ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2010/10/31 Sun 01:21
 30日放送の「Sma STATION !!」では『月イチゴロー』がありました。

 なんと言っても今回は「御もてなし」の料理が美味しそうだったなぁ。栗と銀杏のご飯とか、秋刀魚とか、松茸とか!秋尽くしで羨ましい限り。本当に美味しかったみたいで、吾郎ちゃんは大下アナに向って「ちょっと(間を繋ぐ為に)喋っていて下さい」とムチャ振りするほどでした。ええ、吾郎ちゃんよりも大下アナの方がガッツリいってましたからね~(笑)。慎吾がむくれるのも無理はない…。

 あと、吾郎ちゃんの服装が意外に派手でしたね。赤紫の柄入りストールは目だっていたし、花の刺繍だったのかな?ワンポイント入りの蝶ネクタイも何気に派手で、あのまま華やかなパーティにでも行ってしまいそうな雰囲気でした。

 でもって、慎吾が10月に劇場公開される作品からチラシだけ見て選んだのが、トム・クルーズとキャメロン・ディアスというハリウッドスターの共演で話題の『ナイト&デイ(英題:KNIGHT AND DAY)』、手描きに拘り制作に7年を費やしたアニメーションで木村拓哉が声優を担当している『REDLINE』、グッチを復活させたことで有名なデザイナーであるトム・フォードの初監督作品『シングルマン(英題:A SINGLE MAN)』、ロバート・デ・ニーロとエドワード・ノートンそしてミラ・ジョヴォヴィッチが共演する社会派ドラマ『ストーン(英題:STONE)』、シルベスタ・スタローンにブルース・ウィルスにアーノルド・シュワルツネッガーという夢の共演で話題のアクション『エクスペンダブルズ(英題:THE EXPENDABLES)』…以上の5作品となりました。

 今回のラインナップで1位がどれになるか直ぐに判ったのですが、あとの4作品がどういう順位になるのか全く読めませんでした。しかしながら、相変わらず吾郎ちゃんの斬れ味は鋭く(笑)、編集のせいなんだろうけど順位付けとコメントが合っていないような気はしたものの、非常に吾郎ちゃんらしいランキングになって面白かったです。
 個人的には1位にした作品はもちろんだけど、何気に4位になった作品も観てみたいと思ったな。

 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。

web拍手


1位『シングルマン』…初監督とは思えないくらい表現したいことが全て出ている。
2位『ナイト&デイ』…老若男女問わずお気楽に観られる娯楽作品。
3位『REDLINE』…絵は好き嫌い分かれるけど、声優陣がハマッていた。
4位『エクスペンダブルズ』…男臭くてアクション好きには堪らない作品。
5位『ストーン』…デ・ニーロの役作りがイマイチでキャラに入り込めなかった。

 …以上の結果になったのですが、ぶっちゃけ1位の『シングルマン』以外については斬りまくっていたような印象を受けました(笑)。多分、吾郎ちゃん好みの作品が『シングルマン』だけだったんでしょう。それだけ、5~2位と1位に凄く温度差を感じるコメント内容でしたね。

 5位の『ストーン』は内容云々よりも、2ヶ月連続でデ・ニーロ主演作品が5位になってしまったことを語っていました。(前回のランキングはこちらを参照)
 なんか妙にデ・ニーロに対しての見方が厳しくて、「等身大の60代の男性を演じるつもりで太ったんだろうけど太り過ぎ。その脂肪が全面に出てきて、キャラの心情が見えてこない」とバッサリ。エドワード・ノートンとミラ・ジョヴォヴィッチのことは絶賛していたので、デ・ニーロ一人が浮いて見えたようです。あと、思わせぶりなシーンが多くて、「なんかよく判りませんでした」と難解な作品みたい。

 4位の『エクスペンダブルズ』はアクションスターが集結した作品。
 「もうアクション好きには堪らない作品ですよね」と意外に好感触。「シルベスタ・スタローンにブルースにウィルスにアーノルド・シュワルツネッガーが同じスクリーンに登場した時は僕でも"おっ!"て思いました」と興奮気味だったのですが、やはり男臭い上に肉弾戦がメインの内容は吾郎ちゃんの好みでは無かったもよう。
 でも、「この作品はジムで流すと良いと思う。こうランニングマシーンの前の画面で流していたら、絶対に鍛える気持ちが上がると思う」という的確なコメントも出ました。

 3位は木村さんも声優を担当している『REDLINE』、とにかく蒼井優さんがまったく本人をイメージさせない声優っぷりを絶賛していました。木村さんは少し"らしさ"が出ているそうなんですが、「逆にそれがキャラと合っていて良かった」と言ってましたね。
 ただ、「あの絵は好き嫌いが分かれてしまうでしょうね。僕はどちらかと言うと好きではないですけど…」と、木村さんも関わってい作品のせいか珍しく遠回しに嫌いな絵柄であると言っていたのがツボ。いつもならストレートに言うのに(笑)

 2位の『ナイト&デイ』は「誰もがお気楽に観られる作品」と、付けたランクにしてはフツーのコメント。それどころか、「面白かったけど何年かすれば忘れちゃう作品。だってDVDを買ってまで観たいとは思わないでしょ?」とかなりの辛口っぷり(笑)。主演の二人は実際に会っても超イイ人だったとフォローはしていましたが、作品については可もなく不可もなくって印象を受けました。

 そして、ダントツの1位だった『シングルマン』については熱く語りまくり。
 この作品はグッチを再生させたことで有名なトム・フォードが初めて映画監督に挑んだことで話題になり、吾郎ちゃんも「トム・フォードがどんな映画を撮るんだろう?」ということに興味が先行したそうですが、実際に観てみたら初監督とは思えない完成度の高さと内容の濃密さで、「彼が蓄積してきたやりたいことが、この作品で全て出ている感じ」と絶賛。
 昨年のヴェネチア国際映画祭で主演男優賞を受賞したコリン・ファースの抑えた演技も素晴らしく、「むしろゲイだから僕らが見ても生々しく感じなかったのかもしれない。凄く綺麗に見えて…男も女も綺麗なものは一緒なんですよ」と力説していた吾郎ちゃんに、相当好きな世界観だったんだろうな~と感じました。

 なんだかんだで吾郎ちゃんは好みの作品が一貫しているし、意見にもブレが無いというのが良いですよね。前評判や先入観よりも、自分の感性で素直に作品を観ている。だからどんな辛口批評をしようとも、「まぁ、吾郎ちゃんならそうだろうなぁ」と納得してしまう自分がいます。
 1位になった『シングルマン』はもちろん観たいと思ったし、4位の『エクスペンダブルズ』もアクション映画の三大スターが同じスクリーンに登場するのを「おお!」という気持ちで観てみたい!って思いましたからね。

 このランキング結果に慎吾も唸ることしか出来ず、「木村くんの『REDLINE』も絶対観る」と言いつつもランキングを変えることは出来ませんでした。なんか吾郎ちゃんがバッサリ斬っちゃった方が、慎吾はランキング変えられなくなっちゃうという感じになってきているよね(笑)

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/282-bce294da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ