ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/09/24 Fri 23:27
 急に涼しいどころか寒くなってきたと思ったら、超苦手なブタクサ花粉が飛散しているじゃあ~りませんかっ。お陰で鼻がムズムズするわ、コンタクトが上手く入らないでメガネ生活だわ、薬を飲めば少しは楽になるんだけど…それじゃお酒が飲めないやら(←おい)、荷造りをする気なんて全く起きないわ~。←つまりは現実逃避(笑)

 いよいよ映画『十三人の刺客』が明日公開!
 吾郎ファン的には意外な役どころで連ドラの出演が決まったりと新しい情報が出ておりますが、個人的には映画モードというか刺客モードでございます♪一年以上、この日を心待ちにして来たんですからっ。

映画『十三人の刺客』横断幕 私は既に試写会で観ていますが(9/20付けのblogを参照)、内容を知っていたとはいえ作品の世界観に圧倒されてしまい細かい部分は見事に抜け落ちてしまったし、試写会場は音響などが不満だったこともあり、前売り券もあるし(笑)ちゃんとした設備の劇場で腰を据えて観たい!と強く思い、近日中にかなり無理して(笑)観に行くざますっ。なんせ渋い時代劇だからシネコンで上映されるキャパは小さめだし、良い席をキープするには早めの予約か肝心っ!

 そういう気持ちにさせるぐらいの魅力がこの『十三人の刺客』にはあるし、本当に私の好みのストライクゾーンなのですよ。三池監督作品でストライクゾーンだったのは今まで無かっただけに、自分ででも「何でだろ?」と不思議な感じ。
 「温故知新」の言葉の通り、古き良き日本映画のスタイルを継承しつつも"三池節"を炸裂させた新たな試みが見事に調和して、結果的にすっごく情熱的な作品に仕上がり、その情熱の部分に自分はKOされたんだと思います。

 "熱い想い"は作中ではもちろん、インタビュー記事からもヒシヒシと伝わるので、以下は自分的メモって感じに残しておきます。時間経過によってリンクが切れてしまうのもあるかもしれませんが、その辺りはご了承下さい。

「シネマトゥデイ」役所広司・三池崇史インタビュー
http://www.cinematoday.jp/page/A0002714

「ドガッチテレビ」市村正親インタビュー
http://dogatch.jp/interview/233/

「映画.com」伊原剛志インタビュー
http://eiga.com/movie/54797/interview/

「映画.com」伊勢谷友介インタビュー
http://eiga.com/movie/54797/interview/3/

「Movie Walker」古田新太インタビュー
http://news.walkerplus.com/2010/0923/12/

 他にもあったけど、個人的に印象に残ったインタビュー記事を載せてみました。
 特に「テレビドガッチ」の市村さんのインタビューは読み応えがあって、共演した吾郎ちゃんに対しても言及しているのですが、二人の人柄が滲み出ている撮影エピソードが素晴らしくて妙にジーンときてしまった。

 あと、伊原剛志さんのインタビュー記事も、この作品に出演したことに対する自信に満ち溢れているのが凄く良かったです。演じている九十郎と同じく硬派な意見なんですけど、時代劇に懸ける想いというか意気込みというか…得意分野だけに言葉の一つ一つに重みがあります。

 雑誌関連だと、前にも書いたけど『キネマ旬報 2010年 9/15号』の巻頭特集が一番読み応えがあったかな。特に三池監督と脚本を担当した天願大介さんのインタビュー記事を、鑑賞後に読み返すとまた面白味が増します。

 吾郎ちゃんは映画サイトなどの単独インタビュー記事は残念ながら無いんだけど、今発売中の『SWITCH Vol.28 No.10(2010年10月号)』に映画に関するインタビュー記事が掲載されていて、これがかなり読み応えがあってお薦め。
 残忍な暴君である松平斉韶(まつだらなりつぐ)を演じるに当たって、どうのように狂人を表現するか…という吾郎ちゃんならではの考え方やキャラ設定が実に興味深い。それに、三池監督のSっ気満載の演出振りについても語っていて、三池監督の子供っぽい姿にウケました。

 山田孝之さんのインタビュー記事が掲載されている『FLIX plus 2010年 10月号』も、役柄に対する葛藤や自分の立場と映画の世界をリンクさせていたところなど深く語っているので読み応えがあるし、山田さんの「役者魂」が垣間見られます。

 しかし、どのインタビュー記事を読んでも出演者・スタッフ共に凄く大変だったんだろうな~というのが伝わってくると同時に、物凄く充実した撮影機関だったんだろうな~というのも伝わってきて、読んでいて気持ちが良いですね。

 は~…っ、いよいよ、明日だ…っ!


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。


web拍手

>ころすけsan
キャイ~ンの二人もSMAPのコンサートに行っていたんですね。
情報ありがとうございます。
本人達がスマコンで楽しんだことを公言してくれるのは嬉しい♪

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/274-afea6344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
試写会:十三人の刺客 2010-9-17(福岡明治安田生命ホール) ストーリー:幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛...
2010/10/02(土) 14:48:33 | 伊八のいろいろ

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ