ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/09/15 Wed 01:16
 11日は「Sma STATION !!」で『月イチゴロー』がありました。
 今回は前もって吾郎ちゃんも出演している『十三人の刺客』も入っていることが判っていたので、いつも以上に楽しみにしていましたが、いつも番組の最初に『月イチ』をやるのに後半に持ってきたから、いつもとは違う流れにヤキモキしちゃって番組の内容があまり頭に入らなかった(笑)

 今回の吾郎ちゃんへの御もてなしは豪華で、「鯛の鯛」というお店からの鯛づくしの料理!吾郎ちゃんは鯛の姿焼きはもちろん豪華な器にも興味津々。このお料理、大下アナが「映画にちなんで」と言ってくれるまで、吾郎ちゃんが『十三人の刺客』で演じた役に合わせた料理だったと気付きませんでした。ほほう、スマステスタッフもなかなかニクイ演出をしますな~♪
 しかし、相変わらずグルメ番組のようにフツーに美味しそうに食べている二人が微笑ましかった。

 慎吾が9月に劇場公開される作品からチラシだけ見て選んだのは、1963年に公開された工藤栄一監督の時代劇を三池崇史監督がリメイクした『十三人の刺客』、人気シリーズの映画化第3弾で3Dでも上映される『THE LAST MESSAGE 海猿』、人気少女コミックの実写映画化『君に届け』、韓国映画のパニック大作『TSUNAMI-ツナミ-(英題:HAEUNDE)』、ロバート・デ・ニーロ主演でハリウッド界の内情を描いた風刺映画『トラブル・イン・ハリウッド(英題:WHAT JUST HAPPENED)』…以上の5作品でした。

 なんと言っても、今回は『十三人の刺客』!
 丁度、この放送の翌日に『ヴェネチア国際映画祭』の受賞式があったんだよね。惜しくも『十三人の刺客』は無冠に終わってしまったけど、観客及び地元メディアにはかなり評判が高かったし、ヴェネチアで上映されただけでも本当に良かったと思います。
 吾郎ちゃんもヴェネチア国際映画祭の話題を出して、「僕もヴェネチアに行きたかったんだけど…」と残念がっていまして、私が大富豪だったらポケットマネーで行かせてあげたかった!と思いましたわよ(涙)。今はね、映画界もかなり厳しいもんね…。

 大下アナが吾郎ちゃんに『十三人の刺客』を観た感想を話していたけど、作品に出演していた人に直接感想を伝えられるって凄く羨ましいなって思ったし、それを嬉しそうに聞いていた吾郎ちゃんもなんか良かった。

 あと、ゲストの妻夫木さんが「『十三人の刺客』は観たいですよ。できることなら、自分もこの十三人の中に入りたい!殺陣もやりますから!馬も乗りますから!…て」と熱く語って、慎吾も「あの刺客の中に入りたいですよね!」と盛り上がっていたのが嬉しかったし面白かった。やっぱり、ああいう男臭いチャンバラ時代劇は若い役者さんでも出演したいんだね。
 興行成績云々の前には、日本の映画界の伝統というか歴史を引き継いでいく為にも、コンスタントにこういう本格的なチャンバラ時代劇は撮っていって欲しいな。演じられる役者さんや教えられる指導者が居なくなってしまうことだけは、絶対に回避してなくちゃダメでしょう。

 しかし、今回の『月イチ』は1位は判っていたけど(むしろ1位じゃなかったら怒るぞ!/笑)、他がサッパリ読めなかっただけに興味深いランキングとなりました。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。
 「WEB拍手」のコメントのレスは次回させて頂きます。

web拍手


1位『十三人の刺客』…自分が出演していなくても1位!三池魂に惚れた。
2位『TSUNAMI』…人々が事故に巻き込まれるリアルや、CGも素晴らしい。
3位『君に届け』…意外と大人がグッとくる作品かもしれない。
4位『THE LAST MASSEGE 海猿』…終始「ファイト!一発!」という展開。
5位『トラブル・イン・ハリウッド』…ちっとも内情を描いていない。酷い。

 …という結果になりました。

 5位の『トラブル・イン・ハリウッド』は唯一の洋画でしたが、いきなり「久しぶりに酷い作品でした」と吾郎ちゃんばバッサリ。その冷たい言い方に慎吾も妻夫木さんも揃って「ええ~っ!?」て叫んでましたよ(笑)
 ハリウッドの内情を描いた作品らしいんですけど、吾郎ちゃん曰く「ちっとも描いていない」んだとか。「僕はこの作品のせいで2時間無駄にしたんですよ」とかなりご立腹。「妻夫木くん、観ちゃダメだよ」とまで言っていて、「そこまで言っていいの?」とさすがにハラハラしましたが、「むしろ、どれだけ酷いか観て欲しい!みんなを巻き込みたい。だから観て!」と逆説的なコメントを最後に残しました。

 うーん、ここまで言われると逆に観たくなるね(笑)

 4位の『THE LAST MASSEGE 海猿』は「とにかく男っぽくて、熱~い作品」と別に評価は低いようには感じませんでしたが、「展開が終始『ファイト!一発!』って感じなの」と断言して妙に納得。「目を瞑っていても展開が解る」という王道の展開が、吾郎ちゃんにとっては物足りなかった模様。
 でも、このシリーズはそういう作品だからね。そういう王道が大好きな人も多いし、だからこそシリーズ化されているわけで。

 ただ、吾郎」ちゃんが「どうせ僕は海猿にはなれないし~」とイジケながらワイン飲んでいた姿が可笑しくて、少しばかり嫉妬というか羨ましさもあったんでしょうね(笑)

 3位は『君に届け』で、何がビックリしたかって吾郎ちゃんがこの原作マンガを読んでいたことですね。「三浦春馬くんは原作のイメージ通り、多部未華子さんは原作とはイメージが違うんだけど、むしろ映画ではそこが良かった」とコメントしていました。
 凄く甘酸っぱい青春ラブストーリーのようで、「自分の学生時代もこうだったな~とキュンキュンくる(笑)。むしろ、大人が観た方がグッとくるんじゃないかな」と言っていたのが実に吾郎ちゃんらしかったですね。

 しかも、三浦春馬くんの話題で「そういえば、この間、テレビの再放送で『恋空』を見たんだけど…」と言いたかったのを、「『恋猿』を見た」なんて言い間違えちゃって(笑)、スマステのスタッフが吾郎ちゃんの画像使って『恋猿』のポスター画像を画面に出したのにはバカ受けしましたわっ♪
 吾郎ちゃんは「『海猿』は無理だけど、『恋猿』にはなれるかも」と開き直っておりましたが(笑)

 2位の『TSUNAMI』は久しぶりにセレクトされた韓国映画でしたが、「とにかくリアル。『海猿』は事故現場に助けに行くから登場人物達は起こり得る事態を予測できるんだけど、この作品で巻き込まれた人達は有り得ない事故に巻き込まれたわけで、その中での予測出来ない行動のリアルさが凄かった」と熱く語っていました。しかし、何かと『海猿』の話題が出るのが笑えます。
 大津波のCGシーンも「最近はCG映画は多いけど、その中でも最高レベル」と絶賛でしたね。

 1位はもう当然のことながら『十三人の刺客』。
 自分が出演している作品を絶賛することが照れ臭いらしく「ちょっと前を向いて話せないんですけど…」と言いつつも、「これぞ日本映画の真骨頂!それでいてエンターテイメント性も高い素晴らしい作品」と絶賛し、「自分が出演していなくても観ていたし1位にしていた」と断言していたほどでした。

 そして、今までにな最凶の暴君を演じたことについて、「本当にこんなこと言っちゃっていいの?やっちゃっていいの?じゃ、やっちゃうからね」という開き直りに近かったんだとか。「もうね、このコーナーと一緒です!開き直りです!」と(笑)
 でも、開き直って演じても良いと思えるくらい三池監督の心意気が素晴らしくて、その情熱に引っ張られていったという感じだったんだとか。作品のことはもちろんだけど、三池監督自身の人柄をも絶賛していたのが印象的でした。
 これなら、最高のチームワークで撮影が進んだんでしょうね。良い作品に仕上がるわけです♪

 しかし、吾郎ちゃんは自分の出演作品で絶賛していたにも関わらず、意外にアッサリしたコメントだったな~とも思ったんですが、よくよく考えると一切ネタバレしていないんだよね。その辺は凄いな…と改めて感心してしまいました。


 この吾郎ちゃんのランキングに対して、「吾郎ちゃんのコメントを聞いて『君に届け』のランクを上げたくなった。まさか、ああいうコメントが聞けるとは思わなかった」と、3位の『君に届け』を2位にして、2位の『TSUNAMI』を3位に変えてまして、最近にしては珍しく順位が変動しましたね

 でも、慎吾は「『十三人の刺客』は絶対に観たい!」と言っていたんだから本当に絶対に観て欲しい。そして、『スマステ』でもちゃんと感想を言って欲しいな。むしろ『スマステ』で取り上げてくれても良いのよっ。ああ、公開に合わせて三池さんか役所さんか誰か番組に出演してくれないかな~。

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
君に届けの評価よかったんですね~
稲垣さん、きゅんきゅんしてたのですかー。恋猿は面白かったです。今日は、その君に届けの試写会で舞台挨拶があります。明日はネットでたくさん流れるんじゃないかな?楽しみですね
2010/09/15(水) 06:49:56
URL | ほのか #WlxgcjEk[ 編集 ]
>ほのかsan
コメントありがとうございます♪

『君に届け』を観た吾郎ちゃんは「学生時代の頃を思い出して胸がキュンキュンしたとテンション高めで語っていたので、好みの作風だったようですよ。
舞台挨拶の模様は映画サイトでちょこちょこ出始めましたね♪
2010/09/16(木) 00:53:26
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/268-a9396d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ