(笑)、やっぱりルーク篁さんが作る楽曲ってストライクゾーンなのですよ!前々回のアルバムからEDMぽいサウンドも取り入れるようになってきたけど、今回も斬新なサウンドも混じっていて中堅というよりベテランの域に入っているのに攻める姿勢を緩めず挑戦的なのも嬉しいです。


CANTA at 渋谷ストリームホール そんなこんなでアルバムの仕上がりが最高に好みだったので、それを引っ提げて9月上旬から秋TOURが始まったら期待せずにはいられないわけですよ。私は新横浜とツアーファイナルとなった渋谷のライブに参加しましたが、オリジナルアルバム中心のセットリストながらも、セットリストは公演ごとにかなり変えている印象を受けましたし、何より今回のアルバムの曲で「これをルークさんは歌いながら演奏するの?」と思ったのがあったんですが、その楽曲を見事に演奏しながら歌い上げていて感激しました。
 あと湯澤さんとMASAKIさんによるリズセクも素晴らしく、バラード調の曲ほどドラマティックに盛り上げていく演奏ぶりに圧倒されてしまいましたね。MCに入ると途端にグダグダな雰囲気になるバンドなんですけど(笑)、演奏面では「本当にステージ上に3人しかいないの?」と驚かされるくらい音圧が凄くって、ライブで更に楽曲の良さを痛感できるバンドでもあるんですよね。

 CANTAはだいたいお馴染みの箱でライブをやるんですが、今回のツアーファイナルはお初の渋谷ストリームという箱で、しかも11月にオープンしたばかりという!そこそこ歩きますけどJR渋谷駅から直結している「渋谷ストリーム」というビル内にあるので立地条件も最高の場所でした。ライブハウスとしても待機スペースがある、コインロッカー装備、トイレの数も多い、ステージも天井も高くて後方からでも何とか観られる感じで有り難い設計。こういうライブハウスが増えてくれると嬉しいんだけどなぁ。
 ただ、ルークさん的には天井が高過ぎるのかステージ上では音響が独特に感じたらしく「何かが天井にいる独特の感じがする(笑)」みたいでしたが。でも、また渋谷ストリームでライブをやって欲しいな。ビル内にレストランなど時間を潰せる場所も充実にしているので色々と助かりますから。

 ライブハウスといえば、有名な系列が金沢だかに建設予定になって地元の方々と揉めている…というのが少しに前にニュースになりまして、「やっぱりライブハウスに参加するような人達に偏見があるのかな?」と思って記事を読んだら、駅前とはいえ住宅街になっている所にライブハウスを建設予定だなんて…それは地元住民は反対するわと納得。関東だってマンションとかと隣接しているライブハウスは騒音問題には神経質になっているし、周辺と上手くいかずに閉店になってしまった箱も少なくない。
 これからライブハウスは渋谷ストリームホールみたいに大きな商業施設の中の一つとして存在するのが一番良いんじゃないかと。昔はバーだったお店のステージでちょっと演奏をする…というものだったけれど、今はステージで演奏というのがライブハウスの目的になってきているわけで、昔以上に企画する側も参加する側も騒音問題をより一層考慮していかなけれなりませんからね。

 ネットの発展で音楽がタダで聴けるのが当たり前になってきてしまっているからこそ、本物の音が堪能できる「ライブステージ」の価値が今後も上がっていくと思うんですよね。だから、そんな「ライブステージ」の場所はずーっと残っていて欲しいですわ。切実に。

web拍手

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

2019/11/02 Sat 21:32
 もう11月ですよ。2019年があと60日足らずで終わってしまうんですよ。なんか今年はむちゃくちゃ日が経つのが早い気がします。特に令和になってから個人的に色々起こり過ぎていて、チコちゃんに叱られてもいいから数日でもいいからボーッとしていたい。

 あと今年は去年以上に気候がおかしいですよね。東京は11月に入っても最高気温が20℃超えてるし、この時期に半袖のTシャツを着るだなんて思ってもいませんでした。だから衣替えも今日漸くやりましたよ。11月に入ってから衣替えだなんて初めてのことかも。去年の時点で「さすがにダウンのコートが薄くなっちゃったから今年こそ買い替えよう」なんて思っていんたんですが、意外に暖冬で「この薄くなったダウンコートでなんとかなるかも」ということで冬を過ごしたので、この令和元年の冬こそコートを買い替えよう…と思ってはいるものの、この気候のパターンだと「まだ薄っぺらくなったダウンコートで過ごせるかも?」と思ってしまいそう。
 今のダウンコートは解れたところを直したりして干支が一周するくらい着倒していますが、さて、いつまでも付き合いになるだろう?

 で、本題。

THE ALFEE at 東京国際フォーラム2019

 10/27はTHE ALFEE at 東京国際フォーラム・ホールAの公演に参加して来ました。
 10月は初日の府中、そして相模大野に国際フォーラムとアルコンに3本も参加できて、プライベートでは巻き込まれ事故みたいなエライ目に遭って大変な日々を過ごしていますけど、ミーハー行事は充実していて私の唯一の心の拠り所になっております。本当に今月はライブ三昧できて良かった!自分がミーハー体質で良かった(笑)。特にこの国際フォーラムのアルコンでは元気をいっぱい貰って、直後に大変な山場の第二弾を迎えてもなんとか乗り切りましたもの。

デュオ本兄弟からお花 地元の東京公演ということで否が応でも盛り上がりましたね!まだまだ秋の乱TOURは続きますこのでblogにはネタバレ感想は書かずに、「なんでもレポ♪けいじばん」の方にダラダラと書き込みました。
 アルフィーもこけら落としをした縁のある会場ということもあってかノリノリで、高見沢さんに至ってはノリノリ過ぎたのか天然行動の連続で腹筋が崩壊するかと思いました。「何でそんなこと出来るの?」と驚かされることが多々ありますが、そんな新鮮さ?を失わないから、45年間一度も休むことなくライブ活動を続けていても飽きないのかな。本当に「今が一番楽しいバンド」を体現して下さる御三方です。
 終盤の方のMCで高見沢さんが「45年経っても東京国際フォーラムのチケットがソールドアウトするくらい皆が駆け付けて来てくれたというのが嬉しいです。なんかね、45周年だかなのか、有り難いことに最近チケットが取れなくなっているみたいで、そこはね申し訳ないですけど、俺にクレームを入れられても(笑)。頑張って探して頂ければチケットはあると思いますんで…」と言っていたくらい、特に今年は春TOURから東名阪以外の会場もチケットが完売していて本当に今のアルフィーは勢いがあるなーと感じています。しかし、高見沢さん宛にチケットが取れない!とクレームが来ちゃうんですな。幸ちゃんも「文句はどんどん高見沢へ」と煽っていましたが(笑)、年齢的にこれ以上コンサート本数を増やすのは酷でしょうから、少しずつ広い会場を増やしていただけたら…なんて思ったり。45年続けてくれているからこそファンも戻ってこられるし、「こんなに続いているんだから」と初めて興味を持って来て下さる方もいるし、アルフィーには常にウェルカム状態でいて欲しいです。

 そしてフランチャイズの東京となると関係者から贈られるお花も多くてロビーにいっぱい飾れていましたが、先日から期間限定でKinki Kidsがデュオ本兄弟というキャラクターでCMしている「DUO」に高見沢さんが友情出演していることもあり、Kinki Kidsからではなくデュオ本兄弟としてお花が贈られていたのが目立っていました!
 CMのイメージに合わせてすごい数の薔薇と可愛いイチゴがいっぱい飾られたスタンド花はゴージャスでしたわ。こういう洒落の効いたスタンド花っていいですよねー。見ている方も妙に嬉しくなっちゃいます。

 洒落が効いているといえば、先に上げたコラージュ画像の中にも入っていますけど同じくKinki Kids絡みでテレビ番組「Kinki Kidsのブンブブーン」からTHE ALFEEへスタンド花が贈られていて、お約束のようにアルフィーの可愛いイラスト入りだったのが最高でした。しかも、今回は何故か3人が白クマさんの格好になっていました。何で白クマだったんだろう?冬の乱TOURは12月なので、冬をイメージするにはまだ早い気がしますが…。ま、可愛いから良いんですけどね♪

 …ということで、今日のblogはその白くまさんに扮したアルフィーの画像で終わる!

Kinki Kidsのブンブブーンからアルフィーへ

web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ