ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/12/13 Sun 16:06
カールじいさんの空飛ぶ家 久しぶりに映画館に行って来ました。
 観たのはディズニー/ピクサーの3Dデジタルアニメ『カールじいさんの空飛ぶ家(英題:UP)』、せっかくだからと3D版の方をセレクト。吹替え版だったのか少し残念なところだったけどね…

 主人公のカールは一つの家で最愛の妻エリーと出会い、その家で二人一緒に様々な経験と夢を過ごしていく。そして年月は流れ、エリーが天国へ旅立ってしまう。
 一人家に残されたカールは78歳の頑固じいさんになり、この年齢ではエリーと一緒に夢見ていた「いつか世界中を旅する」ことも叶えられないと思っていたが、ある事件が起きてカールはこの家から離れることになった。妻との思い出の家から離れるくらいなら…と、カールは一大決心をする。

 …という内容で、物語の序盤はカールじいさんの回想、中盤以降からカールじいさんの冒険物語となっていきます。

『カールじいさんの空飛ぶ家』画像1 トレイラーを初めて観た時から、「これ、ヤバイかも…」と予想した通り、冒頭のカールじいさんの回想シーンが絶品っ!いきなり涙腺にきてしまいましたね。お涙頂戴的な演出でない分、静かに胸にジーンと響いてくるのです。

 特に2人が出会ってからの流れは無声映画風で一気に展開していくのですが、、その場面がどれも素晴らしいんですよ。この回想シーンだけでも一つの映画作品になると思うというか、私はこの作品の中では冒頭の回想シーンが一番印象に残りましたし、「静」の回想シーンがあるからこそ中盤からの「動」の展開に躍動感を覚えるんでしょうね。
 この演出は前作『WALL・E』と共通していますね。そういえば、『WALL・E』も前半のシーンの方が好きだったもんなぁ。

『カールじいさんの空飛ぶ家』画像2 カールじいさんが家に数え切れないほどの風船を付けて飛んで念願の冒険に出発するシーンから、物語は冒険ファンタジーへと変わっていきまして、ここからはお子様も楽しめるディズニー作品になっています。
 あと、3D映像で観ると色鮮やかな無数の風船が飛び立つシーンが圧巻。この映像だけでもワクワクしちゃいます。

 ヒョンなことから謎の少年と一緒に空飛ぶ家で冒険に行くことになったカールじいさん、アニメとはいえ前半とはガラリと雰囲気が変わって強引な展開のような気がしますが(笑)、愉快なキャラクターが次々と登場してくるのはきび団子無しの『桃太郎』のような感じで可笑しかったです。

『カールじいさんの空飛ぶ家』画像3 作品全体としては、前半の素晴らしい回想シーンとリアルな人間関係が描かれていた分、中盤から一気にファンタジー要素が強まった展開には少し違和感を覚えましたが、ディズニー作品らしい後味の良さが残り、鑑賞後はホッコリするような心温まる気持ちになりました。

 ディズニー/ピクサーのアニメの中で初めて人間が主人公になった作品でしたが、カールが苦虫を潰したようなイカツイ頑固じいさんだからこそ、あの冒頭の回想シーンの素晴らしさが際立ち、ちょっとした感情の変化にジーンときたり、クスッと笑ってしまったり出来たんじゃないかと思います。この作品を鑑賞した後は、カールの四角い顎ですら可愛らしく見えてしまいますよ(笑)


風船で家が飛ぶか?なんてツッコミは無用!とにかく一緒にUP♪→★★★★


『カールじいさんの空飛ぶ家』in TDL 【おまけ】
←この画像は映画のシーンではなく、東京ディズニーランドの某所に設置されている『カールじいさんの空飛ぶ家』のモニュメントです。
 このモニュメントを撮影した時は映画を観る前だったから(映画公開前だったし)、「何でこんな所にモニュメントを置いているの?」とフィギアがこんな風に飾られていた意味が解りませんでしたが、映画を観た後に改めて見ると、作品の世界観が上手く表現されているんだな~と感じました。

晴れときどきくもり あと、このシリーズではお馴染みの短編同時上映作品がありまして、今回は『晴れときどきくもり』という作品。
 生命を創る雲さんとそれを運ぶコウノトリさんのお話で、まるで御伽噺のようなやり取りなんですけど、短い時間で笑わせ…そして妙にジーンとさせられちゃうんですよね~。本編に負けず劣らず、こちらも心温まる可愛らしい作品でした♪
 もう最近は涙腺がめっきり弱くなっているので、本編を観る前からこの作品で少しウルウルしちゃっていましたよ。


 話は変わりますが…
 3D作品ということで、本作の前に同じ3D作品『アバター』の3D映像が流れまして、3Dを際立たせる躍動感あふれるシーンだっただけに少し目が酔いそうになりました(笑)。だから「『カールじいさん~』も目が酔うのかな~?」と観る前に少し不安になったんですが、本作ではそんな感覚は無くて良かった。まぁ、それだけ『カールじいさん~』は3Dでも2Dでも大差がないのかもしれない。
 私は『アバター』を字幕の3D映像では絶対に観ません!←宣伝逆効果(笑)


web拍手

テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
お、TDLにもうこんなスポットがあるのですか。
もうずいぶん行ってないですが、色々新しい物が増えていそうですね。
映画の印象が薄れないうちに見たら感動するかな。
2009/12/13(日) 19:35:18
URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集 ]
コメント&TBありがとうございました
ななんぼさん、こんにちは。
私が一番印象的だったのは、たくさんの風船が空に昇っていくシーンです。
素晴らしい映画でしたね。。ピクサー最高です。
2009/12/13(日) 21:22:08
URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集 ]
コメントありがとうございました
トラバの件、ご迷惑をお掛けしました。
どうもFC2はTypePadと相性が良くない時がありまして。
私は王冠のバッヂに込められた想いと、その授与のエピソードが一番好き。
しかし、いただいたコメントにもお返事させて頂きましたが、色々と封じ込められたかに見える内面が、もしも作為的なものでないとしたら、この作品はとんでもない食わせ物な失敗作と言えるのかも知れません。
ピクサーの次回作がはたして昔のような素直さを取り戻すかどうかでそれを見届けたいと思います。
2009/12/13(日) 23:41:55
URL | よろ川長TOM #SHLDkvn6[ 編集 ]
>ノラネコsan
そうなんですよ。
TDLには、もうカールじいさんが居ます!
あと、ウォーリーも居るんですよっ♪
何気に仕事が早い(笑)
2009/12/14(月) 00:24:32
URL | ななんぼ@管理人 #-[ 編集 ]
>真紅san
たくさんの風船が空に昇っていくシーンも良かったですよね。
あの空と風船のコントラストといい、ワクワク感を煽られました。
非現実的なんですけど、すごく夢を現実化していくような映像でもありましたね。
2009/12/14(月) 00:26:17
URL | ななんぼ@管理人 #-[ 編集 ]
>よろ川長TOMさん
こちらこそ、TBの相性が悪くて申し訳ありませんでした。
こういうことって良くあるんですよね…。

あの「王冠のバッヂ」のエピソードも良かったですよね。
ちょっとした小物に「想い」が込められているところが好きです。
込められた想いと、その授与のエピソードが一番好き。

『WALL・E』の時にも感じましたが、ちょっと内面的な部分で作為的なものを感じました。
大人向けを意識しているのとは少し違いますよね。
擬人化描写は得意だけど、人間を扱うとなるとこうなってしまうのでしょうか?
次回作もいろんな意味で楽しみにしたいと思います。

2009/12/14(月) 00:31:41
URL | ななんぼ@管理人 #-[ 編集 ]
こんばんは!
コメントありがとうございました。
パラダイス・フォールの冒険は、こういう方向へ行ってしまうのか、という感じも受けましたが、最後まで観て、希望のある、気持ちのいい映画でしたね。
字幕3Dの『アバター』に、私は、挑戦してみます。
2009/12/14(月) 00:34:38
URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集 ]
>kinoさん
ディズニー・ピクサーらしい希望あるまとめ方でしたよね。
ちょっと小奇麗過ぎだな~と、思ってしまった私は汚れた大人です(笑)

> 字幕3Dの『アバター』に、私は、挑戦してみます。

おっ!チャレンジャーですね。私はお試し映像でヘロヘロでした(笑)

2009/12/14(月) 22:10:15
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
こんばんは★
TB&コメントありがとうございました♪

へ~え、TDLにウォーリーもカールじいさんも居るんですね。流石ディズニー仕事が早いですね!
2009/12/15(火) 23:55:45
URL | dai #/02qLiNA[ 編集 ]
>daiさん
ウォーリー(実はイヴも居た♪)があっただけでもビックリしたのに、
カールじいさんまで居るのには本当に驚きでした。
さすがディズニー、イイ仕事してます(笑)

2009/12/16(水) 19:41:42
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/187-7eb5631c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
2009/12/13(日) 16:15:29 | Akira's VOICE
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
2009/12/13(日) 16:16:48 | yanajunのイラスト・まんが道
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
2009/12/13(日) 16:24:30 | 佐藤秀の徒然幻視録
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。
2009/12/13(日) 16:36:06 | みはいる・BのB
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
2009/12/13(日) 16:37:40 | シネマDVD・映画情報館
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました~!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
2009/12/13(日) 16:41:34 | 日々“是”精進!
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
2009/12/13(日) 16:43:10 | 映画のブログ
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター、?...
2009/12/13(日) 16:44:41 | kuemama。の<ウェブリブログのへや>
『カールじいさんの空飛ぶ家』 UP 2009年・アメリカ ディズニー×ピクサーのお爺ちゃんアドベンチャー・アニメ。 2Dの字幕版を鑑賞。  予...
2009/12/13(日) 17:01:00 | 猫の毛玉 映画館
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
2009/12/13(日) 17:02:57 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミング...
2009/12/13(日) 17:03:38 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
吹き替え、3D版。 さすがのピクサー、一分の隙もありません。 中身に何の文句もありません。 ただロビーで3D版ならではの悲劇を見かけました。 頭が大きくて3Dメガネが入らないとモギリの女の子にすごい文句いうてる人がいて、どんな頭やねんと思ったら、大学柔道部無差?...
2009/12/13(日) 17:38:39 | inuneko
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
2009/12/13(日) 17:42:18 | 映画鑑賞★日記・・・
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老人
2009/12/13(日) 17:50:36 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
    少女エリーにもヤラれてしまい、  序盤のツカミはOK!    『カールじいさんの空飛ぶ家』  これが想像以上に、  面白かったんです^^冒険家のチャールズ・マンツに憧れる少年。。。それがカールじいさんだったのね~!そしてあの猛烈にプッシュプッシュし
2009/12/13(日) 17:57:44 | 美容師は見た…
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
2009/12/13(日) 18:22:11 | 古今東西座
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
2009/12/13(日) 18:24:10 | ダイターンクラッシュ!!
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
2009/12/13(日) 19:13:38 | ノラネコの呑んで観るシネマ
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
2009/12/13(日) 20:15:55 | SOARのパストラーレ♪
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
2009/12/13(日) 21:18:25 | 真紅のthinkingdays
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009
2009/12/13(日) 21:31:38 | Blossom
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
2009/12/13(日) 21:38:13 | カノンな日々
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
2009/12/13(日) 22:15:51 | 悠雅的生活
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
2009/12/13(日) 23:18:27 | 新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
2009/12/13(日) 23:18:55 | 新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
映画『カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版』を本日観て来た。 採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 一言でいえば、"期待を裏切らない人間が主人公のピクサーアニメ"とでも言おうか。 前の記事『映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採?...
2009/12/13(日) 23:43:45 | ディレクターの目線blog
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
2009/12/13(日) 23:59:37 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
「パラダイスの滝よ。伝説の場所って言われてるんだ…… あなたが飛行船で連れてって。ぜったい約束ね。」 解説:『モンスターズ・イン...
2009/12/14(月) 00:23:07 | 映画通信みるみる
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。
2009/12/14(月) 00:23:20 | 未完の映画評
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたらそれ
2009/12/14(月) 10:07:46 | 黒猫のうたた寝
「カールじいさんの空飛ぶ家」監督:ピート・ドクター(『ウォーリー』『モンスターズ・インク』)声の出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン概...
2009/12/14(月) 11:43:09 | マー坊君の映画ぶろぐ
ディズニー・ピクサー初の3D映画らしいですが、3D映画ってあまり得意じゃないので、2Dで観ました~♪巷の3Dでの悪評を聞いて、2D...
2009/12/14(月) 21:14:51 | 悠久の華美
大人が観るべき映画。親の離婚で居場所を失った子供。子供は納得出来ずに元の家に行ってみると、子供の部屋だった場所は新しい奥さんの連れ子に占領されていた。父親は新しい奥さんにベタ惚れだ。邪険に子供は追い払われた(というのは実話だが、同じような境遇の子供が出...
2009/12/14(月) 22:44:09 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建設さ..
2009/12/14(月) 23:40:41 | だらだら無気力ブログ
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
2009/12/14(月) 23:56:18 | masalaの辛口映画館
PIXAR(ピクサー)が制作しDISNEY(ディズニー)が配給したコンピューター・アニメーション・アドヴェンチャー映画『UP』(アップ)は、2009年のカンヌ映画祭で、初のアニメーション映画としてプレミアを飾った。プレビューを映画館で観てから、私達は、子供みたいに...
2009/12/15(火) 03:10:40 | 犬連れ国際結婚
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
2009/12/15(火) 21:56:06 | 首都クロム
どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、...
2009/12/15(火) 23:50:23 | Memoirs_of_dai
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して風船...
2009/12/16(水) 21:50:57 | 5125年映画の旅
ディズニー&ピクサーの冒険アニメです。原題は『UP』。邦題は見た目そのまんまですが、原題よりわかりやすい。鑑賞したのは2D字幕版です。109シネマズのポイントで、エグゼクティブシートで観ました。冒険家チャールズ・マンツに憧れるカールとエリーは1軒のあばら...
2009/12/16(水) 22:35:31 | がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記
「カールじいさんの空飛ぶ家」★★★★オススメ ディズニー/ピクサー製作 ピート・ドクター監督、103分 、公開日:2009-12-5、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                     ...
2009/12/17(木) 07:48:53 | soramove
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
2009/12/17(木) 13:51:18 | C'est joli~ここちいい毎日を~
「カールじいさんの空飛ぶ家」 、観ました。 思い出の家に暮らすカール老人に窮地が訪れたとき、閉じられた本を開いた瞬間に、全てが解...
2009/12/18(金) 10:00:14 | クマの巣
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
2009/12/18(金) 19:43:53 | シネマ親父の“日々是妄言”
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出?...
2009/12/20(日) 06:24:51 | 映画君の毎日
12月末まで有効の東京テアトル鑑賞券を2枚持ってるんだけど、せっかく昼間の試写会で新橋まで出てきたから、ちょっと足をのばしてキネカ大森で一気に2本観ることにしました初めて入る映画館だけど、駅からほど近いし、小さいながらも3劇場あるので、ちょっとしたシネ...
2009/12/21(月) 00:24:35 | 流れ流れて八丈島
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
2009/12/22(火) 14:46:18 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆...
2009/12/23(水) 11:57:38 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
2009/12/28(月) 08:22:20 | 映画的・絵画的・音楽的
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
2009/12/28(月) 10:59:35 | 美味-BIMI-
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...
2009/12/29(火) 20:43:49 | デコ親父はいつも減量中
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー... 「愛...
2009/12/31(木) 01:49:07 | ひめの映画おぼえがき
★★★★★ 爺の帰還 妻が死んでから家に閉じこもって、心も閉ざしてしまったじいさん。 過去の出来事や思い出に囚われて、ただの偏...
2010/01/04(月) 23:19:30 | スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。
2010/01/12(火) 01:32:31 | よしなしごと
『カールじいさんの空飛ぶ家』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
2010/01/14(木) 23:33:11 | 日々緩々。
一昨年末見た「WALL・E/ウォーリー」に続くピクサー作品、今回3D字幕版で見ました。監督は「WALL・E・・」脚本担当だったピート・ドクター、共同監督が犬のダグ・アルファ役声優もしたボブ・ピーターソン、主人公カール、共に旅するラッセル少年の声優はエド・アズナー、...
2010/01/17(日) 15:58:28 | Something Impressive(KYOKO?)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
2010/03/17(水) 00:02:52 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
アニメは日本が一番と思っているので 海外のアニメはつい敬遠してしまうのですが、 この作品は評判がいいですね。 と思ったら、ピクサーですか。 なるほど、 観てみましょう。(^^) いろいろ鑑賞方法(?)があるのですが、 今回は2D、字幕で観ました。 冒険...
2010/06/15(火) 00:05:35 | 映画、言いたい放題!
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
2011/02/02(水) 23:25:48 | RISING STEEL

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ