ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
役者・森繁久彌 
2009/11/10 Tue 23:26
 俳優の森繁久彌さんが永眠されました。

 大衆芸能の分野で初めて文化勲章を受章した方でしたが、本当に芸能界に様々な功績を残して下さって、本物の素晴らしい芸能人だったと思います。

 私は11歳の時に森繁久彌さん主演のミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』を観劇して、子供ながらに物凄く衝撃&感動を受けました。多分、このミュージカルを観たことで「エンターテイメント」というジャンルに興味を持ち、今のようなミーハー人生を送っていると言っても過言じゃないですね。
 この森繁さんのミュージカルと出会ってなければ、今の自分は無かったんじゃないのかな。

 音楽でも映画でも、どこか楽しく盛り上がるんだけど陰がある…というのが私の好みなんですが、基はこの『屋根の上のヴァイオリン弾き』からきているというか、このミュージカルの影響を多大に受けています。

 森繁さんが「これが最後のテヴィエだ!」と宣言した最後の『屋根の上のヴァイオリン弾き』の千秋楽なんて、担任の先生に許可を貰って早退して観に行ったほど。今思えば、早退を許可して貰って本当に感謝だよなぁ。

 森繁版『屋根の上のヴァイオリン弾き』は、当時NHKで1回テレビ放送されただけで映像ソフトとして残っていないだけに、BSでもいいから放送してくれないだろうか…。もう一度、観たいな。

 ミュージカルの他にも、あの有名な「社長シリーズ」はテレビやDVDで見て大笑いしたし、時代劇では、特に日本テレビが昔「紅白歌合戦」に対抗して大型時代劇を放送していたんだけど、そのシリーズに森繁さんはよく出演されていて、特に『忠臣蔵』や『白虎隊』、あと『五稜郭』の演技が印象に残っています。
 CD絵本では『葉っぱのフレディ』の語りもあったし、歌では名曲『知床旅情』があり、チャリティーも多方面で精力的に活動されていた。

 体調不良を耳にする度に、「出来るだけ長く芸能界に存在していて欲しい。ただ存在しているだけでいい」と思っていただけに、この訃報は大往生とはいえショックでした。

 でも、最後の最期まで精一杯生きて下さったんですよね。

 心よりご冥福をお祈りいたします。



web拍手

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/174-1e81da17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ