ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/10/03 Sat 01:20
CATEGORY【sports】
 2016年に東京オリンピック開催は実現しませんでした。

 既に開催地は決まっているようですが、決められた時刻にならないと発表されないそうです。マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)で最終的に争われていましたが、個人的にはリオデジャネイロかな?なんて思っていますが…明日起きれば判っているんですけどね。

 五輪開催を夢見ていた人には申し訳ないですが、私は都民だけど東京五輪誘致そのものに好印象がありませんでした。
 率直な意見を言わせてもらえば、ここ数年はオリンピック誘致ばかりに躍起なって、山積みになっている都の問題を蔑ろにしている感が否めない都知事に対して不信感がありました。医療問題とか、金融問題とか、どう対策案を出してくれるのさ?
 本来、知事としてやるべきことを果たしていない人間に賛同する気にはなれないのよね…。他にどんな素晴らしい方々が誘致しよう!と活動していても、五輪誘致に関心すら持てなかった。

 それに今年に入ってから、街とかでは「2016年のオリンピックを東京で!」という旗とか広告が目立っていたけど、オリンピック誘致を話題にしている一般都民ていたのかしら?ってくらい、街中では話題に上がっていなかった。私の周囲でも話題に上がったことがなかったしね。
 残念ながら、東京への五輪誘致はスポーツを愛する人達をはじめ、一部の人達しか盛り上がっていなかったのだよ。

 北京五輪を例にとっても、五輪を開催したことで中国の経済は発展していると言えるのかもしれないけど、潤っているのは一部の富裕層のみでしょ?どんどん格差が広がっているだけで、国民全体の生活が向上したと断言はできないはず。

 そういう現実を見ちゃうと、「五輪開催で景気回復の起爆剤」という考えはとても安易過ぎると思ってしまうし、そういう考えに至った都民が多かったということじゃないの?

 もちろん、日本のスポーツの発展と向上が目的であって、「景気問題が誘致の全てではない!」と言われてしまえばそれまでだけど、誘致を訴える人達に信頼を多くの都民は置けなかったということでしょう。そこを選考で見抜かれてしまったとか?
 私だって信頼出来る人が発起人なってくれていれば、東京五輪は賛成しましたよ。もっと日本でスポーツが文化として定着して欲しいしね。

 ま、都民なのに五輪誘致に関心すら持たなかったから(反対もしていない中途半端人間)、誘致費用に掛かった分の税金負担は目を瞑るしかないけどね(笑)。そこは文句言えません。

 次回も東京はチャレンジするとのことなので、その頃には自分も違う気持ちになれていると良いな。


 【拍手ボタンについて
 話題がコロッと変わりますが、「拍手ボタン」を押して後に表示される「お礼画像」がALFEE関連のネタ2枚、SMAP(吾郎ちゃん)関連のネタ3枚の計5パターンに定着しました。この5パターンがランダムで表示されます。
 月イチで画像は季節ネタだけ変える予定。そんな一気には変えられないので(笑)、その辺はご了承下さいませ。



 以下、「ブログ拍手」のレスになります。




web拍手
さんごsan
全部見られたんですか!
あ、でも、さんごsanが見られた後に2パターン追加しちゃいました(笑)
1ヵ月は変わらないので気が向いた時にでもどうぞっ。

そして、リクエストありがとうございます。
目撃情報もありがとうございました。
…えーと、あんな殿しか描けないんですけど、良いですか?


柊san
吾郎ちゃんネタを気に入って頂けてありがとうございます。
殿はホントに思い付きで描いたんですが、予想外に人気です(笑)
次回も登場するかも…?


あられ☆san
ALFEEのベルリン公演のレポを読んで下さってありがとうございます。
あのレポは帰国した翌日か翌々日にはアップしちゃったんですよね。
それぐらいハイテンションでした。
その当時の雰囲気を感じて下さってすごく嬉しいです。


テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/162-110ff136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ