ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/06/05 Sat 01:53
 4日は今年で芸能生活50周年を迎えた加山雄三さんの日本武道館のコンサートに行って来ました。

若大将50年! 武道館前の看板には、「若大将50年!」という文字が大きく飾られておりまして、「若大将=加山雄三」の定着ぶりを痛感しました。

 今年で73歳を迎えた加山雄三さんは、芸能生活50年という節目を迎えた記念に25年ぶりに武道館コンサートを開催。しかも「これが最後の武道館でのコンサート」と公言しており、スペシャルゲストにザ・ヤンチャーズ(森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEE)が全員出演するというこで、「これは生で観るしかないでしょっ♪」と行っちゃったわけでございます。

 しかし、加山雄三さんて私が生まれる前から大活躍されている方でありながら、今もバリバリ現役でステージに立ち続けているって凄いっ。しかも、いくら芸能人とはいえ73歳には見えない若々しさっ!今回のコンサートだって、途中20分間に休憩が入るとはいえ、満員御礼の観客の前で3時間のコンサート歌い続けたんですからね。とんでもなく好奇心旺盛で多趣味で、何より「生涯現役」という精神が若さの秘訣なのでしょうか。

 初めて加山さんのコンサートに参加しましたけど、聴き馴染みのある曲が多かったし、MCも面白かったし、ザ・ヤンチャーズは期待通りでしたし、本当に心から楽しめました♪


 以下、コンサート内容のネタバレ(THE ALFEE寄り/笑)の感想になります。
(「WEB拍手のコメントのレスは次回させて頂きます。ごめんなさいっ!)


web拍手
 1部は加山雄三さんの往年のヒット曲を当時の映像と共に振り返る内容で、2部の途中からスペシャルゲストとしてザ・ヤンチャーズが一組ずつ登場。

 まずトップバッターには、平均年齢55.7歳で今年デビュー36周年なのに一番下っ端になる(笑)THE ALFEEが登場。
 幸ちゃんと桜井さんは今年の春TOURの本編の衣装で、高見沢さんもアンコールに着ることがあるピンクラメのドレススーツに黒のフリルシャツ姿、髪型は巻き髪で噴水ヘアはなくて良かったわ(笑)。まぁ、ファンとしては良く見る3人の姿ですけど、ド派手なピンクラメのスーツの高見沢さんがステージ登場した時には、客席からどよめきが起きていました(笑)

 加山さんは「TOUR中なのにありがとう!」とお礼を言い、先日のNHKホールのコンサートを加山さんが観に行った話になりまして、「もう凄いんだよっ!客席の腕の振り上げが!3300人が一斉に揃って腕振り上げていて、よく調教してるよね~(笑)」と興奮気味に語っていました。しかも、「ホントは俺も(腕振り上げ)やりたかったんだけど、俺があの席でやるのも変だから、遠慮がちに手拍子してました」と言った加山さんがツボ。

 ALFEEの3人はそれぞれ加山さんが50周年を迎えたことのお祝いを述べ、幸ちゃんが「特定天然記念物として、これからも僕らの目標であって下さい」みたいなことを言っていてウケました。

 そして、ALFEEに加山さんに武道館といえば、11年前のALFEEの武道館コンサートで加山さんの物真似をしていた桜井さんにドッキリで本物の加山さんを突然登場してもらうというサプライズがありまして(1999年12/22のアルコン・レポを参照)、その当時のエピソードを「桜井くん一人を騙すために、他のメンバーやスタッフが綿密に仕組んだんだよ。あれは本当に楽しかった!」と嬉々として加山さんが語り、「俺、ホントにあの時は何にも知らされてなくて、腰砕けになりましたもん」と桜井さんが訴えて面白かったです。
 あのドッキリ作戦はリハーサルもしっかりやっていたそうで、加山さんから「あの時、桜井くんは何処にいたの?」と素朴な疑問をぶつけられて、「事務所で髪を切ってました」と応えた桜井さが妙に可笑しかったな。本当に桜井さんは事務所ぐるみで騙されていたのね(笑)

 加山さんとALFEEの出会いは'87年頃の『ミュージックフェア』での共演だそうで、そこで高見沢さんが加山さんの曲をアレンジしたのがお付き合いの始まりなんだとか。ちなみに、高見沢さんは一日スタジオに籠もって、ほぼ徹夜でアレンジを考えたそうです。
 そして、その高見沢さんがアレンジした曲である『夜空の星』を一緒に演奏することになったんですが、加山さんが「俺が14歳の時に作った曲を、59年後に…しかもTHE ALFEEと一緒に演奏出来るだなんて本当に嬉しい。これは、曲が良かったのかな?アレンジが良かったのかな?」と嬉しそうに言って、幸ちゃんが「両方ってことにしましょう(笑)」ってオチつけたのがさすが。

 ALFEEのサポートメンバーでもあるドラムの太郎さんとキーボードのただすけさんも加わり、バリバリのTHE ALFEEサウンドで『夜空の星』が演奏されてカッコ良かったです♪高見沢さんなんて、ガンガンにギター掻き鳴らすわ、気合いの早弾きも披露していましたよ。

 演奏終了後、3人は一人ずつ加山さんと握手を交わしてステージを去って行ったんですが(高見沢さんが握手をし忘れそうになっていたのは、相変わらずのタカミー・クオリティかしら?)、3人がステージを去った後も、「凄い迫力だよね~。ギターもカッコ良かったでしょ!俺もね、前にエンジェルギターを貰ったんだけど、あんなに速く弾けないからなぁ…。今も横で弾いているの見て、やっぱり上手いな~…って、俺はあそこまでは無理だよなぁ。もう、俺、ギター辞めちゃおうかなぁ…」と、高見沢さんの早弾きを絶賛した加山さんでした。

 その後、森山良子さん、谷村新司さん、南こうせつさん、さだまささしさんが登場して、歌はもちろんですが、トークも面白くて(さださんの時は南こうせつさんがちょっと乱入する一幕もあったり/笑)、どれも充実したセッションでした。

 そして、全員ステージに再登場してザ・ヤンチャーズが勢揃い。
 「はい、では、みんな制服を着ましょうね」とPVと同じサングラスを着用。ALFEEは最初からサングラスを掛けていたので変化無しなんですが、さださんが一人で怖い雰囲気になっいてウケました。

 ここでもトークが少しあったんですが、なんせこの面子なので油断するとクロストークに(笑)。ただ、ALFEEは一番下っ端になるせいか、自分達のコンサートの時とは違い借りてきた猫のように大人しめにしていたのが印象的。谷村さんにだったかな?「だって、アルフィーが一番若いんだよ?凄くない?」って、ツッコミ入れて来たくらいだったかな。

 『座・ロンリーハーツ親父バンド』が演奏された時は、アリーナ席は全員スタンディングでノリノリになっていましたね。高見沢さんは加山さんに絶賛されたせいか、間奏でもガンガンにギター掻き鳴らしておりましたわ♪


 ザ・ヤンチャーズの出番はこれで終わりかと思ったんですが、アンコールの途中からステージに再登場。「さぁ、もう1曲いきましょう♪」と加山さんに言い、「だってヤンチャーズは1曲しか無いじゃない」と加山さんが返せば、「大丈夫です。さっきのことはみんな忘れてますから(笑)」と、凄い切り返しをするさださん(笑)。そして、「後ろのスクリーンに歌詞が出ますから、みんなも一緒に歌って下さい。覚えている人は歌って、覚えてない人は黙ってて(笑)」と、今度はアリーナ席だけではなくスタンド席も立ち上がって『座・ロンリーハーツ親父バンド』みんなで合唱。
 いや~、正直言ってずっと座っていたのは身体がウズウズしたくて辛かったから、立ち上がってノリノリになれたのは嬉しかったです。しかも、演奏も2回目だったのでヤンチャーズの面々はかなり弾け、高見沢さんのギターソロでは南こうせつさんが高見沢さんの隣にいって、一緒に激しくエアギターのような振りをしていて面白かった♪

 これで終わりかと思いきや、さださんが「じゃ、加山さん、『君といつまでも』を!」と仕切り、「それ、さっき歌ったじゃない」と加山さんが戸惑うと、「さぁ、みんなで50周年を迎えた加山さんの為に歌いましょう!」とさださんが客席を煽って演奏開始、スクリーンに歌詞が出てザ・ヤンチャーズと客席が『君といつまでも』を歌って加山さんを祝福。この展開にさすがの加山も顔を真っ赤にして目がウルウル状態でしたね。最後は全員で加山さんを囲むように集まりながら一緒に歌って大盛り上がり♪凄く温かい空間だったなぁ。

 最後の最後はステージに一人残った加山さんが客席に向かってお礼の挨拶をしてコンサートが終わったんですが、凄く心に響く姿でジーンときました。


 正直言って、好奇心で参加したコンサートだったんですけど、凄く盛り上がって楽しかったし、50年現役で活躍し続ける加山さんの凄い存在感を目の当たりに出来きて、本当に参加して良かった!と大満足です♪

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
私も参加してきました(^^)
場違いにもアリーナ前列だったので
周囲の加山さんファンに圧倒されてました。
ペンライトやマフラータオルを振ったりと
皆様熱く声援を送ってましたね。
タカミーの登場の時は会場がどよめきましたよね??
でも全般的に大人しめの立場?なアルフィーでしたね。

ライブ自体は物凄く楽しかったし加山さんの現役感には
脱帽でした。
あのお姿をみたらアルフィーもあと15年いや20年?
いけちゃいます??
2010/06/05(土) 10:56:45
URL | あられ☆ #-[ 編集 ]
>あられ☆san
コメントありがとうございます。

あられ☆sanも武道館コンサートに参加されていたのですね。
しかも、アリーナ最前とは凄いっ。

> 周囲の加山さんファンに圧倒されてました。
> ペンライトやマフラータオルを振ったりと
> 皆様熱く声援を送ってましたね。

私は2階席の前方だったのですが、アリーナの熱いノリは良く見えました。
アルコンよりも絶対にファンの年齢層は高いのに素晴らしいですよね。
ああいう年の重ね方をしていきたいものです。

あと、高見沢さんがステージに登場した時は、2階席もどよめいてましたよ。
あの派手なスーツは、見慣れない方々はビックリするでしょうね(笑)

しかし、本当に加山さんは年齢を超越していますっ!
ALFEEも負けずにガンガンに突っ走って言って欲しいですよね♪

2010/06/06(日) 22:29:07
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/245-97167731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ