ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/09/13 Sun 22:27
 昨日の『smaSTATION!!』では「月イチゴロー」がありました。最近は「月イチ」と言う割には2ヶ月に1回とかだったから、逆に月一であると新鮮な感じ(笑)。しかも中旬にやってくれるのも珍しいよね。下旬に放送されると既に公開終了になっている作品もあるので、やっぱり上旬~中旬にやってくれると嬉しい。

 吾郎ちゃんは映画『13人の刺客』が先日クランクアップしたので、少しは落ち着いたスケジュールになっているのかな?この映画の方は全然情報が公開されないけど、吾郎ちゃんの殿様のお姿は公開間近まで見ることが出来ないのかな~?刺客役の人達や明石藩の鬼頭役の市村さんは情報が公開になっているだけに、諸悪の根源である殿様の情報がまだ公に出ないのは寂しい…。
 でも公開は来年の秋だから、今から焦ってもしょうがないですけどね。

 さて、『月イチゴロー』。
 残忍な殿様の役が撮り終えたとはいえ、作品をバッサバッサと斬り捨てる感想は変わらず(笑)。撮り終えた直後だから、まだ殿様モードが残っていたのかも…。

 今回はコーナーの収録時に大下アナがお休みで、代わりに前田アナがお相手してくれましたが、「月イチ」初登場だったせいか、暴走する吾郎ちゃんをフォローすることも出来ず、逆に前田アナが某作品で暴走したり(笑)、なんともギクシャクした「月イチ」で可笑しかったわ。
 でもでも、相変わらず美味しい料理を堪能している時に(キャビアご飯て何じゃいっ!)、前田アナが「大下アナは全部食べられるんですか?」て質問して、「(カメラの)バッテリーチェンジの時に完食してますよ」と暴露しちゃう吾郎ちゃん(笑)。この映像を見た慎吾から問い詰められて、スタジオで言い訳している大下アナが最高でしたわっ。


 9月劇場公開作品の中から慎吾がチラシだけ見てセレクトしたのは、人気アニメ『クレヨンしんちゃん』から生まれた時代劇で草なぎ剛主演作品の『BALLAD 名もなき恋のうた』、ヒュー・ジャックマン主演の人気シリーズ『X-MAN』からのスピンオフ『ウルヴァリン:X-MEN ZERO(原題:X-MEN ORIGINS:WOLVERINE)』、デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの競演が話題のリメイク作『サブウェイ123 激突(原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3)』、ミーシャ・バートンが怪演をみせるサイコ・スリラー『ウォッチャーズ(原題:HOMECOMING)』、ハリソン・フォード主演のアメリカが抱える移民問題を描いた社会派ドラマ『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(原題:CROSSING OVER)』、以上の5作品でした。

 どの作品が1位になるのかは判っていたし実際に当たっていましたが(笑)、個人的には2位にした作品と最下位になった作品のコメントが印象的でした。
 特に2位の作品の感想を語っている時の吾郎ちゃんは熱かったなぁ。この作品はちょっと観てみたいと本気で思いました。最下位の作品も、ゲストの木下優樹菜さんじゃないけど「吾郎さんがここまで言うほどなのか、逆に観てみたくなった」という気分になりました(笑)


 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。


web拍手

1位『BALLAD 名もなき恋のうた』…いろんな愛の物語が散りばめられている。
2位『正義のゆくえ』…フィクションだけどリアルに社会問題を描いて考えさせられる。
3位『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』…エンターテイメント作品として楽しく観られる。
4位『ウォッチャーズ』…ありがちなサイコ・ホラー。行動、展開がワンパターン。
5位『サブウェイ123 激突』…期待していたのに中身が無かった。

 …以上のようなランキングになり、『BALLAD~』が1位になるのは判りきっていましたが、『サブウェイ123』が最下位というのは意外でした。しかも、物凄い滅多斬り感想でしたからね~。あと、『正義のゆくえ』に対しての感想がイナガキゴロー節炸裂で熱かったんですよ!吾郎ちゃんの一番好みの作品は、もしかしたら『正義のゆくえ』だったんじゃないかな?
 ただ、この『月イチ』のランキングは、飽くまで吾郎ちゃんが慎吾に観て欲しいランキングでもあるからね。

 そんな最下位だった『サブウェイ123 激突』。
 このランキングには慎吾もビックリしていたし、吾郎ちゃんも主演2人といい監督は『トップ・ガン』の人だし…と観る前から期待していたようなんですが、実際に見てみたら開口一番「まぁ、酷い映画でしたね」とバッサリ(笑)。ありがちな展開で頭脳戦でもドラマ性もないと滅多斬り。あれ?この作品の売りって「交渉人と犯人の頭脳戦い」じゃなかったっけ?
 前田アナと一緒に「これ、地下鉄じゃなくてバスだったら…」とか、「人質のドラマも見せて欲しかった」と改善点を挙げまくっていまして、私が想像していた内容とはだいぶ違うようです。

 4位の『ウォッチャーズ』も5位の作品と同レベル(笑)
 ありがちな展開に手ぬるい監禁方法など、ダメぶりを挙げてバッサリ斬り捨てていました。吾郎ちゃんも言っていたけど、つまらないホラーやサスペンス映画って、「どうして、そんな捕まりやすい所に逃げるの?」とか、「どうして、そんな逃げ易い場所に閉じ込めるの?」とかツッコミ入れたくなるよね。
 でも、この作品の良い所としてデヴィット・ボウイの曲を使っていたと語り出し、思いっきり編集で早送りされていた吾郎ちゃん最高でしたっ♪

 3位の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』から普通の感想になりまして(笑)
 「とても観やすいエンターテイメント作品」とコメントしていました。アメコミ作品が好きじゃない吾郎ちゃんとしては、なかなかの高評価だったのでは?
 それよりも、『X-MAN』シリーズのファンだという前田アナが急に熱く語り出し、吾郎ちゃんが退くくらい暴走していて可笑しかったです。もともと吾郎ちゃんにとっては興味のないシリーズだから、絡むこともフォローすることも出来ず、ただ聞き流しながら適当に相槌打っていた吾郎ちゃんは大人だったというか、お兄さんぽいかったわ。

 2位の『正義のゆくえ』はかなりの高評価。この5作品の中で吾郎ちゃんが一番熱く語っていましたね。
 現代のアメリカが抱える移民問題を扱った作品なんですが、「ノンフィクションじゃなくても、ここまで作り込めれば社会派作品として通じる」みたいなことを言っていたのが印象的でした。なんでもかんでもノンフィクション作品で作れば真面目だってことじゃなくて、作り物でもここまで訴えることも出来るし、観る側も考えさせれる…みたいな、物凄く語っていましたね。一言一言丁寧に言葉を選んで熱く語る吾郎ちゃんて大好物です♪
 私はこの作品そのものを知らなかったので、セレクトしてくれた慎吾にも感謝ですね。この作品はちょっと観てみたいかも。

 1位は予想通りの『BALLAD』。
 別に剛が主演しているからではなく、アニメの『クレヨンしんちゃん』でこの話って泣けて良かったし、それを監督と出演者が情熱を懸けて撮ってくれたのなら、素敵な作品に仕上げてくれるでしょう。
 吾郎ちゃんが「剛もこんな面があるんだ。いつも一緒に居る時には見せない顔があった」と評していたのも良かったんだけど、「今の時代と違って、自分の気持ちを上手く伝える道具が無かった分、それぞれの想いをとても大切にしていたんだと思うし、そういう愛情が描かれていて良かった」とコメントしていたのが印象的でした。


 吾郎ちゃんの好き・嫌いがハッキリと出た今回のランキングに慎吾は完敗だったようで、「今回も吾郎ちゃんは最初からバッサリ斬っていたけど…もう100点満点です」と断言し、吾郎ちゃんのランキングを変えませんでした。
 本当は最下位と4位を変えたかったらしいけど、ゲストの優樹菜さんと同様に「あそこまでコメントされると、そこまで悪いのか?」と確認したくなるとのこと。そういう意味では、『月イチゴロー』て最下位でもオイシイ感じのするランキングなんだよね(笑)


テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/153-efc94974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ