ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/06/18 Thu 23:45
映画『ウォー・ロード』画像1 久しぶりに映画館まで足を運び、香港/中国映画『ウォーロード/男たちの誓い(原題:投名状)』を観て来ました。

 私はアジア映画て苦手でほとんど観ないんですが、THE ALFEEがエンディングテーマを担当していることもあり、せっかくだから映画館で観てみたいな~と邪な理由で鑑賞(笑)。まぁ、こういう理由でも付かなくちゃ観ないジャンルなんですよね。

 しかし、ALFEEが担当するのだから吹替版だと思い込んでいたので字幕版だったのにはビックリ。字幕なら作品の雰囲気を活かして『風の詩』のインストver.の方が良かったような気がしなくもない。ずーっと中国語だったので、最後でいきなり日本語が聴こえてくるとビックリしますな。でも、冒頭などの説明文は英語だったしなぁ…。なんか不思議な感じ。映画『孔雀王』の時は英語歌詞の楽曲を提供していたよね。
 ていうか、その映画館では映画上映の前後にALFEEの別の季節外れの楽曲が客席に流れていて、どのCDで掛けているのが直ぐ判ったんだけど、そっちの楽曲も耳に残ってしまった気がする…(笑)

 映画の話題に戻って。

映画『ウォー・ロード』画像2 舞台は19世紀の中国。
 戦いにより仲間の兵士が全滅したパン(ジェット・リー)は、街の外れの村で盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)と彼の養子のウーヤン(金城武)に出会い、2人に生き延び安住の地を得たいのなら軍に入べきだと薦める。そこで、赤の他人であるバンと結束力を固める為に義兄弟の契り「投名状」を交わそうとウーヤンが提案し、3人は義兄弟の契りを交わす。そして固い友情で結ばれた3人は過酷な戦に挑んでいくが、勝利を収めていくことで悲劇を生むことになっていく…。

 という話で、「死ぬのも地獄。生き抜くのは更に地獄。」とでも言うような戦乱の時代に翻弄された熱き男たちの物語です。
 戦争モノなので残酷な痛い描写も多いんですが、私はリドリー・スコット監督作品で見慣れているせいか、見るに耐えられる範囲だった気がします。でも、最初から最後まで力を抜くことはできませんでしたが。

 正直言って作品の舞台背景は冒頭の説明文を読んでもよく判らず(笑)、「なんでこっちの軍とあっちの軍が戦って、こっちの軍が勝つと…こうなるわけ?」と混乱しそうになりましたが、メインの3人の友情や生き様が物凄くドラマチックだったので、見応え十分で最後まで飽きずに観てしまいました。

映画『ウォー・ロード』画像3 主役を演じたジェット・リーは得意のマーシャルアーツを極力封印し、演技派に徹して渋みのある存在感を発揮!それでいながら戦闘シーンは自身の身体能力を十分に活かした殺陣を披露し迫力満点。アンディ・ラウや金城武も役柄にピッタリで、それぞれに見せ場があって良かったです。
 特に、3人が同じ場面でそれぞれ違った想いで涙を流すシーンはグッときましたね。3人の想いは間違っていないからこそ、なんとも遣る瀬無い。

 あと3人とも眼差しの強さが印象に残りました。威圧感のある鋭い眼光のジェット・リー、正義感が強く熱く燃え滾るような眼差しのアンディ・ラウ、好奇心旺盛で情熱的に潤んだ瞳が多かった金城武、それぞれキャラクターに合った個性が目に出ていたように感じました。

 ただ後半から急に展開が早く進み、観ながら重要なシーンを見逃したんじゃないか?と思うほど、ブツ切り状態になっていたような印象を受けました。CGに頼らないリアルな戦闘や3人の心に迫るような緊迫した関係が良かっただけに、後半の物語端折り過ぎの急展開ぶりは残念。

 でも、エンターテイメント性は極力排除しリアルさが増していた分、3人の男たちの悲劇や戦争の虚しさ醜い権力争いが際立ち、かなり「重い」作品になっていたと思います。気軽に「面白かった」とコメントしたら不謹慎に感じてしまう程の重さでしたね。


 後半のパンが宴の席で語らうシーンが切なすぎる…→★★★



 以下、ネタバレを含んだ感想になります。




web拍手

 以下、結末のネタバレしてます。ご注意を。


映画『ウォー・ロード』 パン昇進式の時にウーヤンがアルフを暗殺された仇として忍び込んで来るという展開は読めましたが、いざ一対一の対決になって圧倒的にパンが強いにも関わらず、決してウーヤンにトドメを刺さなかったパン。投名状を破り義兄を暗殺したパンを憎んでいるにも関わらず、彼から貰った靴を履き続けていたウーヤン。双方の"想い"が切なかった。

 別に3人は戦い続けることを望んでいたわけじゃなかった。その気持ちは同じはずなのに、最終的に求めるものが少し違っているだけに、誤解や疑惑や裏切りを生み、取り返しのつかない悲劇を生んでしまうというのが…救いが無かったですよね。でも、望んだ死を得られたバンには救いがあったのかな…。

 昔も今も、戦争を起こして良い思いをするのは上の人間だけで、その人間の駒になってしまえば生きていても死んでも何の救いが無いのが変わらないんですよね。
 投名状を結んだ熱き3人の男たちの物語でしたが、そんな彼らの人生を弄ぶ上官の3悪人3狸の存在も印象に残りました。


 しかし、金城武演じるウーヤンは弟分的な存在だったせいか、驚いたり悲しんだりした時に見せる捨てられた仔犬のような目が妙に合ってました(笑)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
コメントありがとうございます^^
そっかー、配給会社の意図が読めました!アルフィーファンのななんぼさんが、普段なら観ないけど観に来る、まさにそれが狙いなんですもんね。(笑)

『レッドクリフ』とかに比べたら地味だけど、その分リアリティを感じさせる作品に仕上がってました。アジアの3大スターの中に流行りの韓流スターじゃなくて金城くんが入っているのは日本人的には嬉しいところです。^^
2009/06/19(金) 00:50:03
URL | KLY #5spKqTaY[ 編集 ]
コメどうもでした
ED曲の担当には文句ないんですけど
映画の舞台と違うので違和感感じちゃいました
渋めの切ない終わり方の後だっただけに
余韻が吹っ飛んじゃいました

映画は3人の演技が良かったです
特にジェットは渋かったですね
2009/06/19(金) 01:11:26
URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集 ]
>KLYさん
TB&コメントありがとうございます。

うわ~ぁ。私は見事に配給会社の思惑にハマッてしまっていたんですね(^_^;;

当然のことながら(笑)『レッドクリフ』は観てないんですが、戦闘シーンはもちろん役者同士の演技と演技のぶつかり合いが凄くて見入ってしまいました。ジェット・リーとアンディ・ラウに並んで金城武が居るだなんて、日本人としても本当に嬉しいです。

2009/06/19(金) 20:45:03
URL | ななんぼ@管理人 #E4QpZczk[ 編集 ]
>くまんちゅうsan
TBEコメントありがとうございました。

外国映画に国内の音楽を合わせるのは(吹替版ならまだしも)雰囲気が変わってしまいますよね。私みたいにEDに釣られて観るという単純者も居ますが(笑)、この作品に限らず外国語映画を扱う配給会社てこういうやり方好きですよね。やはり、私みたいなのがターゲットなのかなぁ…。

正直、観るまでは興味の無かった作品だったんですが、演技派のジェット・リーの姿を観られて感激しました!

2009/06/19(金) 20:47:27
URL | ななんぼ@管理人 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/120-a89cd4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
    注)金城武が小さくて見えないので、いつもより画像を大きくしてみた初の試み。。。いいわ~♪『レッドクリフ』で味をしめたので(笑)苦手だった中国の歴史物に手が伸びました。金城君だし?泣けた~(/_;)『ウォーロード/男たちの誓い』は、こういうお話だったのね~。
2009/06/18(木) 23:52:39 | 美容師は見た…
「ウォーロード/男たちの誓い」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 投名状、待ちに待った公開です。 香港(中国?)の公開から待つこと1年半。 去年の今頃、韓国ではもう上映してたんです。 そして、日本の1年前は公開日未定のまま買い付けだけされてたような。 レ?...
2009/06/19(金) 00:31:47 | てんびんthe LIFE
今日は、ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の競演による歴史アクションドラマ「ウォーロード/男たちの誓い」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
2009/06/19(金) 00:35:00 | シネマ名画座
『ドラゴン・キングダム』のジェット・リー、『墨攻』のアンディ・ラウ、『レッド・クリフ』の金城武とアジアの誇る豪華俳優陣が揃ったこの作品、この3人を聞いただけで鑑賞確定だったりします。監督はアンジェリーナ・ジョリーの『アイズ』では製作総指揮を務めたピータ...
2009/06/19(金) 00:39:44 | LOVE Cinemas 調布
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華共演で、本国での評判も高かったウォーロード/男たちの誓い(原題:投名状/英題
2009/06/19(金) 01:08:27 | Wilderlandwandar
5月25日(月) 19:25~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:500円(買っていない) 『ウォーロード/男たちの誓い』公式サイト リー・リンチェイ、アンディ・ラウ、金城武が義兄弟の豪華キャスト。...
2009/06/19(金) 01:43:38 | ダイターンクラッシュ!!
清朝末期、太平天国の乱が起こる中国で義兄弟の契りを結んだ三人の男達の 友情と裏切りと悲劇を描いた歴史ドラマ。時は19世紀末、アヘン戦争で疲弊した清朝の圧政の下、「滅満興漢」を スローガンに太平天国の乱が勃発する。清朝の将軍パンは太平天国軍との 戦闘で自分が率..
2009/06/19(金) 01:45:34 | だらだら無気力ブログ
「ウォーロード 男たちの誓い」監督ピーター・チャン出演*ジェット・リー(パン・チンユン)*アンディ・ラウ(ツァオ・アルフ)*金城武(チャン・ウーヤン)*シュー・ジンレイ(リィエン)*グオ・シャオドン(蘇州城主ホアン)内容19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人...
2009/06/19(金) 08:51:01 | だめ男のだめ日記
原題:THE WARLORDS/投名状公開:2009/05/08製作国:中国/香港 PG-12上映時間:113分鑑賞日:2009/05/09監督:ピーター・チャン出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ、グオ・シャオドンそれは命を懸けた義兄弟の契り。+あらすじ+19世紀の中国...
2009/06/19(金) 10:21:41 | 映画鑑賞★日記・・・
試写会で 観てきました。「ウォーロード/男たちの誓い」公式サイトジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の歴史アクション・ドラマ。清朝末期、太平天国の乱での実話を基にしてるそうで。金城めあてで観にいったので期待してなかったんですが男くさくて泥臭くて私はレ...
2009/06/19(金) 13:04:09 | かいコ。の気ままに生活
時は清朝末期、太平天国の乱の時代、義兄弟の契り「投名状」を交わした男たちが陥る悲劇。遅まきながら観ましたが、さすが『門徒』をかわして香港電影金像奨の作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門をとっただけあって、見応えのある映画でした。でもこんなにいい映画が公...
2009/06/19(金) 21:18:11 | まてぃの徒然映画+雑記
2009年134本目映画『ウォーロード/男たちの誓い』我ら天に誓う。共に生きるより、共に死なんとす。ストーリー19世紀の中国・清朝末期。清将軍であったパンは、太平軍との戦いで部下の兵士1600名を失った。一人残ったパンは、リィエンという女性に助けられ、その後、盗賊...
2009/06/19(金) 23:57:57 | 腹黒い白猫は見た!!
「ウォーロード/男たちの誓い」見てきました。スケールが大きい戦闘シーンやCGやワイヤーに頼らないアクションシーンが迫力あって素晴らしか...
2009/06/20(土) 22:07:30 | Life on Mars
西太后が君臨する激動の清朝末期を舞台に、義兄弟の契りを交わした3人の男たちと愛と友情、そして裏切りを壮大なスケールで描いている。 物語:時は19世紀末。アヘン戦争で腐敗した清朝の圧政下。太平天国の乱が巻き起こる中、敗軍の将となった清将軍のパンは、リィエ...
2009/06/21(日) 03:19:19 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
「ウォーロード/男たちの誓い」、観てました。 清朝が乱れに乱れた時に太平天国の乱が勃発。青雲は将軍であったが戦いに敗れ、敗走する...
2009/06/24(水) 08:51:15 | クマの巣
【太平天国の乱】 ウォーロード/男たちの誓い 【馬新貽暗殺事件】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239098720/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 19:05:20 ID:loYGtpNp
2009/08/26(水) 00:10:16 | 2ちゃんねる映画ブログ
清朝末期。貧しさからの脱却。投名状。
2010/08/06(金) 20:40:26 | 悠雅的生活

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ