ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
九州縦断 
2008/08/14 Thu 22:19
CATEGORY【travel】
 12日から今日までお盆休みを取って九州地方に行って来ました。しかもその短期間で、九州の最南端である鹿児島の更に南端になる志布志と、北端になる福岡の両方に行くムチャぶりです。

 実は5月に福岡在住の祖母の妹さんが他界され、その時はどうしても行くことが出来なかったので、「新盆だし、今回は何が何でも行こう!」とかなり強行スケジュールを立てて福岡行きを決意。同時期に、鹿児島の志布志に住む祖母が幼少時代から仲の良かった知人が体調を崩されてしまい、「葬式に来てくれたってちっとも嬉しくないから、私が生きているうちに会いに来て!」と懇願され、そこまで言われて行かないほど非情な人間にはなれず、「えーいっ!同じ九州地方なんだ!鹿児島にも行くぞー!」と、2泊3日の九州縦断計画を決行することにしました。もうね、分刻みの超ハードスケジュールでしたよ。

志布志の海 でも、志布志の知人は涙ながらに再会を喜んでくれて、あそこまで歓迎されると、「かなりの強行スケジュールだけど来て良かった」と心から思いましたもん。むしろ、別れ際が後ろ髪引かれる気分になってしまい、またいつか…計画をしっかり立てて来たいなぁ~って思いましたね。祖母は6年前に他界しているんだけど、こいういう人と人との繋がりも祖母の残してくれた大切な財産の一つなので、これからも守って行きたいです。
 志布志では大隈半島に「大黒リゾートホテル」という素晴らしいホテルがあってそこに宿泊。都心などでは考えなれないほどのリーズナブルなんですが、客室から志布志湾を一望できるのですよ♪海の美しさはもちろんのこと、もう夕陽が綺麗で感激しました。しかも、夜は真っ暗にいなって人工的な光が一切無く、月の光で海面が反射して水平線が輝いて見えるという幻想的な景色まで堪能することができました。夕飯もね、専用のテラスに出て、月明かりに照らされ潮騒を聴きながら、素晴らしい海の幸料理を堪能できて、「飛行機に乗って1時間50分、それから路線バスに揺られて2時間半……それだけの時間を掛けてくる場所だよな~」としみじみ感じました。

桜島2008 その翌日はホテルの人に志布志港まで送ってもらって、そこから鹿児島中央駅まで直通で行く路線バスの乗り換えて鹿児島市街へ向かいました。走行中に本格的な大噴火が噂されている桜島もしっかり見ることができて、この辺までは半分旅行気分で良かったんですが、さすがお盆ということもあって渋滞に巻き込まれてしまい、鹿児島中央駅から九州新幹線で博多まで出る予定の私達は大焦りっ!時間には余裕を持っていたつもりだったんですが、予想を超えるほど時間が押してしまったので、既に指定券を購入している新幹線に乗れるか?ってハラハラしまくりでしたね。
 お陰で、鹿児島中央駅で時間の余裕もあるしお土産とか見ようと思っていましたが全てパァ。とにかく終点に着くなり荷物抱えてダッシュ!鹿児島中央駅は比較的新しい駅なので、創りも斬新だから「どこが駅なんだよっ!?」と半分キレながらダッシュ(笑)。まぁ、ギリギリ間に合いましたけどね。

つばめ号 そして「つばめ号」という九州新幹線(白い列車)に乗り、新八代という駅で「リレーつばめ号」という列車(グレーの列車)に乗り換えて博多駅まで向かいました。この日は、志布志→鹿児島市街のバス移動に3時間近く掛かり、この鹿児島→博多の九州新幹線にも乗り換えを合わせると2時間半以上乗っていましたからね。まさに九州縦断は大移動でしたよ。でも、鹿児島→博多は九州新幹線も通っているので近いんだな~って感じましたね。列車もかなりデザインがカッコ良かったですよ。グレーの他にブルーやグリーンもあって、その色によって行先が違うみたいです。

 博多駅に着いてからは親戚が迎えに来てくれたので楽チンでしたね。福岡に行った時は何かとお世話になっている親戚なんですけど、もう短い間に至れり尽くせりで申し訳ないくらい。特に今回は、祖母の妹さんのお参りだったにも関わらず、すっごく寛がせて頂きました。しかし、この日が亡くなった祖母の妹さんの誕生日でもあったりして、なんか妙な縁を感じましたね。

 そして、今日の夕方に羽田空港へ戻って来たわけですが、強行スケジュールで特に移動が大変で土産を買う暇もないくらいでしたが(まぁ、今回は遊びで行ったわけじゃないから土産を買う義理はないかもしれないけど、休みは取っていることは変わりないし…)、会いたかった方々と再会できて語り合えたりすると、そういう大変さも吹っ飛んじゃうもんなんですよね。やっぱり、無理しても行けそうな時は行っておくものなんだなって、今回の旅行で痛感しました。
web拍手

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/20-13aed0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ