FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/12/29 Sun 21:26
 は~、2019年があと3日足らずで終わりですよ。
 令和元年ももうすぐ終わり!今年は公私共に一年が「光陰矢の如し」ではないですがアッという間に過ぎ去ったという印象です。こんなに辛くて大変な思いをしたのも、その反面でライブ関係が充実したのも近年無かった。2019年は色んな意味で忘れ難い一年になりましたね。

 2019年は1月から本当にライブに参加した一年でして、ライブに行かなかった月は3月だけかな?このblogにはアルフィーのコンサートに参加した時は欠かさず書いてますけど、それ以外のライブにも参加していまして、2019年は合計で40本近くあっちこっち行きました。特に今年はHR/HM関係が充実したなぁ(笑)

 そんなライブ三昧の2019年の締め括りは12/25,26のTHE ALFEE at 国立代々木競技場 第一体育館 2daysでした。
 毎年THE ALFEEはクリスマスシーズンに日本武道館で公演をしていましたが、今年は来年の東京オリンピック2020開催に合わせて改修工事に入った為に仕様できず、デビュー45周年目にしてワンマンでは初の会場となる代々木第一体育館でのコンサートになりました。

 私が生まれて初めてTHE ALFEEのコンサートに参加したのが1988年の日本武道館公演だったので、それからずーっとクリスマスシーズンは九段下に通っていただけに、31年目にして初めてクリスマスシーズンに九段下に向かうことはなく原宿へ向かうことになって新鮮。あと、いつも12/24のクリスマスイヴに公演していたから、12/24は何もなく、12/25のクリスマス当日にアルコン、そして翌日の普通の日にもアルコンというのも今までにない経験だったので新鮮でもありましたね♪

THE ALFEE at 代々木第一体育館2019


 THE ALFEEの冬の乱TOURは今日の大阪城ホール公演で終了したので、このblogにネタバレ満載の感想をちょっろっと書いてしまいます。日本武道館公演の時も時期的に長~い感想を書く余裕が無いのでblogに書いていますからね。代々木公演になっても同じく。

 代々木第一体育館 2daysの初日になった12/25はクリスマスということもあり、広場にはクリスマスツリーが飾られていて、正面入り口のTOURタイトルが書かれた看板にもクリスマスリースが付いていました。そして、会場内に入ると前以て予告されていた通りアリーナの中央にセンターステージがドーン!とあり、その周りを360℃客席が囲っているという圧巻な光景。代々木第一体育館は15年以上前くらいにバレーボールの世界大会を観戦しによく通っていましたが、久し振りに来ても天井は高いわ、広い会場でしたねー。でも、前日までフィギアスケートが開催されていた割には会場内は空調が効いていて暖かったを通り越して暑かった(笑)

 そして入場口でTHE ALFEEのツアーロゴがプリントされた謎のキャップが配られ、席に着くと謎のシリコンブレスが。配られたフライヤーの中に説明書が入っていて、キャップを嵌めて開演中は腕に付けて欲しいと。シリコンブレスの方には特殊な遠隔制御システム入りのLEDライトが内蔵されていて公演中は自動的に点灯という、アルフィーとしては初のLEDライト遠隔操作演出をやると判り「おおっ♪」とテンションが上がりましたわ。
 今回は円形のセンターステージということでイベントではお馴染みの動く照明…ドットイメージは使用されない代わりに、観客が嵌めたシリコンブレスを遠隔制御でカラフルに光らせる演出なり、円形ステージを囲む光の海は本当に綺麗でした☆

 あとTHE ALFEEは今年の8月に大阪城ホールで開催された45周年記念セレモニーでも円形ステージでしたが、その時は1曲ごとに3人が各自のマイクスタンドを手動で移して4方向満遍なく周るということをしていたのに、今回は自動でステージが回転!しかも1曲ごとどころか、曲目によってステージを回転させながら演奏するという還暦過ぎのメンバーにはハード過ぎる演出もあって驚きの連続でした。あれ、体幹がしっかりしていないと演奏中でも足元が引っ張られてしまいますからね。本当にあの御三方は凄いですわ…。

 内容としては初日の25日はクリスマスSPという感じで、クリスマスシーズンに因んだ曲が演奏されたり、1年でこのシーズンしか演奏されない七夕ソング的な『聖夜』が演奏された時は4方向に延びた花道にサンタさん達が登場して楽しく踊ってみせたり、アンコールでまさかのThe KanLeKeeZが登場したかと思いえば桜井さんだけ途中からサンタとトナカイが合体した謎の着ぐるみ姿で再登場して華麗に『勝手にしやがれ』を歌ってみせたりと、お祭り騒ぎで本当に楽しかったです。
 しかも、桜井さんが着用したサンタとトナカイの合体着ぐるみは公演ギリギリに届いたそうで、高見沢さんから「その恰好、変じゃないか?」とツッコミを入れられたら「俺だって全体像を把握していないんだから!」と愚痴る桜井さんがツボでした。

 そうそう、25日公演の時は「生まれて初めてアルフィーのコンサートに来た!」という人が多くて、MCで高見沢さんも言っていましたが、今年の6月にリリースされたアルバム『Battle Starship Alfee』でファンになった人が何人もいるとか!デビュー45周年にして嬉しい傾向ですわ。特に秋TOURは全国どこでも盛り上がり「全公演ソールドアウトになった!」と高見沢さんが嬉しそうに語っていたくらいですからね。

 初日の25日がクリスマスSPということでとても盛り上がったから映像収録しなくて勿体ないなーと思っていたら、2019年の東京ファイナル公演となった26日はそれ以上の凄まじい盛り上がり&最高のセットリストでして、開演前に「本日は映像収録があります」とアナウンスされていて良かったー!と思ったほど♪
 基本的な構成や演出は25日公演と同じでしたが、『Masquerade Love』や『FLOWER REVOLUTION』の盛り上がりには興奮しまくったし、秋の乱TOURから引き続き本編の終盤で演奏された『終わりなきメッセージ』の高見沢さんのエキサイティングなパフォーマンスには胸が熱くなりました!前期高齢者になったのに、今の高見沢さんが一番元気な気がする。「元気高齢者」じゃ伊達じゃないですよ(笑)。そして、この秋以降はこの『終わりなきメッセージ』にどれだけ心が救われたことか…。

 25日のアンコールでThe KanLeKeeZが出て来たから26日も出て来るかな?と思ったら、今年はアンコールで大活躍している昭和兄弟が登場!しかもサクイチこと桜井さんの着物は秋の乱TOURで販売されていたご当地マフラータオルで作った特注!「売れ残った会場のタオルで作った」と恨みがましく言っていましたが、特に前日の代々木初日はグッズの列が凄過ぎたので諦めた人が多かったと思いますよ!←私も初日は諦めた一人
 でも恨みましく言ったのは最初だけで、「皆のせいじゃないからね!作り過ぎたこっちが悪いんだから!」と即座にフォローしてくれたところは流石、営業部長の桜井さんでしたわ♪そして営業部長が自ら進んで売れ残ったグッズを再利用(笑)

 グッズと言えば2日間とも本編で桜井営業部長による冬の乱ツアーグッズが紹介されましたが、25日の時はコロコロクリーナーを専用のケースにちゃんと入れることが出来なくて逆切れ状態になる高見沢さん、26日の時はコロコロクリーナーはちゃんと専用のエースに入れられて誇らしげにしていたけどブランケットは綺麗に畳めなくて飽きてしまう高見沢さんのお子様ぶりが可笑しくて、極めつけが桜井さんから「最近はサルでも出来ますからね!」と言われてしまっていたこと。このところ、桜井さんも高見沢さんに対して強くなった!

 25日は『はじまりの詩』、『ラジカル・ティーンエイジャー』という終わり方でグッときたのですが、26日は2回目のアンコールで『シュプレヒコールに耳を塞いで』で幸ちゃんと高見沢さんのスリリングなアコギの掛け合いを披露した後に高見沢さんが「皆から預かった青春は利息をたくさんつけて返さないといけないなと思っていますので。アルフィー銀行は破綻しない仕組みになっています。是非とも皆の情熱や青春を預けて下さい!」と力強く宣言してくれ、そこから『Rockdom~』が演奏されたら泣くに決まっているでしょ!
 これで終わりかな…と思ったら26日は3回目のアンコールに応えてくれて『はじまりの詩』が演奏されるのかと思いきや、まさかの『Pride』!しかも最後はマイクを使わずに生声で歌い上げてくれて、優しくも力強いメッセージソングで締められて号泣もんでしたわ。特に今のメンタルには『Pride』の歌詞が胸に沁み入りまして、「来年以降も大変な事が起きたとしても突き進んでやる!」てイイ意味で開き直れました。優しく背中を撫でられた後にポンと背中を押された感じとでもいうのでしょうか、「音楽」には言葉だけでは表現できないパワーってありますよねぇ。

 THE ALFEEとしては初となる代々木第一体育館の公演は想像以上に素晴らしいものになりまして、会場の出入り口の門が狭すぎ、最寄り駅までの道が狭すぎてホームに辿り着くまで会場から5分で行ける距離が30分以上掛かったという難点があったものの(…オリンピックの時、大丈夫?)、感動の余韻に包まれていたので翌日まで浸っていられました。

 今年はデビュー45周年というAnniversary Yearということもあってか、今まで以上にパワフルだったアルフィーですが、来年はデビュー46周年という中途半端な感じになろうとも、この45周年で得たパワーを更に向上させていくんじゃないかな?と期待感が膨らむ代々木第一体育館 2daysのアルコンでした。既に『春の夢』という春TOURが告知されていますからね、2020年もアルフィー!アルフィー!と騒ぎますよ♪この一年を通して「最期までずーっと追い掛けていたい存在」だと再認識しましたから。

 そういえば初日の『心の鍵』や『Musician』、『ラジカル・ティーンエイジャー』、26日も『Musician』の他に『Rcokdom』等で演奏していたレスポールは、もしかて1959年製のではなかったんじゃないだろうか?市場価値が上がり過ぎてしまい最近ではRecでしか使っていないという貴重なヴィンテージギターですが、果たして…?

 THE ALFEEの代々木第一体育館の公演のレポートはネットの情報サイトも幾つか上がっていますが、「Techinsight」が読み応えがあったのでリンクを貼っておきます。(※時期によってはリンク切れしているかもしれません)
 【エンタがビタミン♪】THE ALFEE、代々木で初ライブ「アルフィー銀行は破綻しません。情熱、青春お預けください」

 同じアルフィーの話題で、今日、今年の夏イベ at 幕張メッセ2daysで予約しておいたDVDが届きました♪

アルフィー夏イベDVD2019

 今年の大晦日~新年にかけての真夜中は大好きなお酒を伴にTHE ALFEEの夏イベDVDを鑑賞します。ここ数年のルーティンになってきています。アルフィーで終わり、アルフィーで始まる!


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

2019/12/15 Sun 20:44
 早いもので12月も半ばですよ。
 今日から来年の年賀状の投函が始まったそうですが「令和初の年賀状」というのをウリしていますね。最近は年賀状を送り合う風習が薄れつつあるみたいで(確かに年末年始ギリギリまで働いていたりしたら年賀状を書く暇もない)、新年の挨拶文に「年賀状を今年で最後にします」と添えられているのも少なくないとか。今はメールやらSNSでリアルタイムで新年の挨拶が出来てしまう時代ですからね。
 私も今回ばかりは想定外の事態に巻き込まれて「年賀状なんて書いていられない!」と思っていたんですが、漸く目途が立ち、年賀状用のイラストを描く気力も沸いてきたので、明日辺りに年賀ハガキを買いに行こうかと。ただ、いづれ「今年で最後にします」と挨拶文に添える時が来るでしょうね。もしかしたら挨拶文は添えないで、ある年から一切出さなくなるかも。交流がある人とは年賀状のやり取りをしなくても繋がっているわけで、出さなくなって人間関係がややこしくなることは無いだろう。
 終活を考えるようになったら止め時かな…と思っております。

 さて、本題。
 先日、ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル』を日生劇場で観劇して来ました。

スクルージ2019

《ストーリー》
 19世紀半ばのロンドン。クリスマス・イブを迎えた街は賛美歌が流れ、陽気な賑わいを見せていた。しかし、金貸しを営むスクルージはひたすら不機嫌だ。クリスマスなんか大嫌い。金、金、金!ドケチな彼は今宵も借金の取り立てに勤しみ、献金を拒み、人々に嫌われるばかり。
 そんな彼のもとに深夜、かつての親友の亡霊とクリスマスの精霊たちが現れた。彼らはスクルージを過去、現在、未来の旅へと連れていく。幼い頃の楽しかったクリスマス、愛する人との幸せな日々と別れ、身近な人々の慎ましい暮らし、そして思いもよらない未来の自分…。
 クリスマスの朝、スクルージは新たなスタートを決心する。
 (以上、公式サイトより引用)

 初演からスクルージ役を演じている市村正親さんのライフワークともいうべきクリスマス向けのファンタジー作品ですが、初めて観た頃は賑やかなお話だな~という印象だったのに、今回は「生きているうちに自分がやれることをやる」というメッセージが妙に胸に沁みまして、終盤は何だかしらないけどボロボロ泣いておりました。過去、現在、未来の精霊たちと出会うことで守銭奴のスクルージの内面が少しずつ変化していく過程が絶妙で、市村さんが古希とは思えないくらいの体の張りっぷりも相俟って(笑)、終盤で改心したスクルージが本気でクリスマスを楽しもう、皆と分かち合おうと活き活きしていく様を観ていたらこっちも嬉し過ぎて泣けてしまったくらい。
 あと、物語のキーマンである少年ティムの父親を演じる武田真治さんの上手さたるや…。市村さんと武田さんと同時に観ると今は『ドクターX』が出てきてしまいますが、当然のことながら二人の関係性は全然違うわけで、やっぱり実力のある舞台役者さんだなぁ…と魅入ってしまった次第。

日生劇場のX'masツリー 変な言い方ですが、『スクルージ』でこんなに泣くとは思ってもいませんでした。何故か観劇前は『スクルージ』は子供向けの作品だよなぁと勝手に思い込んでいて、改めて観たらスクルージが過去・現在・未来を精霊に見せられていくお話だから時空や人間関係を把握するのが子供もは少し難しいかな?という展開もあり、スクルージの心境が変わっていく過程はある程度の経験を積んだ大人だからこそ共感できる部分も多く、なかなか大人向けの作品でもあったな…と。
 でも、楽しい音楽や派手な演出も多々あり、最後は全員が幸せな気分に浸れる楽しいミュージカルであることは変わりはないので、家族揃って観ると終演後に様々な視点で感想が語り合えていいのかもしれない。
 私が子供の頃にこの作品が上演されていたならば、子供の私は一体どんな感想を持ったんだろう?ディケンズの絵本や小説を読んだ時とは違った感想を持ったんじゃないかな…と妄想。

 先にも市村さんが古希とは思えない体の張りっぷりだと書きましたが、20分の休憩が入るとはいえ2時間半近くステージに出ずっぱりで動き回っていたし、何より絶妙なタイミングで愉快な仕草やアドリブを入れてきて面白過ぎるのなんの。しかも、相手がシリアスに返さないといけない場面でもやってのけるから共演者は大変だ(笑)。前半のスクルージは嫌味な守銭奴ジジィで本当に嫌な奴なんだけど、妙な愛嬌があって憎めず惹かれる部分があったのは流石としか言いようがない。前に「最近はスクルージのメイクに時間が掛からなくなった」と嘆いておられましたが、市村さんは日本で一番スクルージ役が似合うお方ですよ。
 また数年後に再演されるんだろうな…♪

 クリスマスをテーマにした作品で時期も時期だっただけにロビーには立派なクリスマスツリーも飾られておりまして、先月の下旬辺りから街のあちこちでクリスマスツリーを見掛けるけれど、今年見た仲ではこの日生劇場のクリスマスツリーが一番オーソドックスかもしれない。観ているだけで『スクルージ~』のテーマソングが聴こえてきそうになるくらい、作品の世界観にマッチした温かみのあるクリスマスツリーだったな。



web拍手

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

2019/12/01 Sun 20:30
 うわー、もう12月ですよ。師走ですよ。 あと30日で2019年が終わってしまうんですよ。早いですねー。
 今年は10月以降からまさかの事態に巻き込まれて絶賛人生ハードモード真っ只中でして、年末に向けての大掃除とか下手したら年賀状お書いている余裕は無いかも。とりあえず、今年は穏やかに年が越せればいいや!と開き直っております。

 公私共に厳しい状況には変わらないですけれど、唯一の癒しである娯楽…ライブの予定はちゃっかり入れております。ここまで来ると「行きたいライブは行ける時に参加する!」と悟りを開きまして、ちょっと無理やりにでも予定を組んじゃっております。お陰で来年の3月までライブに参加する予定が決まっている(笑)。まぁ、ミーハー体質ですから、楽しみがある限りコンディションは保っていられるので♪己に人参をぶら下げるのは大事です!←誰に向かって言っている

 さて、もう10日以上も前のことですが、11/20はTHE ALFEE at 神奈川県民ホールのコンサートに参加して来ました。
 11/7から始まったTHE ALFEEの秋の乱TOUR、この神奈県がMyファイナルになったんですが、ホントにファイナルに相応しい最高の盛り上がりと感動を提供して下さいましたよ。ものすごく元気を貰えた気分です♪

THE ALFEE at 神奈県 2019秋


 まだ秋の乱TOURは続いているのでネタバレ感想は「なんでもレポ♪けいじばん」に書き込みました。
 TOUR自体折り返しになっているせいかセットリストが意外な変わり方をしていて、新鮮な驚きが幾つもあったり、今回定番のナンバーになっている楽曲がとてつもなり盛り上がりをみせたりと大興奮の連続で、終演後は心地よい疲労感とそれ以上のパワーを貰ってメンタル面がかなり回復できました!やっぱり、アルコンて最高の特効薬ですね。

 それに、相変わらずMCも愉快で、桜井さんや坂崎さんも初めて知る高見沢さんのある事実が明らかになったり、そこまで身体を張らなくてもいいところ張って笑いを取りに行く場面に腹筋崩壊したり、感情をストレートに発散できたから本当に気持ち良かったです♪
 何よりステージ上の3人が一番楽しんでいる姿を見られたことが幸せ。
 私が心を病まずに済んでいるのはTHE ALFEEの楽曲やコンサートのお陰だなぁ…と、今回の秋TOURではしみじみ感じています。

 そんな楽しい思い出ばかりの神奈県を終えて、個人的に残るアルコンは12/25,26の代々木第一体育館での公演。THE ALFEEとしては初の会場になるんですよね。私は数年前までバレーボールの世界大会を毎年のように観に行っていた懐かしい場所でもあります。しかも、今回は円形ステージなると予告されているので、一体どんな2019年のファイナルステージを見せてくれるのか今から楽しみでなりません♪
 …その前に、アルフィーの秋TOURはまだ続くので、残りの会場も御三方が元気に突っ走り、最高の盛り上がりになって欲しいものです。

 …と、更にその前に高見沢さんはTakamiyとしてCXの『FNS歌謡祭』に生出演でしたっけ。アリス、デーモン閣下とのコラボがあるそうなので、これはこれで楽しみですわっ。どんなギターを使うのかな?せっかく悪魔の閣下との共演なので、アークエンジェルちゃんを出してくれないかなぁ!

  web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ